短編官能小説

by七度柚希

目次

1.チアガールを汚せ
2.痴漢体験手記
3.温泉性感マッサージ
4.フェ×チ×狂い(Fellatio Mania)
5.原宿ナンパ遊び(Picked up in Harajuku)
6.ブルセラ学園祭
7.卒業旅行で裏ビデオ
8.人妻不倫クラブ(Dirty wife whore discipline)
9.危ないビデオチャット
10.狙われたセーラー服(High school girl upskirt)
11.女性用バイアグラ(Female Viagra)
12.秘密の調教部屋
13.温泉旅行で強制調教
14.女子高生セリクラ遊び(High school girl bid club)
15.濡れたアンダースコート(Wet ruffled tennis panties)

4.フェラチオ狂い

(1)

 秋になると、先輩は、卒業研究の準備で遅くまで研究室に残る日が続きました。
幼児発達教育学会で卒業研究を発表するのが、毎年恒例になっていて、発表しないと卒業させてもらえないと言う話でした。
今年は学会は名古屋で開催されるので、来年の発表の下見をするために、私も付いていくことになりました。
学会の数日前に研究室で発表の予行演習をしました。
先輩は緊張したようすで声もうわずっていました。
「こんな内容じゃ卒業できないね。」と教授にいわれて、先輩はすっかり落ち込んでいました。
先輩は発表の直前までなんとか手直しをしてがんばっていました。
教授は学会で座長をたのまれているとかで一足さきに名古屋に出発しました。
私は先輩と教室の助手の車で、発表の前日に名古屋に行くことになりました。
発表はなんとか無事にすんで、学会も最終日になりあとは帰るだけになりました。
学会の荷物預かりで荷物を受け取って車に乗ろうとすると、いつも共同でゼミをしている他の大学の学生さん達が声をかけてきました。
みんなで明治村と、リトルワールドに寄っていきませんかとのお誘いでした。
私とは別に学会に来ていた礼子さんも一緒でした。
教授に聞いてみると「もう発表は終わったんだから。」と言うことで「好きにしなさい。」と答えが返ってきました。
私達は男の子達の車で明治村に行くことにしました。
明治村は中が広くてだいたい見て回るだけでも大変でした。
リトルワールドにも行きましたが時間がなくて大急ぎで一回りしました。
帰りは旅館に一泊することになりました。
夕食が終わると男の子達がフロントからカラオケセットを借りてきました。
男の子たちは代わる代わるカラオケを歌い始めました。
カラオケに会わせて男の子の一人が変な踊りを始めました。
すると、歌の方もいやらしい替え歌になりました。
私は少しうんざりしました。
先輩が「私たちもなにかしないといけないわよね」と言い出すので礼子さんの発案で、
文化祭でやったモーニング娘の、ラブマシーンを踊ることにしました。
みんなで踊ると、すっかり盛り上がって男の子達もまざって踊り始めました。
曲が終わると、部屋のなかは何がなんだか分からないような大騒ぎになっていました。
次の朝、私は男の子の大学の助手の車に載せられました。
車が走りだしたとき、私は車に助手さんと二人だけで載せられたのに気が付きました。
私は、助手さんとに話しかけれれていろいろ話をしました。
助手さんは名前を智夫さんと言って、むづかしい研究の話を私にしました。
私がわかるはずも内研究の話がづっと続いて、少しうんざりしたころ、今度はアメリカに留学した時の話になりました。
留学中は学会のためあちこちに旅行して、ナイアガラの滝も見物したとかの話でした。
私はようやく少しは普通の話になったと少し安心して適当に相づちをうって相手をしていました。
ところで昨日はすごかったですねと、智夫さんが話題を変えました。
「最近の女子大生はみんなフェ××オくらいあたりまえなんですね。」と智夫さんに言われてびっくりしました。
どうやら昨日お酒をみんなで飲んで盛り上がったとき、いろいろHな話題になったらしくて私は酔って覚えていないらしいと気がつきました
「ところで有紀さんもフェ××オ大好きでしたね、昨日の続きをやってくれませんか。」と言われて私もHな話題に加わったらしいと心配な気持ちになりました。
「アルバイト先の店長さんにフェ××オ狂いに仕込まれて、一日でもしゃぶらないと気が狂っちゃうそうだね。」と智夫さんが言います。
私はどうもお酒のせいで、とんでもないことをみんなの前でしゃべったようでした。
「いつもコンビニのトイレでしゃぶらせられているので、トイレに入るとしゃぶりたくなるそうじゃないか。」とまで言われました。
「昨日はトイレでとっても上手だったね、」と言われて、気分が悪くなってトイレで介抱されたとき、智夫さんにしゃぶらせてとねだって、実際に舌を絡ませらしいとわかりました。
智夫さんの話がどこまで本当なのかわからなくて私は愕然としていました。
前を走っていた車がサービスエリアに入ると、智夫さんの車も後を追って駐車場に入っていきました。
私は外にでて、お茶を飲んでいる先輩に話を聞いてみました。
すると「あらなにも覚えていないの、昨日は大変だったんだから。」と言われとても詳しい話は聞く勇気がありませんでした。
トイレでフェ××オをしたのはほかの人たちにはばれていない様子なのでそれだけは安心しました。
私はまた車に戻ってフェ××オの話をされると困ると思い、礼子さんに頼んで席を替わってもらいました。
礼子さんの乗っていた車に乗り込んで車が動き出すと先輩が「昨日大変だったんだからと。」話を切り出しました。
「礼子さんが酔いつぶれて、そのあげく『私フェ××オ大好きなの誰かやらせて』と言い出して。」それで結局トイレに誰かに連れ込まれたらしくて。
「トイレから戻った時パジャマに変な臭いがついててね、本人は全然気がついてないらしいんだけど、周りはすぐあれの臭いだってわかってね。」
と運転している男の子に聞こえているのに話が続きました。
さっきの話は私のことじゃなくて礼子さんの話なんだと気がついて、私はびっくりして、聞いていました。
席を替わってもらったのは、どうもかなりまずいことだったらしくて私は心配な気持ちでした。
次のサービスエリアで降りると、みんなで売店の自動販売機でカップラーメンを食べたり、みやげものを見て回ったりしました。
いっしょに車をおりたはずなのに礼子さんがいないことに私は気がつきました。
車に戻ってみましたが、人影はありませんでした。
トイレかもしれないと思って、女子トイレに行ってみると、中は夜遅いせいか誰もいませんでした。
私が売店に帰ろうとすると、ドアの一つがあきました。
しかしでてきたのは智夫さんでした。
私はあわててトイレをでて智夫さんがでていくのを待ちました。
それから、やっぱり変だと思ってもう一度女子トイレにはいると、さっきと同じドアから今度は礼子さんがでてきました。
私があわてて駆け寄って「なにかあったの。」と聞くと礼子さんは困った様子でなにも言わずに、洗面所に駆け出して行きました。
私が後を追うと、礼子さんは洗面所で口をゆすぎながら、目に涙を浮かべていました。
礼子さんが顔を上げると、口のまわりにのファンデーションが、なにかに混ざって半分流れているのが見えました。
私にはいったいなにがあったのか、すぐに見当がつきました。
「帰ったら、大学に届けるわね、そうしましょう。」と私が言うと、礼子さんはどうしていいのかわからないような様子でうなづきました。
礼子さんがお化粧を直してから、私たちはトイレをでました。
そとの車にはもう女の子達も乗り込んでいて、私たちが戻るのをまっていました。
私は今度は、礼子さんと一緒に智夫さんの車に乗ることにしました。
私たちが車に近づくと智夫さんは助手席のドアを開けてくれました。
しかし私と礼子さんは後ろの席にならんで座りました。
車が動き出すと智夫さんはバックミラーで時々私たちの様子をうかがっていました。
車が高速を降りてしばらく走ると、礼子さんが「気分が悪いのでやすませてほしいの。」
と智夫さんに頼みました。
智夫さんは携帯電話でほかの車に連絡をとって、「すこし休んでいくから先にいってくれ。」と話をしていました。
車が横道にはいると、細い路地をしばらく走っていきました。
道が開けると、そこにはラブホテルの看板がたくさん並んでいました。
智夫さんが、「ベッドでしばらく休んだ方がいいだろう。」と言うので、私はそれもそうねとなにも不思議には思いませんでした。
ラブホテルに入ると礼子さんはベッドに横になりました。
私がコップに水をいれて、持っていくと礼子さんはいらないからと言って、起きあがりました。
私がどうしたのかしらと思っていると、礼子さんはベッドに腰をおろしてストッキングを脱ぎ始めました。
それから智夫さんにストッキングを渡すと、智夫さんは私の手をとって引っ張ると、私の両手を縛ろうとしました。
私はあわてて手をふりほどこうとしましたが、礼子さんが立ち上がると私を後ろから抱え込んで押さえつけました。
智夫さんは私の両手を縛ると、ストッキングの残りで私の両足を縛り、ベッドの上に膝が床につくように横向きに乗せました。
私はいったいなんのことかわからず呆然としてされるままになっていました。
「フェ××オしたくらいで学校に届けられたりしたら、困るのよね。」と礼子さんが言います。
「そんなことができないように、してもらわないとね、」と言うと今度は、
「じゃあ始めるか。」と智夫さんが言います。
私にはなにをすればいいのかすぐに気がつきました。
甘い舌触りを楽しむように智夫さんの欲望は満足を求めて堅くなりました。
舌先にからみつくように征服する楽しみを智夫さんは追い続けました。
緊張から張りつめた気分がやがてなま暖かい感触に変わり、律動が加わりながら激しさが増して行きました。
支配される快感がやがて私の体中を満たして、次の瞬間にあふれ出てきました。

(完)

強制フェラチオアダルトビデオ

フェラチオ・口淫の全記録 撮り下ろし8時間スペシャル
純粋無垢な美少女のフェラチオ二十一連発四時間
チンポがとろける濃厚フェラチオ4時間 吉沢明歩 麻美ゆま 藤浦めぐ 蒼井そら みひろ