短編官能小説

by七度柚希

目次

1.チアガールを汚せ
2.痴漢体験手記
3.温泉性感マッサージ
4.フェ×チ×狂い(Fellatio Mania)
5.原宿ナンパ遊び(Picked up in Harajuku)
6.ブルセラ学園祭
7.卒業旅行で裏ビデオ
8.人妻不倫クラブ(Dirty wife whore discipline)
9.危ないビデオチャット
10.狙われたセーラー服(High school girl upskirt)
11.女性用バイアグラ(Female Viagra)
12.秘密の調教部屋
13.温泉旅行で強制調教
14.女子高生セリクラ遊び(High school girl bid club)
15.濡れたアンダースコート(Wet ruffled tennis panties)

11.女性用バイアグラ

(1)

 旦那が夕食のあと部屋でパソコンをいじっていると急に大喜びして部屋をでてきました。
インターネットの懸賞でハワイ旅行が当たったというのです。
なんでも、普通の値段の3割引だと言うのです。
私は、「それはただ売れ残りの切符を安く売ってるだけじゃないの」と言ってみたんですが、旦那は「懸賞にあたったんだ」と言い張るので私は諦めました。
どうせ誰でもあたるインチキな懸賞に違いないのですが、旦那が喜んでいるのでそれ以上は言わない事にしました。
懸賞に当たったのは一人分だけだったので、旦那は一人でハワイに二泊3日の旅行に出かけました。
旅行から帰って来ると、こっそりカバンから草の乾燥させたものを取り出しました。
「これすごいんだぞ、これを飲むと感じるんだ、それも女専用の奴だ」と旦那が言い出します。
「効き目がすごいんだぞ」と言うのですが、どうも言うことが怪しくて現地の風俗の女性かなにかに貰った様子でした。
「それで、どうしてよく効くって分かるの、誰かに飲ませたの」と私が問いただすと、これはまずい展開になったと思ったのかそれ以上は白状しませんでした。
居間でお茶を飲んでいると、富山の置き薬のセールスマンから電話があり、これから集金に来るといいます。
私は押入から置き薬の箱をだして、玄関に用意しました。
すこし待つと、セールスマンがチャイムを鳴らす音がしました。
セールスマンは私が待っている間に、薬を調べて金額を合計していました。
私は旦那がハワイから持ってきた草をセールスマンに見せて、「この草なんの草だか分かりますか」と聞いてみました。
「旦那がハワイから持ってきたんですが、なにかの薬らしいんですが」と言ってみると、セールスマンは笑いながら「あ、これはただの雑草ですよ、ハワイでは観光客相手に雑草を薬だといって売りつける連中がいるんですよ」と答えてくれました。
「それでこの薬なんの薬だといって買ってきたんですか」と聞かれて、「女性によく効く薬だそうです」と言うと、「ああ、じぁあっちのコールガールにだまされたんでしょう、薬飲んで自分で薬が効いたように演技するんですよ」
「ところで、本当に効く薬ならありますけど、試して見ますか、バイアグラなんですけどね、アメリカからの平行輸入品でね、こっちは本当にききますよ」と勧められました。
「それで、効くんですか、バイアグラって」と試しに効いてみると、「そりゃあききますよ、元気な人が飲んだら一晩たちっぱなしですよ」と言ってまた笑いました。
「そうだ奥さん、バイアグラは男性用なんだけど、女性用もあるんですよ、」
「普段はお客さんには見せないんだけどね、いろいろあるんですよ」とカバンの中から、小さな薬を数錠だしてきました。
「よかったら今晩試してみませんか旦那が喜びますよ、いや内緒ですよ、内緒」と言いながら私の手に薬を2つほど渡してくれました。

(2)

 セールスマンが帰った後、いつも遊びにきている清美さんが訪ねてきました。
実家から柿を送ってきたからお裾分けにもってきたからと、大きな手提げバッグに柿をいっぱい届けにきたのでした。
私はちょっと悪戯に清美さんに、さっきの女性用バイアグラを飲ませてみようと思いつきました。
柿を一つ切って、一緒にだす紅茶に薬を混ぜてテーブルに載せました。
清美さんは柿を食べながら紅茶を飲み始めました。
しかし紅茶を全部飲んでもなにも様子は変わりありませんでした。
私はクッキーを勧めると、もう一杯紅茶に薬を入れて勧めました。
清美さんが「最近駅前に女性用性感マッサージの店ができたらしいんだけど知ってる」と聞きます。
私は「聞いたことないけど、いつ出来たの」と聞き返しました。
「近所の奥さんが言ってたんだけど、そこに行くと必ず帰りに男の人に声かけられるんですって」と清美さんが言うので、「声かけられて、そのあとどうするのよ」と聞いてみると、「どうも近くのラブホテルにいくらしいんだけど、これってなんか変よね」と言います。
「それで性感マッサージって言うのはいったいなんなの」と私が聞くと、「私もよくわかんないんだけど、なんというか聞いてみるとセックスそのままで、違うのはマッサージの人が女性ということだけらしいの」と言います。
「なんか、そうゆうの好きな人がいけばいいんじゃないの」と私が言うと、「それもそうね」と清美さんは納得しました。
私はしばらくおしゃべりしながら清美さんの様子を伺いましたが、結局なにも起こらずにちょっとがっかりしました。
清美さんは「そろそろ夕食の支度しないと」と言って帰っていきました。
紅茶のカップを台所でかたづけていると、ふいに身体の芯が痺れてくるのが分かりました。
懐炉を入れたように熱くなると頭がぼんやりとしてきました。
私はさっき間違えて友達に飲ませるバイアグラを自分で飲んでしまったらしいのに気が付きました。
急に身体の芯から痺れる感触が広がると、体中が一気に熱くなってきました。
花園の奥から熱い溶岩が吹き上がるような感触と一緒に、腰全体が震えてきました。
女性用のバイアグラが効いてきたんだと私は気が付きました。
頭が熱くなると、なにも考えることができなくなり、花園の奥が男を欲しがってる叫び声が頭のなかに溢れてきました。
「もうだめ、このままじゃどうにもならない、早く誰か天国に連れてって」と花園の奥が叫び続けました。
私は旦那の部屋に入ると、旦那自慢のDVDシアターセットでアダルトDVDを見ることにしました。
海外出張の友達がアメリカから持ち帰った、日本人のAV女優をアメリカの男優がレイプするDVDでした。
信じられない巨大な物が、日本人女性の花園に一杯に入っていくのを見ながら、私は自分で胸を何度も握りつぶしました。
体中が熱く燃え上がると、震えが止まらなくなってきました。
私はもう身体が止められないもうどうにもならないと自分でも分かりました。
私は清美さんが話していた女性用性感マッサージの事を思い出しました。
天国に百万回行きたい、いますぐ行きたいとう欲望で私の体中が一杯になりました。
私は寝室を出ると、駅前の性感マッサージの店まで行くことにしました。
駅前までの道のりはいつもはすぐなのに、震える足であるくといつもの数倍もの距離に感じました。
受付でお願いしますと言って、なかに案内されました。
カーテンで仕切られた小さな部屋に、ピンク色のベッドが置いてありました。
私はパンティー一枚身につけただけで、ベッドにうつぶせに横になりました。
ピンクの制服をきた女性のマッサージ師が私のそばに立つと、「では始めさせていただきます」と声をかけてきました。
その時突然カーテンの向こうから女性の泣き出すような声が聞こえてきました。
マッサージ師は「隣のお客さん、今日始めてなんですが、感じすぎるくらい感じるんですよ、ほんとすごくて」と言います。
私は聞き慣れた声で「清美感じちゃうの、感じちゃうから止めないで」と言うのが耳に入りました。
隣の客というのは清美さんだと分かって私はやっぱりあの薬は効きめはすごいのねと思いました。
「薬飲んできていらっしゃいますか」と聞かれて「私は、ええさっき」と答えました。
「飲んで一時間くらいが一番効くんですよ、ほらもう濡れてるでしょう」と言われて、私はもう返事ができませんでした。
マッサージ師の指は私の身体を天国まで百万回往復させるまで休むことはありませんでした。
ようやく少しずつ身体が収まってくると、一時間ほどでマッサージが終わりました。
同じ頃隣のカーテンが開くと、やっぱり清美さんでした。
「有紀ちゃん声すごかったわよ、ほんと行きっぱなしだったでしょう」と言われて、私は恥ずかしくて身体が熱くなりました。
店を出ようとすると店の女の子の一人が、「どうです、おつき合いしたいという男性がいるんですが、よかったら今晩おつき合いしてみませんか、二人ともとてもお強いですよあっちの方は」と誘われました。
私も清美さんも断れるはずがありませんでした。
「面白い店があるんだ」と言われて私達は男に両側を挟まれて近所のビルまで連れて行かれました。
ビルの階段を上がると、漫画喫茶に着きました。
なんで漫画喫茶が面白い店なのかしらと私は不思議な気がしました。
インターネットに接続されたパソコンを操作すると、どこかの隠し撮りのビデオの画面が映りました。
裸で寝ている女性がマッサージを受けているのを真上から隠しカメラで写した絵でした。
私はその顔をみて背筋が寒くなりました。
それはさっき私が性感マッサージを受けているのを隠し撮りしたビデオでした。
「どうだ、これでもう、俺には逆らえないんだぜ、わかってるのか」と男が耳元で小さくつぶやきました。
画面を切り替えると清美さんの顔も画面に映し出されました。
清美さんの膝が震え出すのが私の体にも伝わってきました。
「まず手始めに、トイレでフェ××オやってもらおうか」と言われて私は体が震えてきました。
男の手が私のお尻に当てられると、後ろから押されるようにしてトイレに連れて行かれました。
清美さんもすぐ後からトイレに連れ込まれました。
甘い舌触りを楽しむように男の欲望は満足を求めて堅くなりました。
舌先にからみつくように征服する楽しみを男は追い続けました。
緊張から張りつめた気分がやがてなま暖かい感触に変わり、律動が加わりながら激しさが増して行きました。
支配される快感がやがて私の体中を満たして、次の瞬間にあふれ出てきました。

(完)

女性用バイアグラアダルトビデオ

キメセク 美少女に媚薬を飲ませてセックス
現役人気ブロガーに10日ブッ続けで媚薬を使い生殺しにしてみました。
媚薬を飲まされレイプされた12人の女たち 240分