長編官能小説 彩香スペシャル〜三姉妹監禁志願

by七度柚希

目次

1.学園祭のお化け屋敷
2.三次元スキャナーで身体測定
3.ロボットダンスコンテスト
4.テレビのドキュメンタリー番組に出演
5.喫茶店でビデオチャット
6.SM倶楽部で強制調教
7.メイド喫茶でアルバイト
8.タコイーカ財団に拉致される
9.ロボット実験場に監禁
10.良一君はセックス専用ロボット
11.盗撮カメラで覗かれて
12.名犬ピーチと出会う
13.マンホールから地上にでる
14.四つ葉学園に入学
15.ホームルームの後は数学とパソコン実習
16.チアリーダー部は戦闘集団
17.本当の幸せは太陽の下
18.城の塔に昇って太陽を確かめる
19.怪物の触手から逃げて百合ちゃんの家に戻る
20.彩香ちゃんの家庭教師の勇二君が助けに来た
21.捕まって牢獄に監禁さた勇二君を見つける
22.通風口から脱出して地上に戻る
23.地上に出ると出会い系喫茶の店の中
24.ナンパされて神社の境内に連れ込まれる
25.SM倶楽部でショーの舞台に出る
26.SMショーで本番中出輪姦調教
27.神社の境内のトイレでアナルレイプ
28.痴漢に捕まってラブホテルに連れ込まれる
29.神社の境内で輪姦調教
30.ファンの男の子に追いかけられSM倶楽部に逃げ戻る
31.学園祭のお化け屋敷の中で彩香ちゃんが目を覚ます

27.神社の境内のトイレでアナルレイプ

あらすじ
 江実矢君が男の子だと言うことが男達にばれてしまった。江実矢君を助ける為には彩香ちゃんと有紀が男達と付き合うしか方法はない。神社の境内に連れ込まれて生フェラの後トイレでバックからアナルレイプされる。

 ピーチの後を着いていくと、舞台のカーテンの裏に小さいドアがある。
 そっとドアを開けてみると倉庫みたいな部屋の奥に外に出る非常口らしいドアが見える。
 ピーチと一緒にまっすぐ奥の非常口のドアまで進んでいくと急に彩香ちゃんが床に座り込んだ。
 これで逃げられたと思って安心して体に力が入らなくなってしまったらしい。
 有紀が彩香ちゃんの体を抱きかかえて起こそうとすると、彩香ちゃんが有紀の体を引き寄せて来た。
 有紀が彩香ちゃんに抱きつく格好で彩香ちゃんの横に倒れ込むと、彩香ちゃんが唇を寄せてきた。
 有紀の唇に彩香ちゃんの唇が重なると、すぐに彩香ちゃんの舌が有紀の唇の間に入ってきた。
 彩香ちゃんの舌が有紀の舌に触れた瞬間に、男の生の香りが有紀の舌先に痺れるように伝わってきた。
 有紀は思わず舌を引っ込めたが、すぐに思い直した。
 ここがまだあの地下のロボット実験場なら、彩香ちゃんの口の中に男の子が出したのはあの怪物の触手が出したのと同じ甘いゼリーなはず。
 もし本当に彩香ちゃんの口の中にあるのが本物の男の味がすれば、間違いなくここは地上ってことだ。
 有紀は勇気をだして、彩香ちゃんの舌に自分の舌を絡ませた。
 もしかしてあの怪物の甘いゼリーの味だったらがっかりだと思いながら、有紀は彩香ちゃんの舌を吸い込むようにして舌を重ねて味を確かめた。
 生臭くてちょっと苦みがあって、それでいてしょっぱい味もする感触が有紀の舌に広がって有紀は嬉しくて胸が熱くなった。
 やっぱり本物の男の生の味に間違いない、絶対絶対間違いないと判って有紀は急に体が宙に浮き上がったように嬉しくて堪らない気持になった。
 彩香ちゃんはさっき男の子に口の中に中田しされてたんだ。
 もしやと思って有紀はとっさに彩香ちゃんのミニスカートの下から花園に中指を差し入れた。
 花園の奥を擦るように指先を動かすと、ねっとりした感触が指先に触れてきた。
 やっぱりと有紀は思った。
 さっき四つんばいの姿勢で彩香ちゃんは口と花園の両方に中田しされててたんだ。
 それも濃いのをたっぷり中田ししてもらったんだと気が付いて有紀は急に彩香ちゃんが羨ましくて胸が熱くなった。
 有紀だって男の人に前と後から同時に中だしされたら、死んじゃうくらい気持ちいいに違いない。
 彩香ちゃんだけ気持ちよくしてもらえるなんて、なんだか悔しくて腹が立ってくる。
 有紀は彩香ちゃんの口から舌を引っ込めると、すぐに体を起こして彩香ちゃんの足元にしゃがみ込んだ。
 両手で彩香ちゃんの膝を左右にいっぱいに開かせると、彩香ちゃんは嫌がる素振りも見せずに体を捩った。
 彩香ちゃんの花園からはこぼれてはみ出してる白い液体がはっきりと見える。
 有紀がすぐに顔を寄せて彩香ちゃんの花園に舌を入れて嘗め回して味を確かめるとやっぱり男の本物の生の味。
 舌先に僅かに触れただけでも有紀の体中が一気に熱く燃え上がった。
 有紀は必死になって彩香ちゃんの花園を口で吸い込んで男の生の味をたっぷりと味わった。
 口の中で舌先で転がすように味わうと、男の生の味が口いっぱいに広がって有紀は目眩がしてきた。
 さっき彩香ちゃんの口の中で味わったのとはまた違う苦みと香りに有紀は戸惑った。
 男一人が中田した生の味じゃない。
 何人かの男性の生の味が混じり合った不思議な感触が有紀の口の中に広がった。
 たっぷりと熟成した大人の苦みのある味にお酒の香りのような芳醇な味わいが絡み合ってヨーグルトを口にしたような甘みもある。
 さっきSM倶楽部の舞台で彩香ちゃんはナンパ男に中田しされそうになったのを女王様に助けてもらった事を有紀は思い出した。
 あの時は中田しされる前に助けてもらったとばかり思ってたけど実際は彩香ちゃんは男に何度も中田しされてたに違いない。
 入れたまんまで何度も中田ししちゃうなんて、よっぽど精力が絶倫の男でなきゃ出来るわけがない。
 あんなに彩香ちゃんがよがり狂ってたのも、何度も中田しされたからだと気が付いて有紀は彩香ちゃんが羨ましくて堪らなくなった。
 有紀が夢中になって彩香ちゃんの花園を嘗めては吸い続けると、彩香ちゃんの腰がくねくねと上下に震えだした。
 有紀の舌先の感触がよっぽど気持ちいいらしくて、彩香ちゃんの腿が左右に開いて腿の筋肉の震えが止まらない。
「お願い、恵美ちゃん、ちょうだい、今すぐ入れてちょうだい」と彩香ちゃんが江実矢君に甘えた声でおねだりした。
 江実矢君もさっきから有紀と彩香ちゃんがしてることを見ていて興奮してきちゃったみたい。
 ミニスカートの下に履いたアンダースコートの中で大事な物がおっきく成っちゃってるのがはっきりと判る。
 すぐに江実矢君はアンダースコートを膝まで降ろすと、その下に履いた白いレース模様のパンティーの前が大きく張り出しているのが見えた。
 レースの薄い生地を突き破りそうに大きく突き出してるのを見て彩香ちゃんは口から涎を出して江実矢君の顔を見上げた。
 江実矢君がパンティーをアンダースコートに絡ませるように膝まで降ろすと、おっきくなった男の子の大事な物がくっきりと有紀の目の前に露わになった。
 有紀が気を利かせて彩香ちゃんの広げた股の間から退くと、江実矢君はすぐに彩香ちゃんの体の上にのし掛かった。
 体の位置を確かめてから江実矢君が腰を屈めると、彩香ちゃんも自分から腰を前に突きだして江実矢君を迎え入れた。
 江実矢君も彩香ちゃんも二人とも四つ葉学園のセーラー服姿だから、二人の様子を見ているとまるで仲良しの女の子のレズっ娘同士がふざけて抱き合ってるみたいに見える。
 二人とも有紀が目の前で見てることなど全然気にもしていない。
 江実矢君は我慢しきれなくて、すぐに激しい動きで腰を動かし始めた。
 だがすぐに腰の動きが止まって、ゆっくりと腰を引きつけながら腰を大きく廻し始めた。
 もう終わっちゃったのかと思ったけど、そうじゃない。
 さっきのSMショーで見た精力絶倫の大人の男の腰使いのやり方を真似してるんだ。
 ゆっくりと動かしたかと思うと、小刻みに腰を震わせるテクニックで江実矢君に責められて彩香はもう我慢できない。
「恵美ちゃん大好きーー」大声で叫ぶと両手で強く江実矢君の体に抱きついて体を捩った。
 江実矢君が彩香ちゃんを焦らすように何度も繰り返し責め続けると彩香ちゃんは「ああ、逝っちゃうーー」と絶叫を繰り返した。
 江実矢君の腰の動きが激しさを増すと、最後の一撃だと有紀にも判った。
「アアアァァァーーーー、逝っちゃううーー」と彩香ちゃんが叫ぶと急に静かになった。
 江実矢君が腰をなんどか震わせると、まるで最後の汁を搾り出すように下半身に力を入れて震わせてる。
 有紀は江実矢君の腰の動きを見ていて、まるで自分が中田しされてるような気持に襲われた。
 女の子が一番幸せな時がこの中田しの瞬間だ。
 女の子は男の子に中田ししてもらうために生まれてきたんだと思うのは女の子だったら当たり前。
 江実矢君がゆっくりと立ち上がると、中田ししたばかりの男の子の大事な物がまだ上を向いてる。
 有紀はもう自分の気持ちを抑えられなくて夢中で江実矢君の腰に顔を寄せた。
 口の中にすぐに江実矢君の男の生の香りが広がると、有紀は嬉しくてたまらない。
 すぐに舌をからませて、江実矢君の大事な物をしゃぶりながら吸い込んだ。
 たった今中田ししたばかりの江実矢君の大事な物は有紀の口の中でまたすぐ大きくなるとしっかりと硬くなった。
 有紀は口を離すと、江実矢君の顔を見上げた。
 いつもだったら女の子みたいに可愛らしいはずの江実矢君の顔が、今は男らしく誇らしげに有紀の目を見つめ返してきた。
「お願い、私にもちょうだい」と有紀は小さな声で江実矢君にお願いした。
 江実矢君もすぐに有紀の気持が判ったらしく、目の前で江実矢君の大事な物がピクンと跳ね上がった。
 有紀は自分から足を広げて背中を後に倒した。
 江実矢君がミニスカートをたくし上げながら有紀の上に体を重ねてきた。
 有紀の両膝を江実矢君の両手があてがわれて、高く掲げられた。
 恥ずかしい格好をさせられて有紀は体が熱く燃え上がった。
 江実矢君がゆっくりと有紀の中に入ってきたとき、有紀は嬉しくて涙がこみ上げてきた。
 江実矢君の腰のリズムが有紀の体を次第に至福の楽園に導いていくと、有紀は繰り返し喉の奥から叫び声を上げた。
 不意に彩香ちゃんが有紀の手をぎゅっと握りしめてきた。
 彩香ちゃんは有紀のすぐ横で自分で指を使いながら腰を上下に揺すってる。
「有紀ちゃん一緒に逝って」と彩香ちゃんが有紀の耳元で叫ぶと、腰を激しく振って背中を何度も仰け反らせた。
 有紀が「彩香ちゃん大好きー」と大声で叫ぶと彩香ちゃんも「有紀ちゃん大好きー、大好きよ」と何度も繰り返した。
 最後の一撃で江実矢君が終わったとき、有紀は体中が幸福感で一杯になり涙が止まらなくなった。
 彩香の手が有紀をしっかり握りしめたまま震え続けてるのを見て、江実矢君はもう一度彩香ちゃんの上に体を重ねようとした。
 彩香ちゃんは有紀の手を離すと、江実矢君にしっかりと抱きつきいた。
 彩香ちゃんのFカップの巨乳が江実矢君のブラジャーのパッドで膨らませた胸と重なって押しつぶされて潰れるのが見えた。
「おい、騙しやがったな、女の格好してるけど、男じゃねえか」と男の太い声がすぐ有紀の背後から聞こえてきて、有紀の体が凍り付いた。
 振り返って見ると、さっきまで一緒だったあのナンパ男の二人がカーテンの後からこっちを見ている。
 いつから男が見ていたのかは判らないが、三人がしてたことは全部見られたみたいだ。
 男達は出会い系喫茶で声を掛けてきたときから、江実矢君の事を女の子だと思ってたに違いない。
 江実矢君は顔付きは女の子よりも可愛いいし、肌の色も白くて足だって細い。
 四つ葉学園のセーラー服を着たら誰が見ても女の子にしか見えない。
 男からみたらテレビのアイドル歌手みたいに可愛く見えるのは当たり前。
 あんなにしつこくナンパしてきたのも江実矢君が目当てだったに違いない。
 江実矢君は慌てて白いレースのパンティーとアンダースコートをはき直すと、スカートの襞を整えたけどもう遅い。
 江実矢君が男の子だとばれたらどんな目に遭わされるのか判らない。
 ピーチならナンパ男の急所に噛みついて助けて貰えるととっさに有紀は思った。
 だけどピーチは何処に行ったのか近くには見当たらない。有
 紀は必死で体を起こして逃げようとしたが、足がもつれて立ち上がれない。
 彩香ちゃんはなんとか立ち上がって外にでる非常口のドアに駆け寄ったが、ドアが開かない。
 男が江実矢君を捕まえようとして両手を広げて抱きつこうとしてきた。
 江実矢君が素早く身をかわして逃げたが、男二人に囲まれて部屋の隅に追いつめられた。
 男が江実矢君の足元をすくおうと体ごと飛び込んできたとき、ふと江実矢君の姿が消えた。
 江実矢君がとっさに飛び上がって宙返りをして男の背後に回り込んだんだ。
 江実矢君の体がもう一度天上近くまで高く飛び上がると今度は後から男の頭を足で蹴りつけた。
 男は体が前のめりになって転びそうになったが、平然とした顔で江実矢君に向き直った。
 もう一人の男が江実矢君の背後から飛びかかってきた。
 危ないと思ったとき、江実矢君の体がまた宙に浮くと前と後を殆ど同時に蹴りつけた。
 前と後の男の顎に江実矢君の踵がまともに入ったが二人ともびくともしない。
 男達は素早い動きで江実矢君の足を掴むと、思い切り力を込めてひっぱった。
 江実矢君の足が前後に開いたままの格好で宙に浮くと、体が一回転して下向きになった。
 ミニスカートが腰の下に垂れ下がって、アンダースコートのヒラヒラのレース模様が丸見えになった。
 男達が江実矢君の体を上下に揺すると、江実矢君は苦しそうにもがいた。
 そのまま男達が手を離すと江実矢君の体は頭から床にたたきつけられた。
 打ち所が悪かったのか、江実矢君はうめき声を上げただけでもう動けない。
 男が江実矢君のスカートを捲りあげると、アンダースコートの上から江実矢君の大事な物をギュッと握りしめた。
 江実矢君はあまりの痛さに体を震わせて涙ぐんでる。
「どうしてやろうか、女の子になりたいんだろう。俺たちが女してやるぜ」と男がいやらしい口調で江実矢君を怒鳴りつけた。
 江実矢君は男の子だ。
 その男の子を「女にしてやる」ってなんの事なんだろうと、有紀は怖くなった。
 男の子の大事な物をとっちゃうんだろうか、それとももっと他に有紀に思いつかないような凄いことをしちゃうんだろうか。
 江実矢君が大変な目に遭わされちゃうってことだけは確かだけど何をされるのか想像もつかない。
「お願い、恵美ちゃんは助けてあげて」と彩香ちゃんが怯えた声で男に頼んだ。
「私だったら、何でもします、だから恵美ちゃんは許してあげて」と彩香ちゃんに言われて男達が彩香ちゃんの方に顔を向けた。
 有紀もとっさに「私も何でもします、本当です」と男に頼み込んだ。
「本当になんでもするんだな」と男に念を押されて彩香ちゃんは「ここじゃ、いや」とわざと拗ねた口調で言い返した。
 彩香ちゃんと有紀が男達とすることを江実矢君には見られたくないのは有紀も同じだ。
「それじゃあ、一緒に来てもらおうか、何でも言うことを聞くなら、こいつは助けてやるぜ」と男が言い出したので有紀はこれで何とかなったと一安心した。
 男は床に転がっている江実矢君を後手にしばりつけると、口に白いボールで出来た猿轡を噛ませた。
 江実矢君には可愛そうだけど、今は江実矢君をこのまま置き去りにするしかない。
 男が非常口のドアを開けると、有紀は彩香ちゃんと一緒に男に連れられて裏通りにでた。
 きっとこのままラブホテルに連れ込まれて、朝までたっぷりオモチャにされるに違いない。
 でも江実矢君を助けるにはそれしかない。
 江実矢君が女の子にされるよりはよっぽど良い。
 たとえどんなことをされても我慢して男の言うなりに成るのしか今は方法がない。
 裏通りをしばらく歩くと、さっき来た神社の裏手にでた。
 ラブホテルまで近道だからと男に言われて四人は神社の中に入った。
 境内に入ると両側に並んだベンチにはカップルが一杯並んで抱き合ってるのが見えた。
「しゃぶるの大好きなんだろう、しゃぶらせてやるぜ」と男に言われて有紀は何をやれば良いのかすぐに気が付いた。
 男は境内の中央の明るい街灯の下に立って、ズボンを膝まで下げた。
 カップルが座ってるベンチの目の前で、こんな所でフェラチオなんかしたら丸見えだ。
 だけど江実矢君を助けるためにはやるしかない。
 有紀が夢中になって男の大事な所に舌を絡ませると、彩香ちゃんもすぐ横で舌を使い始めた。
 不意に男の大事な物が明るく輝いたので有紀はあれっと思った。
 どこかから懐中電灯でてらしてるらしい。
 変だと思って左右を確かめると少しさきの茂みの中から懐中電灯がこちらに向けられている。
 どうやらここの神社の茂みにはカップルを覗き見している痴漢男が隠れているらしい。
 それも一人だけじゃなくてあちこちに懐中電灯らしい灯りが見えて有紀はびっりした。
 有紀は見られていると思うと急に体が熱くなって頭がくらくらしてきた。
 痴漢によく見えるように有紀は顔を上に上げてわざと口を大きく開いて舌先を男の先端に絡ませた。
 男の大事な物がどんどん固さを増して、大きくそそり立ったので有紀は嬉しくなった。
 有紀の耳元で「ピチャピチャ」と舌の音が聞こえてきたので、有紀は横目で彩香ちゃんの様子を確かめた。
 口の中に唾を溜めて息を吸い込みながら音を立ててるらしい。
 彩香ちゃんはフェラチオのテクニックにかけては有紀よりずっと凄い腕前だ。
 有紀も彩香ちゃんの真似をして口に唾を溜めてピチャピチャと音をたてようとやってみた。
 最初はうまく出来なかったけど、工夫して舌先を丸めて口の中を吸いながら動かすと彩香ちゃんと同じに「ピチャピチャ」と音が出たので有紀は嬉しくなった。
 顔をちょっとだけ上に向けて、男の顔を見上げると男と視線が遭った。
「なかなか上手じゃないか、凄いぜ」と男が言ってくれたので有紀は夢中になって舌を動かした。
 男の腰がピクンピクンと何度か震えると、有紀の口の中の男の物が急に喉の奥に押しつけられてきた。
 口に出して貰えるんだと有紀が期待で胸が熱くなったのと同時に喉の奥に弾けて飛ぶ感触があった。
 有紀は嬉しくて体中が宙に舞い上がったような気分で幸せを噛みしめた。
 男が体を離すと、有紀は彩香ちゃんの様子を確かめた。
 彩香ちゃんは得意の秘術を繰り出して男を責めてるけどすぐに終わりそうにない。
 男の様子を確かめようと、彩香ちゃんが上を見上げて男の弱いポイントを掴んだみたい。
 一気にフィニッシュをかけると男はもう我慢しきれ無くて腰を震わせて、前に突き出した。
 彩香ちゃんの顔が嬉しそうに微笑むと、至福の表情のまま口を開けた。
 口元から滴りおちそうになるのを舌で嘗め回してる顔は本当に幸せ一杯で夢心地の表情だ。
「おい、こっちに来るんだ」と男にせかされて有紀は彩香ちゃんと一緒に神社の門の方に向かって歩き出した。
 狛犬のすぐ横からセーラー服を着た女子高生らしい姿がちらっと見えた。
 有紀は女子高生の着ている制服が四つ葉学園の制服に似ているのであれっと思った。
 そう言えばこの地上には四つ葉学園の女の子二人と良一君も一緒に逃げてきたはず。
 出会い軽喫茶でビデオチャットをしたあとは、すっかり忘れていた。
 四つ葉学園の女の子達だったら戦闘訓練を受けているからこんな男なんかすぐにやっつけちゃうはず。
 有紀が狛犬の方に手を振ろうとしたとき、女の子の姿が見えなくなった。
「おい、こっちだぜ、こっちに来るんだ」と男が有紀の手を引っ張った。
 男達が連れ込んだのは、神社のトイレだ。
 古くて薄汚いトイレは、臭いがして気分が悪くなりそう。
 男が彩香ちゃんの手をひっぱって奥の女子トイレの個室に引っ張り込んだ。
 有紀も隣に女子トイレの個室に男に背中を押されて入った。
 こんな所で何をするつもりなんだろうと有紀は不審に思った。
 洋式のトイレは蓋が無、白い陶器の面が汚れているのが見えた
「おい両手を前に突くんだ、そこだ」と言われて有紀は便器の端に両手をついて前屈みになった。
「じっとしてろよ、動くんじゃねえぞ」と男が言うと、有紀のお尻に手をあてがって中指の先を花園に押し込んできた。
 そんな事をされたって気持いい訳無いのにと思うと有紀はなんだか情けない気分になった。
 男達は彩香ちゃんと有紀に良い思いをさせるのは上手だけど、結局は自分たちが楽しみたいだけなんだ。
 今は何をされても逆らえないのが悔しくて有紀は思わず涙がこみ上げてきた。
 男の指先は花園を押し回しながら少しずつ奥に入ってくると、場所を変えながら指先を震わせてきた。
 何をしてるのかすぐには判らなかったが、どこか場所を探してるらしい。
 不意に男の指先が触れた所から電流が流し込まれたように、有紀の体を突き抜けて通った。
 男のは今度は指先を強く押さえつけるようにしてきつく手首全体を激しく動かしてきた。
 激しい電流が続けざまに有紀の体を突き抜けると、有紀の背中が震えて体全体が上下に揺れて止まらなくなった。
 有紀はさっきSMショーで彩香ちゃんが悶絶したあの「潮吹き」を男が今やってるんだと気が付いて急に嬉しくて胸が一杯になった。
 彩香ちゃんだけ気持ちよくしてもらうなんて絶対ずるい。
 有紀も彩香ちゃんと同じ体験をして気持ちよくしてもらえるなんて本当に嬉しくて堪らない。
 壁を隔てた隣の個室から彩香ちゃんが「ぁ、ああ、−」と大きな声を出すのが聞こえてきた。
 彩香ちゃんも男に同じ事をされているらしいと判って有紀は彩香ちゃんに聞こえるように「ああーー、ぁん」と甘えた声をだした。
 きっとトイレの外の茂みに痴漢男が隠れてるこっそり盗み聞きしてると思って有紀はわざと「凄いの気持ちいい、本当に凄い」と大声を出した。
「そんなに気持いいのか」と男がいやらしい口調で有紀を責めながら呟くと有紀は恥ずかしくて顔が火照った。
「もっと気持ちよくしてーーー」と有紀がまた痴漢に聞こえるように大声をだすと男は嬉しそうに微笑んだ。
 すぐに男の指先がまた場所を変えて感じる所を探り始めた。
 さっきより激しい電流が男の指先から流れ込むと、激しい快感の渦が有紀の体を突き抜けた。
「あああぁぁーー」と有紀が大きく叫び声を上げると、今度は自分の声が恥ずかしくなって体が熱くなった。
 男の手首が激しく動いて有紀の敏感な所は責め立てると有紀は自分でも愛液が溢れ出すのが判った。
「そろそろ、準備が出来たかな」と男が呟くと、男の指先が花園から離れて有紀のアナルの周りを揉み始めた。
 有紀は男は今度は何をするつもりなのか判らなくて当惑して頭を上げた。
 アナルの周囲のきつく張りつめた筋肉を柔らかく揉みほぐすと、男の指先がアナルの中に滑り込むようにして入り込んだ。
 アナルを押し広げるように内側から揉みながら押し回してくる指の動きは随分と手慣れてる。
 何度も繰り返しアナルを内側を揉みほぐしてから男の指先が離れた。
 これでやっと終わったと有紀が一安心したとき、アナルに太くて柔らかいものが触れてきた。
 男の大事な物の先端が触れたのだと有紀はすぐに気が付いた。
 そんな所に入れられたって気持が言い訳が無い。
 これは飛んでもない事になりそうだと有紀が思ったとき、男が腰に力をいれて前に押し出してきた。
 揉まれて柔らかくなった入り口を押し広げて先端が中に押し込まれると、有紀のアナルは男の大事な物をすっぽりと飲み込んだ。
 有紀はお腹の奥でなんだか変な感触が胃袋の上まで届いてきて苦しくて額に汗が浮かんだ。
 すぐ隣の個室からも「そこじゃないの、だめ、そこはだめ」と彩香ちゃんが大きな声を出すのが聞こえてきた。
 彩香ちゃんも男に同じ事をされてると判って有紀は少しだけ気分が楽になった。
 男がゆっくりと腰を回しながら、すこしづつ前後にゆするとくすぐったいような感触がアナルの筋肉に伝わってきた。
 繰り返し男が腰を使うと何だか有紀は変な気持になって、思いがけない感触が有紀の体を突き抜けた。
 こんなことされても気持ちいいはずないのに、なぜか理由が判らないけど有紀の体は鋭い快感に酔いしれて熱く震えはじめた。
 有紀の反応を確かめながら男が巧みに腰を使うと、有紀の体は天国に羽ばたく天使のように宙を舞った。
 繰り返されるリズムの中で有紀は快感の渦に巻き込まれて次第に気が遠くなっていった。
 半分夢の中で「お願い私を女にして、本当の女にして」という女の子の声が遠くから微かに聞こえた気がした。

26.SMショーで本番中出輪姦調教<< ページトップ >>28.痴漢に捕まってラブホテルに連れ込まれる

女子高生援助交際アダルトビデオ

流出 東京援交女子高生 映像ファイル 年間250人の女子高生と「援助交際」を繰り返す男の記録
援助交際ハメ撮り投稿集 2枚組8時間
流出匿名撮影 素人美少女援交一夜の過ち 2
援交女子校生 悶絶生中出し4時間 [DVD]
超 素人援交生中出し 5時間 [DVD]
神待ち家出女子校生を自宅に連れ込んで中出しセックスを繰り返した男の記録 カルマ [DVD]