長編官能小説 人妻不倫レズSM調教

by七度柚希

目次

1.セーラー服でお仕置き

2.奴隷契約書

3.強制女装レイプ

4.人妻逆ナンパ

5.人妻強制レズ調教

6.人妻監禁調教

7.人妻デリヘル

8.生フェラ

9.ラブホテル

10.陵辱

11.露出

12.レズビアン

13.SMプレー

14.調教

15.ランジェリーパブ

16.ハプニングバー

17.裏ビデオ撮影

18.生フェラ輪姦

19.人妻売春

20.デリヘル女

13.SMプレー

 明け方目が覚めてみると、部屋の中には誰もいない。
 身体が重くてすぐには起きあがれなかったけど、いつまでもこの部屋に居るわけにはいかない。
 逃げ出すには今しかないと思って、とりあえず着る物を探すと目の前に昨夜百合恵さんが着ていた真っ赤なミニスカートが目にはいった。
 すぐ横には上に着ていたニットのブラウスも落ちている。
 とりあえず何でもいいから着るしかない。
 こっそり中沢君のアパートのドアを開けて外をうかがうと、薄明るい外の裏通りには人影はない。
 音を立てないようにドアをしめて、駅の方にあるきだすとちょうど後ろからタクシーが通りかかった。
 狭い道でちょうど私のすぐ後ろでタクシーが止まった。
 これはちょうどいいと思って、私はタクシーの運転手に手を挙げて合図をした。
 タクシーの後ろの座席のドアが開いたので私はすぐに乗り込んだ。
 これで一安心、もう誰に追い回されてもタクシーに乗ってしまえば逃げられると思うと気持ちが一気に楽になった。
 このまま家に戻ろうと場所を運転手に告げるとすぐにタクシーが動き出した。
 タクシーが大通りに入ると、タクシーの運転手が「お客さん昨日はどうでした」と話しかけてきた。
「昨日はどうでした」なんて言われてもなんの事か判らない。
 私が返事をしないでいると「お楽しみだったんでしょう」と運転手がまた言った。
「今の時間にタクシーの乗るお客さんはラブホテル帰りしかいないからすぐ判るんですよ」と運転手が言うのでそれもそうだと思った。
 中沢君のアパートの近くにはラブホテルが並んでる裏通りがある。
 タクシーの運転手もそれを知っていて客待ちをしてるらしい。
「毎朝、タクシーで帰るお客さんもいるんですよ」とタクシーの運転手に言われてわたしはどきっとした。
 何か聞かれても困ると思って私が黙ってると「お客さん、生フェラ大好きでしょう」と運転手がまた声をかけてきた。
「生フェラ顔って知ってますか、生フェラの大好きな女は顔で分かるんですよ」と朝からエッチな話題を平気で口にするのでいったい何なんだろうと私は思った。
 この辺りで朝タクシーを拾う女なんてのは大体怪しい女しか居ないからタクシーの運転手も慣れてるらしい。
 風俗の女だったら話し相手が欲しくて、運転手のエッチな会話に応じるというのもなんだか分かる気がする。
 私は運転手をからかうつもりで「そうなんですよ、毎晩しゃぶってるんです」と言ってみた。
「やっぱりそうでしょう、生フェラ顔は一目で分かるから」と運転手が答えたので私はちょっと嬉しくなった。
 もしかしてこの運転手、このまま私はどっかのラブホテルにでも連れ込む気かもしれない。
 それともどこか山の奥に連れ込んで無人の別荘なんかに連れ込むのかしらと思うと急にまたおかしくて笑い出しそうになった。
 タクシーが信号で止まると、運転手が急に振り向いて「奥さん疲れてるんでしょう、これ飲みなさいよ疲れが取れるから」とドリンク剤らしい瓶を渡してくれた。
 確かに昨夜は吉本と中沢君それに百合恵さんの三人に責められ続けて全然寝てない。
 運転手からドリンク剤の蓋を取ってくれたので、飲まないわけにもいかないので、一気に口に流し込んだ。
 胃袋が気持ちよい感触で満たされると、急に体が楽になった。
 目を閉じてぼんやりとしてると頭が重くなって半分眠ったまま運転手が一人でしゃべってる声が聞こえ続けた。
 しばらく走ってタクシーが止まると急にドアが開いて「お客さんつきましたよ」と運転手の大きな声が聞こえた。
 窓の外を確かめるとタクシーはちょうど私のマンションの少し手前に止まってる。
 私はタクシーから降りようとしたけど体が動かない。
 半分夢の中のような気分で、身体を動かそうとしても思うようには起きあがれない。
 タクシーの運転手が運転席から降りてくると、私の体を抱き起こそうとした。
 太い指が私の腕を掴んで引き寄せ、もう一方の手が脇の下から私の身体を持ち上げた。
 運転手の制服に染み付いた男の香りに私は鼻がつんときて目眩がした。
 どうにかタクシーから降りると運転手は私の身体を支えて一緒にマンションの玄関に入った。
 そのままエレベータに乗ると、私は倒れ込みそうになって必死で運転手にしがみついた。
 運転手も私の身体を支えようとしてきつく私の身体を抱きしめてきた。
 制服の下の厚い胸板が私の胸に押しつけられて、私は夢の中でレイプされてるみたいな気分。
 部屋の前まで来ると、郵便受けの裏に隠してある鍵で中に入った。
 ベッドまで運転手に抱きかかえられてたどり着くと、運転手が私の服を脱がし始めた。
 男の人に服を脱がされるのって気分がもうう最高で楽しくて仕方がない。
 ブラジャーも外されると、運転手の大きな手が私の胸を包み込んで押し回してきた。
 急に息が苦しくなって目の前が真っ暗になると、そのまま気が遠くなった。
 半分夢の中で気が付いてみると、運転手が私の足下に屈み込んで顔を近づけてきた。
 くすぐったい舌先の動きが私の花園をとらえると、容赦なく感じる所をとらえて嘗め回してくる。
 私は自分から腰を突き出して、運転手に自分の体を捧げた。
 運転手はわざとじらすように私から身体を離すと、私の足を取って太股をくすぐりながら舌先で足の指の間を嘗め始めた。
 私が身体を震わせて何度も仰け反ると、大声で「入れて、お願いはやくいれて」と叫んだ。
「何をいれて欲しいのかな、ちゃんと言わなきゃ分からないだろう」と運転手の意地悪な声が耳元で聞こえてきた。
 大きな声を出せば奥の部屋で寝ている旦那に聞こえてしまうと思ったけどもう我慢できない。
 私が大声でその言葉を口にすると、運転手は私の足首を握って左右に開かせながら身体を重ねてきた。
 運転手は熱い鉄柱の先を花園に押し当てて、軽くぶつけるように何度もあてがうとゆっくりと押し回しながら入れてきた。
 一番奥の天井を軽く突き上げると急に腰を引いて滑るように入り口まで戻すとまた押し回しながら入ってくる。
 ゆっくりとした動きの間に、強い動きを巧みに織り交ぜて出し入れするテクニックは吉本や中沢君の強引な腰の動きとは全然違う。
 女を喜ばすテクニックをよく知ってる男の腰の動きに私は嬉しくて胸が張り裂けそうなくらいに幸福な気分で一杯になった。
 繰り返す動きに私の身体が慣れてきたのを確かめると、運転手は次第に激しい動きを織り交ぜて責めてきた。
 私が両手を運転手の背中に回して強く引きつけると、運転手は私の足を抱え込んで上からのしかかってきた。
 奥まで届いてくる逞しい男の感触が私の子宮にぶつかってくると急に電気が流し込まれたように身体が痺れて震えだした。
 運転手の厚い胸板にしがみつこうと両手に力を込めたとき、目の前に天井の蛍光灯が見えた。
 運転手が私の上に体を重ねてるはずだと手で探ろうとしたが腕が動かない。
 急に目が覚めるとベッドの上に寝ているのは私一人。
 寝室を見回して確かめてみたが誰もいない。
 布団の下に居るはずだと思ってもう一度確かめては見たけど、やっぱりベッドの上は私一人だけ。
 私の手の中には運転手の逞しい感触がしっかりと握りしめられてる。
 左手を布団の中からだしてみると、昨日運転手に渡されたドリンク剤の瓶が握られてる。
 ベッドの枕元に昨日着て帰った真っ赤なミニスカートが置いてあるのが見えた。
 昨夜はタクシーの運転手は私の服を脱がしただけで帰ってしまったらしい。
 せっかく良い所だったのに夢だと分かってがっかり。
 枕元には困ったときは呼んで下さいとメモ書きした運転手の名刺らしいカードが置いてあった。
 ドリンク剤が六本まとめてはいった赤い箱もすぐ横に置いてある。
 運転手が私のために置いていってくれたらしい。
 私は手に握ったままのドリンク剤の瓶を見て急に昨日の出来事を思い出した。
 繰り返し吉本に責められて、死んじゃうくらいに気持ちよかったのは間違いなく本当のこと。
 いくら吉本の事を恨んで憎んでいても身体はまた別。
 吉本の巨根に責められたら、気持ちよくなっちゃうのは女なら仕方ない。
 今度また吉本に責められたら、また今度も気持ちよくなっちゃうと思うと急に身体が熱くなった。
 あの奥まで突き上げてくる逞しくて力強い感触はとても忘れられない。
 私は何気なく手に持ったドリンク剤の瓶を口にもっていき、舌先で瓶の先端を嘗めてみた。
 苦い味と一緒に舌先が痺れるような感触で急に身体が熱くなった。
 私はもう我慢できなくてドリンク剤の瓶を花園の入り口に押し当てると、廻しながら奥まで押し込んだ。
 昨夜の出来事が繰り返し頭の中に渦を巻いて、映し出されると涙がこみ上げてきた。
 吉本に責められた子宮の奥の感触が再びよみがえってくると、もうドリンク剤の瓶を出し入れする指先が止まらない。
 背中を思い切り仰け反らせて叫び声を上げると、筋肉が引きつって痙攣を繰り返した。
 自分でもなんでこんな事をやっているのか判らない。
 昨日の出来事は絶対いやなはずなのに、何度でも体験したくてたまらないくらいに子宮が痺れてもうたまんない気分。
 急にトイレのドアが開く音が廊下の向かいから聞こえてきて私ははっとして手を止めた。
 息を止めて耳を澄ますと誰かがトイレから出てきたみたいな音。
 もしかしてタクシーの運転手がまだ居るのかもしれない。
 やっぱり昨夜あのまま帰ったんじゃないんだ。
 さっきの運転手の腰の動きはやっぱり本当だったんだと思うと急に嬉しくなった。
 いますぐ運転手が寝室に戻ってくると思って胸がいっぱいになって待っていたが遠ざかる足音が聞こえるだけ。
 変だと思って寝室のドアをそっと開けてみると、旦那がトイレに起きてきただけらしい。
 時計を確かめるともう昼過ぎ。
 旦那に昼食を食べさせないとと思って私は慌てて飛び起きた。
 台所に行ってみると、昨夜旦那が冷蔵庫から食べるものをさがして何か食べたらしくて食べ残しのゴミが散らかってる。
 取りあえず冷凍のピザを冷蔵庫からだして、電子レンジに入れた。
 旦那はいつものように昼過ぎまで寝ていたらしくて、目が虚ろで身体もだるそうにやっと動かしてピザを口に運んだ。
 私が昨夜大変な経験をしたのに旦那は何もしらずに寝てただけで、今私を見ても何も気が付かない。
 それも相手があの吉本だと言うのに、なんとも情けなくて悔しくなるだけ。
 食べ終わってまた部屋に戻ろうと立ち上がったとき、私は旦那のパジャマの上から大事な所をさわってみた。
 男だったら軽くさわっただけで、すぐ大きく成るはずなのに旦那の柔らかい感触に私はがっかりした。
 いますぐ生フェラして立たせてやろうかとふと思ったけど、旦那がいやがるに決まってる。
 諦めて手を離すと旦那は何も言わずに自分の部屋に戻った。
 これでまた夕食の時間まで寝てるのがいつもの日課。
 いったい旦那の病気がいつになったら良くなるのか、誰に何を期待していいのか分からない。
 旦那が寝たあと、取りあえず台所をかたづけて洗濯物を洗濯機に放り込んだ。
 あとは寝室に掃除機をかけて掃除をすませた。
 ベッドの横に昨日の真っ赤なミニスカートが落ちていたので、旦那に見つからないように押入の奥にしまった。
 あとは夕食の買い物に行かないといけないと思いついたが、なんだか疲れて身体がだるい。
 ベッドの横のテーブルに昨夜運転手が置いていってくれたドリンク剤があるので、一本だして飲んだ。
 強い刺激が胃に染みこんで体中に広がる感触は気持ち悪いくらいだけどなんとか元気がでてきた。
 駅前のスーパーに行こうと思って、駅への道を歩き出すと身体が一歩あるくたびに燃えそうに熱くなった。
 歩いているうちに昨夜の吉本に責められた感触がまた身体によみがえってきた。
 あの力強い感触はとても忘れられない。
 子宮が奥から痺れてきて、身体が震えてきちゃう。
 吉本にされたよりももっと酷い目に遭わされたいという願望がまた私の頭の中に渦を巻いた。
 いますぐ誰でも良いからドスケベ男にナンパされてめちゃめちゃにされたい。
 吉本にされたよりももっともっと酷い目に遭わされたい。
 脳みそが吹っ飛んじゃうくらいの快感を味わえば、吉本のことが忘れられるはず。
 昨日ナンパされたときは運が悪かっただけ。
 デリヘル女と間違えられたからろくな目には遭わなかったけど、ナンパされたら普通だったらもっと凄いことになってたはず。
 絶対そうに違いない。
 でなけりゃ女がそんなに気軽に男にナンパされて遊んだりはするはずない。
 駅前近くまで歩いてくるとケンタッキーが目に入った。
 以前長崎君と一緒にコーヒーを飲んだことのある店だ。
 そうだここなら男にナンパされるにはちょうど良いはず。
 池袋のファーストフード店では窓際で足を広げてれば男が必ず声をかけてきた。
 だけど池袋の駅前ならともかくこんな所じゃナンパしてくる男などすぐにはいる訳がない。
 私はケータイの出会い系サイトに書き込みすればいいはずと思いついた。
 ケンタッキーの横の路地でケータイを出すと適当に掲示板を選んで「駅前のケンタッキーで窓際で足を広げて待ってますから声かけて下さい」と書いてみた。
 あとは適当に「遊びたくて暇してます」とか適当に男が喜びそうな言葉を書き込んだ。
 これならきっと掲示板を読んでナンパしてくる男がいるはず。
 角を曲がって駅前のケンタッキーに入ってコーヒーを頼んで窓際に座ってみた。
 だけど地下鉄の駅の階段を上がってくる乗客が大勢すぐ目の前を通り過ぎていく。
 ケンタッキーの向かい側には大通りを挟んでコンビニもある。
 コンビニで本を立ち読みしてる男の子の視線がちょうどケンタッキーの正面だ。
 とても足を開いて窓際になんか座って男に声をかけられるのを待つなんてできる相談ではない。
 もう掲示板には窓際で足を開いてますって書いちゃったから足を開くしかない。
 だけど目の前を通り過ぎる大勢の人の前ではとても足をおっぴろげてパンティーを丸出しになんかできない。
 学校帰りの女子高生も目の前を通り過ぎていくけど、池袋を歩いてるような超ミニスカートの女子高生とは訳が違う。
 真面目そうな顔つきの女子高生ばかりだ。
 これじゃあどうしようもないと、仕方なくケッタッキーは諦めてさっきの裏通りに戻った。
 どうしようかと思ってると裏通りのすぐ先にラブホテルの看板が見えた。
 これは都合がいいと、ラブホテルの前ならナンパされるにはちょうどいい場所だと思って、また出会い系サイトに書き込みをした。
 ついでにケータイで撮った写真も載せて「声をかけて下さい」と書き込んでみた。
 今度こそ絶対男の目にとまるに違いない。
 だけど写真載せくらいではまだ足りないかもしれないと思って「今すぐラブホテルに連れ込んで下さい」とメッセージを追加した。
 これなら、書き込みを見つけた男がすぐにでも声をかけてくるはずだ。
 しばらくラブホテルの横の電柱に隠れてしばらくで待ってると、大通りお陰でこっちを見てる男が目に入った。
 ケータイを出して何度も確かめてるところを見ると、出会い系サイトを見て来たらしい。
 私もケータイを出してさっき書き込んだメッセージを確かめると、男から返事が入ってる。
 確かにすぐ目の前に立ってる男が書き込んだメッセージだとすぐ判った。
 私が手を振ると男は私の側まで足早に近づくと「待たせたね」と言うなりすぐ私の手を取って握りしめた。
 男の顔を確かめてみると結構若いし、見た目は良い感じ。
 体つきも細めな割にそこそこ良い体格で男っぽい。
 ラッキーと思って私は嬉しくなった。
 ラブホテルの玄関を二人ではいると、部屋に入るのが待ちきれなくて私は胸がいっぱいになった。
 受付にはまだ時間が早いせいか客は誰もいない。
 エレベータをでて廊下を進んで部屋に入ると、男がすぐにドアの後ろで私を抱きしめてきた。
 両手でねじり廻すように私の身体を引き寄せて胸が潰れそうになるまで抱きしめられた。
 息が苦しくてたまんないけど、堅く引き締まった男の筋肉の感触はたまらない。
 なかなかやるじゃん、男の子はこうでなくちゃ。
 男の子は女の身体が欲しくてたまらないのが当たり前なのよ。
 これだから人妻は出会い系サイトはやめられないのよねと納得できる気分。
 胸を指先でくすぐりながら、唇を重ねると舌が入ってきた。
 舌先が奥まで届いて私の舌と絡まると、私は目眩がして立っていられなくなった。
 男の両手に抱きかかえられながらベッドまで歩くと、私はすぐベッドに押し倒された。
 今度は何をされるのかと期待で胸がいっぱいになって私は男の目を見つめた。
 男は私の顔を横に向けさせると、耳たぶの裏側を嘗め始めた。
 やっぱり遊んでる男の子は違う、旦那だったらこんなこと絶対してくれない。
 女の身体は遊び上手な男の子にかかれば、自分の身体じゃないみたいに感じちゃうのよ。
 今度はなにをされるんだろうと思ってると、男の指が胸を揉みながら、ブラウスを脱がしにかかった。
 無理に脱がすんじゃなくて、脇腹をくすぐったり、背中に手を回してなで上げたりしたりしながら脱がすテクニックにはすっかり関心してしまった。
 私が半分身体を起こして、ブラウスを頭から抜くと次はブラの肩ひもを両側にずらしてブラのカップを外した。
 いきなり脱がすんじゃなくて、わざと肩ひもを方から外してまずは胸を露出させる気だと判った。
 そうよすぐに脱いだらつまんないのよね、男には少しづつ脱がすのが楽しみなのよと男にされるままになってると、男は私の胸に顔を寄せて舌で嘗め始めた。
 旦那になんか胸を嘗められたことがないので、急に訳がわからなくなったけどやっぱり気持ちいい。
 せっかく男の子がこんなに頑張って気持ちよくさせてくれてるんだから私もお返しに頑張らなくちゃいけない。
 泣きじゃくるような喘ぎ声を出して身体そらせて頭を仰け反らせると、手足の先を震わせて感じてる気分を自分で盛り上げた。
 そうよ感じてるときは、感じてる気分を思い切り演技して見せれば、今度は本当に演技じゃなく感じて来ちゃうのよ。
 それが男と女の遊びのルールなのと思うと、いつのまにか演技じゃなくて本当に感じて来ちゃうのが凄い。
 自分の身体がこんなに感じて来ちゃうなんて本当にいままで知らなかった。
 これだったら遊ばなきゃ絶対損、女の身体を楽しむのは女の特権なのよと思うと今度は急に嬉しくなって涙がでてきた。
 嘘泣きしてるつもりでも、本当に涙がでてきちゃうのが女の性なのよと自分に言い聞かせるともう涙が止まらない。
 男は私の上半身から身体を起こすと、スカートを脱がしにかかった。
 私が腰を浮かして、お尻を持ち上げると手品のような手つきで男が私のスカートをベッドの横の床に投げた。
 一緒にパンティーも脱がす早業はさすがに遊び慣れた証拠。
 私が腰を突き出して男に捧げる体位を取ると、すぐに男の舌がねっとりと花園に絡みついた。
 舌先を押しつけながらこすり上げて嘗めるテクニックはもう最高。
 こんなことされたら女だったらすぐにびしょ濡れになっちゃう。
 腰がもうがたがたになっちゃうくらい震え出すともう限界。
「はやく入れて、お願い、もう死んじゃう」と精一杯甘えた声でおねだりした。
 急にプーンと機械のうなる音がして私が男の手元を見ると、男は手にバイブを持って動き具合を確かめてる。
 震えながら先端がぐりぐりと回るバイブは、周りに真珠がはめ込んである特別製。
 こんな凄いバイブで責められたらどうなっちゃうのと思う暇もなく、バイブが私の花園の入り口を押し広げて入ってきた。
 心地よい振動が花園を一杯に震わせると男はゆっくりとバイブを押し回しながら奥まで入れてきた。
 もう気持ちよくて死んじゃいそう。
 急に男が私の手を取ってバイブの取っ手を持たせると、自分はリモコンのコントローラだけもってベッドから離れた。
 私に自分でやれって事らしい。
 男に見えるように腰を高く掲げてバイブをこね回すともう気持ちよくて何度も仰け反った。
 私は大きな声をだして泣きじゃくると、男はリモコンのスイッチをいろいろ変えて私の反応を確かめてきた。
 私はもうとてもたまんなくて何度も背中を仰け反らせて大声で泣き叫んだ。
 ここまで来ればあとは、最後の仕上げをしてもらうだけ。
「お願い入れて」と甘えた声でおねだりすると「その前にやることがあるだろう」と冷たい口調が帰ってきた。
 生フェラをやれって言ってるんだと私にもすぐ判った。
 そうよ遊び慣れてる女は、入れてもらう前に生フェラは常識よね。
 男がベッドの横に立ったままなので私はバイブをどけて男のパンツを脱がしにかかった。
 だけどなんか変。
 これだけ女と遊べば、もうとっくにパンツの下でビンビンになってるはずが、小さいまま。
 変だと思ってパンツを脱がして確かめてみてもやっぱり、小学生の子供みたいな感じのまま。
 すぐに大きくなるはずと思って、舌先を絡ましてしゃぶってみたけど全然反応がない。
「俺のは立たないんだ」と小さな声で呟くように言う男の声が、すぐ頭の上から聞こえた。
 立たないってどうゆうことと思って男の顔を見上げると、男が急に私の手を取って引っ張り上げた。
 男は私を立たせると後ろから抱え込むようにして歩き出した。
 前へ数歩進んで歩み寄った先は、バスルームのドアの前。
 男が手を伸ばしてドアを開けてそのまま一緒に中に引きずり込まれると、バスルームにしてはちょっと変な感じ。
 床に便器はあるけど駅のトイレみたいに、床全部がステンレスになってる馬鹿でかい広さで中央に足を載せる台があるだけ。
 部屋の天井の鉄のはりからは鎖が数本下がっていて、便器の周りにの床にも鎖の輪が転がってる。
 正面の壁には十字架みたいな形をした太い木の柱が備え付けてある。
 どれを見ても私が女王様のバイトしてたSMクラブで見覚えがある道具ばかり。
 この部屋バスルームじゃなくてバスルーム兼用のSMのプレイルームに違いない。
 そう言えばさっきまでいたベッドも鎖が四隅に付いていたけど飾りじゃなかったみたい。
 男は私を相手にここでSMプレーでもして遊ぶつもりらしい。
 最初見た感じは普通に遊んでる男の子でテクニックも抜群だと思ったけど、ちっとも普通の男の子じゃなかったんだ。
 だけど私だってSMクラブではゴードンを相手に女王様をやってたくらいの女。
 それもプロの調教師がとても調教できないと投げ出した女だ。
 こんなド素人の男がいくら頑張ったって私を調教なんかできるはずない。
 それにこの男、あれが全然役に立たない。
 適当にあしらえば何とかなるはずと思うと少しは気が楽になった。
 男がドアの横のハンドルを回すと、ギリギリと大きな音がして鎖が降りてきた。
 男は天井から降りてきた鎖に私の両手を繋ぐと、両足も便器の両側の鎖に結んだ。
 手足を鎖で繋がれた格好で、便器の上に立たされると私は男の顔を睨みつけた。
 男は何度も鎖を確かめてから私の頭を軽く小突いて「生意気な顔しやがって」と呟いた。。
 やれるもんならやってみなさいよと思ってたかをくくって男を見返してやると、男は後ろの棚からなにか出してる。
 男がこちらに振り返ったとき手にしている巨大な注射器を見て私はびっくりして目が丸くなった。
 一目で浣腸器と判るガラスの大きな筒は、私の居たSMクラブでは飾りに置いてあっただけで実際に使ったことはなかった。
 あんなので浣腸されてはとてもたまらないと思って身体をよじって逃げようとしたけどもうだめ。
 男が手際よく差し込むと最初は軽く少しだけ入れて、様子を見てからたっぷりとヌルヌルした液体が注入された。
 すぐにさっきのバイブが花園の奥まで入れられるとぐいぐいと中で回りながら振動を始めた。
 私の額には脂汗が浮かんで足が震えて、体中ががたがたと揺れると鎖ががちゃがちゃと音を立てた。
 男が今度は棚から鞭を出すと、私の後ろから思い切り鞭の先を私のお尻に叩きつけてきた。
 お尻の真ん中にめがけて飛んできた鞭の先から激痛が走ると、私はたまらずに大声で悲鳴を上げた。
 SM倶楽部でやる調教は、実際には軽く叩くだけで全然痛くなんかない。
 いやらしい会話をしながら調教のお芝居をするだけ。
 だけどこの男は本気で叩いてる。
 口を開かずに黙ったまま、女を痛めつけて楽しんでるんだ。
 この男のやってるのはSMなんかじゃなくてただの拷問。
 それをが楽しいなんて本当の変態男だ。
 こんな男の相手をしてたら、この先なにをされるか判らないけどいまさら逃げられる訳がない。
 何度もお尻を鞭で叩きつけられて私は涙を流しながら必死でこらえたけどもう限界。
 急にお腹の中から噴流が足下のトイレに流れ落ちると私はもう立っていられなくて鎖にぶら下がるように倒れ込んだ。
 男が鎖をゆるめると私は腰が砕けて、男の足元に倒れ込んだ。

12.レズビアン<< ページトップ >>14.調教

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音