体験手記雌犬監禁裏本調教

by七度柚希

目次

1.バレー部の朝練
2.ジャーナリストへの夢
3.女子大の入学試験
4.合格発表
5.女子大生
6.出版社でのアルバイト
7.歓迎会の後
8.東大五月祭
9.夢の夜
10.体験取材
11.調教の始まり
12.最初の客
13.ダブル調教
14.裏本のモデル
15.裏ビデオの秘密
16.調教の夜
17.裏ビデオ鑑賞
18.強制輪姦
19.レズ調教
20.生フェラ調教
21.露出調教
22.監禁
23.拘束
24.奴隷調教

8.東大五月祭


8.東大五月祭

 出版社でのアルバイトを始めてからすぐに5月も終わりに近づくと、東大の5月祭の時期になった。
 私の女子大は東大とも近くて、コーラス部では合同で5月祭には模擬店とコーラス喫茶を毎年催していた。
 私の女子大のコーラス部の女の子達も毎年手伝いにかり出される。コーラス部は女子が圧倒的に多いので、こうゆう時には男の子達にいい所を見せておかないとと、みんな必死だ。
 男の子達も女の子となかよくなるチャンスなので、打ち上げの合コンを期待してる。
 前の日には模擬店のテントの用意を男の子達が始めて、レンタルで借りているプロパンの準備などもすませ、コーラス喫茶も席を並べ替えたり、ケーキの買い出しに行ったりとか目が回るような忙しさ。
 夕方近くにはだいたい準備が終わったけど、今度は男の子達がビールを持ってきた。五月祭ではビールは売らないはずになっているのにと思っていると「お疲れ様」とか声をかけながら男の子達が乾杯を始めた。
 どうやら夜は模擬店の見張り番をするという口実で、泊まり込みで宴会をする手はずになっているらしい。
 女の子達はこの忙しいのに男の子達の相手もしていられないとみんな帰ることになり、私も礼子さんと一緒に帰った。
 学園祭の当日は朝早く礼子さんと本郷3丁目で待ち合わせして、昨日用意した模擬店に行ってみた。
 男の子達は寝袋にくるまって、まだ寝込んだまま起きるのもつらそう。屋根を降ろしておいてあったテントを男の子達に立ててもらって、女の子達が模擬店の準備を始めた。
 お好み焼きを何枚か試しに焼いて男の子達に味見をしてもらってから、さてお客はと構内を眺めまわしてみた。
 大学の構内は模擬店の準備をする学生がごった返していたけど、五月祭を見学に来た人など一人もいない。先輩の話では、お昼過ぎにならないと見学の人は来ないからというので、さしあたってお好み焼きを作ってはブラのパックに詰める作業を続けた。
 準備も一段落したところで、私と礼子さんは他の女の子に店番を替わってもらい構内を見物して歩くことにした。
 初めて見る東大の五月祭は大学の敷地いっぱいに模擬店がどこまでも並んでいて壮観だった。路上でバンド演奏をしていたり、フラメンコダンスをしていたりと見せ物もいろいろ。
 礼子さんはデジカメをバッグから取り出すと学園祭の風景を撮影していた。デジカメは礼子さんが時々大学にも持ってきていて、レンズを回すと自分が写せる便利な物。
 私と礼子さんは噴水の前で、二人並んで記念写真を何枚も撮った。
 昼過ぎに芸大の男の子達がコーラス喫茶に出演するために来るというので、赤門の前で待ち合わせをした。
 赤門前には他にも待ち合わせをする学生が大勢いて、誰が誰だか分からないような様子。
 しばらく待っていると赤門の前に黒塗りの大きな車が静かに止まった。
 出迎えていたのは、実行委員会の法文科の女の子二人で、二人とも就職のリクルートスーツ姿。
 どうやら車で着いたのは講演会に招待された国民党の山本代議士さんのよう。二人の女の子に案内されて、山本先生は会場の方に向かった。先輩の話では山本先生は東大の弁論部の出身で、よく後輩の面倒もみてくれていて、さっきの二人もいろいろとお世話になってるらしいとのこと。
 講演会の会場前ではテレビ局の人らしい数人の男性がテレビカメラを用意していた。どこかのテレビ局の腕章を付けていて、ニュースの取材のよう。山本先生が講堂に入るのを撮影すると、先生の後を追ってテレビカメラとアナウンサーらしい男が講堂に入っていった。
 30分程たって先生が講演会を終えて出てくると、建物の陰で大きな望遠レンズのついたカメラらしいものを構えている男性がいた。腕に報道の腕章を着けているので、テレビ局の人らしい。
 山本先生が帰られると、カメラを構えていた男がちょうど私たちの模擬店に来てお茶を買った。模擬店の前で立ったままお茶を飲みながら、さっき山本代議士と一緒にいた法文科の二人女子学生の事をいろいろ聞いていた。
 私は不審に思って「どうしてそんなことお聞きになるんですか」と聞いてみた。すると、男は急にあらたまった様子で「テレビの取材なんです、申し遅れましたが私は吉岡と言います」と言って名刺を渡してくれた。
 私は取材と言われて、急に胸がどきどきしてきた。もしかしたらこれがきっかけで私もジャーナリストになれるのではと夢のような気分に舞い上がった。
「この大学ではセクハラがよくあるって聞いたけど、実際どんなセクハラされたのか、噂とかあるかな」と吉岡さんに聞かれた。
 私は東大のことは知らないけれど、なんとか話をしなければいけないと思って「私の女子大では、セクハラで有名な先生がいますけど」とつい口をすべらせてしまった。
 すると「どんなセクハラなのか、教えてくれないか、セクハラは絶対許せないよね」と吉岡さんが畳みかけるように聞いてきた。
 私は五月祭の最中にそんな話をされても困ると思ったけど、セクハラは絶対は許せないし、他にもいろいろ相談に乗ってもらった方がいいとも思った。
 私が吉岡さんに何を言おうかと口ごもっていると他の先輩が「マスコミ関係の就職って大変だって聞いたんですが、やっぱりコネがないとだめなんですか」と話を切り出したので、セクハラの話はそれで終わってしまった。
 マスコミへの就職の話は私も気になっていたので先輩の話を聞いていた。
「やっぱり英検一級くらいはもってないとだめなんですか」と先輩が問いただすと、吉岡さんは「まあ、そうだね、それくらいは持っていないと」と言葉を濁して、お茶を飲み終わったあとどこかへ行ってしまった。
 私はせっかくマスコミの人と知り合いになれるチャンスだったのにと思ってがっかりした。
 昼近くになると、急に人の波が次から次へと押し寄せてきて、模擬店の前にも行列ができて、大変な騒ぎになった。
 用意したゴミ箱もあっという間にいっぱいになり、お好み焼きに入れるキャベツが足りなくて近所の八百屋に買いに行ったりとかであっという間に夕方になってしまった。
 もう見学のお客の姿も見えなくなると、男の子達がテントの屋根を降ろして、昨日と同じようにビールで宴会を始めた。
 翌日も午後からは目の回る忙しさになったけど、午後をかなり過ぎたあたりにはもう用意したお好み焼きは全部売り切れて、会計を締めてお金の計算をして、店も片付けを始めた。
 男の子達がテントをかたづけると、テントの布をたたんで袋にしまってくれた。
 夕方すぎに片付けも済むと、模擬店の前にはコーラス部の部員が大勢集まり始めた。
 他の模擬店の前にも大勢の学生が集まり、薄暗くなった大学の構内は学生でいっぱいになった。
 みんながみんな打ち上げの合コンのために集まっていると先輩に聞かされて、女の子達が5月祭で目の色を変える理由が分かってきた。
 コーラス部は人数がおおいので、合コンの会場もあらかじめ予約してあった。人数の確認もすんでから、コーラス部の全員が地下鉄で池袋まで移動した。
 合コンの会場は居酒屋みたいな店だけど、大勢が入れる巨大な店。ほかのクラブの打ち上げもあって、ほとんど学生で貸し切りのよう状態だった。
 席はあらかじめクジで決めてあって、当日発表になった。しかし、私たちの女子大の女の子達は男の子のすぐ側の席には座れなかった。先輩達は「だれが、クジ決めたのよ、これインチキじゃないの」とすこしふくれていた。
 やがて合コンもお開きになると、2次会に男の子達に誘われるのを期待して私たちは店の前で待っていた。しかし店から出てくる男の子達はもう2次会の相手は決まってるらしくて私達の前を素通りしていくだけ。
 店の前には男の子に誘われなかった女の子達が大勢あぶれていたけど、やがてあきらめて女の子達だけで2次会をするためにあちこちに散っていった。
 私と礼子さんと先輩達で、どうしようかと相談した。2次会に行っても女の子だけではしょうがないし、お金がかかるだけだという事になった。それでまた私のアパートに来ることに話しがまとまった。
 先輩がいつもの酒屋でワインを買うと、私たちは一本づつ持たされた。本屋の前に来ると、先輩の一人が本屋に入ってなにか雑誌を一冊買って戻ってきた。
 私のアパートに来ると私達はワインを飲みながらいつものように男の子の話を始めた。
 いつもフェラチオの話を始める小百合さんにはみんなでワインを飲ませなかったので、今日はおとなしくしていた。
 ちょうど話が盛り上がった頃電話がかかってきた。昨日会ったジャーナリストの吉岡さんからだ。
 どうして電話番号がわかったのだろうかと、私はちょっと心配な気がした。
「近くまで来てるから、この間のセクハラの話を詳しく聞かせて欲しいんだ」
「もちろんちゃんとお礼もするし、取材したことは内緒にするからだいじょうぶ」と調子のいい口調で言われた。しかし私は先輩達が来てるので「今はちょっと話ができないんです、すみません」と断って電話を切った。
 先輩に「彼氏からでしょ、断っていいの」とからかわれて、私はちょっと赤くなった。
 礼子さんが「私が居るのに、彼氏なんか作ったりしないでよね」と冗談半分に言うと、先輩達がどっと笑った。
 礼子さんが本気で言っているのは私には分かったけど何も言い返せなかった。
 女の子達でお酒を飲むと話はいつも同じだった。一通りいつもの話を繰り返してから、先輩の一人が「そろそろあれやろうか」と言いだした。他の先輩も「そうね、やろう」と同意して阿弥陀クジを作り始めた。
 順番に名前を書いてクジにあたったのは、先輩の一人でした。
 さっき買ってきた本の袋を開けると、なかはコミック雑誌。
 先輩はページをめくると、後ろの方のページを開いて、電話をかけ始めた。私は何が始まるのかしらと不思議に思った。先輩達はこれから始まることが分かっているようで、面白そうに電話の会話に聞き入っていた。
 最初はごく普通の世間話で、女子大生なんです」とか「一人暮らしです。彼氏はいません」とかの話が続いた。
「私すごい淫乱なんです、彼氏に仕込まれて、エッチなことはなんでも大好きなんです」
「フェラチオ大好きで、前の彼氏にはよくしてました」
「オチンチンなしでは一日も我慢できないんです」
とか聞いていてびっくりするような言葉が次から次へと聞こえてきた。
 しばらくして先輩は大きく息をつくと、かすかに喘ぐようなため息をついた。そして「だめ、そんなの許して」とか「お願いだめなの、ほんとにだめ」とか言いながら次第に喘ぎ声が部屋に大きく響いてきた。私はこんな声が外に聞かれたら私が困るのにと思った。
「もうだめ、許して」とか、「お願い、やめないで、やめちゃだめ」とかの言葉が先輩の口から出ると、先輩の息の調子が次第に激しくなっていきた。
 やがて、先輩は大きな声で「いきそう、いっちゃいそう、だめ、ああ、ああん、いくーーーー」と大きな声を出して全身を震わせると、やっと電話を切った。
 先輩が床に置いたコミック雑誌は、レディースコミックで後ろのページに出ているのはテレクラの電話番号だった。
 私は先輩達がこんな遊びをしているのかと、とても先生のセクハラどころの話ではないとびっくりした。
 電話をした先輩はしばらくは腰が抜けたように座り込んで動けなかった。
 みなが黙ったまま時間がすぎると、他の先輩達は「面白かったわね」と平気な顔で帰り支度を始めた。
 先輩達が帰った後、礼子さんはいつものように「今日泊まっていくね」と言って部屋に残った。
 先輩が残していった紙コップを片づけてからさっきのレディースコミックを礼子さんと一緒に広げて見た。後ろの方には、テレクラの番号がたくさん書いてあった。さっき先輩が書けたのはこのテレクラの番号のどこかに違いない。
 礼子さんが「いまのテレホンセックスねきっと」と私に言った。私は他にどうにも考えようがないので「そうね、きっとそうね」と返事をした。
「どこにかけたのか確かめてみるね」と言いながら礼子さんが受話器を取ると、リダイアルのボタンを押した。すぐに電話には男性がでたらしくて礼子さんは話を始めた。
 話の様子ではやっぱりテレクラに間違いない様子。
 テレクラに電話がつながったのを確かめたら、すぐ電話を切ると思っていたけど、礼子さんはなぜか、電話を切る様子もなく、話を続けてる。すると、さっきと同じように「彼氏はいまいません」と礼子さんが返事をしているのが聞こえてきた。
 私はこれは危ないと思って注意した方がいいと思ったが「前の彼とは、大学の入学試験のとき知り合ったんです」と礼子さんが話をしているので、すこし話を聞いた方がいいと思って、礼子さんの側で聞き耳を立てた。
 やっぱりあのときの男の子とは入学試験のあと、待ち合わせをして遊んだようだ。
「自分勝手で、乱暴で、それが最初は男らしいと思っていたんだけれど、やっぱりとてもつき会えなくて」と話がとぎれとぎれに聞こえた。
 いろいろあって結局は分かれたらしくて、私はそのほうがよかったと思って安心した。
 礼子さんは適当なところで電話を置いて、酔いが覚めるのを待っているようだった。
 私が台所であと片付けをしていると、礼子さんがまた電話をしていた。
 やっぱり電話を途中で止められなかったのねと私には分かった。相手はさっきとは別の男性のようだ。私はもう止められそうにないと思って、そばで礼子さんの様子を伺った。
「いま好きな人のアパートなんです」と礼子さんが電話に答えているのが聞こえた。
「私本当に大好きで大好きで、もう死んでもいいくらいなんです」と言うので、私はまた別の男の子の話だとばかり思っていた。
「でも、彼氏じゃないんです、相手は女の子なんです、彼女なんです」と礼子さんが言うので私はびっくりしてしまった。
「有希ちゃん大好き、私、有希ちゃんのこと大好きなんです」と礼子さんはわざと私に聞こえるように大きな声で叫んだ。
 受話器を持ったまま礼子さんは私にしがみついてきた。私も「礼ちゃん大好き」と言いながら礼子さんを抱き返した。
 受話器に聞こえるように「有希ちゃん大好き、有希ちゃん大好き、ホントに大好き」
「私のこと可愛がって、いっぱい、いっぱい可愛がって」と叫ぶと、礼子さんは私の唇を塞いで来た。
 礼子さんの舌が私の唇の間から入ってくると、私の歯茎を嘗め始めた。私も必死で礼子さんの脇腹から胸をなで回すと、花園にも手を伸ばした。
「有希ちゃん」とまた大きな声をだすと、礼子さんは床に寝そべって背中を反らせました。
 私はこの間のバイブレータを押し入れから取り出すと、スイッチを入れた。ブーンという音が部屋に響くと、礼子さんが首をもたげてバイブレータを見ていました。
「有希ちゃんはやく」と言われて私は礼子さんの花園にバイブレータを押しつけた。礼子さんは腰をがたがた震わせながら、背中を何度も反り返らせて泣き出した。
「礼ちゃん、いいの、どうなの」と私が問いつめると「礼ちゃん、死んじゃう、礼ちゃん、死んじゃう」と礼子さんが繰り返し叫んだ。

7.歓迎会の後<< ページトップ >>9.夢の夜

監禁調教アダルトビデオ

若妻監禁調教 囚われの肉玩具 川上奈々美 アタッカーズ [DVD]
監禁調教部屋8時間BEST [DVD]
美人秘書×監禁調教 明日花キララ
監禁陵辱III~美少女箱詰め輪姦~
拉致!監禁!拘束! イキッぱなし絶叫4時間