長編官能小説 人妻不倫レズSM調教

by七度柚希

目次

1.セーラー服でお仕置き

2.奴隷契約書

3.強制女装レイプ

4.人妻逆ナンパ

5.人妻強制レズ調教

6.人妻監禁調教

7.人妻デリヘル

8.生フェラ

9.ラブホテル

10.陵辱

11.露出

12.レズビアン

13.SMプレー

14.調教

15.ランジェリーパブ

16.ハプニングバー

17.裏ビデオ撮影

18.生フェラ輪姦

19.人妻売春

20.デリヘル女

5.人妻強制レズ調教

人妻レズ調教

 ランジェリークラブの開店前に化粧を直していると、中沢君が若い女性を連れて「吉本がどこに居るのか知りませんか」と尋ねてきた。
「昨日酒を飲んだらしく、家に帰っていないし、会社にもきていないんです」と私に問いかけながら、その女性は心配そうな顔をしる。
 私が吉本がどこにいるかなんて知ってるわけないのに何で私の所に聞きに来たのか理由がよく分からない。
「行方が分からなければ警察に捜索願いを出さないといけない」と今度は中沢君が言い出した。私はどうせどっかで酒を飲んでカプセルホテルかどこかでまだ寝てるだけなのにずいぶんと大げさな話しだと思った。
 名刺を渡されると、吉本と同じ理想技研の名刺で名前は吉本順子となっていた。私はようやくその若い女性が吉本の奥さんらしいと気が付いた。
 なにかあったら電話を下さいと順子さんは携帯の番号を名刺に書いてくれた。
 奥さんがこれほど心配しているということは、やっぱり吉本になにかあったのかと思ったけど、私の知ったことではないと気にも止めなかった。
 夕方になって、吉本が店に来て私に「聞きたいことがあるんだけど」と言い出した。
 私は奥さんが訪ねて来たことを言った方がいいのか判らなくて「なんでしょうか」とだけ答えると吉本は「昨日大事な書類をなくしてしまって、どこにあるのか分からないのでこの店で落としたのかもしれない」と言ってすっかり酔いがさめた顔。
 やっぱり吉本は飲みつぶれてどっかに泊まったらしいと判って私はやっぱりと思った。
 私は慌てて奥さんの順子さんに電話すると「吉本は会社にはさっき帰ってきて、書類がないといってまた出かけていったんですよ」と話してくれた。結局書類が見つからないまま吉本は仕事が残ってるからとか言って会社に戻って行った。
 吉本が帰ったあと順子さんが一人で来て「昨日の様子はどうでしたかとか、最近変わったことはないですか」と何度もしつこく聞かれた。どうも浮気の心配をしているらしいとようやく私は気がついた。私は「最近よく店に来て、御指名の美絵子さんとよく一緒に帰ってるみたいですよ」と嘘をついて順子さんの様子を見た。すると「その話よく聞かせてください」と私に顔を近づけてきた。

 私は順子さんが女子大生特有の甘ったるさが鼻につくような雰囲気なのに気がついた。お酒を飲ませればもっといろいろ聞きだせると思い、私は甘いカクテルを勧めた。
「美絵子さんは他の店でも働いていて、吉本さんはそちらの店にもよく一緒にいらしてるようですよ」と適当に話しをすると順子さんはカクテル飲みながら雰囲気が明るくなってきた。
「吉本さんとはどうして知り合ったんですか」と今度は私の方から話題を切り出すと順子さんは「私ね、中学校も高校もこの近くの女子校で、吉本は高校のとき家庭教師だったんです」と打ち明け話しを始めた。
「吉本が東大の大学院生ということで、親がもう最初から結婚させると決めていたようで、女子大を出たら、しばらく家事手伝いをしていてすぐ結婚したんです」と話してくれたので私は、適当に話を合わせながらお酒をどんどん飲ませた。
 順子さんはお酒など全然のんだ事もない様子で、すぐに酔って立てなくなった。私は順子さんの身体をゆっくりと撫でながら、唇を重ねて舌を絡ませた。順子さんの舌も私にすぐ絡みついてくるので、女同士のほうが感じる身体だとすぐわかった。
「ねえ、吉本が美絵子さんとよく行く店にこれから案内するわね、ちょっと変わった店なんだけど」と私が誘うと、順子さんはすぐに「お願いします」と素直に答えた。
 私は順子さんをSMクラブに連れて行くと、プレイルームに案内した。順子さんは壁に取り付けてあるプレイ用の十字架や、縄を見て言葉も出ない様子。
 しばらく思い詰めた顔で部屋を見てから「それでうちの吉本は美絵子さんとここで何をしてるんですか」とようやく口を開いた。
「お芝居しながら、縛りあげて鞭で叩くんですよ」
「普通の人はSMというとね、縛り上げて鞭で叩けばそれで感じると思ってるみたいだけどね」
「実際はそう簡単じゃなくてね、いろいろと心の準備が居るのね」
「そのためにね、ストーリーを作って芝居をするの」と私が説明すると「どんなお芝居なんですか」と不思議そうな顔で順子さんが聞いてきた。
「よかったら試しにやってみる、そうすれば分かるから」と私が勧めると「そうですね、お願いしますね」と今度も素直に順子さんが答えた。

 私は順子さんをすこしゆるめに縛ると鞭を持って床をぴしゃぴしゃと叩きながら「あなた、私以外にもつき合っている男がいるでしょう」
「あなたは、私だけの女なんだから、許しませんよ。他に浮気したでしょう、白状しなさい」と怒鳴り付けながら軽く順子さんの腿を叩いた。
 順子さんは「私本当に吉本としかつきあったことないんです、ホントです」と半分泣きながら答えてる。
 気が付くと女主人と調教師がすこし心配そうな様子で私と順子さんの様子を見てる。
「シロートの女の子なんでしょう、あとで面倒なことになっても困るからビデオ撮っておいたら」と女主人が言い出した。
「あとでなんだかんだ言われてもビデオを撮っておけば、適当に言いくるめてなんとかなるから」という事なので私はそれもそうだと思った。
 受付の佐織さんがビデオカメラを持ってくると、女主人が照明のライトを持って縛られた順子さんを撮し始めた。

女装レズプレー

 私は女主人にあとを任せて帰ろうとすると、ゴードンがセーラー服に着替えて私を待っていた。その時私はいいアイデアがひらめいた。
 ゴードンを連れて順子さんが責められている部屋に入ると、調教師が鞭をしならせていた。その前にはビデオカメラを持っている佐織さんと、照明のライトを引き回している女主人が見えた。調教師は慣れた様子で「この浮気女、浮気してるのは分かってるんだ、白状しないともっと痛い目に遭わせるぞ」と鞭を順子さんの腿に打ちつけた。順子さんが甲高い悲鳴を上げてるとゴードンの巨根がスカートの下で巨大にもりあがっているのが分った。順子さんは目を上げてセーラー服姿のゴードンを不思議そうな顔で見上げてる。

 私はゴードンに順子さんをレイプするよう命じた。しかしゴードンはなにが不満なのか、頑固にいやだと言い続けた。
「私が女王様なのよご主人様なのよ」と何度命令しても、それでもゴードンは絶対いやだと拒否し続けた。ゴードンはアメリカ人のせいか、私には時々理解できない主張を繰り返すことが前からあった。私はせっかくいいアイデアだったのにと諦めてゴードンを連れて部屋を出ようとした。
 その時ゴードンは女主人が持っていたビデオ用の照明コードに足をひっかけると、その場に転がって倒れ込んでしまった。照明のコードが順子さんを縛っている縄に絡ると順子さんが身体がゴードンに重なって倒れかかった。ちょうど順子さんの口が倒れてしゃがみ込んだゴードンの巨根をすっぽりくわえ込んでしまった。順子さんは身動きができなくてゴードンの巨根をくわえ込んだまま喉が詰まったように咳き込んだ。
 ビデオを撮していた佐織さんはこれはちょうどいいと思ったのか、順子さんの顔を大写しに近寄って撮り始めた。ようやく調教師が順子さんの身体を起こすと、順子さんはしきりに咳き込んでいた。
 ゴードンは起きあがると何があったのか分からないような表情で目がぼんやりとしていた。カメラがまた順子さんに追いすがるように位置を変えた。
 調教師は順子さんに「ファックミー」と言え「ファックミープリーズ」と言うんだとまた鞭で叩きつけました。ゴードンは小さい声で「ドゥユーマリーミー」と小さい声で言った。調教師も順子さんもゴードンが何を言っているのか分からないらしい。順子さんは「イエスイエス、ファックミープリーズ」と調教師に鞭で叩かれ大きな声で叫んだ。
 ゴードンは急に表情が変わりゆっくりとした動きで順子さんの上に腰を落としてきた。
 ゴードンの腰が上下に数回動くと、急に順子さんが甲高い声を上げた。ゴードンの腰の動きは何度走り続けても止まらない機関車のような勢い。
 これで吉本に復讐ができたと思うと私は腹の底から嬉しさがこみ上げてきた。
 私は家に帰ると夜もほとんど寝ずに小説の結末を書き上げた。


4.人妻逆ナンパ<< ページトップ >>6.人妻監禁調教

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音