長編官能小説 人妻不倫レズSM調教

by七度柚希

目次

1.セーラー服でお仕置き

2.奴隷契約書

3.強制女装レイプ

4.人妻逆ナンパ

5.人妻強制レズ調教

6.人妻監禁調教

7.人妻デリヘル

8.生フェラ

9.ラブホテル

10.陵辱

11.露出

12.レズビアン

13.SMプレー

14.調教

15.ランジェリーパブ

16.ハプニングバー

17.裏ビデオ撮影

18.生フェラ輪姦

19.人妻売春

20.デリヘル女

10.陵辱

 男は私の腕を乱暴な手つきで私を振り解くと急に立ち上がって服を脱ぎ始めた。
 女の体とは違う、骨が太くて肉のもりあがった体を見て私は目が眩んだ。
 すぐにでも男にベッドに押し倒されたい気持ちで胸がはち切れそう。
 パンツも脱いで男が全裸になると私は心臓が止まって死んじゃいそうになった。
 男は平然とした顔でベッドに横になると「金はもう払ってあるから」と念を押すように何度も繰り返した。
 私はこの男に金で買われたんだと思うと急に自分が情けなくなって涙がこみ上げて来た。
 このまま逃げ出したりしたら、私の映ってる裏ビデオを男に持って行かれて取り戻せない。
 逃げられないんだから、たった今この男に体を買われる以外に方法はない。
 私は男が私の体を引き寄せてくれるものとばかり思って、ベッドに座ったまま男の様子を伺った。
 だが男はベッドの上で大の字になったままで何もしようとはしない。
 何事も起きないまま時が止まったように過ぎると「じゃあ口でやってもらおうか」と男がやっと声を出した。
 私はすぐには男の言った言葉の意味がわからなかったけどデリヘル女が口でやると言えば生フェラに違いない。
 ともかくやるしかないと自分に言い聞かせて、男の広げた足元に四つん這いになると舌を出して口を近づけた。
 舌が男の先端に触れた瞬間に私の身体には電気が流されたような衝撃が通り過ぎた。
 なんとか身体の震えが収まるまで待とうとしたが、舌を動かそうとするとまた身体が震えてくる。
 自分でもなんで体が震え出すのか判らない。
 やっとどうにかして舌先を男の先端に絡ませて嘗め回すと体中が一気に熱くなった。
 男が頭を起こすと「おいお前本当はシロート女だろう」と大声をだした。
「デリヘル女ならもっと尺るのが上手いはずだ、こんな下手なデリヘル女いるはずない」
「シロート女のくせに何ででデリヘル女の真似なんかしてるんだ」と聞かれて私は答えに困った。
 私の体を買っておいていまさらなにを言い出す気なんだろう。
「誰かにレイプされたんだろう、それでそれを忘れたくて他の男に抱かれたくて、デリヘル女の振りをしてるんだろう」と男が私の心を言い当てたので私はびっくりした。
 なんで私が昨夜吉本にレイプされたのを知ってるんだろうか、それとも適当に当てずっぽうで言ってるんだろうか。
 どっちか判らないけど正直に答えるしかない。
「はい」とやっとの事で答えると「よっぽど酷い目に遭わされたんだな、それよりもっと酷い目に遭えば嫌なことは忘れられるからな、本当は廻されたいんだろう」と男に言われて私は確かに自分でもその方がいいような気がした。
「そうなんです、私みたいな女は廻されたほうがいいんです」と返事をすると気持ちがすこし楽になった。
「思い切りめちゃめちゃに廻されるのが一番いいんです、いやなこと忘れるには」と私がため息をつくと「こんな店に行く女は廻されたい女しかいないからな」と男にまた言われた。
 男が指さしたのは駅前の大通りで男の子が配ってた風俗店のティシュだ。
 私はさっきからそのティッシュをずっと握りしめて離さなかったらしい。
 やっぱりさっきのあの店はシロートの女を客の男が大勢で廻すのが売り物の店らしい。
 だけど本当に廻されたくて店に来る女なんているんだろうか。
「本当に廻されい女なんているんですか」と思わず口をついて言ってしまった。
「お前がたったいま廻されたいって言っただろう」と男が言い放つと私には返す言葉がなかった。
 男と話しをしていても切りが無さそうなので私は黙って喉の奥一杯に逞しい鉄柱を飲み込んだ。
 喉の奥から吐き気がして胃袋がひっくり返りそうになるのを我慢して、喉の奥をきつく締め上げた。
 男が喉の奥で震えながらさらに大きく反り返ると、息が苦しくて涙がこみ上げてきた。
 私みたいな女は酷い目に遭えばいいんだと思うと涙が止まらなくなった。
 男が喉の奥で反り返ると、力を込めて根本から何度も震えた。
「なんだ、さっきはわざと下手な振りしてただけじゃねえか、調子よく作り話なんかしやがって」
「シロートの振りしてれば、客が喜ぶから、わざとシロートの振りしてるんだろう。男を誘うのがうまいじゃないか」と男に言われて私はもうどうでも良くなった。
 男の堅さがもう十分な程になったのを確かめて私は男の寝そべった上に自分の身体を重ねた。
 両方の腕を男の脇腹に沿って動かしながら、身体をくねらせて胸を押しつけて男の反応を待った。
 だけど男は黙って大の字を書いたまま、手足をぴくりとも動かさない。
 なんでだろう、男だったら女から求められたらすぐ可愛がってくれるはずなのに。
 私はお金で買われてるので自分で全部やらなければいけないらしいと気が付いたけど、どうやれば良いのか判らない。
 旦那がこっそこ隠していた裏デリヘルDVDの場面を思い出してみると、女が上から座る格好で挿入するに違いない。
 私は身体を起こして足を広げて男にまたがり、ゆっくりと男の上に腰を沈めようとしてみた。
 だけどやったことなんか無いからなかなか上手く行かない。
 何度か腰の位置を変えてみるとようやく少しだけ入った。
 だけどまだすぐに奧までは入らない。
 なんとか腰を前後に揺すって沈めて行くとなんとか上手く入ってほっとした。
 腰を捻って上下に揺すると今度はうまくはまり込んだようにすっぽり収まった。
 すっかり奥まで入ると下からから押し上げられる感触で子宮がきゅんと縮み上がった。
 言いようのない満足感が私の体中を包み込んで空を舞い上がっていくような気分になった。
 女の身体は男に入れられてる時はまったく別の身体でいやなことなんか全部吹き飛んじゃう。
 これで昨夜の吉本にレイプされた事は忘れられると思うと本当にもう嬉しくて仕方ない。
 私は男の堅くて力強い逞しさを楽しんでいるだけでも目眩がして気が遠くなってきた。
 男に身体を買われるのがこんなに快感なら、毎日男に買われたっていいと思ったとたんに今度は急に体中に寒気がして震えが止まらない。
 私が喘ぎ声を何度も繰り返すと「このドスケベ女、今すぐめちゃめちゃに廻されたいんだろう」と男が意地悪な口調で言い放った。
 私は今すぐに男が腰を下から思い切り突き上げて私の身体をめちゃめちゃにしてくれるんだと思った。
「いますぐ廻して、めちゃめちゃにしてー」と私がわざと大声で叫ぶと男は当たり前の顔で頷いた。
 だけど男は相変わらず平然と大の字を書いて寝てるだけで身動きもしない。
 こんなはずはない、男だったら誰だって腰が震えて勝手に上下に動き出すはず。
 だけどこの男何事もないかのように顔色一つ変えないでただ寝てるだけ。
 いったいどうなってるんだろう。
 そうだプロのデリヘル女は先に自分からまず腰を使うんだ。
 そうすれば男はたまらなくなって腰を思い切り突き上げてくるはず。
 私は膝を左右に広げて腰を上下に動かしながら男をきつく締め上げた。
 裏ビデオを思い出してあの通りにやればいいんだと自分に言い聞かせた。
 ゆっくりとした動きと早い動きを繰り返し続けると、もう腰を使うのが止められない。
 だけど男はじっとしてるだけで、私の期待した動きをまったく始めるそぶりさえない。
 普通だったらここまでやれば男の腰が震えながら上下に動きだすはず。
 いったいどうなってるんだろうと思って腰の位置を何度も変えて捻り込むようにして絞り上げた。
 急に奧まで届いた感触がぐんと突き上げて来ると今度は吸い付いたように抜けない。
 腰をそのまま上下に動かすとあっという間に子宮の奧から脳天まで突き抜けそう。
 こうなるともう腰の動きが止められない。
 腰が勝手に震え出すと息が苦しくて目眩がしてくる。
 なんども子宮の奧が痺れるように縮み上がるけど、行けるはずの絶頂に届かない。
 至福の喜びに歓喜するはずの身体はいつまでも宙に舞い上がらない。
 私はもうとても腰の動きを続けられなくて男の横に身体を投げ出した。
 ベッドに仰向けになって男の横に寝そべると体中が足の先までがくがくと震え続けてる。
 いますぐ男にめちゃめちゃに突きまくられたくてもう我慢できない。
 私は自分で花園を押し広げて指をねじ込んだ。
 もう一方の手で胸をきつく絞り上げるように掴むと私の身体は宙に舞って谷底に落ちていった。
 目の前が急に暗くなって気が遠くなると今度は急に体中から力が抜けて動けない。
 いったいなんでこんな事になるのか訳が分からない。
 やっぱり男の力強い腰の動きでがんがんと押し込まれなくちゃ、女の身体は快楽の絶頂には届かない。
 吉本のあの巨大な力強さと激しさを思い出すと今すぐにでもまた吉本に征服されたい気持でいっぱい。
 吉本の身体を忘れたくてこの男に抱かれてるのに自分が情けなくて泣がでてきた。
 やりきれない気持ちで私の横に寝たままの男に顔を向けると、男は見下したような目で私を見てるだけ。
 私はどうにもならない気分で男に自分の身体を押しつけてすり寄せた。
「おいまだ遊び足りないんだろう、さっきの店につれてってやるぜ」と男が小さな声で囁いた。
「なんで」と私がため息混じりに答えると「男が欲しいんだろう。もっと遊びたいなら廻されるのが一番だぜ」とまた男がまた言った。
 このまま中途半端に遊ばれて捨てられるよりは、大勢の男に廻されてめちゃめちゃにされる方がよっぽどいい。
「廻されてもいいです」と小さい声で呟くと「もっとちゃんとお願いしろ」と今度は急に脅すような大きな声で怒鳴りつけてきた。
 私がびっくりして「お願い廻して下さい、私廻されたいんです」と返事をするとまた男の声が急にやさしくなって「お前は可愛い女だぜ」と言ってくれた。
 私が男の胸にしがみつこうとすると、男は急に私の身体を押しのけて「うぜえんだよこの牝豚」と言って立ち上がった。
 私は男の言葉の意味がすぐには判らなかったが悪口のつもりで言ってるのは確からしい。
「牝豚、これ使ってろ」と男が鞄からだしたのは、大きな細長い紫色のコードの着いたおもちゃ。
 一目見てバイブだと判った。
 男がバイブのスイッチをいれると先がぐりぐり回りだし、根本が震えだした。
「お前にはこれがお似合いだ」といって男が私にバイブを渡した。
 手に持とうとした瞬間指先に震えが伝わってきて落としそうになった。
 しっかりと握りしめて持ち直すと、腕に振動が伝わってきて気持ち悪いくらい。
「さっさとやれ、牝豚、奥まで入れるんだ」と男がまた大声で怒鳴りつけてきた。
 急に怖くなって慌てて言われたとおりに無理矢理にバイブを花園の奥まで押し込んだ。
 中でぐいぐいと動く感触が痛くて身体が縮み上がった。
 それでも何度か捻って押し込むの今度はすっぽり入って抜けなくなった。
 冷たい感触に驚いた様に、子宮の奧が急に痺れて震えだした。
 凍えるような快感が身体を襲ってきて、寒気と快感が一緒になって体中を駆け抜けた。
 男は側で面白そうに見てるだけで何もしてくれない。
 目の前で女にこんなことやらせて何が楽しいのか全然わからない。
 なんでこんな事しなきゃいけないのか判らないけど怖くて逆らえない。
「一人でやってろ」と男は吐き捨てるように言うとバスルームに姿を消した。
 男が見ていないと急に気持ちが萎えて身体の熱が冷めてきた。
 見られていればやる気も起きるけど一人でやっててもしょうがない。
 もううんざりした気分で「早くきてよ」と男に恨めしそうな声を掛けた。
「牝豚の癖に、調子にのるんじゃねえ」と男がバスルームから大声で言い返してきた。
「いいから早くして」と甘えた声でおねだりしてみたけど「牝豚がつべこべ言うんじゃねえ」と言われて私はもういやになってバイブを抜こうとした。
 だけど奧にすっぽりはまって簡単には抜けない。
 バイブの振動がしだいに強くなってくると子宮の奥が痛いくらいにぐいぐい回り始めた。
 驚いて起きあがろうとしたけど、身体に力が入らない。
 そばに転がってたリモコンを拾い上げて慌ててスイッチを切るとやっと止まった。
 バイブの取っ手を握ってひっぱり出そうとしたけど、きつくはまって全然動かない。
 大きく息を吸って足をいっぱに開いて思い切り力をいれて捻るとやっと抜けた。
 身体が楽になると急に気分が冷え切って、今度は気持ちがはっきりしてきた。
 今すぐめちゃめちゃに廻されたいされたいとうのも本当だけど今はそれどころではない。
 今の所はとりあえず私の映ってるビデオを持ち出す方が大事だ。
 男がシャワーを浴びている間にビデオを持って逃げるしかない。
 ビデオ画面を確かめると、まだ私が大声で泣き叫ぶ場面が続いてる。
 私はビデオを止めてカセットを取りだした。
 ビデオから聞こえていた私の叫び声が止まって、私はこれはまずいと気がついた。
 バスルームの男にも、ビデオの音は届いてるはず。
 音が急に止まれば私が逃げ出すのがばれるかもしれない。
 私は手早く、棚から別のビデオを取り出すと、ビデオデッキに入れた。
 すぐに女の声叫び声がテレビのスピーカーから響き渡った。
 ビデオの画面に映ってるのはさっき一緒だった美世ちゃんだけど誰のビデオだって構わない。
 急いでセーラ服を着直すとビデオをしっかり持って忍び足でバスルームの前まで歩いた。
 男がまた低い声で「おい牝豚、やめるんじゃない、待ってる間バイブ使ってろ」と声を掛けてきた。
 その男っぽい太い声が耳の奧から頭に響くと私は身体が痺れたように動けなくなった。
 男の身体がバスルームのガラス越しに目にはいるともう目が離せない。
 太くてがっしりとした背中と、きつく締まったお尻は男の身体そのままだ。
 女はこんな男の逞しい身体に抱かれて時が一番幸せなのは間違い。
 堅くて太い男の物に思い切り奥まで押し込まれる感触が子宮を襲うともう逃げられない。
 やっぱり逃げるのは止めるしかない。
 このまま男の言いなりになるほうが絶対いいに決まってる。
 どうせ私は牝豚なんだから牝豚と呼ばれたら喜んで良いはず。
 男に可愛がってもらえるなら、なんて言われても悔しくなんか無い。
「おいバイブ使えって言ってるだろう」と男がまた怒鳴った。
 バイブの音が聞こえなくて腹を立てるらしい。
 何でバイブなんか使わなきゃいけないのか訳がわからないけど、男にバイブを使えと言われたら使うしかない。
 私はベッドに戻ろうとして一歩うしろに下がった。
 急にビデオから聞こえる美世ちゃんの声が部屋に大きく響いた。
「廻さないでー」と大声で叫ぶ美世ちゃんの台詞に私はどっかで聞いたことが有るような気がした。
 気になってビデオの画面を見ると美世ちゃんは、小さなテーブルに仰向けに縛られて周りを男に取り囲まれてる。
 テーブルがグルグル回りながら、男が腰を入れ替わりに使う様子は見ていて寒気がしそう。
 これが男の言ってる「女を廻す」ってことなのかしらと私はどきどきして死にそうな気分。
 自分がこんな目にあったらどんな気持ちだろうと思うともうとても我慢しきれない。
 このまま男の言いなりになって、美世ちゃんみたいに廻されるしかない思ってベッドに戻りかけた。
 もうどうなってもいい、私はどうせ牝豚なんだからバイブを入れられようが廻さようが何だっていいんだと思った瞬間に電話のベルの音がした。
 ラブホテルの部屋に外から電話なんかかかってくる分けない。
 受付から時間延長の電話だとすぐ判った。
 男がシャワーを止めて身体を拭くのがバスルームのガラス越しに見えた。
「牝豚、さっさと電話に出ろ」と男がこちらに振り向こうとした。
 バイブなんか使ってたら電話になんか出られるわけない。
 男の勝手な言い分に腹がったってむかっと来た。
 その瞬間に私は牝豚なんかじゃない、男にこんな言い方される筋合いなんか無いとまた急に気分が変わった。
 逃げるなら今しかない。
「今出ます」と大声で男に答えると、男はまだタオルで身体を拭いてる。
 私は素早く靴を掴んで裸足のままドアの外に逃げ出した。
 廊下に出てエレベータの方に歩きかけるとちょうど美世ちゃんも隣の部屋から出てくるところ。
「どうだった」と美世ちゃんに声をかけられて私は逃げ出したのがばれたのかと怖くなって足を止めた。
「うん、最高だった」と息を落ち着けて美世ちゃんに返事をすると「よかったじゃん」と美世ちゃんが嬉しそうな声で言った。
 どうやら私が逃げ出したの事は美世ちゃんにはばれてない様子。
 私は「じゃまたね」と適当に挨拶してエレベータまで早足に急いだ。
「ちょっと待ってよ」と言いながら美世ちゃんが靴をはき直してる。
 エレベータのボタンを押すとすぐにドアが降りてきた。。
 ドアが開いてエレベータに乗ると美世ちゃんが少し遅れて歩いて来るのが見えた。
 私はさっきエレベータに一緒に乗ったとき、美世ちゃんにいきなり抱きつかれてキスされたのを思い出した。
 美世ちゃんと一緒にエレベータに乗ったりしたらまた面倒なことになるかもしれない。
 今すぐこのまま逃げ出さないと、また男に捕まってやっかいな事に成るに違いない。
 美世ちゃんがすぐ近くまで来るのを見て、私は構わずにエレベータのドアを閉めるボタンを押した。
 私が逃げ出してきた部屋のドアが開いてさっきの男が顔を出すのがドアの隙間から見えた。
 男が何か大声で怒鳴ると、美世ちゃんが振り返ったけどエレベータのドアはすぐ閉まって下にもう動き出した。
 一階でエレベータを降りてまっすぐ受付の前を早足で通り過ぎると、そのまま外の大通りに出た。


9.ラブホテル<< ページトップ >>11.露出

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音