長編官能小説 彩香スペシャル〜三姉妹監禁志願

by七度柚希

目次

1.学園祭のお化け屋敷
2.三次元スキャナーで身体測定
3.ロボットダンスコンテスト
4.テレビのドキュメンタリー番組に出演
5.喫茶店でビデオチャット
6.SM倶楽部で強制調教
7.メイド喫茶でアルバイト
8.タコイーカ財団に拉致される
9.ロボット実験場に監禁
10.良一君はセックス専用ロボット
11.盗撮カメラで覗かれて
12.名犬ピーチと出会う
13.マンホールから地上にでる
14.四つ葉学園に入学
15.ホームルームの後は数学とパソコン実習
16.チアリーダー部は戦闘集団
17.本当の幸せは太陽の下
18.城の塔に昇って太陽を確かめる
19.怪物の触手から逃げて百合ちゃんの家に戻る
20.彩香ちゃんの家庭教師の勇二君が助けに来た
21.捕まって牢獄に監禁さた勇二君を見つける
22.通風口から脱出して地上に戻る
23.地上に出ると出会い系喫茶の店の中
24.ナンパされて神社の境内に連れ込まれる
25.SM倶楽部でショーの舞台に出る
26.SMショーで本番中出輪姦調教
27.神社の境内のトイレでアナルレイプ
28.痴漢に捕まってラブホテルに連れ込まれる
29.神社の境内で輪姦調教
30.ファンの男の子に追いかけられSM倶楽部に逃げ戻る
31.学園祭のお化け屋敷の中で彩香ちゃんが目を覚ます

5.喫茶店でビデオチャット

あらすじ
 出会い系喫茶でビデオチャットしてる場面を撮影をする事になる。男の子は話しが上手くてビデオチャットセックスに誘われて断れない。江実矢君も女の子の振りをして男の子とビデオチャットしたけどエッチな話しを振られて危ない雰囲気。

 少し先の細い通りを曲がって、非常口らしい階段からビルの二階に上がった。
 裏口から中に入ると、細長い部屋に女の子の匂いが充満して鼻につんと来た。
 どこに連れて来られたんだろうと思って有紀は、部屋の中を眺めて確かめた。
 右手には漫画の本棚が沢山並んでいて、左手にはカウンターの席がずらっと並んでいる。
 中央のテーブルには飲み放題の飲み物がいっぱい並んでいてその横にはお菓子も置いてある。
 カウンターのテーブル席にはノートパソコンが一台づつ置いてあって、カウンターの前の壁は全面が鏡になってる。
 ちょっと見た感じは漫画喫茶みたいだけど、壁が全部鏡というのもなんだか変だ。
 カウンターの席には女子高生らしい女の子が数人座っていて、頭にヘッドホンマイクを付けてる。
 女の子のしゃべり声がとぎれとぎれに聞こえてくるけど、誰かと話してるにしては何だか雰囲気が変だ。
「だめ」とか「ううん」とか甘えた声で喋ってる。
「君たちね、ビデオチャットってやったことあるから」と男が彩香ちゃんに聞いて来た。
 ビデオチャットは、パソコンに付いてるカメラでお互いに相手の画像を見ながら知らない相手とおしゃべりする仕組みだ。
 彩香ちゃんの部屋にもパソコンが置いてあって、彩香ちゃんがビデオチャットするのを何度か見せてくれたことがある。
 友達とビデオチャットする事もあるけど、大抵はビデオチャットの相手は見知らぬ男性だ。
 パソコンを使ってるからなんだか上等な事をしてるみたいだけど男の人は女の子とエッチな会話をしたいだけ。
 彩香ちゃんもママからはビデオチャットは絶対に知らない人とやったらだめときつく言われてる。
「ビデオチャットならやったことあります」と彩香ちゃんが返事をすると「じゃあ、ちょっと試しにやってみてくれるかな。三人ともビデオチャットは大好きなんだろう」と空いてる席に案内された。
 きっと相手は男の人でエッチな会話をさせられるに決まってる。
 だけどこれはテレビのドキュメンタリー番組の収録のはず。
 少しくらいエッチな話しにはなっても、そんな大変な事にはならないはずだと有紀は思い直した。
 ちょうど空いてる席に三人でばらばらに座ってヘッドホンを頭に着けた。
 パソコンの画面には相手の男の子の一覧が出てるからログインしたあとは待ってるだけで言い。
 てっきりビデオチャットしてるのを横で撮影する物とばかり思ってたけど、撮影はビデオチャットに映ってる画面をそのまま録画して使うらしい。
 まず最初に声を掛けてきたのは、さっきの譲治さんだ。
「あ、きみ恵美ちゃんだったね、あいや彩香ちゃんだっけ」名前をちゃんと覚えていない。
「有紀です」と有紀が言い直すと「ああ、そうだったね、有紀ちゃんだね、可愛いね、その服可愛いね。やっぱり女の子はセーラー服だよね」と譲治さんが言ってるけどなんだか変だ。
 有紀が着てるのは撮影用にテレビ局で用意してくれたゴスロリ風のピンクのワンピースだ。
 譲治さんはパソコンの操作はあまり得意じゃないみたいで、他の女の子の画像と勘違いしてるみたい。
 しばらく返事をしないで黙っているとちゃんと画面が映ったらしくて「いや、さっきはごめんね」と最初の挨拶。
さっき彩香ちゃんに彩香スペシャルを食らったせいで譲治さんはまだ痛そうな顔をしてる。
「有紀ちゃん彼氏いるのかな」と譲治さんが聞いてきた。
「彼氏は居ません」と有紀が答えると「じゃあ寂しいね、最近エッチしてないんだね」と早速エッチな話題を振ってきた。
「そうですね、毎日寂しくて泣いてます」と有紀はわざと大げさに返事をした。
「じゃあ、彼氏すぐにでも欲しいよね。どんな男の子がタイプなのかな」と譲治さんに聞かれた。
 さっきスカウトの男にも同じ事を聞かれたを思い出して有紀は「男らしくて格好いい人です」と試しに答えてみた。
「どんな男の子が格好いいのかな、好きなタイプの男の子に出会えたら嬉しいよね」とまた譲治さんに聞かれて有紀はわざと「肩幅が広くって胸が厚くて、お腹の大きい人が格好いいです」と言ってみた。
 すると譲治さんは嬉しそうな顔をして「俺ならぴったしだぜ。有紀ちゃん俺と付き合いたいんだね」と勝手に一人合点してる。
「彼氏がいないと寂しいだろう。寂しいと気持ちいいことしたくなるよね」と途中まで言いかけて譲治さんの画面は消えてしまった。
 どうやら譲治さんはパソコンの操作は苦手らしい。
 すぐに別の男の子が「やあ、こんにちは」声をかけてきた。
 すぐ近くで「こんにちは」と挨拶する彩香ちゃんの声が聞こえてきた。
 彩香ちゃんも誰か他の男の子とビデオチャットを始めたらしい。
 江実矢君も仕方なく、女の子の声を作ってビデオチャットの相手をしてるみたい。
 有紀が相手の男の子に「こんにちは、初めまして」と返事をすると「今暇かな」と聞かれた。
 パソコンの画面に映ってるのは、まだ高校生くらいの男の子で見た目はお洒落だけど何だかちょっと雰囲気が恐い。
 変な事になるとやだと思ったけど、ビデオチャットで話してみるとそんなに危ない感じでもない。
 店にいる女の子達も皆パソコンの画面に向かっておしゃべりをしているので、この店はパソコンでビデオチャットをするのが目的の店らしい。
 男の子は話しが上手くて調子よく話しを続けるので、一度話し出すとなかなか止められない。
 世間話で話しが弾んで楽しい気分に成ってきたとき男の子が「学校に行くと、痴漢にあったりした事ない」と聞いてきた。
 何だか変だと思ったけどさっき面接で男にも痴漢の事を聞かれたのを有紀は思い出した。
「そうです、たまに遭います」と試しに答えてみると男の子がすぐに「痴漢に遭うと気持ちよくなっちゃうよね」とエッチな事を聞き出そうとしてきた。
 有紀は男の子はみな同じ事を聞くらしいと、男の子の意図に気がついた。
 エッチな話題をそれとなく振って、話している内に女の子が感じて来たらオナニーをさせるんだ。
 ビデオチャットしながら男の子の見てる前で女の子がオナニーするのをビデオチャットセックスと言うんだと聞いたことがある。
 有紀は今そのビデオチャットセックスに誘われてるんだと気が付いて胸がドキドキしてきた。
 不意に彩香ちゃんが「だめっ」と小声で叫ぶのが聞こえた。
 彩香ちゃんがビデオチャットセックスをもう始めてるんだ有紀はすぐ気が付いた。
 彩香ゃちんがしてるなら自分もしてもいいはずだと有紀は自分に言い訳をした。
 ビデオチャットでならお互いに相手が誰だかは判らない。
 普段友達と話せないようなエッチ話しだって、話しても全然構わない。
 そう思うと有紀はビデオチャットが止められなくなった。
「いつもやってることがあるだろう、気持ちいいことしてるよね」と男の子に言われて有紀は素直に「はい、してます」と答えた。
 男の子が次に何を言い出すのか有紀はドキドキして男の子の言葉を待った。
「指で膝頭を撫でてごらん、指先でくすぐるようにして膝頭を撫でるんだ」と男の子に言われて有紀はもう逆らえなかった。
 男の子に言われたとおりにそっと右手を膝頭の上に載せると軽く指先を震わせた。
「そう、気持ちよくなったら足を開くんだ」と言われて有紀は足を左右に開いた。
「可愛いパンティー履いてるんだね、丸見えだぜ」と男の子に言われて有紀ははっとした。
 ビデオチャットしてるだけなら、スカートの下のパンティーが見えるわけ無い。
 ビデオチャットのつもりだったけど、男の子はすぐ目の前にいるらしい。
 テーブルの下で有紀が足を開いてるのが丸見えになるってことは目の前の鏡がマジックミラーだってことだ。
 男の子からはビデオチャットの画面だけでなく有紀の姿が全部丸見えになってると判って有紀は急に体が震えてて来た。
「腿の内側を撫でるんだ、左右交互になでると気持ちいいよ」と男の子に言われて有紀はもう止められなくなった。
「パンティーの中に指を入れてごらん、一番感じる所を触るんだ」と男の子がまるで夢の中の声のように頭に響いてきた。
 急に体が引きつって頭を後に仰け反らすと有紀は思わず何度もかすれた声で喘いだ。
「気持ちいいんだね」と男の子の声がまた頭に響いてきた。
 有紀は体中が熱くなって自分が何をしてるのか訳が分からなくなった。
 随分時間がたってからパソコンの画面を確かめてみると、男の子の画像はもうない。
 いつの間にかビデオチャットは終わってたらしい。
 急に他の女の子達の喋る声が耳に入ってきて、有紀は慌ててめくれ上がったスカートを直した。
 どうなったのかと周りの様子を確かめてみると、彩香ちゃんが頭を仰け反らせて何度も体を震わせてるのが目に入った。
 有紀は席を立って彩香ちゃんの横に立って彩香ちゃんの様子を見た。
 彩香ちゃんはスカートを捲りあげて、足を左右に一杯広げてパンティーも半分ずらしてる。
 片方の手で自分の胸を握りしめて、もう一方の手は一番感じる所を押さえつけてる。
 男に指示されて指先を奥まで入れると、繰り返し出し入れしてるのがはっきり見えた。
「だめ、止めないで、止めちゃだめ」と彩香ちゃんが大声で叫んだ。
 言うとおりにしないとチャットを止めると男に脅されてるらしい。
 あまりの凄さに有紀は見ているだけで身震いがしてきた。
 彩香ちゃんのビデオチャットの相手はさっきのスカウトの男らしい。
 さっきの面接みたいに上手に誘われたら彩香ちゃんが逆らえるわけがない。
 彩香ちゃんの泣き叫ぶ声が有紀の耳に響いて有紀は耳を塞ぎたくなった。
 急に彩香ちゃんの声が静かになると、ビデオチャットの画面も消えた。
 彩香ちゃんは苦しそうな顔で喘ぐように息をしてしばらくは体が動かせない様子。
 有紀は彩香ちゃんの側に立って彩香ちゃんの肩をつっついた。
 彩香ちゃんは有紀に気が付いたけどすぐには体を動かせないみたい。
 しばらくして息が楽になってきた頃に有紀が「彩香ちゃん、丸見えになってるわよ」と彩香ちゃんに注意し。
 彩香ちゃんは慌てて半分脱ぎかけたパンティーを直すとスカートの裾を直して立ち上がった。
 有紀は目の前の鏡がマジックミラーだと彩香ちゃんに教えようかと思ったが、彩香ちゃんがきっとショックを受けると思って黙っている事にした。
 有紀は江実矢君の事が気になって、少し離れた江実矢君の席に行ってみた。
 江実矢君のビデオチャットの相手はさっきの譲治さんらしい。
 譲治さんがしきりに江実矢君を口説いてるけど、江実矢君は適当に話しをはぐらかしてる。
 彩香ちゃんも心配そうな顔付きで、江実矢君の様子を見に来た。
 有紀は彩香ちゃんの手をとって江実矢君の横でビデオチャットの様子をしばらく確かめた。
 江実矢君もさっき有紀がしたように膝頭をくすぐりながら腿の内側を交互に撫でてる。
 すこしづつ江実矢君の足が左右に開いていくので有紀はひやひやしながら彩香ちゃんの手を握った。
 スカートの下をマジックミラー越しに勇二さんに見られたら、江実矢君が男の子だってすぐにばれちゃうはず。
 江実矢君がスカートの裾をたくし上げたので、有紀はびっくりして江実矢君を止めようとしたけど彩香ちゃんが首を横に振った。
 江実矢君が男の子だと判れば勇二さんも諦めるはず。
 そのほうが江実矢君にとっても都合がいい。
 だけど勇二さんはこの店を出てどこかで二人っきりになろうとしきりに誘ってる。
 勇二さんは江実矢君の事を本当に女の子だと思って気に入ったらしい。
 確かに江実矢君はお化粧をすると、女の子が見ても羨ましいくらいに可愛らしい。
 勇二さんが江実矢君を気に入るのも無理のない話だ。
 だけどスカートの中で盛り上がってる物を見れば江実矢君が男の子だとすぐ判るはず。
 どうしてこんな事になっちゃうのか分けが判らない。
「恵美ちゃんは本当に可愛くて、将来はテレビで人気アイドルに成れるよ。本当だ。俺がいい事務所紹介してあげる」と何とか上手いこと言って江実矢君を騙して連れ出そうとしてるけど、そんな手に江実矢君が引っかかる訳がない。
 急に画面が変わって、さっきのスカウトの男が画面に映った。
 勇二さんが誘っても江実矢君がなかなかビデオチャットセックスを始めないのでしびれをきらしたらしい。
「恵美ちゃん、学校に行くとき痴漢に遭うよね、恵美ちゃん可愛いから」と男が話しを切り出した。
 江実矢君が「そうですね、はい」と曖昧に返事をすると、男は体を前に乗り出して得意顔で頷いた。
「痴漢にいつもどんな事されてるのか話してくれないか、痴漢は本当にやだよね」と男は上手くエッチな話しに江実矢君を誘い込もうとしてきた。
 江実矢君は何を言われても適当に話しをはぐらかすだけで、ちゃんとは返事をしない。
「最近痴漢にあったのはいつなのかな、昨日かなそれともおととい。もしかしたら今日も痴漢に遭ったんじゃないのかな」と男に言われて、江実矢君の顔が引きつった。
 有紀には思い当たることがあってはっとした。
 江実矢君はチアリーダーの練習に行くときチアガールの衣装を着てお化粧もしたまま電車に乗ったりすることが時々ある。
 そんな時は女の子と間違えられてよく痴漢に遭うらしい。
 きっと江実矢君はその時の事を思い出して、身震いしてるに違いない。
 彩香ちゃんも江実矢君が時々痴漢に遭ってるのは知ってるので不安そうな顔で江実矢君を見守っている。
「痴漢にあったときどんなことされたのか、よく思い出してごらん」と男に言われて江実矢君の顔色が変わった
 江実矢君の手が腿の内側を撫で上げながら指先が震えてるのが側で見ていても判った。
 緊張で張りつめた江実矢君の腿が左右に震えながら開いたのを男が見落とす分けがない。
「さあ、いつもやってる気持ちいいことしてごらん、パンティーの中に指を入れるんだ」と男がきつい口調で江実矢君に命じた。
 江実矢君の指先がスカートの奥に潜り込みそうになったとき側で彩香ちゃんが江実矢君の足をそっと蹴飛ばした。
 江実矢君はやっとそばで彩香ちゃんが見てるのに気が付いて恥ずかしそうにしてる。
「さあ、指を中にいれてごらん、気持ちいいことしてごらん」と今度は猫なで声で男が江実矢君をあやすような口調で囁いた。
 彩香ちゃんが側にいると判って江実矢君は男の顔をにらみ付けて返事をしない。
 男は怖い顔で江実矢君をにらみ返したが、もうそれ以上は何もできない。
 スカウトの男はもう諦めたのか、怒った顔で「おい、撮影はもう終わりだ」と横を向いて誰かに言ってるのが聞こえた。
 ビデオチャットの画面が消えて他の男の子達の一覧が画面に映った。
 もうこれでビデオの撮影は終わったらしい。
 店の様子を一回りして眺めてみると、女の子達は暇そうに漫画をみてるだけ。
 ビデオチャットセックスをしてたのは有紀と彩香ちゃんと江実矢君の三人だけだったみたい。
 変な店だと思ったけど、普通の漫画喫茶だったらしい。
 撮影も終わったしもう帰っていいのかと思って、出口を探すと入り組んだ通路の先に受け付けがあった。
 三人で店の受付の前を通って出ようとすると、店員らしい男の人に止められた。
「ちょっと君たち何処行くの」と言われて彩香ちゃんは「帰ります」と答えて店を出ようとした。
「勝手に帰ってもらったりしたら困るんだよ」と店員に言われてどうゆうことかすぐには判らなかった。
「男の人と会う約束をして迎えに来て貰わないとこの店からは出られないんだよ」と店員に言われてしまった。
 どうやら店からは勝手には出られないらしい。
 店に入ったときから変な店だと思ってたけど、やっぱりこの店普通の漫画喫茶ではなかったみたい。
 しかたなく戻ってもう一度店の中を眺めてみた。
 周りの女の子達を見てると、女子高生の制服を着てるけどどうみても変だ。
 お化粧も派手だししゃべり方も普通の女子高生なんかじゃない。
 水商売みたいな感じの女の子がセーラー服を着て女子高生の振りをしてるだけなんだ。
 誰かチャットの相手を見つけて待ち合わせの約束をして迎えに来てもらわないとこっからは出られないんだ。
 ビデオチャットで知り合った男の人と一緒に店を出るって事は、間違いなく援助交際ってこと。
 ラブホテルになんか連れ込まれたらどんな酷い目に遭うか判ったもんじゃない。
 困った事になったと有紀は思ったけどすぐに良い考えは思いつかない。

4.テレビのドキュメンタリー番組に出演<< ページトップ >>6.SM倶楽部で強制調教

女子高生援助交際アダルトビデオ

流出 東京援交女子高生 映像ファイル 年間250人の女子高生と「援助交際」を繰り返す男の記録
援助交際ハメ撮り投稿集 2枚組8時間
流出匿名撮影 素人美少女援交一夜の過ち 2
援交女子校生 悶絶生中出し4時間 [DVD]
超 素人援交生中出し 5時間 [DVD]
神待ち家出女子校生を自宅に連れ込んで中出しセックスを繰り返した男の記録 カルマ [DVD]