体験手記雌犬監禁裏本調教

by七度柚希

目次

1.バレー部の朝練
2.ジャーナリストへの夢
3.女子大の入学試験
4.合格発表
5.女子大生
6.出版社でのアルバイト
7.歓迎会の後
8.東大五月祭
9.夢の夜
10.体験取材
11.調教の始まり
12.最初の客
13.ダブル調教
14.裏本のモデル
15.裏ビデオの秘密
16.調教の夜
17.裏ビデオ鑑賞
18.強制輪姦
19.レズ調教
20.生フェラ調教
21.露出調教
22.監禁
23.拘束
24.奴隷調教

16.調教の夜


16.調教の夜

 もう帰っていいと言われて私は、ひとまず組の事務所を出た。
 芳恵さんはしばらく組の事務所で休むとかで、美世ちゃんが一緒に残った。
 私は帰りの地下鉄の中で、さっき芳恵さんに聞いた話を思い出して何度も考えた。
 痴漢倶楽部で女子高生が働かせられてるくらいの話しだったら当たり前に何処でもある事、確かに芳恵さんや編集長が言うように記事にできる話しではないみたい。
 だけど相手の客が政治家だったらこれはもう全然違う大変なスクープに違いない。
 うまく永谷さんに調子を合わせて、客の政治家の名前を聞き出せない物だろうか。
 それこそ大変なスクープ記事がかける。
 ともかく上手く立ち回ってスクープに食らいつくしかない。
 アパートに戻って一休みしていると夜遅くに、永谷さんから電話がっあた。
 私は今度こそ上手くやって記事に出来るような話を聞き出そうと、どきどきして電話の相手をした。
 永谷さんはいま私のアパートの近くまで来ていると言う。私はこのチャンスを逃したらもう一生ジャーナリストになる機会はないと思い、この間のミニストップで待ち合わせをすることにした。
 電話を切ってから私は、今度こそすごい記事を書くんだと自分に言い聞かせた。
 だけど記事を書いてももう芳恵さんや編集長に見せるわけにわいかない。
 こうなったら五月祭で知り合ったジャーナリストの吉岡さんに頼むしかない。
 大事にとっておいた吉岡さんの名刺を出して電話をかけてみた。呼び出し音が鳴る間私の胸はドキドキして止まりそうになった。
「私これから政治家の先生に身体を買われるかもしれないんです、記事にしてくれますか」
とわざと大げさに話しを作って吉岡さんに言ってみた。
 もちろんこれからすぐ身体を買われるなんて話しはまだ何処にもないけど、吉岡さんの気持ちを引きつけるにそのくらいの話しは作るしかない。
 吉岡さんには「それは、すごい大スクープ記事だ、すぐにでも話を聞きたいね、これからすぐアパートまで行くから」と言われた。
 これからアパートに吉岡さんに来られても困ると思い私は「報告は明日します、明日まで待ってください」といって電話を切った。 チャンスは絶対逃がさないと自分に言い聞かせながら、ミニストップで一人でジュースを飲んでいると、永谷さんが私を見つけて入ってきた。
 ともかくチャンスは今しかないと思って「今夜裏ビデオ撮って下さいお願いします」と私からすぐに頼んだ。
「だから礼子さんの事は内緒にして下さい、私がなんでも言うこと聞きますから、礼子さんだけは許して」とわざと大げさに涙声を作って必死で食らいついた。
 すると永谷さんは表情も変えずに「なかなかいい度胸じゃないか」と言い返してきただけ。
 裏ビデオの話しを聞き出そうと私がなんとか話しを向けても、用心してるせいか話しをはぐらかされた。
 私はこのままじゃいけないと思い、いかにも遊び好きな振りをして「このところ暇で暇で退屈してたんです」と言ってみた。すると永谷さんは表情が急に変わって「遊ぶの好きなんだろう、いつもはどんな遊びがしてるんだ」言いだした。
 私はいよいよだと思いって「私普通の遊びじゃもう、つまんなくて刺激がある遊びでないと」と答えると「刺激のある遊びってなんなんだ、言わなきゃわかんないよはっきりしろ」問いつめられた。
 私は「パンティーを脱がされて」といって一度わざと声を詰まらせました。すると「パンティー脱がされてどうするんだ、ちゃんと言わないとやってやらんぞ」と意地悪そうな口調で永谷さんが聞いてきた。
 これは上手く誘いに乗ってきたと私は「パンティーを脱がされて階段を上がらせられたりとかするのが好きです」と言ってみた。
 するとすぐに永谷さんの手が私の膝の内側に延びてきた。
 私はわざと膝を崩して、永谷さんの手が動きやすいように向きを変えた。
 永谷さんの手が腿の奧まで届いてくると私は、膝が震えだした。
 永谷さんは「ほかにはどんなことが好きなんだまだあるだろう」とまだ問いつめてくる。「いろいろ言わされるのが好きです」と答えると「どうゆうこと言わされるのが好きなんだちゃんと言うんだ」と脅すような口調で言われた。
 なんでもいいから、ドヘンタイのドスケベ女だと思われるような事を言わなければいけないと思ったけどすぐには思いつかない。
 ともかく話しを続けなければと思い私は「オチ×チ×大好きですと言わされるのがすきなんです」と小さい声で答えた。すると「もっと大きな声で言うんだ、聞こえないだろうそんな声じゃ」と永谷さんにきつい口調で言われた。
 どうやら上手く話しが進んだみたい。
 私は「オチ×チ×大好きなんです」と周りに聞こえそうな大声でいってみた。
 レジの男の子がちらっとこちらを見たような気がして、その途端に私の体中が一気に熱くなった。
「だったらいますぐトイレでパンティーを脱いでこい」とまた永谷さんい言われて、足が震えながらレジの横のトイレまで行くと、スカートをたくし上げて、パンティーに手をかけた。靴を脱ぎながらパンティーを足からはずすと、また膝ががくがくと震えて来た。私はやっとのことでトイレから出ると、レジの男の子の視線を気にしながらパンティーを永谷さんに渡した。永谷さんは満足した顔で私のパンティーをジャンパーのポケットにしまった。
「じゃ、行こうかと」声をかけられて私達はミニストップを出た。
 店の前には横断歩道があり、少し先には歩道橋も見えた。信号が青になり、私が横断歩道を渡ろうとすると、永谷さんの手が私のお尻に押し当てられて、こっちだと押しやられた。 永谷さんの指がすぐに私のお尻の割れ目をさぐると、指先をなぞるように動かしてきた。
 そのまま歩かせられると横断歩道の階段まで来た。私はなにをさせられようとしているのか分かって、急に足が震えてきた。
 横断歩道の階段を上がると、下から丸見えになるのが自分でも分かった。下に誰か通る人がいるのか、怖くて下を向けない。
 ゆっくりと歩道橋の階段を登り終えると、私は膝ががたがたになって歩けない。
 永谷さんがゆっくりした足取りで、私の後から歩道橋を登ってくると、私を後ろ向きに抱きしめながら私のスカートをめくり上げた。
 すぐに親指がア××を押し広げて入ってきた。
 背筋が寒くなる程の快感が私を繰り返し突き抜けた。
  歩道橋を降りた時はもう私の身体は火がついて止まらない雌犬だった。
 すぐにでもしゃぶりたい、誰でも良いからすぐにしゃぶらせてと子宮が悲鳴を上げるくらいに欲しがってるのが自分でも判った。
 すぐ先に公園がある、公園で今すぐしゃぶらせてもらおうとそれだけで頭がいっぱいになった。
 私は曲がり角まで来るとすぐ近くに公園があるからと永谷さんを誘った。
 暗い公園の中ではベンチの奧にカップルが座ってるのが見えたけどもう気になんかしてられない。
「ここで何をしたいんだ、さあ、どうなんだ、いつもここでなにしてるんだ」と永谷さん言われて、私は「しゃぶらせてください」とすぐに答えた。
 すると永谷さんはやっぱりという様子で、近くのベンチに座るとズボンの前を開いた。私が膝をついて顔を寄せると、永谷さんの手は私のスカートをいっぱいにたくし上げて、お尻が丸出しになるまでひっぱった。私は頭が熱くなって体が子宮の奧から震えながら燃え上がった。
 口を大きく開けて舌技を使いはじめると、急に気持ちが落ち着いてきた。舌技だったら男を喜ばす自信はたっぷりある。
 私が芳恵さんから習った秘術を繰り出すと、永谷さんもやっぱりただの男、気持ちよくなったせいか言葉が少なくなった。
 最後にはしゃぶらせてもらった後の、喜びの顔を永谷さんによく見えるようにたっぷり演技した。
 息を激しくしたり、涙を浮かべたり、それに身体を震わせながら胸を永谷さんの腿に押しつけたりと自分でも感心するくらい演技をすると永谷さんも私が本当のドスケベのド淫乱女だと信じ込んだみたい。
 今こそ話しを聞き出す絶好のチャンスだ。
「私変態なんです、毎日こうやって男漁ってるんです」
「私みたいな女がいいって男紹介してくれませんか、私親が経営している会社が倒産して、借金返さないといけないんです」と思いつくままに作り話を始めた。
 芳恵さんからもプロの女は作り話が上手くないとだめ、男が喜ぶ作り話を日頃から考えて置くのよとなんども言われてたのが役に立った。
 すると永谷さんは、「じゃあ、政治家なんかどうだ金あるし、政治家は変態女が好きだから」
「野党の女の代議士はみんな気が強いから国会でもいろいろしつこく追求してくるだろう、そのぶん国会の外では、変態女で気晴らしをしたくなるんだ」
「よかったら秘書に紹介してやろうか」と言われこれは上手いこと聞き出せたと私は胸がどきどきしてきた。
 私はこのチャンスを逃したら絶対記事をものになんかできないと覚悟を決めると「お願いします、どんなことされてもいいんです私、お金がいるんです」と必死で食らいついた。永谷さんは携帯を出すとその場で電話を掛けてくれた。
「どうだ、例の遊びにちょうどいい女がいるんだ」と永谷さんが話す声が聞こえた。私はどんな遊びかしらと思いながら、これですごい記事がかけると胸が膨らんだ。
 明日の夕方なら政治家の先生と秘書さんがちょうど選挙区に帰るので一緒にドライブして途中で一泊できると勧めらた。私はすごいチャンスを見つけたともう夢中になった。
「だけどその前に裏ビデオは撮らせてもらうからな、その先生裏ビデオが大好きで、エッチする前に裏ビデオ見るのが好きなんだ」
「だから付き合う前には必ず裏ビデオを撮っておかないとだめなんだ」となるほどそれで裏ビデオが必要なのかと私はなるほどと思った。
「じゃあどっかラブホテルにでも行って裏ビデオの撮影しようか」と言われて、私はラブホテルに行けばまた、芳恵さんや他の女の子に見つかると思い、私のアパートが近くだからと永谷さんを誘った。すると永谷さんはすぐに私の意図がわかったらしく、私のお尻に手をあてながいながらアパートまで送ってくれた。
 部屋について押入からお布団を出そうとしていると、永谷さんの携帯に電話があった。さっき電話した政治家の秘書さんかららしい。
 山本先生には政治の勉強をさせてもらいたいと言ってる女子大生が二人いると話してあると電話のあと永谷さんが私に教えてくれた。
 どうやら山本先生というのは学校の先生なんかじゃなくて政治家の先生のことらしい。
 私はこれでやっと政治家の先生の名前を突き止めたと嬉しくなった。
 二人の女子大生というのは私と礼子さんのことのらしいと思ったけどはっきりとはまだ判らない。
 永谷さんはポケットから小型のビデオカメラを取り出すと撮影の準備を始めた。
 私はお布団の上に座ると「私フェラチオ得意なんです」と私はカメラに向かって話しかけた。
 アダルトビデオではエッチな場面の前に、色々とお喋りをするのは私も知ってる。
 永谷さんの質問に適当に答えている内に、永谷さんが私に膝を着くようにと手招きしてきた。
 私は真上からカメラで撮影されながら、永谷さんのオ×ン×ンを舌に絡ませた。
 さっきやったばかりだから、すぐには大きくはならないけど、私には芳恵さんに習った秘術があるので心配ない。すぐに永谷さんはまた元気になった
「なかなかうまいじゃないか、なるほど自慢するだけはあるな」と永谷さんに言われて私は嬉しくなった。
 私は芳恵さんがやってたみたいに、舌の音のクチュクチュさせようとしてみたら上手くできた。
 一通り舌技を楽しんだ後、永谷さんは私をベランダに連れ出すとベランダの手すりに私の両手をつかせた。私が後ろにいっぱいに腰を突き出すと、すぐに永谷さんがオ×ン×ンを入れてきた。
 私は上手く永谷さんの腰の動きに合わせて、芳恵さんがしてたように膝を曲げて腰を揺すった。
 しばらく撮影が続くと今度はまた部屋の中に連れ戻された。
 電話の置いてある鏡台の前に両手をつかせられると、またすぐ後ろからオ×ン×ンが入ってきた。
 鏡越しに映る私の顔を、永谷さんは後ろからビデオで撮しているのが分かった。
 永谷さんは私の肩越しに手を伸ばすと鏡台に置いてある電話の受話器を取った。誰に電話するんだろうと思った瞬間急に怖くて寒気がしてきた。
 受話器を渡されると「もしもし」聞こえてきたのは礼子さんの声。
 私は電話にでた相手が礼子さんで、ほっとした。「もしもし」と礼子さんの声が何度も繰り返し聞こえたが、後ろから永谷さんに責められて、私はなにも言い出す事ができなかった。永谷さんが受話器を取って礼子さんになにか言うと、また受話器が私の耳に当てられた。
「いま、オ×ン×ン入れてもらってるのね、どうなの、本当なの」と礼子さんに言われて、私は「ホントなの」とやっとの事で答えた。
 すると「最近有希ちゃん、私に冷たいと思ってたらそんなことしてたのね」と礼子さんが急に怒ったように怒鳴りつけてきた。
「どうなのよ、私よりオ×ン×ンの方が良いのね、私はどうなるのよ。そんなにオ×ン×ンの方がいいの。私をほっといてどうゆうつもりなのよ」と礼子さんに言われたたん、永谷さんが私を責めてきた。
 私がたまらずに「オ×ン×ン最高、オ×ン×ン大好き」と答えを返すと「有希ちゃんて、ほんとにドスケベでド変態でサイテーね」と言う礼子さんの声が聞こえてきた。
 永谷さんは、私の胸を絞るようにきつく捻りあげると、また腰を強く使ってきた。私はもう電話の返事ができずに「死んじゃう、もう死んじゃう」と叫び続けた。
 何度もいかされたあと、ようやく永谷さんは私の身体を放すと、私は床に倒れ込んだ。腰ががたがた震えたまま止まらなくなり、私は立ち上がることができなかった。
 永谷さんはしばらく私の様子が落ち着くのを待ってから「まだ終わってないぜ、まだ続きがあるんだ、今度は礼子が一番好きなことしてやる」と言いだした。
 私はなのことか判らなかったけどなんでもいいと思って「お願いしますね、はやく私にもして」と甘えた声で返事をした。
 すると永谷さんは私の足を押さえつけてストッキングで縛り始めた。もうなにをされてもい、縛られるくらいは我慢しないとと私は自分に言い聞かせた。
 縛り終わった後、足を広げてドアの方に向けられると、花園がドアから見ると丸見えになる姿勢を取らされた。それから永谷さんはドアを少し開けて閉じないようにと新聞紙をドアに挟んだ。
 私はようやくこの間私のアパートであった出来事の意味が分かった。
 やっぱりあのときも誰か部屋に入ってきたんだ。夢であんな事が起きるはずはないのに、薬のせいで夢だと思いこんでたんだ。
 私は急に怖くなったけど、もう縛られていて身動きできない。
「礼子はこれが好きでね、いつもやってとおねだりされるんだ」と永谷さんが笑った。
 永谷さんはビデオカメラを私が映る位置に置くと、私に目隠しと白いボールの形の猿轡をはめた。
「これはリモコンカメラだからね、俺は外の車で見させてもらうぜ」と言うと永谷さんは部屋を出ていってしまった。
 しんと静まりかえった部屋の中で、遠くから聞こえてくるかすかな物音におびえながら時が過ぎていった。
 半分は夢の中でうとうととしながらも、体中が引きつって震えがとまらずに目が覚めたまま眠れない。
 夜明け近くに新聞受けに音がしたとき、誰かが部屋に入ってくるような気配がした。
 頭がぼんやりとして、夢なのか本当なのか判らない。
 新聞配達の男の子かしら、それとも誰か通りがかりのひとかしらと思うと、体中が急にがたがたに震えてきた。
 男の身体が私のすぐ間近まで覆い被さるようにかがみ込んでくると、私の腿の内側にかすかにため息のような息を吹きかけてきた。
 私はこれから何をされるんだろうと、急に怖くなってきた。
 かすかに男の息が場所を変えながら私の腿の内側をなんども吹き付けられると私は身体が引きつってストッキングが手足に食い込んできた。
 しばらく私の様子を確かめるように息の加減を変えては嘗め回すよう息を吹きかけると、今度は私腿の内側を指先でくすぐるように撫で回してきた。
 細かく指先を震わせながら、指先を廻して腿の内側を下から上へと撫で上げられて、私は男の指先のリズムに合わせて身体が震えて来た。
 男は私の身体の震え具合を確かめるような手つきで、わざと感じる所を避けてはじらすように指先の動きを変えてきた。
 不意に男のなま暖かい舌が、膝頭を軽く舐めながら動き始めた。
 舌先を巧みに使ってくすぐるように舐めるかと思うと、唇を押しつけて吸い付けてくる。
 だけど普通の男の人の舌の使い方ではないとすぐ判った。
 すぐには感じる所を責めずに、わざと感じない場所から少しずつ感じる場所へと舌先を動かしてはじらしながら責めてくる。
 それも何処が感じるのか、ちゃんと判っていて感じる所を巧みに避けて責めてくる。
 そして私がもうとても我慢できない頃合いを見計らって、感じる所をとことん責め上げてくる。
 男が自分の欲望を満たすために、女の身体をいじり回すのではなく、女の身体の感じ方を知り尽くしたテクニックで責めてくるのだ。
 いままで体験した男性には、こんなテクニックを使う男なんかいなかった。
 だけどなんで私の感じる所をこんなによく知ってるんだろうか。
 初めてなはずなのに訳がわからない。
 男の舌の動きが私の敏感な所を捉えるたびに私の身体からは力が抜けて自分の意志とは関係なく手や足の先が震えながら引きつった。
 舌先が軽く触っただけでも私のからだは電流が流し込まれたように、頭まで熱い奔流が通り抜けた。
 私の様子を確かめながら、男の舌が巧みな動きを繰り返し次第に腿の内側を伝って花園に届いてきた。
 私はすぐに舌で一番感じる所を舐めて欲しくて、とても我慢しきれなくて腰が上下に震えて止まらなくなった。
 だが男はすぐには舌を使わずに、何度も息を吹きかけては私の反応を楽しんでは一休みして私の身体をわざと焦らしてくる。
 私がもうこらえ切れなくて身体を何度も仰け反らせると、男はやっと舌先を軽く押し当ててきた。
 男の舌先が軽く触れただけで、私は気が狂いそうなほど頭のてっぺんまで快感が突き抜けた。
 何度か舌先をくすぐるように動かすと今度は、舌先を細めて、ストローのようにして奧に差し込んできた。
 まるで蜜でも吸い出すように、舌先を入れて唇で吸い込んでは繰り返す動作が続いた。
 私の花園には、さっき永谷さんが吐き出した男の欲望の印がまだたっぷりと残っている。
 その欲望の印を蜜を唇で吸い出すように、舌先をぴちゃぴちゃと音をさせながら吸い取っては味わっているのだ。
 なんでこんな事をしているのか判らない。
 女なら大事な男の欲望の印を味わうのは幸せなことだけど、男が口に含んで味わうようなものではないはず。
 私は繰り返し身体を突き抜けて通る快楽の中で、男のしていることの意味が分からなくなった。
 急に男が身体を起こすと、私の身体を上から押さえ込んで私の口の上に唇を重ねてきた。
 白い玉の猿轡の穴の間から唾を流し込むと、舌先を私の唇の裏に差し入れてくる。
 私の口の中に永谷さんの男の印の味が広がると、こんどは男の甘い唾の味が舌に絡みついてきた。
 私の唇の裏を男の舌がまさぐりながら撫で回してくる。
 口の中ががとろけてしまいそうなくらい、甘い感触が私の体中を包み込んだ。
 心地よい感触の男の舌が、私の口の中をたっぷりと味わいながら動きつづけては甘い唾を流し込んでくる。
 よっぽどキスの上手な男でも、こんなキスの仕方を知ってる男なんかいない。
 女同士でよほど慣れていなければこんなキスのテクニックなんか使う訳がないとぼんやりとした頭に疑惑が浮いてきた。
 この男いったい誰なんだろう、もしかしたら私の事をよく知ってる人かも知れない。
 だったら一体誰。
 なんでこんな事するんだろうと思うと訳が分からなくなった。
 男は急に私の気持ちを見透かしたように、今度は口を強く吸いながら私の胸を握りしめてきた。
 私は思わず悲鳴を上げそうになったが、口を塞がれていて小さなうめき声を上げただけだった。
 男の息が次第に荒くなり、私の鼻先に花の香りのような臭いが漂ってきた。
 すこしすっぱみのあるむせるような香りは女の子が男に抱かれてる時みたいな臭い。
 男の体臭にしてはどうも変だ。
 それに私の身体にのし掛かる男の重みはまるで中学生みたいに軽い。
 いったいどうなてるんだろうと思ったとき、私の花園に男の大きくなった物が押しつけられてきた。
 確かにこの感触は、男の欲望が最高潮になった時の物。
 捻り回すように押しつけてくる腰の動きは、男の子がいつもやるやり方だ。
 女の身体が欲しくてたまらない、腰の動きは男の子でしか出来るはずはない。
 やはりこの身体は男の子の身体にに間違いないはず。
 身体は小柄だけど本当はきっと、遊び慣れて女の身体を知り尽くした中年男に違いない。
 でなければこんなに女の身体を扱い慣れてるはずはない。
 頭も禿げ上がって、お腹も出ている中年男だったら女の喜ばすテクニックもやり慣れてるはず。
 ドスケベのド変態男でなければこんな事ができるはずがないと思うとまた、身体が奧から震えてきた。
 男は腰の位置を直すと、私の足を押さえてややもどかしそうにして入ってきた。
 だけどすぐ奧までには突き進んでは来ない。
 先の丸みが少し入ったくらいで止まるとゆっくりと押し回すようにして花園を拡げ、また少し奧まで入ったとおもうと、また押し回すように動いてくる。
 なんでこんなに手間のかかるやり方をするんだろう、男の人だったら普通いきなり奧までいれて子宮を押し上げるくらいに突き上げてくるのにとまた不思議な気がした。
 ゆっくりとした動きがしばらく続くと今度は小刻みに前後に揺すり、また丸く廻すように動かすと言う繊細な動きを繰り返してくる。
 しだいに花園が広がって愛液が溢れてくると、自分から男の欲望をくわえ込んで愛液がぴちゃぴちゃと音を立てた。
 まるでアダルトビデオみたいに愛液がこんな音がたてるなんて自分でも信じられない。
 男が急に腰の動きを強くすると、音が急にぴちゃりぴちゃりと大きく部屋に響いた。
 小刻みな男の動きと私の動きがぴったし合うと音が不思議なくらいさらに大きくなった。
 この音をさせるために男が腰を上手に使って愛液を溢れさせてるんだと気が付くと私は急に嬉しくなって我慢しきれなくなった。
 私の背中が引きつって身体が繰り返し震え出すと、男は少し立ち上がってから腰の位置を直して一気に奧まで押し込んできた。
 いっぱい奧まで突き進んで子宮を思い切り押し上げられた時、私はいつもとは違う感触を感じた。
 私の子宮がすっぽりと男をくわえ込んで、放さなくなっているのだ。
 先端の形がぴったりとあうらしくて、ほかに考えようがない。
 男が身体を突き動かすたびに、きゅんと子宮が痺れてきた。
 こんなすごいの初めてとまるで子宮が叫び声を上げているよう。
 何度も繰り返す男の動きは、私の身体の全部を半狂乱にまで登りつめさせた。
 男が欲望を吐き出したとき、私は煮えたぎった溶岩のような感触が子宮の奧に広がるのを感じた。
 焼けただれた熱い固まりが一杯に子宮を塞いで、堪えきれずに震えがとまらなくなった。
 繰り返し子宮の奧から、痺れるような快感が溢れだしては体中に広がってはまた繰り返す。
 とてもあり得ない快感が私の身体を突き抜けて流れるたびに、小刻みな痙攣が頭のてっぺんから足の先まで止まらなくなった。
 子宮の奧に受け止めた喜びは、私の体中を至福の満足感でいっぱいにして、溢れて余るくらい途切れが無かった。
 これが本当の女の喜びなんだ、男に愛されて男に満たされた女の身体なんだと子宮が天国まで舞い上がるのが判った。
 急に体中が中に浮かんで目眩がしながら深い谷に落ちていくかと思うと、また天高く舞い上がり回りながら落ちていく。
 初めて知る本当の女の喜びで胸がいっぱいになり涙があふれ出すと止まらなくなった。
 息を喘がせながら涙が急にこみ上げては溢れだし、頬を伝って流れ落ちるとまた溢れ出す繰り返しが続いた。
 私の息が少しずつ落ち着いてくるのを見計らって、男はまた私の中でさっきのように動き始めた。
 いま欲望を満たしたばかりなはずなのに、その堅さと逞しい力強さはさっきと変わらない激しさを保ち続けている。
 男らしさを見せつけるように繰り返す動きはとても信じられないほどの強さで子宮を押し上げてきた。
 悲鳴を上げながら、私の子宮は男を欲しがって引きつって震え続けた。
 二度目の欲望も、三度目の欲望も、男は疲れることを知らないかのように何度も欲望を繰り返し吐き出し続けた。
 普通の男性だったら、二度目は勢いがなくなるのに、この男性は何度繰り返しても勢いが衰えない。この男性こそ私の求める男性、理想の男性、完全な男性だと私は満たされた身体と心でつくづく思った。
 いままで私が思い込んでいた男に愛される喜びは、ただのおままごとでしかなかったと気がついた時、私は気が遠くなって夢の中で天国に浮かんでいた。
 朝遅くに気がついたとき、私は長い夢から覚めたような気持ちだった。
 すぐには自分が何処にいて何をしていたのかが判らなかったが、自分の部屋に寝ているのが判って少しだけ気分が安心した。
 身体を動かそうとしても、手足が重くてすぐには動かない。
 少しずつ目が覚めてくると、昨日の出来事が身体によみがえってきた。
 だけど頭がぼんやりとして、どこまでが本当にあったことなのか判らない。
 今夜のことは全部夢でドアは一晩ずっと閉まってたのかしらという思ってドアを見た。
 ドアはしっかりと閉まっていて、部屋にも永谷さんが置いていったカメラは見当たらない。 だけど私の花園には昨日の男性の残した欲望がたっぷりと残っている。
 指で探って確かめてみたが、確かに男性の欲望の香りがしっとりと指先にからんでくる。
 まるで何十人もの男性に輪姦されたくらいのたっぷりとした感触が、私の子宮を満たしてる。
 身体を少しでも動かそうとする度に、子宮の奧が小刻みに痙攣を続け痺れるような感触が体中に広がって止まらない。
 昨夜の出来事が全部本当に起きたことに疑いようがなかった。
 私は子宮の奥底から繰り返し沸き上がってくる喜びをここちよく受け止めて、堪えきれない涙が頬を伝わって落ちる感触を身体を震わせながら味わった。

15.裏ビデオの秘密<< ページトップ >>17.裏ビデオ鑑賞

監禁調教アダルトビデオ

若妻監禁調教 囚われの肉玩具 川上奈々美 アタッカーズ [DVD]
監禁調教部屋8時間BEST [DVD]
美人秘書×監禁調教 明日花キララ
監禁陵辱III~美少女箱詰め輪姦~
拉致!監禁!拘束! イキッぱなし絶叫4時間