長編官能小説 彩香スペシャル〜三姉妹監禁志願

by七度柚希

目次

1.学園祭のお化け屋敷
2.三次元スキャナーで身体測定
3.ロボットダンスコンテスト
4.テレビのドキュメンタリー番組に出演
5.喫茶店でビデオチャット
6.SM倶楽部で強制調教
7.メイド喫茶でアルバイト
8.タコイーカ財団に拉致される
9.ロボット実験場に監禁
10.良一君はセックス専用ロボット
11.盗撮カメラで覗かれて
12.名犬ピーチと出会う
13.マンホールから地上にでる
14.四つ葉学園に入学
15.ホームルームの後は数学とパソコン実習
16.チアリーダー部は戦闘集団
17.本当の幸せは太陽の下
18.城の塔に昇って太陽を確かめる
19.怪物の触手から逃げて百合ちゃんの家に戻る
20.彩香ちゃんの家庭教師の勇二君が助けに来た
21.捕まって牢獄に監禁さた勇二君を見つける
22.通風口から脱出して地上に戻る
23.地上に出ると出会い系喫茶の店の中
24.ナンパされて神社の境内に連れ込まれる
25.SM倶楽部でショーの舞台に出る
26.SMショーで本番中出輪姦調教
27.神社の境内のトイレでアナルレイプ
28.痴漢に捕まってラブホテルに連れ込まれる
29.神社の境内で輪姦調教
30.ファンの男の子に追いかけられSM倶楽部に逃げ戻る
31.学園祭のお化け屋敷の中で彩香ちゃんが目を覚ます

29.神社の境内で輪姦調教

あらすじ
 神社の境内を通り抜けようとすると、男の子達に捕まって輪姦される。そのあとさっきの痴漢男達にも捕まってまた輪姦されてしまう。SM倶楽部に戻ると、江実矢君も男の子達に乱暴されたのを見つける。

 神社の前まで来て、近道をしようと神社の境内に二人は進んだ。
 だけど何だか変だと有紀はすぐに気が付いた。
 さっきまでベンチに一杯いたカップルの姿が一人も見当たらない。
 神社の裏口まで来ると、いきなり目の前に男の子が二人飛び出してきて行く手を塞いだ。
 睨みつけるような怖い顔はなんだか変な雰囲気で、このまま通して貰えそうにはない。
 有紀が彩香ちゃんに目で合図して、境内の中央に戻ると今度は狛犬の両側から男の子が飛び出してきた。
 さっきの男の子の仲間らしい。
 前と後を男の子に挟まれてこれでは逃げようがない。
 境内の隅のトイレからも男の子が数人出てくると、有紀と彩香ちゃんの周囲を取り囲んだ。
 男の子達は左右のに両手を広げながら、ゆっくりと二人を囲む輪を縮めてきた。
「さっきのお礼をしてやるぜ」と男の子の一人が呟くのが聞こえた。
 その時になって、有紀はこの男の子達がさっきSM倶楽部でピーチが噛みついた男の子の仲間らしいと気が付いた。
 このままだったらどんな目に遭わされるか判らない
「口でやるから、許して」といきなり彩香ちゃんが大声をだした。
「私大好きなんです、フェラチオ大好きなんです、本当なんです」と彩香ちゃんが怯えた声で必死になって言い続けると、男の子達の表情が変わった。
 フェラチオするだけで許して貰えるなら、その方がよっぽど良い。
 有紀も彩香ちゃんに調子を合わせて「私もフェラチオ得意です、大好きなんです、今すぐやらせて下さい」と大声で叫んだ。
「じゃあ、やってもらおうか、好きなだけしゃぶらせてやるぜ」と男の子が一人、彩香ちゃんの前に立ってズボンの前を開けた。
 有紀の目の前にも男が歩み寄ると、ズボンの前を開けて立ちはだかった。
 男の子の大事な物はまだ小さいままで見た目は可愛らしい。
 他の男の子達もズボンを下げて有紀の周りを取り囲んだ。
 男の子達の人数が多すぎて、さっきみたいにタマタマを握りつぶす手は使えない。
 こうなったらやるしかない。
 有紀が口をあけて舌を出すと、男の子が腰を前に押し出してきた。
 男の子の先端を舌先でくすぐるように嘗め回すと、すぐにおっきくなってきたので有紀は嬉しくなった。
 相手が大勢なのでともかく早く出して貰わないといつまで経っても終わらない。
 有紀は必死になって秘術をくりだして、男の子の大事な物を舌で嘗め回した。
 男の腰の動きが早くなって、有紀の口の中で大きな物が何度も反り返った。
 すぐに口の中に弾ける感触があって、有紀は男の生の味を確かめた。
 お酒を飲んだ後らしくて、まろやかな香りが有紀の口の中に広がった。
 一人が終わると、また次の男の子が有紀の前に立ちはだかった。
 順番にひとりづつ全員が終わった頃には有紀の口の中は男の子の生の味で一杯になった。
 色んな男の生の味が口の中に混じり合い、変な味がして有紀は口から吐き出そうとした。
 横から男の手が伸びてきて有紀の口を押さえると、喉を指で押さえてつよく何度も撫で上げた。
 喉が強制的に生の味を飲み込むと、有紀は胃袋の中が熱く燃え上がって目眩がした。
 彩香ちゃんはよっぽど生の味が好きらしくて舌先で何度も味わっては少しづつ飲み込んで幸せいっぱいな顔をしてる。
 もうこれで許して貰えると思って有紀が立ち上がろうとすると、男の子が後から有紀の体を抱きかかえた。
 有紀の体が中に浮くと、有紀は前に立った男の子にだっこされる形でいきなり下から男の子の大事な物が突き上げてきた。
 あまりの事に有紀は何がなんだか判らなくなって男の子の体に必死になってしがみついた。
 繰り返し上下に揺さぶられながら、下から突き上げられて有紀は宙に舞ったように体が浮き上がった。
 男の子は境内を歩き回りながら、調子にのって有紀の体を上下に揺さぶって遊びはじめた。
 体が上下に揺れるたびに、男の物が有紀の奥まで届いてきて有紀の胃袋を突き上げてきた。
 もうだめと思ったとき、男の子が有紀の体を抱きかかえながら地面に降ろした。
 有紀の体は地面に寝ころんだ男の子の上に載せられると、ほかの男の子達が有紀の足を掴んで両足を広げさせた。
 上下に繰り返し揺すられると、奥までいっぱいに届いてきて脳みそが飛び出ちゃいそうなくらいの衝撃だ。
 男の子達がかけ声をかけて有紀の体を上下に激しく揺すると、有紀の体は宙に舞い上がりながら狂ったようによがり続けた。
 有紀が体を反らせて、何度も悦びの声をあげると男の子達はやっと動きを止めてくれた。 休む間もなく有紀の後に男の子が立つと、有紀の背中を押して有紀の体を前のめりにさせた。
 後からアナルを責められて、有紀は思わず大声で叫び声を上げた。
 花園とアナルを同時に突き抜ける衝撃がするどい快感になって有紀の体を襲った。
 別の男の子が有紀の目の前にたつと、有紀の口に男の子の大事なものを押し込んできた。
 一度に三カ所に男の子の大事な物を挿入されて、有紀は脳みそが吹き飛んで気が狂いそうになった。
 繰り返されるリズムは永遠の時を刻んで、終わりのない快楽の世界に有紀を引きずり込んだ。
 彩香ちゃんが大声で叫ぶ声が有紀の耳に微かに届いた。
 有紀の周りの世界は暗黒に支配され、望を失った有紀の体は何度も引き裂かれた。
 有紀は次第に気が遠くなって、地面に寝そべったまま動けなくなった。
 明るい光が有紀の目を照らすのに気が付いて有紀は目を開けた。
 懐中電灯の光が有紀の周りから近寄ってくるのを見て有紀は何とか立ち上がろうした。
 ようやく手をついて体を起こしたとき、有紀のすぐ目の前にはさっきの痴漢が懐中電灯を持って立ちはだかった。
 さっきラブホテルに一緒に行った痴漢達がずっと覗き見してらしい。
 逃げようと思ったがすぐに有紀の両手が痴漢の男に掴まれて縛り上げられた。
 さっきタマタマを握りしめられたのを用心して真っ先に両手を縛り上げたんだ。
 彩香ちゃんの両手もすぐ有紀の横で縛り上げられて身動き出来ない。
「さっきは、よくも酷い目に遭わせてくれたな」と痴漢の男が有紀の上に跨りながら大声で怒鳴りつけてきた。
 こうなったらもう逃げられない。
 痴漢の男はさっき有紀と彩香ちゃんから取り上げたナイフが握られている。
 黒い高機能炭素繊維のナイフが有紀の喉元に突きつけられて有紀は怖くて体が震えた。
 いったいどうしたらいいのと思ったとき彩香ちゃんが「お願い早く入れて、お願いもっと欲しいの」と甘えた声を出した。
 有紀はそれをきいて彩香ちゃんは気が狂ったと一瞬思った。
 男の子達に輪姦されてもう頭がおかしくなっちゃったに違いない。
「早く気持ちよくして、お願い」と彩香ちゃんがまた甘えた声でおねだりすると、自分から足を大きく開いて腰を上に持ち上げた。
 彩香ちゃんが足を大きく広げて廻すように動かしながら腰をくねらせて上下に揺するのを見て有紀は彩香ちゃんの意図に気が付いた。
 どうせこの痴漢男達に酷い目に遭わされるなら早く済んだ方がいい。
 てっとりばやく済ませてしまった方が痛い目にも遭わずに済むし全然楽だ。
 有紀も彩香ちゃんの真似をして、足を大きく開いて腰を上下に振ってみた。
「気持ちよくして、お願い早くして」と精一杯の甘えた声でおねだりすると有紀は自分が飛んでもない淫乱女になった気がして体が熱くなった。
 有紀の足元に痴漢男が立つと、有紀の両足を掴んで思い切り上に引っ張り上げた。
 懐中電灯の光が有紀の花園を明るくてらすと痴漢男がいやらしい声で笑うのが聞こえた。
「もうぱっくり開いてるぜ」と痴漢男が吐き捨てるように言うと男達は一斉に大声で笑った。
「早くして」と有紀がもう一度甘えた声でお願いすると痴漢男はさっそくズボンを下げて腰を屈めた。
 有紀が腰を前に突き出すと、痴漢男の手元からプーンという微かなうなり声が聞こえた。
 痴漢男がまたバイブを使おうとしてるのだと気が付いて有紀は寒気がした。
「お願い、オチンチンいれて私オチンチン大好きなの」と有紀が大声で叫ぶと彩香ちゃんも「オチンチン大好き、本当に大好き」と大声を上げた。
 痴漢男達はまた一斉に大声で笑うと、有紀のアナルにバイブの振動が伝わってきた。
「だめ、そこだめ、そこは違うの」と慌てて有紀が叫んだが、痴漢男は有紀のアナルにバイブを押し込んできた。
 激しい快感が有紀のアナルを突き抜けて頭のてっぺんまで通り過ぎた。
 有紀は堪らずに縛られた両手を激しく振り動かし背中を繰り返し何度も仰け反らせた。
「大好きな物入れてやるぜ」と痴漢男が有紀の耳元で囁くと、有紀の中に男の大事な物をゆっくりと押し込んできた。
 アナルと花園を隔てる薄い膜を挟んでバイブの振動が男の大事な物を激しく震わせてきた。
 まるで稲妻にうたれたような激しい快感が有紀の花園から沸き上がると、脳天をぶち割るような衝撃が有紀の体を貫いた。
 男が腰を動かすたびにバイブの振動が男の大事な物に絡みつくように広がると、花園全体が引きつって震えだした。
 有紀の目に涙がこみ上げてくると大粒の涙が有紀の頬を伝って流れ落ちた。
 苦しくて体を捩ろうとすると、そのたびに有紀の花園にバイブの振動が襲いかかって有紀は天国の空を舞いながら女の悦びに体をゆだねるしかなかった。
 あっというまに男の動きが激しくなると有紀の花園の中に生の飛沫がいっきに吐き出された。
 男が腰に力を入れて絞るように男の大事な物を引き抜くと、有紀は一気に体の力が抜けて動けなくなった。
 次の男がもう有紀の花園に入ってきたとき、有紀の体はもういちど天国の空を舞いながら震え続けた。
 暗黒の儀式が繰り返し有紀の体を引き裂くと、有紀は体を突き抜ける快感に身をゆだねた。
 有紀が気が付いたとき、痴漢の男達はもう神社の境内には誰もいなかった。
 彩香ちゃんが立ち上がると縛り付けられた両手をなんとかしようとしてベンチの裏手に回った。
 柵の尖った先端に縄の結び目をねじ込んでなんとか縄を解くと、すぐに戻ってきて有紀の縄を解いた。
 彩香ちゃんは目にいっぱい涙を浮かべていて目も虚ろだ。
 有紀はなんとか彩香ちゃんを慰めようと思ったけど何て言って良いのか言葉がすぐには思い浮かばない。
「私達あのロボット実験場から逃げだしてきたのよ、それだけでも幸せだと思わなきゃだめ」と有紀は言うだけ言ってみた。
「あのロボット実験場の怪物の餌食になるよりは、今の方がずっと良いと思わなくちゃ」と有紀と彩香ちゃんを慰めると彩香ちゃんも納得した顔で何度か頷いた。
「そうよね、良い思いを一杯させてもらったんだから私も有紀ちゃんも幸せよね」と彩香ちゃんが言うので確かにそれもそうだと有紀は思った。
 普通の女の子だったら一生体験できないことを一晩の内にいっぱい経験しちゃったのは幸せなのかも知れない。
 彩香ちゃんが何とか泣きやむと、有紀も立ち上がって捲れ上がったスカートとブラウスを直した。
 こんなところにはいつまでも長居はしていられない。
 ともかくさっきのSM倶楽部にもどって江実矢君を助けるのが先だ。
 二人は薄暗い夜道を戻ってSM倶楽部の裏口まで来た。
 不安な気持ちでそっと裏口のドアを開けると、部屋には江実矢君が縛られて口に猿轡をかまされているのが見えた。
 部屋に入って江実矢君の側まで来ると、江実矢君の様子がなんだか変だ。
 四つ葉学園の制服が泥だらけに汚れているし、江実矢君の膝が擦りむけて血が出てる。
 有紀は慌てて江実矢君の口にはめられた猿轡を外した。
 江実矢君の口から涎が垂れてるけど臭いが変だ。
 もしやと思って有紀は江実矢君の口の中に舌を入れてまさぐってみた。
 やっぱりと有紀は思った。
 有紀の舌に絡みついてきたの男の子の生の味だ。
 彩香ちゃんが江実矢君を縛っている縄を解くと、江実矢君のアンダースコートを脱がせた。
 白いレース模様のパンティーには血がにじんだあとがある。
 彩香ちゃんが江実矢君のパンティーの下に指を入れて確かめると、指先にはやはり男の生の味がたっぷりと絡みついてきた。
 江実矢君のすぐ横にはバイブも床に転がっていて、微かに血の跡がある。
「江実矢君ごめんなさい」と言うと彩香ちゃんがいきなり泣き出した。
「女にするって、こうゆう事だったのね、可愛そうな恵美ちゃん。女にされちゃったのね」と彩香ちゃんが泣きながら江実矢君に抱きついた。
「江実矢君を守ってあげられなくて、本当にごめんなさい」と彩香ちゃんが謝ったが江実矢君は表情一つ変えずに黙ったまま。
 有紀にも江実矢君が何をされたのかすぐに見当がついた。
 さっき有紀と彩香ちゃんを襲った男の子達は、神社の境内に来る前にここで江実矢君を襲ったらしい。
 縛られて猿轡をされた江実矢君が大勢の男の子相手にして抵抗出来るわけがない。
 男の子なのにフェラチオをさせられて、アナルで責められちゃうのが「女の子にする」って事だったんだ。
 彩香ちゃんが江実矢君のパンティーを脱がせて、男の子の大事な物を確かめてみた。
 もしかして男の子達が江実矢君の大事な物をちょん切っちゃったかも知れないと心配になったらしい。
 彩香ちゃんがよくよく確かめてみると江実矢君の大事な物はまるで赤ちゃんの物みたいな大きさに縮こまってる。
 二つあるはずのタマタマも何処に消えたのか見つからない。
 男の子達によっぽど酷い目に遭わされたせいで、もう男の子の機能はなくなっちゃったんじゃないかと有紀は心配な気がした。

28.痴漢に捕まってラブホテルに連れ込まれる<< ページトップ >>30.ファンの男の子に追いかけられSM倶楽部に逃げ戻る

女子高生援助交際アダルトビデオ

流出 東京援交女子高生 映像ファイル 年間250人の女子高生と「援助交際」を繰り返す男の記録
援助交際ハメ撮り投稿集 2枚組8時間
流出匿名撮影 素人美少女援交一夜の過ち 2
援交女子校生 悶絶生中出し4時間 [DVD]
超 素人援交生中出し 5時間 [DVD]
神待ち家出女子校生を自宅に連れ込んで中出しセックスを繰り返した男の記録 カルマ [DVD]