長編官能小説 彩香スペシャル〜三姉妹監禁志願

by七度柚希

目次

1.学園祭のお化け屋敷
2.三次元スキャナーで身体測定
3.ロボットダンスコンテスト
4.テレビのドキュメンタリー番組に出演
5.喫茶店でビデオチャット
6.SM倶楽部で強制調教
7.メイド喫茶でアルバイト
8.タコイーカ財団に拉致される
9.ロボット実験場に監禁
10.良一君はセックス専用ロボット
11.盗撮カメラで覗かれて
12.名犬ピーチと出会う
13.マンホールから地上にでる
14.四つ葉学園に入学
15.ホームルームの後は数学とパソコン実習
16.チアリーダー部は戦闘集団
17.本当の幸せは太陽の下
18.城の塔に昇って太陽を確かめる
19.怪物の触手から逃げて百合ちゃんの家に戻る
20.彩香ちゃんの家庭教師の勇二君が助けに来た
21.捕まって牢獄に監禁さた勇二君を見つける
22.通風口から脱出して地上に戻る
23.地上に出ると出会い系喫茶の店の中
24.ナンパされて神社の境内に連れ込まれる
25.SM倶楽部でショーの舞台に出る
26.SMショーで本番中出輪姦調教
27.神社の境内のトイレでアナルレイプ
28.痴漢に捕まってラブホテルに連れ込まれる
29.神社の境内で輪姦調教
30.ファンの男の子に追いかけられSM倶楽部に逃げ戻る
31.学園祭のお化け屋敷の中で彩香ちゃんが目を覚ます

26.SMショーで本番中出輪姦調教

あらすじ
 SMショーの舞台で本番中田し調教されたあと、客席でも潮吹き本番輪姦中田し調教しされる。名犬ピーチが男の子達の急所に噛みついてやっとのことで逃げ出す。

 有紀も江実矢君の手を引いて彩香ちゃんの後から逃げ出そうとしたが「逃げるんんじゃない」と女王様が大声で怒鳴った。
 女王様の鞭が飛んでくる前に舞台から降りようとしたが間に合わない。
 有紀の耳元に鞭の音が「ピシッー」と響いた。
 そのすぐ後に鞭の音が足元の床に響いたと思うと鞭の先が有紀の足に絡みついた。
 有紀が尻餅を着くと床に倒れ込んだ。
 江実矢君が慌てて有紀を助け起こそうとしたがまた鞭の音が足元近くに響いた。
 床にたたきつけられた鞭が江実矢君の足にも絡みついて江実矢君の体が有紀の上にそのまま重なって倒れた。
 江実矢君が立ち上がろうともがいたとき江実矢君の手が有紀の足に絡みついた。
 有紀がもがこうとすると、江実矢君の腕が有紀の足を持ち上げて恥ずかしい格好になった。
 まるでプロレスのエビ固めみたいな格好で有紀のすぐ頭の上に江実矢君のアンダースコートが丸見えだ。
 江実矢君が立ち上がろうとしたとき、また女王様の鞭が飛んできた。
 今度は有紀のお尻にぴしゃりと鞭の先が命中した。
 有紀が「ヒイィー」と大声で叫ぶと江実矢君に必死で抱きついた。
 もう一度鞭の音が響くと、江実矢君が激しく体を震わせて「グウァァーーー」と呻いた。
 女王様の鞭が江実矢君の急所に命中したらしい。
 もう一度鞭が江実矢君の急所めがけて飛んできた。
 これは大変な事になると彩香ちゃんが江実矢君の上にのし掛かるように体を重ねた。
 彩香ちゃんのお尻に鞭が叩きつけられて彩香ちゃんが「ヒィー」と呻いた。
 なんとか江実矢君の急所だけは守らないと、江実矢君は鞭で打たれたら死んじゃうかもしれない。
 彩香ちゃんは大きく足を広げて、江実矢君の大事な所をなんとか守ろうと必死で江実矢君に抱きついた。
 三人の体が舞台の上で重なると、有紀のすぐ顔の上に江実矢君のアンダースコートが押しつけられてその上に彩香ちゃんの恥ずかしいところが丸見えになった。
 彩香ちゃんのスカートが捲れ上がって、恥ずかしい所が舞台の照明の中で客席からもくっきり浮き上がって見えた。
 女王様の鞭がまた鋭い音を立てると、彩香ちゃんの恥ずかしい所にまともに命中したらしくて、彩香ちゃんが気絶しそうな声で「ヒィーーー−−−−−」と叫んだ。
 痛がってるはずなのに彩香ちゃんの恥ずかしい所が汗をかいてるように濡れて愛液がしたたるのが有紀にもはっきりと見えた。
 男の一人が彩香ちゃんの足元に近寄ると、彩香ちゃんの花園を指で左右に開いた。
 明るい照明の中で、彩香ちゃんのピンク色の花園が丸出しになって店の客からは丸見えだ。
 男は中指先を彩香ちゃんの花園に押し込むと小刻みに手首を震わせ始めた。
 裏ビデオで見たことがあるけど、彩香ちゃんに「潮吹き」させるらしい。
 初めて裏ビデオで潮吹きを見たときは本当にびっくりして、彩香ちゃんと一緒に「あんなの全部嘘よね」と話したのを思い出した。
 有紀の顔のすぐ上で、彩香ちゃんが腰を震わせてもだえる格好を見て、有紀は裏ビデオが嘘じゃなかったんだとすぐ判った。
 ねっとりした愛液があふれ出して、有紀の顔に滴り落ちて止まらない。
 よっぽど気持ちいいらしくて、彩香ちゃんの声は半分泣き出しそうにかすれてる。
 彩香ちゃんが何度も背中を仰け反らせて体を震わせると、男は指を抜いて濡れ具合を確かめてる。
「たっぷり濡れてやがるぜ、この牝犬」と男が台詞がかった大げさな口調で大声を上げた。
 もう準備オッケーだと思ったのか男はをズボンを膝まで降ろした。
 すっかり大きくなった物が真上を向いて、ピクンピクンと震えるのが見えて有紀は寒気がした。
 赤紫色の太い竿が反り返りながら先端が細くなって、その先に大きく傘が開いている
 傘の周囲には丸い粒のような膨らみがいっぱい並んでいてまるで孫悟空の如意棒みたい。
 青紫色の太い血管が、ドクドクと脈打ってるのがはっきりと見えた。
 男が腰を屈めて位置を確かめてから、ゆっくりと彩香ちゃんに入ってきた。
 彩香ちゃんの花園は、男のおっきなものをすっぽりと奥まで納めると入り口がきゅっと引き締まって何度も震えた。
 男がまたゆっくりとした動きで腰を引きながら奥まで入れた物を抜き出そうとすると、彩香ちゃんの花園が男の物に吸い付いたように離れない。
 途中で何度か小刻みに前後に動かしながら、先端が彩香ちゃんの花園に引っかかるまで抜き出すと今度は腰を丸く廻すように動かしてきた。
 思いがけない腰の動きに彩香ちゃんは、喉の奥から喘ぎ声が漏れるのが止まらなくなった。
 もう一度奥まで男の物が押し込まれるとまた今度もゆっくりとした動きで引き抜いてくる。
 彩香ちゃんの腰が震えたように小刻みに震えて両足の筋肉がぴくぴくと動くのが見えた。
 男が腰の動きを変える度に彩香ちゃんが江実矢君に震えながらしがみついてくるので、江実矢君も興奮してきたみたい。
 有紀のすぐ顔の上で江実矢君のアンダースコートの前がぷっくりと膨れるのが目に入った。
 彩香ちゃんが苦しそうな声で呻くと、男の腰が前後に動き出した。
 勢いよくぐいぐいと押し込んだかと思うと、不意に力を抜いてゆっくりと前後に揺するテクニックはまるで裏ビデオの男優さんみたいに上手だ。
 次第に男の腰の動きが早くなると、彩香ちゃんが突然金切り声で「アァァァーー」と大きく叫んだ。
 裏ビデオでも見たことがあるけど、男の腰の動きはこれから中田しする時の腰の動かし方だ。
 彩香ちゃんが中出しなんかされたら、他の男だってその後に中田しするに違いない。
 そんな事になったら、店中の男に彩香ちゃんと有紀が中田しされて江実矢君まで廻されちゃう。
 もうこうなったら諦めるしかないと思ったとたん有紀は体の震えが止まらなくなった。
「勝手なことするんじゃない」と突然女王様が大声で男を怒鳴りつける声が聞こえた。
「中田しなんかするんじゃない。誰の許しでそんな真似してるんだ」と女王様が厳しい口調で男を叱りつけた。
 いくらショーでも本番中田しで女の子の恥ずかしい所が丸見えになっちゃうのはさすがに不味いらしいと有紀にも判った。
 ぴしゃっと鞭の音が響くと、今度は女王様の鞭が男の足元に絡みついた。
 男が堪らずに床に倒れ込むと、女王様の鞭が立て続けに男の急所を責め立てた。
 こうなるといくら男でも女王様にはかなわない。
 舞台の上で様子を見ていたもう一人の男が素早い動きで女王様の背後に回ると、女王様の鞭を取り上げた。
 あっという間に女王様の姿が見えなくなって、有紀は目を見張った。
 女王様がハイヒールを履いたまま飛び上がって壁を蹴り、空中で宙返りをして男の背後にストンと立ったのだ。
 男の背後から首を締め上げようと女王様が腕を巻き付けたが、男の太い首はびくともしない。
 男は女王様の腕を獲ると、逆に柔道の背負い投げの格好で女王様を投げ飛ばした。
 女王様の体が大きく宙を回って舞台の中央に落ちると、腰を打ち付けたらしくてすぐには起きあがれない。
 女王様に鞭で急所を打たれて倒れ込んでいた男が立ち上がると、女王様の持っていた鞭を床から拾って女王様の背中をぴしゃりと鞭で叩いた。
 女王様の体が仰け反って、床の上をのたうち回るのを男達は面白そうな顔で見てる。
 男達が女王様の両脇に立って交互に鞭を叩きつけると、女王様は痛くて声を出せない。
 不意に「トヤーーー」と大きな叫び声が舞台の横から聞こえてきた。
 トンキーさんが女王様を助けようとして、男を殴りかかろうと飛び出して来たんだ。
 だけど男達が鞭を振り上げてトンキーさんを叩こうとするとトンキーさんは舞台の上を逃げ回るだけ。
 トンキーさんが男達の注意を引きつけている間に他のモシモシ倶楽部の二人が女王様を舞台の袖まで床を引きずって運んだ。
 彩香ちゃんが女王様の方に歩み寄ったとき、女王様が舞台の袖のカーテンを引っ張って軽く頷いた。
 前と同じに女王様がこっから逃げろと合図してるみたい。
 逃げるなら今しかないと、彩香ちゃんは一目散に舞台の袖に駆け寄った。
 有紀も江実矢くんの手をひっぱって大あわてで、彩香ちゃんの後を追った。
 すばやく彩香ちゃんが幕がわりのカーテンの裏に隠れるとまるでマジックのショーみたいに三人の姿が舞台から消えた。
 舞台の照明がうまく三人の身体をかくして、男達が居る場所からはもう見えない。
 これは上手くいきそうだとそのまま三人でカーテンに隠れたまま舞台の袖に回った。
 舞台の上では、男二人とモシモシ倶楽部の三人が乱闘を始めた。
 モシモシ倶楽部の三人は「トワーーー」とか「トエーーー」とか大きな声で叫ぶだけで逃げ回ってばかりだが、しばらくは時間が稼げそう。
 これなら上手く逃げ出せそうだと有紀は出口を探した。
 客席の奥に正面の入り口らしいドアが見える。
 客席のテーブルの間を四つんばいになって歩けばなんとかなりそうだ。
 三人で四つんばいになって犬みたいな格好で彩香ちゃんが先頭になって、その後から有紀がつづいて最後は江実矢君だ。
 狭いテーブルの間を進んでいくと有紀の目の前で急に誰かが彩香ちゃんのスカートを捲りあげた。
 彩香ちゃんはさっきパンティーを脱いでトンキーさんの頭に被せたから、スカートの下には何も履いてない。
 制服のミニスカートが腰の上まで捲られると、恥ずかしい所が丸見えになってとんでもない格好になった。
 彩香ちゃんはびっくりして身体が凍り付いてる。
「こんな所に雌犬が居るぜ」とすぐ頭の上からいやらしい声で男の子が呟くのが聞こえてきた。
 テーブルに座っている客の男の子の誰かに見つかっちゃったらしい。
「おい、お前雌犬なんだろう、俺の足嘗めろ」と男の子が靴を脱いで、汚らしい靴下を彩香ちゃんの顔の前に押しつけた。
 彩香ちゃんが嫌がって顔を背けると「雌犬の癖に生意気だぜ」と怒った口調で男の子が呟いた。
 他の男の子が彩香ちゃんのお尻を手のひらでぴしゃりと叩きつけると、彩香ちゃんは「うぇ」と声にならない叫びを上げて体が仰け反った。
 うっかり大きな声を出せば、舞台の上で鞭で鞭を持ってるナンパ男達に逃げ出そうとしてるのがばれてしまう。
 そうなったら今度はナンパ男達に何をされるか判らない。
 彩香ちゃんは必死で声を出さないように歯を食いしばってる。
 男の子の手が本気で力一杯に彩香ちゃんのお尻を何度も叩きつけると彩香ちゃんは痛くて気絶しそうになってる。
 それでも彩香ちゃんが必死で声をださないように頑張ってると今度は男の子の指先が彩香ちゃんの花園を撫で上げてきた。
 彩香ちゃんはもう我慢できなくて体をよじって、小さく「ぁ、あ」と喘ぎ声をあげた。
 男の子はすっかり調子に乗って彩香ちゃんの一番感じる所を指先で押し回してきた。
 彩香ちゃんが腰をくねらせて声がでそうになるのを必死でこえると、男の子は指先を花園の奥まで押し込んできた。
 有紀のすぐ目の前で彩香ちゃんの花園にすっぽりと男の指が入ると、、男の子は手首全体を揺すって彩香ちゃんを責め始めた。
 さっき舞台でナンパ男にやられたのと同じ「潮吹き」だ。
 彩香ちゃんの体が仰け反りながら震えると、「あ、ぁぁぁ、」と喉の奥からあふれ出す喘ぎ声が止まらない。
 男の子が指先をしっかりと彩香ちゃんの花園の中で押し回すように動くと、ねっとりした愛液が彩香ちゃんの花園から溢れて垂れてきた。
 こうなったら彩香ちゃんはもうここに置き去りにして有紀と江実矢君だけで逃げるしかない。
 有紀が別のテーブルの間に四つんばいで這って進もうとしたととき、有紀のスカートがいきなり後から捲りあげられた。
 他のテーブルに座った男の子が面白がって今度は有紀のパンティーを股の所で掴んで引っ張り上げてきた。
 舞台では怪しげなショーをやっているけど、この店はそれだけじゃないみたい。
 彩香ちゃんや有紀が床を這ってるのも何かの余興だと店の客が思ってるらしい。
 モシモシ倶楽部の三人は客席で有紀や彩香ちゃんが大変な目になってるのを全然気が付いてないらしくて、あいかわらず大声で叫びながら舞台の上を走り回ってる。
 照明が舞台の方に向けられているので、舞台からは客席で何が起きてるのか判らないんだ。
 有紀は必死で這って逃げようとしたが、パンティーを引っ張り上げられると足が宙に浮いて歩けない。
 有紀の後からはすぐ江実矢君が四つんばいになって後から付いてくる。
 有紀が男の子達に逆らった今度は江実矢君が何をされるか判らない。
 江実矢君は四つ葉学園のセーラー服を着ていてスカートはミニスカートだ。
 男の子達が江実矢君を女の子だと思い込んでどんな目にあわせるか思っただけでも寒気がする。
 江実矢君がアンダースコートとパンティーを脱がされたらいくら暗くて良く見えなくても男の子だとすぐに判っちゃう。
 そんなことに成ったら江実矢君はもっと大変な目に遭わされるに違いない。
 江実矢君が無事に逃げるまでは、だまって男の子の言いなりになるしかないと有紀は覚悟を決めた。
 有紀が抵抗する素振りを見せないのを良いことに、男の子はパンティーを掴んだ手を震わせてきた。
 割れ目にきつく食い込んだパンティーが敏感な所を刺激して、有紀は体中が震え上がった。
 すぐ目の前で男の子が二人席を立つと四つんばいになってる彩香ちゃんの前と後に膝をついた。
 ズボンのベルトを緩めると、履いてるトランクスの前がおっきくなってるのが薄暗がりの中でぼんやりと見えた。
 トランクスを膝の下まで降ろすと、男の子は彩香ちゃんの顔に逞しくそそりたった物を擦り寄せてきた。
 彩香ちゃんが顔をそらせようとすると、男の子の手がしっかりと彩香ちゃんの髪をつかんで離さない。
 無理矢理口の中にいれられて彩香ちゃんは息がくるしいらくして呻き声を上げた。
 有紀のパンティーを掴んでいた男の子も席から立ち上がると、有紀の足元にしゃがみ込んだ。
 男の子の指が有紀のパンティーを掴んで膝まで降ろすと、男の子が有紀の恥ずかしい所に顔を寄せた。
 舌先が敏感な所を嘗め上げる感触が有紀の体を捕らえた。
 恥ずかしくて死にそうな気分になって有紀の体は一気に熱くなった。
 舌先が微妙に動いて有紀の花園の奥に届いてくると中で震えながら感じる所を探りあてた。
 思いもよらない感触に有紀は目眩がして、体から力が抜けていった。
 男の子の舌先が何度も繰り返し有紀の敏感な所を責め続けると、有紀は体中が熱くなって愛液が溢れて止まらなくなった。
 男の子が顔を上げると片手で有紀の胸を掴んで揉みながら、もう一方の手を花園に押し当ててきた。
 指先を擦りつけるようにして花園を撫で回していた手は、今度は一番敏感な花芯をくすぐるように指先で押し回してきた。
 有紀はもうとても我慢できずに、体を仰け反らせて大きく息を吐き出した。
 男の子の指が有紀の花園の奥まで差し入れられると指先を敏感な所に押しつけながら震わせてきた。
 あっという間もなく有紀の花園から愛液が溢れ出て腿を伝って滴り落ちた。
 男の子の手首が激しく動くと有紀は喉の奥から喘ぎ声が漏れそうになるのを必死で堪えた。
 いままで経験したことのない感触が有紀の体を捕らえると体中が宙に浮いたように軽くなった。
 男の子の指先が繰り返し有紀の敏感な所を巧みに責め上げると有紀は体が宙に浮いたまま震えて止まらなくなった。
 もうとても我慢できなくて有紀は喉の奥から喘ぎ声が沸き上がるのを止められなかった。
 有紀が「ああ、ぁ−−」と甲高い叫び声を上げると、男の子はやっと有紀の花園から指を離してくれた。
 男の子が有紀の腰を両手でしっかり掴むと、両膝を着いて後から腰を押しつけてきた。
 逞しく盛り上がった感触が有紀の花園に押しつけられて、有紀の花園は痺れて熱く震えた。
 有紀のすぐ目の前に男の子がしゃがみ込む後姿が見えて有紀は顔を上げた。
 逞しく盛り上がったお尻と両足の太い筋肉をすぐ目の前にして有紀はまぶしくて目が眩んだ。
 男の子が足を開いて屈み込む股間に大きく反り返った物が揺れている。
 腰を少し下に下げながら、男の子が腰を突き上げるような格好で前に押しつけた。
 男の子の逞しい物が彩香ちゃんの花園を押し分けて奥まですっぽり入るのが目の前に見えた。
 彩香ちゃんの花園の入り口が大きく開いてまるで自分から男が欲しがってるように男の子の逞しいものを飲み込んでる。
 彩香ちゃんがいまどんな気持なのか有紀にも羨ましいくらいによく判った。
 薄黒くくすんだ男の子の玉が目の前で前後に揺れながら、彩香ちゃんの花園にぶつかるのがはっきりと見えた。
 男の子の腰がぐいぐいと激しく彩香ちゃんに押しつけられるたびに、パンパンと紙袋をたたき割る様な大きな音が聞こえきた。
 彩香の花園からまるで水鉄砲の様に愛液だ吹きだしてきて有紀の顔に飛び跳ねた。
 男の子が一旦動きを止めるとわざと焦らすように一休みしてからまた一気に腰の動きを激しくしてきた。
 男の子のお尻の筋肉がきゅと引き締まると、すぐ目の前でピクピクと動くのが見えた。
 彩香ちゃんは男の子のテクニックに翻弄されて花園が痺れて震えが止まらなくなってる。
 有紀は彩香ちゃんが羨ましくて、男の子の逞しいものを入れて欲しくて自分からお尻を後に突き出した。
 すぐに男の子が太くて逞しいものを有紀の花園に押し入れてきたので有紀は思わず涙ぐんだ。
 有紀は好きでもない男の子に無理矢理犯されてるはずなのに気持ちいいんだと思うと情けない気持ちで一杯になった。
 こんなことで女の子が幸せになれるはずないのに、男の子が奥まで押し込んでくるたびに嬉しくて涙がこぼれてきちゃう。
 悔しい気持と嬉しい気持が混ざり合った不思議な気分が有紀の体を熱く燃上がらせた。
 ロボット実験場で怪物の触手が奥まで入ってきたときは確かに経験したことがない気持ちよさで、天国にいってるみたいな気分だった。
 だけど本物の男性に奥まで突かれる悦びはやっぱり本物の愛の悦びだ。
 本物の愛のほうが偽物の愛なんかより気持ちいいのは絶対間違いない。
 これだけ気持ちよくしてもらえるってことは、ここが本当に地上でこの店に居る男性は本物の生きた生身の男性だってことに絶対間違いない。
 これでやっと本当に助かったんだと思うと、有紀の胸の中は嬉しさでいっぱいで胸がはち切れそうになった。
 有紀が何度も背中を仰け反らせていると、男の子の腰の動きが急に強くなって有紀の花園を奥まで一杯に突き上げてきた。
 男の子のおっきい物が有紀の胃袋を突き破って喉から飛び出してきそうな感触が有紀の体を突き抜けた。
 すぐ目の前でも彩香ちゃんを責める男の子の腰の動きが一気に早くなるのが見えた。
 ぷるんぷるんと男の子の玉が袋に入ったまま激しく揺れて、有紀の顔にぶつかりそうになった。
 有紀の体をいままで体験したことのない激しい快感が突き抜けると有紀は雌犬に成りきって腰を振った。
 勢いよく男の子の腰が突き出されて、これが中田しのきつい一撃だと有紀が思ったときと急に有紀の目の前の男の子が「ギャー」と悲鳴を上げて倒れた。
 いったい何があったのか判らないが、すぐに有紀を犯していた男の子が「ウギャーー」と悲鳴を上げて後ろ向きに倒れ込んだ。
 有紀の体が急に楽になると思わず体から力が抜け有紀は床に腹這いになった。
 彩香ちゃんの足元に倒れ込んだ男の子の股間からは血が出ているらしくて、男の子が痛さのあまりに手足をばたつかせている。
 他の客達はこれも余興だと思ったらしくて、笑って見ているだけで誰も助けようとしない。
 不意に有紀の鼻先をぺろぺろと舌先で嘗める感触があった。
 男の子の舌先のぬっとりとした感触とはちがって、冷たくてくすぐるような感触だ。
 有紀はピーチが有紀の鼻先を嘗めてるのに気が付いてびっくりした。
 出会い系喫茶に辿り着いた後はピーチの事はすっかり忘れていたけど、いつのまにかこの店にも着いてきたらしい。
 ピーチが男の子の急所に噛みついて、彩香ちゃんと有紀を助けたらしい。
 ともかくさっきのカーテンの裏に逃げて戻るしかない。
 慌てて四つんばいのまま後ろ向きで舞台の袖まで戻ると、ピーチがくんくんと鼻をならしてる。
 久美ちゃんがいないのでピーチが何を行ってるのかは判らないが、近くに抜け道があるらしい。

25.SM倶楽部でショーの舞台に出る<< ページトップ >>27.神社の境内のトイレでアナルレイプ

女子高生援助交際アダルトビデオ

流出 東京援交女子高生 映像ファイル 年間250人の女子高生と「援助交際」を繰り返す男の記録
援助交際ハメ撮り投稿集 2枚組8時間
流出匿名撮影 素人美少女援交一夜の過ち 2
援交女子校生 悶絶生中出し4時間 [DVD]
超 素人援交生中出し 5時間 [DVD]
神待ち家出女子校生を自宅に連れ込んで中出しセックスを繰り返した男の記録 カルマ [DVD]