短編官能小説

by七度柚希

目次

1.チアガールを汚せ
2.痴漢体験手記
3.温泉性感マッサージ
4.フェ×チ×狂い(Fellatio Mania)
5.原宿ナンパ遊び(Picked up in Harajuku)
6.ブルセラ学園祭
7.卒業旅行で裏ビデオ
8.人妻不倫クラブ(Dirty wife whore discipline)
9.危ないビデオチャット
10.狙われたセーラー服(High school girl upskirt)
11.女性用バイアグラ(Female Viagra)
12.秘密の調教部屋
13.温泉旅行で強制調教
14.女子高生セリクラ遊び(High school girl bid club)
15.濡れたアンダースコート(Wet ruffled tennis panties)

7.卒業旅行で裏ビデオ

(1)

 春の休みに広島まで礼子さんと一緒に二人で旅行をしました。
朝早く起きて、東京駅で待ち合わせをしました。
早朝の新幹線に乗ると、昼近くには広島につきました。
駅で軽く食事をしてから、歩いて原爆公園まで行く事にしました。
随分ながい距離を二人であるくと、小さな川があり原爆ドームが見えてきました。
観光案内の写真そのままの建物が見えてきて、ちょっとびっくりしました。
近くまでくると建物は見た感じよりも小さくて、建物の周りでは観光客が記念写真を撮っていました。
私達も二人で並んで記念写真を撮ってもらいました。
原爆ドームから、原爆公園までの道のりは桜でいっぱいで、どこもかしこもお花見の人たちでいっぱいでした。
原爆記念館は中学生や高校生の集団がたくさん来ていて見て回るのはかなり大変でした。
展示された資料はちょっと気味が悪いのであまりよく見ませんでした。
資料館をでると、公園にはさっきの学生の集団が整列して点呼をとっていました。
もう午後も遅いのでそのあとは、広島球場をすぎて縮景園まで歩きました。
縮景園を一回りしてから、ホテルに付きました。
ホテルの部屋に戻ると礼子さんがホテルの案内をいろいろ見ていました。
「マッサージが呼べるから頼みましょう」と礼子さんが言います。
私も一日歩き疲れたので、マッサージくらいしてもらったほうがいいと思いました。
電話をしてしばらくして来たのは男性のマッサージ師が二人で、いかにもマッサージ師といった大きな分厚い手をしていました。
20分ほど足や腰をもんでもらうと、マッサージ師の一人が「気持ちのよくなるマッサージがあるんですがしてみませんか」と勧めます。
しかし、値段を聞いてみるとかなり高額なので、私たちはまた今度お願いしますねと返事をしました。
すると近所に面白い店があるので遊びにいってみませんかと勧められました。
「ちょっとしたアルバイト感覚でお金ももらえるんですよ」とマッサージ師さんが勧めます。
いったいどんな店かと興味があったので話を聞いてみるとビデオがあると言います。
ビデオをテレビにかけて画面がでると、女子高生の制服をきて目隠しをされた女性が、布団の上で乱暴されていて、それを別の部屋で大勢で見物しているビデオでした。
私と礼子さんが、あきれ果てた顔でビデオを止めると「お嬢さんがた、みなさん喜んでお出になってますよ」とマッサージ師さんがいやらしい顔で笑いました。
「この間も東京からきた女子大生が、とてもいい体験ができたと、とてもお喜びでしたよ」と言葉が続きました。
それでいくらになるんですかと礼子さんが聞くと「お嬢さんなら10万円はもらえます」と返事が返ってきました。
「そんなに安いんですか」と礼子さんが言うと「10万円といったら、たいした金額じゃないですか、」と言われました。
もう結構ですからとマッサージ師さんには帰ってもらうことにしました。
レストランで食事の後、ロビーで観光案内のパンフレットを二人で見ていると、隣で座っていた中年の男性に、派手な格好の女性が声をかけていました。
どうやら、男性が電話でその女性を呼び出した様子でした。
女性はずいぶんと派手な格好をしていましたが、歳はもう中年といっていいくらいに見えました。
私たちが部屋に戻ると、二人は私たちの隣の部屋にすこし遅れて入りました。
やがて女性の変な声が聞こえてきました。
私たちはさっきの女性がいわゆる商売女という種類の女性だと気がつきました。
私たちはこれはとても部屋にいられないと思い、二人で部屋をでました。
ロビーで二人で時間をつぶしていると、中年の男性二人に声をかけられました。
礼子さんが事情を話して「部屋にはいられないんです」言うと、二人は笑いながら、じゃあこれからカラオケに行こう誘われました。
私たちはそれしかないと思って、ホテルを出て近くのカラオケで時間をつぶしました。
もう大丈夫だと思って、部屋に戻ってくると、やっぱり声は続いていて終わる様子もありません。
すると男性の一人が「こうゆうときにはいい手があるんだ」と言いながらどこかに行きました。
戻ってきたとき男性が手にしていたのはアダルトビデオのカセットでした。
男性はビデオのカセットを入れるといっぱいに音量を大きくしました。
部屋の中には女性のあえぎ声がいっぱいに響いて廊下まで聞こえるくらいでした。
しばらくビデオをつけっぱなしにしてから止めると、シーンとしてもう隣の部屋からはあの変な声は聞こえてきませんでした。
「どうだ、うまくいっただろう」と男性が言うと「じゃビデオは置いて置くから」といって部屋を出て行きました。
ビデオはさっきマッサージ師さんが私たちに見せたビデオと同じビデオでした。
しかし二人の男性が部屋をでたあと、部屋のドア越しに「おぼえてろ」とか悪態をつきながらドアを蹴飛ばす女性の声が聞こえました。
私たちは怖くなりましたが、やがて女性は帰ったようで廊下は静かになりました。
礼子さんはビデオをもう一度声を出さずにつけてみました。
女子高生の服をきた女性はもうとてもたまらないと言った様子で体を震わせていました。
「これほんとにシロートの人みたいね、東京の女子大生ってこの子のことかしら」と礼子さんが思い詰めたような様子で言いました。
「旅行先だからこんな遊びをしてみたくなる人もいるのかしら、お金ももらえるし」と感心した様子で、画面を見つめていました。
「礼ちゃんもその店に出てみたいの」と私が聞いてみると「ううん、そんなことないけど」とはっきりしない返事が返ってきました。

(2)

 私たちは翌朝までぐっすり寝られて大助かりでした。
翌日市内見物をして夕方ホテルのレストランで食事をしていると、女子大生らしい二人組が隣の席にで食事をしていました。
話の様子では、卒業旅行で二人で記念に旅をしているようでした。
二人は食事をしながら「こないだの日曜日に卒業旅行でやっぱり京子と由里がこのホテルに泊まって、近所の面白い店に行って大胆な体験したんだって」とくすくす笑いながら話していました。
「大胆てどんな大胆なのよ、いったい」ともう一人が聞くと「ここじゃ話せないから」とかまたくすくす笑い続けました。
礼子さんも二人の会話に気がついて「やっぱあの話本当なのかしら」と言って黙り込んでしまいました。
部屋に戻って一休みすると昨日のマッサージ師さんはとても上手だったので今日もまた頼もうと受付に電話しました。
しかし、マッサージ師さんは日によって来る人が決まっていて、昨日の人はいないと断られました。
なんとかなりませんかと話をつづけると、マッサージ店があってそこに行けば今日はそっちでマッサージを受けられると言われました。
私と礼子さんは、ホテルの受付で教えてもらったマッサージ店を探しました。
ホテルを出て裏通りに入ると看板が見えて、ビルの4階にの小さなマッサージの店を見つけました。
受付を済ませて中に案内されるとカーテンで区切られた寝椅子がいくつか並んでいました。
先客が終わるのを待って私と礼子さんが昨日のマッサージ師さんにマッサージを頼みました。
受付の女の子がこれに着替えて下さいとピンク色の丹前を渡してくれました。
私達が着替えて寝椅子に寝ると私と礼子さんがおしゃべりできるように二人の間のカーテンを開けてくれました。
マッサージ師さんはすぐに私と礼子さんのマッサージを始めました。
しばらく気持ちがよくてうとうとしていると、急にすこし離れたカーテンの後ろから小刻みに女性の喘ぐようなため息が聞こえてきました。
私が礼子さんの方をみるとやはり気になる様子でした。
やがて声は甲高く部屋の空気を引き裂くように続きました。
私はその声を聞くたびに、体に電気が通されたように震えてきました。
マッサージ師さんが「どうです、気持ちのよくなるマッサージしてみませんか」と声をかけると私が返事をする前に礼子さんの声が「お願いします」と聞こえてきました。
私達は丹前を脱がされて下着だけの姿でブラジャーも脱がされました。
マッサージ師さんの大きな手がゆっくりとした動きで私の胸をくすぐりながら揉み始めました。
やがて静寂がおとずれたとき、私は半分泣きながら寝椅子の上で震えていました。
マッサージ師さんがいったん席を外すと黒いビデオのカセットを持って戻ってきました。
礼子さんに「今の全部ビデオに撮ってあるんですが、買っていただけませんか」とマッサージしさんが丁寧な口調で言います。
礼子さんは突然の事ですっかり驚いて寝椅子から体を起こして「おいくらなんですか」と礼子さんが聞きました。
マッサージ師さんの口からは「50万です」とまるで当たり前のような返事が返ってきました。
「そんな馬鹿なこと」と礼子さんが言いかけたとき、カーテンの向こうから女性がこちらに出てくるのが見えました。
それは昨日の派手な服装の女性に間違いありませんでした。
「え、どうなの、払えないなら体で払ってもらうしかないんよ」と強い口調でいいます。
礼子さんは「あのお店のアルバイトのことですか」と不安そうな口ぶりで聞きました。
すると「あたりまえじゃないの」と怒鳴りつけるような声で返事がきました。
礼子さんは少しためらってから「やらせていただきます」とあっさりと承諾しました。
通りの奧の目立たない看板のでた旅館に着くと、小さい部屋に案内されました。
部屋の奥にお布団が用意してあって、控え室らしい部屋には男女が数人座っていました。
控え室からは小部屋の方に電球が向けられていて、控え室は暗くなっていました。
私たちが客席で待っていると、セーラー服の女性が二人舞台にでてきました。
よくよく顔をみると、レストランで隣の席だった女子大生の二人組でした。
礼子さんはやっぱりと言った顔で、舞台を見ていました。
ビデオと同じショーが始まり、いかにもシロートっぽい、喘ぎ声が続きました。
卒業記念の思い出の体験がこれというのも馬鹿らしい気がしました。
しかし、これくらいの体験だったらちょっと大胆な出来事ですませられるかしらとも思いました。
やがて照明がいったん消えて、私たちが舞台の部屋に連れてこられました。
私たちはてっきり、いまのと同じような体験をさせられるのとばかり思っていました。
しかし、私と礼子さんは、縄でぐるぐるに縛り上げられました。
さっきの女性が私たちの背に立つと、手にした鞭で私たちの体を思い切り叩き始めました。
思いがけない出来事に礼子さんは、狂ったような悲鳴を上げて、泣き出しました。
ビデオの音で商売をじゃました仕返しというのがこれだったのだと気がついて私は体ががたがた震えてきました。

(完)

強制調教アダルトビデオ

某有名温泉街A 老舗旅館 敏感になっちゃうマッサージを施術されてどうしようもなくなっちゃった温泉客をハメまくった男の記録 Part.2
湯けむりナンパ 7 ~初めての混浴温泉で赤面エロ交渉!お湯の中ならイジってもいいよね?
群馬県伊香保温泉で見つけたお嬢さん 冬休み!!ウブで可愛い女子大生大量確保スペシャル いやらしいほど成長している女子大生の生おっぱい&お尻が水着食い込み超恥ずかしい!