長編官能小説 彩香スペシャル〜三姉妹監禁志願

by七度柚希

目次

1.学園祭のお化け屋敷
2.三次元スキャナーで身体測定
3.ロボットダンスコンテスト
4.テレビのドキュメンタリー番組に出演
5.喫茶店でビデオチャット
6.SM倶楽部で強制調教
7.メイド喫茶でアルバイト
8.タコイーカ財団に拉致される
9.ロボット実験場に監禁
10.良一君はセックス専用ロボット
11.盗撮カメラで覗かれて
12.名犬ピーチと出会う
13.マンホールから地上にでる
14.四つ葉学園に入学
15.ホームルームの後は数学とパソコン実習
16.チアリーダー部は戦闘集団
17.本当の幸せは太陽の下
18.城の塔に昇って太陽を確かめる
19.怪物の触手から逃げて百合ちゃんの家に戻る
20.彩香ちゃんの家庭教師の勇二君が助けに来た
21.捕まって牢獄に監禁さた勇二君を見つける
22.通風口から脱出して地上に戻る
23.地上に出ると出会い系喫茶の店の中
24.ナンパされて神社の境内に連れ込まれる
25.SM倶楽部でショーの舞台に出る
26.SMショーで本番中出輪姦調教
27.神社の境内のトイレでアナルレイプ
28.痴漢に捕まってラブホテルに連れ込まれる
29.神社の境内で輪姦調教
30.ファンの男の子に追いかけられSM倶楽部に逃げ戻る
31.学園祭のお化け屋敷の中で彩香ちゃんが目を覚ます

11.盗撮カメラで覗かれて

あらすじ
 彩香ちゃんが江実矢君にフェラチオしようとした時、ベッドルームの天井に盗撮用のカメラが設置してあるのを見つけた。ベッドルームでの出来事は全部盗撮されていたらしい。どこか他に休める場所を探すしかない。

 しばらくして彩香ちゃんもやっと気持が落ち着いてきたみたい。
 江実矢君に抱きかかえられて彩香ちゃんがやっとベッドから起きあがると有紀は良一君の様子を確かめてみた。
 良一君は床に寝たまま動く様子もない。
 これはちょうどいいと思って有紀は足音を立てないようにそっとドアまで歩いた。
 彩香ちゃんも江実矢君と一緒に忍び足で部屋から逃げ出すとドアを閉めようとした。
「ギィー」とドアの軋む音がしたとき部屋の中から「たすけてくれー」と弱々しい声が聞こえてきた。
 良一君が助けを呼んでるんだは判ったけど、そんなこと知った事じゃない。
「どっか打ち所が悪かったんじゃないの」彩香ちゃんが言うので、有紀もたぶんそうだと思って廊下を歩き始めた。。
「エネルギーが切れたんだ、死んじまう、お願いだ助けてくれ」と良一君はか細い声で言い続けてる。
 ドアを少し開けて部屋の中を覗いて見ると「死ぬのはやだ、死にたくない」と良一君が呟いて頭を振った。
 もしかして本当にこのロボット死んでしまうのかもしれない。
 このロボット実験場で見かけたのはこの良一君とさっきの百合ちゃんだけだ。
 本当にこのロボットに死なれたらこの世界のことをいろいろと聞き出すこともできなくなっちゃう。
 これはひとまず良一君を助けて恩を売るのが得策かもしれない。
「エネルギーってなんのことよ」と彩香ちゃんが有紀に聞いたけど、有紀にも判らない。
「この事じゃないかな」と江実矢君がポケットからさっきのドリンク剤のパックを取りだして彩香ちゃんと有紀に見せた。
 確かにパックにはラブエネルギーと書いてある。
 部屋の中にもどって良一君の様子を確かめると、良一君はもう何も言わない。
 動かなくなった良一君の口にエネルギーパックの先を突っ込んで中身を押し出してみると中身が口から吸い込まれていく。
 一パック全部中身がなくなって良一君がどうなるのか具合を見ていると何だかピーと音がした。
 急に良一君の顔が彩香ちゃんの方に向くと「いや、今晩は、君可愛いね、一緒にカラオケしないか」と誘った。
 元気になったのはいいけど、またカラオケに誘われちゃうってのも困ったもんだ。
「初めまして、私、カラオケ大好き」と急に部屋の隅から大声が聞こえてきて三人は声の方を振り返った。
 部屋の隅にパソコンが置いてあって、そこから声がしてきたらしい。
 彩香ちゃんがパソコンに近寄って確かめてみると、パソコンからビデオチャットができるらしい。
「そうだ良い考えがあるわ」と彩香ちゃんが急に両手を叩いて嬉しそうな顔をした。
 彩香ちゃんが両手を叩くのはだいたい、変なアイデアを思いついたときだけど今は変なアイデアでもなんでもいい。
「ね、あなたビデオチャットってやったことある」と彩香ちゃんが良一君の耳元で大声で聞いた。
「ビデオチャットなら、得意、カラオケも得意だけど、ビデオチャットも得意」と良一君が相変わらず陽気な口調で返事をした。
「じゃ、これからビデオチャットしましょうね、みんなで楽しくビデオチャットするの」と彩香ちゃんが言うと「さあ、連れてくのよ、さっきの女の子の部屋」と有紀に話しかけてきた。
 さっきの女の子の部屋というのはあの出会い系喫茶の女の子の部屋らしい。
 確かにあそこなら、ビデオチャットだろうが、カラオケだろうがいくら大声をだしても、ここまで聞こえてなんか来ない。
 さっそく有紀と彩香ちゃんが良一君の両方の腕を取って、江実矢君が良一君の背中を後から持ち上げた。
 良一君を立たせると、あとは両手をひっぱりながら「さあ、楽しいビデオチャット、みんなで楽しいビデオチャット」と彩香ちゃんがかけ声をかけながら良一君を歩かせた。
 良一君はまるでお酒にでもよっぱらったような千鳥足で「ビデオチャット大好き、得意なんだ」と声を上げながら歩き始めた。
 細い通路を通ってマジックミラーのある男の部屋を通り過ぎ、受付に戻ると良一君を手近なパソコンの前に座らせた。
 良一君はパソコンの扱いには慣れてる様子で、すぐにマウスを握るとメニュー画面から相手の女の子を選んでる。
「今晩は、初めまして」と女の子の声がスピーカーから聞こえてきた。
「今晩は初めまして、君、可愛いね、カラオケしないか」と良一君がさっそくビデオチャットを始めた。
 これでもう大丈夫と、三人はこっそり部屋からでた。
 受付の横を通ってマジックミラーのある男の部屋を通り過ぎると、良一君がビデオチャットしてる様子がマジックミラー越しに見える。
 良一君は足を大きく開いて、身体を左右に振りながら陽気な顔でビデオチャットをしてる。
 大声で歌ってるようだけど、マジックミラー越しには歌声は聞こえてこない。
「さあ、戻って寝ましょう、これなら大丈夫」と彩香ちゃんが言うので、さっそく三人はもとのベッドルームに戻ることにした。
 さっき寝ようとしていたベッドルームのドアまでくると「ねえ、あっちの部屋の方がベッド大きかったわよね」と彩香ちゃんが言いだした。
「三人で一緒に寝られるわよね」と彩香ちゃんに言われて有紀も成るほどと思った。
 三人一緒に手を繋いで寝れば江実矢君を一人ソファーで寝させるよりもずっと安心だ。
 さっそく奥の部屋に入ってみると、パソコンから声が聞こえてくる。
 さっきの良一君が誰か女の子とビデオチャットしてるらしい。
 ロボットの良一君がビデオチャットでどんな風に女の子を口説いてるのか有紀は気になった。
 彩香ちゃんも同じ事を思ったらしくて、パソコンを操作してスピーカーの音を大きくした。
「今付き合ってる男の子とか居るのかな」と良一君が女の子に話しかけてる声がスピーカーから聞こえてきた
「いま彼氏いないんです」と女の子が答えると「じゃあ、寂しいよね、寂しい時ってどうしてるの」と良一君が話しを続けた。
「寂しいときですか、ビデオチャットしてます」と女の子が答えると「寂しい時って一人でしたくなることがあるよね」と良一君がエッチな話題を向けた。
 女の子が黙っていると「気持ちいいこといつもしてるよね、いつもどうやってるの」と話しはどんどんエッチな方に続いていく。
 女の子が足を広げると、パソコンの画面に白いレース模様のパンティーが映った。
 テレビゲームのグラフィックみたいな画像は色気なんかありもしない。
 女の子が「あっ、あ、だめ、許して」と喘ぎながら小さく叫ぶ声が聞こえてきた。
「これって、ナンパよね」と彩香ちゃんが呆れた顔で呟くと有紀の手を握った。
 急に画面が変わると紫色の部屋の中に、女の子と良一君が裸で向かい合ってる画面が映った。
 グラフィック表示の画面はまるでテレビゲームでも見てるよう。
 二人とも体の大きさは同じくらいで、女の子は胸が大きく膨らんでる。
 良一君の股間には男の子の大事なものがくっきりと見える。
 大きくそそりたった形はとても信じられないくらいに立派で色も紫色だ。
 女の子が良一君の前に膝をついて座ると良一君の大事な物に口を近づけた。
 画像が急に大写しになると、良一君の大事な物が画面一杯に映った。
 良一君の大事なものが三次元の立体画像ですぐ目の前に飛び出して見えて有紀は思わず息を飲んだ。
 丸みを帯びた不思議な形の先端から繋がる、細くくびれた長い竿の根元には不気味な膨らみがある。
 本物が目の前にあるとしか思えないほど実物そっくりの画像を見て有紀は声も出なかった。
 良一君が腰を前後に動かすと、大事な物がピクンと目の前で何度も反り返った。
 女の子が口をいっぱいに開くと、舌先を突き出して男の子の大事な所の先端の膨らみを嘗め始めた。
 フェラチオをしてるんだと有紀にもすぐ判ったけど、これは大変だ。
 こんな画像を男の子の江実矢君になんかとても見せられない。
 彩香ちゃんがパソコンの画面を切り替えるといきなりスピーカーから「ああ、あ、イクー」という女性の絶叫が響いてきた。
 パソコンの画面になにが映っているのかすぐには判らなかったけど画面の中央に太い棒のような物が見える。
 紫色の太い棒は、激しく上下に動き続けて肌色をした物が震えながら一緒に動いてる。
 薄く灰色がかった影が、太い棒の先に見えてるけど一体なにがどうなってるのか判らない。
「ああ、、イクー、またイッちゃうー」とまた女性の叫ぶ声が部屋に響いた。
 有紀はやっと目の前のテレビに映ってるのが何なのか気が付いて体が震えてきた。
「彩香ちゃん。これ、」と有紀が半分言いかけると彩香ちゃんもパソコンの画面に映ってるのがなんだか判ったみたい。
 いそいで彩香ちゃんが画面を切り替えると、ビデオチャットのメニュー画面が映った。
 彩香ちゃんがパソコンの音を消すと、部屋の中はシーンと静かになって物音一つしない。
「私だってフェラチオ大好きなのよ、なんでこんな事になるの」と彩香ちゃんが呟くと急に涙を流して泣き出した。
 過激なビデオを見たショックで、気持が動転して何をいってるのか自分でも訳が分からなくなっちゃったみたい。
 有紀がそっと彩香ちゃんの背中を撫でると、少しづつ彩香ちゃんの息が落ち着いてきた。
 しばらくして彩香ちゃんがようやく泣きやむと、有紀はベッドに腰を掛けてみた。
 ふかふかのベッドは随分と広くて普通のベッドの三つ分くらいある。
 これならゆっくりと休めそうだと有紀は嬉しくなって彩香ちゃんに微笑んだ。
 彩香ちゃんもすぐベッドの上に横になると、ベッドの寝心地を確かめた。
 三人で一緒にベッドで寝ていれば、何かあっても安心だ。
 真ん中に体の大きな彩香ちゃんが寝て、その両脇に江実矢君と有紀が横になった。
 三人が両手を広げて、手を繋いでもまだ余るほどベッドは大きい。
 彩香ちゃんは安心したのか何度もベッドの上で身体を揺すると横に並んだ江実矢君と有紀の身体も一緒に揺れた。
 彩香ちゃんが手探りで枕元のスイッチを消すと、部屋全体が薄暗くなった。
 このまま三人でぐっすり眠って、朝になったら全部夢だったらいいのにと思いながら有紀は目をつぶった。
 江実矢君の寝息が聞こえてくると有紀は彩香ちゃんと二人っきりだったらもっと良いのにとふと思った。
 江実矢君のすやすや眠る寝息を聞いているとなんだか胸が一杯で不思議な気分。
 目をつぶって静かに寝ようとしているとベッドが上下に微かに揺れてる。
 何だろうと思って彩香ちゃんの様子をよく見ると、彩香ちゃんの手が彩香ちゃんの大事な所を指で探ってる。
 息を吐き出しながら腰を上下に動かす彩香ちゃんの仕草を見て、有紀なにをしてるんだろうと気になった。
 喉の奥からこみ上げてくる彩香ちゃんの吐息を聞いてやっと有紀にも彩香ちゃんがなにをしてるのか気が付いた。
 さっき良一君にあれだけ責められて気持ちよくなって、その上さっきはパソコンの画面で男の子の大事な所を大写しで見たら女の子だったら誰だって変な気分になっちゃう。
 気持ちいいことをしたくなるのは、女の子だったら当たり前の話しだ。
 だけど彩香ちゃんのすぐ隣で寝ているのは男の子の江実矢君だ。
 江実矢君に気づかれたら、興奮して何をしでかすか判らない。
 有紀はそっと彩香ちゃんの手を掴んで、パンティーの中から彩香ちゃんの手を引き抜いた。
 すると彩香ちゃんは今度は有紀のスカートの上からそっと有紀の感じる所をなで始めた。
 こうなると有紀の体はもう彩香ちゃんには逆らえない。
 ここちよい感触が有紀の体に広がると、有紀は何度もため息をついた。
 不意に江実矢君の寝息が呻くような声に変わった。
 いったい何が起きたんだろうと有紀は心配な気持で体を半分起こして江実矢君の様子を確かめた。
 彩香ちゃんの手が江実矢君のスカートの上から江実矢君の大事な所に載せられている。
 手のひらをゆっくりと押し回すように彩香ちゃんが江実矢君の大事な所を撫で回してるんだ。
 江実矢君は苦しそうにとぎれとぎれに息を吐き出してるけど、女の子が気持ちいい時の息の音とは全然違う。
「ねえ、恵美ちゃん、フェラチオって知ってる」と彩香ちゃんが江実矢君に小声で囁いてるのが聞こえた。
「男の子の大事な所を、女の子が口に入れて舌で嘗めるのよ、とっても気持がいいのよ」と彩香ちゃんが江実矢君を口説き始めた。
「私フェラチオ大好きなのよ、恵美ちゃんも私にフェラチオして欲しいでしょう」と彩香ちゃんの言うことは随分と大胆だ。
 いまさっきフェラチオの3D立体映像を見て、彩香ちゃんもフェラチオしたくて我慢できない気分になっちゃったらしい。
 いくらなんでもこんな所で彩香ちゃんが江実矢君にフェラチオさせてなんて言い出すのは普通じゃない。
 有紀は体を起こすと彩香ちゃんの体の上に自分の体を載せて抱きついた。
 彩香ちゃんの唇に有紀が唇を近づけると彩香ちゃんの舌と有紀の舌が重なった。
 女の子の甘ったるい味わいが有紀の舌に絡みついてくると有紀は頭の中が熱く燃え上がった。
 有紀が彩香ちゃんのFカップの巨乳を押し回すと、彩香ちゃんはお返しに有紀の脇腹をくすぐってきた。
 彩香ちゃんの手が江実矢君の大事な所から離れたので有紀はこれで一安心と思った。
 有紀が体をよじって彩香ちゃんにしがみつくと、彩香ちゃんの手がすぐに有紀の一番感じるところを探り当てた。
 有紀が思わず体を仰け反らすと、急に有紀のお尻になにかが押しつけられてきた。
 江実矢君がもう我慢しきなれくて、有紀の背後から男の子の大事なものを押しつけてきたんだと有紀にもすぐ判った。
 江実矢君はスカートを自分でたくし上げると、ぴっちぴちのアンダースコートをパンティーと一緒に膝まで降ろした。
 江実矢君が腰を前に押し出すと有紀のお尻に江実矢君の大事なものが触れた。
 江実矢君の腰が何度も震えると、大事な物がピクンと動いて有紀のお尻に押しつけられてきた。
 こうなったらもう止められない。
 有紀は自分でスカートの下に手を入れてパンティーを膝まで降ろした。
 江実矢君はまだ経験がないからどうしていいのか判らずにもどかしそうに腰を振るだけ。
 有紀がお尻を後に突き出して江実矢君がやりやすいように腰を高く持ち上げた。
 江実矢君が有紀の腰を両手で掴むと体の角度を何度か試しながら押し込もうとしてきた。
 慣れないせいか上手く奥に入れられずに先端を入り口にこすりつるだけだけど有紀は嬉しくて涙がでそうになった。
 不意に上手く角度が合って奥まで入ってきたとき、江実矢君は気持がいいのかすぐに腰を引いてしまった。
 奥まで入れてくれても良いのにと、有紀は自分から腰を後に突き出した。
 入り口にすっぽりはまる感触があって、有紀はもう一息だと嬉しくなった。
 江実矢君はやっと少し慣れてきたらしくてゆっくりとした腰の動きで次第に奥に届いてきた。
 なんだか凄いことになっちゃいそうと思ったときに、急にベッドが上下に揺れると江実矢君が転げるようにベッドに横向きに倒れた。
 ベッドが今度は左右に揺れると、有紀は彩香ちゃんの上から転げ落ちて江実矢君とは反対側に倒れ込んだ。
 なぜだか判らないけどベッドがだんだんと激しく揺れだしてるんだと有紀は気が付いた。
 またベッドが大きく揺れるとちょうど彩香ちゃんのすぐ顔の前に江実矢君の大事な物がぶつかりそうに成った。
 江実矢君の大事な物がすっかり大きくなってるのが有紀の目にも飛び込んできた。
 さっきパソコンの立体画像でみた凄い物とは比べ物に成らないくらいに小さくて、色も透明に近い肌色だ。
 それでも男の子の大事な物に変わりはない。
 彩香ちゃんはしばらく江実矢君の大事な物にうっとりと見とれていたけど、気持を決めたらしい。
 彩香ちゃんは大きく口を開いて、口の中に唾を溜めると舌で唇を嘗め回した。
 すぐ目の前で江実矢君が腰を突き出すと彩香ちゃんのすぐ目の前で何度も反り返った。
 眉がつり上がって歪んだ顔で彩香ちゃんが江実矢君を見上げた。
 江実矢君は今すぐにでもしゃぶって欲しいらしくて我慢できないらしく口をすぼめて目を細めた。
 彩香ちゃんが江実矢君の大事な物に口を寄せて、しゃぶろうとして舌先を伸ばした。
 江実矢君も腰の位置を動かして、大事な物の先端を彩香ちゃんの舌先に触れさせそうとした。
 ちょうど彩香ちゃんの舌先に触れそうになったとき急にベッドが横に大きく動いた。
「あっ」と彩香ちゃんが小さく呻いて、目を見開いた。
 彩香ちゃんの体が横にずれると、江実矢君の大事な物が彩香ちゃんの耳元をかすめた。
 ベッドが真横に動くなんて変だと思ってると、横に動いてるんじゃなくてぐるぐる回り出したんだと有紀は気が付いた。
 ガタガタと上下に震えながらベッドが回り続けると、彩香ちゃんの目の前に鏡の壁が迫ってきた。
 江実矢君の姿が鏡に映って、江実矢君は自分の大事な物を目の前にして恥ずかしそうに前を隠した。
 ちっとも恥ずかしくないのに、男の子だったら立派なことなのにと有紀は思ったけど江実矢君はやっぱり恥ずかしいらしい。
 慌ててアンダースコートをはき直そうとしたけど、おっきくなった物が邪魔しても上手くいかない。
 彩香ちゃんも江実矢君がアンダースコートのつかんで止めさせようとしたけど江実矢君は彩香ちゃんの手を払いのけた。
 彩香ちゃんの体が反動で横に倒れこんだとき照明のスイッチに頭をぶつけたらしい。
 部屋をうっすらと照らしていたナイトランプの明かりが消えた。
 あれっと有紀が思ったとき彩香ちゃんが「大変だわ、ちょっと何これ」と突然大声で叫んだ。
 何が起きたのだろうと思って見回しても薄暗い部屋には他に誰もいない。
「あれ何」と彩香ちゃんが指を向けた方向を見て有紀はびっくりして顎がはずれそうになった。
 鏡が半分透けて、鏡の向こう側にある隣の部屋がぼんやりと霞んで見える。
 さっきまで鏡だったと思っていたのはマジックミラーだったらしい。
 隣の部屋はレンガで囲まれていて、中央には大きな×印の十字架があって鎖で作った金具も付けてある。
 天井からは鎖が何本も垂れ下がっていて、どうみても変だ。
 そこにこちらから隣の部屋が透けて見えってことは、隣の部屋からもこっちが丸見えになっちゃうってことだ。
 他に誰か居るかもしれないと思うと、こんな所で寝ていられない。
「この部屋きっと何か秘密があるはずよ、きっとそうよ」と言うと彩香ちゃんがさっきのパソコンに駆け寄った。
 彩香ちゃんがパソコンを操作するとスピーカーからさっきと同じ「ああ、あ、イクー」と叫ぶ声が響いてきた。
 なんでさっきのビデオを見てるんだろうと思って有紀が彩香ちゃんの側に歩み寄った。
 女性がソファーに座って、隣に座った男性が女性のスカートの中に手をいれている場面が映った。
 話しの様子では出会い系サイトで知り合った男にナンパされている所らしい。
 彩香ちゃんがパソコンを操作すると、ビデオの画面が切り替わって大きな部屋のベッドが映し出された。
 ベッドの中央には女性が足を広げて寝そべって、その足元に男性らしい人影が見える。
 ベッドの真上にビデオカメラを設置して盗撮した画像らしい。
 この部屋のベッドによく似てるけどなんだか違う気がした。
 彩香ちゃんが「ちょっと恵美ちゃん、来てよ」と江実矢君を呼んだ。
 江実矢君はパソコンが得意だから彩香ちゃんの判らないことでも何でもできる。
 あれこれやってみると、パソコンの画面に大きなベッドを真上から撮した画像が映った。
「ねえ、有紀ちゃんちょっとそのベッドの上で横になってみてくれる」と彩香ちゃんに言われて有紀はベッドのちょうど真ん中で大の字になった。
「やっぱり、この部屋のベッドは盗撮されてるのよ」と彩香ちゃんに言われて有紀にもやっとこの部屋の仕掛けが判った。
 有紀がベッドを降りてもう一度パソコンの画面を見ると、そこには有紀と彩香ちゃんと江実矢君が三人で重なっている画像が映し出された。
 江実矢君がパソコンを操作すると、彩香ちゃんが良一君に責められて「いやん、もうらめー、有紀ちゃん許して」と叫んだ声が部屋一杯に響いた。
 さっき良一君と一緒に三人でしてたことが全部盗撮されてたんだ。
 この部屋で起きたことが全部が全部誰かに見られていたなんて、恥ずかしいだけで済む話しではない。
 彩香ちゃんはほっぺたを膨らませて怒った顔をしてる。
 江実矢君も自分のしてた事が全部盗撮されてると判って青ざめた顔。
 男の子の大事な物が大きくなっちゃったのを見られたんだから青ざめるのも無理はない。
「まったく」と彩香ちゃんが半分言いかけたが、そのまま言葉を飲み込んだ。
 この部屋で起きてることは全部見られてるんだから、怒っても損をするだけだ。
 彩香ちゃんが江実矢君に顔を寄せてひそひそ話しを始めた。
 盗撮されてるのだから大声では話しができないんだと有紀にもすぐ判った。
 こんなことになったら、この部屋で寝ている訳にはいかない。
 仕方がないのでこの部屋を出て他に寝られそうな場所を探す事にした。

10.良一君はセックス専用ロボット<< ページトップ >>12.名犬ピーチと出会う

女子高生援助交際アダルトビデオ

流出 東京援交女子高生 映像ファイル 年間250人の女子高生と「援助交際」を繰り返す男の記録
援助交際ハメ撮り投稿集 2枚組8時間
流出匿名撮影 素人美少女援交一夜の過ち 2
援交女子校生 悶絶生中出し4時間 [DVD]
超 素人援交生中出し 5時間 [DVD]
神待ち家出女子校生を自宅に連れ込んで中出しセックスを繰り返した男の記録 カルマ [DVD]