体験手記雌犬監禁裏本調教

by七度柚希

目次

1.バレー部の朝練
2.ジャーナリストへの夢
3.女子大の入学試験
4.合格発表
5.女子大生
6.出版社でのアルバイト
7.歓迎会の後
8.東大五月祭
9.夢の夜
10.体験取材
11.調教の始まり
12.最初の客
13.ダブル調教
14.裏本のモデル
15.裏ビデオの秘密
16.調教の夜
17.裏ビデオ鑑賞
18.強制輪姦
19.レズ調教
20.生フェラ調教
21.露出調教
22.監禁
23.拘束
24.奴隷調教

1.バレー部の朝練


1.バレー部の朝練

 夏休みの暑い日、お母さんに浴衣を着せてもらって、同じ中学校の女の子同士で夏祭りに遊びに行った。
 子供の頃いつも遊んだ神社の中庭に夜店がいっぱい並んでいて、裸電球の明かりが眩しく光ってる。
 綿飴を買おうと思ったけど、綿飴の夜店には行列が長く続いていてとても買うのは諦めた。
 なんとなく友達とふざけて話しながら他の夜店と見て歩くと、モーニング娘の加護ちゃんの下敷きが目に止まった。
 私は思わず立ち止まって、下敷きをじっと見つめた。
 100円払ってクジを引いて大当たりすれば好きな下敷きがもらえると言うので、私は一回だけクジを引いて見ることにした。
 夜店のおじさんが3等の大当たりだよと言って渡してくれたのは小さな消しゴムだった。
 ヒョウタンを潰したような形の小さな消しゴムには模様が付いてたが暗くてよく見えまなかった。
 私は加護ちゃんの下敷きは諦めて他の夜店を見て歩くことにした。
 たまたま遊びに来ていた近所の男の子に「盆踊りやろう、祭りなんだから」と声を掛けられた。
 他の女の子にちょっと冷やかされたけど、小さい頃から一緒に遊んだ男の子なので別に気にする程でもない。
 私はみんなといっしょに盆踊りの輪に加わって夜遅くまで遊んで過ごした。
 翌日の朝、どうしても早く起きられなくて、バレー部の早朝練習に遅刻してしまった。他の女の子達も遅れて来た人が多くて、先生は怖い顔をして私たちを待ってた。
 女の子全員がそろったときには、もう練習の時間はほとんど残っていなかった。
 先生は「練習は止めだ」と言って生徒を体育館の床に正座させた。
「お前らたるんでる」と言いながら先生は竹刀の先で床を叩きながらお説教を始めた。一時間くらい正座させられて私はどうしてこんなことをさせられるのと思いながら、先生の方を見ていた。すると「お前、俺のこと睨んだな、さっきからずっと睨んでるな」と言って私を立たせた。
 私は小さい声で「睨んでなんかいません」と言おうとした。しかし先生は「こうゆうけしからん、生徒はどうなるのかよく覚えておけ」と言いながら、私の後ろから竹刀を振り上げた。
 以前からも先生は竹刀で生徒を脅かすような仕草をしていたので、私は今度も振り上げるだけだと思った。しかし、次の瞬間に竹刀が私のブルマーの上からお尻めがけて打ち付けられてきた。私は子犬が鳴くように悲鳴を上げた。
 先生は私の悲鳴を聞いてよけいに腹を立てたようで、何度も繰り返して竹刀が音を立てて打ち込まれると、私は座り込んで泣き出しまった。
 先生はようやく、気分が晴れたようで、練習は解散になった。私は、ほかの友達に慰められながら家に帰った。
 夏休みも終わりに近くなると、母に宿題は済んだのかとうるさく言われた。私はあわてて、やり残した宿題を残らず頑張って片付けた。夏休みの作文には夏祭りの事を書こうと思ったけど、一緒に盆踊りをした男の子のことをからかわれると思ったのでやめにした。
 他に書くことも思いつかなかったので、バレー部の朝練の時の出来事を作文にした。
 だけど、朝の涼しい内に学校の体育館でバレーボールの練習をしていますとだけ書いても、ほんの数行にしかならない。
 お母さんに見てもらったけど、他に何か書きなさいと注意された。
 それで私は、練習に遅刻してお尻を竹刀で叩かれた事を書いて作文を仕上げた。
 夏休みが終わって新学期が始まっても、新しいことなどなにもなかった。
 男の子達は近所の川で遊んだりしたらしくて、みな真っ黒に日焼けしていた。
 バレー部の女の子達は夏休みの間は体育館で朝練していたけど、それでもみんな日焼けしていた。
 久しぶりに見る顔は夏休みの前と同じだったが、みな少しだけ大人びた顔になってるような気がした。
 授業が始まってからも、バレー部の朝練は夏休みの時と同じように続いた。朝の7時くらいに毎日学校に来て、先生に怒鳴られながら練習をするのは辛かった。
 中学の裏には小高い山があり、朝の練習の時間にはみんなで上まで走り、そのあとレシーブの練習が延々と続いた。
 先生は思い切り強くボールを打つので、レシーブ出来ずに床に倒れ込むこともあった。
 着替えをしている時間がないので、家を出るときは体操着の上にスカートだけはいて、授業中も体操着の上にスカートをはくだけだった。練習の後は体操着は汗で濡れてしまい、下のブラジャーが半分透けて見えた。
 男の子が時々いやらしそうな目つきで私のほうを見る。私はそれがいやで朝練には出たくなかった。
 毎朝の朝練のせいで宿題もなかなか終わらせることができずに、授業の時間にしかられることが多くなった。
 ほかの女の子達は要領がよくて、先輩のノート借りて写してごまかしているみたいだった。
 そんなことはしてはいけないと思い込んでいた私は、なかなか勉強がはかどらなかった。
 国語の時間に夏休みの作文をみんなで読むことになった。私は、みんなの前で読まされるとは思っていなかったので、なんだか怖くなった。
 私の番になって「谷口、今度はお前が読んでみろ」と先生に言われて、私は大きな声で作文を読んだ。
 作文は夏祭りの翌日に朝練に遅刻して正座させられたときの話だ。 最後に私が竹刀でお尻を叩かれた所に来ると、男の子達が一斉に変な声で笑った。国語の先生は、困った様子で私の作文を受け取った。
 授業のあと私はバレー部の顧問の先生に呼びつけられて、体育館の用具室に連れ込まれた。「けしからんやつだ、なんだと思ってるんだ、俺が気に入らないんだろう」と言いながら、スカートの上からまた竹刀でお尻を叩かれた。
 私のお尻は打たれる度に熱くなり、何と言っていいのか判らない感触が私の体に広がっていった。私は逆らえばもっとお尻を叩かれると思い、怖くて逆らえなかった。
 その日は家に帰っても宿題をやる気にはなれず、なにもせずに寝た。翌日になって担任の先生の授業の時「宿題やってません」と私が言うと、先生はひどく怒って私の頭をげんこつで軽く叩いた。
「谷口有紀、今日は一人で校庭の掃除だ、わかってるな、数学の宿題わすれた罰当番だ」担任の先生の声が教室に大きく響いた。教室の男の子が一斉にはやし立てるような声をだしたので私は恥ずかしくなった。
 私はほかの生徒がみな帰ったあと一人で竹箒を持って、校庭の掃除を始めた。
 グランドの脇にはクラブの部室があり、細長いブロック作りの建物は小さい部屋に分かれていて、サッカー部やラグビー部やテニス部の部室が並んでいた。
 今日は部活のない日だったので、もう部室には誰も残っていなかった。ゴミを拾い集めていると、テニス部の部室の裏になにか本の端のような物が見えた。テニスボールの空き箱の下に落ち葉と一緒に隠してあったのはコミック雑誌だった。
 表紙をみると胸の大きな女の子のイラストがあり普通のコミックではないらしい。ページをめくると、女の子が裸で後ろから男に抱きかかえられている場面が目に入った。私はこんなもの見てもいいのかしらと思って胸がどきどきしてきた。
 先生に届けようかと思ったが、私がこんな本を読んでいると思われても困ると思いまたもとに戻した。
 掃除が終わると私は帰ろうとしたが、さっきのコミック雑誌のことが気になった。
 あの絵はなんなんだろう、苦しそうにしている女の子は何をされているんだろうと思うともう自分でもどうにもならない気持ちを抑えられなくなった。
 もう周りに誰もいないのを確かめてテニス部の裏に行くと、さっき私が置いた場所にまだコミック雑誌があった。私は夢中でコミックを鞄の中にしまうと、駆け出して中学を出た。
 夜になって部屋で一人になると、お布団の中でコミックを開いて見た。ストーリーは、女子大生が軟派されて暴力団の事務所で輪姦されて、体を売らされる話だった。縛られて何度も竹刀で打ち据えられてお仕置きされるうちに、お仕置きされるのが快感になっていく話しだった。
 最後には体を売るのが快感になって、やめられなくなるというストーリーに愕然として何度も読み返した。 東京では実際にこんなすごいこともあるんだろうか、きっと本当に違いないと思った。
 絵を見ていると、まだ私にはよく分からない絵が何枚かあった。女の子が男の腰の当たりに顔を近づけている場面はなんのことか分からない。
 私はストーリーを追いかけながら何度もコミックを読み直した。刺激的な場面を読み返すたびに、私の体が熱くなってそのままではとても眠れなかった。自然と指が熱くなっている所を押さえていた。
 私はコミックの主人公のように縛られて竹刀で打たれているのを想像してみた。すると、いままで感じたことのない感触が私を襲った。指先を花園に沿ってゆっくりと上下に動かすと腿の内側が震えてきた。
 繰り返し指先を上下されると、経験したことのない感触が、指先から私の花園に流れ込んできた。
 私は自分がいけない事をしているんだど、なんとなく思った。しかしもう自分の体を止めることはできなかった。私の指先が不意に、小さな先に触れると体中に電気が流し込まれたように震えてきた。
 自分の体がこんなになるなんて、触っただけでこんなになるなんてと、信じられない思いで、私は指を動かし続けた。翌朝まで私はほとんど眠ることができなかった。
 その日から私は毎晩夜になるとコミックを見ながら、指を使うのがやめられなくなった。
 一週間ほどたって、こんな悪いことをしていてはいけないと思い、コミックを近くの神社の裏の公園のゴミ入れの奥に捨てた。これでもうこんな馬鹿なことはしなくてすむと思って家に帰った。
 食事が済んでパジャマに着替えてお布団に入ると、どうしても我慢できなくなった。私はコミックの絵を思い出しながら、また指を使った。
 もうどうしようもないと思って翌日また公園に行き、コミックを捨てたゴミ入れを探した。しかしもうゴミは片付けられていてゴミ入れは空になっていた。
 私はがっかりして家に戻ったが、もう止めようと思ってもやめられないのは自分でも判っていた。
 コミックのストーリーは空想を繰り返すうちにどんどんと広がって、私は毎晩いやらしい中年男に半分夢の中で体を売り続けた。
 客の求める行為を少しでも断れば、こんどは信じられないようなお仕置きが私を待っていた。
 こんなことばかりしていて勉強に身が入るはずもなく、次の中間試験ではさんざんな成績だった。
 担任の先生に呼び出されて、私はバレー部の朝練で勉強ができないからと言い訳をした。すると親にも連絡がいって、私は親にバレー部を辞めるよう言われた。
 やめると言えばまたバレー部の顧問の先生にお尻を竹刀で打たれるに違いないと思ったので、私はどうしてもやめたくないと言い張ったが、もう学校には話が済んでるからとのことだった。
 翌日バレー部の先生に「親がやめろと言ったので辞めさせて下さい」と言うと先生は何も言いわずに少し頷いただけで横を向いた。私はもうこれでお尻を打たれることはないとほっとした。
 バレー部を辞めて数日たって、私は男の子達と体育館の掃除をしていた。
 掃除もだいたい終えて帰ろうとすると、しまい忘れのバレーボールが体育館の入り口の外にこぼれていた。きっと体育の授業のとき飛んでいってしまい忘れたのだと思い、私はボールを拾って体育の用具室にしまいに行った。
 用具室を出ようとすると、急に数人の男の子が部屋に入ってきた。バレー部の先輩の三年生の男の子達だった。「お前、お尻を叩かれたいんだってな」と男の子の一人が少しいやらしい口調で低い声で囁いた。
「お尻を叩かれると、うれしいんだってな」とほかの男の子も私に声を掛けた。私は逃げ出すことができず、だまってうつむいた。
 男の子達は合図をすると一斉に私に飛びかかり、私を跳び箱にうつぶせに押さえ付けた。用具室のすみに置いてあった籠にいっぱいある竹刀を数本取り出すと、男の子達は私のお尻を交互に打ち付け始めた。
 最初は軽く、お尻をしないで突いたり押したりしながら、だんだんと力を入れて竹刀が打ち込まれてきた。私が悲鳴を上げるのを楽しんでいる様子だった。
「お前らなにやってんだ」急に大きな声が響いた。バレー部の顧問の先生だった。
 私はこれでやっと助かると思った。しかし先生は「お前が誘ったんだろう、お尻を叩いてもらいたくて誘ったんだろう」と私を責め始めた。
「このお尻だろう、このお尻を叩いてもらいたいんだろう」と言いながら、先生は何度も私のお尻を竹刀でこづいた。
 私が返事をしないでいると、先生は今度は力を込めて私のお尻を竹刀で叩きつけてきた。
 数日たって学校の帰りにいつものように神社の前を通りかかると、学生服を着た男の子たちが待ちかまえていた。このあいだ、体育館で私のお尻をたたいた男の子達だった。男の子の一人は竹刀をもっていた。
 私は神社の裏に連れて行かれると、両手を押さえられて、神社の廊下にうつぶせにされた。男の子の一人が、神社の床の下からなにか取り出した。
「お前この本読んでたろう、この本みたいにされたいんだろう」と言われて私ははっとした。それは、私が捨てたはずのコミック雑誌だった。
 どうして、あの時のコミック雑誌が、男の子の手にあるのか私は訳がわからなくなった。
 男の子達は奇声を発しながら私のお尻を代わる代わる竹刀で打ちつけてきた。
 それからは、繰り返し何度も学校の帰りに待ち伏せされてお尻を叩かれた。
 私は教室では友達と口も聞かずに、勉強だけするようになった。親は成績があがって喜んでいたので、細かいことはあまりうるさく言わないようになった。
 私は次第にテストでいい成績を取ることだけが楽しみになって、ますます勉強するようになった。
 春に成って三年生が卒業すると、やっと待ち伏せは無くなった。
 中学3年の春には修学旅行があった。場所は京都と奈良で、お寺を巡って見てあるくだけだ。
 たった2泊3日の旅だったけど、中学の友達と一緒に旅をするのもこれが最後なので、大事な思い出だった。
 1日目の夜は、夜パジャマに着替えると、お布団に入りながらあちこちでひそひそ話が始まった。私は話の輪には加わらなかったけど、少し離れて寝たふりをして耳をそばだてていた。
 話は男の子の話とか、あとはちょっとHな話だ。誰がもう初体験すませたとか、誰と誰がつきあってるかとか、あとは男の子の体はどうなってるのかとか。皆興味津々で自分の知ってることを得意げに話してた。
 女の子の一人が「誰かオ×ニーしてる人いる」と小声で言うのが聞こえた。私は一瞬胸がどきっとしたが、誰も返事をする人はいない。オ×ニーの話はその一言で終わって、あとは、また男の子の体がどうなってるかの話しに戻った。
 やっぱり私だけなんだ、悪いことしてるのはと私は心のなかで思った。
 今度は別の女の子が「口でするの誰かしたことある人いる」と言い出した。周りの女の子は今度はなんの話かとまた期待でいっぱいで「口でするってなにをどうするの」と声をそろえて聞き返した。すると得意げな口調で「口で男の子のオ×ン×ンしゃぶるのよ」と言ってはいけないことを言うように声をひそめた。
 女の子達は一斉に嬌声をあげて、「そんなすごいことするの」と誰かが大声で言うと、ほかのグループの女の子が、「なんの話してるのよ」とこちらに寝ころんだまま這って加わった。「フェ×チ×と言ってね、男の子は、それが一番喜ぶのよ」と得意げに話す女の子は高校生のお姉さんからいろいろ話を聞かされたらしい。
「舌の先でね、オ×ン×ンの先を嘗めたりね、あとは、喉の奥まで入れるんだって、おっきいから口いっぱいになって、息が苦しくなるんだって」と説明が続くと、高校生になればそんなすごいことするんだと、女の子達は納得した様子だった。
 私はその話を聞いて、やっとあのコミックの絵でなんのことか判らなかった場面が判ってきた。主人公の女性が男性の腰の当たりで口を大きく開けているのは、そのフェ×チ×の場面に違いない。
 金で体を買われて、いやな客にフェ×チ×を強制されてる場面だとようやく私には話の筋が見えた。断ればお仕置きが待っているので、嫌々ながらもフェ×チ×をするストーリーなんだ。
 私は自分がその「フェ×チ×」を無理矢理させられる場面が急に頭に浮かぶと身体が一気に熱くなり小刻みに震えてとまらなくなった。
「早く大人になりたいね」と誰かが言うと、みんなも同意して話が続いた。早く大人になって、いま聞いた体験をしてみたと、女の子達は誰もがそう思っている。女の子達は夜遅くまで同じような話を繰り返し繰り返し続けた。
 修学旅行から帰ると、私たちは皆すこし大人になったような気分だった。
 秋になって、高校の入学試験の準備をしなければいけない時期になった。ほとんどの子は近くにある高校が志望校だった。たいした勉強もせずに入れるからだ。
 私は成績がよかったので、担任の先生の勧めもあって、県立の進学校を受験した。卒業式も終わると4月からは、すこし離れた県立高校に通う事になった。

ページトップ >>2.ジャーナリストへの夢

監禁調教アダルトビデオ

若妻監禁調教 囚われの肉玩具 川上奈々美 アタッカーズ [DVD]
監禁調教部屋8時間BEST [DVD]
美人秘書×監禁調教 明日花キララ
監禁陵辱III~美少女箱詰め輪姦~
拉致!監禁!拘束! イキッぱなし絶叫4時間