長編官能小説 人妻不倫レズSM調教

by七度柚希

目次

1.セーラー服でお仕置き

2.奴隷契約書

3.強制女装レイプ

4.人妻逆ナンパ

5.人妻強制レズ調教

6.人妻監禁調教

7.人妻デリヘル

8.生フェラ

9.ラブホテル

10.陵辱

11.露出

12.レズビアン

13.SMプレー

14.調教

15.ランジェリーパブ

16.ハプニングバー

17.裏ビデオ撮影

18.生フェラ輪姦

19.人妻売春

20.デリヘル女

3.強制女装レイプ

私は女王様

 SMクラブを出て裏通りを少し行くとまた裏口から店に案内された。学生の頃よく合コンをした居酒屋と同じ建物だったけど来たことのない店。
 衣装は借りられるからと説明を受けて、着替えようとすると胸のサイズを聞かれた。なんでそんなこと聞くのかしらと思っていると衣装というのはレースのひらひら下着。
「この店はランジェリーパブと言ってね、衣装は下着なのよ」と女主人が当たり前のように言うので私はびっくりしてしまった。
 確かに普通のクラブで私みたいなドシロートが勤められる訳がないと自分でも一応は納得した。
 ランジェリーパブで働き始めて三日ほどたって、受付の佐織さんから電話がかかってきてSMクラブの方にすぐ来るように言われた。アメリカ人の客があり言葉が通じなくて困ってると言うことらしい。
 慌てて下着姿の上に服を着てSMクラブに行くと、小柄な金髪の外人が客で来ていた。よくよく話を聞くいてみると、チアガールの服装を着せられて、鞭で叩かれたいのだと分った。 なんでチアガールでなければいけないのかと聞いてみると、アメリカにいる婚約者が高校の時チアガールしてたからと言うのが理由らしいので私は呆れてしまった。チアガールの衣装はないので「セーラー服でもいいですか」と聞くと「それでもいい」と言ってくれたので私は安心した。
 プレイ用の超ミニのセーラー服を衣装部屋から持ってきてアメリカ人に着せると、佐織さんが私に鞭を渡しながら「私英語苦手なの、あとは頼むわね」と言って部屋を出て行ってしまった。
 名前を聞いてみるとアメリカ人はゴードンと言って、アメリカでも田舎の出身らしくてなまりが強くてなかなか言葉を聞き取れない。
 どうもどっかで見たことがあるような顔だと思って、私は鞭を使いながら「日本のお茶会に出たことはありませんか」と聞いてみた。するとやっぱりお茶会にでことがあるという答え。
「お茶会で娘さんが折檻されたのを見たことありますか」とまた試しに聞いてみると「見たことがある」と言い出した。日本のお茶会は作法が厳しくて、粗相をすると折檻されると本気で思いこんでいる。あんなことをするお茶会なんて先生のお茶会以外しかある訳ない。

 ゴードンはその後も数回私を指名してくれたので、私は調教用の黒い皮の衣装を用意してもらった。高さが十センチもあるピンヒールを履くと私もいっぱしの女王様風。
 ゴードンはアメリカ人にしては小柄で背も低いのでプレー用のセーラー服はゴードンには不思議とよく似合った。やや茶色の金髪のゴードンの髪は後ろから見ると、まるで女子高生の茶髪のように見える。
 すね毛も金髪で透き通っているのでちょっと見た感じには女子高生の生足にしか見えない。シリコンパッドの入ったプレー用のブラを付けさせると、Eカップくらいの巨乳に見えてすこし離れて見れば完璧な女子高生。
 私がデジカメで写真を撮ってあげるととても喜んだので、私はセーラー服姿のゴードンの写真を一杯撮った。
 いつものようにランジェリーパブで客の相手をしていると急に携帯がかかってきた。
「ゴードンが騒いでいて手が付けられないから、すぐ来て」と佐織さんが慌てた様子で言うとすぐに切れてしまった。
 駆け足でSMクラブまで言ってみると、プレイ用のセーラー服を着て床に縛られて座り込んでいるゴードンが大声でわめきちらしてる。
 私が事情を聞くと女王様役の女の子がゴードンの巨●に興味を持って、フェ●チ●をしようとしたらしいと分かった。
 故郷の宗教では、結婚前のセックスは厳禁でセックスした相手とは必ず結婚しなければいけないとゴードンが前に話していたのを思い出した。ゴードンはフェ●チ●をされたら、その女王様役の女の子と結婚しなければいけないと言って怒っているらしいので、女王様役の女の子にそれを説明すると「私はこんな外人の相手はやってらんないから、あとはあなたに任せるから」といって部屋を出て行ってしまった。

露出調教

 私はなんとかゴードンの気持ちを落ち着かせようとしたけど、興奮はすぐには収まらない様子。なんとかしようと思って「近所の公園まで散歩に行かない」と誘ってみた。
「セーラー服姿のままで行くのか」とゴードンが言うので「あなたが好きならそうしてみれば」と言ってみた。
 しかし私が言い方を間違えたようで、ゴードンは私に命令されたと思いこんでいるみたい。ゴードンが店で暴れたのでそのお仕置きのためにセーラー服姿で外を歩かせられると思っているようなので私は思わず笑いそうになった。
 私の命令ということでゴードンは急に素直になると服装を鏡で整えだした。ゴードンの巨●が目立たないように、私はきつめのガードルをゴードンに渡した。私も手伝ってうまく巨●を股のあいだに収めてガードルを穿かせると、ちょっと恥丘が前に飛び出した女性くらいにはなんとか見えるようになった。肌色の無地の地味なガードルは少し離れてみると、普通の女の子がパンティーを穿かずに立っているように見える。
 私はゴードンをSMクラブから少し離れた、高速道路の裏手にある公園に連れていった。ほとんど真っ暗な公園のベンチにはあちこちにカップルが座っているのが見える。
 もう夜遅くなのでカップルは皆体を寄せ合ってキスをしたりしている。ゴードンは興味があるようで、すこし不安そうにあちこちを見回していた。

 入り口の脇のベンチで涼しい風に当たっていると、すぐ横をセーラー服を着た女の子が男性と一緒に入ってきた。女の子はSMクラブでアルバイトしている女子大生で、一緒に居る男性は露出プレーマニアの常連。頭のはげ上がった中年男性はセーラー服姿の女の子の父親よりもまだ年上に見えた。
 ちょうど私たちの座っている反対側のベンチに二人ならんで座ると、抱き合ってキスを始めまた。ゴードンは「二人はどう見ても不似合いな年齢だ」と私に聞いてきた。
 私は「これは援助交際と言って、女子高生が年上の男性にお小遣いをもらってエッチなことをさせるのよ」と説明した。ゴードンもアメリカにいたときテレビのニュースで見たことがあると納得して珍しそうに二人を見てる。
 美絵子さんが書いた小説には、主人公の女子大生がセーラー服を着て公園でフェ●チ●をするシーンがあった。私はもしかしてその小説と同じことが目の前でこれから始まるのかもしれないとドキドキしてきた。
 キスが終わると女の子は体を離して男性の足下に膝をついてフェ●チ●を始めた。小説ではその次には男が手を伸ばして女の子のスカートをめくり上げるはず。女の子はパンティーを穿いていなくて、花園が私たちに丸見えになるのが結末。しばらく様子を見ていると、やはり小説と同じ光景が始まった。ゴードンはさすがにこれには驚いた様子で、これが援助交際というものかとしきりに感心していた。

 ゴードンの気分も落ち着いてきたようなので私は「お茶を飲みましょう」とゴードンを誘った。
 公園から少し離れたファーストフードの店に入って私達はコーヒーを二人分頼んだ。ちょうど窓側の席にならんで二人で座ったのはいいのだが、ゴードンは足を大きく開いて座ってしまった。
 スカートは極端に短くてガードルも肌色なので、まるで下に何も着けていないように見える。私は女の子は膝を閉じて座るものなのよと注意をしたけど、ゴードンの足は注意されたときは閉じるけど次の瞬間にはまたさっきと同じに開いてしまう。
 もともと男なのだから足を大きく開いて座るのはまあしょうがないとあきらめたけど、通り過ぎていく男の子の目がゴードンのスカートの下に向けられているのは困ったもの。
 これでは誰が見ても男を誘うためにわざと下着を付けずに窓際に座って足を開いてるとしか思わないだろうと心配になった。
 ちょうど通りかかった中年の男性が私たちに気がついた様子で店に入ってきた。
 私はどうもいやな予感がして二人がレジに並ぶのを見ていた。二人は席を探す振りをして近くまで来ると「どうこの席空いてるかな」と声をかけてきた。

 私は困って黙っていたが、二人はコーヒーのお盆をもって私たちの両側に座った。
「珍しいね、高校はこの近くなのね、外人の女子高生はやっぱスタイルがいいね」と早速ナンパが始まった。やっぱりゴードンは女子高生だと見られているみたい。
 仕方なく私は「この娘は交換留学生で近くの高校に来ている女子高生なんです」とゴードンを紹介した。
「名前はなんていうの」と聞かれて「ナンシーです」答えたが、それはゴードンの婚約者の名前。
 私はうっかりしたことを言ってしまったと思ったけど、ゴードンは怒らなかったので一安心した。さすがに私は高校生とは言えなかったのでゴードンの同級生の女の子の姉だと嘘をついた。
「これからカラオケに行かないか」と二人の男性は私たちを誘ってきた。
 二人とももうかなり年配でさっきの公園の中年男性とどっちもどっちという程度。ゴードンはこれが援助交際のお誘いだとすぐに気づいたようで、なぜかとても興奮気味に私の通訳する言葉を聞いていた。
 自分が本当に女子高生だと思われたことにとても感激しているようで「援助交際の事をもっとよく知りたいから、社会勉強のためにカラオケに行きたい」と言いだした。まあそれもいいかもしれないと思い私は「ナンシーがオッケーしたと」二人の中年男性に伝えた。

GANG BANG


 私たちは近くのカラオケに連れ込まれてお酒を勧められながら、二人の男に流行の歌を何曲か聴かされた。ゴードンはアメリカ人らしくよく通る高音で歌ったので、日本人が聞けば女性の声にしか聞こえない。
 やがて男達は私たちをソファーに座らせると肩に手をまわしてキスをしようとしてきた。ゴードンはキスは拒絶するはずだと思っていたが、なぜかされるままに口を奪われていた。この中年男と結婚する気なのかしらと私は不思議に思った。
 男がゴードンに札束を何枚か渡して大きな声でフェ×チ×、フェ×チ×と言いだした。その男はフェ×チ×は英語だと思いこんでいるよう。
 フェ×チ×は英語では(blow job)と言わないと通じないので私は困ってしまった。ゴードンは男が何を要求しているのか分からない様子だけどフェ×チ×を要求しているのだと分かったらゴードンがまた怒り出すと思って通訳はしなかった。
 すると男はさらに多くの札束をゴードンの手に押しつけてきた。私は仕方なく「フェ×チ×(blow job)を要求してるの、そのお金で」とゴードンに説明した。
 こんな事を聞いたらゴードンはきっと激怒して暴れ出すと思った。しかしゴードンは札束を受け取ると男の前にひざまづいて男の腰に顔を近づけた。
 男はなにかしきりにゴードンに指図しようとしたが、ゴードンには言葉が通じない。私は仕方なくフェ×チ×のやり方を英語でゴードンに伝えた。

 男は手を伸ばして、ゴードンのスカートをたくし上げた。するとピッチピッチのガードルの下にはゴードンの巨○がガードルを破りそうに大きくなっていた。
 私はとっさにナンシーは今生理中でナプキンあててるの、ナンシーの使ってるナプキンはアメリカサイズで特大なのと口から出まかせを言って誤魔化した。男達はゴードンの肌色のガードルを生理用ショーツと勘違いしたみたい。
 男はゴードンにフェ○チ○させながら「どうだ日本人のオ○ン○ンは」とかいって卑猥な言葉を言い出した。とても通訳できない言葉なので私がだまっていると「どうだ男が欲しいんだろう、廻してやろうか、男が多ければ多いほどいいんだろう」とまた言い出した。ゴードンは言葉が分からないので適当に口を離しては、イエスイエスと返事をした。
 男の一人が携帯電話で「廻されたいって言ってる女子高生がいるんだ、パツキンの外人だぜ、交換留学生だって、おいこれからこっちへ来いよ、麻雀なんて後でいい」と大声で話し始めた。どうも近くの雀荘にいる仲間に電話しているらしい様子。
 美絵子さんの小説でもナンパされてカラオケに連れ込まれた主人公が廻される場面があったのを思い出した。
 このままでは大変なことになると怖くなって、私はゴードンを引きずってカラオケ店を出た。

 店を出て歩き出すとすぐ目の前の雀荘から数人の男達がでてきてゴードンを見つけた。後ろからはさっきのカラオケ店から出てきた二人が私たちを探して追いかけてきた。
 前と後ろに挟み撃ちになりもう逃げられないと思った瞬間に、私はゴードンの手を引いて横のビルの隙間にある狭い通路を駆け抜けた。後も見ずに走りつづけると、細い道は大通りに出て目の前に地下鉄の駅に降りる階段を見つけた。私はゴードンを引っ張って必死で階段を駆け降りた。
 改札口の前までくると私はようやくゴードンの手を離した。ゴードンは何がなんだか訳が分からない様子。あの連中はあなたを廻す(GANG BANG)つもりだったのよ、とゴードンに言うとようやくゴードンは何があったのか事情が分かってきらしい。
 援助交際というのは金をもらって廻(GANG BANG)されるのかと思いこんだのか、ひどく落ち着かない様子で足が震えてる。
 私はゴードンに「どうしてフェ×チ×したの、フェ×チ×は厳禁なんでしょう」と聞いてみた。すると「男が男にフェ×チ×するのは構わない、男同士では結婚はしないから」という返事。私はそれを聞いてすっかり訳がわからなくなったが、ゴードンにはちゃんと筋道がたった理屈らしい。
 私は「このままの格好ではさっきのSMクラブには戻れない、さっきの連中がまだいるから、このままで帰って」とゴードンに言った。ゴードンはさすがに地下鉄にセーラー服姿で乗るのはいやがったけど、それもこれもみなゴードンの自業自得なので仕方がないこと。
「誰が見てもあなたは、女子高生にしか見えないから」と私が何度も保証したけど「一人では帰れない」というので、私も地下鉄で途中まで送ることにした。

 ホームに降りて夜遅くの地下鉄を待っていると、宴会の帰り客らしい乗客で地下鉄はすし詰め。やがて急にゴードンの表情が変わった。私はやっぱりと思った。痴漢がゴードンのお尻を触っているのに違いない。
 美絵子さんの小説では主人公は痴漢に取り囲まれて地下鉄の終点駅まで連れて行かれ、駅の近くの公園のトイレで朝までフェ×チ×をさせられる筋書きになっていた。
 次の乗換駅で降りなければいけないので私はゴードンの事が心配になった。しかしゴードンはセーラー服を着ているとは言え男なのでそんな展開にはなるはずがないし、私の知ったことではないと思い直してゴードンを置き去りにして電車を降りた。
 次の日の夕方ゴードンがセーラー服と、シリコン付きブラジャーを袋にいれて店に返しに来た。受付で英語のよく話せない佐織さんとしばらくの間、押し問答を繰り返してる。
 ゴードンは昨日公園でフェ×チ×の露出プレーをした女子高生はここのアルバイトの女の子だと聞き出し、その他にも声をかけられてのナンパプレーや電車の中の痴漢プレーもお客さんのご要望があれば承っておりますと聞き出したみたい。
 結局昨日の出来事はみんな私がやらせた店のSMプレーだと思いこんだようで、私が通訳のためにずっと付き添ったのが絶対確かな証拠だと言い出した。
 私はゴードンと議論しても疲れるだけなので、ゴードンの好きなようにほっておく事にした。


2.奴隷契約書<< ページトップ >>4.人妻逆ナンパ

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音