長編官能小説 彩香スペシャル〜三姉妹監禁志願

by七度柚希

目次

1.学園祭のお化け屋敷
2.三次元スキャナーで身体測定
3.ロボットダンスコンテスト
4.テレビのドキュメンタリー番組に出演
5.喫茶店でビデオチャット
6.SM倶楽部で強制調教
7.メイド喫茶でアルバイト
8.タコイーカ財団に拉致される
9.ロボット実験場に監禁
10.良一君はセックス専用ロボット
11.盗撮カメラで覗かれて
12.名犬ピーチと出会う
13.マンホールから地上にでる
14.四つ葉学園に入学
15.ホームルームの後は数学とパソコン実習
16.チアリーダー部は戦闘集団
17.本当の幸せは太陽の下
18.城の塔に昇って太陽を確かめる
19.怪物の触手から逃げて百合ちゃんの家に戻る
20.彩香ちゃんの家庭教師の勇二君が助けに来た
21.捕まって牢獄に監禁さた勇二君を見つける
22.通風口から脱出して地上に戻る
23.地上に出ると出会い系喫茶の店の中
24.ナンパされて神社の境内に連れ込まれる
25.SM倶楽部でショーの舞台に出る
26.SMショーで本番中出輪姦調教
27.神社の境内のトイレでアナルレイプ
28.痴漢に捕まってラブホテルに連れ込まれる
29.神社の境内で輪姦調教
30.ファンの男の子に追いかけられSM倶楽部に逃げ戻る
31.学園祭のお化け屋敷の中で彩香ちゃんが目を覚ます

30.ファンの男の子に追いかけられSM倶楽部に逃げ戻る

あらすじ
 江実矢君を助け出したあとマクドナルドで一休みしてると、ピンクタイフーンのファンの男の子達に見つかって追いかけ回された。SM倶楽部に逃げ込むと舞台の上では良一君が鞭で打たれてる。

 ともかくこのSM倶楽部からでて、安全な場所に行くのが先決だ。
 彩香ちゃんが江実矢君を抱きかかえるようにして裏道を歩き出した。
 すこし先の大通りにでると、ネオンの灯りで輝く街角が見えた。
 すぐ目の前の大通りを車が通りすぎていくのが見えて、これでやっと地上に出られたんだと判って一安心だ。
 歩道には大勢人が歩いていて、これなら男の子達に襲われる危険もない。
 途中でマクドナルドを見つけたので、シェークを飲んで一休みする事にした。
 正面のカウンターで彩香ちゃんがシェークを三人分頼んで、ちょうど空いていた窓際の席に座った。
 地下の実験場ではエネルギー飲料した飲めなかったので、久々にシェークを飲むと美味しくて生き返ったような気分。
 彩香ちゃんは疲れが出たのか、窓際の席でスカートの足を広げたまま居眠りをはじめた。
 あの地下の実験場から逃げ出すのも大変だったし、そのあとも飛んでもない目にあった。
 疲れて眠くなっちゃうのは仕方ない。
 有紀はしばらく彩香ちゃんが居眠りをするのをそばで見守っていた。
 ふと気がつくと窓の外に男の子達が集まってきて変な雰囲気だ。
 男の子達は携帯を手にしていて、窓際の彩香ちゃんに向けてる。
 彩香ちゃんが足を広げて居眠りしてるスカートの奥を携帯で盗撮してるんだ。
 有紀も彩香ちゃんも何度も男達に襲われてスカートの下にはパンティーを履いていない。
 その上大勢の男の子に中だしされたばかりで、男の生の滴が花園から溢れてる。
 これは大変だと慌てて有紀は彩香ちゃんの肩を揺すって起こした。
 彩香ちゃんは窓の外に男の子達が大勢押しかけていて、携帯をこちらに向けているのに気がついてびっくりした顔。
 ともかくこの店を出て逃げ出すしかない。
 店を出るとすぐに男の子達が一斉に彩香ちゃんに駆け寄ってきた。
 慌てて三人で駆け出したが、少し先からまた別の男の子達の一団がこっちにめがけて押し寄せてくる。
「居たぞー、ピンクタイフーンの三人だ、そこだー」と大きな声で男の子が叫ぶ声がきこえた。
 確かに彩香ちゃんと有紀と江実矢君の三人でピンクタイフーンというグループで歌手デビューしたことになってるけど、あれはディレクターが思いつきでやったこと。
 本当に人気アイドルになってたなんて、そんなこと有るわけとは思ったけど本当だったらしい。
 大通りの前と後から挟み撃ちになって逃げられない。
 このままだと男の子達に捕まって何をされるか判らない。
 男の子達がすぐ目の前に押し寄せて来たとき、突然彩香ちゃんが歌いながら踊り出した。
 有紀も慌てて一緒に踊り出すと、江実矢君も真似して彩香ちゃんの隣で踊りだした。
「うふふん、うふふん、ラブラブ天使、虹の光に誘われて」とピンクタイフーンの新曲を歌いながらゆっくりと後にさがると、男の子達は三人の目の前で足を止めてそれ以上は近づいてこない。
 なんとかしようと思ったけど大通りの向かい側の駅の方からも大勢男の子が押しかけてくるの。
 とりあえず逃げる場所がないと思って見まわすと、すぐ横のビルの間に細い路地がある。
 急いで路地に逃げ込むとビルの間を通り抜けてさっきの神社の裏手に出た。
 神社の先にさっきのSM倶楽部の看板が見える。
 このままだとすぐ男の子達に見つかってしまう。
 さっきのSM倶楽部に一旦も戻るしか他にいい手が思いつかない。
 慌ててSM倶楽部の正面の受付を通り抜けると、すぐにトイレに駆け込んだ。
 トイレは狭くて三人が入るともう一杯だ。
「これじゃあ、しょうがないわね」と彩香ちゃんが諦めた顔でしゃがみ込むと江実矢君が携帯をいじってる。
 地下の実験場に居たときは携帯は繋がらなかったけど、ここは地上だから携帯はつながるはず。
 江実矢君が携帯で勇二君と連絡が出来たと教えてくれた。
 勇二君は大学の研究室に無事戻ったというので、これでこの世界が本物だというのは間違いない。
 勇二君の話では、さっきのマクドナルドで男の子が彩香ちゃんの写真を盗み撮りしてそれをピンクタイフーンの掲示板に投稿したらしい。
 それでボードを見た男の子達が大勢集まってきちゃったって訳だ。
 他にもSM倶楽部でショーに出た時の動画や、神社の境内で男の子達に襲われた時の動画も投稿されてるらしい。
 これじゃあうっかり大通りを歩く訳にもいかない。
 勇二君がワゴン車でこの近くまで迎えに来てくれることになった。
 だけどこの店の周りには男の子達がいるからからうっかり店には入れない。
 身代わりに三人組のロボットを連れてくるから、それをおとりに使えばいいと勇二君がアイデアを出してくれた。
 しばらく店のトイレで待っていると「すぐ店の近くまで来てる」と、勇二君が江実矢君の携帯に連絡してきた。
 ロボットの三人には四つ葉学園の制服と似たセーラー服を着せてあるからちょっと見ただけでは見分けは着かないはず。
 彩香ちゃんは良いアイデアがあると言って江実矢君がもってる携帯を手に取った。
「これから大通りで踊りますからみなさん見に来て下さいね」とピンクタイフーンの掲示板に書き込むと、ついでに彩香ちゃんの写真も載せた。
 これで上手くいくはずと勇二君に知らせると、ロボットが大通りで踊りを始めたと折り返し連絡がきた。
 掲示板を確かめると男の子が写真を撮ってロボットが踊る様子がつぎつぎと投稿されてる。
 勇二君がロボットを駅前の大通りに向かって移動させた。
 男の子達も一斉にロボットの周りを取り囲んで一緒に駅前に動き始めた。
 ロボットはさっきのマクドナルドまで踊りながら歩いていく手はずだ。
 男の子達はいっせいにロボット周りを取り囲んで奇声を上げてる。
 もう大丈夫だと勇二君からメールが来たので有紀は彩香ちゃんと江実矢君と一緒にこっそりと店を抜け出した。
 勇二君が待っているワゴン車らしい車がすぐ先で止まってる。
 これで助かったと思って、すぐ近くまで周りに注意しながら近づいた。
 もうすぐだと思ってワゴン車をよく見たけど、ワゴン車の前で待ってるはずの勇二君がいない。
 江実矢君がもう一度携帯で勇二君と連絡しようとした。
 だけど勇二君が「大変なことになってる」メールが帰ってきただけ。
 慌ててもう一度掲示板で様子を確かめると、ロボットを誘拐しようとしてる人達が来てファンの男の子達と一騒動起きてるらしい。
 よくよく目の前のワゴン車を見ると、どこかで見たマークが着いてる。
 あのタコイーカ財団のマークだ。
 タコイーカ財団が彩香ちゃんと有紀と江実矢君そっくりのロボットを誘拐しようとしてまた来てるらしい。
 携帯で勇二君にいま居る場所を知らせると、勇二君のワゴンはすぐ近くらしい。
 大通りの少し先のワゴン車から降りた勇二君がこっちに近づいてきた。
 勇二君はあの鈴木先生から奪ったリクルートスーツを着たままで、胸も大きく膨らんだ格好は地下の実験場から逃げてきた時と同じ格好だ。
 すぐ目の前のタコイーカ財団のマークの着いたワゴン車からも誰かが出てきてこっちを向いた。
 黒い皮の鎧のような服を着てるのはあの鈴木先生だ。
 鈴木先生は、両手に鞭を持って勇二君の前に立ちはだかった。
 勇二君は鈴木先生に気が付いて一瞬ひるんだが、男らしく勇気を奮い立たせて鈴木先生に体当たりをして鞭を奪おうとした。
 鈴木先生は身体を沈めながら勇二君の足を払うと頭の上から勇二君の股間めがけて鞭を振り落とそうと腕を振り上げた。
 すぐにセーラー服を着た女の子が二人、勇二君の前に飛び出してきた勇二君を守った。
 百合ちゃんと久美ちゃんだ。
 勇二君が危ないと思って助けに来たんだ。
 だが鈴木先生が鞭をすばやく振り回すとあっという間に二人とも道路に倒れ込んだ。
 二人ともすぐにタコイーカ財団のワゴン車に連れ込まれてしまった。
 鈴木先生はもう一度腕を振り上げて勇二君に鞭を叩きつけようとした。
 あっと思った瞬間にピーチが飛び出すと、鈴木先生の手に噛みついた。
 鈴木先生の手から鞭が落ちると、鞭の先が跳ねて大通りを越えた。
 彩香ちゃんが鞭をつかもうとして身を乗り出すと「いたぞー、そっちが本物だ」と男の子が大声が聞こえた。
 これは不味いことになった。
 有紀は慌てて勇二君に駆け寄って抱き起こすと、すぐに男の子達が大勢押し寄せてきた。
 ビルの間の路地を通って裏道に抜けるとさっきのSM倶楽部に戻るしか逃げ場がない。
 非常口を通って壁際のカーテンをくぐって、SM倶楽部の中に入った。
 ちょうど店の中はショーの最中らしくて、舞台には女王様の姿が見えた。
 逃げる場所はないので舞台の横のカーテンの陰にしゃがみ込んで隠れていると女王様が「この女子高生、気持ちよくて泣いてやがるぜ」と鞭を振りながら大声を張り上げてるのが聞こえた。
 変に抑揚をつけた芝居がかった声に有紀は思わず笑いそうになった。
「男が欲しいんだろう、毎晩男に可愛がられたいんだろう、」とまた女王様が大声を張り上げた。
「そんなことありません」と言い訳する声を聞いて、有紀は聞き覚えのある声だと思って舞台をよく見た。
 セーラー服姿の女子高生は、よくみるとあの四つ葉学園の制服。
 顔をよくよく確かめると縛られているのは良一君だ。
 なんで良一君がこんな所に縛られているのか訳が分からない。
 勇二君も何でこんなことになってるのか判らずにカーテンの陰から身を乗り出して、良一君の様子を確かめようとした。
 良一君が舞台の下から見上げてる勇二君を見つけると「タスケテー」と泣きそうな声をだした。
 女王様に鞭で叩かれて目に涙を浮かべてる。
 なんでこんなことに成っちゃってるのか訳が分からない。
 ナンパ男にラブホテルに連れ込まれた後、この店に連れてこれらたらしい。
 だけど良一君はロボットなんだから鞭で叩かれたってどうだって良いはず。
 地下のロボット実験場で勇二君に鞭で叩かれたとき、良一君の回路が故障しちゃったに違いない。
「私が好きなのは、勇二さんだけ、本当なの、私には勇二さんしかいないの」と良一君がまた勇二君に泣きながら訴えた。
「私、女の子だから勇二さんに幸せにしてもらいたいの。私を本当の女にして」と良一君が言葉を続けようとすると女王様が「何、言ってやがる、この生意気な女」と怒鳴り声を上げた。
 女王様も舞台の袖から勇二君が良一君を見上げてるのに気がついたらしい。
 わざと勇二君に見せつけるように、良一君の目の前に立ちはだかると大きく鞭を振り上げた。
 勇二君は良一君を助けようと思ったらしくて、急に舞台に駆け寄ると体当たりしていきなり女王様を突き飛ばした。
 女王様は尻餅をついて倒れたけど、わざと倒れた振りをしただけらしくて平気な顔だ。
 すぐに左右から中年の男が近寄ってくると勇二君の身体を押さえつけてきた。
 さっきの中年のナンパ男がやっぱり良一君をこの店に連れてきたんだ。
 男達は勇二君の身体を押し倒して縛り上げようと掴みかかってきた。
 勇二君は男の子だけど身体は小柄で髪の毛は長い。
 胸にはまだ鈴木先生のブラジャーをしてるし、服も鈴木先生の女物のパンツスーツだ。
 薄暗い照明の舞台では勇二君が女の子に見えちゃうのも仕方ない。
 だが勇二君が身につけているのはタコイーカ財団が開発した戦闘用ブラジャーだ。
 男達が勇二君を捕まえようとしても、ブラジャーが勝手に暴れて男の邪魔をして上手く行かない。
 勇二君が男の手を押しのけて抵抗をしている最中に、鞭をもった女性が店の入り口から姿を見せた。
 鈴木先生が勇二君を追いかけてこの店に乗り込んできたんだ。
 両手に鞭をもって黒い皮の鎧を着ている姿は、舞台の上の女王様そっくりだ。
 女王様は怒った顔で鈴木先生を睨みつけたが鈴木先生は平然とした顔で舞台に近寄った。
 鈴木先生が両腕を振り上げると、長い鞭の先が舞台までするっと飛んできた。
 勇二君を押さえつけているナンパ男が鈴木先生の鞭で叩かれて床に倒れ込んだ。
 勇二君を助けようとしてるわけじゃない、鈴木先生は勇二君を捕まえようとしてるだけだ。
 もう一度鈴木先生が鞭を振り上げると、今度は勇二君の顔のすぐ目の前に鞭の先が飛んできた。
「ぴしゃ」と目の前で鞭の音がすると勇二君は必死で、四つんばいになりながら舞台の袖に逃げようとした。
 鈴木先生が勇二君を追いかけて舞台の袖まで歩み寄ると、今度は女王様が鈴木先生の邪魔をして鞭を振り上げてきた。
 女王様の鞭が鈴木先生の鎧で跳ね返されると、鈴木先生が怒った顔で両手の鞭を女王様に叩きつけてきた。
 鈴木先生の長い鞭がするすると伸びて女王様の体を叩きつけられたとき、女王様が素早い身のこなしで鞭を避けた。
 鈴木先生が続けざまに左右の手に持った鞭をするどく叩きつけてきた。
 だがその度に女王様は巧みに身体を避けて鈴木先生の鞭は何度も空を切るだけだ。
 鈴木先生が女王様と鞭で戦っている間に、勇二君はこっそりと四つんばいで逃げると、縛られてる良一君の縄を解いた。
 良一君はよっぽど嬉しかったのか目に涙を一杯に浮かべてる。
 女王様が鈴木先生と鞭で戦い続けているけど、鈴木先生の着てる鎧が強力で女王様の鞭を全部跳ね返してしまう。
 女王様が負けそうになったとき、急に鈴木先生の身体が宙に浮いて天井近くまで持ち上げられた。
 鈴木先生は手足をばたばたさせたけど、太い縄で四方にひっぱられてもう動けない。
 さっきのナンパ男が投げ縄で鈴木先生の手足を縛って宙に釣り上げてしまったんだ。
 女王様の鞭が鈴木先生の手から鞭をたたき落とすと、鞭は二本とも舞台の上に転がった。
 こうなるともう鈴木先生はいくら鎧を着てても手も足もでない。
 鈴木先生の手から床に落ちた鞭を良一君が拾った。
 良一君は勇二君に鞭を渡そうとして手を差しだすと何か言ってる。
「これで私をぶって。お願い。私を幸せにして。本当の女にして」と有紀の耳には聞こえた。
 良一君は勇二君に鞭で叩かれたいらしい。
 なんてこったと有紀は思った。
 良一君はロボットの実験場の世界しか知らない。
 男の子と女の子がお互いに好きになって恋をするってどうゆうことか知らないんだ。
 だから女の子は恋をすると男の子に鞭で叩かれて気持ちよくて幸せなんだと思いこんじゃってる見たい。
 だいたいロボットが恋なんか出来るわけないんだと有紀は思ったけど良一君にそんなこと判るわけがない。
 ちょうど正面の入り口から三人の女の子が入ってきた。
 四つ葉学園とよく似たセーラー服を着てるけど、何だか動きがぎこちない。
 勇二くんが大学から持ってきたロボット三人組だ。
 男の子達に追いかけ回されて逃げ出して来たらしい。
 良一君は三人のロボットとすぐ舞台の下の有紀と彩香ちゃんと江実矢君の顔を見比べたまま凍り付いたように動かなくなった。
 思い詰めたような良一君の顔を見て見、実際に良一君が何を思ってるのかは有紀には判るはずもない。
 もともとロボットの三人組は、勇二君の研究室で三次元スキャナーを使って型を取って作ってある。
 ちょっと遠くから見たらとても見分けがつかないくらいにそっくりな出来だ。
 ドアから三人のロボットを追いかけてきたピンクタイフーンのファンの男の子達が一斉になだれ込んできた。
 男の子達も皆オタクばかりで、見た目にはみな勇二君と似たような背格好の男の子達ばかりだ。
「おいこっちにもいるぞ」と男の子が叫ぶのが聞こえた。
 三人がカーテンの裏に隠れているのが見つかってしまったんだ。
「どっちが本物なんだ」と男の子がまた大声で叫んでる。
「ロボットなんだから両方とも本物に決まってるだろう」とまた別の男の子が大声で叫んだ。
 彩香ちゃんが逃げようとしてトイレの方向に駆け出したがすぐ男の子達に行く手を遮られた。
 大勢の男の子達に取り囲まれてもう逃げられない。
 男の子が有紀の目の前でズボンを膝まで降ろすと、トランクスを腰から下げた。
 有紀の目に入ったのは女の子みたいに真っ直ぐな割れ目。
 あれっと思って有紀は男の子の顔を確かめたが、やっぱり顔も体はどう見ても男の子だ。
 何で男の子なのに、あそこだけ女の子なんだろうと思って有紀は男の子の腰をよく確かめた。
 やっぱり女の子の割れ目があるだけで、男の子の大事な物は陰も形もない。
 他の男の子達も一斉にズボンを脱いだけど、股間に有るのは女の子の割れ目。
 男の子の大事な物がなければ、女の子に乱暴な事なんかできるわけない。
 彩香ちゃんも不思議な顔をして、すぐ目の前の男の子の股間に手を伸ばした。
 指先を割れ目の間に入れると、彩香ちゃんの指先にぬっとりとまとわりついてくる液体がある。
 彩香ちゃんが指先を震わせて「潮吹き」の手つきで手首を震わせてみた。
 男の子の腰が震えると、液体が溢れるように割れ目から滴り落ちてくる。
 甘酸っぱい香りがする液体はヌルヌルしていて、溶けたゼリーみたいな感触だ。
 彩香ちゃんが指先をもっと奥まで押し入れようとしたとき、いきなり彩香ちゃんの指先が割れ目から押し出された。
 割れ目の間から細長い蛇らしいものが顔をだすと、するりと伸びてきて彩香ちゃんの手首に絡みついた。
「あれ、」と彩香ちゃんが小さく叫んだとき、他の男の子達の股間からも蛇の頭のような物が飛び出してきて。
 あっと言う間に有紀の体には、四方八方から蛇みたいな触手が絡みついてきた。
 有紀の口に触手の先端が入り込んできたとき口の中に甘いゼリーの味が広がった。
 ドロドロとした粘りのある液体の感触が有紀の舌に絡みついてくる。
 有紀はこの触手があのロボット実験場の怪物の触手だと気が付いた。
 甘いゼリーの味は、ロボット実験場で怪物達に襲われたときに体験したのと同じ味だ。
 怪物の触手が江実矢君のアンダースコートの下に入ると、男の子の大事な物に吸い付いた。
 有紀はこれで助かったととっさに思った。
 怪物は江実矢君の男の子の大事な物に触れたら、縮んで小さく成っちゃうはずだ。
 怪物の足はアンダースコートの中で江実矢君の大事な物を絞り上げるようにして絡みついた。
 有紀は怪物がすぐに小さくなると期待して、江実矢君のアンダースコートを見つめた。
 だが怪物の足は太さを増すだけで、縮んで小さくなる気配はない。
 江実矢君は男の子達に乱暴されて女の子にされたせいで、男の子の大事な物が怪物をやっつける威力がもう無くなっちゃったんだ。
 怪物の足がぶるんと動いた時、江実矢君のアンダースコートの下で信じられない事が起きた。
 足の先端が江実矢君の大事な物を吸い取るようにして噛みきると、その後には女の子みたいな細い割れ目が残っただけ。
 血もでずに噛みきられちゃうなんてどうなってるのか判らないが、目の前で起きてる事は疑いようもない。
 江実矢君はこれで本当の女の子にされちゃったんだと思うと有紀は江実矢君が本当に可愛そうな思いがこみ上げてきた。
 怪物の触手がするすると江実矢君の割れ目の中に入ると、急に太さを増して割れ目一杯に広がった。
 繰り返し痙攣を続けながら太さを増していくと足の色が気味の悪い赤紫色に変わった。
 他の男の子達の股間からも怪物の足が伸びてきて、江実矢君の口とアナルに入り込んだ。
 怪物の足の先端からは甘いゼリーが江実矢君の体に流し込まれて、江実矢君は気持ちいいらしくて目が虚ろだ。
 怪物の足が急に太くなったり細くなったりを繰り返しながら江実矢君の体の中に奥まで入るのが見えた。
 江実矢君に怪物の子供を生み付けようとしてるらしい。
 良一君には目の前で起きてることが理解できないらしい。
 急に良一君の目が大きく見開いて、まるで般若の面のような顔になった。
「女になるってその事だったのね。騙したのね。女の幸せなんて全部嘘だったのね」と良一君が呟くと、手にした鞭を勇二君の股間を叩きつけようとして振り上げた。
 不意に女王様が鞭を振り上げて良一君の鞭を持つ手を狙って勢いよく叩きつけてきた。
 勇二君が良一君をかばおうとして立ちはだかると女王様の鞭が勇二君の背中に当たった。
 勇二君が体毎どさっと床に倒れると女王様がもう一度良一君めがけて鞭を振り上げた。
 ピーチ飛び出してきて女王様に走り寄るのが見えた。
 背中を低く構えてうなり声を上げると、ピーチは女王様を睨みつけた。
 ピーチが飛び上がって女王様に噛みつこうとしたとき、女王様の腕が素早く動いた。
 ピュンと鞭の音が鋭く部屋に響くと、ピーチの首が身体から離れて飛び上がった。
 彩香ちゃんが床に転んだピーチの首を見て、驚いた顔で動けなくなった。
 ピーチの首からは、電線や骨組みのアルミ板がはみ出して見える。
 ずっと本物の犬だとばかり思ってたけど、ピーチはロボットだったんだ。
「何するんですか」と彩香ちゃんが女王様に駆け寄ったとき、もう一度女王様の鞭がすばやく動いた。
 ビュンと鋭い音がした瞬間に彩香ちゃんの首が打って落とされた。
 くるりと回りながら落ちていく彩香ちゃんの目が、首のない自分の胴体を見つめて不思議な顔をしてる。
 彩香ちゃんの胴体は立ちつくしたままで、首から電線と骨組みのアルミ板がはみ出してる。

29.神社の境内で輪姦調教<< ページトップ >>31.学園祭のお化け屋敷の中で彩香ちゃんが目を覚ます

女子高生援助交際アダルトビデオ

流出 東京援交女子高生 映像ファイル 年間250人の女子高生と「援助交際」を繰り返す男の記録
援助交際ハメ撮り投稿集 2枚組8時間
流出匿名撮影 素人美少女援交一夜の過ち 2
援交女子校生 悶絶生中出し4時間 [DVD]
超 素人援交生中出し 5時間 [DVD]
神待ち家出女子校生を自宅に連れ込んで中出しセックスを繰り返した男の記録 カルマ [DVD]