体験手記雌犬監禁裏本調教

by七度柚希

目次

1.バレー部の朝練
2.ジャーナリストへの夢
3.女子大の入学試験
4.合格発表
5.女子大生
6.出版社でのアルバイト
7.歓迎会の後
8.東大五月祭
9.夢の夜
10.体験取材
11.調教の始まり
12.最初の客
13.ダブル調教
14.裏本のモデル
15.裏ビデオの秘密
16.調教の夜
17.裏ビデオ鑑賞
18.強制輪姦
19.レズ調教
20.生フェラ調教
21.露出調教
22.監禁
23.拘束
24.奴隷調教

24.奴隷調教


24.奴隷調教

 出版社のアルバイト先の芳恵さんも私と同じに山本先生のスキャンダルを取材しようとしたらしい。
 そう言えばいろいろと思い当たる節がいっぱいある。
 だけど今そんな事を思い出してる余裕はない。
 私が吉岡さんの事を白状したので、礼子さんはもうこれで助けてもらえるもの思ったけどそうは行かなかった。
「まだ続きがあるからな、これで済むと思うなよ」と熊谷さんがまた怒鳴り始めた。
「どんな事があっても決して逆らいませんと約束してもらおうか」と熊谷さんに言われて礼子さんはもうとても逆らえないと観念して「なんでも言うことを聞きます」と返事をした。
 私はこれでやっと礼子さんは許してもらえると思った。だけど熊谷さんは「逆らったらどうなるのか教えてやる」と言って冷酷な顔でスイッチを押した。その瞬間に礼子さんの身体は仰け反って背中から倒れた。
 悲鳴さえあげられないで倒れ込んだ礼子さんを見て死んでしまったと思って私は背筋が震えた。
 礼子さんの身体は床に倒れ込んだまま腰がひくひくと動き続けてる。
 熊谷さんがまたスイッチを押すと礼子さんは床に寝転がったまま背中をいっぱいにそらして「礼ちゃん、死んじゃうー」と声を上げた。
 だけど痛くて苦しくて叫んでる声にしてはなんだか様子が変だ。
 礼子さんの叫び声は女の喜びの絶頂の声としか思えない。
 この機械高圧電流なんて言ってるけど本当は女の喜びを人工的に作る電流を流してるらしい。
 熊谷さんがようやくスイッチから手を離すと「オ×ン×ンちょうだい」という言葉にならない礼子さんの声が聞こえてきた。
 山本先生が礼子さんからバイォニックパイティーを脱がすと、黒い皮は愛液でびしょびしょに濡れて滴が垂れてる。
 礼子さんは床に座り込んだまま「オ×ン×ンちょうだい」と言いながら腰をくねらせ続けてる。
「おねがい、オ×ン×ンちょうだい、オ×ン×ンちょうだい」と言い続ける礼子さんを見て、私は可愛そうでたまらなくなった。
「おい、やってやれ」と熊谷さんが山本先生に合図すると、山本先生は棚からまた別の道具を取りだした。
 バイブに似た形の物が黒いパンツの取り付けてある。見覚えのあるその形は以前礼子さんが私に使ったパーフェクトマンという器具に違いない。
 目の前で見ると反り返った先端にはイボイボが付いて異様な形をしている。
 山本先生がパーフェクトマンを腰に取り付けると、礼子さんを四つんばいにさせ後ろから貫いた。
「オ×ン×ンすっごい、オ×ン×ンすっごいの」とまた礼子さんが大きな声をだすので、私はもう耳をふさぎたくなった。
 激しい勢いで山本先生が腰を使うと「オ×ン×ン、サイコー、オ×ン×ン、サイコー」と礼子さんが叫び始めた。
 熊谷さんが手元のスイッチを押すと射精のスイッチを入れたらしい。礼子さんが「礼ちゃん、死んじゃうー」と絶叫した。
 熊谷さんが何度もスイッチを入れるとそのたびに礼子さんの絶叫が部屋に響いた。
 私はバイォニックパンティーとパーフェクトマンを使えば、どんなレズでもオ×ン×ン
狂いになるという話を思い出した。
 もう礼ちゃんはオ×ン×ンが欲しくて、私の身体なんかもういらないのね。それもみんな私のせいでと思うと涙がこぼれそうになった。
「どんなレズ女だってこのバイオニックパンティーとパーフェクトマンを使えばこの通だ」「この女はオ×ン×ン入れて欲しくて、命令されたことは何でも従う女なんだ、お前もすぐにこうなるんだぜ」と熊谷さんに耳元でささやかれると、私は身体が芯からジーンと熱くなってきた。
 私も同じ目に遭わされると思って身構えると、熊谷さんは山本先生に目で合図した。
 山本先生に後ろから押されて、私は部屋の奥で縛られたままの女子大生の前まで連れてこられた。
 さっきまで鞭を振っていた調教師の男の姿は見当たらない。
 女子大生の正面には変な形の椅子が置いてある。
 山本先生が私を椅子に縛ると二人の女子大生の姿が目に入った。
 足を広げた花園の中央に変な陰が見えて私ははっとした。
 黒い蛇の形のボディーピアスが花園の両脇に取り付けられて中央で絡み合ってる。
 どこかで見覚えのある蛇の模様は、私が中学の時に夏祭りの夜店でもらった消しゴムの模様によく似ている。
 山本先生は私を縛り終わると、奧のドアを叩いて「先生お願いします」と声を掛けた。
 部屋から出てきたのはさっきの黒い皮の衣装を着た調教師の男だ。
 先生と呼ばれる位だからよっぽどすごい腕の調教師らしい。
 調教師は私の顔を一瞥すると、私の身体を嘗め回すように視線を動かした。
 厳しい目つきは獲物を狙う鷹のよう。
 調教師は今度は私の手を足を縛った皮の紐の堅さを確かめると山本先生に「ではお預かりします」とやけに丁寧な口調でお辞儀をした。
 山本先生が背を向けて暗がりの中に消えると、調教師は私の顔をもう一度じっくりと見直した。
 私がどのくらいのドスケベ女か品定めをしてるような目つき。
「これからなにが始まるのか知りたいだろう」とやけに優しい口調で調教師が話を切り出した。
「調教が終わるまではここから出れないからな」と調教師が呟くように私の耳元で囁いた。
「俺はプロの調教師でね、もう50人くらいは調教してる」
「女をドスケベのド淫乱の変態女にするのが仕事でね」と世間話みたいな口調で話が続いた。
 目の前の女子大生二人もこの調教師に調教されたって事らしい。
 私は自分も目の前で縛られている女子大生みたいにされるんだろうかと、女子大生の花園を見つめた。
 引きつったように小刻みに痙攣を続ける花園は信じられないほど濡れてボディピアスの蛇から滴が落ちてる。
 調教師が私の視線に気が付いて「俺が調教した女はみなボディピアスをさせるんだ」
「二匹の蛇が絡みついてるのは、一度閉めるとと簡単には外せないからな」
「奴隷にはちょうど良いだろう」と言うのを聞いて私は出版社で一緒だった芳恵さんも同じようなボディピアスをしていたのを思い出した。
 私はもしやと思って「芳恵さんもここで調教なさったんですか」と聞いてみた。
 調教師は顔色も変えずに平然とした口調で話しを続けた。
「もちろん、俺が調教したんだ、だからド変態だろうあの女」
「SM雑誌の投稿記事書いていて、どうしてもいい記事がかけないから、自分を調教してくれって頼み込んで来てね」
「それだったらって、あの事務所で客とれって薦めたんだ」
「お客にお偉い政治家の秘書がいたもんで、公園で露出プレーしてるところの写真を撮って写真週刊誌に売り込もうとしてね」
「俺が紹介した手前もあるから、たっぷり調教して、ド変態女にしてやったんだ」
 調教師は手にした鞭を何度か音を立ててしならせるとゆっくりと私に近づいた。
「お前もあんな女にしてやるから」と調教師がささやくと、小さな紙切れを私の前に広げた。
「まず最初にこの契約書に書いてある項目を大きい声で読んで、その下にサインしてもらおうか」と調教師が切り出した。
 私は訳が分からずに「何ですか、これって」と思わず聞き返した。
「これはね調教契約書と言う物なんだ。調教されるのに同意しますという証明書だね」
「いやならサインしなくてもいいんだよ。調教はやめにしてもいいんだ」と調教師に言われて私はますます訳が分からなくなった。
 契約書にサインしなかったらこのまま助かるんだろうか。
 そんなはずはない。
 この調教契約書にサインするのを断たりしたらどうなるのか怖くて想像もできない。
 手首を縛っている紐を調教師がゆるめてくれたので、私は調教師に渡された契約書を声を出した読み上げた。
 契約書の最後はどちらかが選べる項目があり私は一旦読むのを止めた。
「これどうゆうことなんですか」と調教師に聞いてみると「あ、なに、調教したあとどうするか選んでもらうんだ。」
「奴隷として売り飛ばすか、それともデリヘルで稼いでもらうかどっちかだ」
「どっちでも好きな方を本人に選んでもらってるってわけさ」
「どっちがいいんだ、好きにしな」と言われて、私はペンを持つ指が震えてきた。
 私の目に一瞬、中学生の時に読んだレディスコミックの場面が浮かんだ。
 あのコミックの人妻みたいに、男に体を売って感じちゃう体になれるんだと思うともう自分には逆らえない。
 震える指でデリヘルで働く方に印をつけると、私は急に身体の力が抜けて目眩がした。
「無駄話は止めてそろそろ始めようか」と調教師がもう一度鞭を取り上げて、鞭音を部屋に響かせると、目の前の女子大生が急に目を覚ましたようにうめき声を上げた。
 女子大生が呻きながら大きく足を開いて腰を持ち上げた姿勢で震わせてるのを見て私は同じ光景を見たことがあるのを思い出した。
 高校生の時に美絵子先生と一緒に英検の受験のためホテルに泊まった時も美絵子先生が寝ながらうなされて身体をそっくり同じに震わせてた。
 あのときの美絵子先生の呻き声も、今目の前で女子大生が吐き出してる呻き声とそっくりだ。
 それに蛇の形のボディピアスも美絵子先生がしてたのと似てる気がした。
 もしかして美絵子先生も、この調教師とはなにか関係があるのかもしれないと急に不安になった。
「もう一つだけ聞きたい事があるんですが」と私は恐る恐るは聞いて見ることにした。
「もしかして美絵子先生も調教なさったんですか」ととりあえず言ってみて、調教師が知らないと答えるのを期待して返事を待った。
 調教師は何度か私の顔を確かめた後「あの時の女子高生がお前か」と言い出すので私はびっくりした。
「美絵子は確かに俺が調教した女だ、蛇のピアスが付いてるだろう」
「あの女もジャーナリスト志願で、政治家の先生のスキャンダルの取材をしようとしたんだ」と調教師に聞かされて私なにがどうなってるのか訳がわからなくなった。
 調教師は私の顔色を見て、得意げに話しを続けた。
「あの女、故郷に帰って先生をやってるけど、男が欲しくてたまらなくて生徒の付き添いでホテルに泊まる度にテレクラで男を拾ってやがるんだ」
「男に身体を売るのにはテレクラがちょうど良いからな」
「たまたま俺が近くに寄ったとき、客の男に逆らったからまた調教してくれってテレクラの店長に頼まれてな」
「たとえどんなことでも客の男に逆らえば、何度でも調教するって約束だからな」
「ホテルの近くにあるテレクラの事務所でお仕置きしてやったら、あの女また逆らったらお仕置きしてくださいなんて言いだしやがった」
「また俺に調教されたくてわざと客に逆らいやがったんだ」
「そんな我が儘を言える身分じゃないって事たっぷり身体に叩き込んだやったぜ」と聞かされて私は頭の中が狂いそうになった。
 英検の受験でホテルに泊まった夜に、美絵子先生がそんな事をしてたなんてとても信じられない。
「わざと逆らいやがったんだから、お仕置きぐらいで済ませるわけにはいかないからな」
「罰として奴隷にちょうど良い女子高生を差し出せって命令したら、ホテルにちょうど良いのがいるって言いやがって」
「そん時にベッドで寝て他のはお前か」と調教師に事情を聞かされて、私は本当にびっくしした。
 調教師が忙しいかったのでその時はたまたま私は助かっただけらしい。
 そう言えばテレクラで男を漁ってる変態女が私の高校の先生に居るとか男の子達が噂してるのを聞いたことがあった。
 女子生徒の中にもその先生に誘われてテレクラで身体を売ってる子がいるとかも噂になってた。
 男の子達の噂はどうせ腹立ち紛れの悪口だと思ってたけどそうじゃなかったんだ。
 一度身体を売るのを覚えるともう止められないという話しやっぱり本当だったんだ。
 ド変態のドスケベ女というのは美絵子先生のことだったんだ。
 偉そうな顔して美絵子先生はテレクラで客をとる口実が欲しくて私に英検を受験させただけなんだ。
 ジャーナリストになりたいなんて夢を私に教えたのは私の将来の為なんかじゃなかったんだ。
 美絵子先生は何でもいいから男が欲しいだけだったんだ。
 調教師が私の目の前で鞭を振り上げると、急に熱い感覚が子宮の奧から溶岩の様に吹き上がった。
「中年のド変態オヤジが相手でなきゃ、感じない体になりたいんだろう。望み道理の体にしてやるぜ」という調教師の言葉が私の頭の中に響くと、次の瞬間私の身体に最初の鞭が飛んできた。



23.拘束<< ページトップ

監禁調教アダルトビデオ

若妻監禁調教 囚われの肉玩具 川上奈々美 アタッカーズ [DVD]
監禁調教部屋8時間BEST [DVD]
美人秘書×監禁調教 明日花キララ
監禁陵辱III~美少女箱詰め輪姦~
拉致!監禁!拘束! イキッぱなし絶叫4時間