長編官能小説 彩香スペシャル〜三姉妹監禁志願

by七度柚希

目次

1.学園祭のお化け屋敷
2.三次元スキャナーで身体測定
3.ロボットダンスコンテスト
4.テレビのドキュメンタリー番組に出演
5.喫茶店でビデオチャット
6.SM倶楽部で強制調教
7.メイド喫茶でアルバイト
8.タコイーカ財団に拉致される
9.ロボット実験場に監禁
10.良一君はセックス専用ロボット
11.盗撮カメラで覗かれて
12.名犬ピーチと出会う
13.マンホールから地上にでる
14.四つ葉学園に入学
15.ホームルームの後は数学とパソコン実習
16.チアリーダー部は戦闘集団
17.本当の幸せは太陽の下
18.城の塔に昇って太陽を確かめる
19.怪物の触手から逃げて百合ちゃんの家に戻る
20.彩香ちゃんの家庭教師の勇二君が助けに来た
21.捕まって牢獄に監禁さた勇二君を見つける
22.通風口から脱出して地上に戻る
23.地上に出ると出会い系喫茶の店の中
24.ナンパされて神社の境内に連れ込まれる
25.SM倶楽部でショーの舞台に出る
26.SMショーで本番中出輪姦調教
27.神社の境内のトイレでアナルレイプ
28.痴漢に捕まってラブホテルに連れ込まれる
29.神社の境内で輪姦調教
30.ファンの男の子に追いかけられSM倶楽部に逃げ戻る
31.学園祭のお化け屋敷の中で彩香ちゃんが目を覚ます

4.テレビのドキュメンタリー番組に出演

あらすじ
 将来の日本というテレビのドキュメンタリー番組で彩香ちゃんと有紀の江実矢君の三人が新人のロボット歌手として取り上げられる事になった。ロボットの三人が原宿で買い物をしてる所をスカウトされるという設定で収録が始まった。だけど変なスカウトに捕まって怪しげな面接を受ける。

 収録の当日にテレビ局に行くとディレクターが番組の内容の説明してくれた。
 普通にロボットの紹介をしても仕方がないというので「これからデビューする新人歌手が実はロボットなんです」というストーリーでドキュメンタリー番組を作成するという話しだ。
 全部が全部作り話だけど、番組を面白くするためにはこの方が良いとかディレクターが勝手な言い分を並べてる。
 番組の司会役は人気のお笑いタレントの「モシモシ倶楽部」の三人だと楽屋で紹介された。
 三人ともテレビの番組で見るときと同じにニコニコしている。
 取りあえず「宜しくお願いします」と三人で頭を下げるとトンキーさんが「はじめまして、っぺ」と眼を大きく開いてぐるぐる廻した。
 テレビでいつも見てるギャグを目の前で見て、有紀は笑っていいのか判らずに顔が引きつった。
「いや、驚かして御免ね、っぺ」とまたトンキーさんが今度は顔の横に両手を広げて唇を尖らせた。
 笑わなければいけない所らしいと気が付いて有紀が仕方なく笑うと、彩香ちゃんと江実矢君も一緒にわらった。
 トンキーさんが彩香ちゃんに歩み寄ると「君たちロボットなんだってね」と言いながらいきなり彩香ちゃんの胸を掴んだ。
 彩香ちゃんが驚いて飛び跳ねると「止めて下さい」と大声でどなった。
 トンキーさんはあれっという顔で他のモシモシ倶楽部のメンバーの顔を見た。
「本当にロボットな分けないだろう」とディレクターが慌ててトンキーさんを叱りつけてる。
 トンキーさんは他のモシモシ倶楽部のメンバーから三人はロボットだとからかわれていたらしい。
「いや、御免冗談のつもりなんだ」とディレクターになだめられて彩香ちゃんも納得したようで俯いてトンキーさんから目をそらせた。
 その後は控え室で、着替えとお化粧をしてもらった。
 衣装はゴスロリ風のピンクのワンピースで随分と派手だ。
 ディレクターも江実矢君のことは最初から女の子だと思ってたらしい。
 江実矢君に用意された衣装もお揃いのワンピースだけど江実矢君は仕方ないと思ったのか着替えを始めた。
 彩香ちゃんも多分江実矢君が女の子の格好をさせられると思って、江実矢君用にパッド入りのブラジャーを用意ししてきた。
 江実矢君は諦めた顔で、彩香ちゃんに手伝ってもらってブラジャーを着けた。
 彩香ちゃんが女物のパンティーをバッグから取りだして江実矢君に渡したので有紀はびっくりした。
 ブラジャーとお揃いのパンティーは白いレース模様で女の子らしい可愛いデザインだ。
 希美ちゃんが江実矢君に女物のパンティーを履かせてるので、彩香ちゃんも希美ちゃんに負けたくないらしい。
 江実矢君が彩香ちゃんに逆らえるわけがない。
 パンティーを受け取ると江実矢君は大人しく着替えをすませた。
 お化粧はテレビ用の派手めのお化粧で、係の人がやってくれたけどすごい上手だ。
 三人とも普段とは別人みたいな美少女に見える。
 とりわけ江実矢君はテレビに出てるアイドル歌手みたいに可愛い。
 ディレクターも江実矢君の化粧をした顔をみて、満足そうな顔で頷いてる。
 準備も済んでまずは最初に芸能プロダクションにスカウトされるという場面の収録からすることになり、三人で原宿に行くことになった。
 放送局のワゴン車で原宿の駅前まで行くと、竹下通りのすぐ手前で車を降りた。
 隠し撮りの雰囲気で撮影したいというので、どこにテレビカメラを持った人がいるのか判らない。
 三人揃って竹下通りを歩いていると、大勢の女の子達が買い物に来てる。
 原宿ではゴスロリのワンピースなど珍しくないらしくて、三人に振り向くような女の子は居ないので彩香ちゃんはちょっとがっかりした顔をしてる。
 竹下通りを半分くらいまで歩くと、芸能プロダクションのスカウトらしい男性がやってくるのが見えた。
 すぐ後にはテレビカメラを隠し持ったテレビ局のスタッフらしい男ががこっそりと寄り添ってる。
 黒い背広をきてしゃれた感じの髪型は若く見せてるけど、そこそこの年の男性らしい。
「やあ、君たち可愛いね。学校はどこ」と男が話しかけてきた。
 ディレクターが言ってたスカウトの男に間違いなさそう。
 最初は不審そうな顔をして返事をしないようにとディレクターに言われて他ので、無視して歩き出そうと彩香ちゃんが一歩踏み出した。
 男は彩香ちゃんの前に立ちはだかると「可愛いねワンピースだね、とっても似合ってるよ」とまずは気軽な感じで話しかけてきた。
 彩香ちゃんは、前もってディレクターに言われてたとおりにわざと機械みたいなおかしな口調で「ワタシタチ、ハラジュクハジメテナンデス」と答えた。
 するとスカウトの男性は「いや、君、可愛いしゃべり方だね、もうすぐタレントさんになれるよ。テレビにでないか」と話しを向けてきた。
「いやもうそのしゃべり方は、タレントさんよりも歌手の方がいいね、いやバラエティー番組にもぴったしだ」と男は随分と調子が良い。
 彩香ちゃんがまたロボットの口調で「ホントウデスカ、ウレシイナ」と言うと男はも話しが着いたと思ったらしい。
「じゃあ、これから一緒に来てくれるかな、すぐ近くに事務所があるから詳しい話しはそこで」と言われて事務所に行くことになった。
 裏通りを歩いていくと細い小道を入ってマンションの部屋に連れて行かれた。
 手提げ鞄に隠しカメラを持ってる男がずっと後を付けてきてるので撮影に間違いない。
 マンションの部屋には表札がないけど、中は事務所みたいになっていて机や棚が並んでる。
 まずは面接をするからと奥の小部屋に入ってソファーに座るようにと指示された。
 彩香ちゃんがソファの中央に座ると左右に江実矢君と有紀が彩香ちゃんに体を寄せて座った。
 すぐ目の前にはテレビカメラが三脚に載せられていて撮影もやってるみたい。
 ミニ丈のゴスロリのワンピースでソファーに座ると、スカートの裾で腿がちょっと隠れるだけで前から見たらパンティーが丸見えになっちゃう。
 有紀は足をしっかりと閉じてスカートの裾を引っ張って腿を隠した。
 彩香ちゃんも落ち着かない様子でスカートの裾を直すと、正面のカメラを見つめた。
 江実矢君もちょこんとお尻をソファーの前の端に降ろしてからお尻を後にずらす女の子座りをしてる。
 座った後に足をしっかりと閉じてスカートの裾を気にしてる仕草は見ていても感心するくらいに上手。
 いつもチアガールの衣装を着せられてたのでミニスカートを履いた時の座り方にもだいぶ慣れてきたみたい。
 これなら江実矢君が男の子だとは判らないはずと彩香ちゃんも一安心した顔だ。
「じゃあ面接を始めるからね、面接に受かったらテレビに出て人気アイドルになれるんだ、もう君たちなら大人気」
「だからね。聞かれた事にはなんでも素直に答えてくれないと面接には受からないからね」とまず最初は面接の心構えから始まった。
「じゃあ、始めるよ、楽な気持ちで普段通りに答えれば良いからね」と言いながら男がカメラの横に座った。
 有紀は自分がテレビドラマの主人公になったような気がして気分が落ち着かない。
 彩香ちゃんも緊張して表情が硬くなってるけど、江実矢君は平気な顔だ。
「原宿にはよく来るの」と最初の質問が始まった。
 テレビカメラで撮影してるのでうっかり変な返事はできない。
 彩香ちゃんはさっきみたいにロボットの口調で「ヨクキマス」と答えたが、男が眉をしかめて「君いつもそんなしゃべり方してるの、それとも僕をからかってるのかな」と冷たい口調で叱りつけてきた。
 普通に喋ればいいらしいと気が付いて彩香ちゃんは「ごめんなさい」と少し拗ねた口調で呟いた。
「いいんだよその自然な喋り方が女優さんには大事なんだよ」と男に言われて彩香ちゃんは機嫌が直ったみたいで「はい」と返事をした。
「じゃあもう一度聞くからね。原宿にはよく来るのか」ともう一度聞かれて「よく来ます」と彩香ちゃんは精一杯可愛らしい口調で答えた。
「そんなに硬くならなくて良いんだよ」とまた男に注意されて彩香ちゃんはまた拗ねた顔で俯いた。
「可愛いワンピースだね、原宿で買ったのかな」と今度は彩香ちゃんの機嫌を取るような口調で男が話しかけてきた。
 そんな事はどうでもいい話しだけど最初は気持ちをほぐすために雑談から始めるらしい。
「将来は、君たち歌手になれるんだ、だけどその前にいろいろ話しを聞いておかないとね」と男が言うので成る程と思った。
「三人とも、彼氏いるのかな」と聞かれてどきっとした。
 やっぱり江実矢君の事を女の子だと思ってるらしい。
「どんな男の子がタイプかな、いますぐ好みのタイプの男の子が現れたら嬉しいよね」とか聞かれたけど何だか変だ。
「今までに付き合った男の子で一番よかったのはどんなタイプかな」と聞かれたけど中学生で男の子と付き合うはずなんかない。
 三人とも答えの仕様が無くて黙っていると「男の子にどんなことされると一番気持ちよかったのか体験を聞かせてくれないかな」とまた聞かれた。
「女の子だから気持ちよくなりたいよね」とまたおかしな事を聞かれて有紀はこの面接はなんだか変だと気が付いた。
「気持ちいいこといつもしてるよね、女の子が気持ちいい事ってどんなことなのか教えてくれないか」とエッチな話しばかり聞かれるのはやっぱり変だ。
 三人が返事をしないで黙っているだけなので、男は急に不機嫌な口調で「聞かれた事にはちゃんと答えないと面接には受からないよ」叱り飛ばしてきた。
 有紀は怖くて逃げ出したくなったけどテレビの収録中に逃げたりしたらディレクターに後で怒られるだけだ。
 男は急に態度を変えて猫なで声で「いや、君たちはインタビューは初めてだからね。最初は緊張して硬くなって上手く答えられないけど、いつも友達と話しをしてる気持ちになればいいんだよ。大きく息をすって体の力を抜いて楽にしてごらん」と優しく語りかけてきた。
 厳しく叱りつけたり甘い声でおだてたりするのがタレントを操る手口だと有紀にもなんとなく判ってきた。
「君たち、学校に行くとき痴漢によく会うよね、可愛い女の子はみんな毎朝痴漢に遭うのが当たり前だよね」と男がまた変なことを聞いてきた。
 中学校には歩いて通ってるから朝痴漢に遭うなんて事はない。
 彩香ちゃんが急に「よく知ってるんですね、私毎朝痴漢に遭うんです」と答えたので有紀はびっくりした。
「痴漢に遭うと気持ちいいよね、痴漢は触るの上手だから」と男に言われて「そうなんです、もう気持ちよくて感じちゃって」と彩香ちゃんが大げさに答えた。
「毎朝痴漢に遭うと、夜寝るときも痴漢の事を思い出しちゃうよね」と男にまた言われた。
 そう言えば彩香ちゃんのお姉さんの佐織ちゃんは朝痴漢に遭ってるとか彩香ちゃんが話してたのを思い出した。
 彩香ちゃんはお姉ちゃんの佐織ちゃんの話を自分の話だと嘘をついて答えてるらしい。
「タレントさんはね、演技もできないといけないんだ、たったいま痴漢に遭ってると想像して演技をしてごらん」と男が言い出したので彩香ちゃんは困った顔。
「じゃ、まずそこの恵美ちゃんから演技をしてもらおうかな、恵美ちゃんも毎日痴漢に遭ってるよね」と男に言われてさすがに江実矢君も困って返事ができなかった。
 江実矢君は今はゴスロリのワンピースを着てるけど普段は男の子だ。
 痴漢に遭う訳なんか無い。
「さあ、やってごらん、いま電車の中で痴漢にお尻を触られてるって想像するんだ」と男に言われて彩香ちゃんが「私やります」と言い出した。
 彩香ちゃんが顔を歪めて嫌な顔をすると、唇が震えて泣き出しそうな顔になった。
「いま痴漢に何処を触られてるのか言いなさい」と男に言われて「お尻を触られてます」と彩香ちゃん答えると眉毛を歪めて嫌がってる顔をした。
 いくら何でも普通のテレビ番組でこんな場面を撮影する訳がない。
 彩香ちゃんが急に顔を歪めて体を震わせて喘ぐように何度も息を吐き出した。
 いつの間にか彩香ちゃんの足が左右に開いて腰を前に突き出してる。
 有紀は目の前で何が起きてるのか訳が分からなくなった。
 彩香ちゃんが頭を仰け反らせて大きく体を震わせた。
 有紀が彩香ちゃんの手を握りしめると彩香ちゃんが強く握り返してきた。
 彩香ちゃんの苦しそうな喘ぎ声を聞いて有紀の体が熱く燃え上がった。
 目眩がしそうな気分で有紀は目を閉じると、自分が痴漢に遭ってるのを想像した。
 体中から汗が噴き出して、頭に血が上って気絶しそうになった。
 彩香ちゃんがいきなり江実矢君の股間に手のひらを押し当てた。
 ゴスロリのワンピースの下で盛り上がってるのを隠そうとしてるんだと有紀にもすぐ判った。
 いくら女物のパンティーを履いていたって、おっきくなっちゃったら盛り上がって隠しようがない。
 男はまだ江実矢君の事を女の子だと思ってるらしい。
「君たち仲が良いんだね、いつもそうやってるんんだね」
「気持ちいいこといつもしてるんだね」と男に言われて彩香ちゃんは今度はもう一方の手を有紀の股間に押し当ててきた。
 有紀は思わず「だめ、もうだめ」と言葉にならない声で呻いた。
「私も、もうだめ」と彩香ちゃんが有紀の耳元で呻き声を上げると有紀の体は一気に燃えあがった。
 有紀が体を仰け反らせて目を閉じるともう自分がどこに居るのか自分でも訳が分からなくなった。
 いつも彩香ちゃんの家でお泊まりしてるときしてるように、有紀は彩香ちゃんの腿をくすぐりながら手でなぞった。
 彩香ちゃんの手のひらが有紀の感じる所を押し回してくると、有紀は体中が震えてきた。
「そう、それだ、それだよ」と男の声が聞こえて有紀は目を開けた。
 男の視線が有紀の目を覗き込むように突き刺さって有紀は恥ずかしくなった。
 男が急に背筋を伸ばして座り直した。
 今度は何を言われるんだろうと思って有紀は体が強ばって息が詰まった。
「うん面接は合格」とまるで芝居の台詞みたいな口調で男が言い放った。
 こんなインチキな面接あるわけないと思ったけどテレビの収録だから適当にやってるに違いないと有紀は思った。
「内の事務所と契約すれば、芸能人になれてね、歌手でもタレントでも好きなようにしてあげる。そしたら素敵な男の子といますぐ出会えるんだホントだよ」と言われたけど意味がよく分からない。
 どう返事をしていいのか判らなくて彩香ちゃんが「ありがとうございます」と答えた。
 すると男がテーブルの上に書類を広げた。
「この契約書にサインすれば、今すぐ素敵な男の子と出会えるんだ」と訳の分からないことを言われた。
 男の視線が彩香ちゃんの股間を見つめているのに気が付いて有紀は彩香ちゃんの様子を確かめた。
 いつの間にか彩香ちゃんのミニのワンピース裾がめくれ上がってピンクのレース模様のパンティーが丸見えに成ってる。
 彩香ちゃんは慌ててミニのワンピースの裾を直した。
 次第に息が落ち着いてくると彩香ちゃんは契約書を見ようと立ち上がってテーブルの上に屈み込んだ。
 何が書いてあるかさっぱり判らないらしくて、彩香ちゃんは不思議そうな顔をしてるだけ。
 きっと中学生には読んでも判らない難しい事が書いてあるに違いない。
 男のすぐ横に大きな箱があって、扉にダイアルが幾つも付いてる。
 器用な手つきで男がダイアルを廻すと扉があいた。
 金庫の中に分厚い札束が沢山入ってるのをみて有紀はびっくりした。
 男がテーブルの上にお札の束を積んで「サインすれば今すぐこのお金を上げるから、サインしてね」と言われて、有紀は戸惑った。
 1万円札が何枚あるか判らないけど100万円くらいはありそう。
 テレビの収録だからきっと偽のお金だけど、もしかして本物のお金かもしれない。
 本当にこんな大金を貰える訳はないと思ったけど、もしかして将来はもっとすごい大金を貰えるのかもしれない。
 男は札束を手に取ると「これが契約金だよ」と言って見せびらかすように彩香ちゃんに渡した。
 彩香ちゃんが男から受け取った札束を数えようとしたけど手が震えてとてもだめ。
 彩香ちゃんが震えた手で有紀に札束を渡した。
 有紀だって札束の数え方なんか知らない。
 銀行の窓口で銀行員の女の子がお札を数えてるけどこんな大金を数えてるのなんか見たことはない。
 有紀が札束をテーブルの上に置くと、今度は男がボールペンを差し出した。
 ともかく今は契約書にサインすればいいらしい。
 履歴書もいるからと学校名を書くと「君達ね、身分証明書とか持ってたら見せてくれないか」と男に言われた。
 テレビの取材だったら身分証明書なんて見せろなんて今更言わないはず。
 変だと思ったけど彩香ちゃんが中学校の生徒手帳をだして見せた。
 男が「高校三年生と書いてくれないかそうすれば18歳だろう」に注文を付けられた。
 どうやら未成年だと都合が悪いらしい。
 三人が順に契約書にサインをすると、男は契約証を封筒に入れて大事そうに金庫の中にしまった。
 契約書にサインを済ませると「さっそく撮影するからね、いやこれは凄いビデオが撮れちゃうよ。いますぐ格好いい男の子を紹介するからね」と随分と調子のいい話しだけどなんだか変だ。
 男がインターホンで「譲治、出番だぜ」と言うとすぐにドアが開いてずんぐりした体つきの男が入ってきた。
「どうだい、男らしい男といったら、この譲治が一番だぜ、男らしくてほれぼれしちゃうぜ」と譲治さんを紹介すると、譲治さんは黙って頭を下げた。
 なんでこんな男に挨拶しなきゃいけないのか判らないけど、仕方なく三人も軽く頭を下げて会釈した。
「いや、撮影はすぐ済むからね」と言うとスカウトの男はすぐに部屋を出て行ってしまった。
 譲治さんは黒いズボンに黒いシャツを着ていて、肩幅が広くて胸板の厚みが凄くてお腹もでてる。
 顔付きは眉や顎がでこぼことしててどう見ても女の子にもてるような顔じゃない。
 どうみたって格好いい男の子じゃないけど男らしいと言えば確かに男らしい。
「君たちいつもどんなことして遊んでるのかな」と譲治さんが江実矢君に話しかけた。
 スカウトの男の調子の良い口調と違って、落ち着いた低い声なので有紀はなんだか怖くなった。
 さっきと同じ事を聞かれてるんだと彩香ちゃんも気が付いて「気持ちいいことしてます」と甘えた口調で答えた。
「男の子にどんなことされると気持ちいいのか言ってごらん、いますぐして上げる」と譲治さんに言われて彩香ちゃんはすぐには返事ができなかった。
 男の子にして貰うことと言えば最初に思いつくのはやっぱりキスだ。
 大好きな男の子と唇と唇を重ねるなんて、想像しただけでもドキドキしてきちゃう。
 だけど自分から男の人にキスしてなんて言えるわけないし、譲治さんにキスされるなんて考えただけでも気持ちが悪い。
 譲治さんは三人の顔を見比べてから、三人の体つきをいやらしい目つきで眺め回してる。
 有紀から見ても一番可愛らしい顔をしてるのはやっぱり江実矢君だ。
 だけど大人の男の人からみたら、女性の魅力は可愛らしいだけじゃないはず。
 譲治さんは彩香ちゃんのFカップの巨乳が気に入ったらしくて「気持ちよくしてやるぜ」と良いながらそっと彩香ちゃんの背後に立った。
 後から抱きかかえるようにして譲治さんは彩香ちゃんの脇腹をそっと撫で上げてきた。
 指先をくすぐるようにして震わせながらゆっくりと上下に動かす手つきは随分と手慣れてる。
 彩香ちゃんが思わずため息をついて体を震わせると、すぐに譲治さんの手が彩香ちゃんの胸を包み込んだ。
 やさしくそっと包み込むように胸を揉まれて彩香ちゃんは夢心地で目を閉じた。
 譲治さんの唇が彩香ちゃんの首筋に触れたとき彩香ちゃんの体がピクンと仰け反った。
「だめ、」と彩香ちゃんが叫ぶと譲治さんは彩香ちゃんの体から手を放した。
 本当にいやで「だめ」と言ってる訳じゃない。
 譲治さんもよく知っているはずなのに、わざと焦らしてるんだと有紀にも判った。
 彩香ちゃんは譲治さんの方に振り向いて「お願い」と半分言いかけたが、譲治さんは知らん顔。
 江実矢君が心配そうな顔で彩香ちゃんを見つめているのに気が付いて譲治さんは江実矢君に歩み寄った。
 譲治さんは「いや、君可愛いね、いますぐ遊びたいんだろう」と言いながら前屈みになって身体を江実矢君にすり寄せた。
 譲治さんが江実矢君の体をそっと抱きしめると江実矢君の体が押しつぶされて壊れちゃいそうになった。
 譲治さんの両手が江実矢君のワンピースの裾をたぐって腰まで捲りあげた。
 白いパンティーが丸見えになると、譲治さんは江実矢君のお尻をカメラの方に向けた。
 両手でゆっくりと手のひらを廻しながら譲治さんが江実矢くんのお尻を揉み始めると、江実矢君は堪らずに苦しそうな声をあげた。
 譲治さんは江実矢君の体をソファに押し倒すと、江実矢君の上にのし掛かった。
 なんだか変だと思ったけどやっぱりアダルトビデオの撮影みたいだ。
 譲治さんが腰を捻るように動かしたのを見てこれは大変な事になると彩香ちゃんの顔色が変わった。
 彩香ちゃんがすばやい動きで譲治さんのお尻を思い切り蹴飛ばした。
 譲治さんの大きな体は中学生の女の子に蹴られたくらいではびくともしない。
 譲治さんが振り返ると「何しやがるんだ」と凄い剣幕で怒鳴りつけてきた。
「お願い、なんで私じゃだめなの」と彩香ちゃんが甘えた声で体を捩らせた。
 彩香ちゃんがお尻を左右に振ると、胸も一緒に左右に大きく跳ねて揺れた。
 やっぱり譲治さんは巨乳が好きらしくて、譲治さんの口元がいやらしく歪んで目つきも変わった。
 譲治さんが体を起こすと「いや、御免、そうだったね」と言いながら彩香ちゃんに近づいてきた。
 彩香ちゃんが譲治さんに背を向けると、譲治さんが後から彩香ちゃんを抱きかかえようとして両手を広げた。
 後から譲治さんが彩香ちゃんを抱きしめて押さえつけようとしたとき、彩香ちゃんが膝を曲げて身体を屈めた。
 譲治さんの手が彩香ちゃんの頭の上で空を切ったのと同時に、彩香ちゃんは譲治さんの足首をしっかり掴んだ。
 そのまま彩香ちゃんが後ろ向きに頭を突き上げて身体を起こすと、譲治さんの身体が後向きに倒れ込んだ。
 彩香スペシャルだ、彩香ちゃんが譲治さんに彩香スペシャルを掛けたんだと有紀はとっさに思った。
 彩香スペシャルはあの電気アンマを彩香ちゃんが工夫して改良した技だ。
 仰向けになって横になった男の子のお腹にまたがって座って、両方の踵で男の急所を叩きつける恐怖の技。
 小学校の時は江実矢君がほかの男の子に虐められているのを見つけると、彩香ちゃんが男の子にこの彩香スペシャルをお見舞いした。
 それで男の子は彩香スペシャルを恐れて江実矢君を虐めなくなった。
 だけどそれは、女の子の方が男の子よりも体格がいい小学校の時に通用した技だ。
 大人の男の人になんか掛けたって通用するわけがない。
 有紀の見てる前で、彩香ちゃんが譲治さんの身体に後ろ向きにまたがって彩香スペシャルの体勢に持ち込んだ。
 譲治さんは背中を下にして寝ころんだまま、起きあがろうともしない。
 そのまま彩香ちゃんが踵を譲治さんの急所に叩きつけると、譲治さんはうめき声も出さない。
 あれっと思って彩香ちゃんが身体の向きを変えて譲治さんの顔をよく確かめてみた。
 気を失ってるらしくて、口が半分あいて変な顔。
 江実矢君は痛そうに膝頭をさすってる。
 どうやら譲治さんは倒れ込むときに、頭を江実矢君の膝にぶつけてしまったらしい。
 それで気を失ってしまったらしいけど、このままじゃ大変だ。
 逃げ出そうかとそれとも譲治さんを助けようかと迷ってると、彩香ちゃんの足がテレビカメラに繋がってるケーブルに引っかかってドスンと大きな音がしてカメラが倒れた。
 目の前にカメラが倒れると今度は照明のランプが一斉に消えてしまった。
 急にドアが開いた。
「おい譲治どうしたんだ」とさっきのスカウトの男が部屋に入ってきた。
「おい、なにやってるんだ」と男が譲治さんの身体を揺すると、譲治さんは気がついたみたい。
 彩香ちゃんはてっきり譲治さんが彩香スペシャルを食らって気絶したと思いこんでるのか「私のせいじゃないです、ほんとに私なにもしてないです」と慌てて言い訳してる。
「いや、急に気が遠くなって、ホントに何もないです、急に気が遠くなっただけで」と譲治さんも言ってくれたけど、彩香ちゃんをかばってる訳でも無さそう。
「おい、昨日徹マンしたんだろう」と男が譲治さんの身体を抱き起こしながら大声でいってる。
 徹マンなんて言葉聞いたことがなくて、有紀は彩香ちゃんの顔を見つめた。
 彩香ちゃんも知らないらしくて不思議そうな顔をしてる。
「昨日撮影のあと、徹マンして寝てないんだろう」とまた男に言われて「いや、やってませんホントにやってません」と譲治さんが言い訳してる。
 どうやら譲治さん昨日の夜から寝てないらしい。
 男はビデオカメラの三脚が倒れてるのを見て、カメラをよく調べてから急に立ち上がった。
「おいまたカメラ壊しやがったな、このカメラはレンタルなんだ。壊すと保証金とられるんだって何度いったら判るんだ」と男が譲治さんをしかりとばした。
 テレビカメラは倒れたとき故障したらしくてもう撮影はできないらしい。
「すいません、譲治さんのせいじゃないんです」と彩香ちゃんがうっかり譲治さんをかばおうとして言い訳をしてしまった。
 譲治さんは「いや、俺が悪いんです、俺のせいです」と今度は彩香ちゃんをかばってる。
 見た目はどうみても恐い雰囲気だけど譲治さんはそんなに悪い人でもないみたい。
 ともかく撮影はもうできないという事になって、譲治さんは頭を下げながら部屋を出て行った。
 これでもう帰れると思って有紀も彩香ちゃんと江実矢君の手を引っ張って部屋をでようとすると「君たち、まだ撮影してもらわないと困るんだよ」
「さっき契約書にサインしただろう、今日中に一本撮影してもらわないと困るんだ」とか男が言い出した。
 どうやら撮影の予定が狂ってしまったらしい。
「ちょっと来てくれないから、なんとか撮影するしかないだろう、何とか今日中に撮影を済ませないと困るんだ」と言われてすぐには帰れそうにない。
 男に案内されてともかく事務所を出た。

3.ロボットダンスコンテスト<< ページトップ >>5.喫茶店でビデオチャット

女子高生援助交際アダルトビデオ

流出 東京援交女子高生 映像ファイル 年間250人の女子高生と「援助交際」を繰り返す男の記録
援助交際ハメ撮り投稿集 2枚組8時間
流出匿名撮影 素人美少女援交一夜の過ち 2
援交女子校生 悶絶生中出し4時間 [DVD]
超 素人援交生中出し 5時間 [DVD]
神待ち家出女子校生を自宅に連れ込んで中出しセックスを繰り返した男の記録 カルマ [DVD]