体験手記雌犬監禁裏本調教

by七度柚希

目次

1.バレー部の朝練
2.ジャーナリストへの夢
3.女子大の入学試験
4.合格発表
5.女子大生
6.出版社でのアルバイト
7.歓迎会の後
8.東大五月祭
9.夢の夜
10.体験取材
11.調教の始まり
12.最初の客
13.ダブル調教
14.裏本のモデル
15.裏ビデオの秘密
16.調教の夜
17.裏ビデオ鑑賞
18.強制輪姦
19.レズ調教
20.生フェラ調教
21.露出調教
22.監禁
23.拘束
24.奴隷調教

19.レズ調教


19.レズ調教

 山本先生が裏本にはもう見飽きたのか、熊谷さんが裏本をまた鞄に片付け始めた。
 私と礼子さんの手からも、熊谷さんが裏本を取り上げてすばやく鞄にしまった。
 今度はカラオケをするらしく熊谷さんが席を立ってカラオケセットの操作を始めた。
 山本先生も席を立ってマイクを持って熊谷さんのすぐ横で音楽が始まるのを待ってる。
 熊谷さんに促されて私と礼子さんも、山本先生の横に立った。
 ビデオ画面に映った歌詞は男と女の恋の歌のデュエットだ。
 歌が始まる直前にいきなり礼子さんが「有希ちゃんとうしてあのとき一緒に来てくれなかったの」と叫んで私に抱きついてきた。
 私がびっくりしてると、礼子さんの舌がすぐに絡みついてきた。
 どうしていいのか判らなくて私は礼子さんの身体を抱きしめると、礼子さんも私にしがみついて胸を押しつけてきたきた。
 耳元で伴奏の曲が大きく響いてくると、熊谷さんと山本先生は私達二人の横で、交互にカラオケのデュエットを歌い始めた。
 だけどカラオケを歌うだけじゃ無いとすぐ判った。
 歌いながら山本先生の手が私のお尻を後ろから撫で始めた。
 礼子さんのお尻も熊谷さんが撫でてるらしくて、礼子さんの身体が小刻みに震えるのが私の身体にも伝わってきた。
 すぐに山本先生の指先が私のスカートを後ろからめくると、パンティの縁から奧まで届いてきた。
 私はさっき見せられた礼子さんの裏ビデオと裏本の事がまだ気になってたけどもうそれどころではない。
 山本先生の太い指が奧までねじ込まれるとすぐ濡れて来ちゃってもうだめ。
 これからお楽しみの時間が始まるに違いない。
 もっと凄いことされたくて胸のドキドキが止まらなくなっちゃった。
 礼子さんの唇が私の唇を強く吸いながら、舌先が私の口の中で蛇のように動き回りつづけて止まらない。
 歯茎の内側を責められたらもうたまらない、頭の中が空っぽになっちゃうほど気持ちいい。
 女同士だし私は今まで何度も礼子さんには責められてる。
 私の感じるところを知り尽くしてる礼子さんの舌先にはもうとても逆らえない。
 私も夢中になって礼子さんの舌に自分の下を絡ませた。
 頭の先まですっとんじゃうくらい気持ちよくてもう我慢できない。
 私は自分の胸を礼子さんの胸に押しつけて身体ごとこね回すように動かした。
 礼子さんの柔らかい胸が私の胸に押さえつけられて潰れながら押し返してきた。
 やらかい感触が押し潰れそうになりながら、弾力のある張りで押し返す感触は最高。
 もう気持ちよくて死んじゃいそう。
 胸がこんなに気持ちいいのは女同士でしか絶対味わえない天国。
 男の子がどんなに頑張ってもこの気持ちよさにはかなうはずない。
 礼子さんの身体が小刻みに震えると、礼子さんが私の脇腹をくすぐりながら撫で上げてきた。
 脇腹は一番私の感じる所、そこをくすぐり上げられたらもうたまんない。
 体中が震えだしてもう、死んじゃうほど気持ちいい。
 礼子さんの指が私の脇腹をくすぐりながら脇の下まで少しず上がりながら位置を変えてきた。
 感じ方の微妙な違いを探り当てては、感じる所を丁寧にくすぐりながら指がだんだん脇の下に近づいくる。
 だけどすぐには脇の下を責めない。
 脇の下は私が脇腹よりもっと感じる所だと礼子さんはよく知ってるから、わざと私をじらして脇の下に近づく度に指を止めてまた少し下に位置を戻してしまう。
 私が我慢しきれなくなるのを礼子さんが楽しんでるんだと判ってるけど、私にはどうにもならない。
 私はもうとても我慢しきれなくなって、礼子さんの舌に私の舌を絡ませて嘗め回した。
 するとやっと礼子さんも指先を私の脇の下の一番感じる所まで届かせると指先を震わせてきた。
 礼子さんの小さな細い指先でくすぐられてもう私の身体は宙に舞い上がりそう。
 両方の脇の下を同時に責められるともうとても立っては居られないくらいの快感。
 礼子さんの舌が今度はいきなり私の舌の付け根の奧に届いてきた。
 舌の付け根を責めるのは礼子さんの得意技。
 いったい誰に教わったのかしらないけど、舌先の微妙な震わせ方はもう神業。
 頭のてっぺんまで快感が突き抜けて私はもう死んじゃいそう。
 急に礼子さんの舌の動きが止まると、次の瞬間に礼子さんの唇が私の唇から離れた。
 脇の下をくすぐっていた礼子さんの手もすぐに外れた。
 気持ちよくて閉じていた目を開けると、礼子さんが後ろ向きに仰け反った姿勢ですぐ後ろから熊谷さんが礼子さんの首筋に舌を這わせてる。
 熊谷さんの分厚い大きな舌が礼子さんの真っ白な首筋を舐め上げると、つかさず耳の後ろに息を吹きかけてる。
 礼子さんの表情が見る間に変わるのが判った。
 耳の裏側は礼子さん一番の弱点だ。
 その一番の弱点に息を吹きかけられたりしたらもう身体から力が抜けて動けなくなる。
 苦しそうな顔で礼子さんが何度もため息をつくと、今度は熊谷さんの舌が耳の後ろを唇で吸い付けながら嘗め回し始めた。
 熊谷さんの唇にはたっぷりと男の唾がたまっていて礼子さんの耳がべとべとになってる。
 ぬるぬるした唾が、熊谷さんの舌と絡まって礼子さんの耳の感じる所を責めてるのがすぐ目の前で見えてる。
 男性の舌は、女の子の舌より大きくて厚みがあるので唾をたっぷり絡ませて責める技はとても女の子には真似できない。
 なんでこんなに礼子さんの弱い所をこんなによく知ってるのか訳がわからない。
 見る間に礼子さんの表情が変わり眉が歪んでつりあがってきた。
 礼子さんの身体から力が抜けて後ろに倒れかかると、今度は熊谷さんの手が礼子さんの胸を押し回し始めた。
 乱暴すぎるくらいの強引な手つきで身体ごと胸を押し回されて礼子さん苦しくて涙ぐんでる。
 女同士の柔らかな微妙な手つきとは違う男の強引な愛撫は女同士ではとても真似なんかできない。
 礼子さんが男なんかに身体をいじられて感じてるのを見せられて、私は腹が立って唇を噛んだ。
 女同士の方が全然気持ちが良い、だけど男の逞しい身体で強引に責められると女の身体はいやだと思っても感じて来ちゃうんだ。
 気持ちが悪くていやでいやでたまらなくても、それでも感じちゃうのが女の身体なんだ。
 目の前の礼子さんの感じてる顔を見ていると、本当に腹が立ってはらわたが煮えくりかえってきた。
 急に私の首筋にも後ろから山本先生が舌を這わせてきた。
 寒気がするような気持ち悪い感触が首筋を伝って耳の裏まで届いてくる。
 耳の裏側に息を吹きかけられた途端に私の身体も礼子さんと同じに力が抜けて後ろに倒れ込んだ。
 山本先生は私の身体を抱え込むようにして支えながら私の胸を腕でこねくり回すと乳首を指先で探り当ててきた。
 指先で乳首を挟んで捻り上げられると、痛みが胸いっぱいに伝わって苦しくて涙が出そうになった。
 もうとても男の力には逆らえない、礼子さんには悪いけど私だって感じて来ちゃうのはしょうがないんだと思って私は目を閉じた。
 急に礼子さんが私の肩に両腕を付いて前屈みに倒れ込んできた。
 私に抱きつきそうに成りながら両手で突き放すように身体を支えてる。
 目の前の礼子さんの顔、苦しくてもう我慢できないくらいに目がつり上がってる。
「どうだ、どこが一番感じるんだ」と熊谷さんが礼子さんの斜め後ろに立って囁いてるのが聞こえた。
 熊谷さんの腕がぐいとこね回すように動くと、礼子さんの目が泣き出しそうに歪んだ。
 普通に感じる所を撫で上げられたってこんな顔をするわけ無い。
 熊谷さんの指が奧まで入れられて感じるところを責められてるのに違いない。
 礼子さんたらもうとても我慢しきれなくて頭を仰け反らせて叫ぶような喘ぎ声を繰り返し始めた。
 男に責められて礼子さんがこんなに感じるなんて本当に腹が立つて胸が悪くなって来た。
 礼子さんの吐く息が私の胸元をくすぐるので私はこそばかゆくてたまんない。
 半分私にもたれかかった礼子さんの両手が、震えながら私の両肩に押しつけられると私まで震えてきちゃう。
 今にも泣き出しそうな礼子さんの声がすぐ前から聞こえてくるともう私も我慢できなくなって来た。
 私だって今すぐ礼子さんみたいに虐められたいと身体をくねらせて山本先生に催促するしかない。
 女の身体は一度我慢できなくなったらもう自分でなんか止められない。
 身体をこねくり廻して後ろの山本先生にもたれかかるともう膝が震えてとても立っていられない。
 後ろから私の身体を支えていた山本先生の手が急に私の胸から離れた。
 私がしゃがみ込みそうになっちゃうと山本先生の手が今度は私の腰を後ろに引っ張った。
 前に倒れ込みそうになっちゃって、慌てて私は礼子さんの肩に両手をついて身体を支えた。
 山本先生が私の背中を押して私の頭を下げさせると、礼子さんの頭が私の頭とぶつかり合った。
 礼子さんの甘ったるい汗の匂いが鼻につくと私は目眩がしてきた。
 しゃくり上げるように肩を震わせ続ける礼子さんの喘ぎ声がすぐ耳の側から響いてくる。
 礼子さんの喘ぎ声がすすり泣きに変わるのを聞くと私はもう頭が変になりそう。
 だけど私も礼子さんみたいに泣かされたくてもうとてもたまんない気分。
 喉がつまるくらいに息が苦しくて体中が引きつってきた。
 はやく虐められたいと私はもう待ちきれなくてお尻を後ろに突き出した。
 山本先生の太い指が私のお尻の谷間をなぞって私の一番感じる所に届いてきた。
 分厚い指先がそこに触れた瞬間、気持ちよくて心臓が止まりそう。
 三本揃えた指先が、花園の両脇を擦り上げながら真ん中の指がこねるように押しつけられてくる。
 太くてごつい指の感触はもうとても我慢なんかできないくらい気持ちいい。
 自分でもすぐにびちょびちょに濡れてくるのが判った。
 滑りやすくなった指先が、花びらをかき分けるようにして押入ってくると私は足が震えてしゃがみ込みそうになっちゃっう。
 だけど山本先生の手の平が私のお尻を下から持ち上げるようにして支えるのでしゃがみたくてもしゃがめない。
 山本先生のぶっとい指が不器用なくらいに乱暴に花園の中まで届いてくると、もう気持ちよくてたまらない。
 ごつごつした指の関節が、花びらを広げてぎこちなく押し入れられる感触は女の指とは全然違う。
 こんな事されて気持ちいいなんて自分が情けないけど、気持ちいいのはしょうがない。
 山本先生の指先が花園の奧までしかっり届くと、感じる所を探ってまさぐり動き始めた。
 曲げた指先を交互に伸ばしながら花びらの奧をこすり上げてくる感触はたまんない。
 女同士だといろいろと工夫しないと気持ち良くなんないけど男の人はやりたいようにやるだけで女の身体が感じちゃうのが凄い。
 きゅんと頭の先に快感が突き抜けて、腰が震えて勝手に前後に動き出してもう止まらなくなっちゃった。
 自分から感じるところを山本先生の指の押込むような格好になっちゃったけど自分でも腰を動かすのがもう止められない。
 山本先生の指の動きと私の腰の動きが上手く合うとリズムに乗ってまるで二人で踊り出してるみたい。
 礼子さんも熊谷さんに責められて腰を振りながら、頭を何度も仰け反らせて震えてる。
 急に礼子さんが叫び声を挙げると、頭が繰り返しぶつかってきて痛いくて泣いちゃいそう。
 花園が奧から溢れかえるくらいびしょびしょに濡れて来ちゃって、山本先生の指が滑ってもうぬるぬる。
 あっという間に体中が震えだすと膝ががくがくになっちゃて、もう自分でもなにがなんだかわからない。
 急に熊谷さんが大きな声で「おい、入れて欲しいんだろう」と芝居がかった声で怒鳴るのが聞こえた。
 私と礼子さんの両方に言ってるらしいけど、私は山本先生に責められてとても返事なんかしてる余裕はない。
 礼子さんがかすかに「はい」と言ったみたいだけど、はっきりとは聞こえない。
「おい、ちゃんと言うんだ、おチ×チ×入れて下さいって大きな声でお願いするんだこの雌犬」と熊谷さんが今度はさっきより乱暴な口調で怒鳴りつけた。
 だけど礼子さんは今度は苦しそうに頭を振るだけ。
「ちゃんと答えろこのドヘンタイの雌犬」とまた熊谷さんが怒鳴ると、急に礼子さんの身体が激しく震えて、涙声で喘ぎ始めた。
 熊谷さんがまた礼子さんの花園の奧を思い切りきつく指を使って責め上げてる様子。
 礼子さんはもう肩が震えてとても息が出来ないくらいに泣いて苦しがってる。
 指先だけでこれだけ女を責める熊谷さんのテクニックは相当な物。
「どうなんだ、ちゃんと言え」とまた熊谷さんが怒鳴ると「お願いします、おチ×チ×入れて下さい」と礼子さんが必死な声で答えた。
 礼子さんもうこれが限界らしく急に身体から力が抜けて倒れ込みそうになった所を、熊谷さんがまた抱き起こした。
「おい、お前も入れて欲しいんだろう」と今度は熊谷さんが私に向かって怒鳴りつけてきた。
 これ以上礼子さんに苦しい思いをさせるわけにはいかない。
 私も慌てて「お願いします、オチ×チ×入れてください」と叫んだ。
「この二人レズのくせに、男のオチ×チ×入れて欲しいんだとよ」と勝ち誇ったような口調で言うと熊谷さんは礼子さんの身体を前に突き倒した。
 礼子さんは腰が抜けたように膝から座り込むと息をするのもやっとなくらい。
 山本先生も私を押し倒したので私と礼子さんは折り重なって座り込んだまま動けなくなった。
 礼子さんの身体はまだ震え続けていて、礼子さんの投げ出した足が私の足と絡んでぶつかり合って足が壊れそうなくらい痛い。
 真上から見下す熊谷さんと山本先生の目は気持ち悪いくらいに満足そうに笑ってる。
 熊谷さんと山本先生は、私と礼子さんにこの台詞を言わせたくて責め上げていたみたい。
 面白い遊びというのはこの事だったらしい。
 レズ女の二人組に「オチ×チ×いれて」と言わせるのが最初から目的だったに違いない。
 だからレズの女が二人必要だったんだ。

18.強制輪姦<< ページトップ >>20.生フェラ調教

監禁調教アダルトビデオ

若妻監禁調教 囚われの肉玩具 川上奈々美 アタッカーズ [DVD]
監禁調教部屋8時間BEST [DVD]
美人秘書×監禁調教 明日花キララ
監禁陵辱III~美少女箱詰め輪姦~
拉致!監禁!拘束! イキッぱなし絶叫4時間