長編官能小説 彩香スペシャル〜三姉妹監禁志願

by七度柚希

目次

1.学園祭のお化け屋敷
2.三次元スキャナーで身体測定
3.ロボットダンスコンテスト
4.テレビのドキュメンタリー番組に出演
5.喫茶店でビデオチャット
6.SM倶楽部で強制調教
7.メイド喫茶でアルバイト
8.タコイーカ財団に拉致される
9.ロボット実験場に監禁
10.良一君はセックス専用ロボット
11.盗撮カメラで覗かれて
12.名犬ピーチと出会う
13.マンホールから地上にでる
14.四つ葉学園に入学
15.ホームルームの後は数学とパソコン実習
16.チアリーダー部は戦闘集団
17.本当の幸せは太陽の下
18.城の塔に昇って太陽を確かめる
19.怪物の触手から逃げて百合ちゃんの家に戻る
20.彩香ちゃんの家庭教師の勇二君が助けに来た
21.捕まって牢獄に監禁さた勇二君を見つける
22.通風口から脱出して地上に戻る
23.地上に出ると出会い系喫茶の店の中
24.ナンパされて神社の境内に連れ込まれる
25.SM倶楽部でショーの舞台に出る
26.SMショーで本番中出輪姦調教
27.神社の境内のトイレでアナルレイプ
28.痴漢に捕まってラブホテルに連れ込まれる
29.神社の境内で輪姦調教
30.ファンの男の子に追いかけられSM倶楽部に逃げ戻る
31.学園祭のお化け屋敷の中で彩香ちゃんが目を覚ます

12.名犬ピーチと出会う

あらすじ
 ロボット実験場の外には出られたけど、どうやって逃げ出せばいいのか判らない。ビデオチャットでオナニーしてる鈴木さんを見つけたが、鞭で叩かれて追い返された。彩香ちゃんの隣の家で飼っている犬のピーチを見つけたので、ピーチに逃げ道を探させると充電中のロボットが沢山並んでるのを見つけた。

 薄暗い廊下の先を進んでみると突き当たりだ。
 戻ろうと思って振り向くと、暗い廊下でチャリンと音がした。
 変だと思って床をよく見ると小さな金具が落ちてる。
 彩香ちゃんが拾って指先で触って確かめてみた。
 見た感じは細長い棒だけど取っ手も着いていて先が平らだから鍵に見えないこともない。
 もしかしてと思って、有紀は棒の先で壁を叩いてみた。
 壁のあちこちを棒の先で叩きながら押してみたが何事も起きない。
 だけど叩いたときの音が変わる場所があるのに有紀は気がついた。
 彩香ちゃんが棒を反対側に持ち替えて、棒の先を壁に押し込んで見ると急に壁が引っ込んだ。
 するっと奥まで壁が開くと小さなドアだったみたいで急に明るい光が差し込んできた。
 やっと身体がくぐれるくらいのドアだけどしゃがみ込んで覗いてみると、細長い通路の先には部屋があってさっき連れてこられた研究室みたいな感じだ。
 このドアからともかくこの変な世界から逃げ出して、所長のいる研究室に戻れるかもしれない。
 まず一番小柄な江実矢君が先にドアをくぐって中に入ってみた。
 狭い通路を四つんばいになって通り過ぎると江実矢君はすぐに立ち上がった。
  次に有紀が狭い通路を四つんばいで通り抜けると、つぎは彩香ちゃんの番だ。
 彩香ちゃんは背はそんなに高くないし体つきも中学生にしてはちょっと大柄なくらいだけど何しろ胸が大きい。
 四つんばいになると胸がじゃましてとても前に進めない。
 必死で胸を床に押しつけて背中を低くしても、身体が狭い入り口をなかなか通らない。
 江実矢君が必死になって彩香ちゃんの腕をひっぱってやっとの事で通路を抜け出した。
「いったい此処はどこなのかしら」と彩香ちゃんが辺りを見回しながら呟いた。
 細長い部屋の壁一面に小さなディスプレーが並んでいて、画面には何かが映っている。
 一つ一つディスプレーに映っている画像を確かめると、さっきまで居た出会い系喫茶の隠しカメラの画像らしい。
 この部屋で盗撮した画像を監視してるって事はもしかしてロボット実験場から上手く逃げ出せたのかもしれない。
 彩香ちゃんが部屋の天井を見回して「ねえ、此処で監視カメラを見てるってことは、ここには監視カメラが無いってことよね」と言い出した。
 言われてみると確かにそうだ。
「恵美ちゃん、大好き、私フェラチオ得意なのよ」と言うと彩香ちゃんが江実矢君にいきなり抱きついた。
 さっき江実矢君にフェラチオしようとして途中で止めたので、彩香ちゃんは気持が押さえられないらしい。
 彩香ちゃんが江実矢君のスカートをたくし上げて、アンダースコートを膝まで降ろそうとひっぱった。
 江実矢君が慌てて後に後ずさりすると彩香ちゃんは江実矢君に抱きついて離さない。
「恵美ちゃん、今すぐしゃぶらせて」と彩香ちゃんが江実矢君を壁に押しつけようとしたとき有紀は彩香ちゃんを後から抱きしめた。
 有紀が両手で、彩香ちゃんのFカップの巨乳をつかんで絞りあげるように押し回すと「有紀ちゃん、だめ」と彩香ちゃんが呻いた。
 有紀が必死になって彩香ちゃんの胸を揉み続けると彩香ちゃんは体を捩らせて「そんな、有紀ちゃんたら、らめ」と言葉にならない声で呟いた。
 彩香ちゃんが江実矢君から手を離すと、体の向きを変えて今度は有紀に抱きついてきた。
 しばらくして彩香ちゃんの気持ちがすこしづつ落ち着いてきたらしい。
「ここから逃げ出すのよ、今はそれが先よ」と有紀が彩香ちゃんをなだめると彩香ちゃんも納得した顔で頷いた。
 監視カメラの並んだ部屋のドアを開けると廊下が見える
 天井からの明るい照明が廊下の先までずっと伸びてる。
 廊下にはあちこちにドアや曲がり角があってここはロボット実験場の外の研究室らしい。
 誰か居るかもしれないと用心しながら歩いていくと、すぐ先に事務所らしい部屋が見えた。
 ピコピコと機械の音がして、誰かがパソコンの操作をしている気配がする。
 部屋のドアが半分開いているので、こっそりと中を覗いてみると黒い服を着た髪の長い女性がしきりにパソコンを操作してる。
 しばらく様子を見ていると女性は誰かとビデオチャットで喋ってるらしくて「こんにちは、初めまして」と話す声が聞こえてきた。
「彼氏ですか、今いないです」とか「最近エッチしてないです」とか何だか会話の雰囲気が変だ。
 ビデオチャットでナンパされてるらしいと気が付いて彩香ちゃんは口を半分あけて何か言いそうになったけど慌てて口をつぐんだ。
 パソコンの画面が3次元の立体表示に切り替わると、テレビの画面から飛び出すように太くて細長い物が飛び出してきた。
 さっき出会い系喫茶のパソコンのビデオチャットで見たのと同じで、男性の大事な物が立体画像で見えてるんだとすぐ判った。
 女性がその立体画像に顔を近づけると口を大きく開いて舌を突き出した。
 彩香ちゃんもびっくりした顔で目の前で起きてることが信じられなくて目を丸くしてる。
 三次元の立体画像を使ったビデオチャットでこんな事をするなんて、まったくこの研究所では何をやってるんだろう。
 馬鹿馬鹿しいけど、一度やってみたら癖になりそうな気がして考えただけでも頭が変になりそう。
「いやです、絶対だめ」と女性が大声を出すのが聞こえてきた。
 本当にいやがってる口調ではなく、わざといやがっている振りをしてるらしい。
「言うことを聞かないと、ビデオチャット止めるぞ」と男の声が微かに聞こえてきした。
「お願い許して」と女性が言ってるけど何を許して欲しいのか意味が分からない。
「お願い止めちゃだめ、ビデオチャット止めないで」と情けないくらい弱々しい口調で女性が男にお願いをしてる。
 ビデオチャットを止めるぞと男に脅されて逆らえないらしい。
 以前も出会い系喫茶で彩香ちゃんや有紀がビデオチャットしたときも男に同じ事をいわれた。
 ビデオチャットでは、言うことを聞かないとビデオチャットを止めるぞといって脅かすのもプレーの内らしい。
 女性は立ち上がってズボンを膝まで脱ぐと、下に履いた黒のレースのパンティーが丸見えになった。
 スケスケのパンティーは彩香ちゃんのお母さんだって履かないくらいにお色気たっぷりで、いかにも男が喜びそうな怪しげな雰囲気だ。
「お願い、許してこれ以上はだめ」と女性の声が聞こえたが、いやがってる口調ではない。
 無理矢理に男に命令されるのが快感らしくて、男が強い口調で怒鳴りつけられるのを待ってるらしい。
 男にまた何か言われると黒いレースのパンティーを膝までずらして股を大きく開いた。
 パソコンの座席の下にもテレビカメラがあって、相手の男にも三次元の立体画像が見える仕組みらしい。
 右手でパソコンのマウスを操作しながら左手を大きく開いた股の奥にあてがって指先を動かしてるのが遠くからでもはっきりと見えた。
「ああ、ん、気持ちいいの」と女性が喘ぎながら大きな声をだしてるのを聞いて有紀はもう呆れるしかなかった。
 男に指の使い方を指示されて、あれこれやってる内に女性の上半身が小刻みに揺れて震えだした。
「もうだめ、、許して、ああん、いくーーー」と女性が言いながら何度も頭を仰け反らせた。
 ビデオチャットで相手の画像を見ただけでそんなに気持良いはずはない。
 お互いに気持ちいい振りをして演技をしてるだけだと有紀は思った。
 だけど実際に目の前でやってるのを見てると、もしかして本当に病みつきに成る程気持ちいいのかもしれない。
「だめです今仕事中だから、出られません」と女性が言い訳してるのが聞こえてきた。
「だから、仕事中だから今すぐデートなんかできません、また今度にしてください」と女性が話すのを聞いてこれから会おうと男に誘われてるんだと判った。
 有紀はふと良いことに気が付いた。
 仕事中だからと言い訳をして男の誘いを断るって事は、仕事中じゃなければ男と待ち合わせして会ったりできるのかもしれない。
 だとすればこのタコイーカ財団の研究所からは、結構簡単に外にでられるって事になる。
 彩香ちゃんも同じ事を思ったらしくて、有紀の手を握りしめると嬉しそうな顔で何度も頷いた。
 しばらくして相手の男性の画面が消えると、女性はズボンをはき直して椅子に座り直した。
 肩を上下に震わせながらゆっくりと息を吐き出す様子は、とても演技でしてるとは思えない。
 しばらくして息が楽になってくると、女性は気を取り直したのかまたパソコンの操作を始めた。
 いったい何をしてるのかよく判らないけど、普通に表計算ソフトを使ってる見たい。
 一目見た感じは普通のオフィスで仕事をしてるようにしか見えない。
 仕事が一段落したらしくて、女性が戸棚の書類を取ろうとして横を向いた。
 有紀と女性の目が合うと「あれ、あなた達、どうしたの」と女性が三人を見つけて声を掛けてきた。
「こんな所で何してるのよ、何時来たの」と優しそうな口調で女性が聞いてきた。
 これでやっと助かったと彩香ちゃんは顔が綻んだ。
 とっさに「あの、すみません」と女性に返事をした。
 彩香ちゃんの声を聞くと女性の顔が恥ずかしそうに微笑んだ。
 さっきビデオチャットでしてたことを見られたと思ったらしい。
「お願い、内緒にしてくれるわよね」と女性に言われて彩香ちゃんも嬉しそうに微笑を返したした。
 彩香ちゃんの笑顔をみて、女性の顔が引きつったのを彩香ちゃんは見逃さなかった。
「仕事中ですよね、今、仕事中にビデオチャットしていいんですか」と彩香ちゃんが弱みをついて畳みかけた。
「あなたたち、いつから居たの」と女性に聞かれたけどわざとすぐには答えない。
少し間をおいてから「ずっと前から見てました」と彩香ちゃんが意地悪そうに答えた。
「お願い内緒にしてね、私悪いことなんかしてないから、ホントよ」と言ったあと女性の口元が震えるのがはっきり見えた。
 もしかしたらこの研究所に居るのは悪い人ばかりじゃないのかもしれない。
「どうすれば、ここから出られるんでしょうか」と彩香ちゃんが聞いてみると、女性が立ち上がってこちらに向き直った。
 真面目そうに眼鏡を掛けて、髪の毛の長い女性は黒のスーツを着てる。
 女子大生の女の子が就職活動の時よく着てるスーツだと有紀にもすぐ気がついた。
 新学期の4月の初めには、朝の電車にはよくこの真っ黒なスーツを着てる女の子が大勢乗り込んでくる。
 彩香ちゃんも以前から不思議に思ってたけど、家庭教師の勇二君が教えてくれたといって有紀にも理由を話してくれたことがある。
 就職活動をするときは女の子はみんな黒いスーツを着て、女の子は大抵がズボンを履くらしい。
 男の子のスーツは、たいてい上着もズボンもぶかぶかだけど、女の子のスーツは胸とお尻が目立つようにぴっちぴちに伸びる生地で作ってあるんだ。
 大きな胸がぴっちぴちの上着からつんと突き出してるのを見て、江実矢君は目のやり場に困った顔をしてる。
 そんなに巨乳という程でも無い大きさの胸だけど、身体が小柄なので随分と目立つ大きさだ。
 スーツの胸には「鈴木」と名札が着いてる。
「あなた達、いつからここに居るの」と鈴木さんがもう一度聞いてきた。
 上手く話しをもちかければきっとここから出る方法を聞き出せるに違いない。
 彩香ちゃんが「私もフェラチオ大好きなんです、黒いスケスケのレースのパンティーもとても素敵ですね」とわざと思わせぶりに話しを向けた。
 鈴木さんはどきっとした顔をしてしばらく黙ったまま彩香ちゃんの顔を見つめた。
「あなた、フェラチオ大好きなのね、誰にフェラチオ教えてもらったの」と鈴木さんに言われて今度は彩香ちゃんがドキッとした。
「フェラチオは女の子だったら誰でも大好きよね、だけど相手がいないと出来ないでしょう」と鈴木さんに言われて有紀も確かにそうだと思った。
「いつフェラチオしたのか言いなさい、最近フェラチオしたんでしょう、大好きなんだからいつもしてるんでしょう」と鈴木さんが今度は大声で怒鳴りつけてきた。
 彩香ちゃんはどう答えていいのか判らずに「そんなの関係ないでしょう」と怒鳴り返した。
「そんなの関係ないでしょう」と怒鳴るのは同級生の男の子と喧嘩する時の彩香ちゃんの口癖だ。
 これは不味いことになりそうだと有紀は心配な気がしたけどもう遅い。
「いいから答えなさい、私に逆らえると思ってるの」と女性が大きな声で怒鳴るとすぐ横に置いてある棒を手にした。
 棒の先は長い紐がついてるけど、何で紐なんか付いてるのか訳が分からない。
 鈴木さんが大きく手を振り上げると、ぴしゃっと紐が目の前で空気を切り裂く音がした。
 江実矢君がひらりと身をかわして、彩香ちゃんに抱きついてきた。
 彩香ちゃんのすぐ顔の前を紐先が鋭い音を立てて飛び跳ねた。
 彩香ちゃんの身体がピクンと引きつると、今度は有紀に倒れかかってきた。
 有紀は背中を壁に押しつけて仰け反った格好で立ってるのがやっとだ。
 鈴木さんが手にしているのは長い鞭だ。
 それも大きくて長くて、まるでサーカスで象の調教にでも使うようなおっきな鞭。
 こんな鞭で叩かれたりしたらたまったものじゃない。
 痛いなんてのを通り越して、気絶するどころか身体がちぎれて飛んで行っちゃいそうだ。
 もう一度鈴木さんが大きく手を振り上げて、鞭を叩きつける格好をした。
「ひいい、、」と彩香ちゃんが声にならない叫びを上げると「タスケテー」とまた喉の奥から絞り出すような声を出した。
「ベータテストは明日からよ、さっさと戻りなさい」と鈴木さんが言うと今度は鞭で床をぴしゃりと叩きつけた。
 床で跳ねた鞭の先が、飛び上がって天井を打つと幾重にも波打ってからまた床に落ちてきた。
 とても恐くて話しなんかしていられない、江実矢君が彩香ちゃんの手を引っ張った。
 彩香ちゃんは足が震えてとてもすぐには動けそうにない。
 有紀も慌てて彩香ちゃんのお尻を後から押しながらゆっくりと後ずさりをした。
「ちょっと待ちなさい」といきなり背後から鈴木さんの怒鳴る声が聞こえた。
 うっかり捕まったらまたどんな目に遭わされるのか判ったもんじゃない。
 有紀が慌てて彩香ちゃんのお尻を押して、逃げようとするといきなりぴしゃっと鈴木さんの鞭が飛んできた。
 鞭の先が彩香ちゃんの足首に絡みつくと、彩香ちゃんが前向きに倒れてFカップの胸が床にたたきつけられた。
 有紀は慌てて彩香ちゃんを抱き起こそうとしたが、すぐに鈴木さんが有紀の後まで近づいてきた。
 江実矢君が逃げようとして駆け出したとき、鈴木さんの鞭がまた跳ねて江実矢君の足首に絡みついた。
 スッテンコロリンと江実矢君が床に転ぶと、江実矢君のお尻に鈴木さんの鞭が叩きつけられた。
 江実矢君は体ごと飛び上がると声も出さずに床に倒れ込んだ。
 有紀は怖くて足がすくんで、逃げだそうにも体が凍り付いて動かなかった。
 鈴木さんが彩香ちゃんの足元に立つと「あなたさっき、『タスケテー』と言ったわよね。誰に助けて欲しいの」と聞いてきた。
 有紀には鈴木さんが何をいいたいのかさっぱり意味が分からなかった。
 鈴木さんが「誰が助けてくれるの、誰か助けてくれる人がいるから、フェラチオするんでしょう」とまた変なことを言い出した。
 助けてもらうんだったら一番頼りになるのは彩香ちゃんだったらママだ。
 だけどフェラチオは男の人を相手にするエッチな技で、ママを相手にフェラチオなんかできない。
 彩香ちゃんも鈴木が何を言ってるのか判らなくて、黙って鈴木さんから目をそらせた。
 鈴木さんが手にした鞭の先で彩香ちゃんのゴスロリのワンピースの裾をまくり上げた。
 鞭の柄を彩香ちゃんの真上に突き出すと、鞭の先が彩香ちゃんの股の間に蛇のようにとぐろを巻いて絡みついた。
 鈴木さんが鞭の柄をゆっくりと廻しながら揺すると、長い鞭が生き物のように動いて彩香ちゃんの腿も這い回った。
 鞭の先が彩香ちゃんの敏感な所を探りあてたらしくて、彩香ちゃんの体が仰け反って震えた。
 鈴木さんの巧みな手さばきで鞭の先が彩香ちゃんのパンティーの奥まで入ると回りながら狭い入り口をこじ開けた。
 不意に彩香ちゃんが腰を高く抱え上げると、彩香ちゃんの腰が上下に動き出した。
 有紀は目の前で何が起きているのか訳が分からなくて、目を見開いて彩香ちゃんの腰の動きを見つめた。
「あ、ああぁ、」と繰り返し彩香ちゃんの喉の奥から絞り出すような喘ぎ声が聞こえてきた。
「あなたタイプスリーなのね、やっぱり」と鈴木さんが大きな声で言うと鞭の先を彩香ちゃんの股間から離した。
「そっちの子もタイプスリーよね」と鈴木さんがまた言うと、江実矢君の腰の上に鞭の先を掲げた。
 これは大変だ。
 彩香ちゃんは女の子だから鞭で大事な所を責められたら気持いいけど、男の子の江実矢君が鞭で大事な所を責められたら痛くて死んじゃうはず。
 なんとか江実矢君を助けようとおもったけど、鈴木さんの鞭が怖くて有紀には何もできない。
「恵美ちゃんもタイプスリーです、そうなんです、私達みんなタイプスリーです」と彩香ちゃんが大声で叫んだ。
 鈴木さんは納得した顔で鞭を手元に引き寄せると江実矢君はやっとの事で体を半分起こした
「さっさと戻りなさい、ベータテストが始まるのは明日よ、あなた達まだ、検収テスト前でしょう」と鈴木さんがまた訳の分からないことを言ってる。
 ともかく今は逃げるのが先だと思って、有紀は彩香ちゃんを抱き起こした。
 江実矢君も必死で立ち上がると、鈴木さんに背を向けて逃げ出そうと歩き出した。
 もときた部屋に戻ると、監視カメラの画像が壁一面にまだ映し出されていた。
 一旦あのロボット実験場に戻ったほうがいいと思ってさっきの小さなドアを開けようとしてみたけど鍵がないと開かないらしい。
 さっきの鍵を探してみたが鈴木さんに鞭で脅されたとき落としてきちゃったみたい。
 他に行く場所もないので、他の部屋を探して廊下を他の方角に進んでみた。
 しばらく進むと行き止まりでこれ以上先には進めない。
 戻ればさっきの鈴木さんの居る部屋しかない。
 どうしようかと思っていると「くんくん」と鼻で匂いを嗅ぐような音がどこかから聞こえて来た。
 耳を澄ませると通路の奥から聞こえてくる。
 金網のような模様の付いた壁の向こうから聞こえてくるので、江実矢君が壁を押してみた。
 少し動いたので今度は引っ張ってみるとすっと壁が開いた。
 壁の奥から出てきたのは小さな犬だ。
 見覚えがある子犬は、彩香ちゃんの家の隣で飼ってるピーチだ。
 足の短い茶色の子犬は、目の上に眉毛みたいな模様があるのでピーチに間違いない。
 なんでピーチがこんな所にいるのか判らないけどどっかから迷い込んだに違いない。
 ここに迷い込んだと言うことはピーチが来た道を逆に辿ればここから出られるはず。
 江実矢君が奥の壁を押してみるとどこかに通じてるらしい。
 ピーチがくんくんと鼻を鳴らしてる。
 犬だから来た道は匂いで判るはず。
 ピーチを床におくとしっぽを振りながら壁に開いた穴の奥に先に進み始めた。
 四つんばいになってやっと通れるくらいの道を進むと、何度か角を曲がってどこを進んでいるのか判らない。
 しばらく進むと急に狭い通路から大きな地下道にでた。
 車が通れそうなくらいの広い道には、天井が円くなっていて床にはトラックの通った車輪の跡らしい物が見える。
 天井からも黄色いランプが照らされていて、まるで高速道路のトンネルみたい。
 地下道の両脇には大きな部屋が幾つもある。
 近くの部屋に入ってみると大きな箱の中に人らしい姿があって彩香ちゃんははっとして悲鳴を上げそうになった。
 大きな細長い箱は蓋が開けてあって、なかに中学生くらいの女の子の身体が入ってる。
 目を開けたまま、身動き一つしないその身体は不気味でとても正視できない。
 死んでると有紀も思ったが、それならピーチが匂いで判るはず。
 ピーチは箱の中身に気がついてる様子はない。
 よくみると肌色をした女の子の人形みたいな感じで、髪の毛や肌のきめも本物そっくりだ。
 箱がいくつも置いてありまだ蓋があいてない箱もある。
 箱にはあのタコイーカ財団のマークもついてる。
 伝票みたいな大きな紙切れが箱の横に貼り付けてあり英語で文字や番号が一杯書いてある。
 棺桶なら番号なんか書くわけない。
 なんだか薄気味悪くて部屋を出るとまた少し先に大きな広間に出た。
 体育館みたいに広い広間は、周囲が鉄骨で囲まれていて中央に変な物が置いてある。
 背の高い塔の周りにぐるりとさっき見た女の子の人形が並んでいる。
 小さなベッドに寝かされた人形は裸で足を広げて膝を立てている。
 女の子達は体つきは全部同じで、中学生くらいにしてはちょっと小柄。
 顔は一人一人みなちょっとだけ違うけど、とても見分けが着かない。
 塔からは細長いホースみたいな筒が沢山でていて、女の子の股の間に差し込まれている。
 いったい何をしてるのか判らないけど、女の子の目が赤く点滅してるのに有紀は気がついた。
 塔のてっぺんにも赤いランプがあって、点滅を続けている。
「ねえ、これきっと充電してるのよ」と彩香ちゃんが小声で呟いた。
 そう言えばケータイの充電をするときにも赤いランプがつくからそれと一緒みたい。
 江実矢君が人形の近くにいって、電極らしいホースに触ろうとしたので有紀は慌てて江実矢君を引き留めた。
 本当に電極だったら触っただけで感電しちゃうかもしれない。
 しばらく彩香ちゃんは不思議そうな顔をして広間の中を見まわしていたが、他になにもない。
 いつまでもこんな所にいてもしょうがないし、ともかくここから逃げ出すのが先決だ。
 地下通路にもどってしばらく進んでみたが、その先は行き止まりで茶色のレンガの壁があるだけ。
 その先にはもう進めない。
 ピーチはくんくん鼻を鳴らして上を見上げてるが天井は真っ暗で何も見えない。
 諦めてピーチの周りで三人で寝そべると疲れが出てもうとても動けない。
 目をつむるとすぐに眠くなっていつの間にか三人とも寝てしまった。

11.盗撮カメラで覗かれて<< ページトップ >>13.マンホールから地上にでる

女子高生援助交際アダルトビデオ

流出 東京援交女子高生 映像ファイル 年間250人の女子高生と「援助交際」を繰り返す男の記録
援助交際ハメ撮り投稿集 2枚組8時間
流出匿名撮影 素人美少女援交一夜の過ち 2
援交女子校生 悶絶生中出し4時間 [DVD]
超 素人援交生中出し 5時間 [DVD]
神待ち家出女子校生を自宅に連れ込んで中出しセックスを繰り返した男の記録 カルマ [DVD]