体験手記雌犬監禁裏本調教

by七度柚希

目次

1.バレー部の朝練
2.ジャーナリストへの夢
3.女子大の入学試験
4.合格発表
5.女子大生
6.出版社でのアルバイト
7.歓迎会の後
8.東大五月祭
9.夢の夜
10.体験取材
11.調教の始まり
12.最初の客
13.ダブル調教
14.裏本のモデル
15.裏ビデオの秘密
16.調教の夜
17.裏ビデオ鑑賞
18.強制輪姦
19.レズ調教
20.生フェラ調教
21.露出調教
22.監禁
23.拘束
24.奴隷調教

23.拘束


23.拘束

 礼子さんがの息がしだいに落ち着いてくると、私は辺りを見回してみた。
 石油ランプの明かりの中にはもう男の子達はいない。
 よくよく見るとランプの光の届かない暗がりのソファーに男の子達が疲れ切った様子で寝てる。
 これはうまいこと行きそうだと私は礼子さんに合図した。
 礼子さんは石油ランプのそば行くと、ランプの明かりを小さくした。
 ドアの近くはまっ暗で、こっそり出れば男の子達には気づかれないはず。
 礼子さんは近くの床に放り出してある私の携帯を取ると、男の子達の様子を伺いながらドアの前まで這うようにして近づいた。
 裸のまま階段を昇ろうとしたけど、見上げるとまっ暗でとても危なくて昇れない。
 横を見ると奧に部屋があるらしく廊下が続いてる。
 廊下を少し進んで階段の下に隠れるとここならすぐには見つかりそうにない。
 礼子さんがさっき拾った携帯をだすと熊谷さんに電話して車で向かえにきてもらうと言いだした。
 熊谷さんも私たちが車で連れ去られたとは思っていないだろうから助けに来てくれるに違いない。
 私はたぶんこれで助かると思って、山本先生の秘書の熊谷さんをさんを携帯で呼び出した。
 小声でなんとか事情を話すと「今すぐに車で助けに行くから、そこを動くなよ」と言われたので私は一安心して床に座り込んだ。
 暗い廊下は空気が冷たくて物音もしない。
 私と礼子さんの吐く息の音だけがかすかに耳の響いてくる。
 急にギイーと気味の悪い音がして目の前の大きなドアが開くと、ドアの間から光が漏れて礼子さんの身体を照らした。
 すぐに女性の悲鳴が聞こえて私は慌てて立ち上がり半分開いたドアの間から部屋の奧を覗き込んだ。
 裸の女性が二人かがみ込むような姿勢で縛られて吊されてるのが見えて私は目を見開いたまま動けなくなった。
 横に立った黒ずくめの格好をした男が鞭を振り上げると、次の瞬間にまた悲鳴が聞こえた。
 冷たい空気を引き裂くような悲鳴は苦しいだけの声ではなく、こみ上げてくる快感を隠しきれない女の絶頂の声。
 喉の奥から押しつぶされて吐き出されるうめき声に近い悲鳴が煉瓦の壁に響くとまた鞭の音が聞こえた。
 目を凝らして見ると女の口にはさっき私達がされたのと同じ白い玉の猿轡がはめられてる。
 鞭を振り上げている男の服装は黒い皮のズボンとシャツ。
 一目で調教師だとすぐ判る格好だ。
 二人ともこの調教師に調教されてる最中らしい。
「なんだお前ら」と調教師が急にこちらを向いて鞭の音をしならせながら大声で怒鳴った。
 慌ててドアの前から逃げようとしたときドアの陰から「おい、待て」と大声が聞こえた。
 すぐ目の前に現れたのはあの山本先生と秘書の熊谷さん。
 車で助けに来てくれるはずの二人が部屋の中からでてくるはずはない。
 最初から二人ともこの部屋に居たに違いない。
 携帯で助けを呼んだつもりだったけど逃げ出そうとしたのがばれただけだったんだ。
 礼子さんもこれは大変と気が付いたらしくて逃げ出そうと後ろを向いたがすぐに熊谷さんが腕を掴んだ。
「やめてー」と礼子さんが叫んだが山奥の山荘の地下室でいくら叫んでも誰にも聞こえるはずない。
 そのまま部屋の中に連れ込まれるとすぐにドアがしまってもう逃げられない。
 私と礼子さんをレイプしようとした男の子達は最初から熊谷さん達とはグルだったんだ。
 それなのに熊谷さんに携帯で助けを求めたなんてあまりの馬鹿さかげんに自分でも呆れるくらい。
 部屋の中央まで引っ張ってこられると縛って吊された女と視線が会った。
 怯えた目つきは見覚えがある顔。
 さっきホテルの廊下で一緒だったあの女子大生二人組だ。
 私と礼子さんが展望台で縛られている最中に先にこの山荘に連れ込まれたらしい。
 男の子達が疲れた様子だったのは、先にこの女子大生をレイプしてたからに違いない。
 熊谷さんが私と礼子さんを床の上に押し倒すと大声で怒鳴りつけてきた。
「やっぱり取材だったんだろう、さっき白状したのは分かってるんだ」
「さっきの猿轡にはちゃんとマイクがつけてあるんだよ」
「俺たちが国民改進党の山本先生の名前をだしたら、よろこんで飛びついてきやがって」
「おかしいなと目星をつけたらやっぱり週刊誌に記事を売るのが目的なんだろう」
「誰に頼まれたのか白状してもらうからな」と言われてさっきの老夫婦もグルだったらしいと気が付いた。
 最初から仕組んだ芝居をしてただけなんだ。
 そう言えば思い出してみるとなくうさんくさい老夫婦だった。
 調子に乗って私が言った言葉は全部無線のマイクで録音されてたってこと。
 随分と手の込んだ手口はよっぽどやり慣れてる仕事だ。
 目の前の女子大生が急に身体を小刻みに震わせた。
 男の子達にレイプされたあと、調教師に責められて子宮が行きっぱなしになってるのが見て取れる。
 私達を連れ込んだ男の子達は、私と礼子さんもレイプするように指図されていたらしいけど、私たちが逃げ出そうとしたのは計算外の出来事らしい。
「さあ、話してもらおうか、誰が取材を頼んだのか、黒幕がいるだろう」
「えっ、どうなんだ、身体を張って取材をするんだから、よっぽどいい金になるんだろう」
「スポンサーは連民党か、それとて、民協党か、いくらもらったんだ」と激しい口調で私に迫った。
 私が何も言えずに黙っていると、熊谷さんは「この女は二人とももう白状したんだ、素直に白状しないならこの二人と同じ目に遭うんだぜ」とまた怒鳴りつけてきた。
 熊谷さんが合図すると、女子大生の横に立っていた調教師が鞭をふるって女子大生のお尻を強く叩いた。
 犬の鳴くようなうめき声を上げると、女子大生は目に涙を一杯に浮かべて身体を震わせた。
 調教師が何度も鞭を振り上げるたびに、耳を覆いたくなるような呻き声が部屋に響いた。
「お前も白状しないと同じ目に遭うだけだぞ」と熊谷さんにまた脅された。
 だけど白状したらしたでその後またどんな目に遭わされるか判らない。
 絶対白状なんかするわけにはいかないと必死で思い詰めて耐えるしかない。
「しゃべる気がないなら、その女の身体に聞くしかないな」と言って熊谷さんが山本代議士に目で合図をした。
 山本代議士と名乗った男最初から偽物らしい。
 男は壁に掛けてある鞭を取り上げると、鞭の先を軽く礼子さんの腿に打ち付けた。
 礼子さんは小さく悲鳴を上げて、これからはじまる事に身を凍えさせてる。
「もう濡れてるじゃないか」と男が言うと鞭の先を礼子さんの花園にそってくすぐるように動かした。
 礼子さんの声がまた小さく「嘘、濡れてなんかないです」と聞こえた。
 男は鞭をしならせて礼子さんの腿の内側を軽く打ち付けると、礼子さんは突然「もっと強くして、もっと」と叫んだ。
 男がさらに鞭を強く礼子さんの腿に何度も打ち下ろすと、礼子さんは泣き出してしまった。「どうだ話す気になったか」と聞かれて私はどう答えていいのか分からなくなった。
「有希ちゃん話しちゃだめ、絶対話しちゃだめ、私はどうなってもいいの」と礼子さんの声が聞こえて、私はなんとか礼子さんを助けないといけないと思った。
「私、自分で考えたんです、ジャーナリストになりたくて、自分で取材してたんです」とっさに言ってみた。
「そんな言い訳通用するわけないだろう」と男に怒鳴り返されただけで信じてはもらえそうにない。
 礼子さんの身体に打ち付けられる鞭がまたさっきより強くなると、さすがに礼子さんもたまらずに悲鳴を上げ始めた。
 だけどその悲鳴も半分は快感の悲鳴らしくて、本当に痛がってる悲鳴には聞こえない。
 男は鞭の強さに強弱を付けながら巧みなリズムで感じる所を責めてくる。
 さすがに手慣れたもので、痛いだけの鞭の使い方ではない。
 女子大生を白状させたのもこの鞭使いに違いない。
「有希ちゃん、話しちゃだめよ、私死んでもいいの」と礼子さんの声を聞いて、これは本当に死ぬまで礼子さんが鞭で打たれるのかもしれないと怖くなって来た。
 私はなんとか誤魔化そうと「アルバイト先の雑誌の編集長にたのまれたんです、取材して来て欲しいて」と話しを作った。
 熊谷さんはそんなことがあるはずもないと分かり切った顔で信じてはくれそうにない。
「これでも白状しないなら、あれしかないな」と熊谷さんが言うのが聞こえた。私はこれでとうとう礼子さんは殺されてしまうのかと思った。
 男が鞭を置くと横の戸棚から引っ張り出したのは皮で出来たパンティみたいな下着。
 よくよく見ると、股の内側にはバイブレータがついてる。
 男はそのパンツを礼子さんに穿かせて腰の所でしっかりと紐で留めた。
 礼子さんはいったい何が始めるのか訳が分からないでキョトンとした顔。
 だが男がスイッチを入れると、急に礼子さんの顔つきが変わった。
 なにが起きてるのかは判らないけど、見てる間に礼子さんの目がつり上がって口からよだれを流しながら喘ぎ始めた。
 熊谷さんはひとまずスイッチを切ると得意げな口調で機械の説明を始めた。
「これは電気が流れるパンティーでね、バイオニックパンティーと言うんだ」
「マッサージに使う低周波というのを知っているだろう、それが中のバイブに取り付けてあるんだ」
「大学の医学部で不感症の治療に開発されてるのを横流ししてもらってね」と言われて以前産婦人科のお医者さんに聞いたことがあるのを思い出した。
「特別に改造してあってね、最高で10万ボルトの電流も流せるんだ、10万ボルトを流すとさすがに死ぬけどね」
「さて始めようか、最初は高圧電流千ボルトを一発味わってもらおうか」と言って熊谷さんはスイッチを軽く押した。
 礼子さんは悲鳴を上げて立ったまま飛び上がるとそのまま崩れるように座り込んでしまった。
 面白そうな顔で礼子さんの様子を眺めた後熊谷さんは「あとは、コンピュータが勝手にやってくれるからと」言って別のスイッチを押した。
 礼子さんは急に身体を何度かくねらせると、両足をいっぱいに開いて腰を上下にゆっくりと動かし始めた。
 片方の手はパンティーの上から花園を押さえると、もう一方の手で自分の胸を揉み続けてる。
 次第に腰の動きが激しくなると急に動きが止まり、またすこしづつ腰の動きが上下に激しくなるのを何度も繰り返してる。
 礼子さんが身体を捩りながら背中を反り返らせると「オ×ン×ンちょうだい、オ×ン×ンちょうだい」と叫ぶ声が部屋に大きく響いた。
「このバイォニックパンティーを一晩つけてれば、どんな女でも、男が欲しくてたまらない身体になるんだ」
「どんなレズ女だってオ×ン×ン狂いになるんだぜ」と熊谷さんが笑いながら言った。
「スイッチを入れてる限りは眠れないから、このまま何日でも眠らせない事だってできるんだぜ」とまた熊谷さんが脅し文句を並べた。
 私が白状しないと本当に礼子さんは死ぬまでこのバイオニックパンティで責められる事になるかもしれない。
「じゃあ次は2千ボルトの高圧電流をかけて見ようかな」と熊谷さんが私の手を取って、指をスイッチに押しつけた。その瞬間に礼子さんの身体は猫がひっくり返ったように浪を打って床を転がった。
「白状しないなら、次は1万ボルトだ」と熊谷さんがスイッチの設定を変えると、また私の手を取ってスイッチを押させようとした。
 私が言わなければ礼子さんは今度こそ死んでしまうと思った。もう白状するしかないと思って「吉岡さんに頼まれたんです」と叫んだ。すると、山本先生と熊谷さんはその言葉を待っていたようで顔を見合わせて「やっぱり吉岡か」と頷いた。
「芳恵の時と同じだ、やっぱりあいつまだ懲りずに山本先生を狙ってたんだ」と二人が話をしているのを聞いて、私は頭のなかがぐるぐると回った。

22.監禁<< ページトップ >>24.奴隷調教

監禁調教アダルトビデオ

若妻監禁調教 囚われの肉玩具 川上奈々美 アタッカーズ [DVD]
監禁調教部屋8時間BEST [DVD]
美人秘書×監禁調教 明日花キララ
監禁陵辱III~美少女箱詰め輪姦~
拉致!監禁!拘束! イキッぱなし絶叫4時間