体験手記雌犬監禁裏本調教

by七度柚希

目次

1.バレー部の朝練
2.ジャーナリストへの夢
3.女子大の入学試験
4.合格発表
5.女子大生
6.出版社でのアルバイト
7.歓迎会の後
8.東大五月祭
9.夢の夜
10.体験取材
11.調教の始まり
12.最初の客
13.ダブル調教
14.裏本のモデル
15.裏ビデオの秘密
16.調教の夜
17.裏ビデオ鑑賞
18.強制輪姦
19.レズ調教
20.生フェラ調教
21.露出調教
22.監禁
23.拘束
24.奴隷調教

17.裏ビデオ鑑賞


17.裏ビデオ鑑賞

 午後の教育心理学の授業を受けに教室に入ると、礼子さんがいつもの席に座っていた。
 私は何も言わずに、礼子さんの隣に少し離れて座ると急に眠くなって気が付いたときには授業は終わっていた。
 礼子さんはもう席を立って、教室のドアの横で私を待っている。
 私がやっと席から立って、礼子さんの側まで行くと「昨日はそんなの良かったの」と礼子さんが私の耳もとで囁いた。
 私が返事をしないでいると礼子さんは「有希ちゃんには私がいるんだからね、ちゃんと私のこと覚えててよ」と言って私の背中を指で突っついた。
 私が曖昧に頷くと、礼子さんは私の手を取って大学の裏門へと歩き始めた。
 礼子さんの手が私の指先に絡みながら私の指の間を撫でてくると私はなんとなく気持ちが落ち着いてきた。
 大学の裏門を出て細い坂道を降り、公園の入り口で私は礼子さんと車が迎えに車がくるのをまった。
 私は本当に政治家の先生に紹介してもらえるのだろうかと不安な気持ちだったが、礼子さんの指が私の指に絡みついて動くのを感じていると少しは気持ちが落ち着いた。
 時間より少し遅れて大きな黒塗りの車が私たちの前で止まりった。
 見たことのないような立派な高級車なので私が礼子さんの顔を見ると、礼子さんもちょっと驚いていた様子。
 車を運転してる男は秘書さんらしく背広を着ている。後ろの席でふんぞり返って座っているのはいるのがあの山本代議士らしい。
 車のドアが開くと運転手の男が降りてきて、私と礼子さんの名前を確かめた。
 礼子さんと私は背中を押されるようにして車の助手席に載せられた。
 私は念のため運転手の男性に「秘書をなさってるそうですね」と確かめてみまた。すると「ああ、知ってるだろうあの後ろに居るのが国民党の幹事長している山本先生だ」とぶっきらぼうな返事が返ってきた。
 私はなんだかテレビで聞いたことがあるような気がして「あ、はい知ってます」と答えると「俺が秘書の熊谷だ」と初めて名前を聞かされた。
「きみたち、将来はジャーナリストになりたくて、政治の勉強がしたいんだってね」と後ろの席の山本先生が声をかけきた。
「どうだ、ひとまず食事をしよう、フランス料理なんかいいだろう」と山本先生が言うので、さすがに政治家の先生ともなると高級な料理を食べるものなのねと感心して聞いていた。
 車は高級ホテルの駐車場にはいると、私達はホテルの小部屋に案内された。秘書さんは高級なワインを頼むと、見たこともないようなフランス料理が目の前に並んだ。
 給仕の女性が、私と礼子さんにもワインを注いでくれた。熊谷さんに勧められて口に含むと、先輩がいつも買ってくる料理用のワインとは違う味がした。
 熊谷さんは「あとはいいから」と言って給仕を下がらせた。
 正面にはカラオケ用の大きなスクリーンがあり、高級なカラオケセットも置いてあった。
 山本先生は、私たちに大学のことや、郷里のことなどをいろいろ聞いた後「ところで、だいじょぶなんだろうね、あっちの方はう」と熊谷さんに確かめた。
 すると「ご心配なく、なんならお確かめになられますか」と熊谷が返事をした。
「ああ、見させてもらおうか」と返事をもらうと、熊谷さんはカラオケセットのほうに行ってなにやら準備をしていた。
 熊谷さんが席に戻ると、正面の大きなスクリーンに画像が映り始めた。
 食事中に誰かがカラオケをするのかしらと思っていると、正面の大きなテレビ画面一杯に映し出されたのは私の顔だった。「私フェラチオ得意なんです」と言う私の声が部屋に響くと私は恥ずかしくて顔が真っ赤になり下を向いて自分の膝を必死で見つめた。
 テレビに映っているのは。昨日の夜永谷さんが撮影したビデオに間違いない。
 熊谷さんは「どうです、これで心配ないでしょう、ちゃんと裏ビデオ撮ってありますから」と山本先生に報告していた。
「こっちの女も撮ってありますからご心配なく」と熊谷が言うと「じゃあ、それもあとで見せてもらおうか」と山本先生が答えた。
 テレビ画面には私が永谷さんに口を使っている場面がづっと映し出されて、クチュクチュと舌を使う音が部屋一杯に響いて来た。
 私は恥ずかしくて身体が熱くなり逃げ出したい気持ちで下を向いていた。
 礼子さんも事の成り行きに訳が分からない様子で下を向いてるだけ。
 代議士の山本先生は平然とした顔でワインを飲みながら食事を進めている。
 すると熊谷さんが「君も、ワインが好きなんだろう、もう一杯飲みなさい」と言ってワインを勧めてくれた。
 私の顔を上げさせようとしてワインを勧めているのは判っているけど、逆らえるはずはない。
 私は必死でワイングラスを持つ手を伸ばして熊谷さんが注いでくれるワインの瓶の口に近づけた。
 スピーカーから大きな声で「なかなかうまいじゃないか、なるほど自慢するだけはあるな」と昨日の永谷さんの言葉が響いた。
 私は思わず手が震えてワイングラスがワインの瓶の口にぶつかりワインがこぼれた。
 熊谷さんの目がテレビ画面をちらっと見るのが判った。
 画面には私がフェラチオしてる顔が大写しになってるのに違いない。
 私の今の顔と見比べて面白がって楽しんで居るんだ。
 今度は私が舌先をクチュクチュと使う音が部屋一杯に響いてきた。
 部屋に響いていた音が急に止み、テレビのスクリーンが暗くなった。
 顔を上げてテレビの画面を確かめると、私の部屋のベランダから撮したらしい夜景が見えた。
 また急に画面が変わると、今度は私の背中を見下ろすアングルの映像が映し出された。
 ちょうど私がベランダの手すりに両手を付いて、後ろから永谷さんに責められてる場面が始まった。
 永谷さんが後ろから腰を突き上げるたびに、部屋一杯に私の喘ぎ声が震えて響き渡った。
 半分すすり泣きの混じった喘ぎ声は、永谷さんが私の胸を絞り上げた途端にまた激しく部屋に響いた。
 自分がこんなはしたない声を出すなんて、とても信じられない気持ちで耳を塞ぎたくなった。
 永谷さんの腰の動きに合わせて、私の声は宙を舞うように高く登り詰めては、すすり泣きを繰り返した。
 甲高い声がなんども繰り返し私の耳を引き裂くと、私は目眩がして目を開けて居られなくなった。
 昨日永谷さんが私を責めた感触が、急によみがえってくると私の身体は一気に熱くなり子宮の奧が引きつって震えてきた。
 もうとても我慢ができなくなって、私は手の平を一番感じる所に押しつけた。
 押し回しながら感じる所に手をあてがい、身体を屈み込ませながら力いっぱい押さえつけた。
 痺れるような感触が私の下半身に広がると、熱い噴流が子宮から吹き上がって腰全体が震え出した。
 体中が締め付けられるように引きつると、息が苦しくて涙がこみ上げてきた。
 テレビの画面がまた変わったらしく、スピーカからは私の声の話す声が聞こえてきた。
 部屋に戻って、私が礼子さんに電話させられている場面らしい。
 スピーカーからは私の声しか聞こえないが、電話の相手は礼子さんだと礼子さんも気が付いているはず。
 私が気になって視線を礼子さんの方に向けると、礼子さんが私を見つめている視線と合った。
 冷ややかな礼子さんの視線を感じて、私は急に恥ずかしくなって、感じるところを押さえていた手をどかそうとした。
 だけど礼子さんの手が強引に私のスカートの上まで延びてくると、私の手を押さえつけて動かせなくした。
 私が困惑して礼子さんの顔を横目で見ると、礼子さんももう一方の手を自分のスカートの上から一番感じる所を押さえつけている。
 唇も半分開き加減でもうとても我慢しきれない表情。
 私が大声で「オ×ン×ン最高、オ×ン×ン大好き」と礼子さんに返事をする声がスピーカから部屋一杯に響いた。
 ビデオでは電話の相手をしている礼子さんの声は聞こえては来ないが、私の耳には昨夜礼子さんが冷たい口調で「有希ちゃんて、ほんとにドスケベでド変態でサイテーね」と私を責めた言葉がよみがえって来た。
 礼子さんが私の手を急に強く握りしめてきた。
 私は体中が熱くなって汗が噴き出してきた。
「死んじゃう、もう死んじゃう」と私が言いながら床に倒れ込む場面が映ると、礼子さんの手にまた力が入って私の手の上から押さえつけてきた。
 私は目眩がしそうになって、自分でも思いきり手の平を感じるところに押しつけ廻した。
 部屋に響いていたスピーカーの音が急に静かになってまたテレビの画面が変わった。
 私が縛られて部屋に放置されている場面が画面に大写しになった。
 大きく足を広げた姿勢で縛られている私の姿は、自分で見るとみっともなくて恥ずかしいだけだ。
 私は急に昨日の男の事が気になった。
 小柄で甘い香りのする身体でしかも、精力は人一倍どころか人十倍くらいのあの男はいったいどんな男なんだろう。
 しばらく画面を見ていると、私の部屋に入ってきたのはスキー用のすっぽり被るマスクを着けた見た目も小柄な男だった。まるで小学生くらいの体つきを見て、私はこれが昨日のあの男性だったのかとびっくりした。
 男が私の感じる所を責め上げてくると、テレビの画面の中で私が身体を捩らせ始めた。
 しばらくして男は頃合いを見計らって、ズボンの前のチャックを開けた。
 上からのしかかりながら巧みに腰を使うと、猿轡の間から私の声が漏れるのが聞こえてきた。
 私の声が次第に激しくなり小さな悲鳴が聞こえてくると、礼子さんが急に私の手をきつく握りしめてきた。
 私が礼子さんの顔色を伺うと、礼子さんはもう一方の手を感じる所に押しつけて腰を捩ってる。
 私の悲鳴がスピーカーから響くたびに、礼子さんは腰を震わせて顔を歪ませてる。
 眉がつり上がって口元が半分開いた表情は、普段の礼子さんからは想像も付かないくらいみっともなくていやらしい顔だ。
 礼子さんがきつく私の手を握りしめるたびに、礼子さんの口から悲鳴のような喘ぎ声が部屋に響いた。
 私はいったい何が起きてるのか訳がわからなくて、礼子さんの手を何度も握り返すだけしかできなかった。
 男は私を何度も行かせると、乱れた服装を丁寧に整えて部屋から出て行った。
 私は男が出て行ったあとも、背中を仰け反らせては、体中が震え続けているのが判った。
 テレビの画面を見ていると、何度も頭を仰け反らせては背中を反らせて腰を高く持ち上げて、今度はすすり泣きを始めた。
 私の手を握りしめていた礼子さんの手がゆるくなったので、礼子さんの様子を確かめると礼子さんもなぜか涙ぐんでいる。
 私の視線に気づくと礼子さんは「有紀ちゃん、大好きよ、本当に大好きよ」と私に囁いた。
 私は何て答えていいのか判らずに返事ができなかった。
 礼子さんはもう一度「有紀ちゃんたら」と今度は大きな声をだして私の手をまた握りしめてきた。
 私が礼子さんの手をさすって撫で回すと、礼子さんはすこし落ち着いた顔で微笑んだ。
 テレビの画面が急に暗くなってビデオが終わったらしい。
 秘書の熊谷さんはがまた別のビデオをビデオデッキに入れて席に戻ってきた。
 私の裏ビデオをこの席で政治家の山本先生に見せたって事は、この次に見るのは礼子さんの裏ビデオに違いない。
 そういえば永谷さんが礼子さんの裏ビデオを撮影したとか言っていた。
 作り話ではなく本当に礼子さんが永谷さんに裏ビデを撮らせたと言うことらしい。
 そうは言っても礼子さんが簡単に裏ビデオなんか撮らせるはずないから、永谷さんに脅されたに違いない。
 永谷さんもこの昨日ロッテリアで会ったとき、礼子さんを脅して裏ビデオを撮ったと自分で言っていた。
 だけど永谷さんが言っていた事は何処まで本当なのか、実際の所は判らない。
 私が気になってまた礼子さんの顔色を伺うと、礼子さんは今度は自分の裏ビデオが始まると判っているせいか下を向いて私と視線を会わそうとはしない。
 いきなり大きな叫び声が部屋のスピーカから響いてきて私はびっくりしてテレビの画面を見た。
 正面の大きなテレビ画面に映っているのはやっぱり礼子さんで、膝を曲げて抱え込んだ姿勢で大きな声を上げている。
 永谷さんがテレビカメラを持って礼子さんに入れながら上から撮影している場面に違いない。
 永谷さんが腰を使うたびに、カメラが動いて画像が上下にぶれてる。
 思い切り腰を押し込まれるたびに、礼子さんが頭を仰け反らせて大きな叫び声を繰り返してる。
 私のビデオの時よりも大きな声を出すなんて礼子さんがこんなに男狂いなのがとても信じられない。
 礼子さんも私にビデオを見られてるのが恥ずかしいのか、私の手を握ってはいるものの下を向いて顔を上げようとはしない。
 礼子さんの声が次第に高く登り詰めていくと、永谷さんはわざと焦らすように腰の動きを止めた。
 すこし息が楽に成った頃を見計らってまた腰を使って責め上げてくるのは私の時と同じだ。
 女の身体を扱いなれた永谷さんのテクニックで責められたら、どんな女でも男狂いになるのは当たり前。
 礼子さんだって永谷さんに責められたらとても逆らいようがない。
 急に私の手を握っていた礼子さんの手が震え始めた。
 礼子さんの様子を確かめると、眉が歪んで唇が半分開いて震えてる。
 スカートの上から感じる所を押さえながら、腰を揺するように下半身を捩ってる。
 私にビデオを見られているので興奮して気持ちを抑えきれなくなったらしい。
 礼子さんの指の間を私が撫で回すと、礼子さんの手が震えながら私の手を握り返してきた。
 礼子さんが泣きじゃくる声が部屋に響くと私は耳を塞ぎたくなった。
 いきなり礼子さんが「早く行かせてぇー」と甲高い声で叫んだ。
 テレビのスピーカから聞こえた声ではなく、横で礼子さんが叫んだ声だとすぐ判った。
 私がテレビの画面から目を離して礼子さんを確かめると礼子さんの顔はテレビの顔と同じに歪んで涙を流してる。
 秘書の熊谷さんと政治家の山本先生も礼子さんの顔を見つめているが、驚いた様子もなく面白がって見てるだけ。
 自分の裏ビデオを見せられた女の反応を見るのが楽しいらしい。
 熊谷さんが手元のリモコンをいじると、画面が急にまた最初に戻った。
 さっきと同じ場面が繰り返されると、礼子さんはもうテレビ画面見ていられなくて自分で指を使うのに夢中になってる。
 男の人の目の前だというのに、足を大きく広げ肩を震わせて喘ぎながら指先を強く押しつけて捻り廻してる。
 テレビ画面から聞こえてくる礼子さんの声と、隣で喘ぐ礼子さんの声が一緒になって部屋に響いて私も頭がおかしくなりそう。
 さっきと同じ場面までくるとまた礼子さんが「行かせてぇー、お願い早く行かせてぇー」とまた叫んだ。
 喉の奥から絞り上げるような声は、淫乱な雌犬そのまま。
 礼子さんはよほど永谷さんに責められたに違いない。
 よほど徹底的に責められでもしなければ、礼子さんがこんなに狂ったような嬌声を上げるはずがない。
 急に私もこんなに永谷さんに責められたらどんなにいいだろうという思いがこみ上げてきた。
 私だって礼子さんみたいに責められたい、いや礼子さんよりもっと徹底して責められたいのにと思うと急に身体が熱くなって震えてきた。
 いきなり「礼ちゃんいっちゃうーーーー」とスピーカから大きな叫び声が部屋に響いた。
 テレビの画面を確かめると激しい動きで画面がぶれるとそのあと急に礼子さんの声が静かになった。
 カメラの角度が変わって、天井のシャンデリアが一瞬画面に映った。
 永谷さんが身体の位置を直してるらしくて天井の辺りをカメラが何度も動いた。
 だけどなんだか変。
 小さなガラスの飾りの付いたシャンデリア二つ重なって映ってるのが見える。
 天井が鏡になってるらしくて天井のすぐ上にも礼子さんがベッドに寝かされている画面が映った。
 鏡はベッドのすぐ真上近くに取り付けてあるらしく、礼子さんの顔がはっきりみえる。
 永谷さんに責められながらその様子を礼子さんはずっと鏡で見せられてたんだ。
 だから普通のセックスでは経験できないほど、礼子さんが天国の絶頂に繰り返し登り詰めたんだと私にも理由が分かってきた。
 だからその時のビデオを見せられると、同じ興奮が身体によみがえって止まらなくなるんだ。
 こんな経験をさせられたら礼子さんでなくても、とても永谷さんに逆らえる訳なんか無い。
 自分がどんな顔になるなんか、セックスの最中に自分で判るわけはない。
 鏡で自分の顔を見ながら、セックスするなんて私にはとても想像が付かない。
 私だってこれと同じ目に遭わされたらもうとても永谷さんに逆らえない身体になると思うと身震いがしてきた。
 急にカメラの位置がまた変わって礼子さんの顔が大写しになった。
 たった今永谷さんに天国に行かされたばかりの顔は、眉がつり上がって能面みたいに歪んでる。
 その次の瞬間に礼子さんの顔に白い滴が跳ねて飛び散るのが見えた。
 アダルトビデオではお馴染みのシーンなので、何が起きてるのかはすぐ判った。
 私はとても見ていられなくて目をそらしたが、礼子さんがどう反応するのか気になってテレビ画面に目を戻した。
 礼子さんの目の前にはまだ大きなままの永谷さんの物がそそりたっていて、礼子さんも何をされたのか判ってる表情。
 嫌がるのだろうか、それとも嬉しくてたまらないんだろうか。
 いったい礼子さんがどっちの顔をするのか気になって目が離せない。
 礼子さんの舌が口の回りを探るように動いてるのが一瞬見えた。
 苦しそうな顔はいやがってるようにも見えるが、本当にいやだったらこんな事はしないはず。
 礼子さんの舌先が上手く届いたらしく、頬の上を舐めるように舌が動いた。
 舌先を丸めて口の中にもどすと、口と閉じて噛みしめるように頬が大きく動いた。
 ちょっと見た目にはいやでたまらない顔だが、いやなはずはない。
 口の中で舌に絡めて味わう瞬間に、目を閉じた礼子さんの顔が大きく歪んだ。
 だらしなく半分開いた唇と、おかしなくらいつり上がった眉は、女の至福の喜びの顔そもままだ。
 子宮の奧から沸き上がってくる女の喜びを味わっている、礼子さんの顔は見ていても羨ましくて腹が立つくらいだ。
 よほど繰り返し女の喜びを身体に繰り返し叩き込まれなければこんな顔はしないはず。
 だとすれば礼子さんは永谷さんとかなり前から付き合ってたってことになる。
 どんなことでも見逃さないようにとテレビの画面を注視していると、礼子さんの目が上を見上げながら、口の回りを舌でまた探った。
 上の鏡を見ながら、舌先を届かせる場所を探っているらしい。
 これはよっぽど何度も鏡のプレーを体験させられたからに違いない。
 でなければこんな仕草をするはずがない。
 いままでずっと内緒にしてたなんて、腹が立つやら羨ましいやら絶対許せないと思ってはみたけど礼子さんをどう責めて良いのかは判らない。
 もう肝心の場面は済んだと思ったのか、熊谷さんがまたビデオのリモコンを操作した。
 画面は礼子さんがベッドの隅に腰掛けて、永谷さんからインタビューを受けてるの場面。
 女の子がエッチな事を聞かれて恥ずかしそうに答えるのは、裏ビデオではお馴染みの場面だ。
 さっきのベッドの上のシーンはこのインタビューの後らしくて、礼子さんの顔つきはまだ少し恥ずかしそう。
 だけどこれから裏ビデオの撮影をするというのはちゃんと判っている様子。
 順序が逆になってるけど熊谷さんは先に肝心な場面を山本先生に見せたかったらしい。
「どうして、裏ビデオになんかでる気になったの」と永谷さんが聞くのが聞こえた。
「ええっ、私、いろんな体験してみたかったから、私裏本も撮ったんですよ、次は裏ビデオも出てみたくて」と礼子さんが答えてる。
 それを聞いて、やっぱり礼子さんが私の写っている裏本を自分の裏本と勘違いしていたらしいと私は気が付いた。
 それで上手く永谷さんが礼子さんをだましたに違いない。
 私の写ってる裏本が大学のコーラス部のポストに投げ込まれたときの礼子さんの様子があの時どうも変だった。
 私の写っている裏本では私がパジャマを着てるけど、礼子さんが私の部屋に泊まりに来たときも同じ私のパジャマを礼子さんが着たはず。
 あの時に男の子達が夜中に部屋に押し入ってきて写真を撮ったのは確か。
 永谷さんが見せてくれた写真にも、私のパジャマを着て縛られてる礼子さんがちゃんと写ってた。
 だから礼子さんはあの時の自分の写真が裏本になってると勘違いしたに違いない。
 もっと早く気がつけばよかった、あの裏本に写ってるのは私だと早く礼子さんに打ち明けていれば、こんなことにならなかったのにと愕然とした。
「だまされて裏本を撮られて、それをネタに脅されてビデオを撮るんじゃないの」と永谷さんが意地悪く質問すると「そんなことないですよ」と礼子さんが笑って答えた。
しかし私には礼子さんが脅されて裏ビデオを撮られたには永谷さんの言ったとおり本当の事にちがいないと思った。
「彼氏にばれたら大変だね、ばれたらどうなるの、別れるの」と永谷さんが聞くと「私彼氏居ないんです、恋人はいるんだけど彼女なんです」
「あ、そうなんだじゃ、レズなんだ」
「はい」
「やっぱり、男より、女のほうがいいの」
「はい、でも彼女最近冷たくて、彼氏できたらしくて、やっぱりオチンチンの方がいいって言い出して」と二人の会話が続くのを聞いていてどうやら礼子さんが言ってる彼女というのは私の事のような気がしてきた。
 礼子さんとは大学の入学試験で一緒になってからは、いつも一緒で礼子さんは私には何でも話してくれてた。
 私以外に礼子さんが彼女と言う言い方をする相手は居そうにない。
「相手の男ってどんなタイプ」と永谷さんが聞くと「なんでも遊び慣れてる人らしくて」と礼子さんがため息まじりに答えた。
「それじゃあ大変だ」と永谷さんはすこし大げさに笑った。
「あ、じゃいいの教えてあげる、これ使うといいよ、これレズの女の子が使うんだけど、男より全然いいんだぜ」と言って永谷さんがオチンチンの形のしたものがついているパンツを取り出して見せた。
「これパーフェクトマンといって最新式でね、ちゃんと射精もするんだよ、それも6連発でね、ゼリーに漢方薬が入ってるのを装填するんだ」と説明しながら拡げて礼子さんに見せた。
「もともとは不感症の治療に使う道具でね、大学の医学部で研究中なのを特別に譲ってもらったんだ」
「これを使えばどんな女でも生身の男の10倍くらい気持ちいいからね」
「漢方薬の効き目がすごくて、子宮がしびれっぱなしに成るんだ」
「相手がいくら遊び慣れた男でもこのパーフェクトマンには絶対かなわないよ」と永谷さんの説明を聞いて、礼子さんは手にとって確かめてる様子。
 確かに見た感じは普通の男よりもかなり立派で先端もグロテスクなくらい大きくて変な形だ。
 こんなのを入れられたら、普通の男とはとても比較できないほど凄いことになりそうだと一目で分かる。
「確かにこれなら良さそう、でも彼女もう私に会ってくれないから」と礼子さんがため息をついた。
 すると永谷さんが「だったら、その子の裏ビデオ撮ってあげるから、だいじょぶだよ。そうすれば彼氏とも別れさせらるし」と勧めた。
 私はようやくその時になって昨夜の小柄な男性が礼子さんだった事に気がついた。
 肌の甘い香りはどうも変だとは思ってたけど、礼子さんなら話が合う。
 それに永谷さんが得意そうに説明しているこの、パーフェクトマンという道具を使ったに違いない。
 だから普通の男性にはあり得ないくらい何度でもくりかえし射精したんだ。
 それに漢方薬まで入ってるから、子宮があんなにきゅんと締まって感じたんだ。
 愛撫の仕方だって道理で私の感じるところを知り尽くしているはず。
 いったい礼子さんがどんな顔してるんだと、思って横目で礼子さんの顔を見たけど、礼子さんは黙って下を向いたまま。
 そもそも私の裏ビデオを撮影すると言うこと自体、もとはと言えば礼子さんが言い出した事なんだ。
 それも私を勇二さんから取り戻すというのが名目。
 それで礼子さんが上手く機会を作って、私が永谷さんにうまくはめられただけなんだ。
 道理で偶然に出会ったにしては、永谷さんの準備がよくできてるはず。
 そんなに私のことが好きならはっきりそう言ってくれれば良かったのにと一瞬思った。
 だけど礼子さんはいくら私と仲が良いとは言ってもやっぱり女の子。
 男の勇二さんにかなうわけがないのは礼子さんでもよく知っているはず。
 だから永谷さんに頼んで私の裏ビデオを撮って、その時にこのパーフェクトマンを使う事にしたに違いない。
「じゃあそろそろ始めてもらおうか」と永谷さんが礼子さんに声を掛けた。
 カメラの画面が動いて永谷さんが立ち上がって礼子さんの前に立った。
 礼子さんが顔を近づけるとさっそくフェラチオが始まった。
 巧みに舌を使いながらちゅるちゅると大きな音が聞こえてきたので私はびっくりした。
 フェラチオの時に舌で音を出すのはよほど慣れてないとできないプロの技。
 永谷さんが礼子さんに徹底的にフェラチオの技を仕込んだってことだ。
 テレビの画面を確かめていると、見た目は普通にやってるように見えるけど、口で吸ったり舌で噛んだりとどれをとってもプロ並の絶技。
 私は芳恵さんにプロの技を習ったけど、どうせ習うなら男の人に習ったほうがいいに決まってる。
 礼子さんがいったいどんな顔で自分のフェラチオ場面を見ているのかしらと横目で確かめてみたがフェラチオくらいは当たり前らしくて平然としふてくされた顔をしてる。
 さっきはあんなによがり狂ってたのになんだか拍子抜けした感じ。
 フェラチオしながら礼子さんが何度か顔を上げて永谷さんを見つめた。
 永谷さんが気持ちいいかを確かめてるんだ。
 礼子さんの顔が次第に歪んで眉がつり上がってきた。
 生フェラ顔だとすぐ判った
 いくらフェラチオの腕がプロとはいえ、しょせんシロート。
 フェラチオをやらせられて自分も感じて来た顔だ。
「おい、随分としゃぶるの上手くなったじゃないか、そんなにしゃぶるの好きなら毎晩でもしゃぶらせてやろうか」とテレビの画面の中で、永谷さんが礼子さんに声を掛けた。
 礼子さんは頭を上下に動かしながら軽く頷いた。
「政治家の偉い先生が知り合いにいるんだけど、あっちの方が滅法強くてね」
「毎晩でしゃぶらせる女が欲しいんだそうだ、それに政治家の先生だけあってあれも凄いんだぜ」
「普通の女じゃ身体が壊れて長続きしないんだそうだ」と礼子さんに勧めてる。
 芳恵さんも言ってたけど、永谷さんは女の子を軟派してドスケベ女にしては政治家に売りつけてるって話しは本当らしい。
 これだったら上手くやればすごい記事が書けると私はすっかり嬉しくなった。
 記事を書いたらフリーのジャーナリストの吉岡さんにたのめばきっとすぐにどこかに載せてくれるはず。
 そうすれば私も一人前のライターとして認めてもらえる。
 これはすごい事になりそうだと私は胸がどきどきしてきた。
 私は永谷さんの言葉を一言も聞き漏らさないようにと聞き耳を立てた。
「お前はフェラチオは上手だが、ほかに取り柄はないからな」と永谷さんが言うといきなり礼子さんの髪の毛を掴んで頭を引きつけた。
 喉の奥までいれられて礼子さんは苦しくて涙目になってる。
「政治家の先生がいやなら、デリヘルで働くしかないな」
「デリヘルだったら、一日何本でも好きなだけしゃぶらせてもらえるぜ」
「生フェラ狂いのお前にはぴったしだな、デリヘル女が」と今度は礼子さんを脅しにかかった。
 いくら生フェラが大好きでも、生フェラしたくてデリヘル女になる女なんているわけない。
 だけど礼子さんは口の中に奧までいれられてるので何も言い返せない。
 永谷さんに何を言われても黙って頷くだけ。
 とても逆らえる訳はない。
「それとも、この裏ビデオを大学に届けてもいいんだぜ」とまた脅し文句が続いた。
 フェラチオしてる裏ビデオなんかを大学に届けられたら即退学。
 裏本で脅して裏ビデオを撮って、今度はその裏ビデオでまた脅すという手順だ。
 上手く褒めるかと思えば、脅して言う事を聞かせるというのはいかにも永谷さんがやりそうな手口だ。
 急に裏ビデオの画面が変わって、今度は礼子さんがベッドの横の鏡台に手片手を付いて、電話の受話器で話しをしてるところを鏡越しに撮った場面になった。
 私の裏ビデオを撮影した時と同じだ。
 だけど電話の相手は大学の友達ではなくテレクラの男性らしい。
 そう言えば礼子さん時々テレクラに電話してるとかとの噂。
 テレクラに電話してエッチな話をするだけじゃなくて、電話しながら永谷さんに責められるのが好きらしい。
「私ドスケベのド変態女なんです」と電話で礼子さんが大きい声で叫んでる。
 永谷さんに言えと言われたらしいくて声が少し恥ずかしそう。
 そう言えば昨日礼子さんに電話したとき「有紀ちゃんて、ほんとにドスケベでド変態でサイテーね」と言われたのを思い出した。
 いつもテレクラに電話したとき、永谷さんに言わされている言葉だから、その同じ言葉を私に言いたくなったらしい。
 そう気が付くと急に礼子さんも私と同じなのねという気がして気分が少しは楽になった。
 礼子さんは他にもテレクラの相手の男性からいやらしい言葉を言われてるらしく、返事をするときのかすれた声が生々しくてビデオをみてる方まで変な気持ちになってきちゃう。
 礼子さんがいつも興奮することだから永谷さんが私にもやらせれば喜ぶと思ったらしいけど私は礼子さんほどド変態なんかじゃない。
 もう一度礼子さんの顔色を確かめると、この位は当たり前と言ったふてぶてしい表情で恥ずかしがりもしない。
 他にも永谷さんは礼子さんにどんなことをやらせてるんだろうと私はビデオの続きが気になってきた。

16.調教の夜<< ページトップ >>18.強制輪姦

監禁調教アダルトビデオ

若妻監禁調教 囚われの肉玩具 川上奈々美 アタッカーズ [DVD]
監禁調教部屋8時間BEST [DVD]
美人秘書×監禁調教 明日花キララ
監禁陵辱III~美少女箱詰め輪姦~
拉致!監禁!拘束! イキッぱなし絶叫4時間