長編官能小説 彩香スペシャル〜三姉妹監禁志願

by七度柚希

目次

1.学園祭のお化け屋敷
2.三次元スキャナーで身体測定
3.ロボットダンスコンテスト
4.テレビのドキュメンタリー番組に出演
5.喫茶店でビデオチャット
6.SM倶楽部で強制調教
7.メイド喫茶でアルバイト
8.タコイーカ財団に拉致される
9.ロボット実験場に監禁
10.良一君はセックス専用ロボット
11.盗撮カメラで覗かれて
12.名犬ピーチと出会う
13.マンホールから地上にでる
14.四つ葉学園に入学
15.ホームルームの後は数学とパソコン実習
16.チアリーダー部は戦闘集団
17.本当の幸せは太陽の下
18.城の塔に昇って太陽を確かめる
19.怪物の触手から逃げて百合ちゃんの家に戻る
20.彩香ちゃんの家庭教師の勇二君が助けに来た
21.捕まって牢獄に監禁さた勇二君を見つける
22.通風口から脱出して地上に戻る
23.地上に出ると出会い系喫茶の店の中
24.ナンパされて神社の境内に連れ込まれる
25.SM倶楽部でショーの舞台に出る
26.SMショーで本番中出輪姦調教
27.神社の境内のトイレでアナルレイプ
28.痴漢に捕まってラブホテルに連れ込まれる
29.神社の境内で輪姦調教
30.ファンの男の子に追いかけられSM倶楽部に逃げ戻る
31.学園祭のお化け屋敷の中で彩香ちゃんが目を覚ます

2.三次元スキャナーで身体測定

あらすじ
 勇二君に案内されて電子機械工学研究室を見学した。三次元スキャナーで身体測定をしたいと頼まれて声のサンプルも録音した。学園祭のロボットダンスコンテストでロボット三姉妹が録音したばかりの声を使って「虹色ラブソング」を歌って優勝しちゃた。

 お化け屋敷をでた後に「よかったら、ちょっと研究室見て行かないか。面白い物がいっぱいあるから」と勇二君に誘われて、体育館の裏から研究室の廊下に入った。
 大学の研究室を見せて貰うのは初めてなので有紀は研究室のドアを開けるとき胸がどきどきと高鳴った。
 ドアのすぐ上に「電子機械工学研究室」と小さな看板が出ていたけど名前だけ見てもな何の研究をしてるのかさっぱり判らない。
 それほど広くない部屋は中学校の理科室と同じような作りだけどテーブルが中学の理科室よりもかなり広い。
 天井も高くて部屋の壁は全部真っ白だ。
 電気のコンセントがあちこちにいっぱいあって太い電気のコードが足の踏み場も無いくらいに床に這い回ってる。
 研究室の中には機械がいっぱい並んでいて、勇二君が説明してくれたけど何がなんだか判らない。
 洗濯機を大きくしてアンテナを付けたような機械や、パソコンを沢山積み上げたような機械や、変な形のカメラみたいな機械とか難しい説明を聞いても意味が全然分からなかった。
 開発中のロボットも見せてくれたけど、まだ未完成で頭だけ別になってたり手足がバラバラだ。
 さっきお化け屋敷で見たロボットの秀美ちゃんの頭もあったけど頭だけテーブルの上に置いてあるのは気持ち悪くて見ていて怖くなるくらいだ。
 研究室には他にも男の子が大勢居て、機械を組み立てていたりコンピュータに向かって仕事をしたりとみな忙しそう。
 一番奥に洋服ダンスくらいの大きな機械があって「これは三次元スキャナーでね、これで身体の輪郭を測定してロボットを作るんだ」
「彩香ちゃんの身体を測定すると、彩香ちゃんそっくりのロボットが作れるんだ」と話してくれた。
 一通り研究室の説明が済むと、勇二君がコーヒーを入れてくれた。
 他の男の子達も一休みする時間だとかで、彩香ちゃんを取り囲んでおコーヒーを飲み始めた。
 真面目な顔で頭も良さそうな大学生に囲まれて彩香ちゃんは上機嫌だけど、江実矢君はさっきのチアリーディングの衣装を着たままだ。
 大学生の男の子達からは女の子だと思われてると判って居心地が悪そう。
 しばらくしてすぐ奥からかなり年上の白衣を着た男の人が出て来た。
 研究室の教授らしくて見た目も貫禄があって歩き方も偉そうだ。
 教授が勇二君とに何か話してる。
 相談がまとまったらしくて、勇二君が「頼みがあるんだけど」と彩香ちゃんに頭を下げた。
 彩香ちゃんの身体を今すぐに測定させて欲しいと言われて彩香ちゃんは何の事だか判らずに困ってる。
 三次元スキャナーと中に入って立ってるだけで測定はすぐ終わるからと勇二君が説明してくれた。
 だけど測定をするには下着も全部脱いで裸にならないといけないらしい。
 研究室には他にも男の子達も、ロボットを組み立てたりパソコンで仕事してたりする。
 みんなの前で中学生の女の子を裸にするなんてどう考えても変だ。
 機械の中で裸になるだけだから、男の子には絶対見られたりしないって勇二君が言うけどそんなこと信用できない。
 いくら頭のいい大学生でも男の子だ。
 中学生の女の子が目の前で裸になったりしたら見たくなるのは当たり前。
 覗き見したくなるに決まってる。
「彩香ちゃん判ってくれないかな、どうしてもこの研究にはね、女の子の身体の寸法をこの三次元スキャナーで測るのが必要なんだ」
「それもね、今日中に三人分のデーターが揃わないと絶対駄目なんだ」
「その為にはね、彩香ちゃんと有紀ちゃんと、この恵美ちゃんの三人しかいないんだ」
「本当にね、今君たちが裸になってもらわないと、僕たちは本当に困っちゃうんだよ」となんとか勇二君が説得しようとしてるけど、どう考えたって言ってることが変だ。
「判った、裸になるのがいやなら、僕たちもみんな裸になるよそれならいだろう」と勇二君が言い出したので有紀はびっくりした。
 なんで男の子達まで裸になんなきゃいけないのかさっぱり判らない。
 勇二君に言われて、男の子達がすぐにみんなで服を脱ぎだした。
 中学生の男の子の体だったら水泳の時間に見たこともあるけど、大学生の男の子の体なんて見るのは初めてだ。
 痩せて細い体の男の子もいるけど、胸板が厚くて体の大きな男の子の体は見ていて目が痛くなるほど刺激が強い。
 日焼けしてランニングシャツの模様が体に焼き付いた男の子の体は筋肉が盛り上がって逞しくてとても見ていられない。
 いったいどうしていいのか判らない。
 彩香ちゃんの周りの男の子が全員パンツ一枚になると、彩香ちゃんは困った顔で下を向いたきり顔が上げられない。
 このままだと男の子達はパンツも脱いで全裸になりそうな気配だ。
 どうして男の子の裸なんか見なければいけないのかまったく訳が分からない。
「だいじょうぶ、裸になっても僕たちには見えないんだ、ほらこの機械の中で裸になるだけなんだよ」と勇二君が慌てて彩香ちゃんを説得しようとした。
「この中で服を脱いでね、準備できましたと言ってくれたら、外から見えないんだ本当なんだよ」と勇二君に言われて彩香ちゃんはほっぺたを膨らませて怒った顔をした。
「じゃあ、僕がやります」と江実矢君が彩香ちゃんの横で小さな声で言った。
「あれ」と勇二君が江実矢君の顔をみた。
 江実矢君はさっきチアリーディングの公演をしたときのチアガールの衣装の格好のままだ。
 髪の毛も女の子みたいに結ってるし、お化粧もしてるから見た目は女の子。
 女の子が「僕」なんて言うはず無い。
 彩香ちゃんが慌てた顔で何か言おうとすると江実矢君もすぐに気がついて「私がやります」と今度は女の子らしい鼻声で言い直した。
 彩香ちゃんはっとして何か言おうとしたけど言葉が詰まって黙り込んでしまった。
 勇二君の視線が江実矢君のチアガールのスカートの下に伸びている細い足を辿ると目が虚ろになって口元におかしな笑みを浮かべた。
 江実矢君の足は色白で細くてしなやかで、女の子が見ても羨ましくなるくらいに可愛らしい足だ。
 男の子の勇二君が見たって魅力的で目が離せなくなるのも無理はない。
 他の男の子達の視線ももチアガールの衣装を着た江実矢君の足に一斉に集まった。
 有紀は江実矢君が男の子だと言おうとしたけど、すぐにいいアイデアが思いついた。
 江実矢君が裸になったら男の子だってすぐ判っちゃう。
 研究室の男の子達がこっそり覗き見してたら男の子だとすぐばれるはずだ。
「ねえ、彩香ちゃん、最初は恵美ちゃんにやってもらったら」と有紀が彩香ちゃんに声を掛けた。
 恵美ちゃんというのは江実矢君のあだ名で、小学校の時に同級生の男の子達に虐められて付けられた名前だ。
 彩香ちゃんが顔を上げて江実矢君を見つめると何度か頷いた。
 彩香ちゃんも江実矢君で試しに測定してもらったほうが都合が良いと気が付いたらしい。
「そうね、恵美ちゃんやってくれる」と彩香ちゃんが江実矢君に声を掛けた。
 さっそく話しがまとまって最初に江実矢君が測定して次に彩香ちゃん最後に有紀の順番が決まった。
 もしも江実矢君の測定をしたときに何か変な事でもあれば彩香ちゃんと有紀は測定を断って帰る算段だ。
 江実矢君が三次元スキャナーの扉を開けて、中にはいると勇二君が扉を閉めて厚手のカーテンで入り口を塞いだ。
 中で江実矢君がチアリーディングの衣装を脱いだらしくて、カーテンの下から床に真っ赤な生地が見えた。
 次に胸を膨らませる為に付けていた白いブラジャーがチアリーダーの衣装の上に置かれた。
 見た目には普通のジュニア用のブラジャーだけど、カップにパッドが入れてあって胸が大きく見えるブラだ。
 女の子だったら下着を脱いだら男の子に見えないようにチアリーダーの衣装の下に隠してしまうけど江実矢君は気が回らないらしい。
 最後にパンツも脱いだらしくて、ブラジャーの上に白いパンツを置く江実矢君の手が見えた。
 彩香ちゃんは江実矢君の脱いだパンツを見てびっくりして呆れた顔。
 女物のパンツだ。
 それもレースのヒラヒラ模様のついた可愛らしいパンツ。
 いくらチアリーダーで女の子の服を着るといってもパンツまで女物を履かなくても良いはず。
 きっと希美ちゃんが江実矢君に渡して着せたに違いない。
 だいたい江実矢君がチアリーダーの助っ人をしてる話しは聞いてるけどチアリーダーのチームに希美ちゃんも居るなんて事は聞いてない。
 彩香ちゃんに内緒にして江実矢君が希美ちゃんと会ってるなんてとんでもない話しだ。
 もしかしたら江実矢君は希美ちゃんとお揃いのブラジャーとパンツを付けてるのかもしれない。
 彩香ちゃんもそう思ったらしくて、腹を立てて口を膨らませると顔が赤くなった。
 彩香ちゃんの怒る顔をみて勇二君は自分が不味いことをしたと思ったらしい。
 勇二君は江実矢君のレース模様のパンツを見て恥ずかしそうにして眼をそらせた。
 大学生の男の子でも、女の子のパンツを見て喜んだりするのは恥ずかしい事には違いない。
 下着を脱ぐときは、見えないように服の下に隠して置けば良いのにと有紀は思った。
 男の子達は江実矢君が全裸になったと判ってるはずだけど、顔色一つ変えないで立ってるだけだ。
 誰かが江実矢君を覗き見していれば江実矢君が男の子だとすぐ判るはず。
 いくらお化粧をして髪も女の子みたいに結っていても、胸はブラジャーを取ったらペッタンコだし、股間にはちゃんと付いてる物が付いてる。
 誰も何も言わないと言うことは、覗き見してる男の子はいないと思って間違いなさそう。
「準備できたかな」と勇二君が声を掛けると江実矢君が鼻声で「はい」と女の子の声で返事をした。
 勇二君が機械のスイッチを入れると、急にカーテンの隙間から明るい光が漏れてきた。
 きらきらと光が漏れて部屋の壁が照らされてまるでミラーボールみたいに綺麗。
 すぐに測定は終わったらしくて「終わったから、もう出てもいいよ」と勇二君が江実矢君に声を掛けた。
 江実矢君が手早くさっきのチアリーディングの衣装を身につけるとカーテンを手で押しのけて外に出てきた。
 江実矢君が男の子だってことに誰も気がついてないみたいなので、有紀はほっとした顔で彩香ちゃんを見た。
 彩香ちゃんも有紀と目を合わせてこれなら大丈夫という顔。
 先に彩香ちゃんが三次元スキャナーに入ると勇二君がカーテンを閉めた。
 ブラウスとスカートを脱ぐと次にブラジャーとパンティーを脱いでこっそりとスカートの下に隠した。
 彩香ちゃんはまだ中学生だけど胸はFカップで特大だ。
 ブラジャーも大人用のお色気たっぷりのデザインで、お揃いのパンティーもレース模様のスケスケだ。
 大学生の男の子が見たら気絶しちゃいそうな代物たけど彩香ちゃんが上手く隠したので誰も気が付かなかったらしい。
「じゃあいいかな」と勇二君が声をかけると彩香ちゃんが「はい、いいです」と答える声が聞こえたがなんだか変だ。
 彩香ちゃんの声は震えてかすれたてる。
 カーテンで隠れてるとは言え、大学生の男の子達のすぐ目の前で裸になるのは恥ずかしくて体が震えてるらしい。
 さっきと同じようにカーテンの隙間から明るい光が漏れてくると測定はすぐに終わった。
「もう終わったから、出てきていいよ」と勇二君が声をかけると、彩香ちゃんは急いで服を着直して出てきた。
 次は有紀の番だ。
 勇二君が扉を開けてくれたので三次元スキャナーの中に入ると、機械の中は思ったよりは広い。
 有紀は最初にブラウスを脱いで、次にスカートも脱いだ。
 下着だけの姿になって、誰かに見られてるのではと心配な気がしたけど大丈夫みたい。
 すぐに済ませようと思って、急いでブラジャーとパンティーも脱いで全裸になった。
 さっき彩香ちゃんがしたように、床に置いたスカートを少し持ち上げてブラジャーとパンティーをスカートの下に隠した。
「準備出来たかな」と勇二君が声を掛けてくれたので有紀は「はい」と元気よく答えたつもりだが、声が震えてるのが自分でも判った。
「じゃあ動かないでね」と勇二君の声がまた聞こえると、機械がギュルギュルと音をだして動きだした。
 最初に頭の上に細い青い光が輝くと、グルグルと回りながら頭の上から足の先まで降りていく。
 有紀は目が回ってまるで体が宙に浮いて空を飛んでるような変な気分になった。
 光が足元にとどいたとき急に赤と青と緑色の光が繰り返し点滅した。
 いったい何が起こるんだろうと思ったらすぐに光は消えて機械の音も止まった。
「はい終了」と勇二君がまた声を掛けてくれた。
 思ったよりも簡単に済んで有紀は一安心した。
 服を着て三次元スキャナーの中から出ると、有紀は「これどうなってるんですか」と勇二君に聞いてみた。
「あ、これ、三次元スキャナーてね、ほらコピー機があるだろう、あれと同じなんだ」
「コピー機は二次元をコピーするけどね、この機械は三次元のコピーができるんだ」と得意顔で説明してくれた。
 だけど有紀には勇二君の言う言葉は難しすぎてよくは判らない。
 彩香ちゃんも理解できないらしくて不思議そうな顔をしてるだけ。
 江実矢君は数学が得意だから勇二君の説明を聞いて判ってるらしくて軽く頷いて成る程という顔をしてる。
 有紀も余計な事は聞かない方がいいと思って、頷いて判った振りをした。
 次に体重と身長を測ると、今度は音声のデータを取るからとマイクの前に連れてこられた。
 勇二君が紙に書いた文章を渡してくれた。
 紙に書いてある通りに読めばいいらしい。
「こんばんは、さんこんきくうでんか、のみたいじ」と訳の分からない言葉が並んでるけどともかく読めばいいらしい。
 最初に彩香ちゃんが録音して、次に有紀が録音を済ませた。
 最後に江実矢君が女の子らしい鼻声でマイクに向かって喋った。
 江実矢君の声を聞いて、勇二君はまるでクラシック音楽でも聴いてるようなうっとりとした顔をしてる。
 録音が終わると江実矢君は息が苦しそうにしてるけど、勇二君は江実矢君に歩み寄って顔を近づけた。
「いや、恵美ちゃん可愛いね」とだけ言うと勇二君は言葉に詰まった。
 勇二君はよっぽど江実矢君の事を気に入ったらしくて、江実矢君を見つめたままじっとして動かない。
 普通の男の子だったらナンパする時には、調子のいい台詞が次々に口から飛び出すんだけど勇二君はナンパなんかしたことないから何を言えばいいのか判らないらしい。
 彩香ちゃんが「今日はどうもありがとうございました」と勇二君に声をかけると、勇二君もはっとして我に返ったように彩香ちゃんに微笑み返した。

 録音が済むと後は勇二君がお礼に学園祭の模擬店でクレープを買ってくれることになった。
 大学の構内はさっきよりと随分人が多くて、模擬店の前には行列もできていて歩くのも大変だ。
 さっきの広場の横のクレープの模擬店で勇二君がクレープを買ってくれた。
 噴水の近くのベンチでクレープを食べているとテレビカメラを担いだ人が通りかかった。
 すぐ近くにはテレビ局の大きなワゴンが止まっていて取材に来てるらしい。
 この大学の学園祭で予選が行われてるロボットコンテストの取材だと勇二君が教えてくれた。
 今回からはロボットコンテストにダンス部門が新設されて、ダンス部門の競技が目の前で始まった。
 まず最初に登場してきたのはロボットのダンサーを見て彩香ちゃんはびっくりしてる。
 ついさっきヒップホップダンスクラブで見たロボット風のダンスをしてたダンサーと全く同じ格好だ。
 さっき見た時はロボットの真似をした踊りで、ロボットみたいな衣装を着てるんだと思ってたけどそうじゃなかったらしい。
 へんてこな動きのダンスを見ていると、どうみても中に人が入ってようにしか見えない。
 動きがぎくしゃくして見ていても面白いけど、実は中に人が入ってましたというイタズラをしてるのに違いないと有紀は思った
 カメラを持ったテレビ局のスタッフがステージに上がってロボットのすぐ前から撮影を始めた。
 カメラは左右に動きながらロボットの顔を見上げるように撮影をしてカメラのケーブルがステージの上で蛇のように動き回った。
 一番端で踊っていたロボットのダンサーがカメラのケーブルに足を引っかけて舞台から転げ落ちてしまった。
 ロボットが頭から真っ逆さまに地面に落ちると、頭が胴体からはずれて飛び上がった。
 髪の毛を振り乱してくるくると回りながらロボットの頭が彩香ちゃんの目の前まで飛んできた。
 彩香ちゃんがびっくりして悲鳴をあげて、失神しそうになったけど周りで見てる人は笑ってるだけ。
 生きてる人の頭がそんなに簡単に転がるわけがないと思ってよく見ると、人間の頭だと思ったのは縫いぐるみみたいな形で首から電線や支柱が取れてる。
 慌てた顔で舞台の後から男の子達が飛び出してくると、彩香ちゃんの目の前に転がった頭を抱え上げた。
 くるくると目が動いてまるで生きてるみたいだけどやっぱりロボット。
 ダンスをしてるのはロボットの扮装をしたダンサーじゃなくて、本当にロボットだったんだ。
 男の子達が慌てて壊れたロボットをかたづける彩香ちゃんもやっと一安心した顔でゆっくりと息をついた。
 次の出番になってステージの上に男の子達が大きな箱を運んできた。
 大きな音でロックの曲が始まると箱の正面に小さなドアが開いてそこから小さなロボットが沢山でてきた。
 ステージ一杯がロボットで溢れそうになると曲が止まった。
 音楽がクラッシックの曲に変わると今度は一斉にロボットが踊り出した。
 まるでディズニーランドのショーでも見てるみたいだ。
 曲が終わって男の子達が小さなロボットをかたづけると次に出てきたのはピンクのゴスロリのメイド服を着た三人のロボットだ。
 三人ともそっくり同じ作りのロボットでまるで三つ子の三姉妹みたい。
 顔は人形の顔みたいに人間そっくりに作ってあるけど動くのは目だけ。
 無表情で目だけがくるくると動くのはなんだか不気味な感じだ。
 頼りない足取りでステージの正面に並ぶと、聞き覚えのある曲が聞こえてきた。
 アイドルグループの虹色天使が歌ってる「虹色ラブソング」だ。
「ふんわか、ふわりん、ふんわか、ふわりん」とロボットが踊りながら歌い出したけど、その声を聞いて有紀はびっくりした。
 ロボットの声は彩香ちゃんと有紀と江実矢君の三人の声にそっくりだ。
 さっき研究室でマイクで録音したのは、この為だったんだ。
 彩香ちゃんもびっくりした顔で有紀の顔を見つめた。
 さっき録音したばかりなのにもうロボットのコンピューターにプログラムしちゃうなんて勇二君は凄い。
 なにが凄いのかは判らないけどともかく凄いと有紀は思った。
 ロボットの踊りはまるで機械が動いてみたいな動きで虹色天使の踊りと比べても随分とぎこちなかった。
 一応は虹色天使が歌うときの振り付けそっくりに踊ってるけど何だか見ていても不思議な感じがした。
 まるで虹色天使の女の子が操り糸で操られているのを見ているような感じだ。
 虹色天使と見分けが付かないくらいそっくりにロボットに踊らせるのは今のロボットの技術ではまだ難しいみたいだ。
 それでも最後までちゃんと踊れたというだけでも凄いと有紀は思った。
 他にも何組かの出場チームがステージに上がった。
 途中でロボット同士がぶつかって倒れてしまったり、止まったまま動かなくなったりするチームばかりだ。
 ロボットはちゃんと動かすだけで難しいんだと見ていて有紀にも判った。
 最後に審査員が集まって採点を集計している。
 優勝チームが決まったらしく審査委員長がメモ用紙を手に持ってマイクに近づいた。
「優勝チームを発表します。電子機械工学研究室」と聞いて勇二君が嬉しそうに両手を上げて万歳をした。
 他の電子機械工学研究室の男の子達も、両手を上げて万歳をしながら嬉しそうに走り回ってる。
 勇二君も一緒に男の子達の輪に加わって両手を振り回して踊り出した。
 嬉しくて気持ちが抑えられないらしい。
 いきな勇二君が江実矢君に向かって突進してきた。
 両手を広げて勇二君が江実矢君に抱きつこうとしたとき、とっさに江実矢君が身をかわして後ろ向きに空中回転した。
 江実矢君得意のバックフリップだ。
 勇二君が一瞬江実矢君の姿を見失って躓くとグランドにばたりと倒れ込んだ。
 江実矢君はすばやく逃げて彩香ちゃんの後に隠れた。
 勇二君は頭を上げて江実矢君を探してるけど目の前には江実矢君がいない。
 他の男の子達が勇二君を取り囲んで手足を掴んで抱え上げた。
「いっせーのせー」と声を合わせて、勇二君の体が空に舞った。
 テレビ局のカメラが勇二君の胴上げを撮そうとしてすぐ目の前まで近寄ってきた。
 次に江実矢君を胴上げしようと勇二君が言い出すに違いない。
 江実矢君はチアリーダーの衣装を着てるから胴上げするにはもってこいだ。
 だけど江実矢君がチアリーダーの女の子の格好をしてるのがテレビで紹介されたりしたら困ったことになる。
 これは逃げ出した方がいいと有紀は思った。
 彩香ちゃんも同じ事を思ったらしい。
「恵美ちゃん早く、逃げるのよ」と彩香ちゃんが江実矢君に声を掛けた。
 三人は大学の正門まで一斉に全速力で駆け出した。

1.学園祭のお化け屋敷<< ページトップ >>3.ロボットダンスコンテスト

女子高生援助交際アダルトビデオ

流出 東京援交女子高生 映像ファイル 年間250人の女子高生と「援助交際」を繰り返す男の記録
援助交際ハメ撮り投稿集 2枚組8時間
流出匿名撮影 素人美少女援交一夜の過ち 2
援交女子校生 悶絶生中出し4時間 [DVD]
超 素人援交生中出し 5時間 [DVD]
神待ち家出女子校生を自宅に連れ込んで中出しセックスを繰り返した男の記録 カルマ [DVD]