長編官能小説 彩香スペシャル〜三姉妹監禁志願

by七度柚希

目次

1.学園祭のお化け屋敷
2.三次元スキャナーで身体測定
3.ロボットダンスコンテスト
4.テレビのドキュメンタリー番組に出演
5.喫茶店でビデオチャット
6.SM倶楽部で強制調教
7.メイド喫茶でアルバイト
8.タコイーカ財団に拉致される
9.ロボット実験場に監禁
10.良一君はセックス専用ロボット
11.盗撮カメラで覗かれて
12.名犬ピーチと出会う
13.マンホールから地上にでる
14.四つ葉学園に入学
15.ホームルームの後は数学とパソコン実習
16.チアリーダー部は戦闘集団
17.本当の幸せは太陽の下
18.城の塔に昇って太陽を確かめる
19.怪物の触手から逃げて百合ちゃんの家に戻る
20.彩香ちゃんの家庭教師の勇二君が助けに来た
21.捕まって牢獄に監禁さた勇二君を見つける
22.通風口から脱出して地上に戻る
23.地上に出ると出会い系喫茶の店の中
24.ナンパされて神社の境内に連れ込まれる
25.SM倶楽部でショーの舞台に出る
26.SMショーで本番中出輪姦調教
27.神社の境内のトイレでアナルレイプ
28.痴漢に捕まってラブホテルに連れ込まれる
29.神社の境内で輪姦調教
30.ファンの男の子に追いかけられSM倶楽部に逃げ戻る
31.学園祭のお化け屋敷の中で彩香ちゃんが目を覚ます

17.本当の幸せは太陽の下

あらすじ
 百合ちゃんに誘われて歌舞伎町のラブエンジェルズにカラオケをしに行った。待っていたのは良一君。カラオケの最中に百合ちゃんが隣の調教部屋に気が付いた。気持ちよくさせてと百合ちゃんが良一君にせがむのを聞いて彩香ちゃんが必死で止めた。

 チアリーディングのラブエンジェルズの練習も終わったので取りあえず更衣室に戻って、四つ葉学園の制服に着替えることにした。
 彩香ちゃんがもう一度江実矢君のブラジャーを緩めようとしてみたが、やっぱり駄目だった。
 江実矢君は息苦しそうにしてるけど、当面は諦めるしかなさそう。
 教室に戻ってみたけど、女の子達はもう帰ったみたいで人影は見あたらない。
 四つ葉学園の裏門を出ようとしたときちょうど百合ちゃんが門の側から駆け寄ってきた。
 三人が着替えを済ませるのを待ってたらしい。
「あの、ちょっと聞きたいことが有るんだけど」と百合ちゃんが恐る恐る江実矢君に話しかけてきた。
 もしかして江実矢君が男の子だとばれちゃったんだろうか。
 それとも三人が他から連れて来れて、他の女の子達と違うってことがばれたんだろうか。
 有紀は急に心配になって、胸がぎゅっと締め付けられた。
「ねえ恵美ちゃん。歌舞伎町って行ったことある」と百合ちゃんに言われて有紀は百合ちゃんが江実矢君から何を聞き出したいんだろうかと不安で一杯になった。
「うん、知ってる」と江実矢君が仕方なく小さい声で返事をすると百合ちゃんは「ビデオチャットが出来る店があるって聞いたんだけど」と聞いてきた。
「ラブエンジェルって名前の店なんだけど」と百合ちゃんに言われて有紀も成る程と百合ちゃんが聞きたいことの見当が付いた。
「ラブエンジェル」というのは四つ葉学園のチアリーダーチームの名前だ。
 それと同じ「ラブエンジェル」という名前のビデオチャットの店があるなんて、なんだか不思議な気がするのは当たり前だ。
「ビデオチャットするほかに何ができるのか恵美ちゃん知ってたら教えて」と百合ちゃんに聞かれて江実矢君は困った顔。
 ラブエンジェルは出会い系喫茶で、女の子の部屋を覗き見する仕掛けになってる。
 それにラブホテルみたいなベッドがの有る部屋が奥にあるなんて、うっかり百合ちゃんには話せない。
 ラブエンジェルの有る歌舞伎町は書き割りで作った変な街で、この街と繋がってるかどうかも判らない。
「場所はしってるけど、入ったことがないから判らないの」と江実矢君が上手く誤魔化して答えた。
「じゃあ、これからみんなで言ってみましょうよ」と百合ちゃんが言い出した。
 百合ちゃんの様子ではこれから歌舞伎町の出会い軽喫茶「ラブエンジェル」にみんなで一緒に行きたいということらしい。
 どうやら百合ちゃんは一人で行くのが怖くて三人を誘ってるらしいと有紀にも見当がついた。
 本当はラブエンジェルがどんな店かも大体は知ってるに違いない。
 確かに女の子一人で行くような店でもないし出会い系喫茶に行きたいなんてなかなか言い出せる話しでもない。
 もしかして百合ちゃんが行こうと誘ってるのはこの変なロボット実験場じゃなくて本当の歌舞伎町にある店かもしれない。
 それなら百合ちゃんと一緒にこの世界から抜け出してもとの地上に戻れるかもしれない。
「いいわよ、みんなで一緒に行きましょう」と彩香ちゃんが提案すると、百合ちゃんは嬉しそうな顔をした。
 百合ちゃんに案内されて、四つ葉学園の裏手にでると大きな壁に門が見える。
 四つ葉学園からも歌舞伎町に通じる門があると判って有紀は急にまた不安な気持ちになった。
 この四つ葉学園は昨日は看板を並べただけの書き割りの学校だったのに今日になったら本物の建物に変わってた。
 もしかしてこの歌舞伎町に通じる裏門を通り抜けると、本物の地上の町に戻れるかもしれない。
 この世界はきっとディズニーランドみたいに大きな建物の中に作ってあって、外に出たら普通の街角が広がってるのかもしれない。
 もしかしてという僅かな期待だけど、絶対あり得ないことでも無いはず。
 不安な気持ちと期待する気持が入り交じって有紀は気持が落ち着かなくて息苦しくなった。
 彩香ちゃんが先に裏門を開けて、夜の歌舞伎町の町を確かめた。
 昨日と同じ夜の町の光景が広がってるけど、建物は昨日と違って本物らしい作りだ。
 もしかして本当の歌舞伎町に出たのかと思っては見たけど、辺りを見回してみるとやっぱり変だ。
 大通りには人通りはなく、どこを見ても静かで車も走ってない。
 本当の歌舞伎町なら、夜中にこんな静かな訳がない。
 そらを見上げてみたけど、夜空に見える星はやっぱり電球みたいな色だ。
 ともかくラブエンジェルズの店に行ってみるしかない。
 しばらく大通りを歩いて行くと、ラブエンジェルズの看板が見えてきた。
 ちょうど入り口を入ろうとしたときいきなり男の子が看板の影から出てきて「よく来たね」声を掛けられた。
 見覚えのある顔立ちは昨日出会った良一君に似ている。
 昨日は見かけたのはどっか故障してるロボットだったけど、今度は本物の良一君らしくて見た目は普通の男の子だ。
 百合ちゃんが「はじめまして」と良一君に挨拶してるけど初対面でもないらしい。
 良一君も「君が百合ちゃんだね」と百合ちゃんの名前を知ってる。
「じゃあ、みんなでカラオケしようか」と良一君が百合ちゃんに話しかけたので有紀にもようやく事情が見えてきた。
 良一君は百合ちゃんとビデオチャットで仲良くなって、それで良一君がこの歌舞伎町で一緒にカラオケをしようと誘ったらしい。
 百合ちゃんは歌舞伎町は来たことがないし、二人きりでカラオケをするのも不安なのでみんなで一緒に良一君に会いに来たという寸法だ。
「さあ、こっちだから」と良一君がラブエンジェルズの店に入ろうとしたけど、これはやっぱり危ないと有紀は思った。
 この店では奥の部屋でカラオケは出来るけど部屋にはベッドも置いてあって怪しげな店だ。
 うっかり良一君とカラオケなんかしたら、またこの間みたいな事になっちゃうかもしれない。
 だいたい良一君が百合ちゃんをカラオケに誘ったこと自体下心が丸見えだ。
 良一君が百合ちゃんの手をとってラブエンジェルの入り口を入ろうとしたとき彩香ちゃんが「あの、」と何か言おうとした。
「君たちは帰ってもいいよ」と良一君が振り返りながら彩香ちゃんに言葉を投げた。
 このまま良一君と百合ちゃんを二人っきりになんかしたら危ない事になる。
 しかたなく三人は良一君と百合ちゃんと一緒にラブエンジェルでカラオケをすることにした。
 店の受付の前で男の子の部屋の入り口に入ると、女の子の部屋がマジックミラー越しに見えた。
 百合ちゃんが「あれっ」と言う顔をして店の奥を見つめた。
 誰か居るのかと思って百合ちゃんの視線の先を確かめると、四つ葉学園の制服を着た女の子がマジックミラーの向こうに座ってる。
「久美ちゃん」と百合ちゃんが半分言いかけたけど、途中で言葉がとぎれた。
 百合ちゃんが良一君とこの店に来てるのがばれると都合が悪いらしい。
 良一君も慌てたようすで、すぐに奥のカラオケのある部屋に行こうとして百合ちゃんの手を引っ張った。
 カラオケルームに入ると中央に大きな丸いベッドが置いてある。
 普通の女の子だったらカラオケに誘われてベッドが置いてあるのを見たら尻込みするはずだけど百合ちゃんは平気な顔。
 百合ちゃんは男の子と付き合った経験がないらしい。
 男の子と二人っきりでベッドの置いてある部屋に入るってことは普通だったら何をされてもオッケーと言う事だ。
 さっそく百合ちゃんがマイクを取るとカラオケ装置のキーボードを叩いた。
 得意な曲の番号は暗記してるらしくて、すぐに伴奏の音楽が流れ出した。
 最近流行のAKBの曲だ。
 出だしのイントロのあと百合ちゃんが曲に合わせて歌い出したけどめちゃめちゃ上手だ。
 それに百合ちゃんはチアガールだから踊りだって完璧。
 次に良一君が歌ったけど良一君も完璧に上手。
 これじゃあ恥ずかしくて彩香ちゃんはとても歌えない。
 しょうがないから三人一緒に乃木坂の「おいでシャンプー」を歌うことにした。
 踊りなんかできないけど、三人で体を寄せ合って腰を振るとなんとなく乃木坂の歌振りに見える。
 彩香ちゃんが途中の間奏で乃木坂みたいにスカートを捲ろうとしたけど、そんなことしたらパンティーが丸見えになっちゃうので諦めたみたい。
 しばらくマイクの前で三人で体を寄せ合って歌ってると、ソファーに並んで座っていた良一君が百合ちゃんの耳元で何か囁いてる。
 どうもおかしいと思ってると、良一君の手が百合ちゃんの膝頭をくすぐるようになで始めた。
 良一君が百合ちゃんを口説いてるらしくて、百合ちゃんの耳元で良一君が「こんな可愛い娘と知り合えて最高に幸せだぜ」と小声で囁いてる。
 これは不味いことになったと思ったけど、百合ちゃんは嫌がる様子もない。
 良一君はすぐ百合ちゃんに唇を寄せてキスをしてる。
 せっかく百合ちゃんが良一君に口説かれてるのを邪魔するのも悪い気がした。
 女の子にとっては男の子に口説かれるのは最高に幸せなこと。
 それをじゃましたら百合ちゃんに一生恨まれちゃうかもしれない。
 歌が終わってしまいそうになって、彩香ちゃんはもう一度「おいでシャンプー」の歌を繰り返し歌い始めた。
 良一君は次第に大胆になって、百合ちゃんのスカートの奥に指を差し入れた。
 百合ちゃんの制服のタータンチェックのスカートがめくれ上がって、白いパンティーが丸見えだ。
 江実矢君もとても見ていられなくて下を向いて目をそらせてる。
「あ、ぁ」と小さく百合ちゃんの喘ぎ声が聞こえて有紀もとても見ていられなくて目をそらせた。
 良一君の手のひらが百合ちゃんの胸を押し回すと、百合ちゃんは体から力が抜けてもう逆らえない。
 こうなったら百合ちゃんは良一君の言いなりだ。
 目の前で良一君が百合ちゃんを抱きかかえてベッドに押し倒して体を重ねた。
 三人に見られてるのが判って居るのに良一君も百合ちゃんも全然恥ずかしいとも思わないらしい。
 良一君の舌が百合ちゃんの首筋を嘗めながら、脇腹をくすぐるようにして指先を震わせてるのが見えた。
 昨日のロボットの良一君もテクニックが抜群だけど、この本物の良一君もとんでもなくテクニックが上手い。
 あっという間に百合ちゃんが体を捩らせると、喉の奥から吐き出すような喘ぎ声を上げて首を左右に振り始めた。
 良一君が百合ちゃんの足を開かせて、腰を百合ちゃんの股の間に割り込ませた。
 ゆっくりとした動きで良一君の腰が上下に動き出すと、何度も腰を強く引きつらせた。
 良一君の腰の動きに合わせて百合ちゃんは自分から足を大きく開くと、腰を上下に振り始めた。
 不意に「あっ」と小さな声が有紀の耳元で聞こえた。
 振り向くと彩香ちゃんが江実矢君の体とぴったりと向き合って押しつけ合ってる。
 彩香ちゃんが良一君と百合ちゃんの濡れ場を見ていて我慢できなくなって江実矢君に抱きついたんだ。
 彩香ちゃんはFカップの巨乳を江実矢君の胸に押し付けて江実矢君を抱きしめながらそのままベッドに押し倒した。
 すぐ横では良一君と百合ちゃんが体を重ねて二人一緒に上下に腰を振ってる。
 江実矢君が揺れるベッドに背中を押しつけられて苦しそうにしている。
 ブラジャーがきついから息をするのが苦しいんだと見ていて有紀にも判った。
 江実矢君は彩香ちゃんを抱きかかえて体を一回転させた。
 彩香ちゃんも一緒に体を入れ替えると今度は江実矢君が彩香ちゃんの上に体を重ねる姿勢になった。
 江実矢君も男の子だから自分が何をしたらいいのか判ってるらしい。
 江実矢君がキスしながら彩香ちゃんの脇腹をくすぐると彩香ちゃんが頭を振って体を捩らせた。
 彩香ちゃんはもう我慢できなくて自分から足を開いて腰を振り始めてる。
 江実矢君はアンダースコートを履いたまま男の子の大事な物を彩香ちゃんの腰に押しつけてこすり始めた。
 彩香ちゃんは期待で胸が一杯になって夢中で江実矢君にしがみついた。
 江実矢君が彩香ちゃんの上から腰を一杯に押しつけるとベッドが大きく揺れた。
 すぐ横で百合ちゃんの体の上で腰を振っていた良一君の体が揺れてベッドから転げ落ちそうになった。
 良一君が横を向くと百合ちゃんも不思議な顔をして彩香ちゃんと江実矢君が抱き合ってる様子を見つめた。
 江実矢君は男の子だけど、今は四つ葉学園の制服を着ていて女の子の格好だ。
 男の子と女の子が恋をするのは当たり前だけど、女の子同士が抱き合って居るのを見て不思議がってるらしい。
 良一君は江実矢君のアンダースコートから伸びている足をじっと見つめていて何だか目つきが変だ。
 江実矢君の足は色白で細いから女の子から見ても女らしくて魅力的に見える。
 だけど成熟した大人の魅力とは違う、未熟な少女も思わせる魅力だ。
 それに比べたら百合ちゃんはダンスで鍛えた体は太股がしっかりと太くて大人の体だ。
 男の子の良一君が見たら百合ちゃんの方がずっと女らしいはず。
 百合ちゃんもなんで良一君が江実矢君の事をじっと見つめてるのか訳が分からずにじっとしてるだけ。
 急に良一君が体を起こすと彩香ちゃんの上に体を重ねている江実矢君の足元に膝を付いて屈み込んだ。
 百合ちゃんは何が起きてるのか判らずに、きょとんとした顔をしてる。
 良一君の指先が今度は彩香ちゃんの開いた腿の内側を撫で始めた。
 右の膝頭を指先でくすぐるように撫でてから、腿の内側を伝って左の膝頭まで指を動かしてくる。
 すぐに逆方向に腿の内側に軽く触れながら指先を動かすテクニックは見ていても感心してしまう。
 良一君の指先が彩香ちゃんの敏感な所を探り当てると彩香ちゃんは頭を左右に振りながら体を何度も仰け反らせた。
 指先の動かし方を少しづつ変えながら、敏感な所を巧みに責められて彩香ちゃんは自分から腰を振り始めた。
 良一君の指先が彩香ちゃんのパンティーの下に差し入れられると手首を震わせて彩香ちゃんの一番感じる所を責め始めた。
 すぐに彩香ちゃんが体を震わせて泣きじゃくる声が有紀の耳に届いてきた。
 よっぼど良一君のテクニックが上手いらしい。
 良一君は彩香ちゃんを責めると同時に江実矢君の腿の内側をそっと撫で始めた。
 女の子だったら腿の内側はくすぐられるとすぐに感じて来ちゃう敏感な所。
 上手にくすぐられたら体から力が抜けて男の子に何をされても逆らえない。
 だけど江実矢君は男の子だ。
 腿の内側を責められたって、女の子が感じるように気持良いはずがない。
 江実矢君は必死になって我慢してるけど、くすぐったいらしくて腰が小刻みに震えてる。
 良一君も江実矢君が普通の女の子とは反応が違うらしいと気づいたみたいだけど腿の内側を責めるのを止めようとはしない。
 江実矢君の腰がピクンピクンと痙攣を続けると、良一君は今度は江実矢君のお尻を手のひらで握りしめながら揉み始めた。
 アンダースコートの上からお尻を揉まれると、ピッチピチのアンダースコトがお尻に食い込んで男の子の大事な所が締め付けられるらしい。
 こうなると江実矢君は困ってどうしたらいいのか判らずに、体をくねらせて彩香ちゃんに抱きついた。
 きつく胸を締め付けるブラジャーのせいで江実矢君は息が苦しそう。
 江実矢君は気を失ないかけて体から力が抜けて彩香ちゃん上に覆い被さった。
 良一君は江実矢君が気持ちよくて失神したと思いこんでるらしい。
 江実矢君のアンダースコートを脱がそうとして良一君が指先をアンダースコートの腰に差し入れた。
 これは大変なことになると彩香ちゃんも気が付いたらしい。
 慌ててベッドの枕元にあるスイッチに手を伸ばして何でもいいから適当に押してる。
 ベッドが上下に揺れながらゆっくりと回り始めると、部屋の中が暗くなった。
 部屋の正面のマジックミラーが透明になると、隣の部屋が丸見えになった。
 薄暗いレンガ造りの壁で囲まれた部屋には大きな十字架が置いてある。
「なにこれ」と百合ちゃんが大声で叫んだのを聞いて、良一君が頭を上げてた。
「なんなのよこれ」ともう一度百合ちゃんが良一君に聞き直した。
 良一君はこの出会い系喫茶の事はよく知っているはず。
 この変な部屋を何に使うかも良一君は知ってるはずだが、どう説明していいのか言葉に困ってるみたい。
「その、つまり」と口ごもってから「女の子が気持ちよくなれる部屋なんだ」と適当に言葉を並べて言い逃れをした。
「気持ちよくなるって、どうゆうこと。私も気持ちよくなれるの」と百合ちゃんに言われて良一君は仕方なく「うん」と答えた。
「じゃあ、私を気持ちよくさせてよ、良一君なら出来るんでしょう」と百合ちゃんにせがまれて良一君は断れない。
 良一君がベッドの枕元のスイッチを入れると、マジックミラーの壁が左右に自動ドアみたいに開いた。
 カビ臭くてほこりっぽい空気がベッドルームに流れ込んできた。
 百合ちゃんがベッドから降りてレンガ造りの部屋の中央の十字架に歩み寄った。
 十字架はバッテン印に成っていて、手と足を縛り付ける皮の道具が四隅についてる。
 壁際には棚があって、鞭らしい道具が色々と置いてある。
 百合ちゃんは棚に歩み寄ると鞭の一つを手に持って確かめている。
 鈴木先生がいつも持っている鞭に似て、細長くて手元が太い。
「これ、どうするの」百合ちゃんが良一君に聞いた。
「これで叩くと気持ちよくなるんだよ、試してみようか」と良一君が言い出したのでこれは不味いことになりそうだと有紀は心配になった。
 男の人に女の子が鞭で叩かれて気持ちいいなんて、普通の女子高生のすることじゃない。
 よっぽどの変態でなければそんなことされて気持いいはずがない。
 だけどここは普通の世界じゃないから、何が起こるか判らない。
 鈴木先生が使っている鞭は叩かれると気持ちよくなる特別製の鞭だ。
 ここに置いてある鞭も、特別に女の子が気持ちよくなる仕掛けがしてあるに違いない。 百合ちゃんだってこの良一君に鞭で叩かれたらきっと気持ちよくなっちゃうはずだ。
 百合ちゃんは十字架に歩み寄ると、両手を広げて十字架に体を貼り付けて「これでいいの」と良一君に聞いた。
「うん、それでいい、じっとしてるんだ。動いちゃだめだ」と良一君が言うと、鞭を振り上げた。
 最初に軽く鞭をしならせて床を叩いた後、もう一度良一君が大きく鞭を振り上げた。
 良一君が百合ちゃんを鞭で叩こうとしたその瞬間に「だめよ、ぜったいだめ」と彩香ちゃんが大声で叫んだ。
 百合ちゃんが振り返って彩香ちゃんの顔を見つめると「彩香ちゃんも、叩かれたいんでしょう」と言い出した。
「そんなんじゃないの、絶対だめ」と彩香ちゃんがまた大声で叫ぶと良一君に駆け寄って鞭を取り上げようとした。
 良一君は一歩さがると、鞭を小さく手首を使ってくねるように動かした。
 鞭の先が彩香ちゃんの足首に絡みつくと、彩香ちゃんは足がもつれて四つんばいに床に倒れ込んだ。
 彩香ちゃんは慌てて立ち上がろうとしたが、すぐに良一君の鞭が彩香ちゃんのお尻に叩きつけられてきた。
「ヒィーーー」と声にならない叫びを上げて、彩香ちゃんは全身を震わせた。
 もう一度今度は軽く鞭の先が彩香ちゃんの太股をかするように触れると彩香ちゃんは腰が抜けたみたいに動けない。
「もっと気持ちよくしてやるぜ」と良一君が意地悪そうな口調で呟くともう一度鞭を大きく振り上げた。
 彩香ちゃんが四つんばいのまま這って逃げようとすると、良一君の鞭がまた彩香ちゃんのお尻に叩きつけられてきた。
「ウギャーーー」とうめき声を上げると、彩香ちゃんは痛みで顔が引きつって脂汗をかいてる。
 良一君がまた鞭を振り上げたとき、江実矢君が彩香ちゃんに駆け寄った。
 彩香ちゃんのお尻を隠すように江実矢君が彩香ちゃんの上に覆い被さるとセーラー服のスカートがめくれ上がって、アンダースコートが丸見えになった。
 良一君の鞭が江実矢君のお尻に振り下ろされると、江実矢君は痛くて体を震わせて声もでない。
 良一君が鞭の先を江実矢君のお尻の上に垂らそうとしたので、有紀は必死で後から良一君に抱きついた。
 江実矢君の大事な所を鞭責められたら、それこそ大変だ。
 なんとか有紀が良一君を止めるしか方法はない。
 良一君はすぐに有紀の体を押しのけると鞭の先を有紀の足首に絡ませて有紀を床に押し倒した。
 有紀のお尻にすぐに良一君の鞭が叩きつけられてくると、有紀は痛くて失神しそうになった。
「はやく、私を叩いてよ、気持ちよくさせてくれるんでしょう」と百合ちゃんが良一君にせがんだ。
 百合ちゃんが有紀や彩香ちゃんを助けようとして言ってるんだと思ったけど、そうでもないみたい。
 本当に百合ちゃんは自分も鞭で叩かれたいと思ってるらしい。
「だめよ、そんなことしたって幸せには成れないのよ、百合ちゃん幸せになりたいんでしょう」と彩香ちゃんが必死で百合ちゃんを止めた。
「幸せってなに、気持ちいいことでしょう」と百合ちゃんが彩香ちゃんに言い返したのを聞いて有紀は訳が分からなかった。
「気持ちよくても、幸せには成れないの、本当の幸せはそんな事じゃないの」と彩香ちゃんが必死で説得したけど百合ちゃんはやっぱり訳が判らない顔をしてる。
「こんな、薄暗い所に居たって幸せには成れないのよ、本当の幸せは明るく輝く太陽の下でないとだめなの」と彩香ちゃんがなんとか説明しようと言葉を続けた。
「明るい太陽なら知ってるよ」と横で聞いていた良一君が言い出した。
「本当」と彩香ちゃんははっとした顔で良一君に聞き直した。
 もしかしたらこの良一君地上にでる方法を知ってるのかもしれない。
「本当に明るくてまぶしい太陽の有る所に行ったことあるの」と彩香ちゃんが良一君にもう一度聞いた。
「うん、エレベータですぐいけるよ」と良一君が答えた。
 まぶしい太陽のある場所と言えば地上しかない。
 これでこのロボット実験場から逃げられると有紀は期待で胸が一杯になった。
 彩香ちゃんもこれで助かると思ってほっとしたらしくて表情が明るくなった。
 江実矢君はブラジャーがきついせいか、相変わらず息苦しそうな顔だ。
 彩香ちゃんはやっとの事で立ち上がると、江実矢君のスカートのお尻が捲り上がってるのを直してから有紀に抱きついてきた。
 鞭で打たれたのがよっぽど痛かったらしくて、彩香ちゃんの体は小刻みに震えてる。
 有紀は彩香ちゃんの気持が落ち着くまで背中を何度も繰り返し撫で続けた。
「そんなに気持いいなら、私も叩いて欲しかったのに」と百合ちゃんが不満そうに良一くんにこぼした。
 それを聞いて彩香ちゃんの目から涙がこぼれてきた。
 百合ちゃんが良一君に抱きついてキスしようとすると、良一君が百合ちゃんの体を押しのけた。
 百合ちゃんは不満そうにほっぺたを膨らませたが、良一君は江実矢君の事が気になるらしい。
 こうなると誰が誰を好きなのかさっぱり判らなくて三角関係どころか四角や、五角で訳が分からない。
 彩香ちゃんの体が次第に落ち着いてきたので良一君が「じゃあ、行こうか」と合図した。

16.チアリーダー部は戦闘集団<< ページトップ >>18.城の塔に昇って太陽を確かめる

女子高生援助交際アダルトビデオ

流出 東京援交女子高生 映像ファイル 年間250人の女子高生と「援助交際」を繰り返す男の記録
援助交際ハメ撮り投稿集 2枚組8時間
流出匿名撮影 素人美少女援交一夜の過ち 2
援交女子校生 悶絶生中出し4時間 [DVD]
超 素人援交生中出し 5時間 [DVD]
神待ち家出女子校生を自宅に連れ込んで中出しセックスを繰り返した男の記録 カルマ [DVD]