長編官能小説 人妻不倫レズSM調教

by七度柚希

目次

1.セーラー服でお仕置き

2.奴隷契約書

3.強制女装レイプ

4.人妻逆ナンパ

5.人妻強制レズ調教

6.人妻監禁調教

7.人妻デリヘル

8.生フェラ

9.ラブホテル

10.陵辱

11.露出

12.レズビアン

13.SMプレー

14.調教

15.ランジェリーパブ

16.ハプニングバー

17.裏ビデオ撮影

18.生フェラ輪姦

19.人妻売春

20.デリヘル女

7.人妻デリヘル

 朝方気が付いてみると私はすぐには自分が何処に居るのか判らなかった。
 次第に意識がはっきりとしてくると昨夜の事をすこしづつ思い出した。
 ともかく今ラブホテルの部屋にいるのは間違いなさそう。
 回りを確かめると、私は一人でベッドの中で裸で寝ている。
 昨日の出来事は全部本当にあったことに違いない。
 あの逞しい吉本の巨●を思い浮かべるだけで背筋に寒気がした。
 吉本が自慢するだけあって、とても信じられない大きさ。
 奧まで届いた感触はとてもあり得ないくらいの衝撃だ。
 吉本がまだ部屋にいたらどうしようと思っただけで体中が震え上がった。
 不安な気持ちで部屋の中を見回したが誰もいない。
 床には赤いロープが垂れ下がってる。
 あのロープで昨夜吉本に縛られてレイプされたと思うと気分が悪くて吐き気がしてくる。
 トイレやバスルームも物音ひとつしない。
 椅子には濡れたバスタオルが掛けてあるだけ。
 吉本はシャワーを浴びた後仕事に出かけたらしい。
 吉本がラブホテルの部屋にはもういないと判ると急に身体から力が抜けて楽になった。
 ベッドの中で何度か寝返りを打ったけど、昨日の身体の火照りがまだ残ったまま。
 次第に意識がはっきりしてくると、昨日の吉本の力強さを思い出して火傷しそうなくらい身体が熱くなった。
 指先でそっと花園をなぞると、痺れたような感触が子宮の奧まで伝わってじんときた。
 とても気持ちが収まらない。
 昨日の吉本の感触をもう一度子宮の奧に欲しくてもう居ても立ってもいられない。
 自分で指の腹を花園に強く押しつけるとすぐにびしょ濡れになった。
 指を揃えて奧まで入れると、痺れた感触が子宮全体に広がってもうたまらない。
 何度も指を奧まで押し込んで、もう一方の手で乳首を掴んでねじり上げた。
 子宮の奧に昨日の夜の吉本の力強い感触がよみがえると、もう吉本の巨●が欲しくてたまらない。
 熱い太陽の下で乾ききった身体のように死ぬほどに欲しくて気絶しそう。
 とても我慢しきれなくて子宮が叫び声を挙げてぎゅんと縮みあがった。
 昨夜の吉本の最後の一撃の感触がもう一度私の身体を襲った。
 女の命をその場で奪ってしまうほど深く身体に焼き付けられたあの究極の快楽はもう忘れようがない。
 急に身体が宙に舞ったような感触で浮き上がると、谷底に突き落とされるような目眩がして気が遠くなった。
 身体が疲れ果てて動けなくなると私はそのまま時間が過ぎるのが判らなくなった。
 どのくらいベッドの上に横になっていたのかわからなが、目が覚めて身体を起こしたときはもう窓の外は薄暗い。
 着る物を探したが昨日着てたワンピースは吉本に破かれてとても着て外は歩けない。
 他に着る物はないかと探してみると、バスルーム横のクロゼットにセーラー服が入ってた。
 プレー用に店で置いてあるのか、それとも誰かが置き忘れたのか判らないけど、これしか着るものはない。
 スカートの丈が短すぎてとても人前でなんか着られる服ではないけどほかに無いんだから仕方ない。
 かなり小さめのセーラー服だったけど着て見ると何とか入った。
 クロゼットに付いてる鏡で映してみると、一応は女子高生に見えるがやっぱ変。
 髪をゴムで頭の後ろで縛ってポニーテールにすると、なんとか女子高生らしくなった。
 そっと部屋のドアを開けてみると、廊下には誰もいない。
 静かにドアを閉めてエレベータで降りるとラブホテルの受付の前に出た。
 追加料金を払おうと財布を捜してると、急に後ろから「ねえ、そっちはどうだった」と声を掛けられた。
 振り返ると私と同じセーラー服を着た女子高生。
 私と同じに髪を後ろで結って女子高生らしくは見えるけど、化粧は随分派手だ。
 それに身体は小柄で足も細くてまるで中学生みたいな体つき。
「こっちはもうサイテー」と言うと女子高生は煙草を吸い出した。
「ねえそっちはどうだったのよ、楽しめたの」としつこく聞かれたので「まあなんとか」と適当に返事をした。
 この女子高生今さっきこのラブホテルで男と遊んだばかりしいけど、やっぱりナンパされたんだろうか。
 そういえばこの女子高生スカートを腰で丸めて超ミニの丈にしてる。
 女子高生なら誰でもやってるけどそれにしてもパンツが見えるくらいに飛んでもなく短い。
 こんな格好でこの辺を歩いてたら男の子にナンパされたくて歩いてると思われるだけ。
 声を掛けてナンパしてくる男の子なんていくらでも居そうだ。
 遊び慣れてる男の子だったらナンパしたら即ラブホテルに連れ込むはず。
 上手く男に誘われたら、初な女子高生なんか簡単に落ちる。
 「いい男だったらただでやらせちゃうけど、勝手に男をとると大変だからね」とまるで仲間の女子高生にでも話しかけてる雰囲気。
 私は女子高生の言葉が気になった。
 勝手に男を取るってどうゆう事なんだろう。
「どう大変なんですか」と思わず口にだすと「決まってるじゃん、こないだも見てたでしょう公園で」と私を仲間だと思いこんでるようす。
 この女子高生が公園で何をされたのかは気になるけど、いつまでも相手もしていられない。
 受付の横に裏口らしいドアがあるので押してみると裏通りが見えた。
 外にでようとしてドアを開けると後ろからさっきの女子高生が「百合恵には気をつけなよ」と叱りつけるような口調で声を掛けてきた。
 百合恵って誰の事だろうと一瞬思ったけど、私には関係のない話し。
 私は返事をせずに裏口を抜けてそのまま外にでた。
 ラブホテルの横の狭い路地を歩くと、風が制服のスカートの裾を揺らして冷たく吹き付けてくる。
 大通りの方に向かって歩き出すと、すぐ横で立っていた男が私に歩み寄ってきた。
 昨日このラブホテルで乱暴された吉本に待ち伏せされたのかと一瞬背筋が凍り付いた。
 私の目の前に立ちはだかる男のよくよく顔を確かめると、一目で吉本とは別人と分かる顔つき。
 男は私の耳元に口を寄せると「いくらでやらせるんだ」といきなり小声で囁いてきた。
 私がはっとして男の顔を見ると男は別に変なことを言ったというつもりはないらしい。
「二万なら出していいぜ」ともう一度男が私の耳元でささやいた。
 ラブホテルの裏口から出てきたのでデリヘル女だと思われたらしい。
 私は急に恥ずかしくなってラブホテルの裏手から逃げ出すように駆け出した。
 大通りにでると夕方で人通りも多く、歩いてるだけでもぶつかりそうになる。
 女子高生も大勢歩いているので、セーラー服を見ただけですぐに声を掛けてくる男はさすがにいないみたい。
 セーラー服のプリーツスカートは足を踏み出すたびに風でめくれ上がって裾が揺れて歩きにくい。
 男の子の視線が私のスカートの下からむき出しになった足を見ているのが気になるけど仕方ない。
 地下鉄の駅に降りる階段の前まで来て、足を一歩階段に降ろそうとしたけど立ち止まったまま足が動かない。
 このまま電車に乗って家に帰えるなんて絶対にやだ。
 いま来たばかりの大通りをゆっくりと当てもなくしばらく歩いた。
 誰か声を掛けてお願い誰でもいいからナンパしてと必死で願ったけどだれも声を掛けてくれない。
 急に目の前に横から男の子が飛び出してきて行く先を塞いだ。
 私は思わず立ち止まって、男の子の顔を確かめた。
 まだ学生くらいの年だけど顔も服装もクラブ系の遊んでる感じ。
 私はてっきりナンパだと思ってヤッターと思った。
 声を掛けられたら絶対付いていこうと胸が弾んで嬉しくてたまらない。
 男の子が素早い動きで手を伸ばすとティッシュを私の目の前に差し出した。
 私がティッシュを取ると男の子はすぐ横を歩いてる女の子の前にまた飛び退いた。
 ナンパじゃ無くてティッシュ配りの男の子だったんだ。
 ちょっとがっかりだけどこの調子ならすぐナンパされそうな気分。
 しばらく歩いてもなかなか声を掛けてくれる男の子がいない。
 そうだスカートをもっと短くすればいいんだと私ははっと思いついた。
 ナンパされたい女子高生って、必ずお尻が見えるくらいにスカートを短くしてる。
 私はビルの陰でスカートを腰で丸めてこれ以上できないくらいに短くした。
 もともと短すぎるくらいのスカートなんでもうお尻が見えてるけど気にしない。
 大通りに出ようとしてビルの陰から歩き出した時、すぐ前を男の子が通り過ぎた。
 急に腿が震えだして歩けない。
 恥ずかしくて死んじゃいそうな気分。
 だけど頑張って大通りを歩かなきゃ、男の子にナンパしてなんかもらえない。
 必死の思いでもう一度大通りの同じ道を歩いてみたけど、誰も声を掛けてくれない。
 そのまま大通りを歩き続けると、以前希美女子大の同窓会があった居酒屋の看板が見えた。
 あの時はビルの間の細い道で見知らぬ男に声を掛けられてナンパされそうになった。
 またあの路地を通れば今度こそナンパされるに違いない。
 そう思うともう居ても立ってもいられない気分で胸が高鳴った。
 角の近くまで来ると、やっぱり見覚えのある路地。
 声を掛けられたら相手が誰でも絶対について行こうと思って震えそうな足で道を曲がった。
 ビルの間の路地に入るとやっぱり以前来たことがある場所。
 やっと一人が通れる位の路地は薄暗く静まり返って誰もいない。
 偶然通りかかる女の一人歩きを待ち伏せるにはちょうど良い場所。
 ナンパなんかされたら逃げようがない。
 もしかしていつもここで待ち伏せしてる男がいるのかもしれない。
 きっとそうよと思って辺りの様子を見ながら歩いてみたけど探しても誰もいない。
 路地の奧を通り抜けようとすると、ゴミ置き場の横に非常階段が見えた。
 見上げると非常階段の途中にドアがあるけど閉まったまま。
 誰かこっそりドアの隙間から路地を見張ってるのかもしれないと思ったけど汚れたドアしか見えない。
 恐る恐る細い路地を通り抜けると、反対側の通りに出て正面が見覚えのあるカラオケ店。
 以前にゴードンと一緒にナンパされて連れ込まれた店らしい。
 見渡してみると近くに雀荘らしい看板もある。
 ゴードンと一緒に輪姦されそうになったのもあの雀荘だ。
 あのときの事を思うと背筋が寒くなるけど、今だったらあの時みたいにナンパされたら何処にでもついて行っちゃう気分。
 吉本の事を忘れられるなら、輪姦されたほうがよっぽどまし。
 嫌なことを忘れるには、もっといやな体験をするしか方法がないのが女の身体。
 いますぐ輪姦されたらどんなに良いだろうと思うと、身体が熱くなって目眩がしてきた。
 とりあえずどっちに行こうかと横を見ると、変な看板が見えた。
 大きな立て看板に写真がいっぱい貼り付けてあるけど女が変な顔してる。
 眉を歪めて口が半分開いた顔は能面みたいで気味悪い。
 なんでこんな写真を道いっぱい並べてるのか訳が分からない。
 よくよく見ると男の白液を顔一面に浴びた女の顔写真だと判った。
 旦那が持ってたアダルトビデオでも同じ様な顔の場面があった。
 どうやら風俗の店らしいけどなんの店か判らない。
 そういえばさっき男の子に渡されたティッシュにも同じ様な顔の写真が入ってた。
 こんな店の前に立ってたら大変だと思って慌てて通りを先に進んだ。
 真っ直ぐ行った通の先は暗くなっていて公園らしい。
 辺りの様子を伺いながら公園の近くまで行ってみると、何度か来たことのある場所。
 公園のすぐ横には大通りにでる道があるはず。
 公園の入り口の少し手前の角でゴードンと一緒にコーヒーを飲んだ店が目に入った。
 そうだあの時はセーラ服で女装したゴードンが超ミニのスカートで足を広げて座ってたらすぐ声を掛けられた。
 ここだったらわざと窓際で足を広げて座っていればナンパ待ちの女だと思われるに違いない。
 もうそれしかないと思いつめて私は店に入った。
 レジに並んで順番を待つ間に席を確かめると、ガラスのウィンド前のカウンターに空いてる席がある。
 背の高いストールの椅子は、外からは丸見え。
 あの席に座って足を広げれば、外からスカートの奧まで見えちゃう。
 それもセーラー服の超ミニスカートでそんな格好で座る女子高生なんて居るわけ無い。
 男狂いの変態女が男欲しくてわざと足を広げてると思われるのは当たり前。
 ナンパする女を捜してる男だったらすぐに見つけて声を掛けてくるはず。
 こんな手頃な女を見逃す訳がない。
 コーヒーを頼んで待ってる間にも、もうナンパされた気分で足が小刻みに震えて止まらない。
 お金を払ってトレーを持ってストールに座ると、ガラス越しの目の前の大通りに歩く人が目に入った。
 セーラー服の短いスカートをさらに腰で丸めて短くしてるので普通に座ってても腿の上まで丸見え。
 足を広げようとしたけど、震えて力が入らない。
 吉本に乱暴された体験を忘れるにはこれしかないと自分に言い聞かせた。
 不安な気持ちが私に心臓を絞り上げるように締め付けてきてもうだめ。
 うつむいてトレーの上のコーヒーの紙コップを見つめると、必死の思い出で足を広げた。
 恥ずかしくて身体に火がついたように熱くなった。
 ちょうど目の前に通りかかった男が私に気が付いた様子。
 男は視線をちょっと向けただけですぐに足をとめてすぐに店の入り口に歩み寄った。
 ナンパされたら絶対ついていこうと思いながら私は男の様子を横目で伺った。

6.人妻監禁調教<< ページトップ >>8.生フェラ

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音