短編官能小説

by七度柚希

目次

1.チアガールを汚せ
2.痴漢体験手記
3.温泉性感マッサージ
4.フェ×チ×狂い(Fellatio Mania)
5.原宿ナンパ遊び(Picked up in Harajuku)
6.ブルセラ学園祭
7.卒業旅行で裏ビデオ
8.人妻不倫クラブ(Dirty wife whore discipline)
9.危ないビデオチャット
10.狙われたセーラー服(High school girl upskirt)
11.女性用バイアグラ(Female Viagra)
12.秘密の調教部屋
13.温泉旅行で強制調教
14.女子高生セリクラ遊び(High school girl bid club)
15.濡れたアンダースコート(Wet ruffled tennis panties)

3.温泉性感マッサージ

(1)

 礼子さんが授業のあと「ちょっと相談したいことがあるの」と言って私を大学の食堂に誘いました。
相談したいってよっぽど大変なことなのかしらと私は思いました。
自動販売機でコーヒーの買うと私達は席について、礼子さんの話を聞くことにしました。
「実はね」と礼子さんが話をきりだすと、私は思わず身を乗り出してしまいました。
「いま私喫茶店でアルバイトしてるんだけど、都合があってやめるので替わりにアルバイトやって欲しいの」と礼子さんが話を続けました。
なんだそんな話だったのと私はあっけに取られて話を聞いていました。
「ほかに頼める人居ないし、お願いだから」と言われてなんでアルバイトくらいでそんな大げさに言うのかとびっくりしました。
私が「アルバイトくらいならかまわないけど」と言うと、「これから一緒にすぐ来て欲しいの」と言います。
私は礼子さんに連れられて大学から少し離れた喫茶店まで行きました。
店にはお客は全然いませんでしたが、マスターと名乗るひとがカウンターに立っていました。
どこの大学とか聞かれただけで、すぐに採用になってびっくりしてしまいました。
翌日から夕方2時間ほどアルバイトすることになりました。
仕事の仕方を一通り教えてもらいましたが覚えが悪いと何度もしかられました。
これでは、アルバイトをやとってもすぐやめてしまうはずだと思いました。

(2)

 一月ほどたって、毎日喫茶店に通ってくるお客さんに温泉旅行に誘われました。
お客さんは近所で事務所を開いている会社の社長さんだそうです。
二人で旅行というのもちょっと危ないと思って、マスターに相談すると「だったら友達誘ったら」と言われました。
それもそうだと思って「礼子さんと三人でならいいです」とお客さんに返事をすると「女二人、男一人で部屋を取るから」と言われました。
それならいいやと思って、礼子さんと一緒に車で温泉に行くことになりました。
当日になると、車にはもう一人男性が乗っていました。
社長さんの得意先の部長さんだと紹介されました。
二人部屋を二つ予約してあると言われ、それなら大丈夫だと思いました。
昼間はあちこち見物して、夕方温泉旅館につきました。
部屋に案内されると部屋は少し離れていて隣ではありませんでした。
そのほうがかえってよかったと、安心しました。
丹前に着替えると社長さんが迎えにきて温泉に入りました。
しかし露天風呂は午後8時までは男性だけと言うことでした。
社長さん達は露天風呂に入るというので、私たちは女性用のちいさな浴室でしばらく浸かった後部屋に戻ることにしました。
廊下を歩いているとずいぶんと太った背の低い男性が二人廊下を歩いてきます。
私たちが部屋にはいろうとすると、ちょうど隣の部屋に男性二人もはいろうとするところでした。
「こんばんは、美人二人で温泉ですか」と男の一人が声をかけてきました。
私は相手をしなくてもいいと思ったのですが礼子さんは、愛想よく返事を繰り返しました。
すると、「いい酒があるので、いっしょに飲みませんか」と誘われました。
私たちが女二人だけで温泉に来たと思ったようでした。
断って部屋にはいろうと思いましたが、私が返事をする前に礼子さんは男の部屋に入っていました。
私は礼子さんを一人だけにするわけにもいかないと一緒に部屋に入りました。
すぐにお酒を勧められて、礼子さんは「これおいしいですね」と言いながら、勧められるままに飲み始めました。
礼子さんはすぐ立てないほどにふらふらになった様子でした。
すると頃合いを見計らったように男達はエッチな話を始めました。
私たちの部屋に昨日とまった女子大生二人組の話でした。
「酔わせて、朝まで遊ばせたんだぜ」という話が始まると私はこれは危ないと思いました。
「女だけで温泉に来るのは遊びたくて来る女だから、遊ばせると止まらなくなるからな」と自慢話が続きました。
礼子さんは、酔って何の話かもう分からないような様子で相づちを打っていました。
私はなんとか礼子さんにあれこれ言って部屋からだそうとしましたが、腰が据わったようで動こうとしませんでした。
社長さん達がようやく露天風呂から帰ってきたようで、私たちを迎えにきました。
ひとまず私たちの部屋に4人で入ると社長さんは電話でマッサージを頼んでいました。
しばらくすると、マッサージ師の男性が部屋に来ました。
社長さんは私たちの部屋のお布団に横になって、しばらくマッサージを受けていました。
一通り社長さんと部長さんのマッサージが終わると
それから今度は礼子さんにもマッサージを勧めます。
礼子さんが布団に横になりしばらくマッサージを受けていました。
一通り終わると「気持ちのよくなるマッサージがあるんですが、いかがですか」とマッサージ師さんに薦められました。
「昨日もここに泊まられた女子大生さんが、大変よかったと喜んで帰られましたよ」と言われて、どうやらさっきの話は本当だったのかしらと思いました。
礼子さんが返事をする前に社長さんがぶっきらぼうな声で「ああ、やってくれ」と頼んでいました。
マッサージ師さんの手が動き始めると、最初はゆっくりと礼子さんの肩を揉んでいるだけでさっきのマッサージと同じでした。
気持のよくなるマッサージってなんの事なんだろうと不思議に思って私はマッサージ師さんの指先をじっと見つめていました。
マッサージ師さんの手が少しづつ礼子さんの肩から脇腹へ場所すこしづつ変えながら動くと、脇腹を撫でながら指先を礼子さんの胸の近くに届かせてきました。
最初は軽く指先が礼子さんの胸の周りを撫で回しているだけでしたが、次第に手の平を奥にいれて胸をしっかりと包み込むよう震わせてきました。
礼子さんは最初は体の力を抜いて気持ちよさそうにしていましたが、マッサージ師さんが巧みに礼子さんの胸を揉み始めると体を何度も震わせて喘ぎ声を出し始めました。
私はこうゆうマッサージだったのと、びっくりして成り行きを見守っていました。
マッサージ師さんは一旦体を起こすと、礼子さんの足元に座り直して今度は礼子さんの太股を揉み始めました。
太股の内側を指先で撫でながら、礼子さんの花園を軽く触っては今度はお尻を揉み始めました。
大きな手で丸く円を描きながら礼子さんのお尻を押し回すとしばらくしてまた太股の内側を揺さぶるようにして揉み続けると、礼子さんは次第に眉を寄せて苦しそうに体を捩り始めました。
お尻と太股の間を交互にマッサージしながらその途中で花園を触る手つきが次第に大胆になってくると、丹前の上から強く花園に手の平を押しつけて震わせてきました。
礼子さんはもうとても我慢できなくて背中を仰け反らせて大きな喘ぎ声をあげ始めました。
社長さんが目で合図をするとマッサージ師さんは心得た様子で礼子さんの丹前を脱がせました。
丹前を畳んで横に置くとマッサージ師さんは礼子さんの可愛らしい花柄のパンティーとブラジャーを脱がしました。
礼子さんは体は布団の上で引きつったように震えていて、マッサージ師さんにされるままに丸裸にされてしまいました。
マッサージ師さんの指が礼子さんのお尻を撫でながらもう一方の手で胸を揉み始めました。
礼子さんの乳首をマッサージ師さんの指先がねじり上げるようにしてきつく締め上げると、礼子さんは苦しそうな顔で目に涙を浮かべました。
マッサージ師さんの指が礼子さんの花園を押し広げるようにして入れられると、巧みに手首を震わせて礼子さんの感じる所を責め始めました。
礼子さんの感極まった喘ぎ声が部屋一杯に響くと私は耳を塞ぎたくなりました。
マッサージ師さんの手首の動きは少しずつ強くなったり弱くなったりを繰り返しながら、次第に激しさを増していきました。
目の前で礼子さんの体が上下に激しく引きつったように震え出すと、マッサージ師さんが突然手の動きを止めました。
礼子さんの甲高い声が繰り返し部屋の中に響くと、急に礼子さんの体は力が抜けたように動かなくなりました。
マッサージが終わると社長さんは、かなり高額な料金を払ってマッサージ師さんに帰ってもらいました。
礼子さんは「お願い、有紀ちゃん今夜はあっちの部屋で寝てくれない」と半分泣き出しそうになりながら言います。
私はようやくマッサージを呼んだ理由がわかって腹がたちました。
しかし部屋をでるしかしょうがありませんでした。
社長さんの連れの部長さんが私と一緒に別の部屋に行くと言いだしたので私は困った事になったと私は思いました。
もう一つの部屋に行けばなにが起こるのかは分かり切ったことでした。

(3)

適当に言い訳を作って一人で部屋をでると、私はロビーでしばらく時間を潰しました。
行くところもなくしばらく旅館の廊下をあるいると、露天風呂の前にでました。
もう8時をすぎているので、露天風呂は混浴になっていました。
しばらくお湯につかっていると、社長さんが裸で入ってきました。
礼子さんと社長さんの間に何があったのかわかりきった事でしたが私は何も言いませんでした。
私の隣に座ったので、どうやらもう部屋に戻ってもいいみたいだと思いました。
しかし社長さんは「まだ部屋には戻らない方がいいと思うけど」といやらしい口調で言います。
「あの女、淫乱で俺一人じゃ満足させられなくてね」と言われて、私には事情がわかりました。
すぐにもう社長さんの連れの部長さんが風呂に入ってきました。
私はもうこれで部屋に帰れると思い、一応「お先に失礼します」と言って風呂をあがろうとしました。
すると二人はくすくすといやらしい苦笑をするだけでした。
部屋に戻ると廊下まで女性の泣き叫ぶような声が聞こえてきました。
私は部屋には礼子さんしかいないからきっとビデオを大きな音でつけているのねと思ってドアを開けました。
しかし私は布団の上を見て足がすくみました。
そこには礼子さんと隣の中年の男性二人が体を絡み合わせていました。
男の一人が布団の上に寝そべったその上に礼子さんが体を仰向けに重ねて、もう一人の男が礼子さんの上からのしかかるようにして体を重ねていました。
下に寝そべった男が腰を突き上げる度に礼子さんの泣き叫ぶ声が部屋に響きつづけました。
逆らうこともできずに礼子さんは、欲望に汚されつづけました。
私はすぐに部屋から逃げ出そうとしましたが、足がすくんで動けませんでした。
男の一人が立ち上がると私の手を掴んで引き寄せてきました。
男が私の丹前の帯を掴んでひっぱると、私の体はぐるぐると回って布団の上に倒れ込みました。
男は手慣れた手つきで私の丹前を引きはがして脱がせると、私のブラジャーとパンティーもすぐに脱がされました。
足をしっかりと押さえつけられて身動きができない姿勢で、男の手が私の太股を撫で始めました。
強引な手つきで繰り返し太股を撫で廻されると、私の体は熱く燃え上がって震えてきました。
私のすぐ耳元で礼子さんが激しく体を震わせながら「いっちゃう、礼ちゃん、いっちゃう」と叫ぶ声が聞こえてきました。
男が礼子さんの体に欲望の激情を吐き出すと、次は私が生贄にされる番でした。
竜巻のような激しい勢いで吹き抜ける嵐の中では、もう逃げることもできませんでした。
抵抗する気力もないくらいに私の体はもてあそばれました。
いつまで続くともわからない時間が私の心の中で凍り付いていました。
このままずっと続くのなら、私の体はもう屈服するよりないと覚悟を決めました。
社長さんの欲望は私の体を責め続けると、ようやく最後の一撃で私を打ち砕きました。

(完)

性感マッサージアダルトビデオ

西麻布高級人妻性感オイルマッサージ総集編 [DVD]
「ママには言わないで…」ロリ性感オイルマッサージ2枚組8時間総集編 [DVD]
温泉旅館盗撮!乱れ妻中出し!温泉マッサージ師のピンク性感の罠
4時間総集編 若妻狙い温泉旅館出張性感マッサージ [DVD]
箱根温泉旅館Mマッサージ師より投稿宿泊客に性感マッサージを施しヌルッとチンチン挿しちゃいました