長編官能小説 人妻不倫レズSM調教

by七度柚希

目次

1.セーラー服でお仕置き

2.奴隷契約書

3.強制女装レイプ

4.人妻逆ナンパ

5.人妻強制レズ調教

6.人妻監禁調教

7.人妻デリヘル

8.生フェラ

9.ラブホテル

10.陵辱

11.露出

12.レズビアン

13.SMプレー

14.調教

15.ランジェリーパブ

16.ハプニングバー

17.裏ビデオ撮影

18.生フェラ輪姦

19.人妻売春

20.デリヘル女

4.人妻逆ナンパ

理想技研

 翌日いつものようにランジェリーパブで客の相手をしていると、どこかで聞いたことのあるような声が聞こえた。
 回りの席を見回すとすこし離れた席で先生の弟子の美絵子さんが数人の客と話しをしているのが見えた。一緒にいる客が大きな声で「GPSを使った航空管制システムは世界でも例がないので、是が非でも次期の本システムの受注は内で取りたい」とか話しているのが聞こえてきた。
 旦那は仕事の話は家ではあまりしなかったけど「GPSを使った航空管制は世界初だ」と言っていたのを思い出した。
 それにこんなランジェリーパブで美絵子さんが客の相手をしているというのも納得のいかない話し。
 客が帰った後にピンクのネグリジェ姿の美絵子さんに声をかけてみると、美絵子さんは驚いた様子もなく「先生の弟子はね、みなこの店を紹介されるの、女流の作家になるにはこうゆう店で働くのが一番いいんだって」と話してくれた。
 ついでにさっきのお客の事を聞いてみると「一人は理想技研の供田社長で、もう一人は名刺では西浦電気の人だったみたい」と教えてくれた。
 西浦電気と聞いて私の旦那の会社の人がこんな店に来ているのが分かって私はびっくりした。
 理想技研というのも旦那から何度か名前を聞いた会社で、西浦電気が受注した航空管制の仕事の下請けをしていた会社。理想技研の仕事がまったくいい加減でそれで旦那は困り果てていた。納品の前日に「かならず明日には納品します、間違いありません」と確約しながら、当日の朝「今日は納品できません」というのを何度も繰り返されて、旦那は客先に謝る言い訳が出来ず本当にどうしていいのか分からなくなったとこぼしていた。

 私は美絵子さんからもらった名刺を頼りに理想技研のある場所に行ってみた。東急ハンズの裏手の公園の奧の細ビルに理想技研という看板が出ているのを見つけたけど、窓にはブラインドが降ろされていて中の様子は分からない。人の出入りはほとんどなく、もうみんな退社したのだと思い私は帰ろうとした。
 ちょうどそのときジーパン姿の男の子がドアを出てきた。まだ大学を出たばかりくらいでとても社員には見えない。私は旦那が会社を辞めた本当の理由を確かめてやろうと決心して後をつけることにした。
 男の子は少し先の角を曲がって牛丼屋に入った。私は男の子からすこし遅れて店に入るとすぐ隣の席に座って牛丼を頼んだ。このあとどうしたらいいのか胸がドキドキして止まらなくなった。
 男の子が牛丼を食べ終わった時、私は思いきって話しかけることにした。
「ねえ、この辺でどっか面白いところ知らない」とやっとの事で思いついた台詞を口にした。これは世間でいう逆ナンてやつなんだなと思うと足が震えてきた。
「あ、ゲームセンターならこの裏だよ」と男の子がすぐ答えた。面白い所とはゲームセンターなのか、なんだ子供ねとすこし自信がでてきた。
「一緒に来てくれるわよね、一人じゃつまんないし」と言うと男の子はすぐに一緒にゲームセンターについてきた。

 私は頃合いを見計らって「ねえ、私がいつもいってる店があるから飲みに行こうよ」と誘ってみた。男の子が「あ、いいよ、どこ」と返事をしてくれたので、さっそく私のアルバイトしているランジェリーパブに連れて行った。
 私が歩きながら手を繋ぐと、男の子もちょっとためらいがちに手を握り返してきた。
 店の前まで来ると入り口でいつものボーイさんが笑顔で「いらっしゃいませ」と大きな声を掛けたので私はちょっと恥ずかしくなった。
 店はまだかなり混んでいたけど、私達は奧の少し静かな席に座った。
 飲み物を注文すると、そばの席で客の相手をしていた美絵子さんがこちら振り返った。
 美絵子さんは私がまた店に戻って来たのであれっという顔をしていたが、何も言いわなかった。
 私の奢りだといって男の子に適当に酒を飲ませた。男の子は中沢君と言って今年大学院を卒業したばかりだと話してくれた。
「ところで、お仕事なにをしてるの」とさりげないそぶりで聞くと「あ、コンピュータ関係の仕事で、今年入ったばかりなんだ」と答えが返ってきた。
「それでどんな会社なの」と聞いてみると「面白い会社でね、技術者が理想の会社を作るために自分たちで作った会社で、理想科学技術研究所という会社なんだ」と嬉しそうに話しを始めた。やっぱり理想技研だしめしめと思いながら、私はもう今日の情報収集は済んだと話を他にそらせることにした。
 適当に世間話をして「じゃ今度会社の人みんなで遊びにきてね」と私の商売用の名刺を渡した。そこまで言われるとさすがに男の子もホステスさんに店に誘われただけなんだと気がついたみたい。
 私は平気な顔をして男の子の手を取って恋人気取りで出口まで案内した。今日はひとまず私の奢りということで男の子は安心して帰って行った。

誘惑

 その翌日、いつものようにランジェリーパブで着替えをすませて一休みしていると、指名が入ったとボーイさんが呼びに来た。
 テーブルに行ってみると、見覚えのない顔が五人ソファーに座ってる。
 誰だったろうと思い出してみると、一番奥に座っているのは昨日来た中沢君のような気がした。
 中沢君は私が紫色のキャミソールを着ているのを見て、目を丸くしている。
 他の人達もランジェリーパブは始めてな様子で、ほかの席の女の子にちらちらと視線を向けていた。
 席についてさっそくお酒の用意をしていると、中沢君がメンバー紹介してくれた。
 航空管制の仕事をしている人達だと判って私はしめしめと思った。
 一番偉そうにしていたのはマネージャーと称する吉本で見た感じは人柄の良さそうな人物。しかし話しをしていると何か様子が変。吉本は確かに理想技研の社員のようだけど、どうも話しを聞いていて他の三人とは辻褄が合わない。雰囲気もどこかよそよそしくてどう見てもなにか変な気がした。
 私は「よかったら、名刺をいただけますか」と言ってみた。受け取った名刺をよく見ると吉本と、中沢君の他は会社名がオーソドックスシステムと書いてあり肩書きは三人とも課長。
 課長三人なら部下はよっぽど大勢いるに違いないと思ったけど、チームのメンバーは他にいないという事らしい。私はどうゆうことなのか訳が分からなくなった。
 私はきっとこれにはなにか秘密があるに違いないとぼんやりと分かってきた。
 そろそろ帰る頃になって、私はこっそりと中沢君に「今日は早番だから、早く帰れるから待っててね」とこっそり耳打ちした。
 11時過ぎに店をでると、中沢君は店の前でちゃんと待っていてくれた。
 店を出て帰り道に私は中沢君の腕をとって「帰りは一緒に帰りましょうね」と酔ったふりをして体を押しつけた。
 私は中沢君のアパートまでついていくと、部屋に入りもう起きあがれないような振りをして中沢君に抱きついた。中沢君はあまり女の子とのつき合いは慣れていない様子だったけど、私の服を脱がしながら私の体をなで回してきた。私が感じた振りをするとすぐに中沢君は体を重ねてきた。
 私は身体を半分起こして中沢君の首に腕を巻き付け、自分から唇を重ねた。
 すぐに舌を入れてくれると期待して口を大きく開けても、中沢君は私の気持ちもわからずに唇を押しつけて来るだけ。
 仕方なく私が口を離して、後ろに大きく仰け反ってため息を吐くと中沢君は私の両足の間に腰を落としてきた。
 私は両手を吉沢くんの背中に廻して、胸の膨らみを吉沢くんの胸板に押しつけながら身体を絡ませました。
 若い元気な肉体は、もうすっかり堅くなり猛り狂った動きで大きさを増してきた。
 私が膝を立てて腰を持ち上げると、もどかしい動きで吉沢くんが入ってきた。
 私は自分から腰を思い切り前に突き出して、吉沢くんの腰の動きに合わせて動かし続けた。
 リズミカルな腰の動きはすぐに勢いを加えると私の奧まで届いてきた。
 私は思いきり吉沢くんにしがみつくと、吉沢くんの震える腰の動きに合わせて背中を仰け反らせて喉の奥から喜びの声を繰り返し叫んだ。
 あっけないほどにすぐに終わった吉沢くんは、疲れた様子で私の身体を離すと起きあがる元気もない程だった。

下請けの下請け

 二人で布団に入って寝ていると、中沢君は仕事で疲れているせいかすぐに寝息を立てて私の身体の上に載せていた手が離れた。
 もう旦那とはしばらくご無沙汰だったので、火のついた私の身体はすぐには冷めない。
 眠れないままようやく夜半近くになって息が落ち着いてくると私は半分目が覚めたまま、いったい自分は何をしてるんだろうと思えてきた。
 こんな馬鹿なこともう止めようと何度も自分に言い聞かせようとしたけど、旦那が会社を辞めた原因を突き止めるためにはこのくらい当たり前なんだという気持ちも押さえ切れない。
 寝付けないままカーテンが明るくなり夜明けが近づいて来た。
 半分目が覚めたまま時間が経つのを待ってようやく6時過ぎに起きると、私は冷蔵庫を探して簡単な朝食を作り中沢君が起きるのを待った。
 いつまで経っても起きる様子がないので私が声をかけると中沢君は眠そうな顔「まだ早いから」と言い出した。
 私は会社には九時にいかなければいけないと思い「遅刻しますよ、もう起きないと」と言ってみると「内の会社は何時に行ってもいいんだフレックスタイムだから」と中沢君があくびして体を伸ばしながら返事を返して来た。
「いくらフレックスタイムでも昼前にはいかないといけないでしょう」と私が聞いてみると「いや何時でも良いんだ、みんな出てくるのが午後二時か三時くらいだ、それでも早いくらいだ」と言い出した。
「それじゃあ、何時に帰るの」と試しに聞いてみると「いつ帰れるかは分からない、その日によっては徹夜になるかもしれないし。それに早く仕事が終わった時はみんなで酒を飲んで帰るから夜寝るのは早い時でも午前三時くらいなんだ」と言う話。
「昼から会社に出てくるのを重役出勤というんだ」と旦那が言っていたのを思い出して、重役出勤が技術者の理想の会社なのかしらと私はなんだか馬鹿馬鹿しくなって来た。

 ようやく中沢君が布団から起き出したので私は朝食をお布団の横に置きっぱなしになっている小さなテーブルの上に載せた。
 中沢君はパジャマのまま朝食を食べ始めたので頃合いを見計らって食後のコーヒーを用意した。
 私はうまく話しを聞き出さないといけないと思い「今度一緒に温泉にでも行きましょうね、二人でゆっくり過ごせるから」と言ってみた。
 すると中沢君は「仕事が忙しくて休めないから温泉はちょっと」と言葉を濁した。
「でも一応休みの日とかはあるんでしょう」と聞いてみると「土日に休めるのは滅多になくて、有給休暇は会社が始まって以来取った社員は一人もいないんだ」
「みんなそれだけ仕事に夢中で、休みなんか取りたいと思う社員はいないんだ」と言い出すのでびっくりした。
 私は余ったコーヒーを飲みながら「それで昨日のオーソドックスシステムの人達はどうして理想技研の仕事をしているの」となんとか上手く聞き出そうと思って話しを向けてみた。
「元々この仕事は運輸省が計画した仕事で、今回のシステムは本システムの前の実験システムなんだけどね」
「関西電気と梅下電気は技術的にも、予算的にも、期間的にも不可能な仕事だと言って入札から降りてしまったんだ」
「それで宇宙関係の仕事で出遅れていた西浦電気が、無理を承知で受注してね」
「だけど、社内でできるわけがなくて、結局内の吉本さんの所に話しがあったらしくて」
「吉本さんはもともと東大の宇宙工学科の出身だから、もうどうしてもこの仕事をやりたくてね」
「それで内の会社はGPSの仕事なら以前から実績があり、すぐ出来ますと話しを作って仕事をとったんだ」
「でも内の会社で宇宙関係の仕事してたのはもうずっと以前の事で仕事のやりようがなくてね」
「それで以前つき合いがあったオーソドックスシステムに声を掛けてね、昔宇宙関係の仕事してた人をなんとか回してもらったんだ」そう聞いて私はとんでもない話しだと思った。
「ホントに宇宙関係の仕事してた人なの今日の人達」と聞いてみると「昔はしてたらしいんだけどね、今時コンピュータ関係の仕事といったら、金融関係やネットワーク関係がほとんどだから、宇宙関係の経験者なんて言うのは窓際なんだ、だから三人とも課長の肩書きがついてるんだ」と道理で三人とも課長という名刺の理由が分かってきた。
 中沢君はコーヒーを飲み終わると急に立ち上がって「まだ会社にいくには時間があるんだ」と言って口元に笑顔を作って私に向き直った。
 パジャマのズボンの下は大きくもりあがって私の方を向いていた。
 昨日はあんなに頼りなかったのに、やっぱり若いのねと私は嬉しくなって中沢君の前に膝をついてかがみ込んだ。
 中沢君がパジャマのズボンを降ろすと、もう逞しくなっている物が目の前に現れた。
 朝の明かりの中で男らしい立派な形を見ているだけでも私は子宮の奧が熱くなってもう我慢できない。
 口元を近づけて、軽く舌先で触れると中沢君の腰がぴっくっと震えて張りつめた曲線がさらに大きくしなりながら私の唇に触れてきた。
 口いっぱいに含んだとき私の体中は嬉しくて宙を舞い上がり目の前に霞がかかったように目眩がしてきた。
 私はそのまま喉の奥まで届くまで吸いこむようにしてしゃぶると、今度は唇をすぼめて締め付けながら先端まで唇を逆に動かした。
 小刻みに震える中沢君の逞しい身体は、さらに堅く反り返って私を求めてきた。
 私が目を上げて中沢君の顔を見上げると、中沢君はもう我慢しきれない様子。
 私が小さく頷くと吉沢君は両手を私の脇の下にあてがい、身体を抱きかかえるように立たせた。
 私が手早くスカートを脱いで床に落とすと、吉沢君は私の身体を前屈みにさせ両手をテーブルにつかせた。
 吉沢君は私の腰を両手でしっかり掴むと、いきなり思い切り下から突き上げてきた。
 一瞬にして思い切り奧まで届いてくる腰の動きは、昨日と同じ吉沢君とは思えないほどの男らしさが有った。
 私は心の迷いを感じる一瞬の暇もなく、力強く胃袋を押し上げる吉沢君の動きに体中が喜びでいっぱいに溢れ返った。
 夢の時間が止まったまま繰り返されると、私の身体は宙を舞い続けた。

 私は中沢君を昼前に会社に送り出すと、洗濯機を動かしながら部屋の掃除をしてトイレもお風呂場もピカピカに磨いた。
 これが不倫なのよ、若い男の子は手間がかかるのよと自分に言い聞かせながらせっせと仕事を片づけると楽しくて仕方ない。
 中沢君のパソコン机の上はかなり散らかってたけど、旦那はいつも自分の机を私が片づけると嫌な顔をする。
 パソコン机は触らない方がいいと思ってとりあえず捨てる物は無いかと眺めてみると何だか変。
 バックアップのケースが多すぎる。
 それにご丁寧に番号まで振ってあり、きちんと整理してある。
 いくら仕事だって、部屋にこんなたくさんバックアップが有るわけ無い。
 旦那のバックアップのケースは裏ビデオの隠し場所。
 もしやと思ってバックアップケースを一つ手に持って開けてみると案の定、裏DVD。
 それもきちんと番号を振ってあるなんて変だ。
 気になって押入の奧を調べてみるとあったあった。
 生のDVDディスクが山ほど有る。
 これって中沢君が裏DVDをコピーしてるって事以外考えられない。
 だけど裏DVDで商売をしてるのなら、もっとたくさんあるはず。
 友達と裏DVDを交換したりして裏DVDを集めるのが中沢君の趣味らしい。
 一人暮らしの男の子なんだからそれはそれでしょうがない物。
 裏ビデオを見てセックスのテクニックを研究してるってのも、旦那よりはずっとまし。
 だからセックスのテクニックも気分次第で下手だったり上手だったりするみたい。
 よく見ると押入の奧にはデジカメも隠してあった。
 私の目に付かない所に隠してあるって事自体絶対なにかある。
 スイッチを入れて映ってる写真を確かめると、やっぱりフェラチオの写真。
 それも口元を大写しで、目が変に歪んで喜びの絶頂の顔だ。
 だけどどっかで見た顔だと思ったら、これさっきの私の顔だ。
 フェラチオしてたときこんな顔をしてたんだと判って自分でもびっくりしてしまった。
 そうよフェラチオの喜びはこんな顔するくらい凄いのよと自分でも納得できるくらい変な顔。
 こんな変な顔でもも男の子には、とてもたまらない位いい顔らしい。
 とりあえず私の映ってる写真を順番に消していくと、まだ他の女らしい顔が映ってる。
 やっぱりフェラチオさせてる所を撮した顔。
 中沢君はあれでも彼女がいるらしい。
 でも彼女にしてはちょっと年が上すぎる気がする。
 写真を何枚か表示してみると、真っ赤なミニスカートに紺のブレザー風の上着を着てる写真を見つけた。
 この服装を見る限りではこの女はデリヘル女らしい。
 先生の書いた小説でも、デリヘル女は目立たない服装をしてるとちゃんと書いてあった。
 夜中に男の部屋に出入りしても怪しまれない、地味な服装。
 それでいて男が見たら喜びそうな赤いスカート。
 そう思って写真をよく見るとどっかで見覚えの有る顔だ。
 いつか間違えて私の家の玄関に訪ねてきたデリヘル女によく似てる。
 なにがどうなってるのか判らないけど、同じ女みたいな気がする。
 中沢君が呼んだデリヘル女が、私の旦那の所にも来たというのは偶然にしては話しが変だ。
 だけど考えてる暇なんか無い。
 とりあえずデジカメを元の場所に戻そうと押入を開けた。
 デジカメを元の場所に戻そうとするとデジカメの箱が目に入った。
 箱に書いてある宣伝文句は旦那がいつか欲しいといってたデジカメとビデオカメラの両方が使えるカメラだ。
 私はもしかしてと思って、もう一度カメラを確かめてみた。
 メニューを探すと、ビデオの画像がやっぱりある。
 開けてみるとやっぱりフェラチオをしている顔。
 私はてっきり今朝の私のフェラチオを撮した顔だとばかり思って腰が抜けそうになった。
 だけど良く見ると違う顔。
 どっかで見た顔はこないだ同窓会の二次会に誘われた京子ちゃんと早苗ちゃんだ。
 それも顔一面に白い生液を塗りこまれたようなすごい顔。
 あのときナンパしてた男の子、中沢君だったらしい。
 これは大変と私はビデオの画像を全部消してデジカメを押入に戻した。
 家に帰ってみると旦那は部屋でまだ寝ていて私が一晩留守にしたことにも気が付いていない様子。
 先生の書いた小説でも、客をとったあとデリヘル女は身体を洗うんだと書いてあった。
 私もすぐにお風呂に入って、中沢君の匂いが残らないように石鹸で体中を洗った。
 風呂からでると、私はさっき中沢君に聞いた話を絶対小説にしてやるんだと心に決めて、部屋に閉じこもって一気に原稿を書き続けた。
 昼の食事も食べずに午後までかかって書き上げると原稿をすぐに先生の所に持って行った。
「この前の続き書いてきたんですけど」と言って原稿をわたすと先生はさっと私の原稿を斜め読みした。
 私は先生がなんて言ってくれるのか最初の言葉を固唾を飲んで待った。
 一通り最後まで読み終わると「あ、あの理想技研て会社まだやってたんだ」と先生が言い出した。
 私は先生があの理想技研という会社を知っているはずないと思い「先生ご存じなんですか」と聞いてみた。
 先生は原稿を私に返すと、飲みかけのコーヒーを手に取りながら「あの会社ね、東大の大学院の卒業生が作った会社なんだ、学生運動って知ってるだろう、あのころの連中でね」
「自分たちで技術者の理想の会社を作ろうといって作った会社なんだが、もともと学生が作ったシロート会社だからね、なんでも技術者は管理をされるのを嫌うから、管理をしない会社を作るんだとか言ってね」
「俺の友達も一人誘われて入社したんだが、すぐ辞めたけどね」と話してくれた。
 なるほどそんな事情があって先生が理想技研のことを知ってるのだと判って私は会社の様子も先生がよく知っているのではと思い「どうして辞めたんですか、理想的な会社なんでしょう」と聞いて見た。
「管理しない会社なんてうまく行くわけないだろう、管理してないから、仕事がいつ出来るかわからないし、出来てみないと何ができるか分からないという調子だ」という答えなので私は本当に腹が立った。
 旦那が病気になった理由がそもそも「理想の会社」だというのはまったくとんでもなく馬鹿馬鹿しくてあきれ果てる話。
 先生はまだ他にも裏の事情を話してくれた。
「だいたいめちゃめちゃな会社なんだ、社員がバカラ賭博に夢中になって納期の前日に逮捕されたことがあってね」
「もちろんそんな会社に仕事なんか来るわけ無いだろう、それで仕事がとれなくなると今度は接待攻勢で」
「あの辺りはちょっと危ない店が多いだろう」
「怪しげな店に客を連れてけば、シロートだったら喜ぶだろう」
「しまいにはデリヘル女まで使って接待して仕事をとるなんてこともやっててね。馬鹿馬鹿しくって話しにならないよ」そう先生に聞かされて私はあの日のデリヘル女の事が思い浮かんだ。
 私が玄関先で鉢合わせをしたデリヘル女どうも様子が変だった。
 接待でデリヘル女を使うというのは先生の小説にもあったけど、ちょうど旦那が仕事に正式に配属される少し前だ。
 裏DVDも中沢君がコピーして吉本が旦那に渡したのに違いない。
 そう考えると辻褄が合う。
 こんな馬鹿な話しがとてもある訳ないはずだけど、他に考えようがない。
 これだけ旦那を弄んでおいて毎日平気で仕事してるなんて絶対許せない。
 私はなんとか吉本に仕返しをしてやろうと、腹の中が煮えくり返った。


3.強制女装レイプ<< ページトップ >>5.人妻強制レズ調教

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音