長編官能小説 人妻不倫レズSM調教

by七度柚希

目次

1.セーラー服でお仕置き

2.奴隷契約書

3.強制女装レイプ

4.人妻逆ナンパ

5.人妻強制レズ調教

6.人妻監禁調教

7.人妻デリヘル

8.生フェラ

9.ラブホテル

10.陵辱

11.露出

12.レズビアン

13.SMプレー

14.調教

15.ランジェリーパブ

16.ハプニングバー

17.裏ビデオ撮影

18.生フェラ輪姦

19.人妻売春

20.デリヘル女

1.セーラー服でお仕置き

女子大の同窓会

 コーラス部同窓会の通知が届いたので、着ていく服をどうしようかと心配になった。
 女子大の同窓会は、あれこれ噂話しに花が咲くけど服装もいろいろ言われるのでうっかり普段着では行けない。
 一応旦那に新しいワンピースを買っていいか聞いてみた。
 旦那とは大学の時同じコーラス部で知り合ったので同窓会に一緒に来るかも聞いてみた。
 コーラス部は東大生を中心に近所の女子大が集まったクラブで、もちろんお目当ては東大生と結婚すること。
 女子大の同窓会にも旦那を連れてきて見せびらかすのも通例だ。
 旦那はあまり気が乗らない様子で、服の話しもろくに聞いてくれない。
 女と会うのはいやだとかで、同窓会にもでない事になった。
 当日会場の居酒屋に行って前で待ってみたけど誰もこない。
 女子大の頃良く合コンで行ったことのある池袋の駅裏の居酒屋なので間違うはずはない。
 先輩の芳恵さんに携帯で電話してみると私は日付を間違えたらしい。
 通知の葉書を取りだしてよくよく見ると去年の葉書。
 どっかで間違えたらしい。
 早めに家に戻ると、旦那の部屋から変な音が聞こえる。
 ぴちゃぴちゃという音や女のうめき声だ。
 女を連れ込んだにしては音が大きすぎる。
 これはアダルトビデオらしい。
 うっかり旦那をとっちめても返って面倒。
 男というのはいろいろ手間がかかる。
 とりあえず買い物にでも行こうと思って玄関を開けると、ちょうど女性がドアのベルを押そうとしてる。
 見た感じはちょっと派手なお化粧だけど、保険のセールスウーマンにしては服装がどうも変。
 真っ赤なミニスカートの保険屋など居るはずもない。
「なんの御用でしょうか」と声を掛けてみると、女は戸惑ったようすで部屋の番号を確かめてる。
「あの、お呼びになりましたよね」と女が言うので「呼んでませんけど」と言うと女はもう一度部屋の番号を確かめてから帰って行った。
 女の後からマンションの前まででると、女はそばに止めた車の男と何か話してる。
 部屋の番号を確かめてるらしいが、私は知らん顔で横を通り過ぎた。
 駅前で買い物を済ませてから、時間がまだあるのでまたさっきの芳恵さんに携帯で電話した。
 芳恵さんは先輩だけどまだ研究所の学生なので、夕方は暇らしい。
 旦那のアダルトビデオの話しをしてみると男はみんな嫁さんに隠れてアダルトビデオを見るのが普通らしい。
 さっき玄関前で出会った女の話をすると「それはデリヘル女よ、それも人妻デリヘル」ときっぱりと言い切った。
 旦那は私が留守にしている間にデリヘル女を呼ぼうとしたらしい。
 それで女が来るまでの時間つぶしにアダルトビデオを見てたんだ。
 だけどデリヘル女ってなんなのか、聞いたことはあるけどよく分からない。
「ねえ、そのデリヘルってどうゆうことなの」と試しに芳恵さんに聞いてみた。
「最近ね人妻デリヘルとかはやってるのよ、ほら旦那が嫁さんの相手しないから、身体をもてあました人妻がデリヘルで遊ぶのよ」と芳恵さんが言うのでデリヘル女の方も遊びでやってるらしい。
「それでどんな遊びなの」ともう一度詳しく聞いてみると「いろいろエッチなことするんだって、ほら遊びだと割り切ってるから、お互いやり放題らしいのよ」とどうも凄いことをするらしい。
 これは帰ったら旦那をとっちめてやろうと思って、また家に戻った。
 ドアを開けると旦那がちょうど出かける所らしい「あれ、早かったじゃないか」と言って外にでようとしてる。
「ちょっと買い物行ってくるから」と旦那が言うので信用するしかない。
 さっき旦那がビデオを見てた部屋にはいると、目に付くところにアダルトビデオらしいものはない。
 だけど旦那が隠す場所は、バックアップのCDのケースに違いない。
 開けてみると裏返しになったアダルトビデオのDVDがいっぱい入ってる。
「フェラチオ100連発」やら「女子高生痴漢狂い」や、「人妻強制デリヘル」、「シロートナンパスペシャル」に「人妻生フェラ調教地獄」とタイトルも色とりどり。
 いったい何のビデオか見当もつかない。
 すぐに芳恵さんに報告すると、どうも男というのはそうゆうのが好きらしい。
 だけどそんなことより、旦那が何処に行ったのかその方が問題だ。
 デリヘル女と待ち合わせの場所に行ったに違いないと言うのが芳恵さんの意見。
 だけどなんで人妻がデリヘル女なんかするのかいまいちよく理由が分からない。
 やっぱりお金のためなんだろうか。
 だけど今時お金がどうしても内からなんて理由で風俗で働く人妻なんているはずない。
「それでデリヘルってよっぽどお金になるの」と芳恵さんにまた聞いてみた。
「お金になんか成るわけ無いわよ、稼いだお金は全部男に巻き上げられて残りなんか雀の涙なんだってよ」
「ほら、付き合った男なんかに男狂いの身体になんかされちゃうと、もう毎晩男に抱かれないと我慢できないからさ、そうなるとデリヘルしかないでしょう」
「フェラチオ狂いの女にされたらもうデリヘルしかないわよ」
「裏ビデオなんか撮られて止めたくても止められないんだって」と随分いろいろ知ってる様子。
 芳恵さんの話では大学の時の友達にも、男に騙されてフェラチオ狂いの女にされてデリヘルでバイトしてた子が何人もいたらしい。
 今頃になってあの人がと言う名前を聞かされて私は本当にびっくりした。
「ねえ有希ちゃんあんた、デリヘルで働きたいんじゃないの」と今度は芳恵さんが言い出した。
「旦那が浮気して許せないから、デリヘルで働きたいんでしょう、そうなんでしょう。あんたこそ毎晩フェラチオしたいんじゃないの」と問いつめられたがまだ旦那が浮気と決まった訳ではない。
「浮気してるに決まってるわよ、デリヘル女を家に呼んで浮気してない訳ないでしょう」と芳恵さんに言われると確かにそうだ。
 旦那の浮気なんか絶対許さない。
「今夜強引に迫ってみたら、男は一度やったらその日の内に二度目は無理だから浮気したかすぐわかる」と芳恵さんに言われるとそれもそう。
「フェラチオすれば一発でわかるから」ど芳恵さんにアドバイスされて勇気がでてきた。
 しばらくして帰ってきた旦那は、手に小さな箱を持って部屋に入った。
 コーヒーを入れて部屋の様子を伺うと包みを開けた中はプラモデル。
 あれっと思ったけど旦那は平気な顔で箱を広げてプラモデルを組み立て始めた。
 これじゃデリヘル女と浮気なんてありそうにない。
 夕食の後いつもは着ないお色気たっぷりのネグリジェを着てわざと「ねえ、私今夜寂しいの」と言ってみた。
「ほら、同窓会の友達みんな結構遊んでてね浮気なんかしてるらしいのよ」
「旦那より他の男の方が上手なんだって」とわざと拗ねてみた。
「たまには刺激が欲しいらしいのよ」と適当に話しを続けた。
 旦那もこれはまずいと思ったのか「そういえばここんとこしてないな」と言いながら私の手を取った。
 私が顔を寄せると旦那も顔を寄せてキスしてくれたけど、唇を重ねるだけ。
 芳恵さんが言ってるような、舌を絡ませて歯茎を嘗め回したり、唾を吸い出したりなんてテクニックは旦那に出来るわけはない。
 とりあえずアダルトビデオの事を聞き出そうと思って「ねえ、あなたちょっと変わった事なんかしてみたいんじゃないの」と遠回しに聞いてみた。
「そうだな、ちょっと変わったことくらいしてもいいな」と旦那が言うので「フェラチオとかして欲しいんじゃない」と言ってみた。
 私はもちろん旦那にフェラチオなんかしたことないし、そもそもフェラチオ自体やったことなんかない。
 だけど女子大生となればフェラチオなんて当たり前。
 女子大生なら誰でも「彼氏にやれって言われちゃって」と嘘を着いてでも知ってる振りをするもの。
 旦那だって私がフェラチオしたいなんて言いだしても驚いたりはしないはず。
 だけど私がフェラチオ狂いだと思われても困る。
 とりあえずベッドに誘って、ネグリジェの前を開けると旦那の手が胸を揉み始めた。
 適当に喘ぎ声をだしたあと、パンティを自分で脱ぐのもいつもと同じ。
 旦那が腰を少し動かしただけであっという間に終わってしまった。
 だけどこれで不倫はしてないと判ったのでとりあえず大成功。
 次の日曜日に同窓会にでてびっくりした。
 芳恵さんが変態男にナンパされてフェラチオ狂いにされたと話してくれた京子ちゃんと早苗ちゃんも来てる。
 それに芳恵さんだっていろいろ知りすぎてるのが怪しい。
 芳恵さん自身もフェラチオ女に違いない。
 一通りメンバーも揃ってみんの近況の報告も終わると女子大の同窓会といえばエッチな話ししかすることはない。
 芳恵さんは得意になってフェラチオ談義を始めた。
 この手の話しで芳恵さんの右に出る女はいない。
 芳恵さんの話だいたいが耳年増で聞いた話だがそれでも聞いていて面白いのでみんなよろこんんで聞き耳を立ててる。
 芳恵さんが話題にしたのは先輩の百合恵さん。
 私が女子大に入学したときはもう卒業してたので直接会ったことはないが相当の美人らしい。
 付き合った相手が東大生だったのはいいけど、相当の悪で騙されて男狂いの身体にされて今じゃデリヘル女という話し。
 芳恵さんの話では、喫茶店という事で連れて行かれたのがハプニングバーで店の中で輪姦されてビデオも撮られたらしい。
 それから近くの公園のトイレでフェラチオ輪姦されてもうフェラチオ狂い。
 いまじゃ毎日フェラチオしたくてデリヘル女になってるらしい。
 何処まで本当か嘘か判らないけど、百合恵ちゃんの同期の親友も同じ話しをしてたらしくて大体が本当らしい。
 すごいわねえと歓声を上げて聞いてた友達も、羨ましいのか妬ましいのか可愛そうなんて言う人は誰もいない。
 そこそこお喋りもすむと誰かが帰り支度を始めた。
 それを見て他のみんなも帰り支度を始めて自然とおひらきになった。
 今日は早めに帰ろうと思って芳恵さんに帰りの挨拶をしようとすると、芳恵さんが「なに言ってるのよこれからじゃないの」と言い張る。
「これから二次会よ」と誘われたけど、一緒にいるのはあのフェラチオ狂いの京子ちゃんと早苗ちゃん。
 これはどう見ても危ない。
 私が何度も頭をさげてご免なさいと断ると、芳恵さんは仕方ないという顔で別れて三人だけで歩き始めた。
 だけどあの三人のすることはどうも心配だ。
 大通りの横の裏道に入る三人の後ろ姿を後から少し離れて見てると、すぐに男が声を掛けてる。
 相手も男三人だけど誘い方が遊び慣れた危ない感じの雰囲気。
 見てるとすぐに手を繋いで手近なカラオケ店に入った。
 ナンパされてカラオケのあとは何処にいくのかなんてのはお決まり。
 やっぱり断って良かったと思って帰ろうとして振り返ると男に道をふさがれた。
 見た感じはホストみたいに格好いいけどどうみても中年。
「奥さん綺麗だね、モデルさんみたいだね」と男が調子よく声を掛けてきた。
 ナンパだ。
 うっかり相手をしたら大変なことになる。
 私が何とか逃げようと振り返ると後ろの道が他の男にふさがれた。
 ビルの両側の壁の間の細い道は、どうにも逃げようがない。
 すぐよこに非常階段が見えたが、狭い階段を上に登っても逃げられそうにない。
 男が後ろと前から近づいて私の身体を抱き留めようとしてきた。
 その時急に階段の上のドアが開いて、派手な女性が真っ赤なミニスカートで降りてきた。
 いつか見たデリヘル女そっくりの雰囲気で商売女に違いない。
「あんた商売するんなら挨拶くらいするもんよ」と女がいきなり私を睨み付けてきた。
 こんな場所にいるから私もデリヘル女だと思われたらしい。
 男達はまずいと思ったのかすぐに姿を消した。
 逃げるのは今しかない。
 私は慌てて駆け出して大通りにでた。
 地下鉄の階段を降りるとほっとして急に気分が楽になった。
 家に戻ってとりあえずコーヒーを飲んでいると芳恵さんから電話があった。
 カラオケで盛り上がってるから私も来ないかというお誘いだった。
 でもカラオケにしては何だか変。
 女性の声らしい喘ぎ声が聞こえる。
 それも携帯から聞こえるくらいだからかなり大きな声だ。
「ちょっとお、今なにやってるの」と私は思わず芳恵さんに大声をだしてしまった。
 芳恵さんはちょっとまずいと思ったのか「あ、決まってるでしょカラオケよ」と誤魔化してるけどどうも変。
 すると急に電話の声が変わって京子ちゃんが出た「有希ちゃんさあ、遊ぶときは遊ばなきゃだめよ」
「女に生まれたんだから、女に生まれたのを楽しむのが一番よ、そうでしょう」とおかしな理屈を並べ立てた。
 私が黙ってると「やっぱ生フェラよ、生フェラが女の一番の喜びよ」と言いだした。
 急にまだ電話の声が変わって「もしもし有希ちゃん」と芳恵さんの声がした。
 芳恵さんがこれはまずいと思って携帯を京子ちゃんから取り上げた様子。
 慌てた様子で「じゃあ、また電話するね」と芳恵さんは携帯を切ってしまった。
 電話のあとコーヒーの残りを飲んでいるあいだも携帯から聞こえてきた喘ぎ声が耳に響いて離れない。
 男に可愛がられると女は喘ぎ声を出すってのは知ってるけど、旦那とセックスしてもそんな気分に成ったことはない。
 旦那が下手すぎるせいだとは前から思ってたけど、やっぱりそうなんだ。
 だけどアダルトビデオを見てるくらいだから、少しはやり方くらい知ってるはず。
 なんだか気持ちがむしゃくしゃして居たたまれない気分。
 旦那の部屋に行ってみると、旦那はまだ帰っては居ない。
 どうにも気分が収まらなくて、私は旦那が隠していたアダルトビデオを付けてみた。
「フェラチオ100連発」をパソコンに入れて見てみるとびっくりした。
 フェラチオの場面が延々と映ってるだけ、それも全部モザイク無し。
 旦那が持ってるアダルトビデオって全部裏ビデオらしい。
 一通りアダルトビデオに目を通してみると、旦那が下手な理由が分かった。
 ビデオのどれを見ても、男が女性を気持ちよくさせてる場面なんかない。
 デリヘル女らしい女が男性を喜ばせてる場面か、あとはレイプや輪姦ばかり。
 これじゃああ、いくらアダルトビデを見てもセックスが上手になるはずはないと私はがっかりした。

GPS航空管制システム

 それからしばらくして旦那がいつものように夕方帰ってくると妙に機嫌がよくて嬉しそうだった。
 私はちょっと気になって「最近どう、仕事は順調なの」と聞いて見た。すると旦那は顔をほころばせて「今度仕事が替わってね、前から人工衛星の仕事をしたいと頼んでおいたんだが、やっとその仕事に配置換えになったんだ」と上機嫌で話しを始めた。
 旦那は大学で物理学を勉強したものの、会社に入ってからは銀行のオンラインシステムの仕事をやらされて「簿記だの、手形だの訳の分からない勉強をするのはうんざりだ」と日頃からこぼしていた。
「今度は人工衛星の仕事で、しかも世界で最先端の仕事なんだ」
「GPSを使った航空管制システムで、今度日本が打ち上げるMTSAT衛星を使って航空機と通信するんだ」と大喜びで話しを始めたので、「GPSってなんなの」と聞いてみると「ほらカーナビってあるだろう自動車で、あれのことなんだ、人工衛星からの電波で自分の位置がわかるんだ、それを飛行機の航空管制に使うのが今度の仕事なんだ」
「もちろん自動車と同じことをやっていたら、精度がぜんぜん足りないから、特別に位置の精度を精密にする技術を使うんだがそれが世界でもどこでもやったことがない大変な技術なんだ」
「精度を上げるための情報をね、MTSAT衛星という人工衛星を使って飛行機に送信するんだ」
「今回は試験システムなんだがあと三年後の一九九九年にMTSAT衛星が打ち上げられるまでには本システムを完成させないといけないんだ」と得意になって話しが続いた。
 私は聞いていても訳が分からないので「それでノーベル賞は取れるの」と聞いてみた。旦那は一瞬言葉を詰まらせると「そのまあ、取れるかもしれないけど」と言ってすこしいやな顔をした。私は旦那が喜ぶんだから良かったのかしらとは思ったが、旦那ほどには感激しなかった。

 旦那は始めの頃は喜んで会社に出かけていた。しかし仕事が忙しくなると泊まり込みの徹夜が続くようになった。
 ある日深夜に帰って来ると食事をしてからすぐベッドで寝込み、朝になっても起きようとはしなかった。
 私が起こそうとすると「今日は会社に行きたくない」と旦那が言いだした。
 疲れているらしいし旦那が行きたくないというのなら仕方ない。
 夕方になってもベッドから起きあがる気配はない。
「とりあえず御飯食べてね」と私が言うと、やっと起きてきて夕ご飯を食べた後すぐ寝てしまった。
 私は心配になって芳恵さんにまた電話してみた。
「それであっちの方はどうなのよ、あっちが大丈夫ならちょっと疲れてるだけだと思うの」と言うのが芳恵さんの意見。
 こればっかりは試してみるしか方法はない。
 私はこの間着たお色気ネグリジェを着て旦那のベッドに潜り込んだ。
 旦那に抱きついて胸の膨らみを押しつけたが、旦那の反応がない。
 いつもなら身体を捩らせて抱き返して来るはずなのに今日は駄目みたい。
「ねえフェラチオしてあげようか」と思いあまって切り出すと「うん、やってくれるなら有り難いんだけど」と旦那も乗り気。
 旦那の腰の前に四つん這いになって口を近づけた。
 小さくて縮み上がってるようにも見える旦那の男●はまるで子供みたい。
 とりあえず舌を絡ませれば男だったらすぐ元気になるはず。
 口に軽く含んで舌を動かしてみた
 だけど駄目だ。
 旦那も困った顔をしてるだけでどうにも成らない様子。
 仕方なくベッドから出るとネグリジェを脱いで丸裸になってもう一度ベッドに入ろうとした。
 だけど旦那はまた布団を被って私に背を向けて寝てしまった。
 私はもう一度芳恵さんに電話して相談してみた。
 芳恵さんが真剣な口調で「有希ちゃん、すぐに神経科に連れていきなさい、大変なことになるかもしれない」と私はびっくりした。旦那に話してみると「もう会社に行きたくないんだ、病院に行った方が良いかもしれない」と素直に打ち明けてくれた。
 次の日有給休暇を取って芳恵さんが紹介してくれたカウンセラーに相談に行って、次の日はまた会社に出かけて行った。
 私は心配した程でもなかったと一安心したが、翌日にまた旦那は会社に行きたくないと言い出した。
 結局旦那はその日から会社を休むようになり家では一日中寝て居るようになった。
 数日たって会社の上司が訪ねて来たが、仕事の引き継ぎの話しだけだった。
 夜になって、夕食のあと私は「仕事の話しはどうなったの」と旦那に恐る恐る聞いてみた。
「会社はやめるしかないだろう」と旦那が言うので、私はそれも仕方ないと旦那をなぐさめた。
 旦那はすぐには就職できる様子ではないので、私は家で出来るワープロの仕事を始めようと思いついた。しかしどうやって仕事を見つけていいのか見当もつかない。
 ホームページを色々調べてみると、仕事を自分で探さないとどうにも仕事は見つからないらしいと分かってきた。
 大学のときの同級生が出版社に勤めているのでためしに電話をして相談して見た。すると小説家の先生がワープロを打ってくれる人を捜してるからと紹介された。

ワープロのアルバイト

 先生の家は私が卒業した大学の裏手の住宅街にあり、学生時代に何度も乗った地下鉄に乗ると懐かしさで胸がいっぱいになった。駅を降りると、大通りから少し入った裏手に古くさい感じのマンションがあった。
 部屋で待っていた小説家の先生は起きたばかりのような眠そうな顔で髪もぼさぼさ。
「君、出身大学は希美女子大だったよね、コーラス部だったね。それでコーラス部は紅葉会のほう、それともコールシベリスクの方」と聞かれたので「私も主人も紅葉会ですけど」と答えた。
「あ、やっぱり紅葉会だね、僕も紅葉会でね。いやもちろん僕が女子大出身なわけなくてね、東大なんだが、とはいっても中退でね」と先生は懐かしそうに話しを続けた。
 コーヒーを載せたお盆を持って部屋に入ってきた女の子は先生のお嬢さんかと思ったが「あ、この娘も希美大の学生でね。小説家になりたいので、弟子にしてくれって押しかけてきてね。田中美絵子て言うんだ」と先生が紹介してくれた。そう言えば見た目は真面目そうで地味な服装は私の居た希美大らしい雰囲気だった。
「これ、ワープロで打ち直してくれるとありがたいんだけど」と言って渡されたのは、ワープロで打った古い原稿だった。
「これまだ学生のころね、ワープロのオアシスで打ったんだけどね」
「ほら、オアシスがもうなくなっちゃってね、フロッピーはあるんだけど、フロッピーがパソコンじゃ読めないんだ」
「それでね、パソコンで打ち直して欲しいんだ、別に急ぐ訳じゃないから、気が向いた時にやってくれればいいから」と頼まれた。
「分からないこととかあったら、美絵子君に電子メールでも打ってくれればいいから」と言われ私はこれでなんとか仕事が見つかったと喜んで原稿を受け取って家に帰った。
 とりあえず打った分の原稿をフロッピーに入れて先生に持っていくと「ちょうど良かった、これを打ってくれないか」とその場で頼まれた。
 ちょうど美絵子さんが風邪で休んでいてワープロを打つ人が居なくて困っていたらしい。
 手書きの原稿は字が汚くてとても読めないが頼まれて断るわけにも行かない。
 先生はちょっと用事があると言って出かけて言ってしまったので私は仕方なく先生の部屋でワープロを打ち始めた。
 昨夜書き上げたばかりの原稿は、一通り呼んでみると変な文章がいっぱい出てくる。
 ストーリも呼んでみて訳が分からないがエッチな場面ばかり出てくる。
 どうやら先生は官能小説の大家らしい。
 一通り打ち込んでみると私は先生の帰りを待った。
 先生は気を利かせてケーキを買ってきてくれたので私が紅茶をだした。
「いや有り難い本当にたすかるよ」と先生が言うので私はこれはうまくまた仕事がもらえそうだとほくそ笑んだ。
 先生はワープロが打てないので美絵子さんがいつも来ているんだ。
 先生にケーキのお礼を言って家に戻る電車の中で私は大変な事に気が付いた、どうも先生が書いていた官能小説のモデルは美絵子さんらしい。
 てことは先生は美絵子さんと出来てるってことだ。
 そう言えばいろいろと思い当たる節はいっぱいある。
 だけどそんなこと私には関係ない。
 仕事さえもらえればそれでいいんだと私は自分に言い聞かせた。

奇妙なお茶会

 しばらくしてまた原稿を取りに行くと「お茶会があるから来ないか」と先生に誘われた。私は一応は女子大なので、お茶ぐらいは出来るはずだと思ってるらしい。
「作法は知らないし、着る着物もないから」と断ったけど「いや面白いお茶会だから話しの種になるからね、やいホント面白いから」と強引に誘われて断れない。
 一緒に部屋を出ると、美絵子さんがセーラー服姿で玄関で待っていた。なるほど面白いと言うのこのことかしらかと思ったけど、茶会でセーラー服といってもなにがどう面白いのか訳がわからない。
 車が迎えに来ると表通りをしばらく走り銀座の裏手のビルに連れて行かれた。マンションの一室に入ると中の部屋は全部取り壊してあり、中央に小さな和室が作ってる。回りには小さな庭もあって、お茶室らしい雰囲気。
 すでに先客がおり外国人が数人に通訳らしい女性が一人、それにちょっと派手な和服の女性とその横に羽織姿の男性が座っていた。
 和服の女性が外国人に茶道の解説を始めると、通訳の女性が英語で説明を始めた。通訳の女性は観光ガイドらしくて説明には手慣れた様子で勝手に説明をいろいろ付け加えてる。
 日本の伝統文化ではこうやって親子で客人を接待するのだという説明が始まり、どうやら先生が美絵子さんの父親で、和服の女性が先生の妻、羽織姿の男が美絵子さんの兄という設定になっているらしい。美絵子さんはまだ高校生で、私は美絵子さんの姉ということになってる。私はなんでこんな馬鹿げたお芝居をするのかしらとまったく呆れて座っていた。

 先生が主人になってお茶をたてると、お茶を回しはじめた。美絵子さんが手を伸ばして茶碗を取ろうとした時に急に先生が美絵子さんを怒鳴りつけた。通訳が「作法を間違えたので、叱っているところです」と外国人に説明してる。
 美絵子さんが言い返すと突然先生は大声で怒鳴り散らして、羽織を着た男になにか指示した。すると男は真っ赤なロープを取り出して美絵子さんを縛り始めた。両足を広げられて縛られると、美絵子さんは恥ずかしさのあまり泣き出してしまった。しかしどうみても芝居がかった泣き方は前もって仕組んだ筋書きにしか思えない。
 先生が何度も美絵子さんを鞭で叩きつけると、美絵子さんは悲鳴を上げて震えながら体を仰け反らせた。
 先生が何か指示したらしくて、羽織を着た男は美絵子さんを縛った縄の先が天井の梁を通して引っ張り上げた。
 美絵子さんの身体は両足が真上に引っ張られた姿勢で半分中に浮いてる。
 先生が美絵子さんのセーラー服のスカートを引っ張り上げると、花園がちょうど客の外人に丸見えになった。
 先生が指を押し当てると美絵子さんのまだ若々しくて色の花園が広げられた。
 指先を震わせながら一番感じるところを押しつけると、美絵子さんの身体がすぐ震えだした。
 羽織を着た男が急に美絵子さんの横に立ちはだかると、手に持った鞭を思い切り振り回した。
 部屋の空気を引き裂くような鋭い音が美絵子さんの顔の真ん前で弾けると、美絵子さんは頭を仰け反らせた。
 恐怖で凍り付いたような美絵子さんの目からは涙がこぼれて止まらない。
 羽織を着た男は手慣れた身のこなしで、思い切り高く鞭を振り上げるとそのまま真下に振り下ろした。
 美絵子さんはカエルが踏みつけられたような悲鳴を上げて身体を震わせたが、何だか変な気がした。
 美絵子さんは痛がってる芝居をしてるだけで本当に痛いわけではないらしい。
 通訳の女性は「日本の家庭では、このような折檻がいつも行われている」などと、とんでもない説明をしらじらしく続けてる。私は面白い話しの種というのはこのことだとやっと分かって来た。
 先生は通訳に向かって「娘に罰としてフェラチオをさせますから相手をお願いします」と言い出すので私はびっくりした。
 通訳は日本ではこれが普通の習慣だと説明を勝手に付け加えてる。
 二人並んで窮屈そうに座っていた外国人はさすがにこれは断った。
 だけで先生は「この娘はフェラチオがとても上手ですから」と何度もしつこく勧め続けて止めようとしない。
「日本では結婚前にフェラチオの練習をさせて、上図にできないと結婚できないんです」とまた勝手な話しを始めた。
 私はおかしくて笑い出しそうになったけど外国人は真面目な顔で説明に聞き入ってる。
「フェラチオが駄目なら他に何でも好きなことをしてください」とまた先生がしつこく迫った。
 それでも外国人が首を振って断るので結局最後には先生は諦めた様子。
 客の外国人が通訳の女性と帰ると和服の女性がコーヒーを入れてくれたので一息ついた。先生がコーヒーを飲みながら「あの二人はアメリカから日本の文化を研究にきていてね、いま東大の大学院の客員研究員なんだ」
「いや、こうゆう事してやると喜ぶんだなあいつら」
「これで本当の日本が分かったとか思いこんで」と先生が言うので私はあきれ果てて言葉も出ない。
「ところで、そちらのお嬢さんもお弟子さんですか」と和服の女性が話しを向けてきた。先生は「まあ、そんなもんだ」と面倒くさそうに適当に答えた。
「どちらが先に文学賞おとりになるのかしらね、先生もお上手ですね、二人に競争させる魂胆なんでしょう」と半分冗談でも言うように和服の女性が言うと、美絵子さんはいやな顔をして横を向いた。
 美絵子さんの視線の先の床の間に変な絵が飾られているのが目に入った。
 背中に蛇の入れ墨のある女性の身体をくねらせた変な絵。
 私は同じ絵を何処かで見た気がして思い出そうと頭を捻った。
 そうだ旦那が持っていたアダルトビデオの「人妻生フェラ調教地獄」に同じ様な絵が映っていた気がする。
 改めて部屋の中をよく確かめてみると、柱や襖の取り合わせがあの「人妻生フェラ調教地獄」とそっくり似てる。
 てことはあのビデオはここで撮影されたものかもしれない。
 だとするとあのビデオに映ってるのはここにいる美絵子さんかもしれない。
 そう思うと急にその場に居たたまれない気分になった。


ページトップ >>2.奴隷契約書

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音