体験手記雌犬監禁裏本調教

by七度柚希

目次

1.バレー部の朝練
2.ジャーナリストへの夢
3.女子大の入学試験
4.合格発表
5.女子大生
6.出版社でのアルバイト
7.歓迎会の後
8.東大五月祭
9.夢の夜
10.体験取材
11.調教の始まり
12.最初の客
13.ダブル調教
14.裏本のモデル
15.裏ビデオの秘密
16.調教の夜
17.裏ビデオ鑑賞
18.強制輪姦
19.レズ調教
20.生フェラ調教
21.露出調教
22.監禁
23.拘束
24.奴隷調教

2.ジャーナリストへの夢


2.ジャーナリストへの夢

 高校に入ったとき私は、中学の時のいやな思い出も忘れて、もう一度やり直せると思た。
 もうクラブには入りたくなかったけど、担任の先生に必ずクラブには入るように言われたので仕方ない。
 体育系のクラブはバレー部の朝練で懲りていたので、文化部に入ればいいと思った。男の子のいないクラブで大人しそうな女の子の揃っているクラブだったらと思って探すと、ちょうど都合よく、英会話のクラブを見つけた。
 英会話のクラブは毎年文化祭で英語劇をやるのと、あとは英検の試験を受けるのが主な活動で、部員は女の子しかいなくて、部長も副部長も女の子だった。
 顧問の先生は図書館の司書もしている、東京の女子大出の美絵子先生で英検は一級だ。
 美絵子先生はまだ独身で、男の子達からもあこがれの的だったけど、女の子達にとってもあこがれの先生だった。
 いつもの着ているスーツのスカートは膝から少し上くらいの丈のミニスカートだった。それほど短いスカートではなかったけど、田舎の高校では、男の子達が目の色を変えるくらい、刺激的だった。
 クラブには部費で買った、英検の参考書や、英会話のテキストがいっぱい置いてあった。
 週に数回の活動では、先輩の指導で英会話のテキストを練習した。英語の授業の予習も、先輩がいろいろ手伝ってくれたので、成績も上がった。
 美絵子先生も時々は、クラブの活動の指導をしてくれていた。学校にはパソコンもあって、美絵子先生は英文タイプの指導もしてくれた。
 私は美絵子先生に気に入られたくて、毎日タイプの練習をした。私はすぐに学校で一番タイプが早くなり、先生も私にだけは特別に指導してくれた。
 パソコンを打っていると先生が私の手を取って教えてくることもあり、目眩がしそうだった。
 クラブが始まってしばらくして英検の受験をすることになった。英検は年に春と秋の二回で、春の受験は6月だ。最初の受験ということで4級の試験を受験した。
 一次試験の会場はすこし離れたほかの高校で、朝早くみんなで近くのバス停で待ち合わせをして一緒に行った。
 先生も付き添いで来てくれて、試験の時間中は会場の待合室で待っていてくれた。4級は全員受かって、次は秋の3級だ。
 3級の試験には一次試験のあと、二次試験の面接があった。一次試験に受かった生徒には、美絵子先生が毎日面接の特訓をしてくれた。3級には私とあと友達が一人受かった。私は先生にほめられてうれしくてたまらなかった。
 翌年の春には準2級を受けて合格した。
 高校2年の秋に毎年恒例の球技大会あった。
 バレーボールや、バスケットボールや、卓球などの球技に全員が参加して、各組ごとに総合優勝を競う大会だ。
 組み分けは、クラスごとに一年と二年と三年の同じクラスが合同で参加することになっていた。私はC組だったので、1年C組と2年C組と3年C組の合同の組だ。
 先生も参加することになっていて、美絵子先生も私と同じ組だったので私はとっても嬉しかった。
 クラブでやっている競技には参加できないことになっていたけど、私はバレーボールをやっていたのは中学だけだったので、バレーボールをすることした。
 私の組はあまり強くなくて、どうせ優勝するはずないと思ってた。だけど、美絵子先生はどうゆうわけかバドミントンで勝ち進んでしまった。
 美絵子先生はバドミントンは大学の時体育の授業でやった位で、そんなに強くはなかったんだけど相手が弱すぎた。
 私もバレーボールは中学の時以来ぜんぜんしたことがなかったけど、サーブが入ると相手が取れなくて、どんどん勝ち進んでしまった。
 結局バレーボールとバドミントンで優勝したせいもあって、私の組が総合優勝してしまった。
 優勝のトロフィーは、3年生の先輩が代表して受け取った。トロフィーは受け取った後また職員室に返すように先生に言われた。
 私は表彰式が済むと着替える前にトロフィーを職員室にもっていった。しかし、職員室には誰もいない。
 しばらく待っても誰も来ないので、私は一人で職員室に入ってトロフィーを置いた。それから私は着替えをすませようと着替え室に行った。
 大勢で着替えをするので、男子の更衣室も臨時に女子の更衣室になって、男子は自分の教室で着替えることになってた。
 男子の更衣室に入ると、もう女の子達は着替えもすんで誰もいない。
 私が一人で着替えを始めると、急に男の子達の声がした。
 更衣室の戸が開くと、男の子達が入ってきた。
「なんだお前、バレー部だろう、バレー部のくせになんで、球技大会でバレーに出るんだ」と男の子の一人が怒鳴りつけてきた。
 私はその顔を見て息が詰まった。中学の時神社で待ち伏せを繰り返した男の子の一人だった。
 私が逃げ出そうとすると、私は更衣室の隣の用具室に連れ込まれた。
 男の子達は私を積み上げられたマットに押さえつけると、剣道の竹刀をブルマーの上から叩き付けてきた。
 いつになったら終わるんだろうと思った頃、更衣室の戸口で誰かの声がした。男の子達は、用具室の窓を開けると体育館の裏に飛び降りて逃げていった。
 美絵子先生が、私を捜している声がした。だけど、私は用具室に潜んで見つからないように隠れた。
 秋には英検2級を受けることになった。今まで、二級を合格した生徒はいなかったので、先生も特別に特訓をしてくれた。
 2級の一次試験に合格すると、ちょっと困ったことになってしまった。2次試験が私だけほかの生徒とは別の会場になってしまったのだ。
 私が応募の書類を出すのが遅れたせいらい。
 場所はかなり遠くの大学で泊まりがけで受験することになった。
 高校生を一人で行かせるわけにはいかないということで、私は美絵子先生と一緒にホテルに泊まることになった。
 試験の前の日、美絵子先生と二人だけで駅で待ち合わせをした。
 先生は短い丈の黒のタイトスカート姿で、学校でいるときよりお化粧も濃くて、大人びた雰囲気だった。
 電車の中で美絵子先生から私は家族のことや、中学の時のことをいろいろ聞きかれた。
 駅前のホテルに入ると、先生がカウンターで手続きをしてくれた。私はホテルで泊まるのは初めてだったので、すっかりうれしい気分だった。
 夕方にはホテルの食堂で先生と一緒に食事をした。
 部屋に入ると、美絵子先生がお風呂に入るように勧めてくれた。
 お風呂のあとパジャマに着替えてベッドで待っていると、先生もお風呂の支度をするため服を脱ぎ始めた。
 私の事を気にするそぶりもなくスカートを脱ぐと下には黒のガーターベルトをしているのが見えた。
 私は以前見たコミック雑誌でも、主人公の人妻が黒のガーターベルトを着けていたのを覚えていた。
 コミックだからそんな下着を付けているのかと思ったけど、実際に先生が同じような下着を付けているのを見て私はすっかり驚いてしまった。
 もしかして先生もあのコミックの主人公みたいな目に遭いたくてそんな下着を付けてるんだろうかと本気で思った。
 あのときのコミックみたいに先生が後ろから、中年の男の抱きかかえられる姿を想像すると、急にからだが熱くなった。
 先生は私の視線に気づく様子もなく靴下を脱いでガーターベルトを外すとパンティーだけの姿でお風呂場に入った。
 しばらくして先生はお風呂から上がってネグリジェに着替えると、私の横のベッドに座って髪を乾かし始めた。
 半分透き通った生地のネグリジェの下には、白いレース模様の入ったかわいらしいパンティーが見えていた。
 夜寝るだけなのになんで佐和子先生はこんなにお洒落な格好をするのか、私には理由が飲み込めなかったけど、大人の女性はみんなこんな風にして寝るに違いないと、自分で納得した。
 寝る前に「あしたは頑張りましょうねと」と先生に言われ、先生と面接の練習を何度か繰り返した。
 ベッドに入る前に「よく眠れるからこの薬を飲みなさいね、私がいつも飲んでる薬だから」と言って美絵子先生が紫色の小さな錠剤を渡してくれたので飲んで寝た。
 すぐに頭が重くなって身体が動かなくなったが、頭の中で美絵子先生の声が聞こえる。
 誰かに電話してるらしいけどなんだか声が変、半分泣きながら喘ぐような声がしてその後、美絵子先生が服を着替えて出て行ったような気がした。
 夜遅くなってまた美絵子先生が部屋に戻ってきたけど、誰か男の人が一緒みたいな気配がした。
 だけど頭がぼんやりして目を覚まそうとしても、身体が動かせなくてそのまま寝てしまった。
 夜中近くになって私はすぐ横ですすり上げるような泣き声がして目が覚めた。
 美絵子先生の声らしい。
 トイレに起きようとして立ち上がって美絵子先生のベッドの横を通り過ぎると、美絵子先生が腰を持ち上げるような格好で足を引きつったように痙攣させてる。
 ネグリジェの奧の花園に、蛇が絡まったような黒い模様が見えて私は目をそらせた。
 トイレから戻ってくるともう美絵子先生は腰を降ろして静かになってるけどまだ太股が小きざみに震えてる。
 ベッドに入ると私はとても我慢できなくなって、いつも家でしているように、指を感じるところに近づけた。
 すこしづつ指先を移動させながら、感じるところを探りあてると、熱い泉がわき上がってきた。
 私は先生と同じ黒いガーターベルトを着けて、コミックの主人公と同じ場面を想像した。
 先生がすぐ側にいると思うと、いつもとは違う感触が私の花園から溢れてきた。腰が震えそうなり、目にも涙がこみあげて来た。
 朝は先生に起こされて、目を覚ましましたが、先生は朝もお風呂に入った様子で、濡れた髪をとかしていた。
 会場には一時間くらい前に着いたので、待合室でも私はずっと先生と話ができた。
 先生は東京の大学での事をいろいろ話してくれた。
 女子大で女の子ばかりだけれども、女の子同士でみんなで協力しあって、クラブ活動や、学園祭を頑張ったことを懐かしそうに話してくれた。
 他の大学との交流も多くて、男女交際もチャンスには事欠かないので、女子大といっても女の園ということはでないといろいろ聞かせてくれた。
「将来は英語を生かして国際的なジャーナリストになるのが夢だったの」と先生はなつかしそうに話してくれた。
「そのためには英文タイプくらいは打てないといけないと思い、タイプの練習もずいぶんやったし、英会話の勉強もしたのよ」
「ジャーナリストにはなれなかったけれど、その時の勉強が今でも役にたってるの」と勉強の大事さを熱心に話してくれた。
「勉強できるときは、ともかく頑張って勉強すること、それしかないのよ」と熱い口調で話す先生の甘い息が私の周りを包んだ。
 私が思い切って「将来は、私、先生と同じ大学に進みたいんです」と打ち明けると、先生もその方がいいと言ってくれた。
 その時私は先生と同じ東京の女子大に入ろうと堅く決心した。
 英検の2級の合格が判ると先生はとても喜んでくれた。うちの高校では2級をとったのは初めてだということで、朝の朝礼のとき校長先生からお褒めの言葉があり、私も簡単な挨拶をするように言われた。
 挨拶の文面は美絵子先生にチェックしてもらってあらかじめ用意しておいた。
「英語を生かして国際的なジャーナリストになるのが私の夢です」と最後を締めくっくた。
 朝礼での挨拶が終わると体育館には拍手が鳴り響いて、私はなんだか恥ずかしい気持ちになった。
 授業が終わった後、帰り道で私は待ち伏せされた。球技大会の時の男の子達だった。
「お前生意気なんだよ、なにが国際的なジャーナリストだ、ちょっと来い」と言われて両脇を男の子達に挟まれて、私は神社の裏に連れて行かれた。神社の縁の下には竹刀が用意してあった。
 私はなにをされるのか判かったが、逆らえなかった。竹刀が何度もお尻を打ち付けられると今度はパンティーを膝まで脱がされた。
 男の子達が口々に罵る汚い言葉が私の耳に響き続けた。
 英検二級の合格のあと、私は本気で東京の女子大の受験の準備をしなければいけないと思った。
 まずは受験の問題集を探さないといけない、ひとまず高校の図書館で探してみることにした。
 受験関係の本を、図書館でさがしていると、一人で奧の机に座っている先輩がいた。一年先輩のテニス部の女の子だ。
 その先輩は私とは同じ中学で、テニス部に所属して。高校になってもテニス部だった。
 ちょうど私が探していた問題集を開いているみたいだ。
 私は声をかけようとしましたが様子がなにか変だ。腰を少しずつ椅子の上で前後にゆするように動かしながら、なにか苦しそうな表情を繰り返していた。
 私はきっと気分が悪いのだと思ったが、それも変な気がした。
 先輩はしばらく腰を前後に揺するのを繰り返すと急にため息を何度もつき、静かになった。
 席を立つと椅子の上から消しゴムを拾って筆箱に入れると、本を置くの棚に返していた。
 私は気になって先輩が置いた本を確かめてみた。するとその赤い本は受験問題集ではなく、有名な小説家の書いた本だったけど、ちょっといやらしい文章がいくつか目に入った。
 私はきっと先輩がこのいやらしい所をこっそり読んでいたんだとは気がついた。しかし、あの消しゴムはなんだったのだろうかと、謎は解けなかった。
 なんで椅子の上に消しゴムを置いてその上に座るのか、席を取るために消しゴムを置くというのもどう考えても変だ。
 私は図書館で借りた受験問題集を家に持って帰ると、すぐに開けてみた。
 英語は難しいことは難しいけど、勉強すれば何とかなりそうだ。
 だけど数学は難しい。
 問題を試しに解いてみたけど、全然歯が立たない。
 夜遅くまで頑張ってみたけど一問も解けずに、自分でもがっかりするやら情けない気持ちに成った。
 問題集をしまおうとして机の引き出しを開けたとき、消しゴムが目に入った。
 中学の時夏祭りでクジであてた消しゴムがそのままずっと入ったままだ。
 急に図書館で先輩がしていたことを思い出した。
 私はパジャマに着替える前に消しゴムを椅子の上に置いてみた。
 私は先輩が何をしていたのか分かった。
 私は先輩がしたように、腰を前後にゆすってみた。すると急に快感が腰の下からわき上がってきました。
 夢中になって腰を使っていると、急にさっき解けなかった数学の問題の答えが頭に浮かんできた。
 そんなはずはないと思って、引き出しから問題集を取りだして。きちんと答えを書いて正解と照らしあわすと確かに合ってる。
 他の問題も確かめてみたけど、全部正解だった。
 いままで苦手だった数学も、その時からは問題集を解くのが楽しくてしかたがないくらいになった。
 どうしても解けない問題にぶつかった時は、消しゴムを使えば必ず面白いように解けた。
 それでも解けない時は、解けるまで毎晩消しゴムを使った。 高校3年の春には修学旅行があった。先生から説明があり泊まる旅館は東京の池袋の近くだった。
 私は池袋の名前を聞いただけで、ドキドキしてきた。
 二重橋や皇居を見たあと、午後は池袋サンシャインビルの見学だった。夕方旅館に着くと、友達とみんなで騒ぎまくった。
 一休みしてトイレに立つと同じ英会話部の智美ちゃんがこれから一緒に来て欲しいと私を誘った。
 中学の時から文通している男の子とこれから会うと言いうのだ。一人では会えないからと私に一緒に来て欲しいといわれた。
 私は智美ちゃんとこっそりと部屋を出て、池袋の駅前に行ってみた。
 二人で一緒に待っていると、携帯電話がかかってきたので、目印の服装や荷物を教えた。これからすぐ来ると思うと、智美ちゃんは落ち着かない様子だ。
 すぐに来るはずだったのに、いつまでたっても誰も話しかけてこない。
 もう少し待ってみようと何度か時計を見ましたが一時間ほどたっても、男の子は来なかった。
 私はどうしようかと思ったけど、このまま帰る気持ちにもなれなかった。するとちょうど男の子が二人話しかけてきた。男の子とはいっても、かなり年上でもう中年のおじさんみたいな感じだ。
 智美ちゃんが、待ってた男の子だと言うので、私たちはカラオケに行くことにした。お酒を飲まされてもう二人ともふらふらになると、私達は一休みしようと近くのラブホテルに連れて行かれた。
 紫色の小さな看板には、ご休憩7000円と書いてあり、これはどう見てもラブホテルだと私にもすぐ判った。
 私は絶対ついて行ったらいけていと思ったけど、智美ちゃんを一人で行かせるわけにもいかないので、いっしょにラブホテルに入った。
 智美ちゃんも私も初めてだったので、二人とも終わったあとは泣き出してしまった。
 男の子達は私たちをラブホテルに残してどこかに行ってしまったので、私と智美ちゃんは、仕方なくみんなのいるホテルに戻った。
 ホテルの入り口で、私は智美ちゃんにお金を渡された。さっきの男の子達がお小遣いだからとくれたらしい。
 初めてだったから普通の倍ももらえたと智美ちゃんはうれしそうにしていた。
 よくよく話を聞いてみると、二人とも初めてで名前も知らない相手だとのことだった。私は自分の処女を金で買われたと思うと、足がすくんで歩けなくなった。
「誰でもよかったの、今日体験する覚悟で来たんだから、相手は誰でもいいの」と言い出すので私はなんだか智美ちゃんの気持ちがわかるような気がした。
 修学旅行から帰ると私たちはまた田舎の学校での毎日をすごした。
 そろそろ受験校を決める時期になって、友達が受験案内を見ていた。私は美絵子先生と同じ東京の大学にはいりたくて、受験案内を借りて調べてみた。国立の女子大で、この間修学旅行で泊まったホテルにも近い場所だった。
 進路面談の時に先生に相談してみると、「今の成績ではとても受からないから考え直した方がいい」とそっけなく言われた。
 私は成績は良い方だと思っていたけど、それは田舎での話しで東京なら英検二級ぐらいだれでも持ってると言われて私はすっかり落ち込んでしまった。
 進路相談室をでて、図書館に入り遠くから美絵子先生先生の顔を見るとまた気持ちが心の奥から盛り上がってきた。私はなにがなんでも、受験しようともう一度心を奮い立たせた。
 英会話部なので英語はそこそこ得意だし、社会科と国語はなんとか点は取れる。
 小学校の先生の資格が取れる教育学部ならなんとか合格できるかもしれないと思った。
 よくよく受験案内を調べると国立の大学なので教育学部でも、試験には数学が必須科目だ。
 数学は女の子ならみんな苦手なはず、これならもしかして何とかなると私は思いついた。
 上手いこと数学で少しでも点を稼げば、合格できるかもしれない。
 だけど私が解けるのは教科書に書いてある公式をそのまま使えば解ける問題くらいなもの。
 入学試験の問題集には、私にはどう頑張ってもとても解けない問題もいっぱいあった。
 こうなったらなんとか頑張って勉強するしかない。
 本屋さんで数学の参考書を探してはみたものの、とても親に買ってもらえる金額ではない。。
 数学の先生に相談するのもいやだったので、私は図書館で参考書を探してみた。少し古いけどなんとか間に合いそうだ。私は授業のあと学校の図書館に残って勉強することにした。
 入試問題でまだどうしても解けない問題があったので参考書をあれこれ調べてみたけどどうしても解き方が判らない。
 今日中に解き方を覚える予定だったので、解けないと帰るわけには行かない。
 私は図書館の閲覧室にもう誰もいないと思って、いつものように消しゴムを取り出して、スカートの下に置いた。ゆっくり腰を前後に動かし始めると、いつも家でしている時と同じように、熱い感触が広がっていった。
 もう一度問題を見ると、今度はすらすらと答えが浮かんできた。
 私はこれでやっと帰れると思って、席を立って荷物をまとめて図書館をでようとした。そのとき、私は図書館の美絵子先生に呼び止められた。
「今なにしてたの」と私は厳しい口調で問いつめられた。私は図書室に連れ戻されて、なんども繰り返し問いつめられた。
 いつまでも私が何も言わないでいると、先生は掃除に使うハタキを手にして、私を後ろに向かせた。
「さあ、今なにしてたの、言いなさい」と厳しい口調で責めながら、ハタキの柄が何度も私のお尻に叩きつけられてきた。
 それでも私がだまっていると、先生は私の髪をつかんで思い切り後ろに引っ張りながら、
ハタキの柄をしならせて私のお尻を叩きつけた。
 私は痛くて悲鳴を上げたが、それでも必死でだまっていた。
「英検の受験のとき、私の隣のベッドでしてたことがあるでしょう。先生はちゃんと知ってるのよ」
「同じ事さっきしてたんでしょう、ちゃんと白状しなさい」と言いながら、先生は私の髪の毛をまた引っ張った。私はなにがなんでも、答えるわけにはいかないと頑張り続けた。
 私が黙っていると、先生は途方に暮れてどうしていいのか分からない様子だった。
 先生は今度はハタキの柄を私のお尻に押しつけるとゆっくりと押し回して来た。私のお尻にはまた別の感触が襲いかかって来た。私は足が震えそうになるのを我慢して立ち続けた。
 ハタキの柄は私の感じるところをさぐりあてるように動くと、何度もくすぐったい動きで押しつけられてきた。
 私は何がなんだか分からなくなって、小さく声をだした。
 もうどうなってもいい、美絵子先生にだったら何をされてもいいと思うと、急に涙が出てきた。それでも美絵子先生はハタキの枝を動かすのを止めなかった。
 私の頭の中は時間がとまったようになって、美絵子先生と一緒にすごす時間が過ぎていった。
 突然、校内にチャイムの音がなって下校時間になった。急に先生はハタキを降ろすと私はやっと帰ることができた。
 私は家に帰ると部屋で一人で泣き出した。
 高校3年の秋になると、学校で模擬試験があった。
 今度の成績で志望校を決めるようにと担任の先生がホームルームの時間にみんなに話した。
 私はなんとか東京の大学に行きたかったので、今度の試験では頑張らなければと思った。
 英語は得意なので、すらすらと面白い様に答えが書けた。午後の最後の数学になって、問題用紙を開くまでは私は自信たっぷりだった。
 だが問題を開けてみると難しくて一題も解けない。
 結局の所私は参考書を見て解き方を調べながら解けば解けるというだけで、実際に問題を初めて見て時間内に解くなんてやったことがないのだ。
 私は頭が真っ白になってしまった。もう東京の大学には行けないと思って、体が冷たく凍えてきた。
 私はなんとかしなければならないと思い、書きかけた答案を何度も消した。
 先生が側を通りかかったとき、私は消しゴムを床に落としてしまった。しかし、先生はなにも気がつかない様子で、私の側を通り過ぎていった。
 先生の後ろ姿を見ながら腰をかがめて消しゴムを拾ったとき私は突然、この消しゴムを使えば何とかなるとひらめいた。
 私は先生が振り返る前に、すばやく消しゴムをスカート下に入れると座り直した。
 いつもの感触が花園を押し上げて私の体を突き抜けた。
 私はゆっくりと腰を前後に動かした。たまらない快感が消しゴムから、花園めがけて沸き上がってくる。
 ぼんやりとした気持ちで試験の問題を見つめていると、すっと問題の解き方が頭に浮かんできた。
 私は周りの男の子に気づかれないようにゆっくりと腰を前後に揺すりながら問題を解いた。
 試験が全部終わって帰ろうとすると担任の先生が図書館に一緒に来るようにと声を掛けられた。
 図書館に入ると、佐和子先生が私を待っていた。
 担任の先生が「おまえ、さっき数学の試験のときなにやってたんだ」と言い出した。
 私は横を向いて黙り込んで返事をしなかった。
「またお仕置きされたいのね」と言うと美絵子先生がこの間のハタキを取り上げて、私のお尻を叩こうと手を振り上げた。
 今度は担任の先生がそこまですることはないからと止めてくれた。
 すると美絵子先生が下着を調べればわかるからといって男の先生を外に出させた。
 私のスカートの下に手をいれて、先生は私のパンティーを膝まで降ろして、股の所を調べた。
「やっぱりね」とつぶやきながら先生は、私のスカートをたくし上げて、私の花園を指先で調べた。
 先生の指が触れたとたん私は体中が夢の中で宙を舞っている気持ちになった。 しばらくあちこちを押さえていると、今度はゆっくりと花園をくすぐるようになで上げてきた。
 指先を軽く押し当ては場所を変えて繰り返す動きに、私の花園は熱くなっていきた。先生の指先は今度は私の花芯を捉えて押し回してきた。
 私が自分でいつもやっているだったはずなのに、先生の指先からは信じられないような感触が流れこんで来た。
 私は膝が震えて泣き出しそうになってしまった。
「どう感じるの」と先生に言われて私は唇をふるわせながらうなずいた。
 先生の指先がまた私の花芯を軽く押し回してきた。
「だめ」と私が小さい声を出すと、すこし困ったような顔をしながら先生は私の服装を直してくれた。
 私はもう言い逃れができないと覚悟を決めた。すると先生は何度かため息をついた後私の服装を直し終ってから「女の子なら誰でもすることだから、別に気にしなくていいのよ、あとは先生が適当に言っといてあげるから」と優しい声で言ってくた。
 私はびっくりして「本当に誰でもしてるんですか」と聞き返した。すると「私だって、寂しいときは寝るときしてるからあなたも心配しなくていいのよ」と先生が言う。
「それでいつごろからやるようになったの」と聞かれて「中学2年の頃からです」と答えると「そうあなたは遅い方なのね、早い娘は小学生くらいからやってるのよ。これからは、よる寝るときお布団の中でだけするようにしなさいね、それから朝は下着を替えなさい」と言ってくれた。そして担任の男の先生を呼び入れた。
「調べてみたけどなにも見つかりませんでした、私たちが誤解していただけみたい。もうこの話はしないようにしてくださいね」と担任の先生に言ってくれました。
 私はひとまずは、助かったと思って学校から帰った。
 試験が終わって一月ほどたって結果発表があると、私は全学で成績がトップだった。
 担任の先生との面談でも成績がよかったとほめられて、私は志望校だった東京の国立の名門女子大を受験できることになった。
 試験の願書を郵送すると、試験日まで不安気持ちで勉強を続けた。
 図書館でいつもように勉強していくると、下校時間近くに美絵子先生に呼ばれた。
「控え室でお茶を飲んでいかない」と言われて私は、職員用の準備部屋に入った。
 先生は「どう勉強ははかどってるの」と優しそうな口調で私に聞きいてきた。
「数学が苦手なんです」と答えると「すこしは気分転換しないとだめよ」と言いながら先生の手が私の肩の後ろに回されてきた。
 ゆっくりとした動きで引き寄せられると、先生の大きな胸が私の胸とぶつかった。先生の手が私の脇腹から背中をゆっくりと動きながら、先生の唇が私の唇に重なってきた。
 私は半分夢を見ているような気分で、自分の胸を先生の胸に押しつけた。
「自分を信じなさい、かならず夢はかなうものなの」
「自分に正直になりなさい、幸せになるには、体の望む通りにすること」
「どう、あなたの体は、気持ちいいでしょう、こうしていると」
「自分の体には逆らえないでしょう」
「体の望むことに、逆らわずに従いなさい、それが女の幸せなのよ」
「それが女なのよ、私もあなたも女なの」と先生は独り言のように私の耳元でささやき続けた。それから今度は先生の手が私のお尻をゆっくりと包み込むように動き始めた。
「さあどうされたいの言いなさい、あなたの体はどうして欲しいと言ってるの」と先生が耳元で言うと、私は思わず「またぶってください、ハタキでぶってください」と口に出した。
「あなたは、正直ね。悪い娘な癖して」と言いながら、ハタキを手にもつと、私のお尻をハタキの柄で叩きはじめた。
「こんな女子高校生見たことないは、毎日オナニーして」
「その上、お尻叩かれたいなんて言い出して」と今度は厳しい口調で私を責めてきた。
 私は思わず泣き出してしまったけど、先生は私を叩くのをやめなかった。

1.バレー部の朝練<< ページトップ >>3.女子大の入学試験

監禁調教アダルトビデオ

若妻監禁調教 囚われの肉玩具 川上奈々美 アタッカーズ [DVD]
監禁調教部屋8時間BEST [DVD]
美人秘書×監禁調教 明日花キララ
監禁陵辱III~美少女箱詰め輪姦~
拉致!監禁!拘束! イキッぱなし絶叫4時間