長編官能小説 彩香スペシャル〜三姉妹監禁志願

by七度柚希

目次

1.学園祭のお化け屋敷
2.三次元スキャナーで身体測定
3.ロボットダンスコンテスト
4.テレビのドキュメンタリー番組に出演
5.喫茶店でビデオチャット
6.SM倶楽部で強制調教
7.メイド喫茶でアルバイト
8.タコイーカ財団に拉致される
9.ロボット実験場に監禁
10.良一君はセックス専用ロボット
11.盗撮カメラで覗かれて
12.名犬ピーチと出会う
13.マンホールから地上にでる
14.四つ葉学園に入学
15.ホームルームの後は数学とパソコン実習
16.チアリーダー部は戦闘集団
17.本当の幸せは太陽の下
18.城の塔に昇って太陽を確かめる
19.怪物の触手から逃げて百合ちゃんの家に戻る
20.彩香ちゃんの家庭教師の勇二君が助けに来た
21.捕まって牢獄に監禁さた勇二君を見つける
22.通風口から脱出して地上に戻る
23.地上に出ると出会い系喫茶の店の中
24.ナンパされて神社の境内に連れ込まれる
25.SM倶楽部でショーの舞台に出る
26.SMショーで本番中出輪姦調教
27.神社の境内のトイレでアナルレイプ
28.痴漢に捕まってラブホテルに連れ込まれる
29.神社の境内で輪姦調教
30.ファンの男の子に追いかけられSM倶楽部に逃げ戻る
31.学園祭のお化け屋敷の中で彩香ちゃんが目を覚ます

14.四つ葉学園に入学

あらすじ
 四つ葉学園で他の女の子達と一緒に授業を受けることになる。四つ葉学園の制服はセーラー服でスカートは超ミニだ。男の子の江実矢君も超ミニのスカートを履かされてなんだか落ち着かない様子。三人で一緒に居るには江実矢君にも女の子の格好をしてもらうしか方法はない。

 公園で出口を出ると少し先に大きな門が見えてきた。
 昨日はベニヤ板に書き割りだったけど、今日はちゃんと四つ葉学園という文字が見える。
 校舎も昨日と違って全部レンガ造りの堂々とした建物だ。
 大きな時計台もちゃんと時計の針が動いてる本物だ。
 昨日見た入学式の立て看板はもう見あたらない。
 正門から花壇の横を通って校舎の中に入ってみた。
 まだ真新しい校舎の中は、何処を見ても汚れ一つ無い。
 廊下の両脇には教室が並んでいて、曇りガラスの窓が続いてるすぐ先のドアの横に「さくら組」の表札が見えた。
 きっと誰か居るに違いないと思って有紀が教室のドアを開けてみると教室に座った女の子達が一斉に有紀を見つめた。
 睨みつけるような厳しい目つきに、有紀はびっくりして思わず足がすくんだ。
 後ずさりしようと片足を一歩後に引こうとしたが、彩香ちゃんに背中を押されて戻れない。
 せっかくこの世界に居る女の子を見つけたんだから、どんな女の子達なのかを確かめない事には逃げ出すわけにはいかない。
 勇気をだして有紀はドアの間から身体を半分乗り出すようにして教室の中を見回した。
 女の子達は皆お揃いのセーラー服を着ていてこの学校の生徒らしい。
「あらどうしたの、今ごろ、それに、その格好はどうしたの」と声が聞こえて有紀は教壇の方を向いた。
 黒いリクルート風のパンツスーツの背の高い女性がこちらを向いて、にこやかな笑顔で微笑んでる。
 無理に作り笑いを浮かべているのか、なんだかほっぺたが妙に引きつって変な感じだ。
 随分と高いハイヒールを履いてるので、教壇の上に立つと真上から見おろされてるみたいな感じ。
 黒いスーツから膨らんだ胸に鈴木と書いた名札を着けてる。
 どっかで見覚えがあると思ったけど、胸の大きさといい黒いリクルートスーツといい、昨日出会った会った鈴木さんらしい。
 鈴木さんは、この学校の先生だったんだ。
 だけどこの世界はもともと変な世界だから、先生といっても本当の先生かどうかなんて当てにはならない。
「変ねえ、あなた達、昨日居たわよね」と鈴木先生は三人の事を覚えてる様子だ。
「彩香ちゃんに有紀ちゃんに恵美ちゃんだったわよね」と鈴木先生が三人の名前を読み上げた。
 なんで鈴木先生が三人の名前を知ってるんだろうと思ったけどうっかり返事もできない。
「変ねえ、名簿にないのよね」と言いながら、鈴木先生は出席簿を確かめてる。
 出席簿を教壇の上に置き直すと、鈴木先生はあらためて三人の格好をつま先から頭の上まで視線を走らせた。
 三人ともゴスロリのワンピースのメイド姿でとても学校に来るような服装じゃない。
 その上さっきマンホールみたいな穴を登ったので、そこらじゅうで服が破けてレースもちぎれてる。
 彩香ちゃんはお尻の生地が破けていて、真っ赤なパンティーのレースが破れ目からはみ出してるのに気が付いて慌てて手で隠した。
 鈴木先生は机の上に置いた携帯を持つと「ちょっと、資材呼んでよ、制服を三着急いで送って」とどこかに連絡してる。
 彩香ちゃんも鈴木先生が携帯で話しをしているのを聞いて、不審な顔をして教室の中を眺め回した。
 鈴木先生は「制服を送って」と言ったけどどうやって送るんだろう。
 郵便か宅急便で送るんだったらすぐに届くはずはない。
 宅急便なら届くのは翌日だってママも言ってた。
 誰かにもって来させるなら「送って」なんて言い方は変だ。
 だいたいこの世界は変な事ばかりなので、いまさら変なんて言っても始まらない。
 急に鈴木先生の立ってる教壇の裏で「ゴトン」と大きな音がした。
 鈴木先生がポケットから鍵らしいものを取りだした。
 金色の細長い棒の先が平らになってる変な形の鍵だ。
 昨日の彩香ちゃんが拾った鍵と同じ物らしい。
 鈴木先生が鍵を後の壁に差し込むと、壁がストンと大きく開いてちょうど小包くらいの箱が出てきた。
 箱にはバーコードのマークが着いていて、英語の文字がいっぱい書いてある。
 大きな印も書いてあって、昨日ロボットらしい人の入った箱に書いてあったのと同じタコイーカ財団のマークだ。
 鈴木先生が教壇の上に箱を取り上げて蓋を開けると制服が出てきた。
 送るというのはこうゆうことだったらしい。
 壁の裏に空気で荷物を送るチューブが作りつけてあるらしくて、それで自由に荷物が運べる仕掛けらしい。
 昨日三人が通り抜けたのは、この荷物運搬用の通路だったらしい。
「更衣室はその先にあるから、着替えてきなさいね」と鈴木先生に制服を渡されて有紀は改めて自分の服装をよく見た。
 さっきマンホールの穴を登ったときに、スカートは泥で汚れてあちこちが破け所々に擦りむいた血の跡もある。
 彩香ちゃんのゴスロリのワンピースも泥だらけで破けた所から太股が見えちゃってる。
 江実矢君のワンピースも泥だらけで破けて、その上ブラジャーのカップがずれちゃって変な格好だ。
 教室にいる女の子達はさっきからずっときつい眼差しで三人の事を見つめていて恐いくらい。
 ゴスロリのワンピースが珍しくて見つめているらしいけどそれだけでも無いみたい。
 なんで服が破けて泥だらけなのか、理由が知りたくて三人の事を眺め廻してる気がした。
 ともかく着替えた方がよさそうだと思って、有紀は鈴木先生から渡された制服をよく見た。
 江実矢君が渡された分も女の子用のセーラー服だ。
 スカートは教室にいる他の女の子達と同じにチェックのプリーツスカートだ。
 女の子が着れば可愛らしいスカートだけど江実矢君は男の子だ。
 これはちょっと困ったことになったと有紀は思った。
 江実矢君は有紀と彩香ちゃんとお揃いのゴスロリのワンピースを着てるから女の子だと鈴木先生は思ったらしい。
 有紀は思わず「江実矢君は男の子なんです」と言いそうになった。
 だけどこの教室にいるのはみんな女の子だ。
 江実矢君が男の子だと判ったらもう三人が一緒にはいられなくなっちゃうかもしれない。
 そうなったら生きている内に逢えるのは今が最後になっちゃうかもしれないんだ。
 それを思ったら江実矢君がセーラー服を着せられるくらい我慢しなくちゃいけない。
 江実矢君も有紀と同じ事を思ったに違いない。
 大人しくセーラー服を受け取ると、大事そうに胸の前に抱えた。
「更衣室があるから、その先よ」と鈴木先生に言われて、三人は教室を出て更衣室の方向に歩き出した。
 少し先のドアに大きく更衣室と張り紙がしてある。
 ドアを開けると中はロッカールームになっていてロッカーが一列に並んでる。
 床は灰色のタイルで、汚れ一つ無く綺麗だ。
 彩香ちゃんはさっそく着替えようとセーラー服を床においた。
 有紀は気になって、ロッカーに書いてある名前を一つ一つ確かめてみた。
 百合ちゃんの名前もあるので、さっきの教室には百合ちゃんも居たみたい。
 だけど昨日見た百合ちゃんはどうみてもロボットだ。
 ロボットとは別に本物の百合ちゃんがいるってことなんだろうか。
 並んだロッカーの最後の方に、有紀と彩香ちゃんの名前もあるので有紀はびっくりした。
 その隣の恵美という名札は、江実矢君のロッカーらしい。
 彩香ちゃんもいつのまにか有紀の側に来ていて、驚いた顔をしてる。
「どうなってるのかしら」と呟きながら彩香ちゃんがロッカーのドアを開けてみると、教科書と筆記用具が入ってる。
「ともかく着替えた方がよさそうね」と彩香ちゃんが言うので有紀もその通りだと思った。
 今ここから逃げ出そうと思えば逃げられるけど逃げても行くところなんかない。
 すぐに捕まってしまうし、そうなったらどんな目に遭わされるか分かったものじゃない。
 それだったら、今は鈴木先生の言うとおりにしてしばらく様子を見た方がずっと安全だ。
 すぐに江実矢君が着ているゴスロリのワンピースを脱ぎだした。
 女の子が着替えるときは、スカートの下に新しく着替えるスカートを履いてから上のスカートを脱ぐんだけど、江実矢君は男の子だからそんなこと知るわけがない。
 ワンピースを脱ぐと、その下にブラジャーをしてパンティーの上にはテニス用のフリルのついたアンダースコートを履いてる。
 男の子の大事な物が目立たないようにするにはピッチピチのアンダースコートはちょうどいい。
 他に下着なんかないのでその上にそのままセーラー服を着るしかない。
 だけど江実矢君ちょっと困った顔をしてる。
 渡されたセーラー服は上着は普通にセーラー服だけど、下のスカートはタータンチェックのミニスカートだ。
 それも相当丈が短い。
 普通にはいたら、歩くたびにパンツが見えちゃうくらいの丈だ。
 女の子だったらそのくらい短いスカートなんか慣れてるからへいっちゃらだけど男の子は見られたら困る物がある。
 ともかく履くしかないので試しに履いてみると、スカートのウエストのサイズが大きすぎて江実矢君にはぶかぶかだ。
 鈴木先生が渡してくれた制服のセーラー服はサイズがみな同じだったらしい。
 江実矢君は出来るだけアンダースコートが隠れるようにと、スカートのベルトを腰一杯におろせるだけおろして履いてみた。
 なんだか随分と不格好に見えるけど、大事なものが見えちゃうよりはいい。
 スカートにはベルトもついてるけど、そのベルトの真ん中に短剣らしいものが付いてる。
 オモチャの短剣らしくて赤いルビーの飾りがついてるけどそれもプラスチックらしくて夏祭りの縁日で売ってるような代物だ。
 スカートを履いてみると、何処が前だか判らなくて江実矢君が困った顔をしてる。
 プリーツスカートは丸く縫ってあるけど、裾が左右にすこし広がったデザインだからどこが前だか女の子ならすぐ判る。
 だけどそうすると短剣が腰の前に来てしまうらしい。
 男の子は腰の前に邪魔なものがあるから、短剣が腰の前にあると都合が悪いらしいと判って彩香ちゃんは思わず吹き出して笑ってしまった。
 こんな時に笑ってなんかいられないはずだが、有紀を彩香ちゃんにつられて笑ってしまった。
 江実矢君はしかたなく短剣がうまく横に来るようにスカートの位置を直した。
 ちょっと見た目はみっともないけど仕方ない。
 とりあえず着替えが済んでから、ゴスロリのワンピースをしまおうと彩香ちゃんがロッカーのドアを開けた。
 すると大きなムカデが突然ロッカーの中から出てきて床を這い回りだした。
 彩香ちゃんは小さい時からムカデが大嫌いだ。
 びっくりした拍子に彩香ちゃんは思わず床に尻餅をついてスカートがめくれ上がった。
 真っ赤なパンティーが丸見えになって、今度は江実矢君が笑ってしまう番だ。
 彩香ちゃんは江実矢君に笑われてちょっとふくれっ面をして江実矢君を睨みつけた。
 尻餅をついて座り込んでしまうと、彩香ちゃんはお尻が重くてなかなか立ち上がれない。
 江実矢君が手をかして彩香ちゃんをひっぱり上げようとすると、彩香ちゃんはわざと江実矢君に抱きついた。
 そのままの格好で彩香ちゃんは目をつぶって、江実矢君の身体の感触を楽しむように両手でそっと抱きついた。
 江実矢君に抱きついている間は、何も考えなくていいから気持ちが楽になるみたい。
 江実矢君も彩香ちゃんを安心させようと、彩香ちゃんの背中を撫で続けてる。
 有紀はしばらくそのまま、二人が抱き合ってるのを横で見守った。
 随分時間がたってから、二人は身体を離すと彩香ちゃんは江実矢君がセーラー服を着てチェックのミニスカートをはいてるのをまじまじと見た。
 小学校の時から彩香ちゃんは江実矢君をお誕生会に呼んで、その時よく江実矢君に女の子の服を着せて遊んだ。
 彩香ちゃんの友達の女の子達も江実矢君にお化粧したり、つけまつげを着けたりして面白がってた。
 もう中学生だというのに江実矢君は顔の輪郭も小学生の時のままだ。
 きっともうすぐ大きくなればもう女の子の格好なんて恥ずかしくてやだと言い出すに違いない。
 だけど今はこの変な世界から逃げ出すためには、江実矢君には女の子の格好をしてもらうしかない。
 江実矢君もそれはよく判ってるらしくて、一生懸命笑顔を作って女の子らしくしてる。
 彩香ちゃんが床を見まわしてもうムカデが何処に行ったのか探してる。
 ムカデはもうどこかから部屋の外に出て行ったらしい。
「ムカデが居るって事は、僕たちは必ずここから出られるって事だよ」と江実矢君が彩香ちゃんを元気づけた。
 彩香ちゃんはすぐには江実矢君の言った言葉の意味が分からずにきょとんとした顔をしていた。
 ムカデはどこかからここに入ってきたはず、だからここから出ることもできるはず。
 そう思うと確かにここから出られるはずだと有紀も思った。
 ロッカーにゴスロリのワンピースをしまうと、教科書とノートそれに筆箱を持って三人は教室に戻った。
 教室の後には空いてる机が三つ用意してある。
 彩香ちゃんがさっそく席に座ろうとすると鈴木先生が「ちょっと恵美ちゃん」と江実矢君を呼び止めた。
「廊下にきなさい」と言って鈴木先生が江実矢君の手をひっぱって廊下に出た。
 彩香ちゃんは江実矢君の事が心配でドアの隙間から廊下の様子を覗き見した。
「ねえ、恵美ちゃん、女の子はねいつもきちんとした格好してないといけないのよ」
「そのスカートの履き方はだめでしょう、もっと腰の上でちゃんとベルトしないとみっともないでしょう」と鈴木先生が江実矢君のスカートを直してる。
 スカートの真後ろがあってないし、後と前の丈が違ってるのが気に入らないらしい。
 腰の高い位置でベルトをきちっと締めるように江実矢君のベルトを締め直してる。
 江実矢君は男の子だから女の子みたいにスカートをきちんと履けないのは当たり前。
 女の子だったら可愛く見えるようにとベルトをきつくしめるのはお洒落だからだ。
 可愛く見えるためにはちょっとやそっとの事くらいは我慢しちゃう。
 だけど男の子がそんなことしたら苦しくてとても大変だ。
 まったく余計なこと教えてくれてると彩香ちゃんは不満顔だが今は仕方ない。
 彩香ちゃんは席に戻ろうとしたけど、鈴木先生と江実矢君はなかなか廊下から戻って来ない。
 不意に江実矢君の「あ、ぁ」と呻く声が聞こえて彩香ちゃんはびっくりしもう一度ドアの隙間から廊下を覗き見した。
 鈴木先生が江実矢君の身体を後から抱きしめてるみたい。
 これはもう絶対江実矢君を助けなきゃと、彩香ちゃんが廊下に飛び出そうとしたので有紀は慌てて止めた。
 しばらく様子を見ていると、鈴木先生は「ねえ、ブラジャーのストラップはすこし短めにしてね、それでブラジャーの位置を上に上げるのね」
「そうすると、ブラジャーの横から脇の下の肉を左右からブラジャーのカップに寄せられるでしょう」
「それで、胸の谷間が大きく見えるのよ。その方が可愛いでしょう」と何やらおかしな事を教えてる。
 男の子に上手なブラジャーの付け方なんて教えたってまったくしょうがない話し。
 いくらブラジャーの付け方がみっともないからと言って、鈴木先生が江実矢君のブラジャーまで直しちゃうなんてとんでもない話しだ。
 だけど今は鈴木先生の機嫌を損ねたらどうなるのか判ったものじゃない。
 ともかく大人しくしてるしかないと有紀は必死で彩香ちゃんをなだめた。
 しばらくして江実矢君が教室に戻ってくると、やっぱりブラジャーを鈴木先生に直されたせいで、胸の膨らみの位置がさっきよりかなり高めに直ってる。
 ブラジャーの後の背中のホックを一番きつくしめられてしまったみたいで、ブラジャーが背中の肉に食い込んでるのがセーラー服の上からでもはっきり判る。
 スカートもさっきまでは、腰をゆるく履いてわざと長くしてたのに、今度はウエストの一番上できっちりときつくベルトを締めてる。
 女の子だったら普通に可愛らしく見えるはずだけど、男の子には随分と苦しい格好らしくて江実矢君は息苦しそうに口から息を何度も吐き出してる。
 おまけに腰のベルトからつり下げたオモチャの短剣がちょうど微妙な位置に来てしまって、江実矢君はちょっと歩きずらそうにしてる。
 江実矢君が机に教科書を置いて席に座ろうとしてるのを彩香ちゃんは心配そうな顔で見守ってる。
 短いスカートの時は女の子が椅子に座るにはちょっと工夫がいる。
 江実矢君が上手く座れたらいいけど、いつもの男の子の座り方だとまた鈴木先生に叱られちゃうに決まってる。
 江実矢君も彩香ちゃんが心配そうな顔で、見守ってる理由が判ってるらしくいて必死な顔で腰を屈めた。
 まず椅子のちょっと前に腰を降ろして、スカートの裾を椅子に押しつけながら腰を後にずらしてピンと背中を伸ばして足はぴったりと揃えるのが女の子座りだ。
 なんとか上手く出来たので彩香ちゃんはほっとした顔で鈴木先生の様子を確かめた。
 鈴木先生は何事もなかったように、ホームルームの時間を進めたので彩香ちゃんも一安心。

13.マンホールから地上にでる<< ページトップ >>15.ホームルームの後は数学とパソコン実習

女子高生援助交際アダルトビデオ

流出 東京援交女子高生 映像ファイル 年間250人の女子高生と「援助交際」を繰り返す男の記録
援助交際ハメ撮り投稿集 2枚組8時間
流出匿名撮影 素人美少女援交一夜の過ち 2
援交女子校生 悶絶生中出し4時間 [DVD]
超 素人援交生中出し 5時間 [DVD]
神待ち家出女子校生を自宅に連れ込んで中出しセックスを繰り返した男の記録 カルマ [DVD]