短編官能小説

by七度柚希

目次

1.チアガールを汚せ
2.痴漢体験手記
3.温泉性感マッサージ
4.フェ×チ×狂い(Fellatio Mania)
5.原宿ナンパ遊び(Picked up in Harajuku)
6.ブルセラ学園祭
7.卒業旅行で裏ビデオ
8.人妻不倫クラブ(Dirty wife whore discipline)
9.危ないビデオチャット
10.狙われたセーラー服(High school girl upskirt)
11.女性用バイアグラ(Female Viagra)
12.秘密の調教部屋
13.温泉旅行で強制調教
14.女子高生セリクラ遊び(High school girl bid club)
15.濡れたアンダースコート(Wet ruffled tennis panties)

14.女子高生セリクラ遊び

(1)

 奈保美さんが遊びに来ると、「どうしても頼みたいことがあるの」と言い出しました。
なんでも弟さんがバンドをやっていてこんどヤマハバンドコンテストに出場することになったと言います。
予選は通って、今度は2次予選だそうでした。
しかし友達の二人が大学の後期試験と重なって出場できないと言います。
二人とも留年していて、こんど単位を落とすと卒業できないのだそうです。
アマチュアバンドでコンテストに入賞するか、大学を卒業するかの選択はやはり大学卒業を選ぶしかないと言われたそうです。
それでバンドの人数が足りないので、私と奈保美さんにバンドのメンバーとして出場して欲しいというお願いでした。
なんでも演奏は前もってテープに取っておくから、私はキーボードの前に座って、弾いている振りだけしてればいいとの事でした。
旦那に相談してみると、「奈保美さんの旦那も職場では仲良くしていなければいけない相手なので、一応頼まれたら断らないようにしてほしい」と言われました。
数日前に打ち合わせでコンテストのスタッフと打ち合わせをすると、「ともかく何でもいいから、目立つようにして下さい」ときつく言われました。
それで私は奈保美さんは女子校のセーラー服を着て短いスカートで舞台に立つことにしました。
当日無事演奏も済むと、弟さんは打ち上げの飲み会をすると言って奈保美さんやバンドの他のメンバーを誘っていました。
私も誘われましたが、お酒は苦手なので断りました。
控え室は混雑しているので、セーラー服のまま会場を出ました。
どこか近くにモスバーガーがあったはずだから、そこのトイレで着替えをしようと思い駅前で手頃な店を探しました。
ちょうど横道の先にモスバーガーの看板が見えたのでそこに入ることにしました。

(2)

店は混んでいて女子高生達がいっぱいレジに並んでいました。
私もレジに並んでコーヒーを頼んで、席を探すとちょうど他の女子高生が席を立った所でした。
私がトレーを持って席に着くと、すぐに後ろから「ここ一緒でもいいですよね」と女の子の声が聞こえました。
振り返って見ると女子高生がコーヒーの載ったトレーを持っていました。
私はその女子高生が私と同じ制服を着ているのに気づくのにすこし時間がかかりました。
その間にもう女子高生は席に座っていました。
どうもその女子高生は、自分と同じ学校の生徒だと私の事を思いこんでいるようでした。
すぐに中年の男性の二人組が私達に声をかけてきました。
「いやあ、混んでるね、その席一緒にしていいかな、いや二人ともかわいいね」と言いながら勝手にもう私達の隣に座り込んでいました。
「どう二人ともお小遣い欲しくないか」と男達が話しを始めました。
「ちょっとだけ一緒にお茶を飲めばお小遣いもらえるところがあるから、紹介してやるから、来てみないか、すぐお金もらえるよ」と言葉巧みに誘われて女子高生が「それだったらやってみたいから、行きます」と言い出しました。
これはきっと怪しいアルバイトに違いないし、このまま女子高生がだまされるのをほっておけないと思い、私もついていくことにしました。

(3)

モスバーガーを出て、しばらくあるいて細い道を何度も曲がると小さなビルにつきました。
入り口には「セリクラ ピンクハウス」という看板がでていました。
受付に行くと、男達が「ここはセリクラといってね、女の子が競売にかけられて、男が競り落とすんだ」と説明を始めました。
「競り落とすってどうゆうことなんですか」と女子高生が聞くと、「一番高い金額を払った男が、一時間だけ一緒にお茶を飲んでおしゃべりできるんだよ」と教えてくれました。
「一時間お茶を一緒に飲むだけでいいんですか」と私が聞いてみると「それだけでいいんだよ、他に誘われるかもしれないけど、いやなら断っていいんだ」と言われました。
なるほど、これだったら、初対面の人と話をするだけだし面白いかもしれないと思いました。
私が「試しにやってみてもいいです」と答えると女子高生もすぐにオッケーしました。
案内されて中に入るとまた細い通路を曲がりくねって進み、小さな待合室につきました。
待合室には椅子が数個おいてあり、その正面は大きな鏡でした。
鏡の反対側に部屋があるらしく、マイクの大きな声が聞こえてきました。
こちらからは、鏡の向こうの男性が見えないので女子高生はなにやら落ち着かない様子でした。
「名門女子高生の二人組、滅多にない掘り出し物です、二人一緒に落札していただきましょう」とマイクの声が遠くから聞こえてきました。
もしかして、私にぴったりの男性が現れるかもしれないと思い、誰が競り落とすのか確かめようと思って成り行きを見守っていました。
すると私たちは二人で5万で競り落とされたようで、高いのか安いのか私には見当が付きませんでした。
部屋をでると、また小さな通路を通って、別の出口で男性二人と対面しました。
ビルをでると、すぐにタクシーが待っていて私たちは後ろの席に押し込まれました。
タクシーはわずか数100メートルくらい走っただけで、ビルの駐車場に入りました。
私は男達に両側を付き添われて階段を上がりました。
二階に上がってドアを開けると、なかは小さな事務所のようでした。
しかし、ドアの側の傘立てには木刀が何本もあり、竹刀もありました。
なかには、数人のいかにも人相のよくない男達いて、私たちを待ち構えていました。
これはまずいことになったと思って私は女子高生にしがみつきましたが、女子高生の身体も震えていました。
「いいか、二度とあの店にでるんじゃない、わかったな、お前らは次からは俺たちの身内の店にでてもらうからな」と男が言うと、女子高生につかみかかりました。
どうやら、同じような店が2店あって、互いに別の暴力団が経営しているようでした。
「今すぐ客とラブホテル行ってもらうからいいな、逆らうとどうなるのか分かってるのか、その身体に教えてやるぜ」と言われて私達はとても逆らえませんでした。
どうも話しの様子では、こちらのセリクラで高い金で競り落とされた女の子が客の金を持ち逃げしたとかで、えらい剣幕で客が怒っているようでした。
私達はその身代わりに連れてこられたらしいと分かって、これではどうにもならないと覚悟を決めました。
私達は隣の部屋で待っていた客に引き合わせられると、すぐに地下の駐車場に連れていかれました。
駐車場にはもうタクシーが止まっていました。
女子高生は慣れた様子で、運転手の隣の助手席に座りました。
男が一人先に後ろの席に乗り込むと、私は背中を押されて中央に座りました。
すぐあとからもう一人の男が席に着きました。
男が告げた行き先はラブホテルのようでした。
男の手が私の膝に伸びると、私の膝頭の感触を楽しむように動き始めました。
微妙な感覚に、私の膝が震えると、男の指先はさらに大胆に、巧みな動きを始めました。
思いもかけない感触が私の体の芯から広がり、泉のように溢れだしました。
頭の中まで、熱い奔流が流れこみ、私は半分夢のなかにいるかのように体が重くなりました。
やがてタクシーはラブホテルの建物に入りました。
中に入ると部屋の真ん中に大きなダブルベッドがおいてありました。
ベッドの上には、薄紫色のレース模様のシーツがかけられていました。
天井にはシャンデリアがあって明かりがキラキラ輝いていました。
男達は私と女子高生に服を脱ぐように命じました。
私たちは言われたとうり二人とも服を脱いで、ベッドの上に並んで寝て男達を待ちました。
男達は冷蔵庫からビールを出していっぱい飲みながら服を脱いでいました。
どっちにすると、男達は相談しているようでした。
女子高生は不安そうに天井のシャンデリアやベッドの周りの鏡を見ていました。
やがて、男達は私と女子高生の両脇に腰を落として座りました。
女子高生は覚悟を決めたように膝をたてて足を広げてると目をつむりました。
私の上に男がかがみ込んできました。
私の子宮は男に乱暴に扱われるのを待ち望んでいるように熱くなりました。
私の期待を裏切るように、ゆっくりとした波が私の感触を楽しむように打ち寄せてきました。
しだいに激しさを増す欲望には抵抗する気力もなくなるほどの荒々しさがありました。
今誰が私を支配しているのか、それだけが私の涙を誘う喜びでした。
私の体は空高く放り上げられたまま、落ちることを許されずに回り続けました。
意志を失った人形の体を、女の宿命が支配し続けました。
支配者が究極の満足の時を告げるのを待つしかもう望みはなくなりました。
男は私の身体を征服すると最後の望みを打ち砕きました。

(完)

風俗アダルトビデオ

可愛い店員ナンパ!! 4 営業中カラオケボックス店のイケてるアルバイト娘を絶妙セクハラ注文で濡らしてゲット
エロ都市伝説衝撃の真相! ~本当にあったエロ話~ フェラ階段、泥酔女中出し、団地主婦売春
風俗狂いの撮影マニアから入手した盗撮・流出丸秘映像 淫らな行為を繰り広げる風俗嬢のマジイキの瞬間
流出!ピンサロ嬢面接 18人のフェラテク教育現場 恥じらいながらも必死で頑張る新人ピンサロ嬢