体験手記雌犬監禁裏本調教

by七度柚希

目次

1.バレー部の朝練
2.ジャーナリストへの夢
3.女子大の入学試験
4.合格発表
5.女子大生
6.出版社でのアルバイト
7.歓迎会の後
8.東大五月祭
9.夢の夜
10.体験取材
11.調教の始まり
12.最初の客
13.ダブル調教
14.裏本のモデル
15.裏ビデオの秘密
16.調教の夜
17.裏ビデオ鑑賞
18.強制輪姦
19.レズ調教
20.生フェラ調教
21.露出調教
22.監禁
23.拘束
24.奴隷調教

10.体験取材


10.体験取材

 五月祭も終わってしばらくすると読者アンケートを集計してくれと言われて、編集長に手紙の束を渡された。
 女性向けのアダルト誌で募集している体験告白の投稿で、今回の募集は痴漢体験だとか。
 アンケートの調査と一緒に体験告白の手記も募集してあり、これもたくさんの応募があったみたい。
 抽選でバッグとかデジカメが当たるので、かなりたくさんの手紙が集まったらしい。
 アンケートを調べてみると毎日痴漢にあっている女子高生もいて、東京はやっぱり大変なところだと思った。
 女子高生から送られてきた体験談はどれもすごいのばかりで、東京では高校生はこんなすごい痴漢にあっているんだとすっかりびっくりしてしまった。
 一番過激なのを体験手記として載せるから選んでくれと言われて私は痴漢体験の投稿を改めて読み直した。
 痴漢の体験も信じられないような過激な投稿が何通もあり私は選ぶのに迷った。
 私はなんとか文章の上手な投稿を選んだ。
 しかし編集長に見せると「これは作り話だから、だめだ投稿マニアがいてね、自分の書いた記事が雑誌に載るのが見たくて、話を作って投稿してくるんだよ」
 そう編集長に言われて投稿の便せんをよく見ると、同じ筆跡の便せんがいくつもあって、名前だけは替えてある。
 文章が上手だと思った投稿はみな同じ人が書いたみたい。
 字も女子高生にしてはずいぶんと乱暴な字で、たしかに女子高生がホントに書いたとは思えない筆跡。
「これじゃ記事にならないから痴漢体験の記事を書いてくれないか。君だって一度くらいは痴漢にあったことあるだろう」
「やっぱり実体験の記事は、読んでいて迫力が違うからね」
「いい記事が書ければ、これからはどんどん記事書いてもらうからね」と言われて私すこしとまどったけど、チャンスが目の前にぶら下がっていると気を取り直した。
「将来はうちのメインのライターになってもらってもいいんだよ」と編集長におだてられ私はすっかりその気になって痴漢体験を書くことになった。
 しかし私は大学には歩いて通っていたので、電車の痴漢は入学試験の時と合格発表の時の二度しかない。
 私の様な地方の女の子にとっては東京で痴漢に会うのは大事件だ。でもよく考えてみれば、どちらも東京の女子高生の体験に比べたらたいした痴漢体験ではなかったような気がしてきた。
 女子高生の痴漢体験ということで、高校の時の話を書くようにと指示された。
 私の高校は田舎なので、田舎の電車では痴漢など居るわけもない。仕方なく東京の時の痴漢の話を高校の時の体験したことにして記事を書いた。
 痴漢に遭った時のことを思い出すと、それだけで指が震えてきてなかなかタイプが進まなかった。
 記事を書くのに慣れていないせいもあって嘘の体験手記と比べても、ずいぶんと刺激のない記事しか書けなかった。
 なんとか過激な記事にしようと思ったけど、作り話の投稿記事のような文章みたいになってうまく行かない。
 自分で読んでみても、ちょっとこれではねと思ったけど、一応編集長に見てもらうことにした。
 編集長にもっていくと「こんなんじゃ記事にならないだろう」とすぐに叱られた。
 私はやっぱりこの程度の記事じゃあ、プロのライターにはなれないのねと思ってがっかりした。
「ちょっと文章の書き方教えてやってくれないか」と編集長は芳恵さんに声をかけた。芳恵さんは私の書いた記事をちらっと見ると「これじゃ、ね、もうちょっとなんとかなんないの」とあまり教えてはくれない。
「もっとこう、こんなのありなのってすごい体験書けないのかね」と編集長に言われて。私は「そんなすごい痴漢にあってないので体験してないことは書けません」と断った。すると「そんなんじゃ、一流のライターにはなれないよ、やる気あるのか」と叱られてしまった。
 私が半分泣き出しそうな顔をしていると、編集長は言い過ぎたと思ったのか「取材の仕方を教えてやるから一緒に映画館にこい」と言ってくれた。
 出版社のビルから出て、細かい路地を何度か曲がると、けばけばしい看板が見えて来た。 上映中の映画の看板が入り口の両脇に並んでいる。
 アダルト映画ではないようなので私はひとまず安心した。映画館の中にはいると、映画は上映中でスクリーンが明るく見えた。
 編集長と並んで席に着くと、映画の場面は戦場のようで普通の戦争映画だった。
 こんな映画館でどうやって取材の勉強をするのかと思っていたけど、編集長に考えがあるに違いないと私はだまって映画をみていた。
 銃撃戦の音が響くなかで、私のすぐ近くの通路を女子高生らしい女の子が通り過ぎた。女子校生は席をさがしている様子だけど、空いている席はいっぱいあるのに通路を何度か往復していた。それから通路の一番後ろまで行くと、席の後ろに立って立ち見をする様子。私は席がいっぱい空いているのにどうしてなのかしらと不思議に思った。
 私の様子を見て「ここは痴漢の名所でね」と編集長が私の耳元でささやくように小声で教えてくれた。
「後ろで立ち見をすれば必ず痴漢にあうんだ、だから痴漢に会いたい女がああやって後ろに立ち見するってわけさ」と話が続いた。私はそんな馬鹿な事はあるはずがないと思った。しかしもう一度後ろを振り返って見ると、女子高生のすぐ後ろには両脇から中年の男性が寄り添うように近づいてなにか様子が変。
 女子高生のスカートが後ろからめくられて、胸にも手が押し当てられているのが見えた。私はやっぱり本当なんだとびっくりして前を向き直った。
 私はこれが痴漢体験の取材なのねと思うと、もう自分がジャーナリストになったようで嬉しくなった。
「いまの時間はあの程度だが、オールナイトの時なんか、夜遅くに来る女は痴漢されたい女しかいないから、痴漢のやり放題でトイレでフェラチオまでやらせたりするんだぜ」と編集長に言われて私はやっと気がついた。大学受験の時きた映画館はこの映画館のらしい。
 映画館の通路の形、椅子の様子、ドアの様子など記憶をたどってみると、やっぱり間違いない。
 私が映画館で寝込んでしまえば痴漢に遭うのは当たり前のことだったのねと、今になって気がついて自分の馬鹿さ加減にあきれてきた。
「いまの時間はまだ早いからフェラチオまではないけどね」
「あの女は映画が終わったら、近くのロッテリアのトイレでフェラチオさせるのがいつものコースなんだぜ」と編集長がまた教えてくれた。だけど私は今度ばかりは私をからかって作り話をしているに違いないと思った。
 女子高生の方に気をとられていると、私の膝に手が載せられてきた。私がはっとして暗闇のなかでよく見ると編集長の手。膝頭から腿の内側へとくすぐるように編集長の指先が小刻みに動いてきた。私はこれも取材だと覚悟を決めてされるままになっていた。
 編集長の指先は少しづつ場所を変えながら私の感じる所を探すように動き続けた。
 私は映画館で痴漢にあった記事の文章を考えながら、下を向いて編集長の指先を見つめ続けた。
 映画が終わると場内が明るくなり私達は席を立った。立ち見をしていた女子高生はもうどこに行ったのか見あたらない。
 映画館を出てから「ちょっとお茶飲んで行こう」と編集長が言いだした。私も映画館に座っていてすこし疲れたので出版社に帰るまえにお茶くらいはいいと思った。
 角をまがると、すぐにロッテリアが見えた。そう言えばさっき編集長がロッテリアで女子高生がどうのこうのと言っていたのを思い出した。
 入り口を入ろうとするとすぐ目の前のガラス越しに女子高生がスカートの股を広げて座っているのが目に入って私はびっくりしてしまった。
 女子高生の両脇には中年の男が座り女子高生の胸や腿のあたりに手を伸ばしている。どうもさっきの映画館の女子高生らしい。
 私達はカウンターでコーヒーを頼むと、奥の席に座った。「どうだ言った通りだろう、このあとは、トイレにつれて行かれてフェラチオってわけだ」
「あの女は、男を漁るためにああやってセーラー服着て映画館に来るんだ。おとなしそうな顔してるが、本当はドスケベ女さ」と聞かされて本当にびっくりした。
 コーヒーを飲み終わって帰ろうとすると、女子高生がトイレに立つのが見えた。すこし遅れてさっきの中年の男が二人後を付けるようにしてトイレに入っていく。私はやっぱり編集長の話は本当なのだと思った。
 出版社に戻ると編集長に言われてさっきの女子高生の事を体験記事にまとめた。
 編集長の指の動きを、痴漢の指先の動きにあてはめて書くと我ながらいいできの記事が書けたと思った。しかし編集長に見せると、もっと具体的に何をされたのか書かないとだめだと書き直しをさせられた。
 私は書くしかないと覚悟を決めてトイレのなかでフェラチオをした女子大の受験の時の体験をそのまま書いた。どう書けばいいのか浮かんでくる言葉を何とか繋いで文章にしようとしたけどなかなか上図には書けない。
 文章を考えながらあの時の事を思い出すと、それだけで体が熱くなってきた。
 私はどうにも我慢できなくて、すぐ目の前にあった消しゴムをスカートに下に入れた。
 編集長の目を気にしながら、ゆっくりと腰を前後に動かすと、急に熱湯がわき出したように腰が震えてきた。
 鉛筆を持つ指が震えて止まらなくなった。
 急に頭の中でもやが晴れたように気分が高揚してくると、今度は鉛筆から言葉が自然とわき出すように文章が止まらなくなった。
 腰を少し動かすだけで、面白いように文章がすらすらと書けてあっという間に記事を書き終えた。
 編集長に「書けましたから見て下さい」と言って記事を見せると、ちらっと見ただけで「これじゃだめだから、書き直しだ」と言われた。
 私はこんなに凄い記事が書けたのに何処が悪いのか訳がわからなくなった。
 私はいったいどう書き直していいのか分からずに、席に戻ってまた消しゴムをスカートの下にいれた。
 さっきよりもっと腰を動かしてもっと凄い記事を書いたけど、またこんな記事は使えないと突っ返された。
 私が「いったいどこをどう直せばいいんですか」と半分泣きだしそうになりながら聞くと、
「そんなことで記事が書けるわけないだろう」と言いながら編集長はいやらしい顔つきで私のスカートの下にいきなり手を差し込んできた。
 私はびっくりしてしゃがみ込みそうになったけど、編集長の手が下から持ち上げるように動いてきた。
「頭で想像するのと、実際に感じるのとじゃ全然違うんだ」
「想像して気持ちよくなっても、記事なんか書けないんだ」と急に大声で怒鳴ると、今度は指をパンティーの間から直に入れてきた。
「自分で実際に体験したことを書くんだ、それが体験手記なんだ」と吐き捨てるように言うと、今度は指先を奧でねじ曲げて思い切り突き上げてくる。
 私は膝を震わせながら「じゃあ、体験したような書き方はどう書けばいいんですか」としつこく食い下がった。すると「そのために取材するんだろう」と言ながらまた指先を奧まで押し込んできた。
 私はようやく編集長の言っていることが分かってきた。映画館で自分からわざと痴漢にあってその体験を書けということなんだ。それで何度も書き直せと私をしかりつけたんだ。
 痴漢に会うためにまたさっきの映画館に行け言われるんだと判って、私は涙がこみ上げてきた。編集長はようやく私のスカートの下から指を離すと今度は横を向いて、知らん顔をしている。するとそばで様子を見ていた芳恵さんが、「取材なら、私が行ってきます」と言ってロッカーのセーラー服を取り出して着替えようとした。
 芳恵さんに記事をとられたらもう私がジャーナリストでデビューする機会なんか二度とない。
 私はとっさに「取材は私が行きます」と叫んで芳恵さんからセーラー服を奪うと、編集長が見ているのも気にせずに着替えて外に飛び出した。

9.夢の夜<< ページトップ >>11.調教の始まり

監禁調教アダルトビデオ

若妻監禁調教 囚われの肉玩具 川上奈々美 アタッカーズ [DVD]
監禁調教部屋8時間BEST [DVD]
美人秘書×監禁調教 明日花キララ
監禁陵辱III~美少女箱詰め輪姦~
拉致!監禁!拘束! イキッぱなし絶叫4時間