体験手記雌犬監禁裏本調教

by七度柚希

目次

1.バレー部の朝練
2.ジャーナリストへの夢
3.女子大の入学試験
4.合格発表
5.女子大生
6.出版社でのアルバイト
7.歓迎会の後
8.東大五月祭
9.夢の夜
10.体験取材
11.調教の始まり
12.最初の客
13.ダブル調教
14.裏本のモデル
15.裏ビデオの秘密
16.調教の夜
17.裏ビデオ鑑賞
18.強制輪姦
19.レズ調教
20.生フェラ調教
21.露出調教
22.監禁
23.拘束
24.奴隷調教

12.最初の客


12.最初の客

 朝方に目を覚ましたとき、私は自分がどこにいるのかすぐには判らなかった。
 まだ昨日のあの木刀や竹刀を持った男達が私を取り囲んでいる気がして、目を開けるのが怖かった。
 そっと目を開けて、天井を見ると見慣れた電球が見えた。
 横を見るといつものテーブルが見えて自分の部屋だと気が付いてやっと気分が落ち着いた。
 勇二さんは私が寝ている間に帰ったようで部屋には私一人しかいない。
 もしかして昨日の出来事は全部夢だったら良いのにと思った。
 だけど自分が黒いネグリジェを着て布団に横になってるってことは、夢なんかじゃないってことだ。
 半分起きあがろうとして横をみると、片づけ忘れたお皿に勇二さんが吸いかけた煙草が置いてあるのが見えた。
 そのとたんに急に勇二さんとの昨夜の快楽が私の身体によみがえって来た。
 子宮の奧から痺れるような感触が、まるで天国にいるみたいに心地よかった。
 腰をすこし浮かすと、子宮の奧から震えてきてしばらく動けなかった。
 やっとの事で身体を起こすとコーヒーを飲もうと、台所でポットからお湯を注いだ。
 コップを掴もうとすると、急に指先が震えて今度は昨日大勢の男達に取り囲まれた時の思いが急に身体によみがえってきた。
 思い出すだけで身体が震えて止まらなくなった。
 私はお布団に戻ると、必死で勇二さんの事を思い出そうとした。
 だけど身体を押さえつけられて、大勢の男に責められた記憶が繰り返しよみがえってくる。
 私は押入からバイブレータを取りだすと勇二さんの事だけを思い出そうと必死でバイブレータを使った。
 身体が疲れ切って動けなくなるほどバイブレータを使うとようやくすこし気分が落ち着いてきた。
 すると今度は「そうだ、記事をかかないといけないんだ。私は取材の為にあんな酷い目にあったんだ。だからそれを記事にするんだ」と自分がやろうとしていたことを思い出した。
 すぐに記事を書いて誰にでもいいから見てもらえばきっとどっかの雑誌に載せてもらえる。
 そうすれば私はすぐにルポライターでデビューできるんだ。
 私はすぐにテーブルの上に原稿用紙を拡げて、ボールペンを握りしめ記事を書こうとした。
 だけど頭の中がぐるぐる回って何から書いていいのか判らない。
 そうだこんな時には私には奥の手があるんだと私はすぐに思いついた。
 あの消しゴムさえあれば私は、すぐに数学の問題だって、原稿だってすらすら書けるんだ。
 大学の入学試験だって数学の問題を解けたんだ。
 椅子の上に消しゴムを置いて、私はゆっくりと腰を前後に動かし始めた。
 いつもの感触が、身体の奧から広がると急に頭の中が明るく澄んできた。
 目の前に閃光が光り、言葉が頭の中を走り回ってる。
 そのまま原稿用紙に書けばいいんだ。
 指が勝手に動いてどんどんと原稿用紙の升目を埋めていく。
 自分でも何を書いてるのか判らないくらいすらすらと文章が浮かんでくる。
 いつの間にか時間が過ぎて、気が付いたら一気に原稿を書き上げていた。
 私は書いた原稿を鞄に入れると、時間を確かめた。
 もう午後4時すぎ。
 すぐ地下鉄でアルバイト先の出版社に行って、編集長に原稿を見てもらうことにした。
 地下鉄に乗っている間も、この原稿を見せたら編集長はきっと飛び上がって驚くに違いないと胸がドキドキして膝が震えた。
 出版社のドアを開けて、編集長の席を見たが出かけているのか席には居ない。
 だけどいつもの席で芳恵さんが記事を書いてる。
 私はすぐに芳恵さんのすぐ横に駆け寄ると「これ読んで下さい」と芳恵さんに原稿を渡した。
 芳恵さんは私の剣幕にすこし驚いた顔をしたけど、すぐに原稿を読み始めた。
 きっと飛び上がって驚くに違いないと思って見ていると、ページをめくって私が事務所で男達に廻された場面を芳恵さんが読み始めた。
 だけど残りのページは適当に飛ばして読んで、全部は見てくれない。
 どうして全部読んでくれないんですかと私が言おうとすると、芳恵さんは私に原稿を突っ返して「こんな作り話記事になるわけないじゃないの」と素っ気ない態度。
「嘘じゃありません全部本当の事なんです」と私が食い下がると「ほんとにあの事務所にいったの」と聞き返された。
「本当に全部本当なんです」と私は必死で言い張った。すると芳恵さんはどこかに電話をかけると、事務所を出て行ってしまった。
 芳恵さんと入れ違いに編集長が帰って来たので私は諦めずに編集長に記事を見てもらった。
 私は編集長ならきっと凄い記事だと褒めてくれると信じて、編集長が原稿用紙をめくる度に編集長の顔色を伺った。
 だけど編集長の顔は特に驚いた様子もなく、最後のページまで読み終えた。
 私はともかく最後までちゃんと読んでくれたんだからきっと褒めてくれるに違いないと確信して編集長の言葉を待った。
 編集長は原稿を私に返すと「芳恵に話を聞いたんだろう、随分まえに彼女が同じような記事を書いてきたことがあるから」と顔を上げてすぐに話し始めた。
 私はいったいどうゆうことかすぐには事情が分からなかった。
 編集長は私の怪訝な顔を見て、裏の事情を教えてくれた。
「芳恵は仕事の帰りにバイトしてるんだあの事務所から紹介された客とって」
「親が会社の経営に失敗して、借金があって離婚してしまったけれど、お母さんが連帯保証人で印鑑を押しているので、借金が残ったんだ」
「そのとき彼女は高校生で国立の大学に入ろうと頑張って勉強したけれども、不合格で、いまの出版社にアルバイトで入ったんだ」と話してくれました。
「出版社の給料では借金が返せなくて、取材もかねて客とってるんだ」
「将来はドキュメンタリーのルポライターになるのが夢でね」と今のアルバイトも将来の為らしい。
「この程度の記事じゃとうにもらないね、相手が芸能人とか、政治家なんかで、超変態プレーを要求されたとかの話だったら、面白いんだけどね」と言われて私はがっかりして引き下がるしか無かった。
 詳しいことまでは編集長は教えてくれなかったけど、どうやら芳恵さんもあの店で働くとき私と同じ目に遭わされたらしいと、なんとなく判ってきた。
 芳恵さんは適当に作り話を書いてると私には言ってたけど、実際に店でアルバイトした体験をそのまま記事にしていたらしい。
 私は芳恵さんがそんなことまでしてると聞いてびっくりしたが、それで芳恵さんがいつもすごい記事を書いているのが納得できた。
 ルポライターになるには、そこまでやらないといけないのかと思うと、自分の考えの甘さがなんとも情けない気がしてすっかり落ち込んでしまった。
 芳恵さんが帰ってきたので私は「借金かかえて大変なんですってね」と話しかけた。
 すると「これから一緒に取材に言ってもらうからね、なんの取材かわかってるんでしょう、逆らうとどうゆう目にあうかはこないだよく分かったでしょうから、言うとおりにするのよ」と大変なけんまくで怒鳴られた。
 芳恵さんはすぐにロッカーから女子高生の制服を取りだすと私にも一着渡して「これに着替えんのよ」と言いだした。
 編集長が見てる前で平気な顔で芳恵さんは着替えを始めた。
 私は編集長の顔を横目で見たが、編集長は知らん顔して競馬新聞を拡げてる。
「はやくしなさいよ」と言われて、私も制服に着替え始めた。
「ちょっとなにやってるのよ」もう着替えを済ませた芳恵さんに叱られたけど、なんで叱られたのか判らない。
「スカートは腰で巻いて短くすんのよ」と言われて芳恵さんを見ると、パンティーが見えそうなくらいスカートの丈が短くなってる。
 言われた通するしかない。
 出版社の事務所を出て裏通りを歩いていると、こんなにスカートを短くしてる女子高生なんかいない。
 男の子に声を掛けられそうな気がして怖くてずっと下を向いてた。
 二人で近くのカラオケの前まで来ると、芳恵さんが携帯を取りだして「いま着きました」と連絡してる。
 芳恵さんに携帯を渡されると「おい、商売の仕方は、芳恵に教えてもらえ、判ってるな」と男の声がした。
 脅すような低い声に私は思わず膝が震えた。
 ここまで来たらもう逆らえない。
 カラオケの前で待っていると、中年の男性が「待たせたね」と声をかけてきた。
 二人ともお腹が出ていてすこし小太りで、いかにもいやらしそうな雰囲気だ。
「ちゃんと仕事すんのよわかってるんでしょうね」と芳恵さんが小さい声で私にささやいた。
 私はこれから二人で客を取るのだと判って背筋が寒くなった。
 部屋にはいると男はくつろいだ様子でお酒を飲みながら、何曲かカラオケを歌い始めた。 それだけで済むはずがないと私は覚悟を決めていた。ソファーに座っているだけで、膝ががくがく震えてきて止まらなかった。お酒を勧められて私はもうどうなってもいいと何度も飲み干した。
 男の手がやがて私の膝頭の上に載せられると軽くくすぐるように指先が動いてきた。
 お酒のせいで頭がぼんやりして、逆らおうと思っても身体が動かない。
 芳恵さんは自分から脚を開いてわざと大げさに何度もため息をついては大きな声を挙げてる。
 アダルトビデオの女優さんみたいな声で演技だとすぐわかるが、男の人にはそれが楽しいらしい。
 男の指先はすこしずつ腿の内側をなぞりながら上に動き始めた。
 目をつむって我慢してると、いやだと思っててもくすぐったくて身体が気持ちよくなってくる。
 すこしずつ私の反応を確かめながら指先が感じる所を責めてくると、もう私の頭の中は空っぽになってため息が自然と繰り返しでて来た。
「そろそろ出ようか」と男に言われて、私達はカラオケ店を出た。
 カラオケ店のすぐ隣の隣がラブホテルだ。外の冷たい風がスカートの下を通りすぎると、私は急に酔いが醒めて頭がはっきりしてきた。
 さっきまで気持ちよく感じていた身体が、すぐにまた中年男への嫌悪感でいっぱいになった。
 男が私の背中を押したが、私は入り口で立ち止まったままどうしても中に入れない。
 すると芳恵さんは「いやなら帰っていいのよ、さっさとかえんなさいよ」と言ってくれた。
 私は帰っていいなら今日だけは帰らしてもらおうと、ラブホテルの前から足早に遠ざかろうとした。するとすぐラブホテルの横に止まっていた黒いバンのドアが開いて男が数人飛び出してきて、私は後ろのドアから車のなかに押し込められた。
 車はすこし走っただけで小さなビルの駐車場に入った。裏手の階段を上がると私が連れていかれたのは昨日の組の事務所だった。私の両手をつかんでいた男達は、私をテーブルの上に押さえつけた。
 私は四つんばいの姿勢を取らされると、パンティーを膝まで降ろされた。竹刀が両側から交互に私のお尻に打ち下ろされてきた。
「客を取らないとどうなるか教えてやるぜ」と男の一人が言うと。ほかの男達も「逆らえると思うなよ、今度逆らったら、この程度じゃ済まないぞ」と言って竹刀を打ち降ろしてきた。
「もう絶対にさからいません。客を取ります、逃げたりしません」と何度も約束させられた。
 竹刀が繰り返し打ち下ろされるたびに私のお尻は痛みが増して、焼け火箸を押しつけられたように痛みが激しくなった。もうとてもだめと思って何度も叫び声を上げたが、許してはもらえなかった。
 泣き声も出なくなったころ、やっと竹刀の動きが止まった。もうこれで許してもらえると思った時、私のお尻にバイブレータが押しつけられてきた。
 堅いバイブレータの振動が、竹刀で真っ赤になったお尻をなぞりながら押しつけられてきた。私はお尻が痺れて、感触がなくなってきた。
 バイブレータの振動がまた強くなると、お尻をぐいぐいと押し回してきた。
 もうとても痛くて我慢しきれない。
「もう許して下さい。客を取ります、客を取ります」と私は繰り返し叫ぶと気が遠くなってきた。
 ドアの音がして芳恵さんが、組の事務所に入ってきた。私を見ると芳恵さんは「これで逆らったどうなるかよく分かったでしょう。この女生意気だから、このくらい当たり前よ」と勝ち誇ったように言い放った。
 最初から芳恵さんはこうなることが判っていて「いやなら帰っていわよ」と言ったに違いない。
 今度からは芳恵さんの言うことは何でも言う通にしなければいけないんだと私は自分に言い聞かせた。
 もういいだろうと男の一人が言うと、芳恵さんは「とんでもない、私の時と同じにしてよ、私の時はこんなんじゃなかったでしょう」とむくれた。
「この程度だったら、このまますぐたれ込むにきまってるじゃないの、この女、記事を書いて週刊誌にでも売り込むつもりなのよ」と金切り声で叫んだ。
「二度とそんな気を起こさないようにしてやってよ」と芳恵さんが言い張るので男達も困った様子だ。
 男の一人が指示すると大きな注射器の用な道具が用意された。バイブレータの代わりに今度はその大きな注射器が私のお尻に入れられてきた。どろっとした生暖かい液体が、私のお尻から注入されてきた。
 私はどうもこれがSM雑誌で読んだ浣腸らしいと気がついた。私のお尻の下に大きな洗面器が置かれたので間違いなさそう。
 私はひとまずバイブレータからは逃げられたのでほっとした。しかし時間がたつにつれて、お腹のあたりが次第に苦しくなってきた。必死でこらえようとしたが、お尻から腰にかけて次第に震えてきた。とても頑張れない、でも頑張らないといけないという思いが頭の中を巡りつづけた。
 体中に震えが走りながら汗が噴き出てきた。もうだめ、もうだめ、と思いながら必死でこらえ続けた。とうとう耐え切れる限界を超えたとき洗面器に流れ落ちる大きな音が聞こえた。
 私は調教されてるんだ、あのSM雑誌に出ていた調教をされていくんだと思うと、身体の中には満たされた感触がこみ上げてきた。
 調教というのは、浣腸をしただけで終わるはずはないと私は、次に男達がすることを待ち構えた。
 きっとバイブを入れられるに違いない、本にはそう書いてあった。
 最初は少し細めのバイブを使って、だんだん大きくしていくんだ。
「おい、次はあれもってこい」と男が命じる声が耳元で聞こえた。
 やっぱりと私は思った。

11.調教の始まり<< ページトップ >>13.ダブル調教

監禁調教アダルトビデオ

若妻監禁調教 囚われの肉玩具 川上奈々美 アタッカーズ [DVD]
監禁調教部屋8時間BEST [DVD]
美人秘書×監禁調教 明日花キララ
監禁陵辱III~美少女箱詰め輪姦~
拉致!監禁!拘束! イキッぱなし絶叫4時間