長編官能小説 彩香スペシャル〜三姉妹監禁志願

by七度柚希

目次

1.学園祭のお化け屋敷
2.三次元スキャナーで身体測定
3.ロボットダンスコンテスト
4.テレビのドキュメンタリー番組に出演
5.喫茶店でビデオチャット
6.SM倶楽部で強制調教
7.メイド喫茶でアルバイト
8.タコイーカ財団に拉致される
9.ロボット実験場に監禁
10.良一君はセックス専用ロボット
11.盗撮カメラで覗かれて
12.名犬ピーチと出会う
13.マンホールから地上にでる
14.四つ葉学園に入学
15.ホームルームの後は数学とパソコン実習
16.チアリーダー部は戦闘集団
17.本当の幸せは太陽の下
18.城の塔に昇って太陽を確かめる
19.怪物の触手から逃げて百合ちゃんの家に戻る
20.彩香ちゃんの家庭教師の勇二君が助けに来た
21.捕まって牢獄に監禁さた勇二君を見つける
22.通風口から脱出して地上に戻る
23.地上に出ると出会い系喫茶の店の中
24.ナンパされて神社の境内に連れ込まれる
25.SM倶楽部でショーの舞台に出る
26.SMショーで本番中出輪姦調教
27.神社の境内のトイレでアナルレイプ
28.痴漢に捕まってラブホテルに連れ込まれる
29.神社の境内で輪姦調教
30.ファンの男の子に追いかけられSM倶楽部に逃げ戻る
31.学園祭のお化け屋敷の中で彩香ちゃんが目を覚ます

10.良一君はセックス専用ロボット

あらすじ
 歌舞伎町で出会い系喫茶を見つけて奥のベッドルームで三人で寝ているとカラオケの音が聞こえる。歌ってるのはロボットの良一君。良一君はセックス専用のロボットでテクニックが抜群。

 門をくぐってしばらく大通りを歩いていくと「ラブエンジェル」という看板が目に入った。
 書いてある文字には見覚えがある。
 さっき学校の図書館に掲示してあったチアリーダーのクラブの「ラブエンジェルズ」と文字の書き方がそっくり同じだ。
 看板には「喫茶店、女の子は飲み物無料」と書いてある。
 もしかしたら何か飲み物が置いてあるのかもしれない。
 このロボット実験場に来てから何も食べてないので、飲み物があるならとっても助かる話しだ。
 さきに彩香ちゃんが店に入ってみると、正面の受付には誰もいない。
 階段を上がって店の奥に入ると、細長い店の中央にテーブルがあって銀色のパックに入った飲み物らしい物が置いてある。
 彩香ちゃんが駆け寄って確かめてみると、研究所で渡されたのと同じ飲み物みたいだ。
 さっそく彩香ちゃんが試しに飲んでみると大丈夫らしい。
 研究所で所長に渡されたのと同じ「たこ焼きのケチャップ味」だと彩香ちゃんが言うので有紀も飲んでみた。
 たっぷりと濃い味は、栄養剤らしくてお腹に入ると気持ちがすっと楽になった。
 少しずつ口に入れながら全部飲み終わると、飲み物の容器に書いてある文字を読んでみた。
 銀色の四角いパックには真っ赤な文字で「ラブエネルギー」と書いてある。
 誰かがイタズラで書いたのかと思ったけど、どの容器にも同じ文字が印刷してある。
 ソファに座って一息休んでから部屋の中を見回してみた。
 細長い部屋は片側がコミックの本棚になっていて、反対側の壁は全部が鏡ばり。
 本棚はさっきの図書館と同じに、本の絵が描いてあるポスターが貼ってあるだけ。
 鏡の前に細長いカウンターがあってその前に丸椅子がずっと並んでる。
 この店いつか来たことがあるような気がして有紀は店の中を眺め回した。
 原宿で間違ってスカウトされたとき連れてこられたビデオチャットの店によく似てる。
 カウンターの上にはパソコンが並んでいて、パソコンの画面には何かが映ってる。
 パソコンからは小さな声がずっと聞こえてくるのも何だか変な気がした。
 彩香ちゃんがパソコンに近づいてみると「ねえ、これビデオチャットよね、さっき百合ちゃんがやってたやつ」と有紀に聞いた。
 確かにさっき百合ちゃんが勉強机のパソコンでやってたのと同じ画面で、女の子が一人で喋ってる。
 話してる相手はまた誰か別の人らしい。
 画面には他にも何人かの顔が小さく映っていて、女の子の顔や男の子の顔が見えるけどどれもグラフィックで描いた絵だ。
 チャットの相手は好きな人を画面から選ぶ仕組みらしい。
 これってきっとチャットのシミュレーターで、パソコンが勝手におしゃべりをする仕組みに違いない。
 コンピュータの中で仮想空間を作ってアバターで遊ぶゲームとよく似てると有紀は思った。
 彩香ちゃんがパソコンのスピーカーのボリュームを上げてみた。
 大きな声で「私ですか、彼氏ですか、いま居ません」と女の子の声が部屋に響いた。
 すると今度は男の声で「じゃあ、さみしいだろう、彼氏がいないとさみしくてしょうがないよね」となだめるような声で女の子に話しかけてる。
 普通の男の子と女の子がこんな会話をするわけ無い。
 これって出会い系のチャットのシミュレータらしいと判って彩香ちゃんは呆れた顔。
 これもあの研究所の所長が作らせたソフトに違いない。
 まったく何の研究をしてるんだか、ふざけた話しで腹が立ってくる。
 こんな所にいつまでも居たら何が起きるか判らない。
 有紀はテーブルの上から銀色のラブエネルギーのパックを何個か取るとポケットに入れた。
 彩香ちゃんと江実矢君もポケットに入るだけさっきのラブエネルギーを詰め込むと、店から出ようと階段を降りた。
 受付の前まで来ると彩香ちゃんが「ねえ、私この店って知ってる」と言い出した。
 有紀はすぐには彩香ちゃんの言ってる事がわからなくてきょとんとして彩香ちゃんの顔を見つめた。
「テレビでみたことあるの、これって出会い系喫茶よ。きっとそうよ確かめて見れば判るから」と言うと彩香ちゃんは受付の横のドアを開けた。
 薄暗い廊下みたいな部屋は、さっきの部屋より床が一段低くなっている。
 壁際は全部鏡になっていて、さっきの女の子の部屋と向かい合わせになってるらしい。
 女の子が座ってる椅子のちょうど目の前に男の子が座れる椅子がある。
 これがあの女子高生の間でも噂になってる出会い系喫茶だと有紀にもピンときた。
 女の子のスカートの中をマジックミラーで覗き見できる仕掛けになってるとテレビでやってたけどやっぱりその通りだ。
 出会い系喫茶がなんでこんな変な街にあるのか判らないけど、きっとそれはそれでなにか目的があるに違いない。
「もしかして、誰か居るかもしれないわよね。私達誰かに覗き見されてたのかもしれないわよ」と彩香ちゃんが言い出した。
 確かにそれもそうだ。
 江実矢君がひとまず一番前になって、ゆっくりと様子を確かめながら廊下を奥まで進んでみた。
 ちょうど女の子の部屋をぐるりと一回りする配置で、男の子用の部屋が作ってある。
 女の子との部屋の境は全部マジックミラーで、女の子のしてることは全部丸見えだ。
 一回りして一番奥まで行くと、突き当たりの壁にはカーテンが掛かってる。
 何だか変だと思ってカーテンを開けてみると、小さなドアがある。
 彩香ちゃんがドアを開けてみると、細長い通路が続いてる。
「私、これ知ってる」と急に彩香ちゃんがまた思い出したように声を上げた。
「きっとそうよ、行ってみれば判るわ」と彩香ちゃんが言うので、また江実矢君を先頭にしてドアの先の通路を進んだ。
 少し先で左手に曲がると、廊下にそってドアがいくつも並んでる。
 彩香ちゃんがドアの取っ手を廻して、ドアを開けてみた。
 薄暗い部屋の中には誰もいないみたい。
 彩香ちゃんが先に部屋に入ったので有紀は「彩香ちゃん大丈夫?」と声を掛けて後から続いた。
 部屋の中にはベッドがあって、その横にはソファーもある。
 薄暗い部屋の電気を付けてみると、中はホテルの部屋みたいな作りで結構広い。
 出会い系喫茶でナンパした女の子を連れ込むための部屋らしい。
 一通り部屋の中を確かめてみたが、正面に大きな鏡がある他には特に怪しい感じもない。
「ねえ、今夜はここで休みましょう」と彩香ちゃんが言い出した。
 確かにこの部屋は、ベッドもあるしドアを閉めれば誰も入ってこない。
 それにこのロボット実験場にはロボットしか居ないんだから、危ない事なんか起きるはずはない。
 一休みするにはもってこいだ。
「そうね、それしかないわよね」と有紀も答えた。
「ねえ、有紀ちゃんは私とベッドで寝ようね、江実矢君はそこのソファでいいわよね」と彩香ちゃんに言われて江実矢君もソファに寝そべった。
 有紀が先にベッドに横になると、彩香ちゃんも電気を消してすぐ有紀の隣に寝ころんだ。
 ふかふかのベッドに身体を沈めると、急に疲れが出てすぐに半分眠り込んで気が遠くなった。
 今日一日の出来事が頭に浮かんできて、次から次へと思い出した。
 いったい何が起きたのか、なんでこんな事になっちゃったのかさっぱり訳が分からない。
 次第に頭が重くなると、彩香ちゃんの寝息がすぐ耳の横で聞こえてきた。
 すこし離れたソファからも江実矢君が微かな寝息を立てているのがぼんやりと聞こえた。
 ともかく眠ろう、そうすれば明日の朝起きたときは、きっと自分の部屋の自分のベッドの中で目を覚ますはず。
 そうよ私は今夢の中にいるのよ、今日の出来事は全部夢なのよと思うとな気分がすっと楽になった。
 気が遠くなって眠りに入りかけた時、急に大きな音が有紀の耳に飛び込んできた。
 がんがんと耳に響く大きな音は誰かが近くでカラオケをやってるらしい。
 彩香ちゃんもベッドから身体を起こすと、とても寝ていられない様子で有紀の顔をみた。
 この近くに誰かいるらしい。
 そうなるととても安心して寝てなんか居られない。
 耳を澄ませて大きな音をよく確かめてみると、やっぱりカラオケで誰かが大声で歌ってる音に間違いなさそう。
 部屋を見回してみると確かにカラオケのセットと、それに大きなプラズマテレビも置いてある。
 他の部屋に誰か男の人がいて、カラオケをやってるって事しらい。
 彩香ちゃんが先に部屋を出ると、音のしてる方向を頼りに廊下を進んでみた。
 少し先のドアから明かりが漏れるのが見えた。
 中からはうるさいカラオケの音ががんがん響いてくる。
 ドアをそっと開けて中を覗いてみると、さっき三人がいた部屋よりもかなり広い部屋だ。
 部屋の中央で男がカラオケのマイクをもって踊りながら歌ってる。
 とんでもなく下手な歌なので、聞いているだけで頭が痛くなっちゃう。
 どっかで見覚えのある男だとおもったら、最初にこの歌舞伎町に来たとき話しかけられたロボットの良一君だ。
 このロボットはどこか調子が悪いらしくて、最初に会った時もまともに会話が通じなかった。
 今度もやっぱりどっかの具合が悪くて、カラオケをやり出して止まらなくなったみたいだ。
 どうせどっか壊れたロボットなんだから、話しかけてもたいした事にはならないと彩香ちゃんは思ったみたい。
「あの、静かにしてくれませんか」とへんてこな格好で踊ってる良一君に声を掛けた。
 良一君は急に踊りを止めてこちらに振り返ると「いやあ、一緒に歌おうじゃないか、いや楽しいな」と相変わらず歌を止めない。
「あの、眠れないんです、眠れないの、カラオケ止めてくれませんか」と彩香ちゃんは大声で良一君に怒鳴った。
「眠れない、眠れないんだ。あ、じゃあここで一緒に寝ようね」と良一君が大きなベッドを指さした。
 部屋の奥に大きなベッドがあるのが見えて彩香ちゃんはちょっとびびったみたい。
「あの、一緒じゃなくても良いでしょう、別にその」と今度は小声でささやくような声で良一君に言い返した。
「女は、良一君と一緒に寝るんだよ、決まってるだろ、女三人に男一人、いやこりゃサイコーだぜ」と良一君が言うので、これは不味いことになりそうだと有紀は思った。
「まず有紀ちゃんが一番奥に寝て、次が恵美ちゃん、そして次が彩香ちゃんの順で寝るんだ」と良一君が言い出した。
 なんで私達の名前をしってるんだろうと有紀は思ったけど、ロボットのコンピュータにデータが入ってるらしい。
「俺は、好きな所に順に寝られるだろ、いやサイコーだ」と良一君が言うと有紀の手を引っ張った。
 下手に逆らうとどうなるか判らない。
 有紀が大きなベッドの奥に横になると、次に江実矢君が寝かされた。
 最後に残った彩香ちゃんの手を取って良一君がベッドに引き寄せようとしたとき、彩香ちゃんが良一君に背を向けた。
「私、いや」と甘えた声で彩香ちゃんは良一君にささやかな抵抗の仕草をしてみせた。
 大声で彩香ちゃんが「嫌」と叫んだりすれば、無理矢理ベッドに押し倒されるのは判ってる。
 だけど女の子に甘えた仕草で拗ねられたら普通の男だったら、優しくしてくれるはず。
 ロボットの良一君がどうするのかと思って有紀が見ていると、さすがにロボットにはどうしていいのか判らないらしい。
 ロボットの動きがしばらく止まった後、ロボットの手が左右から彩香ちゃんを抱きしめようとして巻き付いてきた。
 不意に彩香ちゃんの身体が目の前から消えた。
 彩香ちゃんがすばやい動きでしゃがみ込んだのだ。
 彩香ちゃんの得意技だ。
 後から抱きつかれたとき、しゃがみ込んで後ろ手に相手の両足を掴んでそのまま後ろ向きに倒れ込むという大技。
 そのあとすぐに彩香ちゃんの得意技の彩香スペシャルに持ち込む連続技だ。
 小学校の時は、彩香ちゃんのこの大技に恐れをなして彩香ちゃんに逆らう男の子は一人もいなかった。
 彩香ちゃんが良一君の両足を掴んで、立ち上がりながら後に反り返った。
 普通の男の子だったら後にそのまま倒れ込むはずだ。
 だが有紀の目の前で飛んでもない事が起きちゃった。
 良一君の足首がまるで丸いバネ仕掛けみたいに有紀の目の前で伸びた。
 はじき飛ばされたように良一君の身体が後に飛んだけど彩香ちゃんを抱きしめたままだ。
 良一君の体は彩香ちゃんを抱え込んだまま宙を飛んで、そのまま一緒にベッドに背中から倒れ込んだ。
 彩香ちゃんの位置がベッドに近すぎたらしいくてこれじゃあ彩香スペシャルの体勢に入れない。
 おまけに彩香ちゃんは良一君に抱きかかえられたままで動くに動けない。
 良一君の指先が彩香ちゃんの胸を握りしめようとしてきた。
 ロボットだけあって、指の力は普通に人間とは比べ物にならないくらい強い。
 こうなったら彩香ちゃんの力ではとても良一君には逆らえない。
 彩香ちゃんが諦めて身体の力を抜いて良一君に身体を預けた。
 良一君の指先が彩香ちゃんの胸を掴んでゆっくりと押し回してきた。
 彩香ちゃんは苦しそうに顔を歪めたけど、苦しいだけでも無いみたい。
 良一君の指先が小刻みに震えながら彩香ちゃんの胸の先端に押しつけられてくると彩香ちゃんが「だめ」と小さく叫んだ。
「何がだめなの」と良一君が彩香ちゃんの耳元で意地悪そうな口調で呟いた。
「止めちゃだめ」と彩香ちゃんが返事をしたので有紀はびっくりして彩香ちゃんの顔を見つめた。
 何だかよく判らないけど、気持ちよさそうにうっとりとした彩香ちゃんの表情はいままで見たこともないような顔だ。
 良一君が下から腰を突き上げるようにしてゆっくりと動かし始めた。
 男の子が腰を上下に動かすのが何の為なのか有紀だってよく知ってる。
 彩香ちゃんが自分から足を左右に開くと、膝を立てて良一君の動きに合わせて腰を上下に ゆすり始めた。
 有紀は目の前で起きていることが信じられなくて、何も言えずにじっと彩香ちゃんを見つめた。
「もうだめ、お願い」と彩香ちゃんが苦しそうな声で喘いだ。
 良一君が低い声で「すぐ気持ちよくしてやるぜ」と彩香ちゃんの耳元で囁くのが聞こえた。
 この良一君はロボットと言っても普通のロボットではないらしい。
 普通の男性よりも男と女の事が上手にできる特別製のロボットだとしか思えない。
 だいたいロボットの実験場に出会い系喫茶店なんてのが有る事自体が変な話しだ。
 このロボット実験場は援助交際をロボットを相手にさらせれる場所らしい。
 このままじゃ彩香ちゃんがどんな目に遭うのか判らないけど、いったいどうしたらいいのか判らない。
「私もうだめ、もうどうにでもして、もうなんでもいいから」と彩香ちゃんが叫んだ時、良一君が不意に体を起こすと彩香ちゃんのすぐ隣に寝ていた江実矢君の上に覆い被さった。
 良一君の手が江実矢君の胸を揉み始めたけど、江実矢君の胸はブラジャーに入れたパッドで膨らませてあるだけ。
 いくら良一君のテクニックが上手でも江実矢君が気持ちよく成るわけがない。
 江実矢君が何の反応もしないのを見て、良一君の手が今度は江実矢君のスカートの下に伸びてきた。
 これはまずいと有紀はとっさに思った。
 男の子の大事な物を良一君が探り当てたら、どんなことに成っちゃうのか想像もつかない。
 もしかして江実矢君が気持ちよくなっちゃったりしたら大変だ。
 有紀は必死で良一君にしがみつくと、体を捩らせて良一君に抱きついた。
 良一君は江実矢君から手を離すと有紀の体を抱きしめながら撫で回してきた。
 くすぐったい感触が有紀の脇腹をそっと撫で回してくると有紀は思わず体を仰け反らせた。
 良一君は有紀の体を抱きかかえると体をベッドの上で一回転させた。
 有紀の体が彩香ちゃんの体の上に乗っかると、彩香ちゃんの胸と有紀の胸が重なりあって押しつぶされた。
 彩香ちゃんが苦しそうに息を吐き出すと、有紀の耳元をくすぐるように吐息がかすめた。
 良一君の手が有紀の脇腹をそっと撫でながら脇の下まで届いてきた。
 くすぐったい感触が次第に燃え上がるような快感に変わって行くのを有紀はもう止められなかった。
 良一君の指先は今度は有紀の背中をくすぐり始めた。
 少しづつ場所を変えながらゆっくりとした動きで有紀のお尻まで良一君の指先が届いてくると有紀は我慢できなくて何度も大きく息を吐き出した。
 有紀のお尻をそっと包み込むようにして押し回してくる良一君のテクニックはロボットとは思えないほど完璧だ。
 有紀は何度も大きく息を吐き出して喘ぎながらこのあと良一君に何をされるんだろうと不安な気持ちがよぎった。
 ロボットだって男の子の大事なものが付いてるはず。
 良一君がその男の子の大事な物を上手に使ったら、有紀の体はいったいどうなっちゃうんだろう。
 男の子だったら一回満足すれば、そのあと何回も続けてできるはずがない。
 だけどロボットだったら一回で済むわけがない、何時間でも一晩中でもやり続けて終わらないはず。
 そんな事になったら有紀も彩香ちゃんもとても生きてここから逃げられる訳がない。
 なんとかしなきゃいけないと思っても、有紀の体はもう快感の虜だ。
 気持ちよくなれるならもう何だっていいと有紀は諦めた気持で目をつむった。
 良一君は彩香ちゃんと有紀が体を重ねたその足元にしゃがみ込んだ 。
 有紀の足を左右に広げさせて、良一君がスカートの奥に手をいれて一番感じるところを指先で探り当ててきた。
 指先が震えながら電流が流しこまれて痺れるような感触が有紀の体を捕らえた。
 なんでロボットの良一君の指先が触れただけどこんな事になるのか訳が分からない。
 良一君の指先にはなにか特別な仕掛けがあるらしくて、普通に男の人にさわられる感触とはまるで別だ。
 小刻みに強くなったり弱くなったりを繰り返しながら、ぴりっとするような電流が肌の上を流れると筋肉が勝手に震えだして止まらない。
 特別に感じるツボがあるらしくて、良一君に指先を押しつけられると頭のてっぺんまで電流が突き抜けて通る。
 巧みに指先の位置をずらしながら有紀の弱い所を責めるテクニックはとてもロボットだとは信じられない。
 さっき彩香ちゃんが「私もうだめ」と叫んだ理由が有紀にもすぐ判った。
 渦を巻くような快感が有紀の体中を駆けめぐるともうとても逆らえない。
 このまま良一君に征服されたいという欲望が熱い噴流になって体の中心から沸き上がってきた。
 この良一君に本気で責められたら、どんなに気持よくなるのか思っただけでもう我慢できない。
 このロボット実験場で毎晩この良一君に責められ続けられるんだと思うと気が遠くなって気絶しちゃいそう。
 彩香ちゃんが急に力いっぱい有紀の体に抱きついてきた。
 頭を仰け反らせて体を震わせると「いやん、もうらめー、有紀ちゃん許して」と彩香ちゃんが大声で叫んだ。
 良一君が指を使って有紀と彩香ちゃんを同時に責めてるんだと判って有紀も堪らずに「彩香ちゃん大好き」と叫んだ。
 良一君が指先を奥まで差し入れてくるともう死にそうなくらい気持がいい。
 引きつったような痙攣が奥まで沸き起こると、ぴくぴくと震えて止まらない。
「お願い、はやくして、もうやー、やーけて」と有紀が訳の分からない言葉を口走ると急に良一君が上半身を起こした。
 良一君は天井を見上げると「ゆうやーけ、こやけーの」と大声で歌い始めた。
 何がなんだか判らないけど、ともかくカラオケなんだからと有紀が「あかとーんぼ」と次の歌詞を繋げて歌った。
 すると良一君は有紀の体から指を離して横に寝そべると「おわれーてみたのーは」と歌い始めた。
 今度は彩香ちゃんが「いつのーひーか」と歌うと良一君は急に静かになって動かなくなった。
 これはちょうどいいと思って彩香ちゃんが身体を起こして良一君から離れようとするとまた良一君が「ゆうやーけこやけーの」と彩香ちゃんを抱きしめて歌い出した。
 これじゃあ、いくらやっても終わらない。
 彩香ちゃんが試しに「わたしサウスポー」と歌ってみると良一君が「きりきりまいよ」と歌を続けた。
「一本足が相手」と彩香ちゃんが歌うと、良一君が急にベッドの上で立ち上がり踊り出した。
 こうなったら有紀も隣で調子を合わせて踊るしかない。
 良一君が一本足でバットを振る踊りをしたので、有紀もそれに合わせて片足を上げた。
 だけどふかふかのベッドの上で片足でなんかたったら、足元が危ないのは分かり切ったこと。
 ベッドが沈み込んで、有紀の身体のバランスが崩れると、良一君の足元も沈み込んだ。
 良一君が有紀に抱きつこうとしたので、有紀は慌てて良一君を突き飛ばした。
 良一君はベッドの上で身体ごと真横に倒れると、ベッドの上をくるくると転がって床にドスンと落ちた。
 良一君の体は床の上に仰向けの姿勢で倒れ込んだ。
 チャンスは今しかないこの隙に逃げなきゃと有紀は思ったが、体の震えが止まらなくて起きあがれない。
 江実矢君が彩香ちゃんを抱きかかえてベッドから降ろそうとしてるけど、彩香ちゃんも体の震えが止まらないらしい。
 彩香ちゃんが江実矢君に抱きつくと、二人でベッドに倒れ込んでしまって起きあがれない。
 有紀はゆっくりと息を何度も吐き出すと、次第に体が楽になってきた。
 良一君は仰向けに寝ころんだまま、上半身を起こそうとして身体を持ち上げるけどすぐにまた元の姿勢に戻ってしまうだけ。
 ロボットには仰向けに起きあがる動作が難しいらしい。
 何度も繰り返して身体を起こそうとしては元に戻る動作を繰り返すと次第に動きが弱くなってとうとう動かなくなった。

9.ロボット実験場に監禁<< ページトップ >>11.盗撮カメラで覗かれて

女子高生援助交際アダルトビデオ

流出 東京援交女子高生 映像ファイル 年間250人の女子高生と「援助交際」を繰り返す男の記録
援助交際ハメ撮り投稿集 2枚組8時間
流出匿名撮影 素人美少女援交一夜の過ち 2
援交女子校生 悶絶生中出し4時間 [DVD]
超 素人援交生中出し 5時間 [DVD]
神待ち家出女子校生を自宅に連れ込んで中出しセックスを繰り返した男の記録 カルマ [DVD]