長編官能小説 彩香スペシャル〜三姉妹監禁志願

by七度柚希

目次

1.学園祭のお化け屋敷
2.三次元スキャナーで身体測定
3.ロボットダンスコンテスト
4.テレビのドキュメンタリー番組に出演
5.喫茶店でビデオチャット
6.SM倶楽部で強制調教
7.メイド喫茶でアルバイト
8.タコイーカ財団に拉致される
9.ロボット実験場に監禁
10.良一君はセックス専用ロボット
11.盗撮カメラで覗かれて
12.名犬ピーチと出会う
13.マンホールから地上にでる
14.四つ葉学園に入学
15.ホームルームの後は数学とパソコン実習
16.チアリーダー部は戦闘集団
17.本当の幸せは太陽の下
18.城の塔に昇って太陽を確かめる
19.怪物の触手から逃げて百合ちゃんの家に戻る
20.彩香ちゃんの家庭教師の勇二君が助けに来た
21.捕まって牢獄に監禁さた勇二君を見つける
22.通風口から脱出して地上に戻る
23.地上に出ると出会い系喫茶の店の中
24.ナンパされて神社の境内に連れ込まれる
25.SM倶楽部でショーの舞台に出る
26.SMショーで本番中出輪姦調教
27.神社の境内のトイレでアナルレイプ
28.痴漢に捕まってラブホテルに連れ込まれる
29.神社の境内で輪姦調教
30.ファンの男の子に追いかけられSM倶楽部に逃げ戻る
31.学園祭のお化け屋敷の中で彩香ちゃんが目を覚ます

7.メイド喫茶でアルバイト

あらすじ
 テレビの生放送でメイド喫茶でバイトしてる三人が紹介されると、男の子達がいつのまにか喫茶店の周りに集まってきた。逃げようとしてメイド喫茶から出たけど男の子達に囲まれて逃げられない。

 収録も終わって次の週の日曜日に、有紀は江実矢君と一緒に彩香ちゃんの家でテレビの番組を見る事になった。
 彩香ちゃんの部屋は女の子の部屋にしてはちょっと広めで、小学校の頃は毎年お誕生会をしてた。
 お誕生会には彩香ちゃんの幼馴染みの女の子達がいつも来てたけど、特別に男の子の江実矢君も毎年呼ばれていた。
 お誕生会のパーティーが済んだ後は、いつも江実矢君に女の子の服を着せてみんなで江実矢君の顔にお化粧して遊んだ。
 江実矢君は体も小柄で、顔付きも女の子みたいに可愛らしいのでお化粧をするとまるでお人形さんみたいだった。
 女の子の服を着せるときは、もちろん下着だって全部女物だ。
 女の子の可愛らしいイチゴ模様のパンティーやお揃いのブラジャーを着せられても江実矢君はひたすらじっとして我慢してた。
 パンティーを履かせるときはもちろん女の子達の前で男の子の大事なものが丸見えになっちゃう。
 それでも江実矢君はいやがる素振りも見せなかった。
 女の子達は江実矢君が女装させられるのが好きだと思ってたみたいだけど、本当の所は有紀には判らない。
 江実矢君はもう中学生になったので、お誕生会で女の子の服を着せるのは止めたけど、江実矢君はまだ小学校の頃の事をよく覚えているらしい。
 部屋の壁際に掛けてある、彩香ちゃんの花柄のワンピースを見てわざとらしく視線をそらせてる。
 彩香ちゃんのママがコーヒーを用意してくれたので、コーヒーを飲みながら番組が始まるのを待った。
 ニュース番組のあと「将来の日本」の司会役のニコニコ倶楽部の三人が画面に映った。
 有紀はテレビに映ってるタレントさんとついこの間、収録で会ったばかりなので得意な気分になった。
 テレビを見ながら彩香ちゃんがわざとロボットみたいな口調で喋ったり、ロボットみたいな仕草で歩くのを見てみんなで大笑い。
 有紀が飲みかけたコーヒーを彩香ちゃんの大事なエプロンにこぼしたので彩香ちゃんは怒ってる。
 三人が歌手デビューする話しのあとに急に戦争のシーンが映し出された。
 機関銃の音がテレビのスピーカから大きな音で響くと、アナウンサーの女性が真面目な顔で解説を始めた。
「皆さんタコイーカ財団というのをご存じですか」と言ってるけど、もちろんそんなの知るわけ無い。
「いま大変な事が起きてるんです、ロボットの兵士を開発して、ロボットに戦争をやらせる時代がもう目の前に出きてるんです」とアナウンサーがちょっと脅かすような口調で話してる。
「こんなの嘘よね、そうよ全部嘘よ、バッカみたい」と彩香ちゃんが大声で叫んだ。
 タコイーカ財団が開発中のロボットがテレビ画面に映って、彩香ちゃんはびっくりして飲みかけたコーヒーをこぼしてしまった。
 見覚えのある顔は、あの時ビデオチャットの店で彩香ちゃんが相手をしたロボットみたいな男だ。
 あのときロボットがみたいな男は本当にタコイーカ財団の開発中のロボットだったらしい。
 どうりであの時ビデオチャットで変なしゃべり方をしたはずだ。
 話す話題もエッチな割には的はずれな質問ばかりだった。
 彩香ちゃんも不思議そうな顔をしてタコイーカ財団の作ったロボットを見てる。
 でも戦争なんて有紀にも彩香ちゃんにも関係のない話しだ。
 番組が終わると、江実矢君は宿題をするからと言って先に帰ろうとした。
 彩香ちゃんが江実矢君を引き留めると「ねえ恵美ちゃん痴漢にあったことあるの」といきなり聞いた。
「チアガールの格好をして電車に乗るとよく痴漢に遭うって聞いたけど、本当なの」と彩香ちゃんに追求されても江実矢君は答えようとはしない。
「答えないと、彩香スペシャルでお仕置きよ」と彩香ちゃんが江実矢君を脅かすと江実矢君の顔色が変わった。
 彩香スペシャルは彩香ちゃんの得意技で電気アンマを改良した凄い技だ。
 小学校のとき江実矢君が彩香ちゃんのブルマーを盗んだと疑われて彩香ちゃんにその彩香スペシャルを掛けられたことがある。
 その時以来、江実矢君は彩香ちゃんには絶対に逆らわない。
「ねえ痴漢にどんなことされてたの」と彩香ちゃんに問いつめられて江実矢君は「お尻を触られたりしちゃうの」とやっと小さな声で答えた。
 彩香ちゃんはふうんと納得した顔で頷きながら「こんな風に触られてるのかしら」と江実矢君のお尻をそっと撫で上げた。
 江実矢君は思わず身震いしたけど、彩香ちゃんに逆らえるわけがない。
 彩香ちゃんの手が江実矢君のお尻をくすぐるようにして何度も撫で回した。
 彩香ちゃんは江実矢君のズボンの前をじっと見て不思議そうな顔をしてる。
「変ねえ、そんなはずないわよね」と言いながら、今度は彩香ちゃんの手が江実矢君のズボンの前をそっと撫でた。
 そんなことされたら男の子だったら大変なことになっちゃう。
 有紀が心配そうに江実矢君の顔色を伺うと、江実矢君は口もとをギュッと噛みしめて必死で我慢してる。
 彩香ちゃんはあれっという顔で、手のひらを彩香ちゃんのズボンの前に押しつけてる。
 江実矢君は必死で何か我慢してらしくて、苦しそうに顔が歪んだ。
「恵美ちゃん、ズボン脱いでくれるかな、今すぐ脱ぐのよ」と彩香ちゃんに言われて江実矢君は返事をしない。
 彩香ちゃんが江実矢君のズボンを脱がそうとすると江実矢君が必死で抵抗した。
「言うこと聞かないと、彩香スペシャルでお仕置きするわよ」と彩香ちゃんにまた脅されて江実矢君は諦めたらしい。
 彩香ちゃんの見てる前で江実矢君は自分からズボンを膝まで降ろした。
 江実矢君が履いていたのはやっぱりアンダースコートだ。
 それもレース模様の可愛らしいデザインのチアガールの履くアンダースコート。
 アンダースコートがきついらしくて、それで江実矢君は苦しそうな顔をしてるんだ。
 彩香ちゃんは江実矢君のアンダースコートを見て、なるほどという顔をしてる。
「痴漢に遭う時は、男の子だったらアンダースコート履いてないと困ったことに成っちゃうわよね」と彩香ちゃんが言うので有紀も成る程と気が付いた。
 男の子の大事な物が大きく成っちゃうのを防ぐにはピッチピチのアンダースコートが役に立つ。
 彩香ちゃんはアンダースコートの上から江実矢君の大事な所に手のひらをそっと押しつけた。
 江実矢君は顔を真っ赤にして苦しそうな顔をしてる。
 彩香ちゃんがアンダースコートから手を離すと今度は顔を寄せてほっぺたをそっとすり寄せた。
「もう止めて」と江実矢君が泣き出しそうな声を上げたので、彩香ちゃんは顔を離したけど不満そうな顔。
 江実矢君は慌ててズボンを直すと「宿題しないとママに叱られるから、御免なさい」と言って逃げ出すように出て行ってしまった。
 江実矢君が帰った後、彩香ちゃんはしばらく黙ったまま何か物思いにふけってる様子で何も言わなかった。
「有紀ちゃん今日はお泊まりしてくわよね」と彩香ちゃんが急に思い立ったように有紀に言った。
 有紀もそのつもりだったので彩香ちゃんの部屋でお泊まりをする事にした。
 お布団を敷いてパジャマに着替えると、彩香ちゃんのFカップの巨乳は凄い迫力。
「もしかしたら私達、本当に歌手でデビューしちゃうかもしれないわね」と彩香ちゃんが言い出した。
「そんなの夢よ、本当にあるわけないわよね」と有紀が言うと彩香ちゃんも「そうよね、あるわけ無いわよね」と言って頷いた。
 彩香ちゃんはしばらく黙り込んでから「ねえ、有紀ちゃんも電車で痴漢に遭ったことあるんでしょう」と甘えた声で聞いてきた。
「痴漢に遭うと気持ちよく成っちゃうの女の子なら誰でもそうよね」と彩香ちゃんに言われて有紀この間のビデオチャットの事を思い出した。
 男の子とあんなエッチな話しをしたのは初めてだけど、一度体験したらもう止められなくなる。
「知らない男の子と痴漢の話しをすると感じて来ちゃうわよね」と有紀はそれとなく話しを向けた。
「ねえ、有紀ちゃんビデオチャットしたいなら、そこのパソコンで今すぐできるわよ」と彩香ちゃんが勉強机の上に置いてあるパソコンを指さした。
「有紀ちゃんもこの間のビデオチャットで気も良かったんでしょう」と彩香ちゃんに言われて有紀は「彩香ちゃんだってそうでしょう」と言い返した。
「だけどママにビデオチャットはしちゃいけないって言われてるの」と彩香ちゃんが残念そうな顔で口をすぼめた。
 ビデオチャットでエッチな話しをしてるのママに見つかっちゃったらしいと有紀にもなんとなく見当がついた。
 彩香ちゃんの事だからこの間のビデオチャットよりもっと凄いことをしてたに違いない。
「ビデオチャットより気持ちいいこと教えてあげましょうか」と彩香ちゃんが思わせぶりに呟いた。
 有紀は彩香ちゃんが何をいいたいのかすぐに判って体が熱くなった。
「彩香ちゃん、私彩香ちゃんが大好き」と有紀は彩香ちゃんの目を見ながらゆっくりと言った。
 彩香ちゃんは嬉しそうな顔で有紀の目をじっと見つめて微笑んだ。
 彩香ちゃんも有紀が誘っているんだとすぐに判った見たい。
「有紀ちゃんのこと私が気持ちよくしてあげる、だからビデオチャットなんかしないでね」と彩香ちゃんに言われて有紀は頷いて答えた。
 彩香ちゃんがそっと顔を近づけてくると、有紀は手を伸ばして彩香ちゃんの脇腹をそっと撫で上げた。
「私と恵美ちゃんとどっちが好きか教えて」と有紀は彩香ちゃんに聞いてみた。
 彩香ちゃんは少し返事をためらっていたけど「恵美ちゃんが本当に女の子だったらいいのにね」と有紀に告白した。
「やっぱり私より恵美ちゃんが好きなのね」と有紀が口をとがらかせて拗ねて見せた。
 彩香ちゃんが首を横に振ると、顎を突き出して顔を近づけてきた。
 彩香ちゃんの唇が有紀の唇に重なったとき夢みたいな心地で有紀の体は宙に舞い上がった。
 彩香ちゃんの舌先が有紀の口の中で有紀の舌に絡みついてきた。
 有紀もお返しに彩香ちゃんの一番感じる所を指先でくすぐった。
 彩香ちゃんが体をくねらせて有紀の胸に彩香ちゃんのFカップの巨乳を押しつけてきた。
 有紀が彩香ちゃんの胸を手のひらで押し回すと、彩香ちゃんの喘ぐ息が有紀の口に吹き込んできた。
 ゆっくりとした時間が、繰り返す波のように朝まで続いた。

 放送の次の日にディレクターから連絡があった。
「将来の日本」で取り上げたロボットの特集が大評判なので、お昼の番組で生中継で三人の紹介をするって話しが決まったらしい。
 おまけに彩香ちゃんと有紀と江実矢君の三人で「ピンクタイフーン」という芸名で歌手デビューも正式にきまったというのでこれまたびっくり。
 夢だとばかり思ってた事が本当になるなんてとても信じられない。
 さっそくお昼の番組「昼の街角」の収録という事になったけど場所は秋葉原。
 メイド喫茶のメイドさんが実はロボットでお客さんも気がつかないという設定だ。
 ピンクタイフーンの三人がデビュー前はメイド喫茶でアルバイトしてたという事にするらしい。
 そんな馬鹿な話しはあるわけ無いけど、テレビ番組はストーリーがないと視聴者が満足しないとかディレクターが言い張る。
 番組が始まるちょっと前に、秋葉原のメイド喫茶に案内された。
 メイド喫茶なんて一度も行ったことがないけど、店の前まで来ると見た目は普通の喫茶店。
 中に入るとき入り口で「おかえりなさいませ、ご主人様」とメイド服を着た女の子に挨拶された。
 なんでそんな挨拶するのか意味が分からないけど、メイド喫茶ではそれが決まりらしい。
 店の中に入ると天井は真っ白で、壁紙は全部ピンクの花柄でまるで女の子の部屋みたい。
 テーブルの上にコミックが置いてあったり、フィギュアが飾りで置いてあるだけでそれほど変わった所があるわけでもなかった。
 メイドさん達はみな高校生くらいの年頃でお揃いの可愛らしいメイド服を着てる。
 みな真面目そうな顔で、お化粧も全然してない子もいる。
 店のお客は場所が秋葉原だけあって、髪が中途半端に長くて一目でオタクと分かる人ばかり。
 だけどお客さんは全部が全部前もって仕込んでおいたヤラセの客だ。
 リハーサルでテレビカメラが回っても何も知らない顔でお茶を飲んだりおしゃべりしてる。
 彩香ちゃんと有紀と江実矢君は三人揃ってピンクのゴスロリ風のワンピースにエプロンをしてメイドさんの格好でしばらく店の奥で待たされた。
 お化粧もばっちりで、どこから見ても秋葉原のメイドさんだ。
 店には他のメイドさん達は、撮影前だというのでわざとらしく注文をとったり店の中を歩き回っている。
 ディレクターが合図すると、ちょうど店の前からレポーターの長沢さんが店の中を覗き込んでる。
 長沢さんは人気の女子アナウンサーで髪の毛が長くてスタイルもいい。
 ちょっと長めのワンピースを着てるけど、まるでどこかのお嬢様かお姫様みたいだ。
 長沢さんがもう一人のレポーターの男性と店の中に入るとすぐ席に着いた。
 彩香ちゃんはディレクターに合図されて、さっそく用意してあったお盆を持って長沢さんの座ってる席まで歩きはじめた。
 彩香ちゃんはロボットの振りをしておかしな格好で得意顔で歩いてるけど、ディレクターは渋い顔。
 撮影の時間は決まってるから、ゆっくりと歩かれたら困るらしい。
 彩香ちゃんは長沢さんのテーブルの目の前にチョコレートパフェを置くきながら「おいちくなあれ、ふわふわ、じゅるじるる、ぱんぼこりん」とアドリブでおまじないの言葉を言いながら踊り出した。
 長沢さんはびっくりした顔で彩香ちゃんの顔を見上げて言葉が出ない。
 彩香ちゃんが踊りながらテーブルにチョコレートパフェを置いた瞬間に手が滑って上に乗ったチョコレートが長沢さんのワンピースの胸の谷間に飛び込んだ。
 チョコレートパフェのチョコレートが胸の谷間から溢れてワンピースは台無しだ。
 今度は彩香ちゃんがびっくりして眼を丸くした。
 テレビのカメラは慌てて、店の奥に撮す方向を変えた。
 有紀はディレクターの顔を横目でちらっと見たけど、怒った顔で唇が震えてる。
 いそいで長沢さんが手元にあった紙ナプキンでワンピースの上から胸の谷間を拭いてる。
 チョコレートの跡がまだ残ってるけど、今は本番中でそんなこと気になんかしてらんない。
 すぐにまたおしゃべりを続けながら長沢さんは店を出て大通りを歩き始めた。
 生放送はまだつづいてるらしくて、番組のスタッフはディレクターと一緒にすぐ長沢さんを追いかけて店を出て行ってしまった。
 店にいるヤラセの客もみな席に座ったままじっとして動こうとはしない。
 番組が終わるまでは、このままじっとしていないといけないらしい。
 仕方なく有紀はさっきまで長沢さんが座っていた席に座ると、江実矢君と彩香ちゃんも席についた。
 テーブルの上に置いたままになってるチョコレートパフェを彩香ちゃんが手に取るとスプーンで一口食べた。
 有紀が「私も食べたいな」と言うと彩香ちゃんは食べたばかりのスプーンを舌で嘗めてから有紀にスプーンを渡してくれた。
 彩香ちゃんが口にしたスプーンで同じチョコレートパフェを食べるなんてまるで間接キスしてるみたい。
 なんとなく浮き浮きした気分で、有紀は口の中でチョコレートパフェのクリームが溶けるのを味わった。
 有紀が一口食べると彩香ちゃんが「恵美ちゃんも食べるわよね」言い出した。
 一口食べる毎にスプーンを廻しながら三人でチョコレートパフェを食べていると何だか不思議な気がしてきた。
 恋人同士だったら同じスプーンでチョコレートパフェを食べたりしたらラブラブで幸せ一杯だけど、三人でラブラブってどうゆうことなんだろうと有紀は思った。
 彩香ちゃんがふとテーブルの上に置いてある雑誌を手にした。
「ケロロ軍曹」の新刊らしい。
 ぱらぱらとページをめくっていると急に彩香ちゃんの手が止まった。
 困ったような、驚いたような顔付きは何だか変。
 有紀が彩香ちゃんの手にした雑誌の表紙をよくよく確かめると「ケロロ軍曹」じゃなくて「エロロ軍曹」だ。
 そういえばここは秋葉原だ。
 エッチな同人雑誌とかいっぱい売ってる所だ。
「エロロ軍曹」なんて題名の雑誌が、まともなはずはない。
 いったいどんな漫画なんだろうと思って有紀は彩香ちゃんから雑誌を奪うとページを捲ってみた。
 最初に目にはいったのはエロロ軍曹が電車で痴漢をしてるシーン。
 あの丸顔のエロロ軍曹が電車にのってるだけでも変な絵だけど、そのエロロ軍曹が女子高生の後に立ってる姿は不気味だ。
 他のページを捲ってみると、もっと凄い絵が目に飛び込んできた。
 一目で痴漢と分かる中年のお腹の出っ張った男が、女子高生の上からのしかかってる。
 男の子の大事な所がちゃんとそのまま本物そっくりに書いてある。
 見たこともない形の物を目の前にして有紀は急に体が熱くなった。
「ぁ、」と小さく喘ぐ声が聞こえて目を上げると彩香ちゃんは別のコミック雑誌を読んでる。
 よっぽど過激な絵が描いてあるらしくて、彩香ちゃんの目が虚ろだ。
 江実矢君が困った顔で有紀になにか言いたげな様子。
 彩香ちゃんの手が江実矢君のスカートの上から太股に触ってる。
 なんだか怪しげな雰囲気だけど、どうしていいのか判らない。
 有紀がふと窓の外に視線を向けると、メイド喫茶の前の大通りの様子が変。
 男の子達が大勢立ち止まって、有紀の座っている方向に携帯を向けてる。
 彩香ちゃんも有紀の視線に気が付いて窓の外を見たけど、なんで男の子達が大勢いるのか訳が分からない。
 きっとアイドルタレントのサイン会でもあるんだと思ってチョコレートパフェを食べていると男の子はあちらこちらから集まってきて大通りが歩けないくらいの大混雑。
 彩香ちゃんの携帯が鳴って勇二君からかかってきたらしい。
「大変なことになってる」と勇二君に言われて、有紀も事の成り行きに気が付いた。
 すぐ目の前にいる男の子達のお目当ては彩香ちゃんと有紀と江実矢君の三人なんだ。
 ついさっきテレビの生放送をしたばかりで、それを見ていた男の子達がこのメイド喫茶めがけて集まってきてるらしい。
 彩香ちゃんが慌てた様子で携帯の画面を操作して有紀に見せた。
 誰が作ったのか知らないけどインターネットに「ピンクタイフーン」とサイトがもう出来ていて、さっきの生放送の番組がそっくりビデオで掲載されてる。
 テレビには映らなかったはずの、チョコレートパフェを拭いてる長沢さんの胸の谷間もビデオで掲載してある。
 それに三人がチョコレートパフェを食べてるシーンもすぐ近くで誰かが撮してるらしい。
 彩香ちゃんの手が江実矢君のスカートの上から太股を触ってるのも写ってる。
 有紀は店の中をぐるりと見回してみたけどそれらしいカメラは見あたらない。
 最近の盗撮カメラは、針の穴からでも盗撮できると勇二君も言ってた。
 隠しカメラが何処にあるなんか探しても見つかるわけはない。
 有紀は窓の外を見て、携帯で隠し撮りしてるらしいと気が付いた。
 テレビで生放送なんかすれば秋葉原中の男の子がこの店の前に集まってきたって不思議じゃい。
 放送も終わったらしくて、ディレクターや長沢さんの姿は何処にも見あたらない。
 このままではとても店から出られない。
 勇二君がすぐ近くまで車できてるというので、ともかく勇二君の車の置いてある場所まで行こうと話しがまとまった。
 メイド喫茶から出ようとしたが男の子達が大勢立ちふさがっていて一歩もあるけない。
 ずっと先まで大通りが男の子で埋め尽くされてる。
 必死になって男の子達の間をかき分けて、先に進もうとしたが男の子達が三人の周りに集まってきてもうとてもだめ。
 彩香ちゃんがとっさに変な格好で歌いながら踊りを始めた。
 ロボットみたいな動きで、へんてこりんな踊りは誰がみたって可笑しくて笑っちゃいそう。
 この間ダンスの先生に教えて貰った振りをロボットみたいな仕草で踊ってるんだ。
「ふわふわ、くるくる、ぽんぽこりん」と彩香ちゃんが適当に頭に浮かんだ歌詞を大声で歌っていると「おい、見えないぞどけ」と遠くから声が聞こえた。
 これは都合が良いと有紀が彩香ちゃんの側で踊り出すと男の子達の輪が少しづつ遠くなっていく。
「恵美ちゃんもはやく、踊るのよ」と彩香ちゃんにせかされて三人で並んで踊を続けた。
 男の子達は携帯を撮りだして、三人が踊る姿を撮影して近づいては来ない。
 歌って踊りながらすこしづつ大通りの抜けて勇二君の車を目指して進むとそれらしいワゴン車が見えた。
 とてももう踊ってなんか居られないと、彩香ちゃんが駆け出すと周りから男の子達が後を追いかけてきた。

6.SM倶楽部で強制調教<< ページトップ >>8.タコイーカ財団に拉致される

女子高生援助交際アダルトビデオ

流出 東京援交女子高生 映像ファイル 年間250人の女子高生と「援助交際」を繰り返す男の記録
援助交際ハメ撮り投稿集 2枚組8時間
流出匿名撮影 素人美少女援交一夜の過ち 2
援交女子校生 悶絶生中出し4時間 [DVD]
超 素人援交生中出し 5時間 [DVD]
神待ち家出女子校生を自宅に連れ込んで中出しセックスを繰り返した男の記録 カルマ [DVD]