体験手記雌犬監禁裏本調教

by七度柚希

目次

1.バレー部の朝練
2.ジャーナリストへの夢
3.女子大の入学試験
4.合格発表
5.女子大生
6.出版社でのアルバイト
7.歓迎会の後
8.東大五月祭
9.夢の夜
10.体験取材
11.調教の始まり
12.最初の客
13.ダブル調教
14.裏本のモデル
15.裏ビデオの秘密
16.調教の夜
17.裏ビデオ鑑賞
18.強制輪姦
19.レズ調教
20.生フェラ調教
21.露出調教
22.監禁
23.拘束
24.奴隷調教

22.監禁


22.監禁

 夜中近くになって明るいヘッドライトが私と礼子さんの後ろで止まった。
 私は助けてもらえると思ってなんとか声をだすと男の子が二人近づいてきた。しかし、いかにも不良っぽ雰囲気の男の子なので私は怖くて寒気がした。
「ずいぶん面白い遊びじゃないか」と男の子の一人が口を開いた。
「こうやって、ぶち込まれるのを待って居るんだろう」と低い声が耳に響いてくる。
 男の子達は面白そうに私たちの様子を見守っていると一人が「おれがもっと面白いことしてやろう」と言いだした。
 男の子はポケットから札の束をだすと、二つに分けて細長く丸めた。そして私の花園に押し入れてきた。
 それからそばにあった工事用の看板を私の前まで持ってくるとチョークで「お願いですお金をさしあげますからレイプして下さい」と書いて目立つように道路に向けて立てた。
 それからしばらく二人は私と礼子さんの様子をおもしろがって見ていたけど、車に乗ってまた坂道を降りて行ってしまった。
 ずいぶん時間がたってから、車の音がして私たちにヘッドライトの明かりが向けられた。今度はどんな目にあうか分からないと、私たちは身を堅くしておびえながら出てくる人物を待った。
 初老の夫婦らしい男女のカップルが降りてきてやっと私たちは助かったと思った。二人はかなり驚いた様子。
 すぐに口に押し込まれた猿轡をはずしてくれた。しかし縛り付けてある両手は結び目が固くて老人の手では解くことはできない。
 「いったいどうしてこんな目にあっているの」と事情を聞かれた。しかし本当の事を全部はなせる訳がない。
 私たちは展望台で男の子達に囲まれて縛られたと話を作った。すると「じゃあまだ何もなかったのね、それはよかった」と婦人が言ってくれた。
 夫婦は少し離れて二人でなにか相談を始めた。やがて婦人が戻ってくると「それで今日の遊びは、誰が考えたの」と婦人が話を切りだすので私はしてびっくりした。
「私たちが考えたんじゃないんです、たまたまナンパされて」と礼子さんが言い訳をしようとした。しかし婦人は「最近の女の子はずいぶん、面白い遊びを方をするのね、作り話でしょうみんな」と取り合ってくれない。
 私は「すぐに警察に連絡して下さい、国民改進党の山本代議士なんです、私たちをこんな目に遭わせたのは」と慌てて大きな声で叫びました。すると婦人は黙ってうなずきながら言葉を飲み込むようにして黙り込んだ。
「私たち取材してたんです山本代議士のスキャンダルをつかんだんです、ほんとに大変なスクープなんです、そしたらこんな目に遭わされて」
「政治家がこんなことするなんて許せません、すぐに警察に連れていってください」と私はまくしたてた。
 婦人はすこし考え込んでから「悪いけど警察に来てもらうわけにはいかないのよね、そしたら私たちがいろいろ面倒なことになるでしょう。私達ね取材なんかされたら困るのよ分かるでしょう」と言い返した。
「取材だとか言われてもね」と初老の男性も口を挟んだ。
「僕たちを巻き込まないでもらえないかね」と言われてもう返事が出来なかった。
 私達の口にはまた黒い皮の紐で猿轡で縛りつけられた。
「じゃあ、あとはほかの人に助けてもらいなさいね」と婦人が言うと二人は車に戻った。
 車が坂道を降りいくと私たちは取り残されたまま、夜の静かな冷たい空気だけが花園をくすぐっていた。
 礼子さんはもう涙も枯れてしまったようで、こみ上げるような息音だけが聞こえてきた。
 しばらく時間が止まったように過ぎていくと、車のライトが近づいてきた。車が私たちのすぐそばで止まると、私は息ができないほど胸が詰まった。
 車から降りてきたのは、さっきの二人組の男の子。
 私は今度はどんな目に遭わされるか分からないと思い、体中がガタガタと震えてきた。
 すぐ後ろからもう一台大きなワゴン車が来て止まった。
 男の立ちが数人ワゴン車から出てくると「こいつらか」と器用に縄を解いて、猿轡も外してくれた。
 やっと身体が楽になったがこのまま帰してもらえるはずはない。
 ワゴン車の中に連れ込まれると私は身体が震えて来て止まらなくなった。
 車はしばらく道を下ると、角を曲がってがたがたした道を行って止まった。男の子達に両脇をかかえられて車を出ると、月明かりで見えるのは古びた山荘みたいな建物。
 随分と古くてまるで廃屋のよう。
 煉瓦作りの階段を降りて地下室にると、男の子がランプをつけた。中はかなり広いけど変な様子。
 煉瓦で囲まれた部屋の壁には十字架のみたいな木材が組上げてあって、手や足を縛りつける皮の紐もついてる。
 その前にはパイプでできた変な形の椅子があり、それにも皮の紐があちこちについてる。
 私と礼子さんはこの部屋できっとこの男の子達に酷い目に遭わされるのに違いない。
 私と礼子さんは部屋の中央に押し倒された。
 これから何が始まるのかはもう分かり切った事。
 だけど男の子達はソファーに倒れ込んで動こうともしない。
 よっぽど疲れてるらしくて立ち上がる元気もないらしい。
 礼子さんがいきなり「さっさとやりなさいよ、やりたいんでしょう」と金切り声で叫んだ。
 だけど男の子達は相変わらず知らん顔。
 すると礼子さんが自分でブラウスとスカートを脱ぎ始めた。
 ブラジャーも取って丸裸になると色白の礼子さんの身体が暗い部屋の中で輝いて見える。
 男の子の一人が「さっさとやっちまおうぜ」と言うと「そうだな」と別の男の子も答えた。
 もう私も覚悟を決めて礼子さんと同じように服を脱ぎ始めた。
「お願い口でやらせて」と礼子さんは男の子の一人の前に膝をついた。礼子さんの舌が動き始めると男の子の表情が変わっていくのが見えた。
 酷い目に遭わされる位なら自分からやらせてと言った方がいいに決まってる。
 私もすぐに「お願い私も口でやらせて」とわざと大げさに言った。
 私が礼子さんに背を向けて膝をつくと待ちきれない様子で、男の子の一人が私の前に立った。私が舌を絡ませると男の子はすぐに逞しくなり私は嬉しくなった。
 ほかの男の子達は私が礼子さんの両脇を取り囲んで胸をゆっくりと揉み始めた。
 別の手が腿の内側をなで回してくる。
 女の身体をオモチャにするような手つきは随分とやり慣れてる。
 男の子の指先が乳首をつまみながら震わせるように動くと、礼子さんの背中がそりかえって私の背中にぶつかってきた。
「はやくいれてよ、もうたまんないの、あ、あ、ぁ」と甘えるような調子で喘ぐ礼子さんの声が部屋に響き渡った。
 礼子さんが立ち上がる様子が背中の感触でわかったので、私もいっしょに立ち上がった。すると私の前に立った男の子が、私の片足を持ちあげてきた。後ろでも礼子さんが同じ格好をとらされているのが分かった。
 私と礼子さんは背中で相手を支え合いながら男の子を受け止めた。礼子さんの背中が何度も反り返ると私もたまらなくなって背中をのけぞらせた。
「ああ、いいの」という礼子さんの声が私の耳元に響くと、私も花園から沸き上がる快感を押されられなくなった。
 男の子が腰を押し上げる度にこの瞬間が永遠に続けばいいのにと思えた。
「もっと、もっと強くして」と礼子さんの叫ぶ声が耳元で聞こえた。
 男の子を喜ばせるためにわざと感じてる振りをしてるのだとすぐ判った。
 私の背中に礼子さんの身体の激しい震えが直に伝わってきた。
 本当に感じてるときの礼子さんの身体の震えとは微妙に違う。
 わざと大げさに身体を痙攣させて男の子を締め上げるテクニック。
 これではいくら女を扱いに慣れた男でもとてもたまらない。
 この調子なら男の子達をうまくごまかして、逃げられるかもしれないと思えてきた。
 さすがに礼子さんは頭がいい、最初からこれが目当てだったのねと、礼子さんの意図が私にも分かってきた。
 私も調子を合わせたほうがいいと気がついて「もっとお、感じちゃうー、もっとお」と精一杯甘えた声を出して腰を振った。
 私の声に合わせて男の子の腰の動きが激しくなると、今度は礼子さんのが私より大きな声をあげて甘え始めた。
「礼ちゃん、いっちゃう、いっちゃう」と泣き出しそうな声が聞こえて来ると、私も声をあわせて「いっちゃう、有希ちゃんもいっちゃう」と声を合わせた。
 男の子達の腰の動きが一気に激しくなると私はこみ上げてくる快楽に声が止まらなくなった。
 二人の男達が同時に欲望を吐き出すと、私は持ち上げられていた片足を床に戻し礼子さんの方を振り返りった。
 涙ぐんだ礼子さんの顔がいきなり私に近づくと私に抱きついて唇を重ねてきた。
 身体ごと胸を押しつけられながら礼子さんに強く抱きしめられて私は息が苦しくて涙ぐんだ。
 礼子さんが私の耳元で「あと残りは4人ね」と小さい声で囁いた。
 なんとか頑張るしかないと私は自分に言い聞かせた。
 私が礼子さんの身体を押しのけるともう次の男の子が私の後ろで待ち受けている。
 私は頑張って男の子の腰に口を近づけて舌を絡ませた。
 もう膝が震えてとても立っていられないので、私と礼子さんは頭を向かい合わせに4つんばいになった。後ろからはすぐに男の子が力強く押し入れてきた。
 壊れてしまいそうなくらい奧まで届いてくると腰が半分浮いて身動きもできない。
 激しい腰の動きがすぐに始まると、我慢しきれなくて私は大声を出した。
 私が顔をあげると目の前で礼子さんが泣きながら悲鳴を上げてる。
 後ろから腰を押し出されるたびに、礼子さんのおでこが私のおでこにぶつかってきた。
 あともうすこしの辛抱と思っていると、男の子達は腰をいっぱいに使って欲望を吐き出した。
 他の男の子達にも繰り返し後ろから責められ続けると、いつの間にか私と礼子さんは床に四つん這いになったまま男の子達は誰もいなくなった。

21.露出調教<< ページトップ >>23.拘束

監禁調教アダルトビデオ

若妻監禁調教 囚われの肉玩具 川上奈々美 アタッカーズ [DVD]
監禁調教部屋8時間BEST [DVD]
美人秘書×監禁調教 明日花キララ
監禁陵辱III~美少女箱詰め輪姦~
拉致!監禁!拘束! イキッぱなし絶叫4時間