体験手記雌犬監禁裏本調教

by七度柚希

目次

1.バレー部の朝練
2.ジャーナリストへの夢
3.女子大の入学試験
4.合格発表
5.女子大生
6.出版社でのアルバイト
7.歓迎会の後
8.東大五月祭
9.夢の夜
10.体験取材
11.調教の始まり
12.最初の客
13.ダブル調教
14.裏本のモデル
15.裏ビデオの秘密
16.調教の夜
17.裏ビデオ鑑賞
18.強制輪姦
19.レズ調教
20.生フェラ調教
21.露出調教
22.監禁
23.拘束
24.奴隷調教

13.ダブル調教


13.ダブル調教

 翌日は事務所の三階の小部屋に閉じこめられて、夕方まで部屋から出してもらえなかった。
 夕方遅くに芳恵さんが来て「これからカラオケに行くから、一緒に来るのよ」と言われた。
 私は今度はもう芳恵さんには何を言われても逆らわないと覚悟を決めた。
 裏の階段から裏通りにでて、昨日いったカラオケ店まで歩いた。
 カラオケルームで待っていたのは昨日の客の二人組だった。
 相変わらず太って人相の悪い顔は寒気がするけど我慢するしかない。
 カラオケで昨日のようにお酒を飲みながら数曲歌うと、なんで昨日私が逃げたのか男の一人が文句を言い始めた。
 金は二人分払ってるのに、とか言いがかりを付けそうな雰囲気。
 まずいことに成りそうだと心配になった。
 芳恵さんが「この子ね、大変な変態でね、おしゃぶり大好きなの」
「昨日はね最初におしゃぶりさせてもらえなかったから、機嫌悪くてね、それで帰っちゃったのよ。わがままな子でしょう。だから今日は最初にたっぷりしゃぶらせてやってね」と二人に上手く言い訳をした。
 二人は芳恵さんの言葉に納得した様子で、ズボンを降ろして座り直した。
 なるほど上手く客をあしらうものだと感心したけど、それどころではない。
 私は覚悟を決めて舌技を使い始めた。
 私のすぐ横でも芳恵さんが舌を使い始めた。
 ぴちゃぴちゃと舌を鳴らして大きく音を立ててる。
 芳恵さんの書いた体験手記では、ぴちゃぴちゃ音を立ててしゃぶる場面があったけど、本当にぴちゃぴちゃと舌で音を立てるなんて信じられない。
 舌の音が大きいと、男の人が喜ぶらしいけど、どうやれば舌音がうまく出せるのか判らない。
 芳恵さんは今度は手のひらを使って、下から持ち上げながら小刻みに手の平を揺すりだした。
 男はたまらずに腰を前後に引きつらせた。
 なんとも凄い技。
 この技も芳恵さんの書いた体験手記の原稿で読んだ覚えがある。
 実体験を元に原稿に書いてるんだから、文章の迫力がすごいのは当然の事。
 私も必死になって、芳恵さんの技を真似した。
 次から次へと繰り出す芳恵さんの秘技に、男はもうがまんしきれないで腰が震えだした。
 私も必死で芳恵さんの真似をすると、男の息が荒くなってくるのが判る。
 なんだか舌を使うのが楽しくなって、私は男の顔を下から見上げてみた。
 さっきまでのいやらしい顔は、まゆがつり上がった変な顔になってる。
 ここでもう一息秘技を繰り出せばもう我慢できないはずと私は必死で頑張った。
 男が芳恵さんの口の中で終わったらしく、芳恵さんは顔を離して男を見上げた。
 わざと口を開いてだらしない顔をして、目も半分宙に浮かんだような表情。
 口でしたあとの、女の満足した顔を演技してるんだとなんとなく判った。
 さすがに芳恵さんは細かい所まで気を使ったプロの技だ。
 私にはとても真似できないけど、ともかく私も頑張るしかない。
 男が二人とも口の中に出し終わると私も必死で、芳恵さんの顔を真似てフェラチオをしたあとの至福の顔をやろうとした。
 だけど男はもう横を向いて私の顔を見てくれないので私はがっかりした。
 芳恵さんが急に私の両肩を掴んで引き寄せると、私の唇に自分の唇を押しつけてきた。
 私はいったいなにが起きてるのか訳がわからない。
 芳恵さんの舌が、私の唇を押し分けて私の口の中に入ると私の舌を探してからませてきた。
 私はいきなり頭が天まで突き抜けたように、気絶がしそうなくらい目眩がした。
 舌を入れたまま、私の口を強く吸われて私は息ができなくて苦しくて夢中で芳恵さんにしがみついた。
 すると芳恵さんは、私の口の中で舌をぴちゃぴちゃと音をさせて弾いた。
 いったいなんでそんなことするのか判らないけど、きっとフェラチオの後で女の子同士が口を吸い合うのは、なにかの技できっと男の人が喜ぶ事に違いない。
 だからわざと舌の音を、男に聞こえるように大きく鳴らしてるんだ。
 いずれにせよ芳恵さんには逆らえないので、私も自分から芳恵さんの舌に自分の舌を絡ませた。
 ぬるっと生暖かい感触が、私の口の中で溶け合って私は夢でも見てるみたいに頭がぼっとしてきた。
 すると芳恵さんの手が、今度は私のスカートの下から入ってきた。
 何処が感じるか知り尽くしたプロの指技に、私はもう逆らいようが無かった。
 芳恵さんの指は微妙な動きを続けながら、パンティーの奧まで届いて来ると、一番感じる所をわざと避けながら責めてきた。
 くすぐったいような指先の動きを、わざと焦らしながら軽く触れては遠ざけてくる。
 女心を知り尽くした攻め方は、とても男には出来ない秘術だ。
 私が思わず膝を崩して腿を左右に拡げると芳恵さんは私の片膝を立たせて、指の動きが男に見えるようにさせた。
 なるほどこうやって男を楽しませるのがプロの技なんだを私はなんとなく判ってきた。
 芳恵さんが私に気を使って、男に気に入られるように工夫してくれてるらしいと気が付いて私はなんだか嬉しくなった。
 私がわざと膝を左右に一杯に開いて男達によく見えるように姿勢を変えると、芳恵さんの指先が私の背中を上下に動き始めた。
 男に見えない所で、私の感じる所を巧みに捉えてはくすぐりながら指先を動かしてくる。
 指先が急にお尻の裏から、アXXを押さえつけて来た。
 私は背中が震えて、何度も仰け反って脚を拡げたまま後ろに倒れ込みそうになった。
 すると今度はパンティーの奧に届いていた指先が、一番感じる所を責め始めた。
 私は体中を震わせて、芳恵さんに可愛がってもらう喜びを精一杯受け止めた。
 アXXを押さえていた芳恵さんの指が、深く入り込んで来たとき、「おい、いつまでやってんだ」と男が耳元で声を掛けてきた。
 せっかくいい所なのに、男からは芳恵さんの指が見えないらしくて私はがっかりした。
 芳恵さんもいつまでも女同士で抱き合ってるのは都合が悪いと思ったのか、すぐに私の身体を放した。
 男がまた「おい、いつまで待たせるんだ」言ったけど芳恵さんはすぐには返事をしない。
 ひとまず落ち着いた頃、芳恵さんが今度は「この子ね、パンティー脱がされて、階段歩かされるのが好きなの。いつもここの非常階段をパンティー脱いで下まで降りて上がってくるのが大好きで」と言い始めた。
 まったく飛んでもない事になりそうだけど、逆らったらもっと大変な事になる。
 私は芳恵さんの言うとおりにするしかないと思い、自分でパンティーを脱いで部屋を出て裏手のドアから非常階段を降り始めた。
 鉄骨だけの階段は下から見上げると、私のスカートの奥まで見えるはずだとすぐに分った。
 私は階段を一歩下りるごとに膝が震えはじめた。やっと一番下まで降りて、逆に階段を登り始めると、さっきよりもお尻が丸見えになるので、膝ががたがたに震えてきた。
 ようやくもときた階までたどりつくと、私はドアの前の踊り場にしゃがみ込んでしまった。すると男は二人で私の両脇から抱え上げると、階段の手すりに両手をつかせた。
 男の手が私のセーラー服のスカートをめくり上げると、私は体中が震えて止まらなくなった。
 芳恵さんは満足そうな顔で私を見て薄ら笑いをうかべてる。
 私を可愛がってくれると思ったら、次は酷いことをして虐める芳恵さんの気持ちが私には分からなくなった。
 部屋にもどると芳恵さんはバイブを取り出して「この子、もうこれが大好きでね」と言いながら、腰が抜けて動けなくなった私の両足を開かせてバイブを奥まで押し込んできた。
 それから私を四つんばいにさせると「あとはアXXで責めてね、アXXで責められるとこの子、もういきっぱなしでね」とまた指図をしてきた。男達は芳恵さんの言うとおりに交互に私に深く押し入れてきた。
 なんでこんな事されてるのか、訳がわからなかったけどこれが身体を売る仕事なんだと自分に言い聞かせるしかなかった。
 どんなことをされても決して逆らえないのが今の自分だと思うと急に涙がこみ上げてきた。
 男の腰の動きに応じて溢れる涙は、気持ちが良いのか情けないのか自分でも訳が分からなかった。
 今まで素直に芳恵さんの指示に従っていた男の一人がバイブをもう一本取りだすと「お前もだ」と言って急に芳恵さんを押し倒した。
 芳恵さんは男にされるままに私と同じようにバイブを押し入れられて、私のすぐ隣に四つんばいになった。
 苦しいはずなのに嫌がるそぶりなど全然見せずに言いなりだ。
 お客さんに逆らうと芳恵さんでもただでは済まないことをよく知っているせいだと私は思た。
 男が後ろから責めるたびに芳恵さんの声が、部屋いっぱいに響き始めた。
 男が面白がって、芳恵さんの胸を両手で掴んでねじり上げると、芳恵さんの甲高い悲鳴が部屋に響いた。
「こっちの女の方がよっぼどド変態だぜ」と男が言うと、芳恵さんは急に泣き出してしまった。
 私はきっと芳恵さんは私よりもっとひどい目にあってきたに違いないと気がついて、急に芳恵さんが可愛そうに思えてきた。
「今度はお前の番だ」男に言われて芳恵さんはパンティーを脱いだまま、非常階段を降りて登ってこさせられた。
 私が上で待っていると、下から階段をあがってきた芳恵さんは私に抱きついて体を震わせた。
「この子、もっとドスケベなんだから、バイブいれたまま、下まで降りたいんだって」と芳恵さんが言うと男は「ホントはお前がやりたいんだろう」と言ってバイブを芳恵さんに渡した。
「このこがやりたいって言ってるんだから」と芳恵さんがなんとか言い返そうとしたが「お前がやるんだ」と男に言われてもう逆らえない。
 芳恵さんは、泣きそうな顔でバイブを入れて階段を下り始めた。私は何を言われても芳恵さんが逆らわないので、びっくりして事の成り行きを見ていた。
 芳恵さんが部屋に戻ってくると、男は芳恵さんを縛りつけて床に寝かせて、バイブを2本とも差し込んだ。それから私を芳恵さんの上におおいかぶるように四つんばいにさせ、前と後ろから責めてきた。
 私の口からよだれが流れて、芳恵さんの頬に伝わると芳恵さんはいやがるように顔を左右に振った。
 男が私の背中を押しつけると、私の胸が芳恵さんの胸に重なって芳恵さんが苦しそうに喘いだ。
 男達が帰ると、私は芳恵さんの縄をほどこうとした。だけど芳恵さんが「お願いほどかないで」と泣きじゃくりながら私に叫んだ。「お願い、そこのスリッパで私をぶって」と言い出すので、私はどうしていいのか分からなくなった。
「いいからそのスリッパで私のお尻を打つのよ、早くして」と芳恵さんが泣きじゃくるので、私はスリッパを持って芳恵さんのお尻を軽く叩いた。
「もっと強く、もっと強くじゃなきゃだめなの」と芳恵さんがまだ言うので、私は昨日私がされたような勢いでお尻を叩いた。
 すると芳恵さんは「ごめんなさい、二度と逆らいません、ごめんなさい、もう二度と逆らいさませんから許して。私は変態でドスケベです、オXXXXが大好きです」と大きな声で叫び始めた。私はどうしていいのかわからずに芳恵さんのお尻をスリッパで叩き続けた。
 随分時間がたってから、組の事務所の男が様子を見に来た。芳恵さんが縛られているのを見てすぐには事情が飲み込めないらしくて「何やってんだ」といきなりどなりつけられた。
「この子に、ひどい目に遭わされたの、お仕置きしてやって」と芳恵さんが男に言いつけた。
 男は私が腹いせに芳恵さんを縛り付けてスリッパで叩いたと思いこんだらしい。
「てめえ、なにしてやがる」と大きな声でどなると男は私を床に押し倒して、今度は私が縛られた。私が男にスリッパで叩かれると満足そうな顔で芳恵さんは私の髪をつかんで頭をこづきつづけた。
「この女このくらいじゃ、だめだから、裏本に載せてやってよ」と男にせがむと「そうだなそうしよう」と男が相づちを打った。
 どうも私をモデルにして裏本を撮影するということで話しがまとまったらしい。
 いったいどうしてこんな事になったのか訳が分からないけど、芳恵さんに上手く仕組まれたとしか言いようがない。

12.最初の客<< ページトップ >>14.裏本のモデル

監禁調教アダルトビデオ

若妻監禁調教 囚われの肉玩具 川上奈々美 アタッカーズ [DVD]
監禁調教部屋8時間BEST [DVD]
美人秘書×監禁調教 明日花キララ
監禁陵辱III~美少女箱詰め輪姦~
拉致!監禁!拘束! イキッぱなし絶叫4時間