長編官能小説 人妻不倫レズSM調教

by七度柚希

目次

1.セーラー服でお仕置き

2.奴隷契約書

3.強制女装レイプ

4.人妻逆ナンパ

5.人妻強制レズ調教

6.人妻監禁調教

7.人妻デリヘル

8.生フェラ

9.ラブホテル

10.陵辱

11.露出

12.レズビアン

13.SMプレー

14.調教

15.ランジェリーパブ

16.ハプニングバー

17.裏ビデオ撮影

18.生フェラ輪姦

19.人妻売春

20.デリヘル女

8.生フェラ

 男は店にはいるとカウンターに並んでコーヒーを頼んでるみたい。
 見た感じは普通のサラリーマンみたいだけどちょっと遊んでる感じ。
 時折こちらに視線を向けて私の様子を確かめてる。
 男はお金を払ってコーヒーを載せたトレーを持つとそのまま真っ直ぐ私の方に歩いてきた。
 私はわざと知らん顔で気づかない振り。
 下を向いて床を見つめてると、男の靴が目に入った。
 男がそこで立ち止まるとトレーを私のすぐ横のカウンターに置いた。
 やっぱり私をナンパするつもりなんだ。
 私は心臓がドキドキしていますぐ止まっちゃいそう。
 男は私の横のストールに何も言わずに座った。
 私は怖くて前を向いたまま、知らん顔でコーヒーのコップを両手で掴んだ。
「二万だったな」と男の低い声が耳のすぐ側で聞こえたので私はびっくりした。
 さっきラブホテルの裏口で聞いたのと同じ声の音色。
 横を向いて男の顔を確かめると私は背筋が寒くなった。
 やっぱりラブホテルの前で私とデリヘル女と思いこんで声を掛けてきた男だ。
「二万でいいんだな」と男が財布から金を出して私の手に握らせた。
 お金を渡すってことは、私の事をデリヘル女だって思ってるから。
 いくらセーラー服を着てたって、人妻が女子高生に見えるわけ無い。
 こんな歳で超ミニのセーラー服なんか着てるのは、デリヘル女しかいない。
 デリヘル女だと思われても仕方がないんだから、男の方が悪いんじゃない。
 横目で男の様子を確かめてみると、服装は若く見せてるけどどう見ても中年男。
 お腹もかなり前に突き出て、みっともない体つき。
 足を左右に投げ出すようにして、股を大きく広げて座る格好は女性から見たらとても恥ずかしい。
 顔つきもいかにも女好きのドスケベ男そのもの。
 こんな変態男の見本みたいな男に身体を買われるなんて死んでもやだ。
 どんな目に会わされるか分かったものじゃない。
 だけどナンパされたら絶対断らないって心に決めたばかり。
 たとえどんなに嫌でも吉本に乱暴された事を忘れるには付き合うしかない。
 男が私の耳元に口を寄せると「良い身体してるじゃないか」と呟くように私の耳元で囁いた。
 すこしかすれた低い声は、男性的な色気たっぷりで子宮に直接響いてくる。
 まるでアダルトビデオの男優さんの台詞を耳元で聞いてるみたい。
 女を口説き慣れてる口調だとすぐピント来た。
 急に男の手が私の膝の上に載せられて来た。
 思いがけない男の行動に私は身体がすくんで身動きできずに凍り付いた。
 私が男の手を払いのけないのを確かめると男は手のひらを軽く押しつけてすり寄せてきた。
 私の腿の筋肉の堅さをたしかめるように男の手の平は押し回すように動いては繰り返す。
 急に痺れたような感触が私の腿の筋肉を捉えると、引きつったように小刻みに震え出した。
 どう相手をしていいのか判らずに私は思わず眉を寄せて口を尖らせて息を吐いた。
 男が耳元で「高校生の癖にもう身体は大人だな」とまた囁いて来たので私はびっくりした。
 人妻がセーラー服なんか着てれば大人っぽく見えるのは当たり前。
 どうみたって高校生じゃないのに、わざと馬鹿にしてるのかと思ったけどそうでもないらしい。
 小柄で胸も小さい私の身体は、いくらスカートを短くしたって色気なんか有るわけ無い。
 それがかえって見た目には高校生っぽくみえるらしい。
 髪を頭の後ろで結ってるのでなおさら若く見えるらしいとなんとなく気が付いた。
 そういえば旦那も初めて東大の五月祭の後のコーラス部の合コンで私を見たとき中学生だと思ったとか言ってた。
 この男、遊び慣れてる割には実の所は女の本性を良くは知らないみたい。
 私はこれならうまくあしらえるかもしれないとちょっといい気になって「うん」とわざと子供っぽく答えた。
 女子高生だと本当に思われてるなら、うまく女子高生の振りをすれば男が喜ぶに違いない。
 学校の先生のこととか、クラブ活動の事とかなにか、男の喜びそうな話題を思い浮かべようとしたが、膝を撫で続ける男の指先の動きに気をとられて頭が働かない。
 とりあえず「内の学校、すごいエッチな先生がいるんですよ」と適当に言って男の返事を待った。
 男が何も言わないので私は「生徒の身体触るんです、それも授業中に。私も、胸触られたんです」と話しを続けたがやはり返事はない。
 男は黙ったまま私の顔色を伺いながら指先を膝頭の上をくすぐるように動かしてきた。
 軽く指先を広げたりすぼめたりするだけなのに、膝頭が気持ちよくてうっとりとした気分。
 なんとか話しを続けようとしたがもう言葉が浮かばない。
 男の指先の動きが微妙に変化しながら感じる場所をさぐり当てると身体の力が抜けて頭はもう空っぽ。
 目眩がしてもう座っているだけでもやっと。
 さっきまで死ぬほど嫌だった男なはずなのに、もう何をされてもいい気分で胸がいっぱいになった。
 男の指先は私の腿の内側を丹念に探りながらゆっくりとパンティの奧まで届いてきた。
「これだけいい身体してたら、一度男を知ったらもう止められないだろう。男が欲しくて毎日ナンパされに来てるんだろう」と男が言いながら私の腿を開かせてきた。
 高いストールの椅子に座って居るので足元が床にしっかり付かない。
 さっきから小刻みに震え続ける足は、力が入らなくて半分宙に浮いたまま。
 男が指先で軽く触っただけで足が勝手に動いて左右に開いて行く。
 自分でもなにがなんだか判らない内に、すぐに目一杯に足を開かせられてしまった。
 繰り返し両方の腿をくすぐるように撫でながら男の指先がパンティの上から花園をかすめると花園がぐっしょり濡れて来ちゃうのが自分でも判った。
「昨日も男と遊んだんだろう、そんなに良かったのか昨夜の男は」といきなり男に言われて私はびっくりした。
 この男は昨日の吉本の事を知っていて言ってるんだろうか。
 私の驚いた様子を見て男は「セックスしたあとの女は顔を見ればすぐわかる。頭がからっぽで間が抜けた顔をしてるからな」と言うので私はちょっとムッと来た。
「昨日の男は今までで最高か」
「それともよっぽど酷い目に遭わされたのかどっちかだな」
「昨日の事を忘れたくてもっと酷い目に遭わされたいんだろう」と調子に乗って男が私の腿の内側を指先で撫でながら話を続けてる。
 男が吉本の事を知ってるはずはない。
 何も知らない癖に適当に当てずっぽうをいって私をからかうつもりらしい。
 男が私の手を取ると「この顔してる女は何が好きか知ってるか」と私の耳元で囁いた。
 私は何のことか判らずに男の手の先を見ると、私の手元にはさっき路上で渡されたティッシュ。
 男はティッシュに載ってる女の顔の写真の事を言ってるらしい。
 眉がゆがんで口を半分開いた顔は女がセックスの後に見せる喜びの顔。
 私はどう返事をしていいのか判らなくて「そうですね」と曖昧に返事をした。
 男は私の手からティッシュを取り上げると中に入ってる紙を取りだした。
 紙を広げると口いっぱいにあれを頬張る女性の顔写真が目に入った。
「生フェラ好きの女の顔は一目でわかるからな」と男が耳元で囁いた。
「生フェラ」なんて言われたってすぐには何のことかわからない。
 いきなり何を言い出すんだろうと思ったけど女の写真を見ればやっぱりあれの事だ。
 改めてよく写真を確かめると、口いっぱいのほおばってる女の顔はだらしなくてみっともない。
 だけど喉の奥までつっこまれた時の感触は私だって吉本に教えられて昨日たっぷり味わった。
 あの快感は一度味わったらもう止められない。
 唇があの大きい吉本のたくましい物でいっぱいにふさがれる感触は思い出すともうよだれがでてきちゃう。
 生フェラしたくてたまらない気持ちが子宮の奥からこみ上げてきて私は唇を噛んだ。
 私だって生フェラしてる時はこんな顔をしてるに違いない。
 生フェラしたくてたまらない時だってきっとこんな顔になるんだ。
 遊び慣れた男なら生フェラしたい女の顔は一目でわかるんだ。
 そう思うと私はさっきからこの女と同じ顔をして外の通りを眺めていたらしいと気がついて急に恥ずかしくなった。
 生フェラ写真からふと目をそらしたとき道路の反対側に女子高生が2人立ってこちらを見てるのが目に入った。
 女子高生の位置からは私のセーラ服のスカートの奥が丸見えだ。
 ひそひそ話してる女子高生はさっきからずっと私の事をみていたらしい。
 遠くから見たらセーラー服を着て座ってる私は自分たちと同じ女子高生に見えるに違いない。
 男の手が私の腿の内側をなで回すのもさっきからずっと見ていたはず。
 私がどんな顔をしていたかも、はっきり見てたに違いない。
 気持ちよくて感じてきちゃう時の顔は女なら見逃すはずはない。
 私は足を広げて座っているのが恥ずかしくなって今度は目を下に伏せた。
 男は私が生フェラの写真に見入ってると思ったらしい。
「よっぽど好きなんだな、今すぐしゃぶりたいんだろう」と男がまたいやらしい口調で呟いた。
 今すぐ生フェラなんてできるわけないのに何を言うんだろうと思ったけど、うっかり返事もできないので黙ってた。
「今すぐ生フェラしたいんだろう」と男がもう一度念を押すように言った。
 私が返事をせずに口元をきつく閉じると、男の指がいきなりパンティの下に入ってきた。
 男の指先がふれたお腹に冷たい感触があって私は飛び上がりそうになった。
 なにをされたのかすぐには判らなかったけど、冷たい感触は小さな氷のかけらみたい。
 男がアイスコーヒーの氷を私のパンティーの下に押し込んできたらしい。
 こんな酷いことするなんてなんのつもりなのと腹が立ったけど大きな声も出せない。
 男がパンティの上から指先をなぞるように動かすと、氷はちょうど花園にすっぽりはまって動かなくなった。
 男が指先をねじって押し込むと、冷たい氷は花園の奧まで挟まってもう動かせない。
 花園の奥に冷たい感触が伝わって体が強ばった。
 飛び上がりそうになって身体を捩ろうとしたが、男の手が私の腿を上から押さえつけて身動きも出来ない。
 なんとかしなきゃと思って顔を上げると、すぐ先の角でさっきの女子高生が怪訝そうな顔でこちらの様子を伺っているのが見えた。
 花園の奥に氷の冷たい感触が広がると、お腹が絞り上げられるみたいにきつくなった。
 とても我慢なんかできない。
「トイレに行かせてください」と私は半分泣き出しながら男に頼むしかなかった。
 男がすぐには返事をしないので私は「お願いします」とまた男の目を見て頼んだ。
「今すぐしゃぶりたいんだな、そうなんだろう、トイレでしゃぶりたいんだろう」と男がちょっと脅すような怖い口調で囁いた。
 男がトイレで私に何をさせるつもりなのかはすぐに判ったがとても逆らえない。
 お腹の芯が冷えて来るともうと限界。
 このまま女子高生の前でさらし物になるのも死ぬほど恥ずかしい。
 覚悟を決めてやることはやるしかないと私は「はい」と頷いた。
 窓際のストールから降りてトイレに行こうとしたが足がこわばって動かない。
 冷たい感触が身体の芯を捉えて足先まで震えてとても歩けない。
 男に無理矢理背中を押されて私はやっとのことでトイレまで歩いた。
 トイレの便座にパンティを降ろして座ると、男は私の目の前に立ったまま。
 氷をトイレにながすとやっと、身体が楽になった。
「じゃあやってもらおうか」と男が小声でささやくと、ズボンの前を開けた。
 もうかなり大きくはなっているけど、吉本のあの大きさと比べたら一回り小さい。
 色は黒ずんだ褐色で見るからに随分と使い込んだ雰囲気。
 この持ち物でどれだけ女を泣かせて来たんだろうと思うと、おかしくて笑いそうな気分。
 すこし気持ちに余裕ができると私は嬉しくなって体を前にずらして唇を男に近づけた。
 男も身体を前に押し出す格好で腰を私の口元に押しつけてきた。
 舌を絡ませた瞬間に私の頭の中は真っ白になって、体中が雲の上を歩いているように浮き上がって目眩がした。
 口の中で男の逞しさが大きくなっていく感触は女にとっては至福の瞬間。
 生フェラしてる間はともかく吉本の事は忘れられると思うと急に嬉しくてたまらない。
 舌先をくすぐるように動かすと「上手いじゃないか、誰に仕込まれたんだ」と男の声が聞こえた。
 私はまた急に吉本に生フェラを仕込まれた時の事を思い出して一瞬身体に寒気が走った。
 夢中で喉の奥までいれると、吉本の事を忘れたい一心で思い切り喉の奥まで飲み込んだ。
 胃袋がひっくり返って吐き気がこみ上げてくると、苦しくて涙がこぼれて気が遠くなった。
 息が苦しくて目眩ががしてくると今度は唇で締め付けながら絞り上げるように先端までしゃぶり上げた。
 男のため息が頭の上で聞こえると私は嬉しくなってまた喉の奥いっぱいまで受け止めた。 すこしずつ唇で吸い付けるように絞り上げると、男が私の口の中で飛び跳ねるように反り返った。
 男の反応に私は嬉しくなって、先端に舌の先を絡ませて小刻みに振るわせた。
 男の腰がひくひくと前後に動き出すと、私は有頂天になって舌で受け止めて押し返した。
 ざらざらとした男の感触が舌先に心地よくすりついてくると、口の中がよだれでいっぱいになった。
 男が大きさと堅さを増して行くと、私の口の中で暴れるように反り返るのを何度も繰り返した。
 男が満足していると判って私は嬉しくて天国に登った気分で死んじゃいそう。
 男が急に私の頭を掴んで無理矢理引きはがすように私の口を遠ざけた。
 私の口は開いたまま、唇からよだれが垂れて止まらない。
 ひとまず何度か息をつくと、やっと体が楽になった。
「ずいぶん上手じゃないか、これだけしゃぶるのが上手い女は初めてだぜ」と男が褒めてくれたので私は嬉しくてたまらない。
 頑張ってやればその分、男が喜んでくれるのが生フェラの醍醐味。
 私は自分ではそんなに上手なはずないとは思ったけど、遊び慣れてるはずの男が上手だというんだから本当に上手なのに違いない。
 頭で考えちゃだめなの、舌先や唇が感じるままに技を工夫するのがテクニックなのよ。
 教えられなくても自然と男が喜ぶことができるなんて私にはもともと淫乱女の素質があるみたい。
 男の喜ばせ方を知ってる女って、やっぱ男からしたらそばに置いておきたい女に違いない。
「これだけ生フェラが上手なら、金を出す男ならいくらでも紹介してやるぜ」と男が猫のように甘えた声でささやいた。
 私ってそんなに男から求められちゃうほど生フェラ上手なのかしらとちょっと自慢したい位で気持ちが一気に楽になった。
 顔を上に向けると、男の顔は眉がつり上がって今すぐにでも入れたくてたまらない顔つき。
 私が唇を嘗めながら男に優しく微笑むと、男はもう我慢できない様子で顔を歪めた。
 男の求めにはいつでもどこでも応じちゃうのが遊び上手な女。
 この男は自分では遊んでるつもりらしいけど本当は私が遊ばせてるのよと思うと楽しくて浮き浮きしてきちゃう。
 私が軽くうなずいて合図をすると、男は両手を私の脇の下に入れて便座から立ち上がらせた。
 男がすぐでもやりたがってるのだと判ってるから、私は男に背を向けて便座に両手をついた。
 お尻を後ろに突き出して男に向けると、男の両手が私のセーラー服の下から脇腹に入ってきた。
 くすぐるように指先を振るわせながら脇腹を撫で回しては手のひらを押し回してこすりつけてくる。
 結構上手な手つきでなかなかやるじゃんて感じ。
 そこそこ遊び慣れてるからいきなり押し込んだりはしないって事。
 楽しみたいと思ったら、やっぱり遊び上手な男が相手なほうが言いに決まってる。
 心地よい感触が体中を包み込むと、気持ちがだんだんと解きほぐされて体が楽になった。
 男の指先がセーラー服の下から背中に届くと、ブラジャーのホックをはずした。
 ずいぶんと手慣れた感じできついホックが簡単にはずれ、まるで手品師みたいな手つき。
 今度は両方の手の平で私の垂れ下がった両方の胸を下から押し上げて揺さぶってきた。
 気持ちがよすぎて喉の奥から声が出そうになるのを必死で我慢してると、今度は乳首を指先で挟んでねじられた。
 喉の奥からため息がでるのを必死で押し殺したけど、乳首を強くねじり上げられてもうとてもだめ。
 大きく息を吐き出すと、苦しくてかすれた声といっしょに涙がこみ上げてきた。
 もうとても我慢できなくて私は自分でパンティーを膝まで降ろしてセーラー服のスカートも背中にたくし上げた。
 男の指が今度は、膝の裏側に移動してくすぐるように指先を使い始めた。
 くすぐったくてたまんなくて、膝が震えてきてもうだめ。
 思わず「早くして」と大きな声がでてトイレの外に聞こえてしまったではと冷や汗物。 腿の内側を何度もさすり上げると、すぐに男の指先が花園をこすりつけてきた。
 私はもう膝がガクガクでとても立っていられない。
 男の指先の感触が奥まで入ってくるともう死んじゃいそう。
 息苦しくて何度も大きく息を吐き出すと、男の熱い鉄柱ががやっと花園を押し広げて触れてきた。
 熱い先端が食い込むように押しつけられると、狭い入り口を押し回して広げ少しずつ奥に届いてくる。
 子宮がきゅんと締め付けられてはち切れて壊れちゃいそう。
 私はこれで吉本の事が忘れられると思うと嬉しくて涙がもう止まらない。
 すぐに思い切り奥までぶち込まれるとばかり思ってつま先立ちして身構えたけど男はすぐに体を離した。
 男の両手が私の腰を抱え直すと、またすぐ先端を押しつけて来たけど今度も軽く触れるだけ。
 私は奥まで入れて欲しくてたまらないけど男はわざとじらして私を虐めるつもりらしい。
「ここじゃやだろう、どこならいいんだ」と男が私の気持ちを見透かしたように先に私の背中越しに囁いて来た。
 今すぐ思い切り子宮の奥まで突き上げられたいけどやっぱりトイレの中じゃたっぷり楽しむのはむり。
「どこでもいいです」と私が息を吐き出してやっとの事で答えると「本当にどこでもいいんだな」と男が念を押した。
 もう何処にでもいいから早く連れて行って欲しくて私は何度も大きく頷いた。
 男が私の体を離して先にトイレを出ると、私も慌ててスカートを直してトイレから出た。
 すぐに男が私の手を握ると、何事もなかったような顔で店の中を歩き出した。
 さっきまで座っていた窓際の席の横を通って店の正面から出ると、さっきから覗き見していた女子高生がまだ通りの裏手でこっちを見ている。
 私のことを男といつも遊んでる女だと思って馬鹿にしてるに違いない。
 いまさら女子高生になんと思われたって気にすることなんかない。
 私はわざと知らん顔をして男と手を繋いで裏道に入った。
 しばらく歩いて男が立ち止まると、目の前はさっき通りかかった角の変な店。
「これが好きなんだろう」と指し示した先には、さっきのビラで見たのと同じ生フェラ写真が看板に大きく貼り付けてある。
 この店に誘うのが最初から男の目的だったらしい。
 改めて看板に貼り付けてある生フェラ写真を眺めてみると見るとやっぱりなんか変だ。
 この店はどう見ても風俗の店らしいけど、私を連れ込むって事は店の女の子がサービスしてくれのじゃないはず。
 この店に連れ込まれたらいったいどんな目に遭わされるのか、いまいちよく分からない。
 入る前に男に聞いてみた方がいいと思って店の入り口を見ると、横の壁にも写真が貼ってある。
 女の子が丸裸にされて赤い縄で縛られて、男が大勢手足を押さえつけてる。
 抵抗して泣き叫んでるらしい女の子の顔はとても演技には見えない。
 ショーか何かでやってるみたいだけど、どう見たって普通に遊ぶ店じゃない。
 やっぱり男に聞いた方が良いと思って「この店なんなんですか」と言ってみた。
「好きなだけしゃぶれるんだぜ、それとも廻されるのが好きなのか」と男が教えてくれたたけどやっぱりよく判らない。
 ここまで着いてきて今更断るわけにもいかないしと思っていると、ちょうど入り口から女が一人出てきた。
 真っ赤なミニスカートの派手な雰囲気の女はどっかで見たような気がするけどすぐには思い出せない。
 女の視線が男の方を見てすぐに横に目をそらせた。
 何かの合図だったらしく男がすぐに私の手を引っ張って店の前から離れた。
 店の横の細い路地はさっき私が通った道。
 路地の中程で急に非常階段の上のドアが開いて太った男が顔を見せた。
 男が私を一瞥する視線はなんだか馬鹿にでもしてるような感じで薄気味悪い。
 私の手を取って一緒に歩いていた男がいきなり私の身体を路地の横の壁に押しつけた。
 男の手が私のあごを押さえつけ、口を開かせるとすぐ男の舌が入ってきた。
 歯茎の奧を男に舌先で嘗め回されるとで、一瞬で腰が抜けそうになった。
 舌先を巧みに使って歯茎の内側を攻められると、目眩がして失神しちゃうくらい気持ちがいい。
 路地の壁に倒れかかるようにして背中を着くともうとても抵抗する気力なんかあるわけない。
 男の指先が脇腹をくすぐりながら撫で上げ続けると、腿の内側に男の足を差し入れてすり寄よせながら私の足を開かせて来た。
 もう立ってるのがやっとで倒れそうになりながら私はかかとをずらして足を広げた
 男が私の舌を引っ張り出すようにして私の口を強く吸いうと、息が苦しくて目眩がしてとてとても立っていられない。
 腰が抜けて座り込みそうになる所を男の膝が下から持ち上げるように支えて押しつけられてくる。
 体中から力が抜けてもう壁に寄りかかったまま身動きも出来ない。
 夢心地の中でしばらくされるままになっていると男の手が私の片方の膝を抱えて持ち上げた。
 もう一方の足でかろうじて立っているだけの危なっかしい体勢。
 いきなりそのままの姿勢で男が下から突き上げるように押し込んできた。
 一瞬なにがあったのか判らないくらいの早業で、男の逞しい先端が私の子宮をめいっぱい押し上げてくる。
 女の喜びがいきなり頭のてっぺんまで吹き上げてもう気絶しちゃいそう。
 さっきトイレで生フェラの後に男が私に「本当にどこでもいいんだな」と何度も念をおしたのは、こうゆう事だったんだと気がついたけどもう遅い。
 いきなりぶち込まれるなんて思っても見なかったけど、いまさら止めてなんか言えるわけ無い。
 男は私の膝をしっかりと押さえて倒れないように抱え上げると、つかさずに腰を使い始めた。
 強い男の力で下から突き上げられると、子宮が胃袋を押し上げて飛び出しそう。
 繰り返し角度を確かめては思い切り押し込んでくるので、喉の奥から突き抜けそうになるくらいすごい勢い。
 体ごと倒れそうになるのを無理矢理支えられ、震えっぱなしで脳天まで吹き飛んじゃいそう。
 何を言ってるのか自分でもわからない叫び声を上げて泣きだしちゃってもう失神寸前。
 急に男が腰の動きを止めると今度は中で反り返らせるようにして体ごと引きつらせた。
 男が大き息を吸い込んでまた体中に力を込めて背中を反り返らすと、男の最後の一撃の瞬間が近いとすぐ判った。
 私の体は至福の喜びを待ち受ける期待で子宮ごと震え上がった。
 今すぐと思った次の瞬間、急に男が勢いを止めて体を離した。
 今にも体中に飛び弾けるはずの喜びが急に勢いが止まって行き場を失った。
 せっかくの瞬間が期待はずれになって、改めて目を開けて男の顔を確かめて私は愕然とした。
 私の目の前に立っているのはさっきの男とは違う男。
 さっきの男より体つきも大きくてがっしりとした身体は非常階段の上から私を見下ろしていた男だ。
 いつの間にか私が気がつかない内にさっきの男とは入れ替わってる。
 いつからこの男に入れ替ったのか、何がどうなってるのか全然判らない。
 寒気がして逃げ出したくなったけど、今更逃げられるはずはない。
「こんな遊びしてちゃだめじゃないか、まだ女子高生なんだろう」と男が落ち着いてた口調で言うので私はびっくりした。
 すぐには返事ができなくて私が黙っていると、男の口がすぐに私の口を塞いで唾を入れてきた。
 私の口の中で男の唾と私の唾が混じり合うと、異様な味で目眩がした。
 男の舌が私の唇を吸いながら嘗め始めたが、やっぱりさっきの男の舌とは感触が違う。
 煙草の臭いが染み付いた男の舌の味は、苦くて頭につんと来るくらい辛い。
 男が私の舌先を何度も吸い出しては一緒に唾を吸い込むテクニックはやっぱりさっきの男とは全然違う。
 そうよ、遊んでる女は次から次へと男を替えて遊ぶのよ、私は遊び上手な女なのよと自分に言い聞かせると急に気分が楽になった。
 男の舌の感触を楽しむ余裕ができると、また急に楽しくてたまらなくてすぐにでも笑い出しそうな気分に戻った。
 男の舌が私の口から離れると「金が欲しくてこんなことしてるのか。だめじゃないかこんな遊びして」と私の顔を見ながらまた言った。
 遊んでるのは自分のくせにお説教するなんてずいぶんと自分勝手な言い分。
 私がちょっと口をとがらせて不満顔を見せると、男は私の体から離れて「先生と一緒に来なさい」と横を向きながら言った。
 自分の事を先生と言う男の言葉に私はまたおかしくなった。
 店に来るお客さんが自分のことを先生なんて言うのは、たいていデタラメ。
 遊ぶときくらいは偉そうな顔をしたいだけ。
 私は男と手をつないで歩き出したけど、行き先はラブホテルだとすぐ判った。



7.人妻デリヘル<< ページトップ >>9.ラブホテル

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音