長編官能小説 彩香スペシャル〜三姉妹監禁志願

by七度柚希

目次

1.学園祭のお化け屋敷
2.三次元スキャナーで身体測定
3.ロボットダンスコンテスト
4.テレビのドキュメンタリー番組に出演
5.喫茶店でビデオチャット
6.SM倶楽部で強制調教
7.メイド喫茶でアルバイト
8.タコイーカ財団に拉致される
9.ロボット実験場に監禁
10.良一君はセックス専用ロボット
11.盗撮カメラで覗かれて
12.名犬ピーチと出会う
13.マンホールから地上にでる
14.四つ葉学園に入学
15.ホームルームの後は数学とパソコン実習
16.チアリーダー部は戦闘集団
17.本当の幸せは太陽の下
18.城の塔に昇って太陽を確かめる
19.怪物の触手から逃げて百合ちゃんの家に戻る
20.彩香ちゃんの家庭教師の勇二君が助けに来た
21.捕まって牢獄に監禁さた勇二君を見つける
22.通風口から脱出して地上に戻る
23.地上に出ると出会い系喫茶の店の中
24.ナンパされて神社の境内に連れ込まれる
25.SM倶楽部でショーの舞台に出る
26.SMショーで本番中出輪姦調教
27.神社の境内のトイレでアナルレイプ
28.痴漢に捕まってラブホテルに連れ込まれる
29.神社の境内で輪姦調教
30.ファンの男の子に追いかけられSM倶楽部に逃げ戻る
31.学園祭のお化け屋敷の中で彩香ちゃんが目を覚ます

23.地上に出ると出会い系喫茶の店の中

あらすじ
 地上にでたけど、通風口の先は出会い系喫茶。勇二君が先に外にでて外の様子を確かめると間違いなく地上らしい。出会い系喫茶でモシモシ倶楽部の三人とビデオチャットして店まで迎えに来て貰うことになった。

 うっかり外にでて誰かに待ち伏せでもされていたら元の黙阿弥だ。
 勇二君がそっとドアを開けて外に出ると、周りの様子を確かめてから「大丈夫誰もいないから」と声を掛けてきた。
 順に狭いドアから外にでてみると、すぐ目の前に変な格好をした十字架が見えた。
「あれ」と有紀は思って周りを良く見回してみた。
 ロボット実験場にあったあの喫茶店とそっくりそのまま同じ部屋の作りだ。
 階段で上に登ったつもりだけど、いつのまにか同じ場所に戻ってしまったらしい。
 彩香ちゃんも不思議そうな顔をして部屋の中を見回してる。
「ねえ、同じ場所に戻っちゃったんじゃないの」と有紀は恐る恐る勇二君に聞いてみた。
 勇二君もやっぱり変だと気が付いたみたいだが、ピーチは此処が間違いなく地上だと言ってる。
 ピーチに言わせると「臭いが違う」らしい。
 もしもロボット実験場の喫茶店に戻ったとしたら、マジックミラーのある女の子の部屋があるはず。
 十字架の置いてある右側の奥にあるのがどうやら女の子の部屋に通じるドアらしい
 ドアから女の子の部屋を覗いてみると、勇二君は驚いたような顔をして彩香ちゃんに合図した。
 彩香ちゃんも勇二君の後から女の子の部屋をちらっと覗いてみてびっくりして口が半分開いたままた。
 勇二君が先に女の子の部屋に入ると、順にみんなで女の子の部屋に移動した。
 有紀も彩香ちゃんの後から部屋にはいると、彩香ちゃんがびっくりした理由が判った。
女の子の臭いが部屋の中いっぱいに立ちこめていて、まるでお香を焚いたように鼻につんと来た。
 ピーチが「臭いが違う」と言ったのはこのせいだと有紀も納得した。
 部屋の中では大勢のセーラー服を着た女の子達が座ってビデオチャットをしてる。
 着ているセーラー服は四つ葉学園の制服ではなくて一人一人着てる制服が違う。
 体つきも一人一人みんな違うし座り方だってばらばらだ。
 四つ葉学園のロボットの女の子達とは全然違う。
 マジックミラーの鏡の前にカウンター席が並んでるのは、地下の実験場と同じだ。
 地上にあるのと同じ建物をそっくり地下のロボット実験場にも作ってたらしい。
 だけど外に出てみないと、本当に地上に戻ったのかは判らない。
 ここがあのロボット実験場の喫茶店と同じ作りなら、トイレから男の子の部屋に入れるはず。
 試しに勇二君がトイレの中を通って男の子の部屋に入ってみた。
 彩香ちゃんがパソコンの前に座って待ってるとすぐに勇二君からビデオチャットの誘いが来た。
 男の部屋からはこちら側がマジックミラーで丸見えになってるらしい。
「やっぱりここは地上みたいだ、ここにいるのはロボットじゃない」と勇二君が興奮して彩香ちゃんにビデオチャットで報告してる。
「本当に地上にでたの、本当なの」と彩香ちゃんが勇二君に確かめてるけど、彩香ちゃんはまだ信じられない様子。
 彩香ちゃんと勇二君がビデオチャットしてる間にも、勇二君の横から誰か他の男の人が話しかけてきた。
「君可愛いね、この店には良く来るの」と男の声が、パソコンのスピーカーから聞こえてきた。
 勇二君は胸に鈴木先生のしてたブラジャーをしてるから巨乳に見えるらしい。
 それに着てる服も鈴木先生から脱がした女性用のパンツスーツだ。
 伸び縮みする生地は身体にぴったしで、デザインも女の子の身体に合わせてある。
 出会い系喫茶の店の中では照明が暗いから女の子に見えちゃうのもしかたない。
 部屋には他にも男の人が大勢いるらしくて、女の子とチャットする声がスピーカーからも聞こえてくる。
 取りあえず勇二君が店から出て、外の様子を確かめてくるという事になった。
 もしかしてここはまだあのタコイーカ財団の地下の実験場かもしれない。
 だとすると店の外にはあの、四つ葉学院の女の子達や鈴木先生が待ちかまえているってことも十分あり得る。
 だが外に出て確かめない事にはここにずっと居ても仕方ない。
 勇二君が席を立ってチャットの画面から消えていった。
 だけど勇二君が他の男の人としゃべる声がまだ続いてる。
 勇二君は誰かにカラオケに誘われてるけど勇二君は必死で断ってる声が聞こえた。
 男の人に手を掴まれて、すぐには店から出られないらしい。
 彩香ちゃんはもうすぐにでも本当に地上に戻ったのか知りたくていらいらしてる。
「いいから、さっさとカラオケでもどこでも行ってきなさいよ」とつい大声をだしてしまった。
 するとさっきまで勇二君が座って居た席に、別の男の子が座った。
 勇二君が店を出たらしくて、もう勇二君の声は聞こえなくなった。
「ねえ、君、この店にはよく来てるの」とビデオチャットで男の子の声がパソコンのスピーカから聞こえてきた。
 パソコンの画面に映ってる男の子は、よく見ると眉毛も左右がすこし歪んでるし鼻もちょっと曲がってる。
 顔の輪郭だって口元がちょっと曲がってる。
 ロボットだったら左右が完璧に対称な顔をしてるはずだから、彩香ちゃんに話しかけてきたのは本当の人間らしい。
 だけどもしかして、良くできてロボットかもしれない。
 タコイーカ財団が開発した新型のロボットだって事も十分あり得る話しだ。
「ねえ、136かける23はいつくになるか答え判りますか」と彩香ちゃんがいきなり思いついて男に聞いてみた。
 ロボットなら暗算は得意なはず、答えなんか彩香ちゃんにだってわかんないけどすぐに答えられたらこの男の子はロボットだ。
「なんの話しかな、それより、君学校はどこ」と男の子に聞かれた。
「四つ葉学園です」と彩香ちゃんはうっかり答えてしまった。
 四つ葉学園はあの地下のタコイーカ財団のロボット実験場にある学校だ。
「あ、そうなの」と男の子が答えた。
 四つ葉学園なんて名前は何処にでもありそうな名前だから、男の子は本当に近くにある学校だと思ったらしい。
「担任の先生は鈴木先生なんです」と試しに彩香ちゃんが言ってみた。
「いつも黒いスーツを着ていて、ブラジャーはDカップなんですよ」と試しに言ってみると「それは凄いな、でも君も胸は凄いよね、ブラジャーのカップはいくつなの」と逆に聞き返された。
 彩香ちゃんは恥ずかしそうに「Fカップなんです」と答えた。
「君はまだ中学生、すごいね中学生でFカップなんだね」と男の子が急に目を輝かせて声の調子も変わった。
「はい」とだけ答えたけど、彩香ちゃんは何を話したらいいのか言葉に詰まって何も言えなくなった。
「男の子と付き合ったことあるの」と男の子が聞いてきた。
 江実矢君だったら誕生会にも何度も呼んでるし、一緒に原宿に買い物にだって良くいってるから付き合ってると言えば付き合ってる。
「はい」とまた彩香ちゃん答えると。「Aかな、Bかな、それともC」と男の子に聞かれた。
 彩香ちゃんはクラスがC組だからうっかり「C」ですと答えてしまった。
 だけどすぐに男の子があのことを聞いてるんだと気がついて彩香ちゃんは顔が赤くなった。
 とてもこんな話ししてられないと彩香ちゃんはビデオチャットを切ろうとしたけど、こちらからはチャットを止められない仕組みになってるらしい。
 勇二君が外の様子を確かめるまでは、しばらくこの男の子の相手をするしかない。
 エッチな話しばかりが延々と続いてうんざりだけどなんとかはぐらかして時間を稼いでいると、勇二君からのビデオチャットの画面がパソコンに開いた。
 携帯かもらビデオチャットに接続してきてるらしい。
 勇二君の顔が薄暗い夜の街を背景に上下に揺れながらパソコンに映った。
「外の世界だ間違いない、星空も、月も本物だ」と勇二君が興奮した口調で話すと、携帯のカメラを夜の月に向けた。
 たしかに丸いお月様がビデオチャットの画面に映ったけど、本物の月かどうかなんてパソコンで見たって判らない。
 勇二君が言うんだから本当の月に違いない。
 急に勇二君のカメラに男の姿が映った。
 さっき勇二君と一緒にこの店をでた男達らしい。
 男達はは無理矢理に勇二君をカラオケ店に連れ込もうとしてる。
 勇二君が必死で手を振り解こうとすると、今度は男が勇二君に抱きついてきた。
 するとチャットの画面に飛んでもない物が映った。
 勇二君はまださっきの鈴木先生の戦闘用ブラジャーをしていたんだ。
 そのブラジャーの胸がいきなし飛び跳ねて動くと男の顔をまるでボクシングのグラブみたいに一瞬でノックアウトしてしまった。
 鈴木先生のブラジャーは短剣の刃を防ぐだけだと思ってたけどこんな凄い機能もついてたんだ。
 勇二君は男達からにげだすと、一安心したのか顔付きも落ち着いた様子だ。
「僕はこれから研究所に戻るから、君たちもすぐその店を出るんだ」とビデオチャットで勇二君が言うと画面が閉じた。
 さっそく店を出ようと思って、席を立って出口まで言ってみたが店員に止められた。
 この店では男の子と一緒でないと店をでられないらしい。
 しかたなく席に戻ってチャットの相手を捜したが、さっき話しかけてきた男の子はもう別の女の子とチャットを始めてる。
 店には女の子の方が男の子より人数が多いらしくて、しばらく待ってみたけど話しかけてくる男の子はいない。
 ようやくビデオチャットの画面が開いて男の顔が見えた。
 モシモシ倶楽部のトンキーさんだ。
 トンキーさんとは、テレビドラマの収録で最近紹介されたばかりだ。
 トンキーさんはすぐには彩香ちゃんの顔に気がつかなかったらしくて「可愛いね、学校はどこ」とか言ってる。
「私のこと覚えてないんですか」と彩香ちゃんが怒った顔で言い返すとトンキーさんは「あ、クラブロザンナの芳恵ちゃんだったよね、あれ違った、ローズガーデンの沙織ちゃんだ、御免間違えて」と全然彩香ちゃんの事を覚えてない。
 他メンバーもいて「こないだ、一緒にドラマの収録した彩香ちゃんだろ、なに言ってんだお前」とすぐ横から口を挟んできた。
 三人とも一緒で、近くのゲーム喫茶に収録で来てるらしい。
 いますぐモシモシ倶楽部の三人に迎えに来ててもらえばここから逃げ出せる。
 だけど彩香ちゃんと江実矢君と有紀の三人がたった今、地下のタコイーカ財団のロボット実験場から逃げ出してきたなんて話しをしたって信じてもらえるわけがない。
「これから、一緒に遊びませんか」と彩香ちゃんがトンキーさんに頼んでみた。
 普通だったら女の子からお誘いを断る男の子なんかいない。
「僕たちね、ちょっとこれから収録があるんだ」トンキーさんは随分とそっけないので彩香ちゃんはがっかり。
 モシモシ倶楽部の三人は人気のお笑いタレントだ。
 女の子から一緒に遊びませんかなんて誘われるのはしょっちゅうだから、誘われたってそのたび相手なんかしてたら身体が幾つあっても足りない。
「私寂しいの、誰か側にいてくれないともう死んじゃう」と彩香ちゃんが身体をくねらせてわざとFカップの巨乳が揺れてトンキーさんに良く見えるにと身体を前に乗り出した。
 トンキーさんだって男だ。
 彩香ちゃんの巨乳を見たら男だったら涎を流すはず。
 だけどトンキーさんは彩香ちゃんの巨乳を目の前に見せられても別に何も感じないらしい。
 テレビタレントの女優さんには巨乳を売り物にしてるグラビアアイドルが一杯いる。
 身体を使って自分を売り込むなんて芸能界では当たり前だ。
 トンキーさんも巨乳なんかしょっちゅう見慣れてるし、巨乳のグラビアアイドルからのお誘いなんてしょっちゅうに違いない。
 これじゃあいくら誘っても上手くなんかは行くはずない。
 有紀はふと横で見ている江実矢君を見て良いことを思いついた。
 江実矢君は四つ葉学園のセーラー服を着てるし、ブラジャーで胸も膨らませてる。
 トンキーさんがテレビの収録で江実矢君と会ったときもトンキーさんは江実矢君を女の子だと思ってた。
 トンキーさんが妙に江実矢君に愛想がいいのを何だか変だとそのとき有紀は気がついた。
 トンキーさんは江実矢君がお気に入りに違いない。
 だったら江実矢君が誘えば、トンキーさんは絶対に断れないはずだ。
「ねね、恵美ちゃんと替わったら」と有紀は彩香ちゃんに言ってみた。
 彩香ちゃんは最初は、有紀の言ってる意味が分からずに怪訝な顔をしてるだけ。
 身体を左右にゆすって胸を揺らせてトンキーさんの気を引こうとしてるけど、いくらやっても駄目。
「恵美ちゃんの方が良いから」と有紀がもう一度言ってみると急にトンキーさんが「恵美ちゃん、一緒に来てるの」と聞いてきた。
 彩香ちゃんが「恵美ちゃんの方がいいんですか」と試しに聞いてみるとトンキーさんは急に顔を手で覆ってから変な格好で開きながら「こんばん、にゃんこ、恵美ちゃーん、だいちゅき」とギャグのつもりらしくて甲高い調子の声で叫んだ。
 トンキーさんのお気に入りが江実矢君だと彩香ちゃんも気がついたらしくて、すばやく席を立つと江実矢君をパソコンの前に座らせた。
 江実矢君はいきなりトンキーさんが映ってる画面を目の前にしてすぐには言葉がでない。
「恵美ちゃん、ずっとトンキーさんに会いたがってたんですよ、会えなくて寂しいんだって」とすぐに有紀が横からマイクに話しかけた。
 彩香ちゃんも「恵美ちゃんは、トンキーさんが大好きで、いつもトンキーさんの話しばかりいつもしてるんです」と調子を合わせて横から勢い込んでトンキーさんに話しかけた。
 まだ江実矢君が何も言い出さないので、今度は彩香ちゃんが横から江実矢君のお尻をつねった。
 江実矢君が思わず「あ、ぁ」と小さな声をだすと、トンキーさんの眉がぐぐっと動くのが見えた。
 これなら上手くいきそうと思って今度は有紀が江実矢君の膝頭を指先でくすぐってみた。
 江実矢君は思わず体を捩らせて、椅子に座ってる足が開いた。
 彩香ちゃんがつかさず、江実矢君の腿に手をあてがうと江実矢君の足を無理矢理いっぱいに開かせた。
 彩香ちゃんが江実矢君の足を押さえている間に、有紀が指先で江実矢君の腿の内側をそっと撫で上げた。
 江実矢君はたまらずに何度も体を捩ったが、その度に四つ葉学園のセーラー服のスカートの裾が捲れ上がった。
 ともかくトンキーさんに気に入られるには出来る事は何でもするしかない。
 有紀が江実矢君のスカートの下に手を入れて、大事な所をそっと指先でくすぐった。
 江実矢君はさすがに我慢できなくて、足が震えながら左右に大きく広げたり閉じたりを繰り返した。
 トンキーさんも口から涎をたらして思わず江実矢君に見とれてる。
 ここで一押しすればきっとトンキーさんも江実矢君を誘うはず。
 有紀が指先を小刻みに振るわせると、江実矢君の目つきが怪しげな雰囲気で白目になった。
 江実矢君の口が半分開いたとき、有紀は今度はマイクの横で「今すぐ会いたいのお願い」と江実矢君の口調で呟いた。
 トンキーさんはもう我慢できないらしくて目を何度も大きく見開くと「今すぐ行くから、ううん、いますぐ行っちゃうから」と大げさな仕草でギャグみたいに叫んだ。
 トンキーさんが他のモシモシ倶楽部のメンバーと一緒に三人でこれから迎えに来てくれると話しがすぐにまとまった。

22.通風口から脱出して地上に戻る<< ページトップ >>24.ナンパされて神社の境内に連れ込まれる

女子高生援助交際アダルトビデオ

流出 東京援交女子高生 映像ファイル 年間250人の女子高生と「援助交際」を繰り返す男の記録
援助交際ハメ撮り投稿集 2枚組8時間
流出匿名撮影 素人美少女援交一夜の過ち 2
援交女子校生 悶絶生中出し4時間 [DVD]
超 素人援交生中出し 5時間 [DVD]
神待ち家出女子校生を自宅に連れ込んで中出しセックスを繰り返した男の記録 カルマ [DVD]