体験手記雌犬監禁裏本調教

by七度柚希

目次

1.バレー部の朝練
2.ジャーナリストへの夢
3.女子大の入学試験
4.合格発表
5.女子大生
6.出版社でのアルバイト
7.歓迎会の後
8.東大五月祭
9.夢の夜
10.体験取材
11.調教の始まり
12.最初の客
13.ダブル調教
14.裏本のモデル
15.裏ビデオの秘密
16.調教の夜
17.裏ビデオ鑑賞
18.強制輪姦
19.レズ調教
20.生フェラ調教
21.露出調教
22.監禁
23.拘束
24.奴隷調教

7.歓迎会の後


7.歓迎会の後

 次の週にいつものようにワープロを打っていると編集長に電話があって、編集長はすぐ部屋を出て行った。
 しばらくして編集長が戻ってくると女子大生らしい女の子と一緒。女の子は地味な服装で、またアルバイトの女の子かしらと思った。
 打ち合わせ用の応接セットに女の子を座らせると面接が始まった。やっぱり思った通りアルバイトの女の子みたい。
 耳をそばだてて聞いていると「初体験はいつ」とか「いままで何人つき合ったの」とかの会話が聞こえてきた。私はアルバイトの面接なのに随分な事を聞くのねと思って、耳に神経を集中させた。すると女の子は平気な様子でエッチな質問に答えてる。
 こんな面接をされたらきっとセクハラよねと思いながら聞いていると、どうも話の方向が違うよう。どうもアルバイトの面接ではないらしいとは気がついたけど、それでもなんでこんな話をしているのか訳が分からない。やがて面接も終わると女の子は帰って行った。
 編集長は私を呼ぶと「これワープロに打ってね。一時間もあればできるから」と言ってカセットテープを渡した。録音テープの会話をそのままワープロで打てばいいらしい。ワープロ打ちが終わったら芳恵さんに渡すように指示された。今度は芳恵さんが適当に読んで面白いように書き直すのだと編集長が説明してくれた。
 編集長の話ではさっきの女性はアダルトビデオの女優さんで、私が面接だと思っていたのは雑誌に載せる対談だった。私はテープを聴きながらワープロを打ち始めた。
 さっきははっきりと聞こえなかった会話が今度はよく聞き取れて、私はテープの話にすっかり聞き込んでしまった。
 アダルトビデオに出る前は保母さんをやっていたと話していたので私はびっくりした。いまは、テレビの深夜番組にでていて、後ろに並んでいるだけだけど、将来は演技の出来る女優さんになりたいと、熱心な口調で抱負を語っていた。
 私はこれは、思ったより面白そうな仕事だと思った。
「SM物のビデオに出るのに抵抗はなかったの」という質問に「私子供の頃からレイプが普通のセックスだと思いこんでたんです」
「それも縛られて、大勢で取り囲まれて」
「従姉妹の子がそうゆう本見せてくれて、それが普通だと思いこんじゃって」
「中学の頃から輪姦されるの想像してオナニーしてました」と笑って話していた。私はそれを聞いてなんだか自分の事を言われているみたいで、身体が熱くなった。
「撮影はどうたったの」
「それが、撮影したのが、山奥の農家の納屋なんですよ」
「もう何十年も使ってない廃屋でね」
「昔は、暴力団が家出少女を監禁して折檻したところで、その辺掘ると骨が出てくるぞと、スタッフに脅されて」
「なんか土間に血の後があるとか言われてね、すごい怖かったんです」と怖い話しなのに楽しそうに話が続いた。
 分からない所は何でもいいから聞いたとおり打ってくれと言われて、私はわからない所は適当にタイプした。
 一通りタイプを打ち終えると私はもう一度テープを聞き返してチェックしてから、芳恵さんにワープロの文章を入れたフロッピーをもって行った。すると芳恵さんは別の記事を書いている最中で「あとでやっとくから、置いておいて」と返事が返って来た。
 私は対談の内容がよく理解できなかったので「SMってなんですか」と芳恵さんに聞いてみた。
「あなた、ほんとになにも知らないのね」と言いながら、芳恵さんは本棚から数冊の本を選んで「読んでみなさい、読めば分かるから」と渡してくれた。その表紙には、縛られた女性が載っていた。
 私は中学の時拾ったコミックを思い出して、あれと同じだと気がついた。
 ページを開くと体験手記になっていて、ナンパされた人妻が縛られて写真を撮られて、体を売るようになるという内容だった。私がよんだコミックと驚くほど同じような手記だ。
 テレクラに電話して、テレフォンセックスに誘われて、そのあと待ち合わせてラブホテルに行く話もあった。言葉巧みに、テレフォンセックスをさせられて、とても我慢できない身体にさせて、ラブホテルに誘い出すという手口だ。
 入学試験を受けに来たホテルで、礼子さんが電話でさせられてたのも同じことみたいだ。
 本当にこんなにうまく電話で話しただけで、誘惑されてしまうのかとびっくりして記事を読み続けた。
 しばらく本を読んでいると芳恵さんが原稿を書き終えた様子で「コーヒー入れてくれない」と声をかけてきた。私は編集長の分と私の分と芳恵さんの3人分のコーヒーを作ると、みんなでお茶の時間になった。
「この娘ね本当になにもしらないのよ」と芳恵さんが編集長に話し始めた。
「もうちょっといろいろ経験してもらわないと、記事なんかかけないわよ」と芳恵さんが今度は私にお説教でもするように私に話しを向けてきた。
「あなた、いままで男性経験は何人なの、経験はあるんでしょう」といきなり聞かれて私は返事に困ってしまった。
 私は「あの本に書いてあるのってみんな本当なんですか」と試しに聞いてみた。すると「全部本当よ、体験手記なんだから」と芳恵さんが言い返した。しかし横で話を聞いていた編集長が大声で笑い出した。すると芳恵さんが「あの体験手記ね、あれ私が全部書いたの、ルポライターの練習になるからね」と言い出して私はまたびっくりした。
「一応投稿手記ということにはなってるんだけどね」
「素人の書いた体験手記なんか、全然使えないから」と言われて、私はやっぱりそうゆう仕掛けになってるのと分かってきた。
 私はいったいどうしてこんな手記が、次から次へとこんなにたくさん書けるのか、やっぱりライター志望の人は違うのねと感心してしまった。
「だいたいは、きまったパターンとかがあるからね」
「それにちょっと色を付けるというか、いかにもホントらしい事をちょっと味付けするわけ」
「そのうちあなたも書けるようになるわよ」と言われて、私も芳恵さんを見習って頑張ろうと自分に言い聞かせた。
 私が「勉強しますから、この本もって帰っていいですか」と芳恵さんに言うと、芳恵さんは笑いながら「よく勉強しておきなさいね」と言ってくれた。
 私は数冊の雑誌をカバンに入れてアパートに持って帰ると、寝る前に広げて読み直した。
 足を広げて縛られている少女の写真を見ると、私もこんな風に縛れて乱暴されたいという気持ちが抑えられなかった。
 何枚もページをめくると、手足を海老のぞりに縛られて宙につり下げられている少女の写真が目に入った。膝に青竹を挟んで足を広げて縛られていた。花園の中央には、結び目がいくつもついた荒縄が食い込んでいた。
 私もこんな目に遭わされたいと思う気持ちが身体の奧から沸き上がって止まらなくなった。
 数日たって芳恵さんに「今日の都合はどう、歓迎会してあげるから、編集長と一緒よ」と言われた。どうも私の歓迎会の様なので断るのはまずいと思い断れなかった。
 夕方芳恵さんと編集長とそれに時々事務所に顔をだすカメラマンの男性と小さな飲み屋に連れて行かれた。奧に4畳半くらいの座敷があり、靴を脱いでしばらくお酒を一緒に飲んだ。
 女子大ではお酒を飲む機会など滅多にないので、お酒は苦手だけど仕方ないから無理して飲んだ。
 芳恵さんは一人でよくしゃべって、全部が全部男の子の話題。私は芳恵さんくらいにならないと、こうゆう業界では記事が書けないのかしらと感心して聞いていた。
 だいたい食べるものもなくなると今度は2次会ということでまた別の店に連れて行かれた。今度の店はかなり広い店で、丸いテーブルがいつくも並んでいて中央に小さな舞台がある。
 ウェイトレスの女性は黒い皮のミニスカート姿で、上も黒の皮のブラジャー風の衣装。黒い皮の紐で身体を絞り上げるデザインになっていて、鍵のような小さな金具があちこちに着いていた。
 皮のブラジャーは前におとなのおもちゃの店で見かけた気がした。ずいぶんと変わった服装だと思ったけど、この辺ではそれも当たり前らしい。
「ショーが面白いから、勉強になるわよ」と芳恵さんが話しかけてきた。
 司会の男性が舞台横に現れ抑揚をつけた変なしゃべりかたで、ショーの紹介を始めた。
 調教師と呼ばれる男性が舞台に上がると、ウェイトレスの女性の一人が男に呼ばれた。
「今日の仕事はなんなんだ、やる気あるのか、もっとお客様に丁寧にお辞儀をするんだ、なんださっきのお辞儀の仕方は、なってない、何回言われればちゃんとやるんだ」と言いながら、ウェイトレスの女性を床に四つんばいにさせた。そして、鞭を取り出して、ウェイトレスのお尻を叩き始めた。
 ウェイトレスと必死で謝っていたが、調教師の鞭が容赦なくお尻を叩き続ける。
 半分泣き声が混じりながらウェイトレスが悲鳴を上げると、場内はシーンとしてウェイトレスの泣き声と鞭の音だけが響きわたった。
 私はとても見ていられなくて、顔を伏せて下を向いた。
「お願いです、お許しください。お許し下さい」とウェイトレスが繰り返し叫ぶと、ようやく、鞭の音が止んだ。
 だけどショーはそれで終わりではなかった。ウェイトレスは両手両足を皮の道具で縛られると、海老の様に反り返った姿勢で宙につり上げられた。
 黒い皮のスカートがお腹までめくり上がって、下に黒いガーターベルトが見えた。
 膝の間には竹刀が挟まれると、竹刀の両端に膝が縛り付けられた。
 私は本で見た通りのことが目の前で実際に起きているのがとても信じられなかった。
「どう、こうゆうの好きなんでしょう、あなたもやってもらえば」と芳恵さんがいたずらっぽく言うと、編集長とカメラマンが一緒に笑った。
 ウェイトレスが何度も悲鳴を上げると今度は調教師は鞭を持って「生意気な女はいないか」と大きな声をマイクで響かせながらテーブルの間を歩き始めた。
 芳恵さんの横まで来ると突然「なんだこの女は、俺のこと笑ったな、笑いやがったな」と言いながら芳恵さんの手を乱暴につかんだ。芳恵さんは急の出来事に手をふりほどいて逃げ出そうとしたが調教師の力にはかなわない。
「この女お仕置きしてやる」と言いながら芳恵さんを舞台の中央に引っ張り上げると、舞台の正面に押し倒した。
 私は編集長とカメラマンがすぐに止めてくれると思っていたけど、二人は笑いながらことの成り行きを面白そうに見ているだけ。
 調教師が芳恵さんのスカートをめくり上げると、下は黒のパンティーにガーターベルトを付けている。
 調教師の鞭が芳恵さんの黒いパンティーの上にびしびしと打ち下ろされると、芳恵さんは悲鳴を上げた。
 鞭がガーターベルトに何度も当たると、芳恵さんの黒いストッキングは破けて、縞模様に見えた。
「許して、お願い許して」と芳恵さんの泣き叫ぶ声にかまわずに、また鞭が打ち下ろされた。
 甲高い悲鳴が場内に響くと、編集長とカメラマンは私の様子をうかがいながら薄笑いを浮かべている。
「芳恵は好きでね、これが。ほんとに変態だね。はやく芳恵みたいになりたいだろう」と編集長に言われて、私は芳恵さんが最初から舞台に上がるためにガーターベルトを付けてきたのに気がついた。
 鞭で打たれた後はさっきのウェイトレスと同じに、縛られて宙につり上げられるに違いない。
 その次は私の番かもしれない、芳恵さんの次は私かもしれないと思うと足が震えてきた。
 自分が海老ぞりに縛られている姿を思い浮かべると、怖くてとても耐えきれない。どうしたらいいの、どうしたらいいの、と私は頭の中がぐるぐると回り続けた。
 その時ふと目がいった先のテーブルにどこかで見かけた顔の男性がいるのに気が付いた。
 私は一瞬誰だか分からなかったが、顔を良く見ると私の女子大のセクハラで有名な教授。
 いったい教授がどうしてこんな所にいるのかしらと思って、同じテーブルに座っている女性をよくよく見たけど見覚えはない。
 二人が席を立とうとするので、私はきっとまだ何かあると思った。
 私は「明日学校が早いので、今日はこれくらいで失礼させてよろしいですか」と編集長に聞いてみた。すると「これからまだ続きが面白いんだが、帰ってもいいよ」と言ってくれた。
 教授と女性の二人が店を出るのをすこし離れて見ながら私はこっそり後を追いかけた。
 しばらく細い暗がりの小道を歩くと、二人は小さな公園に入って行った。
 こんな夜遅く二人で公園に入るのは、何をするのか誰にでもわかること。
 私はやっぱりと思って、そっと公園の入り口の木陰で様子を伺った。
 中央近くのベンチに教授が座ると、女性がその前に膝をついて教授の腰に顔を埋めるのが見えた。
 アパートに帰ってお茶を入れて一休みしたあとお布団を敷いて寝ようとしたけど、さっき見た公園での出来事が頭から離れない。
 きっと内の女子大の学生に違いない、単位をやらないとか言って脅して学生にあんなことさせてるんだと思うと腹の虫は収まらなくなった。
 なんとか気持ちを抑えると、今度はさっき見たショーの事が頭から離れなくなってしまった。
 誰か話し相手はいないかと思って、礼子さんに電話してみた。受話器から聞こえる礼子さんの声は、騒がしくてほとんど聞き取れない位。
 友達とカラオケで遊んでいて、今夜は帰らないとか言っている。今日は学園祭の打ち合わせだったはずだけど、打ち合わせのあと合コンに誘われたよう。これではとても話が出来ないと思い私は電話を切った。
 それで、あれから何度か電話をもらった永谷さんに掛けてみようと思いついた。さっそく電話して「お久しぶりです」と挨拶してみると、永谷さんは「ちょうどさっきまでテレクラにいたんだ」と話してくれた。
 私は「テレクラとかどうゆうのかよく分からなくて」と知らない振りをして聞いてみると「援助交際でお金が欲しい女の子がかけてくるんだ」と説明してくれた。
「電話のあと、待ち合わせしてあとは、カラオケいったりそのあとはラブホテルだね、だいたい」と言われて、やっぱりそうなのかと思った。
「ところで今、彼氏いるの」と永谷さんが聞いてきた。私は「今、彼氏いないんです」とひとまず答えてみたけど「彼氏いない歴何ヶ月くらい」と聞き返された。
 私は彼氏と言っていい相手はいなかったので「ずっとです」と答えると「じゃ、バージンなの」とまた聞きかれた。
「あの経験はあるんですが」と答えると「あ、彼氏じゃない経験なんだ」と笑いながら言われた。
「何人くらいなの、それで経験したの」と聞かれて私は見栄を張って多めに「5人位です」と答えてみると「結構少ないんだね」と言われてがっかりした。
「彼氏いないとさみしいだろうやっぱ、さみしいときはどうしてるの、一人でしてるの」と聞かれて、私は答えに詰まった。すると「いまどんな格好」と永谷さんがたたみかけるように聞いてきた。
 私はそのときはっと気がついた。芳恵さんが見せてくれた体験手記でも同じ会話があった。
「彼氏いるの」から始まって「いまどんな格好」と聞いてくるのは、テレフォンセックスの誘いに間違いないと思った。
 礼子さんが簡単にテレホンセックスになんか誘われてしまうくらいだから、慣れてる人はよほど誘い方が上手いんだろうと急にドキドキしてきた。
 私は試しに「いまこの間の黒のネグリジェ着てるんです」と嘘をついてみた。
「じゃあ、パンティーも、ガーターも付けてるんだね」と永谷さんが確かめるように問いつめてきた。
「はい、そうです」と私が答えると、永谷さんの口調が急にいやらしくなって「じゃあ、胸を触ってご覧」と命令してきた。私はいよいよだと思ってゆっくりと胸を触った。
 手間を掛けて誘うより、いきなり強い口調で命令するのが手口らしい。
 確かにいきなり厳しい口調で言われると、逆らえない気分になるのが女心。
 永谷さんの指示にしたがって胸をいじっていると次第に息が苦しくなって、何度も喉から息を吐き出した。
 このあとどうなるのかは、芳恵さんに渡された体験手記にも書いてあった。
 もうどうなってもいいから、言われたとおりにするしかないた覚悟を決めると、すぐ気持ちが楽になった。
「今度は一番感じる所を触ってごらん」と言われて、私は永谷さんの命令に従うたびに頭の中が熱くなっていった。
「近くに鏡はないか」と永谷さんに言われて「鏡台の前に座って電話してます」と答えると、「パンティーを脱いで足を広げろ、鏡になにが写っているのか言うんだ」と永谷さんが厳しい口調で命令してきた。
 私は嘘をいってパンティーを脱いだ事にして、足を大きく広げま「丸見えです」と永谷さんに報告した。「いいながめだなこのドスケベ女、お前は豚だ雌豚だ」と意地悪な口調で永谷さんに言われると、私の身体はまた熱く燃え上がった。
「この間のバイブレータがあるだろう、あれ使うんだ、いますぐ」と言われて、私はもう最後まで止められないと思い詰めた。
 押入からバイブレータを取り出してスイッチを入れると、ブーンという音が夜の部屋に響いた。
 永谷さんに命じられるままにバイブレータを使い続けると、私の腰は震えて止まらなくて寒さに凍えたように引きつった。「有希ちゃんいっちゃう、有希ちゃんいっちゃう」と自分で大きな声を出すと、私は途中で電話を切った。
 私は少し身体が落ち着くのを待ってから布団に入って寝ようとしたけど、すぐには寝られそうにはなかった。身体の震えが止まらなくて、もうどうなってもいい気分。
 私はとても我慢しきれなくて、あの黒のネグリジェに着替えた。黒のパンティーとガーターベルトを身につけると、自分が夜の女になってこれから身体を売るような気持ちになった。 鏡台の前に大きく足を開いて座ると。レースのパンティーの下に花園の茂みがうっすらと見えた。私はさっき永谷さんに命令されたのと同じにバイブレーターをもう一度使った。

6.出版社でのアルバイト<< ページトップ >>8.東大五月祭

監禁調教アダルトビデオ

若妻監禁調教 囚われの肉玩具 川上奈々美 アタッカーズ [DVD]
監禁調教部屋8時間BEST [DVD]
美人秘書×監禁調教 明日花キララ
監禁陵辱III~美少女箱詰め輪姦~
拉致!監禁!拘束! イキッぱなし絶叫4時間