体験手記雌犬監禁裏本調教

by七度柚希

目次

1.バレー部の朝練
2.ジャーナリストへの夢
3.女子大の入学試験
4.合格発表
5.女子大生
6.出版社でのアルバイト
7.歓迎会の後
8.東大五月祭
9.夢の夜
10.体験取材
11.調教の始まり
12.最初の客
13.ダブル調教
14.裏本のモデル
15.裏ビデオの秘密
16.調教の夜
17.裏ビデオ鑑賞
18.強制輪姦
19.レズ調教
20.生フェラ調教
21.露出調教
22.監禁
23.拘束
24.奴隷調教

21.露出調教


21.露出調教

 ホテルのロビーに出るとそのままさっき車で来た駐車場に連れて行かれた。
 てっきりこのホテルに部屋を取ってあるのだとばかり思ってたけど違うらしい。
 確かにここは普通のホテルで、飛んでもない変態プレーが出来る場所ではない。
 車に乗ると熊谷さんが運転席に座ってすぐホテルを出た。
 政治家の秘書さんは車の運転もしなければいけないので結構大変らしい。
 山本先生はさっきワインを飲んだせいかすこし顔が赤くてすぐにお喋りを始めた。
 熊谷さんは車の運転をしながら何を言われても「そうですね、いや本当にそうですね」と相づちを打ってる。
 山本先生の話す話題は全部が全部女の話なので私はびっくりして聞いていた。
 この山本先生よっぽどの女好きらしくて、毎晩生フェラさせてるらしい。
 それも女子高生から、人妻まで相手は何でもありらしい。
 車はしばらく走った後細い小道を何度か曲がると、大通りに出てすぐに高速の入り口が見えた。
 そのまま車は中央高速に入るとすごいスピードで走りだした。高級車らしくて、ずんずん飛ばしても車は少し揺れるだけ。
 これから選挙区に帰るらしい。
 山本先生はあいかわらず女の話をしながら何度も大声で笑ってる。
 何が可笑しいのか判らないけど、熊谷さんは調子を合わせて相づちを打ってる。
 礼子さんが急に手を伸ばして私の手を握りしめてきた。
 だけど様子が何だか変。
 横目で見ると山本先生が礼子さんのスカートの下に手を入れて指先を動かしてるみたい。
 礼子さんの手が何度も私の手を強く握りしめて来たので私も礼子さんを安心させようと思っ礼子さんの手をずっと撫で続けた。
 中央高速の途中で降りると、車は舗装された山道をうねるようにして登り始めた。
 熊谷さんは慣れた道らしくて、手際良いハンドルさばき。
 相変わらず山本先生がお喋りを続けているうちに、東大五月祭の時の女子大生の話になった。山本先生が東大の五月祭で講演会をした時に赤門前で出迎えた東大の法文科の二人の女の子の話に間違いなさそう。
 政治家の先生の所にはあちこちから政治の勉強をさせて下さいと伝を辿って頼んでくる学生が多いらしくて国民党の山本先生の所にも来るらしい。
 最初に秘書の熊谷さんが話しを聞いて良さそうな学生を山本先生に紹介してるらしいけどもちろん目的は身体。
 山本先生の好みは生フェラの上手なレズ女らしい。
 だいたいレズ女が生フェラなんかするわけない。
 それを無理矢理に生フェラ狂いの身体に仕込むのが山本先生の趣味らしくて、そう都合の良い女はなかなかいない。
 それで調教師の永谷さんが女子高生や人妻を軟派して、レズと生フェラを仕込んで秘書の熊谷さんに紹介してるってことらしい。
 東大法文科の女子大生二人も、五月祭で山本先生が講演したあとに「政治の勉強をしたいから、何でも良いからお手伝いをさせて下さい」と熊谷さんに頼み込んだらしい。
「お手伝いするなら、身体の方も使うお手伝いもしてもらわないといけないとお説教してやったんですよ」と熊谷さんが話してるのを聞いてなるほどと思った。
 身体を使うお手伝いはもちろん体力を使う仕事のことじゃなくて、エッチなご奉仕の事。
 わざと曖昧な言い方で説教するのはさすがに政治家の秘書さんだけあって上手なもんだ。
 二人とも納得して何でもさせて頂きますと約束したらしい。
 だけど一体どんな事をさせられたんだろう。
 それが判れば苦労はしない。
 私と礼子さんみたいに、裏ビデオや裏本なんかを撮られたんだろうか。
 いくら政治家の先生の為とは言っても、真面目な法文科の女子大生がそんな簡単に撮らせるわけはない。
 なんとか上手く探り出してスクープ記事を物にするしかない。
 急な坂を上り続けていた車の周囲が急に開けて、峠の角にさしかかった。
 大きく曲がったカーブの横が展望台みたいに広くなって大きな看板が見える。
「あの時の東大生の二人はここでぶちこんでやったんだぜ」と今度は山本先生が当たり前のような口調で言い放った。
「手すりに縛り付けて後ろからやってやったら、こんなの初めてって腰ぬかしやがった」
と自慢話でもするよう話しが続く。
「いくら東大生でもぶちこまれたら女はみんな同じだ」と随分な言い方。
 看板の裏手がちょうど陰になってるのでそこで手すりに縛り付けて立ちバックで責めたらしい。
 私は永谷さんが電話で例の遊びとか言っていたのが、このことだとピンときた。
 政治家の先生と言っても遊びはその程度かしらと思って、ちょっとがっかりした気分。
 それでもまあ書き方次第で、そこそこのスクープが書けるのには違いないと思い直した。
 峠で停まるとばかり思っていたけど、車はそのまま山道を上がり続けた。礼子さんも同じことを考えていたらしくて、車が走り続けるのを不思議がっている様子。
 車はやがて山頂に着くと、大きな建物があり上は展望台になっている。展望台の下は喫茶店と土産物店になっているよう。
 ちょっと一休みして行こうと言われて私たちは車を降りて中の喫茶店に入った。
 喫茶店とは言っても、テーブルとベンチが並んでいるだけ。
 秘書の熊谷さんは私たちに何も聞かずに、カウンターでコーヒーを4人前頼んだ。
 壁際の席でコーヒーを飲んでいると、熊谷さんがドリンク剤の瓶を二本だして、私と礼子さんに渡した。
 疲れがとれるからと言われて、私と礼子さんは勧められるままにドリンク剤を飲んだ。
 気のせいか少し苦いような味がしまたけど、きっと元気のでる成分が入ってるのだと思った。
 小さな小瓶のドリンク剤を飲んだ直後に胃袋が熱くなり体中に熱い感触が広がっていくのがわかった。そして急に楽しい気分になると、半分めまいがしそうになりながら、頭の中がぼんやりしてきた。
 ずっとまえに礼子さんが私の家に泊まりに来たとき飲まされた薬入りのワインの味に似ていると気がついたけどもう遅い。
 山本先生はこないだの東大法文科の二人組の女子大生の話の続きをまだしてる。
 将来は政治家の先生の秘書志望で、勉強させて下さいと山本先生を頼ってきたらしい。
 選挙区に帰る車に乗せられて、この喫茶店にも来たらしいとなんとなく判った。
「真面目な顔してて、法文科だかなんだかで、近代政治の夜明けがどうのと言いやがってるからさ」
「女なんてしょせんオ×ン×で感じるんだから、オ×ン×をこの指でかわいがってやったら、しまいには泣きだしやがって」
「もっとして欲しければ自分でパンティー脱いでこい」と言ってやったら、トイレに行って脱いできたんだぜ二人とも」
「『お願いします、はやくぶち込んでください。』と二人で言いだしやがった」
「そのあとは上の展望台で、二人並べて、腰が抜けるまでぶちこんでやったぜ」とさっきの自慢話の続きを聞かされていると、急に礼子さんが下を向いた。
 礼子さんの身体が震えが伝わって来て、私は山本先生が礼子さんに何かしているのに気が付いた。礼子さんの膝の上には山本先生の手が置かれて、指先を震わせながら膝頭をなで回してる。
 礼子さんは気持ちいいらしくて、指先が感じるところを捉えるたびに身体が震え出してもう止まらなくなってる。
 私は礼子さんに身体を押しつけて、礼子さんの身体の震えが伝わって来るる感触を確かめた。
 男に膝を撫でられてるだけでこんなに感じてるなんて腹が立ってきたけど、さっきの薬のせいに違いないので仕方ない。
 下を向いて自分の膝頭を見つめていると、今度は熊谷さんの手が私の膝の近くまで、ゆっくりと私の顔色をうかがいながら動いてきた。
 私はどうしていいのかわからずに熊谷さんの手を見つめてるだけ。
 熊谷さんの手はゆっくりと動くと私の膝の上に軽くふれるように、指先を載せてきた。
 その瞬間に私の膝には鋭い電気が流れたような感触が走った。
 私がされるままになっていると、熊谷さんの手が私のミニスカートの裾を掴んで、私の腰の上までたくしあげようとした。
 私が困って熊谷さんの手を押さえて止めさせると、熊谷さんは今度は私の手を掴んで引き寄せながら顔を近づけてきた。
 私は顔を横にそむけようとしたけど、熊谷さんは私のアゴに手を回して引き寄せて、私の唇の間に強引に舌を差し入れてきた。ぬっとりとした感触が私の舌に重なると私は頭がかっと熱くなってもうどうにも逆らえない。
 熊谷さんの舌が私の口の中を上下に動きながら、歯茎の奥を探るように動き続けると私は頭に血が昇り体中が熱くなって燃え上がった。
 熊谷さんの指先がミニスカートの奥の方まで指先が届くと、パンティー下に指を滑らせてに直に花芯を押さえつけてきた。
 強い快感が花芯に直接電気のように流れてきて体中が感電した見たいに震えて出した。
「この間の女は二人ともトイレで自分でパンティー脱いできたんだぜ、どうだもっとして欲しいのか、それとも止めてもいいんだぜ」と熊谷さんが耳元でささいた。
「パンティー脱がないならもうこれで止めるぜ、止めてもいいのんだな」と言いながら、熊谷さんは指先を強く使うと私の身体はもう死んじゃいそうなくらい震えが止まらない。
 確かに一番感じる所を責められたら、死んじゃうくらい感じるけど普通に指で弄られたくらいでこんなに感じるわけがない。
 さっき飲まされたドリンク剤のせいでこんなに感じちゃうんだ。
 これ以上責められたらどうなっちゃうのか自分の身体が怖い。
 こうなったらもう何でも言うことを聞くしかない。
「なんでも言うとおりします」と私が返事をすると、熊谷さんが手を外してくれた。
 私のすぐ横でも礼子さんが立ち上がってもうトイレの方に歩き始めてる。
 礼子さんも隣の山本先生に同じ事を言われたらしい。
 私がすぐに礼子さんの後から付いていくと、奧にトイレの入り口が見えた。
 礼子さんが先に女子トイレの個室に入った。
 ドアが半分開いたまま、礼子さんがスカートの下に手を入れて足を持ち上げてるのが見えた。
 女同士なので見られても全然気にしてない様子。
 恥ずかしそうに顔を真っ赤にして出てきた礼子さんの手には小さく畳んだ花柄のパンティが見えた。
 私もトイレに入ってパンティーを脱ごうとしたが手が震えて上手くパンティがつかめない。 なんとか指先を引っかけてパンティを脱ごうとするともう花園はびしょ濡れでパンティまで滴り落ちてる。
 目眩がしそうな気持ちでなんとかパンティから足を外そうとしたけど今度は足が震えて立って居られない。
 壁に寄りかかって何とかパンティを脱ぐと小さく畳んで手の中に隠すように持ってトイレの個室を出た。
 個室の外では礼子さんが私を待っていたけど、スカートの丈がさっきよりもっと短くてお尻が半分見えてる。
 私はびっくりして礼子さんのスカートをよく見た。
 ミニスカートの腰の所で生地を丸めてもっと短くしてる。
 女子高生が制服のスカートを短くするときによくやってるやり方だ。
 さっき座っているときにスカートを短くして来いと言われたに違いない。
 私も席に戻ったらきっと熊谷さんにスカートを短くしろと言われるに決まってる。
 もうしょうがないと思って私は礼子さんを真似てスカートを腰の所で丸めてスカートの丈を短くした。
 トイレを出ようとすると、外で自動販売機の音がした。
 だれか別の客が店に入ってきたらしい。
 トイレを出たら見つかるのではと、怖くてびくびく膝が震えてきた。
 こんな格好を見られたらもうたまらない。
 スカートをこんなに短くするんじゃなかったと後悔したけどもう遅い。
 恐る恐るトイレの外に歩き出すと、奧のテーブルにトラックの運転手らしい男が二人座ろうとしてる所。
 青い色の薄汚れた作業服の背中が見える。
 手にしてるのは外の自動販売機で買った缶ビールらしい。
 二人は私達にはまだ気が付かない様子。
 これなら見つからずに戻れると思って、歩き始めると膝が震えて止まらない。
 立っているだけでもう死にそうで、やっとのことで足を動かした。
 運転手の男の一人が私達に気が付いたらしくていやらしい口調で何か言ってる。
 スカートが短いのを言ってるらしいけどそれだけじゃないはず。
 恥ずかしくて死んじゃいそうだけど歩くしかない。
 目の前の礼子さんのミニスカートの下のお尻は後ろから見ても丸見えで、腿の間が濡れてる。
 礼子さんが足を動かす度に膝が震えて、滴が腿の間を伝って落ちるのがはっきり見える。
 私も同じくらいびしょ濡れになってるのは自分でも判った。
 必死で足を動かすたびに、滴が腿に伝って絡みつくように流れる感触が気持ち悪い。
 席に戻るまでの道のりが限りなく遠くてもう本当に死んじゃいそう。
 やっとのことでベンチに戻るとさっきの続きをしてほしいとそれだけで頭がいっぱい。
 熊谷さんはすぐに私の腿の内側をなぞるようにくすぐりながら、奥まで指先を伸ばしてきた。
 私はもう逆らう気力が起きなくてされるままになるだけ。
 指が奧まで入ってくるともうとても我慢しきれなくて自分から足を一杯に左右に広げた。
 熊谷さんが指先を強く押し回すともう気持ちよくて死んじゃいそう。
 急に足音がしてさっきのトラックの運転手が席を立って歩き出した。
 ちょうど私と礼子さんの前で二人は立ち止まると、黙ってこっちを見下ろしてる。
 熊谷さんは面白がって、指先を強く奧まで押し込んできた。
 足を広げたまま腰が震えてもう我慢できない。
 喘ぎ声をかみ殺すと涙が止まらなくなった。
 運転手の男が立ち去ると、私は急に身体の力が抜けて目眩がしてきた。
 熊谷さんは喫茶店に人が居なくなっては面白くないのか、私から手を離して煙草を吸いながら一息入れてる。
 しばらく休んで息が落ち着いてくると、頃合いを見計らって私達は喫茶店を出て車に戻っった。
 熊谷さんが運転する車はまた来た道を戻り始めた。
 しばらく走って車はさっき通り過ぎた峠の見晴らし台に近づくとゆっくりと速度を落とした。
 私には熊谷さんが何をしようとしているのかすぐ分かった。礼子さんと目を合わせると、礼子さんももう何をされてもいいという顔。
 見晴台でパンティを脱がされてバックから責められるのは、山本先生が話していた法文科の女子大生がされた事とまったく同じ。
 これから私と礼子さんも同じ目に遭わされるのは判ってるけど、もうここまで来たらどうなってもいい。
 車は音も立てずに見晴らし台の前に止まった。しかし熊谷さんも山本先生も座ったまま何も始めようとはしない。
 私は礼子さんと顔を見合わせてから「やってくれるんでしょう」と熊谷さんに声をかけた。
 熊谷さんは「して欲しいなら、お願いするんだな」と冷たい口調。
 私が「お願いします」と小さな声で言うと「何をお願いするんだ」とまた言われた。
 私はそれで法文科の女子大生に言わせた言葉を私たちにも言わせたいのだと気が付いた。「お願いします、オチンチンをぶち込んでください」と二人で声を合わせて言うと熊谷さんは納得した顔で頷いた。
 熊谷さんは私と礼子さんを車から降ろすと見晴らし台の手すりまで連れてきた。
「この間の女子大生と同じにされたいんだな。腰を抜かすまでぶち込まれたいんだな」と念を押されて、私と礼子さんは「はい、同じにしてください」答えるしかなかった。
 熊谷さんは太い紐を使って私の両手を縛った。
 そのまま展望台の手すりの前まで連れて行かれると、手すりに前屈みにさせて手首と足首を結んだ。
 そんなにきつく縛られた訳ではないけど、手すりの上に身体が覆い被さる格好で動けない。
 後ろからスカートをたくし上げて腰に挟むと、私のお尻には強く風が吹き付けて寒くて震えそうになった。
 すぐ目の前はなだらかな坂になってて、曲がりくねった道路が見える。
 ちょうどすぐ下で車が止まったので私ははっとした。
 車はタクシーらしくて、女性が二人ドアから出るとこちらを見上げてる。
 見覚えのあるブラウスの胸元はさっきホテルの廊下で盗み聞きをしていた女子大生の二人組だ。
 あのレズ女がなんでここに居るんだろうとすぐには何の事かは判らなかった。
 だけど二人が下から何度もこちらを見上げてるのは間違いない。
 この二人の見てる前でバックからぶち込まれるんだと気が付くと寒気がして身体が震えてきた。
 熊谷さんは車に戻るとすぐに山本先生を乗せて車が走り出した。
 いったいどうなってるのか何がなんだか判らない。
 入れ替わりに大きなトラックが近づいてきて止まった。トラックから出てきたのは、さっき喫茶店に居た二人の運転手。
 私たちの乗って来た車は、熊谷さんと山本先生を乗せて坂の下に降りていくのが見えた。
 トラックから降りた運転手が私たちの後ろに近づくと「このドスケベ女、またこの間みたいにされたいらしいな」と声を掛けてきた。
 この間というのはやっぱり山本先生が話していた法文科の女子大生の事らしい。
 二人は私達の身体の感触を味わうとすぐに突き上げながら押し込んできた。
 礼子さんが肩を小さく震わせながら、喘ぐような泣き声をあげるのが聞こえた。私も礼子さんと同じように、喉を震わせながら泣き続けた。
 何でこんな目に遭ってるのか自分でも訳がわからないけど逃げようがないのは確かだ。
 運転手の腰の動きが急に激しくなると思い切り何度も突き上げて止まった。
 はち切れそうなほどに満たされた感触が私の体中を襲った。
 運転手は作業服のポケットから白い玉を出して私の口押し込めて縛り付けた。
 裏本でなんどか見たプレー用の猿轡だどすぐ判った。
 男達はトラックに乗り込むとそのままトラックが動き始めて走り去った。どうしたのかしらと思って私と礼子さんは顔を見合わせた。
 礼子さんも口に白い玉を押し込まれて縛られ、うめくような声しかだせない。しばらく待てばきっと帰ってくると思って私たちは無言のまま待ち続けた。しかし男達は帰って来る様子もなく私たちは置き去りにされたらしい。
 辺りが次第に暗くなるとヘッドライトを付けた車が私たちの後ろを通りすぎていく。ヘッドライトの明かりが後ろから私を照らすと、私の膝はがたがたに震えて腰が抜けて柵に倒れ込んだまま動けなくなった。
 腰が抜けるというのはこのことだったのだと熊谷さんの言った意味がようやく分かってきた。

20.生フェラ調教<< ページトップ >>22.監禁

監禁調教アダルトビデオ

若妻監禁調教 囚われの肉玩具 川上奈々美 アタッカーズ [DVD]
監禁調教部屋8時間BEST [DVD]
美人秘書×監禁調教 明日花キララ
監禁陵辱III~美少女箱詰め輪姦~
拉致!監禁!拘束! イキッぱなし絶叫4時間