長編官能小説 人妻不倫レズSM調教

by七度柚希

目次

1.セーラー服でお仕置き

2.奴隷契約書

3.強制女装レイプ

4.人妻逆ナンパ

5.人妻強制レズ調教

6.人妻監禁調教

7.人妻デリヘル

8.生フェラ

9.ラブホテル

10.陵辱

11.露出

12.レズビアン

13.SMプレー

14.調教

15.ランジェリーパブ

16.ハプニングバー

17.裏ビデオ撮影

18.生フェラ輪姦

19.人妻売春

20.デリヘル女

6.人妻監禁調教

強制監禁

 2週間ほどたってゴードンが店に来ると「結婚するから今までの写真は全部返して欲しい」と言い出した。いきなり結婚とか言い出すので私は訳が分からなかったけど、まあ結婚するならそれはそれでお目出度いことだしと思い、今までのセーラー服姿で縛られている写真をみんなゴードンに返した。するとゴードンは「嫁さんを紹介したいからこれからアパートに来て欲しい」と言い出した。私が嫁さんと顔を合わせるのもまずいと思い断ろうとすると、私も知っている女性だから是非会わせたいと言い張って聞かない。
 ゴードンに案内されてアパートに行くと、部屋には順子さんがエプロンをして部屋の窓ふきをしていた。
「これが嫁さんだ」とゴードンが言い出すので私はびっくりしてしまった。
 あのあとゴードンが順子さんを部屋に連れて帰ってそのまま監禁しているうち結婚ということになったらしいので一体どうなってるのかしらと順子さんを問いつめた。
 順子さんが助けに来てもらうために吉本に電話すると、吉本は順子さんが家から電話してると思いこんで「仕事でどうしても帰れないから明日は帰るからと」言い訳したと言う事らしい。
「私が監禁されて一週間になるのに、吉本は私がいなくなったなんて気がついてないのよ、こんな馬鹿らしいことってあるの」と順子さんはわめき散らした。
 どうもそれが吉本と別れる決心がついた決め手らしいと私は納得した。
「吉本は相変わらず私が家で吉本の帰りをまっているのと思いこんでるのよね」と順子さんが言うので、確かにそんな馬鹿な話はないと私にも思えてきた。順子さんは離婚の話しをどう吉本に切り出すか迷っている様子。
 ゴードンに何か言われて順子さんは急ににこにこしながら「彼すごいの、一晩六連発なのよ、それでね子供が欲しいから、ゴムは絶対しないんだって」と嬉しそうに話しを始めた。そういえば彼の宗教では、結婚までセックスはいっさい許されずに、セックスした相手とは結婚しなければいけない事になっているとゴードンが言っていたのを思い出した。フェラチオもセックスの内に入るんだとの教義らしいと私にも分かってきた。
「私のフェラチオはとても上手だってほめてくれるのよ」と順子さんが言い出すので、この勘違い異文化交流カップルがどうして出来上がったのか分かる気がしてきた。
 せっかくいいラストシーンが書けたと思ったのに、これではハッピーエンドの恋愛小説じゃないのと私はどうにも納得いかない気分だった。

裏SMビデオ

 数日たって吉本がランジェリーパブに私を訪ねてきた。話しの様子では順子さんが吉本にもう家には帰らないと宣言したようで「なにか言いたいことがあったら有希さんに言ってね」と順子さんに言われたらしい。
 順子さんが吉本に告白したという話を聞かされて私は本当にびっくりしてしまった。順子さんは私が紹介したSMクラブでアルバイトして妊娠したので離婚したいと言いだしたという事。
 何んという作り話だと思って私は思わず吹き出して笑いそうになった。吉本はそんなことがあるはずもないが、もしかして本当なのかもしれないとすっきりとはしない気持ちのよう。
 SMクラブでは客とどんな事をするのかしつこく聞かれたので「金さえもらえばフェラチオもするしセックスもします」とわざと大げさに答えた。
 吉本は急に笑い出して「俺のはでかいんだ、なにがでかいか分かってるだろう。それで順子のやつ、一発やってやったら俺と結婚するって言い出したんだ」
「他に男も知らないくせして、それでも俺がでかいのは分かったらしい」
「いくら他の男と遊ぼうと、俺が一発このでかいのぶち込まれたら、すぐに順子は俺の所に戻ってくるんだ」
「お前も俺のでかいの試してみろ、すぐに分かるから」と訳の分からないことを言い出した。言い返してもしょうがないと思い私は返事をしなかった。
 すると「やっぱり嘘なんだろうSMクラブなんて話は全部作り話なんだろう」と吉本は言い出した。
「証拠を見せみろ、見せられないだろう」と言われて私は「順子さんに伝えておきます」とひとまず答えてその場を切り抜けた。

 吉本が帰ってから順子さんに電話すると「あのとき撮ったビデオを吉本に見せればいいのよ」と順子さんが言い出した。
 翌日私は吉本が店に来ると「順子さんにこのビデオ見せてと頼まれたんです」と言って証拠のビデオを吉本に渡した。ビデオのカセットには「人妻調教」という手書きの題名が付いていた。
 吉本は「これからビデオを確かめるから、一緒に来てくれ」と言い出した。どうせインチキなビデオだと思いこんでいるようで吉本は落ち着いた様子。私もビデオを見ていないのでなんとも答えようがなく一緒に行くことにした。
 どこかビデオをゆっくり二人で見られる場所というと、やっぱりラブホテルしかない。店の裏手のラブホテルに二人で入ると、部屋にはプラズマテレビの巨大なスクリーンがベッドの正面に置いてあった。
 吉本がビデオをデッキに入れてリモコンを操作するとビデオが始まった。最初に画面いっぱいに映ったのは両足を広げた花園。プラズマテレビの巨大な画面に映る花園はなにか異様な植物でも見ているよう。
 吉本はどうせインチキだとたかをくくっているらしくて平然として画面を見ていた。画面には縛られた手や両足が映っていたが、顔は映っていない。
 ビデオも終わりに近づいたようで、吉本は「やっぱり、その辺の裏ビデオを持ってきただけなんだろう、俺がだまされると思うのか」と言ってビデオを消そうとした。
 その瞬間にビデオの画面が急にすっ飛んだ。ゴードンが照明のケーブルに足を引っかけた場面だと私には分かった。次の瞬間に順子さんがゴードンの巨大な●根を口にほおばっている様子が目の前のプラズマテレビ画面に映しだされた。
 吉本はビデオのリモコンを持ったまま顔が凍り付いた。しかしすぐに大声で笑い始めた。
「あれは作り物だろう。スカートはいてるじゃないか、女が作り物のペ●ス腰に付けてるんだろう、あんなでかいのあるわけないじゃないか」と勝ち誇ったように言うと、私の体を両手で揺さぶった。

強制レズレイプ

 カメラの場面が変わると、今度はセーラー服を着たゴードンが順子さんの上にのしかかっているのが映った。後ろから撮した画像はどうみても女同士のレズプレーにしか見えない。
「レズの女が腰にベルトつけて、オチンチンの偽物を使うって聞いたが、それだろう。順子の相手は女子高生かこれはいいぜ」とまた吉本が大きな声で笑い始めた。
「俺は女子高生に女房寝取られたのか、でかければ作り物でもいいのか順子のやつ、でかけりゃいいのか」と吉本は半分泣きそうな顔でわめきちらした。
「女が相手で子供ができるわけないじゃないか、順子の言ってることはみんな嘘なんだろう、このビデオが証拠じゃないか、女相手に妊娠なんかするわけないだろう、全部嘘っぱちだ」と言い出すと吉本は枕を部屋の隅に投げつけた。
 やがてまた画面が変わると、ゴードンの巨大な男●が、順子さんの花園に打ち下ろされる場面が映し出された。巨大なプラズマテレビに映し出された男●は実物の数倍にも見えるようなすごい迫力。
 相変わらずゴードンの腰にはスカートが巻き付いて、一目見た感じでは女性が作り物の男●を着けて順子さんを責めているようにも見える光景。
 吉本はあいかわらず「よく出来てるじゃないかあのでかいの」と言って笑い続けてる。しかしゴードンが腰を上げてスカートをめくり上げると、その巨大な男●の全容が映った。
 根本に大きく付属する二つの球状の物体には陰●がうっすらと茂っているのが見え、その先端からしたたる滴は偽物ではないのが吉本にもようやく分かって来たみたい。
 吉本はその巨大な男●の持ち主がアメリカ人とは気がつかない様子で、その大きさにはとても信じられないようだ。
 吉本の顔色がみるみる変わっていくと体を震わせながら「あのでかいのでやられたのか、あのでかいので」と何度もつぶやき続けた。
「順子はあのでかいのがよくて、俺を捨てたのか、俺よりでかいから」と言い続ける吉本の顔は、どうみても女心をひとかけらも分からない自己中男の顔そのもの。

「よくも人をおちょくりやがったな、なにが面白いんだ人をさんざんおちょくりやがって」吉本は急に大きな声でわめきちらすと、私に襲いかかってきた。私は必死で押しのけようとしたが、吉本は私の首を絞めてきた。
 私が苦しくて気絶しそうになると、今度は私のスカートをめくり上げてパンティーを膝までおろして、強引に私の両膝を肩まで持ち上げて押さえつけてきた。
 私はなんとか抵抗しようとはしてはみた物の、男の力にはとてもかなわない。
 もうどうにもならないと思って私が身体の力を抜くと、吉本は私の膝から手を離して、ズボンを降ろした。
 吉本が自慢するだけあって、ゴードンと比べても見劣りしないほどの立派さに私は目眩がしそうになった。
 私がまだ大人しくしているのを見て吉本は私の上から身体を重ねてきた。
 こうなったら最後の手段しかないと覚悟を決めると私は、右足の膝で思い切り吉本の股間を突き上げた。
 上手く急所に当たっらしく吉本が悲鳴をあげてベッドから転がり落ちると、みっともない格好で足をばたばたさせてる。
 今だと思ってベッドから降りてドアまで駆け出そうとした瞬間に、私は膝にからんだパンティーで足がもつれてベッドのすぐ横に倒れ込んでしまった。
 必死で起きあがろうともがいては見た物の、慌ててもがくだけですぐには立ち上がれない。
 吉本がその隙を見逃すはずもなく、私の両足首をすくい上げてそのままベッドの上に力づくで引き寄せてきた。
 ベッドの上に仰向けにさせた姿勢で吉本に上から押さえ込まれると私はもう身動きができずに苦しくてうめき声を上げるのがやっと。
 いつの間にか手にした赤いロープで吉本が私の足首と手首を縛り上げると、ロープをベッドの枠に通してから引っ張り上げた。
 両手と両足がベッドの上の左右の枠まで引っ張り上げられると、私は恥ずかしい姿勢のまま身動きができずに吉本の前に花園がむき出しにさせられた。
 両方の手で吉本が私の胸をねじり上げると私は痛くて甲高い悲鳴をあげ続けた。
 吉本が腰を落としてくると、信じられないほど深く私の奧まで届いてくる感触に私は震えが止まらなくなった。
 私は身体を引き裂かれる程の快感で頭が真っ白になり、もう誰が相手にでもいいからもっと強く責められたい熱望で一杯になった。
 吉本がようやく私を征服し終わったとき、私の身体は震え続けてもう止まらなくなった。
 吉本が私を縛ったロープを解くと、私は抵抗する気力もなく思い切り吉本の胸に抱きついて泣きじゃくるだけしか出来なかった。
 吉本が私の背中を優しくなでてくれると、私はもうどうにもならない気持ちで必死で吉本に抱きついて胸を押しつけてこねるように押し回し続けた。
 ようやく気持ちが落ち着いてくると、吉本が私の耳元で「まだやりたいだろう、しゃぶらせてやるぜ」と甘く囁いて来た。
 私はとても我慢しきれずに「お願いします」と返事をして吉本の腰に顔を近づけた。
 舌が吉本に触れた瞬間、熱くて火傷がしそうな感触で舌先が痺れると、私の身体がまた一気に燃え上がった。

5.人妻強制レズ調教<< ページトップ >>7.人妻デリヘル

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音