長編官能小説 彩香スペシャル〜三姉妹監禁志願

by七度柚希

目次

1.学園祭のお化け屋敷
2.三次元スキャナーで身体測定
3.ロボットダンスコンテスト
4.テレビのドキュメンタリー番組に出演
5.喫茶店でビデオチャット
6.SM倶楽部で強制調教
7.メイド喫茶でアルバイト
8.タコイーカ財団に拉致される
9.ロボット実験場に監禁
10.良一君はセックス専用ロボット
11.盗撮カメラで覗かれて
12.名犬ピーチと出会う
13.マンホールから地上にでる
14.四つ葉学園に入学
15.ホームルームの後は数学とパソコン実習
16.チアリーダー部は戦闘集団
17.本当の幸せは太陽の下
18.城の塔に昇って太陽を確かめる
19.怪物の触手から逃げて百合ちゃんの家に戻る
20.彩香ちゃんの家庭教師の勇二君が助けに来た
21.捕まって牢獄に監禁さた勇二君を見つける
22.通風口から脱出して地上に戻る
23.地上に出ると出会い系喫茶の店の中
24.ナンパされて神社の境内に連れ込まれる
25.SM倶楽部でショーの舞台に出る
26.SMショーで本番中出輪姦調教
27.神社の境内のトイレでアナルレイプ
28.痴漢に捕まってラブホテルに連れ込まれる
29.神社の境内で輪姦調教
30.ファンの男の子に追いかけられSM倶楽部に逃げ戻る
31.学園祭のお化け屋敷の中で彩香ちゃんが目を覚ます

13.マンホールから地上にでる

あらすじ
 天井にマンホールの穴が開いてるのを見つけて登ってみると噴水のある街の中にでた。
近く家のパソコンでビデオチャットをして見ると中年男が出た。フェラチオをしての男に迎えにきてもう事になったが、待っても誰も来ない。空を見上げると太陽が全然まぶしくない。ロボット実験場に逆戻りしたと判ってがっかり。

 半分寝込んだ頃、有紀はピチャピチャという音に気が付いて少しづつ目が覚めた。
 きっとピーチが水溜まりでも見つけたんだろうと思ったけど何だか変だ。
 江実矢君が苦しそうに息を詰めて吐き出してる声も聞こえてくる。
 そっと目を開けてみると、彩香ちゃんが口をあけて江実矢君の大事な物をしゃぶってるのが目に入った。
 有紀は驚いて飛び起きそうになったけど、必死で自分の体を止めた。
 彩香ちゃんはフェラチオしたくて堪らない気持なんだって事は有紀にも痛いほどよく分かる。
 そんな彩香ちゃんにフェラチオしてもらって江実矢君だって気持がいいに違いない。
 彩香ちゃんが江実矢君の大事な物を喉の奥まで入れてるのが見えて、有紀は羨ましくなった。
 有紀はフェラチオのテクニックなんて全然しらないけど、彩香ちゃんはいろいろとやり方を知っていて上手らしい。
 舌先を震わせながら江実矢君の大事な所の先端を嘗め回したかと思うと、ほっぺたを膨らませて口の中で吸い込んだりしてる。
 こんなにいろいろやり方があるなんて、見ていても感心してしまう。
 江実矢君が腰を小刻みに振るわせてるのを見ると、よっぽど気持がいいらしい。
 アンダースコートを膝まで降ろした江実矢君の腰が繰り返し揺れて動くと江実矢君の着ているゴスロリのワンピースのスカートが目の前で大きな花の様に広がった。
 彩香ちゃんが舌先を江実矢君の大事な玉をしゃぶり始めると、江実矢君の大事な物が有紀の目の前でそそり立っているのがはっきりと見えた。
 くっきりと大きく反り返ってたその形は男の子そのもの。
 先端が少し細くなって、丸く膨らんだ形は見ているだけで嬉しくて涙が出てきちゃいそう。
 有紀は自分の口の中に江実矢君のおっきくなったものが入って来るのを想像した。
 彩香ちゃんは男の子の大事な物は硬くって太くってそれに舌が火傷しちゃいそうに熱いといっていた。
 先端がふっくらと柔らかくて、マシュマロを嘗めてる見たいに甘い味がするって彩香ちゃんが言ってたけど本当なんだろうか。
 女の子が男の子を好きになったら、フェラチオするのは当たり前と彩香ちゃんのママもいってたって彩香ちゃんが話してたことがある。
 有紀だって江実矢君の事を好きなら、フェラチオするのは当たり前で悪い事なんかじゃないはず。
 だけど江実矢君は有紀より彩香ちゃんの方が好きだと思うとなんだか悔しくなる。
 彩香ちゃんだって最初は上手にフェラチオはできなかったに違いない。
 いろいろ教えてもらったりして自分で工夫して江実矢君に喜んで貰えるくらい上手になったはず。
 有紀だって練習すればきっと彩香ちゃんよりフェラチオが上手にできるに違いない。
 そうすれば江実矢君だって有紀のことを好きになってくれにに違いない。
 有紀はどうやって舌を動かしたら良いんだろうと思って口の中で舌を上下に震わせてみた。
 舌先に江実矢君の大事な物の先端が微かに触れてると思うといっきに体中が熱くなった。
 有紀は自分も気持ちよくなりたいと思うともう止められなくなった。
 自分でスカートを捲ると、パンティーの中に指を差し込んで一番感じるところを押さえつけた。
 最初はすこしづつ軽く押さえつけるだけだけど、それだけで我慢出来る訳がない。
 大事な所を指で押し広げるようにしながら、少しづつ奥まで指を入れていくと今度は指を回しながらゆっくりと引き抜いていく。
 気持ちよい感触が急に襲いかかると、指先に濡れて湿った感触が絡みついてくる。
 そうなるともう指先を動かすのが止められない。
 息を何度も吐き出すと、少し休んでからまた指を奥まで入れて指先を震わせてこみ上げてくる快感を楽しんだ。
 何度も同じ事を繰り返す内に次第に体中が熱く燃え上がって、腿の内側が小刻みに震えてきた。
 もう止めようと思っても、もう一度だけと思って指を奥までいれて快感を楽しむのが止められない。
 一人で遊ぶ時間を楽しんでいる内に有紀はいつの間にか疲れてまた寝込んでしまった。
 気がついてみると朝らしく上の方から明るい光が差してきた。
 有紀はすぐには自分が何処に居るのか思い出せなかった。
 すぐ目の前に彩香ちゃんの大きなFカップの胸が目に入って最初はきっと彩香ちゃんの部屋で一緒にお泊まりをしてるんだと思った。
 だけどすぐ横には江実矢君も一緒だ。
 いくらなんでも彩香ちゃんと部屋で、江実矢君と彩香ちゃんと有紀の三人でお泊まりなんてするはず無い。
 それにお泊まりなら、彩香ちゃんが着ているのはパジャマのはず。
 目の前で寝ている彩香ちゃんはゴスロリのワンピースにエプロン姿だ。
 おまけに江実矢君まで彩香ちゃんとお揃いのゴスロリのワンピースにエプロンをしてる。
 何でゴスロリのワンピースを着てるのか思い出してみると、たしかテレビ番組の収録で秋葉原のメイド喫茶に行ったはず。
 そのあと変なワゴン車に連れ込まれて、実験室で身体を調べられたあとにエレベータに乗せられて変な場所に連れて来られたんだと思い出した。
 だけどどこまで本当で、どこまでが夢なのか判らない。
 いったい自分が何処にいるんだろうと、周りを見回すと茶色いレンガの壁が目に入った。
 すこしずつ昨夜起きた出来事を思い出してみると、有紀は自分が今大変な事になってると気がついた。
 昨日出会った鈴木さんが鞭を持っていつ三人を捕まえに来るか判らない。
 どうにかしてこの変な世界から逃げ出すしかない。
 明るい光で目が覚めたというのは今は朝だという事に間違いはない。
 朝と言ってもこんな所に本当の朝があるのか判らないけど、空が明るいから朝なのに違いない。
 見上げてみるとすぐ上に空が見えて、すぐ上に地上があるらしい。
 これなら助かったと有紀はほっとした。
 こっから出る方法がきっと何かあるはず。
 よく見ると天井に丸いマンホールみたいな丸い小さな穴が開いてる。
 高くてとても届かないが、ハシゴさえあれば何とかなる。
 辺りを見回してみたが、近くにはハシゴらしい物は見つからない。
 なにか台に成る物があれば、積み重ねればなんとかなると思ってその辺を探してみたけどやはり何も見つからない。
 どうしたらいいのか判らなくて彩香ちゃんも首を捻るばかり。
 どうしようかと悩んでいると江実矢君がいいアイデアを思いついた。
 チアリーディングで組むピラミッドをここで作れば天井まできっと届くに違いない。
 誰か一人でも外に出られれば後は助けを呼べばなんとかなる。
 三人の中で一番身が軽いのは江実矢君だ。
 江実矢君がピラミッドの一番上に登ればなんとかなるはず。
 彩香ちゃんと有紀が二人並んでしゃがみ込むとその両肩に江実矢君が膝を屈めた姿勢で乗った。
 彩香ちゃんと有紀がゆっくりと注意しながら立ち上がると、江実矢君は二人の肩に乗ったままバランスを取った。
 今度は江実矢君が立ち上がって、両手を伸ばしたがもう少しで天井の穴に届きそうだ。
 何とか腕を伸ばして穴に手を引っかけようとしたが何度やってもだめ。
「そうよ、飛び上がるのよそれしかないわよ」と彩香ちゃんが突然大声を上げた。
 江実矢君はチアリーディングのバックフリップの技が得意だ。
 いつもピラミッドの一番上で飛び上がって宙返りをして地面に落ちる。
 だけどそれは、下で受け止めてくれる女の子が居るからだ。
 江実矢君が落ちてくるのを下で女の子が四人手を組んで、待ちかまえていてその上に落ちるからちゃんと下に降りられる。
 今ここでジャンプしても、もし天井の穴に手が届かなかったらそのまま真下の地面に落ちるだけ。
 ここは床がコンクリートの丸出しだから落ちたら大怪我しちゃう。
 ここはひとまず江実矢君を降ろして、他になんとかする方法を考えた方が良さそうだと有紀は思った。
「江実矢くん大丈夫よ、飛んで」と彩香ちゃんがまた大声をだすと、有紀の肩を江実矢君の足が強く踏みつけた。
 あっと思う間もなく江実矢君の身体が真上の穴めがけて飛び上がると手を伸ばした。
 もうちょっとで指が届くと思ったけど駄目だ。
 江実矢君の身体が宙に舞うとそのまま真っ逆さまに頭から落ちてきた。
 このままコンクリートに頭からぶつかったら死んじゃうと有紀が思ったとき、江実矢君の身体が宙に浮いたまま止まった。
 ゴスロリのワンピースの裾が、ちょうど江実矢君の胸の辺りまでめくれて広がった。
 すぐには何が起きたのか判らなかったけど、江実矢君はすぐには落ちてこない。
 どうなってるのかと不思議な気がしてよく見ると、江実矢君の身体は宙に浮いたままだ。
 江実矢君は上手く宙返りをして足をマンホールの穴にひっかけたらしい。
 さすがに身の軽い江実矢君だけあって、見事なアイデアだ。
 彩香ちゃんもびっくりして目を大きく見開いた。
 するとすぐ上から彩香ちゃんの顔を見下ろしてる江実矢君と目が会った。
 彩香ちゃんは心配そうに江実矢君の目を覗き込むと、江実矢君は明るく微笑んで返した。
 江実矢君はすばやく身体を曲げて上半身を起こすと、器用にマンホールの穴を登った。
 ゴスロリのワンピースの裾が邪魔になって、引っかかってあちこちが破けちゃったけどそんなこと気にしてられない。
 江実矢君がマンホールの穴をでると、誰か呼びに行ったのかしばらく戻ってこない。
 いくら待っても誰も来る様子がない。
 もしかして置き去りにされちゃったのかしらと有紀は心配になった。
「恵美ちゃん」と彩香ちゃんが大声でどなったけどやっぱり返事がない。
 急に天井からするすると黄色と黒の縞模様の太い紐のような物が降りてきた。
 くねくねと曲がりながら降りてくるのは蛇に違いないと有紀はどきっとした。
 きっと江実矢君は蛇に食べられちゃったのよと思ったが、それだったらもっと太い蛇なはず。
 もしかして江実矢君は蛇に噛まれたのかと思ったけどよく見たら、紐には結び目が付いてる。
 すぐに江実矢君が穴から顔をだして「これに捕まって、ひっぱり上げるから」と呼んだ。
 江実矢君が上からロープを降ろしてくれたの判って一安心。
 だが話しはそう簡単ではない。
 ロープは長さがたりなくて背伸びして手を伸ばしてもやっと届く高さまでしかない。
 ロープの先につかまって上に登るなんて、まるでサーカスだ。
 彩香ちゃんにもとてもできないし、有紀だって無理だ。
 取りあえず彩香ちゃんを先に上に上げた方がよさそう。
 なにしろ彩香ちゃんはFカップの巨乳で身体も身長の割には大柄だ。
 有紀が彩香ちゃんを肩車して上に載せると、ロープをたぐり寄せて江実矢君が彩香ちゃんを上に引き上げた。
 それから江実矢君が両手で彩香ちゃんの手を掴んでひっぱりあげるとうまく彩香ちゃんは外に出られた。
 次に有紀がロープに飛び上がって捕まると、江実矢君と彩香ちゃんが二人で力を合わせてひっぱり上げてくれた。
 下にはピーチが一人で残されて悲しそうな声を上げてる。
 ピーチは犬だからロープで上に登るなんてできない。
 ピーチはあとで助けに来ればいいと思って、有紀は必死でロープにぶら下がった。
 とてもだめだと思ってたけど火事場の馬鹿力でなんとか頑張った。
 やっとのことで有紀も穴の上にでてみるとマンホールだと思ってたのは小さな噴水だ。
 水があるはずの所が小さい穴になっていて、穴にはめる子供プールみたいな池がすぐ横に置いてある。
 丸い池の周りは花壇で、目の前に大きなケヤキの木がある。
 本物のケヤキの木らしいので有紀は一安心した。
 昨日居た変な場所では、板に絵を描いて立ててある舞台の書き割りみたいな木しかなかった。
 他にも公園にはパンジーやチューリップが咲いていて、昨日みた公園とは違う。
 全部本物の花で、書き割りなんかじゃない。
 本物の世界にやっと戻れたんだと有紀は思った。
「有紀ちゃん、私達やっと助かったのよ」と彩香ちゃんが言うといきなり涙を浮かべて泣き出した。
 ロボット実験場から逃げ出してから大変なことばかりなので、彩香ちゃんもよっぽど嬉しかったに違いない。
 有紀が彩香ちゃんの背中を撫でて慰めていると、彩香ちゃんがいきなり振り向いて有紀に抱きついてきた。
 彩香ちゃんのFカップの巨乳が有紀の胸に押しつけられてきて、柔らかくて気持ちが良い。
 有紀も彩香ちゃんの背中に手を回してしがみつくようにして抱きしめた。
 彩香ちゃんの唇が有紀の唇に重なると、すぐに舌が入ってきた。
 あっと思う間もなく、有紀の口の中に男の子のあの香りが広がった。
 初めて味わう感触に有紀は最初は何がなんだか判らなかった。
 すこし苦みのある、甘酸っぱいような味は江実矢君の男の子の味だと気が付くと有紀は目眩がしそうになった。
 昨夜彩香ちゃんが江実矢君にフェラチオしてたのは、やっぱり夢じゃなかったのんだ。
 その大事な物が今有紀と、彩香ちゃんの口の中に有るんだと思うと急に有紀は嬉しくなって涙がこみ上げてきた。
 彩香ちゃんが夢中で有紀の体に抱きついてくるので、有紀も彩香ちゃんの体を撫で続けた。
 時間が止まったように時が過ぎると、有紀はいつまでも彩香ちゃんと抱き合っては居られないと気が付いた。
 有紀はすぐに誰か助けを呼ぼうとして辺りを見回したけど誰もいない。
 誰でもいいから誰か探そうとして周りにある建物をぐるりと見まわしてみた。
 公園の先には住宅街があり、小さな建物が並んでいる。
 少し先まで三人で歩いてみたけど、通りに人影はない。
「ねえ、ここの家に入ってみようよ、誰か居たらきっと助けて貰えるから」と彩香ちゃんが言うので有紀はすぐ目の前の家に入ってみた。
 玄関のチャイムを鳴らしても返事はない。
 中に入ってみたけど、居間にも台所にも人影がない。
 まるで新築の建て売り住宅の見本の家みたいに、綺麗に家具が並んでるけど人が住んでる気配はない。
 この家にはまだ誰も住んでいないんだと思って、隣の家に入ってみた。
 部屋の間取りがさっきの家と同じで置いてある家具も全部一緒だ。
「なんだか変ね」と彩香ちゃんが言うので有紀も不安な気持ちになった。
 彩香ちゃんが階段から二階に上がろうとしたので、有紀も一緒に二階に上がった。
 子供部屋が階段の両脇にあって、部屋にはパソコンが置いてあるのが見えた。
 彩香ちゃんが電源スイッチを押すとパソコンが起動して画面が映った。
「恵美ちゃんちょっと来て」と彩香ちゃんが江実矢君を呼んだ。
 江実矢君はパソコンが得意だ。
 江実矢君がいろいろやってみると、パソコンの画面に男の顔が映った。
 ビデオチャットの画面らしくて、有紀はこれでやっと助かったと思った。
「助けて下さい」と有紀が思わず言いそうになったとき彩香ちゃんが「ちょっと待って」と有紀を止めた。
 江実矢君も彩香ちゃんが何を言いたいのかすぐ判ったらしい。
 男の顔をよく見ると、口元がいやらしくて目つきも何だか怖い。
 援助交際で女子高生と付き合ってる中年男みたいな感じだ。
 うっかり相手をしたら、どんなことに成るか判らない。
 だけど今はともかくこっから逃げ出すのが先決だ。
「今日はいい天気ですね、気持ちいいですね」と江実矢君が女の子の声を作って男に話しかけた。
 もしかしてこの男はさっきの鈴木さんと同じにタコイーカ財団の職員かもしれない。
 そうだとしたら三人ともまたロボット研究所に連れ戻されちゃうだけだ。
「私ビデオチャットが大好きなんです」と江実矢君が男に話しを向けた。
「そうだね、ビデオチャットではいつもどんな話しをしてるのかな」と男が江実矢君に聞いてきた。
 薄ら笑いを浮かべた男の顔は見ているだけでも気持ち悪いが、ともかくビデオチャットを続けて様子を見るしかない。
「楽しい話しがしたいです、いつもビデオチャットが楽しくて」と江実矢君が適当にはぐらかして答えた。
「そうだね、エッチな話しなんかいつもしてるんじゃないのかな、エッチな話しは女の子なら大好きだよね」と男が言うのを聞いて有紀はこれなら助かると思った。
 タコイーカ財団の職員なら、女の子とビデオチャットでエッチな話しなんかするわけないはず。
「エッチな話しで盛り上がると、直接あってエッチなことしたくなっちゃうよね」と男が言うのを聞いて有紀は成る程とおもった。
 この男はやっぱり、援助交際が目的らしい。だとすれば話しをしても大丈夫なはず。
 江実矢君もこれなら上手く行きそうだと思ったらしい。
「これからお会いできますか、迎えに来てくれると嬉しいんですけど」と男を誘った。
「今どこにいるのかな」と男に聞かれて江実矢君は困った顔をした。
 さっきマンホールから逃げ出してきたばかりで何処にいるのかなんか判らない。
「近くに噴水があるので、そこで待ってます」と江実矢君が試しに言ってみると男が「あ、あそこの噴水だね、それならすぐ近くだ」と答えたのでこれで助かると思って有紀は気持が急に楽になった。
「だけど、その前にしてもらう事があるからね」と男が言い出した。
「君たち、男の子と会うといつも何してるのかな、大好きなことがあるだろう」と男に聞かれて有紀にも男が何を言いたいのか大体の見当がついた。
「女の子なら大好きなことがあるよね、男の子と一緒にいたらしたくなることがあるよね、いつもしてるんだろう」と男が言うと、彩香ちゃんが江実矢君の背中をつっついた。
 江実矢君も彩香ちゃんがなんで背中をつっついたのかすぐに判ったらしい。
「あの、私は口でするのが大好きなんです」と江実矢君が男に答えると、男の口元が歪んで笑みを浮かべた。
「口で何をするのかな、ちゃんと言わないと判らないよ、ちゃんと言いなさい」と男に責められて江実矢君は「フェラチオです」と小声でそっと呟いた。
「もっと大きい声で言わないと聞こえないよ、ちゃんと言いなさい」と男に言われて江実矢君は恥ずかしそうに「フェラチオです、私フェラチオ大好きなんです」と答えた。
「どうしてそんなにフェラチオが大好きなのかな、理由があるだろう」と男に問いつめられて江実矢君は困ってしまった。
 江実矢君は男の子だからフェラチオなんかしたことないし、だいたいフェラチオなんか好きな訳がない。
「男の人に気持よくなってもらうのが嬉しいんです」と江実矢君は女の子らしく答えてわざと口をすぼめて見せた。
 男は江実矢君の表情が可愛らしくて気に入ったらしい。
「その口でフェラチオしてもらったら、男は大喜びだよね、本当に気持ちよくなっちゃうよね」と相づちを打った。
「誰に教えて貰ったのかな、そんなに上手にフェラチオできるなんて、よっぽど色んな男と付き合わないと上手には慣れないよね」と男にまた問いつめられて江実矢君は「最初は下手だったけど自分で色々工夫してるうち、上手にできるように成ったんです」と嘘を付いた。
「今すぐしてもらおうかな、フェラチオが上手だったらこれから迎えに行って上げるよ」と男が言うと、急に画面が切り替わって江実矢君の目の前に三次元の立体画像が映った。
 大きくそそり立った男の物を見せられて江実矢君は思わず目をそらせた。
 紫色に反り返った大きな物は色も形も、江実矢君の可愛らしい物とは全然別物だ。
 女の子が見たらどきどきしちゃうくらいに立派だけど、江実矢君が見たって嬉しくなるはずはない。
 そのうえ今すぐフェラチオしろなんて言われても出来るはずはない。
 だけど今三人が助かるためには、他に方法はない。
 江実矢君は覚悟を決めて口を開くと舌先を伸ばした。
 男が腰を前に突き出すと、江実矢君の口のなかに先端がすっぽりと入る位置まで届いてきた。
 江実矢君は半分泣き出しそうな顔で、必死で舌先を震わせている。
 有紀も江実矢君を見ていて可愛そうで一緒に涙がこみ上げてきた。
「なかなか、上手いじゃないか、いつもやってるんだろう」と男に言われて江実矢君が泣きながら頷いて答えた。
「じゃあ、次は足を左右に広げてスカートをめくってごらん」と男が言い出した。
 これは大変だと有紀は思った。
 ワンピースのスカートを捲ってアンダースコートが丸見えになったら、江実矢君が男の子だってすぐばれちゃう。
 そんなことになったら、ここから逃げ出せない。
「私フェラチオ大好きなんです、私にもやらせて下さい」と彩香ちゃんが横から口を挟んだ。
 江実矢君の替わりに彩香ちゃんがパソコンの前に座ると口を大きく開いて舌を動かし始めた。
 唾を口の中にためて、ぴちゃぴちゃと音を立てるテクニックはさすがに彩香ちゃんだ。
「今すぐ、スカートを捲るんだ」と男が脅かすような低い声で命じてきた。
 彩香ちゃんがゴスロリのワンピースのスカートを膝の上までたくし上げるとパンティーが丸見えになった。
「指を使うんだ、いつもやってるだろう」と男に命令されて彩香ちゃんはパンティーの中に指を入れて押し回すように動かしはじめた。
 彩香ちゃんの声が次第に大きくなると「あ、あ、ぁ、いっちゃう」と大声で叫んだ。
 男は満足そうな顔で彩香ちゃんの顔を眺めると「じゃあ、これから迎えに行くから噴水の前で待ってろ」と言ってビデオチャットを切った。
 三人は家をでてさっきの噴水の前まで急いだ。
 さっきの噴水の前で男が迎えに来るのをまった。
 すぐ近くのはずだからそんなに待たなくても男が迎えに来るはずだ。
 そうすればこっからどこか別の所に連れてって貰えるはず。
 あの中年男が女の子を連れ込むとしたら、まず最初はきっとカラオケだ。
 もしかしたらそこでフェラチオさせられちゃうかもしれない。
 そのときは逃げ出せば良いだけ。
 もしも逃げられなくても、フェラチオさせて貰えるならそれはそれで嬉しい。
 あの立派な物を口に入れさせて貰えるなんて、嬉しくて泣き出しちゃうかもしれない。
 そう思うと早く迎えに来て欲しくて居ても立っても居られない気持だ。
 男の来そうな道をずっと眺めていたけど、いつまで待っても誰も来ない。
 なんですぐ来てくれないんだろうと有紀はだんだん不安な気持ちになった。
 彩香ちゃんがふと空を見上げるとしばらく空の雲を眺めたあと、有紀に向き直って「だめだわ」と言いながら首を横に振った。
 有紀はすぐには彩香ちゃんの言葉の意味が分からずに何がだめなのか聞き返そうとした。
 だが今度は江実矢君が黙ったまま真上を指さした。
 江実矢君の顔付きはがっかりして意気が消沈した雰囲気。
 江実矢君の指さした先を見て有紀にも彩香ちゃんがなんで「だめ」と言ったのかすぐに気がついた。
 空を見上げると、真っ赤な太陽が見えるけど太陽が全然まぶしくない。
 本物の太陽ならまぶしくて直視できないはず。
 まるで大きな電球みたいな太陽は、赤いことは赤いが本当の太陽ではないと一目で分かる色だ。
 それに青い空の色もなんだか変だし、雲も絵に描いたように変な感じだ。
 逃げ出したと一度はぬか喜びしたもの、まだあの変な世界に閉じこめられたままなんだと判って有紀は目眩がして気が遠く成りそうになった。
「有紀ちゃんしっかりして」と彩香ちゃんが有紀の身体を両手で引き寄せて揺さぶりながら声を掛けてきた。
「がんばらなくちゃ、なんとかしてこの世界からでなきゃいけないんだ」と有紀はもう一度自分に言い聞かせた。
 辺りを見回してみると、なんだか見覚えのある場所だと有紀は気がついた。
 昨日居た世界では木や草は全部書き割りだし、建物もベニヤ板に絵を描いたような建物ばかり。
 いま居る場所は木も本物だし、花も本物。
 近くに見える家も、昨日見たのとは違って本物の家に見える。
 だけどよくよく思い出してみると、昨日見た景色とほぼ同じだ。
 彩香ちゃんも同じ事に気がついてるらしくて辺りを見回して何度も頷いてる。
 昨日来たロボット実験場の公園にまた戻って来たのに間違いと有紀は確信した。
 だとすればこの先に学校があるはず。
 昨日会った女の子のロボットの百合ちゃんも探せばいるかもしれない。
 さっきの穴の下に残してきたピーチが気になったけど、今はそれどころじゃない。
 なんとかこの変な世界から出る方法をさがすのが先だ。
 三人で学校の方に歩き始めようとすると、公園の出口近くに縄が張ってあるのが見えた。
 縄の内側は花壇だけど、そこだけ花が昨日と同じ書き割りになってる。
 昨日鈴木さんがベータテストは今日からだといってたけど、昨夜の内に慌てて工事をして間に合わなかったらしい。
 黄色と黒の縄が途中まで張ってあり、さっき江実矢君が穴の上から垂らしてくれた縄と同じ色だ。
 江実矢君はこの工事用のロープを持ってきたらしい。

12.名犬ピーチと出会う<< ページトップ >>14.四つ葉学園に入学

女子高生援助交際アダルトビデオ

流出 東京援交女子高生 映像ファイル 年間250人の女子高生と「援助交際」を繰り返す男の記録
援助交際ハメ撮り投稿集 2枚組8時間
流出匿名撮影 素人美少女援交一夜の過ち 2
援交女子校生 悶絶生中出し4時間 [DVD]
超 素人援交生中出し 5時間 [DVD]
神待ち家出女子校生を自宅に連れ込んで中出しセックスを繰り返した男の記録 カルマ [DVD]