長編官能小説 彩香スペシャル〜三姉妹監禁志願

by七度柚希

目次

1.学園祭のお化け屋敷
2.三次元スキャナーで身体測定
3.ロボットダンスコンテスト
4.テレビのドキュメンタリー番組に出演
5.喫茶店でビデオチャット
6.SM倶楽部で強制調教
7.メイド喫茶でアルバイト
8.タコイーカ財団に拉致される
9.ロボット実験場に監禁
10.良一君はセックス専用ロボット
11.盗撮カメラで覗かれて
12.名犬ピーチと出会う
13.マンホールから地上にでる
14.四つ葉学園に入学
15.ホームルームの後は数学とパソコン実習
16.チアリーダー部は戦闘集団
17.本当の幸せは太陽の下
18.城の塔に昇って太陽を確かめる
19.怪物の触手から逃げて百合ちゃんの家に戻る
20.彩香ちゃんの家庭教師の勇二君が助けに来た
21.捕まって牢獄に監禁さた勇二君を見つける
22.通風口から脱出して地上に戻る
23.地上に出ると出会い系喫茶の店の中
24.ナンパされて神社の境内に連れ込まれる
25.SM倶楽部でショーの舞台に出る
26.SMショーで本番中出輪姦調教
27.神社の境内のトイレでアナルレイプ
28.痴漢に捕まってラブホテルに連れ込まれる
29.神社の境内で輪姦調教
30.ファンの男の子に追いかけられSM倶楽部に逃げ戻る
31.学園祭のお化け屋敷の中で彩香ちゃんが目を覚ます

28.痴漢に捕まってラブホテルに連れ込まれる

あらすじ
 気が付いたときトイレに男達の姿はない。男達を探してラブホテル前までいってみると、良一君が男達にナンパされてラブホテルに連れ込まれてるのを目撃する。ラブホテル前で痴漢男に捕まった。逃げるにはフェラチオするしかない。

 有紀が気が付いたときトイレの個室には誰もいなかった。
 ドアの外を確かめてみたがトイレの中は物音一つシーンと静まりかえっていて人の気配はない。
 隣の個室のドアを開けてみると彩香ちゃんが便器に俯せになって半分気を失ったように突っ伏してる。
 制服のチェックのミニスカートが腰まで捲れ上がってお尻が丸出しになりピンク色のアナルが濡れてるのが見えた。
 彩香ちゃんも有紀と同じ目に遭わされたんだとすぐに判った。
 有紀が彩香ちゃんを抱き起こすと、彩香ちゃんは必死になって有紀に抱きついてきた。
 男に抱き上げられたと勘違いしてるらしい。
「彩香ちゃん、私よ」と有紀が声を掛けると、彩香ちゃんは少しだけ気分が落ち着いたらしくて「ここはどこなの」と有紀に聞いた。
「トイレよここはトイレの中」と有紀が言うと彩香ちゃんは「四つ葉学園の学校のトイレなの」と不安そうに有紀の目を見つめた。
「地上よ、地上に戻ったのよ」と有紀が彩香ちゃんの肩をゆすりながら言うと彩香ちゃんも次第にここで何があったのか思い出したみたい。
「これからラブホテルに連れて行かれるのよね、私達」と彩香ちゃんが言うので有紀も頷いて答えた。
 きっと男達はトイレの外で待って居るんだと有紀も思った。
 このトイレから出たら、すぐにラブホテルに連れ込まれて朝までたっぷりと可愛がって貰えるんだと思うと有紀はなんだか嬉しい気分になった。
 ラブホテルの中だったらもっと凄いプレーだっていっぱい出来るはず。
 きっと裏ビデオで見たような信じられないような凄いプレーで責められて朝まで寝かせてなんか貰えないはず。
 そう思うともう居ても立ってもいられない。
 有紀は彩香ちゃんと一緒にトイレをでて男達の姿を探した。
 トイレの前に待ってるはずだと思って辺りを見回して見たが男の姿はない。
 きっと神社の入り口の前にいるはずだと思って彩香ちゃんが狛犬の前まで見に行ったがやはり誰もいないみたい。
 もしかして置き去りにされたのかと有紀は思ったけど、勝手に逃げ出したりしたらどんな目に遭わされるのかそれこそ大変な事になる。
 神社の入り口の狛犬の間を抜けて、通りの角を曲がるとラブホテルの前に男の姿が見えた。
 やっぱりラブホテルの前で待っててくれたんだと思って、有紀は急いで男の居る方に歩み寄ろうとした。
 だが彩香ちゃんが有紀の手を掴んで引き留めた。
 確かにラブホテルの前に男が二人居ることはいるけど、男達の間にセーラー服を来た女子高生が立ってる。
 男の陰になってよく見えないが、セーラー服は四つ葉学園の制服によく似てる。
 男二人とその女子高生がなにやら言い争いをしてるらしいがはっきりとは判らない。
「私を本当の女にしてくれるって約束でしょう。私を女にして」と女子高生が大声を張り上げるのが聞こえた。
 どっかで聞いたことのある声だと思ってよくよく思い出してみると、あの良一君だ。
 そう言えば良一君が「本当の女になりたい」とか要っていたのを有紀は思い出した。
 良一君の正面に立った男がいきなり一歩前にでると手を振り上げて良一君の顔をひっぱたこうとした。
 男の手が良一君の頬に叩きつけられる瞬間に、すばやい動きで良一君が頭を後にずらすと男の手が空振りして宙に舞った。
 良一君は目にも留まらぬ早業で腰に着けたナイフを抜くと、男の喉元に突きつけた。
 男は良一君のすばやい動きに思わず腰が引けそうになったが「本当の女に成りたいんだろう、そんなオモチャはすてるんだな」と太い声で良一君を怒鳴りつけた。
 良一君はそれを聞いてゆっくりとした手つきでナイフを足元に捨てると俯いて涙ぐんでる。
 男にまた何か言われたらしくて、良一君がチェックのミニスカートの下に手を差し入れてパンティーを脱いだ。
 良一君は男に白いレース模様の可愛らしいパンティーを手渡すと、両膝に手を付いて前屈みの姿勢になった。
 良一君の背後からもう一人の男が良一君のお尻に屈み込んで指先でなにやら探ってるのが見えた。
 良一君が本当に女なのかを確かめてるらしい。
 良一君は男の子のロボットだけど、ロボット実験場のロボットは全部同じ体の女の子だ。
 いくら心が男の子のロボットでも体が女の子のロボットだというのは隠しようがない。
「この女もう濡れてやがるぜ、びちょびちょになってやがる」と男が言うと笑いながら指先を奥まで入れながら動かし始めた。
 さっき有紀がされたのと同じ「潮吹き」をやってるんだと有紀は気が付いた。
 良一君はロボットなのに生身の女の子と同じ潮吹きで気持ちよくなっちゃうのかしらと有紀は不思議な気がして良一君の反応をじっと見続けた。
 男の手首が良一君の股間の奥まで差し入れられて激しく上下に動き始めると、良一君の背中が何度も仰け反った。
 良一君の足が震えて体ごと倒れ込みそうに成るのを男の手が支えているのが遠くからでもはっきり見えた。
 よっぽと気持がいいらくして良一君の口から漏れる喘ぎ声は次第に大きくなっていくばかり。
 頃合いだと思ったのか良一君の前に立った男がズボンの前を下げると、良一君の顔の前に突きだした。
 良一君の髪を掴んで頭を上げさせると、男の腰が突き出されて良一君の口元に吸い込まれた。
 遠くからでも「ピチャピチャ」と良一君が舌を使う音が聞こえてきて有紀はびっくりした。
 やっぱりさっきの神社で狛犬の陰で盗み見していたのは良一君だったみたい。
「どうだ、今夜たっぷり女にしてやるぜ」と男に言われて、良一君は顔を上げて男に頷いた。
 不意に有紀のお尻を後から擦りあげるような感触があって有紀は思わず後を振り返った。
 いつの間にか有紀の後に男が立っていて、有紀のお尻を手のひらでくすぐるように動かしてる。
 彩香ちゃんの後にもぴったりと男が立っていて、男の手が彩香ちゃんのスカートの下から差し入れられているのが見えた。
 男の手には懐中電灯が握られていて、さっき神社で覗き見していた痴漢達らしい。
 すぐ先のラブホテルの前では良一君がナンパ男達にフェラチオしてる真っ最中だ。
 うっかり大声を出せばナンパ男達に見つかってしまう。
 これでは痴漢男から逃げようと思っても逃げようがない。
 有紀のスカートが後から捲りあげられると、男の指先がパンティーの中に入ってきた。
 痴漢の冷たい指先が有紀のお尻を手でしっかりと掴んで揉み始めた。
 最初は軽くくすぐるように指先を震わせながら軽く揉むだけだが、有紀が抵抗しないのを良いことにだんだんと動きが大胆になってきた。
 有紀の胸にも痴漢の手が伸びてくると、ぎゅっと掴んでもみ上げてきた。
 我慢するしかないと思って有紀は必死の思いで立ち続けた。
 痴漢の唇が有紀のセーラー服の襟元から直に肌に触れてきた。
 有紀は気持ち悪くて寒気がして思わず体が震え上がった。
 有紀のお尻を揉んでいる痴漢の指先が今度は有紀のアナルに届いてきた。
 さっきナンパ男にアナルレイプされたばかりの有紀のアナルは、半分開いて濡れたままだ。
 痴漢男の指先がするりと有紀のアナルを押し広げて中にはいると、有紀は思わず足が震えた。
 さっきナンパ男に奥までいれられた感触が有紀のアナルによみがえると有紀は体中が熱くなった。
 不意に有紀の目の前に別の痴漢男が立ちはだかった。
 痴漢男は有紀に体を押しつけながら、スカートの下に手を差し入れてきた。
 まるで地下鉄で痴漢にあってる見たいに有紀の胸は前と後から体を押しつけられて潰れそうになった。
 痴漢男の指先が有紀の花園に直に入ってきたとき有紀はびっくりして死にそうになった。
 有紀は中学生になってから地下鉄に乗ったとき何度も痴漢に遭った事がある。
 最初に痴漢にあったときは、軽くお尻を触れる位でそんなに嫌な気分でもなかった。
 だけど一度だけ満員電車で周りを痴漢に取り囲まれた時がある。
 そのときは痴漢の手が有紀の胸やお尻を触りまくって悔しくて涙を流した。
 だけどいくら何でも痴漢に前と後から直に指を入れられちゃうなんて体験は今が初めてだ。
 痴漢の指先がアナルと花園の間の粘膜を隔ててぶつかり合うように動くと、有紀は本当に死んでしまいそうな気持になった。
 すぐ先のラブホテルの前では相変わらず、良一君がフェラチオをしている真っ最中で「チュユパチュパ」と音が聞こえて来る。
 有紀はこのままずっと痴漢の餌食になって居なければいけないのかと思うと気が遠くなった。
「おい」と有紀のアナルに指を入れていた男が不意に声をだした。
 有紀の前に立ちはだかっていた男が、後を振り向いた。
 良一君がナンパ男とラブホテルに入るのが見えた。
 痴漢の男達が有紀の体から離れると、有紀の体を背中から押して歩かせようとした。
 どこかに連れ込むつもりらしい。
 これ以上痴漢の餌食になっている訳にはいかないと有紀は彩香ちゃんに「逃げるのよ」と声を掛けた。
 彩香ちゃんが体当たりして男を突き飛ばしたのを見て有紀も体ごと痴漢の男にぶつかった。
 男の体は少し揺れただけでびくともしないが、有紀の体からは手が離れた。
 逃げるには今がチャンスだ。
 すぐに駆け出して逃げようとしたがすぐ目の前に別の痴漢の男が立ちはだかった。
 有紀はさっき良一君が四つ葉学園の制服のベルトに吊したナイフを取りだしたのを思い出した。
 ナイフを使えば痴漢相手にだって何とか戦えるかもしれない。
 有紀は必死でベルトの鞘からナイフを取り出すと、目の前の痴漢に向かって突き出した。
 彩香ちゃんも有紀がナイフを取り出したのを見て、ベルトの鞘からナイフを抜いて身構えた。
 ナイフは高機能炭素繊維で出来ていて色が黒いし、柄もオモチャみたいな真っ赤なルビーの飾りが付いてる金ぴかだ。
 痴漢男達は有紀と彩香ちゃんが持っているのがオモチャのナイフだと思って平気な顔をして近づいてくる。
 このナイフはあのタコイーカ財団の研究所で開発した超高性能のナイフだ。
 もし本当にナイフが痴漢男達の体に触れたら、あっという間に血だらけに成って死んじゃうに違いない。
 有紀は痴漢男にナイフがぶつからないように、痴漢男の目の前でめちゃくちゃにナイフを振り回した。
 痴漢男が手を伸ばして有紀の振り回しているナイフを掴もうとしたとき、痴漢男のジャンパーの袖がナイフに振れた。
 裁縫ハサミで切り取ったように袖の端が着れて飛ぶのをみて痴漢男達は目つきが変わった。
 彩香ちゃんも痴漢男の前に歩み寄って脅かすようにナイフを振り回した。
 痴漢男はすっと後に引き下がると有紀と彩香ちゃんを遠巻きに取り囲んですぐには近寄って来ない。
 彩香ちゃんがナイフを振り回しながら前に進もうとしたとき、痴漢達が懐中電灯で彩香ちゃんの目を照らした。
 彩香ちゃんは眩しくて何も見えなくて、足が止まった。
 これじゃあ先に進もうにも進めない。
 有紀の目にも懐中電灯の明るい光が入ってきて眩しくて何も見えなくなった。
 あっという間に痴漢男達が有紀と彩香ちゃんの背後から襲いかかると、ナイフを取り上げてしまった。
 痴漢男は有紀の手をねじり上げながら有紀の喉元にナイフが突きつけられてきた。
 こうなったらもう痴漢男達に逆らえない。
 痴漢男達にこれからどんな目にあわされるのか有紀は怖くてとても想像できなかった。
 ラブホテルの入り口を通って、部屋に連れ込まれると二人はベッドの上に押し倒された。
 俯せに寝かされて腕を後に捻りあげられると動こうにも動けない。
「お願い口でやらせて、私フェラチオ大好きなの」と彩香ちゃんが苦しそうな声で男に訴えた。
 このままだったら痴漢男に何をされても逆らえないけど、フェラチオしてるときなら男に隙ができるはず。
 それを狙って彩香ちゃんが口でやらせてと男にお願いしてるんだと有紀はすぐに気が付いた。
 痴漢達はさっき神社の境内で有紀と彩香ちゃんがわざと周りから見えるようにフェラチオしたのを見てるはず。
 フェラチオさせてとおねだりすればなんとかこの場を切り抜けられるかもしれない。
「お願い、しゃぶらせて、私オチンチンしゃぶるの大好き」と有紀も大声で叫んだ。
 男は二人の腕を捻りあげたまま、すぐには離そうとはしない。
 有紀の後に男がしゃがみ込むと、プーンという音が聞こえてきた。
 不意に有紀の花芯に激しい電流が流し込まれたような感触が襲いかかって、有紀は思わず体を震わせた。
 すぐに彩香ちゃんが「だめーー」と大声をだして、有紀と同じように体を震わせて仰け反った。
 有紀が彩香ちゃんの様子を横目で見ると、男が手にしてるのはバイブらしい。
 紫色をした変な形のバイブは、男性の形を真似して作ってあるけど随分とグロテスクだ。
 こんな物を花園に押し込まれたら、本当に気持ちよくなるんだろうかと有紀は不思議な気がした。
 先端が大きく傘のように開いて、根元にかけて反り返っていて気持ち悪くなるような形だ。
 男の手が動くと有紀の花園にまた激しい電流が流れてたような感触が襲ってきた。
 男がバイブの先端を有紀の花芯にそっと軽く触れさせてきたんだと判って有紀は怖くなった。
 先端を軽く触れさせただけで、こんなに気持ちが良いなら花園の奥まで押し入れられたら大変なことになる。
 もう普通の男性のオチンチンじゃあ満足できない体になんかされたらそれこそ大変だ。
「お願い許して、早くしゃぶらせて」と彩香ちゃんが必死で男にお願いしてる。
 急に彩香ちゃんが「あ、−−、−ぁぁ、−」ととぎれなく喘ぎ声をあげて苦しそうに顔を歪めた。
 男が手に持ったバイブの先端を彩香ちゃんの花園に少しだけ挿入してから、ゆっくりと押し回して入り口を広げてる。
 よっぽど気持ちいいらしくて彩香ちゃんの顔が歪んで唇を震わせながら涙ぐんでるのが見えた。
 有紀の花園にもすぐにバイブの先端がちょっとだけ押し込まれると、小刻みに前後にゆすりながらゆっくりと押し回されてきた。
 ここちよい感触が花園全体に広がると、熱い奔流が有紀の体を包み込むようにして溢れ出した。
 男は有紀の反応を確かめながらゆっくりとバイブを奥まで押し込んできた。
 バイブの先端がくねくねと回りながら有紀の胃袋を押し上げると激しく震えだした。
 胃袋がひっくり返りそうになって、有紀は苦しくて体を捩らせて大きく息を吐いた。
 奥まで一杯に押し込んだバイブを今度はゆっくりと抜き出そうと男の手が動いた。
 バイブの先端の膨らんだ縁が有紀の花園にぴったりとはまって、震えたままくねくねと動くと有紀の花園から熱い奔流が沸き上がって体中にひろがった。
「お願いしゃぶらせてー」と彩香ちゃんが大声で叫ぶのが聞こえた。
「その前にやって貰うことがあるからな」と男が冷たい口調で言い放すと、バイブから手を離した。
「自分でバイブを使うんだ、その方が気持ちいいだろう」と言うと有紀を責めていた男もバイブから手を離した。
 後から有紀の手を捻り上げていた男の手が離れると、有紀は彩香ちゃんの横で仰向に寝かされた。
「バイブの柄を掴んで自分で回すんだ、言う通りにしないとしゃぶらせてやらないぜ」と男に言われて有紀は仕方なく自分でバイブの柄を握りしめた。
 有紀は男に指示された通りにバイブの柄を押し回すと、腿の筋肉が震え出してお腹が上下に波打って止まらなくなった。
「奥まで思い切り突くんだ、もっと奥まで入れろ」と男に怒鳴られて有紀は仕方なくバイブを花園の奥まで押し込んだ。
 思いがけない感触が有紀の花園を包み込むと、有紀は我慢できなくて体を仰け反らせて何度も喘いだ。
「こんなドスケベ女みたことないぜ、オナニーして本気で感じてやがる」と男がいやらしい口調で言い放つと、他の男達も一斉に笑い声を上げた。
 有紀は恥ずかしくて体中が熱くなると、バイブを繰り返し奥まで突くのが止められなくなった。
 体中が激しく引きつって震えると、有紀は急に体の力が抜けて動けなくなった。
 男がバイブを抜いたらしい。
 彩香ちゃんバイブを抜かれてベッドの上に力無く寝そべってる。
「おい、しゃぶらせてやるぜ」と男に言われても有紀はすぐにベッドから起きあがれなかった。
 彩香ちゃんが先にベッドから起きあがって床に座り込んだ。
 男が二人彩香ちゃんの目の前に立つとズボンとトランクスを脱いで立ちはだかった。
 有紀は部屋の中を見回して痴漢の男が全部で四人だと確かめた。
 有紀と彩香ちゃんが二人づつ相手をすれば、なんとか成りそうだ。
 彩香ちゃんが左右に立った男の股間に手をあてがって、下から持ち上げながら手の平を揺すり始めた。
 まだ下を向いていた物がすぐに大きくなってぴんと真上に立ち上がった。
 有紀も慌てて彩香ちゃんの真似をして、左右に立った男の股間に手をあてがった。
 柔らかくて冷たい感触が有紀の手に伝わってきて、何だか気持ち悪いけどやるしかない。
 手のひらをそっと揺さぶってタマタマを軽く転がすように指先で揉むとすぐに男の大事な物が大きくなってきた。
 有紀は嬉しくなって、指先をくすぐるように動かし続けた。
 すぐ目の前に男の大事な物が二本並んでるのを見て、有紀は左右に目を配りながら見比べてみた。
 同じように見えても色も形もちょっとづつ違っていて、なんだか見ていても楽しくなる。
 彩香ちゃんも目の前におっきな物が二つ並んでるのをみて嬉しそうな顔。
 男が腰を前に突きだして大事な物の先端が彩香ちゃんの頬に押しつけられてきた。
 彩香ちゃんが口を開いて唇の間に大事な物を挟み込んだので有紀はびっくりした。
 せっかくフェラチオをやらせて貰えるチャンスなんだから、彩香ちゃんはやりたくてうずうずして気持が押さえられないんだと有紀は一瞬思った。
 だがよく考えてみると男の気持に隙ができるのは、生で出す瞬間だ。
 彩香ちゃんはきっと男が一番油断する瞬間を狙っているんだと有紀にも気が付いた。
 左右に首を振りながら彩香ちゃんが舌を使い始めると、彩香ちゃんの表情が変わった。
 目が半分泣きじゃくったように細くなって眉毛が変な形でつり上がった。
 彩香ちゃん得意のフェラ顔だ。
 女の子はフェラチオが好きでも、フェラチオをしてるとき楽しそうな顔をしてたらいけないんだと彩香ちゃんがいつも言ってた。
 フェラチオしてる時の女の子の顔が楽しそうな笑顔だったら男の子にしてみれば興ざめだ。
 フェラチオを無理矢理やらせれて、いやなのに感じてきちゃった女の子の顔を見るのが男の楽しみなんだ。
 鏡を見て練習して上手くフェラ顔ができれば男の子にもモテモテだ。
 有紀の頬にも男の大事な物が両側から押しつけられてきた。
 有紀は彩香ちゃんの真似をして左右に首を振りながら男の先端を嘗め続けた。
 最初は舌先を震わせながら軽く触れるように嘗めるのがポイントだ。
 男の反応を確かめて男の腰が微妙に震えてきたら今度は唇をすぼめて吸い込むように出し入れする。
 有紀が男の顔を見上げて確かめると、口元が歪んで眉がつり上がってる。
 男が気持ちよくなってるのが男の表情から見て取れた。
 有紀も彩香ちゃんの真似をして必死でフェラ顔をしながら、舌を使い続けた。
 男の物は次第に固さと大きさを増して、有紀の口の中で反り返って震えるのを繰り返した。
 こうなったらあとは最後のフィニッシュに持ち込むだけだ。
 有紀は男の大事な物を唇で吸い込みながら喉の奥まで飲み込むと、唇を絞って吸いながら先端まで嘗め上げた。
 男の腰の動きが次第に早くなって前後に揺すりながら前に押し出すように迫ってきた。
 今がチャンスと有紀は思った。
 男の急所はタマタマだ。
 タマタマを握りしめたらどんな男だって痛くて悶絶しちゃうはず。
 男の大事な物が有紀の口の中でピクピクと動くのが有紀の舌先に伝わってきた。
 有紀は彩香ちゃんの様子を見ながら、タマタマを握りしめるタイミングを狙った。
 彩香ちゃんも巧みに舌を使いながら、男の顔を見上げて反応を確かめてる。
 だらしなく口元のゆるんだ男の顔が何度も引きつると、唇が震えるのが見えた。
 あと一息で発射寸前だ。
 彩香ちゃんが有紀に目で合図をしてきた。
 男の先端から生の飛沫が飛び出すのと、彩香ちゃんがタマタマを握りしめるのがほぼ同時のタイミングだ。
 有紀の顔に男の生が飛び跳ねた瞬間に有紀も男のタマタマを両手で握りしめた。
「ウェーー」と男達が次々にうめき声を上げると、床に倒れ込んだ。
 逃げるなら今だ。
 有紀はすぐに立ち上がってドアに向かって走り寄った。
 彩香ちゃんもすぐに後から付いてきた。
 有紀は部屋を出ると、大急ぎでエレベータの前まで駆け出した。
 エレベータのボタンを押して開いたドアの中に飛び込んでドアを閉めるとこれで一安心。
 彩香ちゃんの顔に男の生の飛沫がぶっかけられてるのを見て、有紀はおかしくて思わず笑みを浮かべた。
 有紀の顔にも同じように男の生の飛沫が飛び散っているのを見て今度は彩香ちゃんが笑った。
 これでやっと逃げ出せたと一安心したのか、彩香ちゃんは嬉しそうな顔で目を大きく見開いた。
 エレベータが動き出すと彩香ちゃんがいきなり有紀に抱きついてほっぺたを有紀の顔に押しつけてきた。
 二人のほっぺたは男の生の飛沫でヌルヌルしてるけど何だか気持ちよくて有紀は嬉しくなった。
 エレベータがラブホテルの受付前に止まると、有紀は彩香ちゃんの手を引っ張って必死で逃げ出した。
 ラブホテルの前の通りを駆け抜けて横の路地に入ればもう男達に追いかけられる心配はない。
 少し休んで息が楽になってから「これから、どうしようか」と有紀は彩香に聞いてみた。
「ともかく、恵美ちゃんを助けるのが先ね」と彩香ちゃんが言うので二人はさっきのSM倶楽部の裏口に戻ることにした。

27.神社の境内のトイレでアナルレイプ<< ページトップ >>29.神社の境内で輪姦調教

女子高生援助交際アダルトビデオ

流出 東京援交女子高生 映像ファイル 年間250人の女子高生と「援助交際」を繰り返す男の記録
援助交際ハメ撮り投稿集 2枚組8時間
流出匿名撮影 素人美少女援交一夜の過ち 2
援交女子校生 悶絶生中出し4時間 [DVD]
超 素人援交生中出し 5時間 [DVD]
神待ち家出女子校生を自宅に連れ込んで中出しセックスを繰り返した男の記録 カルマ [DVD]