長編官能小説 人妻不倫レズSM調教

by七度柚希

目次

1.セーラー服でお仕置き

2.奴隷契約書

3.強制女装レイプ

4.人妻逆ナンパ

5.人妻強制レズ調教

6.人妻監禁調教

7.人妻デリヘル

8.生フェラ

9.ラブホテル

10.陵辱

11.露出

12.レズビアン

13.SMプレー

14.調教

15.ランジェリーパブ

16.ハプニングバー

17.裏ビデオ撮影

18.生フェラ輪姦

19.人妻売春

20.デリヘル女

2.奴隷契約書

小説家の卵

 帰りのタクシーの中で先生が「君、小説書いてみないか、せっかくだから」と私に声を掛けてきた。
「私、小説なんか書けませんけど」と一度は断ったけど「いや、だいじょうぶ、小説は誰でも書けるんだ、美絵子にだって書ける位だから」と先生が言うと美絵子さんはいやな顔をして今度は窓の外を見た。
「旦那と知り合って結婚するまでを恋愛小説で書いてみないか、それだったらできるだろう」
「自分を主人公にして、適当に面白い話しを繋げて書けば良いんだから」と先生に勧められて私は仕方なく「今度書いてみますね」と返事をした。
 タクシーが先生の家に着くと、私達はまたひとまずみんなで書斎に上がって、小説の話しなどを続けた。まだ小説など書いたこともないのに文学論など聞かされると一人前の小説家になったような気分になり、これなら私にも書けるかもとやる気が出てきた。
 美絵子さんが着替えると、私と美絵子さんは駅まで一緒に帰ることになった。駅の近くまで来ると美絵子さんが「よかったら私のアパートまで来てくれませんか、私の書いた小説読んで欲しいんです」と言い出した。
 私は確かにそれもそうねと思い美絵子さんのアパートに寄ることにした。木造の古いアパートは風呂もなく、小さな台所があるだけだったけど、部屋の中は女の子らしくきちんと片づいていた。押入の奧に入れてある引き出しから原稿を出すと美絵子さんは私に表紙が見えるように渡した。美絵子さんがコーヒーを入れてくれる間に原稿を読み始めると、美絵子さんが先生の弟子になるいきさつがいろいろ書いてある。
 話しの内容はこの前に先生に渡された手書きの原稿に書いてあったのとほぼ同じ。
 かなり過激なエッチシーンもいっぱい出てきて読んでいて恥ずかしくなる。
 やっぱりこの間の小説のモデルは美絵子さんに間違いない。
 美絵子さんはただのお弟子さんじゃなくて、男と女の関係だってこと。
 だけど注意して読むと細かい所は色々と違ってる。
 特にエッチシーンは先生が書いた小説は過激な場面が一杯だけど、美絵子さんの書いた小説ではそんなに凄い事はしてないみたい。
 だけどフェラチオの場面は文章がそっくり同じなので私は本当にびっくりした。
 私は美絵子さんがこの原稿を私に見せたのは、美絵子さんと先生の間に私が割り込めるはずはないということを見せつけたかったのだと分かってきた。
「どうですか、私の書いた小説。まだ先生には見せてないんですよ」と言いながら美絵子さんはいきなり私の胸を後ろから回した手で押さえつけてきた。私がびっくりしていると、胸を掴んだ手は私の体をそのまま後ろに押し倒した。
 思いがけない成り行きに、私はなすすべもなく後に押し倒されて仰向けに寝かされてしまった。
 美絵子さんは今度は体ごと私の上にのしかかると、私の口を吸いながら舌を入れてきた。
 なんとか美絵子さんの身体をはねのけようともがいても、美絵子さんの手が私の胸を上から押さえつけて身動きが取れない。
 なま暖かくてねっとりした感触が私の唇を包み込み、舌先が私の口の奧まで入ってくると私はいったいなにが起きているのか自分でも判らなくなった。
 旦那は私の口に舌を入れたことは一度もないので、美絵子さんの舌が私の舌に絡みついてくると、私は目眩がして気が遠くなった。
 美絵子さんの舌が私の舌に重なり口を吸いながらこねるように動き始めると私はもう我慢しきれなくて自分の舌を美絵子さんの舌に絡ませた。
 美絵子さんは私の舌を吸いこむようにして、美絵子さんの口の奧まで誘い込むとねっとりした唾をたっぷりと絡ませてきた。
 半分夢ごこちの中で私の身体はもう美絵子さんには逆らえなくなっていた。
 私の気持ちを確かめるように、美絵子さんの手が私の胸をゆくりと押し回してくると私は思わず身体が小刻みに震えてきた。
 ゆっくりとした動きを続けながら、時折小刻みに指先を震わせて乳首を探られると私の身体は何度も仰け反っては震えが止まらなくなった。
 美絵子さんは私の体を確かめるように探りながら、甘い快楽の電流を私に流しこみ続けた。私の体が喜びに包まれて夢の中に何度も舞い上がってからやっと美絵子さんは動きを止めてくれた。
 結局私が書いた小説は先生に見せる前に美絵子さんに見せると約束させられたが、それだけが美絵子さんの目的ではないような気がした。
 家に戻ってから私は旦那が居ないのを確かめてから、あの「人妻生フェラ調教地獄」のビデオを見てみた。
 床の間にかかっている絵はやっぱり同じ。
 確かに部屋は同じだが、映っているのは美絵子さんではないみたいなのでひとまず安心した。
 もしかしてと思って他のビデオを確かめてみたが、とりあえず美絵子さんらしい姿はなかった。
 数日後にワープロの原稿を打ち込んだフロッピーをもって先生の宅に伺うと、また原稿の入力を頼まれた。
 今日中に出版社に送らないと行けないからすぐ打ってくれと言われてさっそくワープロに向かった。
 打ち終わったらすぐ出版社に電子メールで送るからと言って先生は私の横で新聞を広げてコーヒーを飲み始めた。
 原稿を打ち始めて、この前のおかしなお茶会の話しを小説にしたのだと気が付いた。
 もちろん先生がお父さん、美絵子さんが女子高生の娘とういう設定の通だ。
 途中から折檻の場面になって、さすがに小説家の先生だけあって文章が上手いとすっかり感心してしまった。
 先生が美絵子さんにフェラチオをさせると言いだした場面で私は一瞬手が止まった。
 あの席では外国人の客はフェラチオは断ったはずなのに、先生の小説ではフェラチオの場面が延々と続いてる。
 それもフェラチオの喜びが女の立場で賛美された表現。
 私は急に訳がわからずに自分がたったいまフェラチオしてるような気分になって身体が熱くなった。
 思わず目を閉じて涙が出そうになると、私は横で新聞を読んでる先生の視線に気が付いた。
 横目で私の様子を何気ないそぶりで伺っているのは間違いない。
 ワープロを打つときの私の反応を見たくてわざと私にこの原稿を打たせたんだ。
 そう気が付くと私は余計に身体が熱くなって目眩がしてきた。
 ともかく必死の思いで原稿を打ち終わると逃げるようにして家に戻った。
 夜になって旦那が寝てる隣の部屋で布団に入ったけどとても寝付けない。
 私はこっそり旦那の裏ビデオを付けて「フェラチオ100連発」を見た。
 フェラチオ狂いの女の喜びの顔を見続けると私は口の中が乾いて、いますぐフェラチオしたくてたまらない気分になった。
 もう我慢しきれなくて、足を広げて感じるところを指でなぞった。
 目眩がしそうなくらい身体が熱くなると、指を動かすのが止められない。
 もう一方の手で自分の胸を掴んで揉み続けると、体中が宙に浮いたように舞い上がった。
 背中を何度も仰け反らせて声をあげると、涙が止まらなくなり、腰の震えが体中に広がった。
「私だってフェラチオくらいしたいのよ」と叫びたい気持ちのまま身体が宙に舞い続けた。

 翌日の書店を通りかかった時、私はもしかしてと思って本棚で先生の本を探してみた。
 とりあえず最近出たばかりの本を探すと、かなり危ない題名の本「女子大生フェラチオ狂い」を見つけた。
 黒い表紙に女性のイラストが入った本は買うのも恥ずかしかった。
 家に戻って呼んでみると私はびっくりした。
 真面目な女子大生が、調教されて生フェラ狂いにさせられて、毎晩デリヘルで働くまで堕落するという内容。
 読んでみると主人公の女子大生は美絵子さんがモデルらしい。
 見知らぬ男に毎晩身体を売るのが女性の最高の喜びだと心底思う主人公の気持ちは、あまりに上手く書けていてさすがに先生の文章は凄い。
 この本を読んだら女なら誰だって、デリヘル女にあこがれて、毎晩身体を売りたくなっちゃうかも。
 初めてのフェラチオの喜びを心の奥底からわき出すように書くのも私にはとても真似なんか出来ない。
 読んでいて私だってフェラチオしたくなる。
 今すぐフェラチオできたらどんなに良いんだろうと思うと、思わず口に唾がたまってしまう。
 それに女を生フェラ狂いにする調教師の腕前も凄い。
 あの部屋でお茶会をしたのはあのときより前にも何度もあったらし。
 そのたびに美絵子さんは生フェラさせられては次第に生フェラ狂いになっていく。
 そして最後は公園のトイレで不良少年に囲まれて生フェラ輪姦。
 こうなったらもう生フェラ狂いになるしかない。
 毎晩生フェラしたいなら、デリヘルで働きたくなるのも当然。
 デリヘルで男に身体を買われるのが喜びと身体で知る女心。
 何処の文章も巧みに女心を言い当てた巧みな表現。
 読んでいてまるで自分が今客を目の前にしているような気分で身体がぞくぞくしてきた。
 客には絶対逆らえない、何をされても言いなりになるしかない。
 会ったばかりの初対面の客に、何をされるか判らない不安な気持ちが快感に変わる瞬間は読んでいても羨ましくなるくらいの至福の時。
 それが女として生まれた最高の喜びに違いないと女なら誰でも納得できる文章だ。
 あの美絵子さんが生フェラ狂いのデリヘル女なんてとても信じられない。
 小説を書こうと思ったらそこまでしないと小説は書けないんだ。
 私も美絵子さんを見習わなければいけないと心に決めると、なおさらフェラチオがしたくてたまらなくなった。
 だけど旦那は役に立たない。
 情けないけどどうにもならないのはしょうがない。
 私はどうしたらいいのと自分に問いかけても答えなんかでやしない。
 布団に一人で潜って寝ていると知らずに涙が出てきたけどいつの間にか寝てしまった。

 結局旦那は一月ほど休んだあと会社をやめてしまい毎日で寝ている日が続くようになった。私はワープロの入力のアルバイトをしながら、大学で旦那と知り合ったいきさつを小説に書こうと頑張ってはみた。しかし最初の一行をどうしても書けない。
 先生に相談してみる前に美絵子さんに聞いてみると「最初の出だしは後で書けばいいから思いついた所から書いていけばいいのよ、先生にそう言われたの」と教えてくれた。私はそれもそうだと思い旦那とコーラス部の合コンで最初に出会った時の事を書いてみた。その後にディズニーランドに誘われたり、合コンのあと私のアパートまで送って来てくれた時の事などを書き足すと、どうにか小説らしくなってきた。
 とりあえず書いたところまでを美絵子さんに読んでもらうと「小説はね、エッチな場面がないとだめだから」と言われてしまった。
「小説なんか誰も本当だなんて思って読んでないからね、だからエッチ場面だって適当に作り話を並べればいいのよ」そう言われて私はすっかり落ち込んでしまった。
 書こうと思ってもエッチ場面なんか思いつかない。
 話しに成りそうなのはこの間のコーラス部の同窓会のあと、二次会に誘われた時の事くらい。
 しょうがないから、合コンのあとナンパされてカラオケに行ってフェラチオさせられた話しを学生時代の話しに付け加えてみた。
 もちろん全部嘘だが、旦那の裏ビデオを何度も見てフェラチオの場面を書いた。
「シロートナンパスペシャル」も何度も見て、ナンパされる場面を工夫して書いた。
 美絵子さんにもう一度読んでもらうと、前より全然良くなったと言ってくれた。
「これなら先生に見せられるわ」と言われて私はすっかり嬉しくなった。
 とりあえず暇な時を見つけて先生に読んでもらうと「最近の女子大生はみんなフェラチオ大好きなんだね」といささか呆れた顔。
 やっぱり不味かったかりらと思ってたら「今度の文学賞に出してみよう」と急に言われた。
 私はこの程度の小説でいいのかと心配になった。先生は平気な顔で「いや、シロートっぽい文章はそれはそれでいいんだ」と言ってくれたのでそうゆうものかと思った。
「原稿用紙40枚〜80枚が応募の規定だから、もうちょっと書き足してみないか」と先生が言うので私は旦那が仕事で悩んで神経科に通うようになった話しを継ぎ足してはみたけど、その後のストーリーは書きようがなくて筆は止まったままになってしまった。

奴隷契約書

 小説を書く合間にやっていたワープロ入力のアルバイトはしばらく続きはしたものの結局終わってしまい、次の仕事はすぐにはないみたいな様子。貯金は残り少なくなり私はまた先生に相談に行くことにした。
「旦那が病気で、毎日家で寝ていて収入がないんです」と事情を話すと「君さえよければ金になるいい話しがあるんだが」と勧めらた。
「いやね、その、奴隷になるなんてのはどうだろう」と先生は少し言いにくそうに話しを切り出した。
「奴隷として調教を受ければそれだけでお金がもらえるんだ」
「調教を受けたあとは、誰か会社の社長でも紹介してもらって、奴隷になるかそれともSMクラブで働けばいい」
 そう言いながら先生は奧の引き出しから小さな手提げ金庫を出してくると中からお金の束を出して数え始めた。
「ここに50万ある、これにサインしてくれれば、いますぐこの50万をわたすよ」と言われて私は考えている余裕などなかった。
「これは奴隷契約書でね。調教を受けますという同意書なんだ。いや一応書いてもらうことにしてるんだけどね」と先生に言われて指示された場所にサインした。

 夕方になってタクシーで池袋まで行き裏通りのビルに入ると非常階段を上がって裏口から建物の中に入った。
「ここはSMクラブでね、これからここで調教を受けてもらうからね」と言われて女主人を紹介された。
「この子は真面目な顔してるけど、結構遊んでるんだ」
「この顔で毎晩フェラチオしないと我慢できない女なんて小説家の俺でもびっくりしちゃうよ」と先生に言われて私は唖然とした。
 エッチ場面なんか全部嘘でいいと美絵子さんには言われてたけど、先生は全部本当の事だと思ってたみたい。
 そう言えば先生、自分の体験をそのまま小説に書きなさいといってた。
 私は今更嘘だとは言えず顔が赤くなるのをなんとか誤魔化すしかなかった。
 女主人が「先生最近の子はみんなそうなんですよ、先生は頭が古いだけで」と言って笑ったので私は安心した。
 先生とは古い馴染みのようで親しそうに話しをしているのを見て、私はこの間のお茶席で見た和服の女性だと気が付いた。受付の佐織さんは、初対面のような気がしたがなぜか私の事を知っていた。
 先生が帰った後に調教師の男を紹介されたが、やはりこの間のお茶席で私の兄という事になっていた男。
「じゃあ、始めてもらおうかしら」と女主人に言われて私は調教部屋に案内された。
「これから、命令したことは何でも従ってもらうからな、一言でも逆らったらお仕置きだ」そう言いながら調教師は鞭の音をぴしゃぴしゃと私の耳の側で鳴らし始めた。「まず、いままでつき合った男を全部白状してもらおうか、もちろん旦那以外の男だ」そう怒鳴り付けると、また鞭の音が耳の側に響いた。
 私はなんでこんな事をするのかと不思議な気分で「旦那以外は私知りません、本当なんです」と言い続けた。一時間ほどあれこれやったあと女主人が様子を見に来たが、調教師は「この娘は向いてないみたいだ、どうもだめだ」と困った様子で報告していた。
 女主人は急に声の調子を変えて「ねえあなた、奴隷になるのはまあ、また今度ということにしてね、クラブでアルバイトしない」
「私ねえ、他にもクラブをやっててね、そっちはあなたでも全然構わないから」となれなれしい口調で誘われた。
「あなた英語できるでしょう、ほらこの間外人さんと、結構話してたじゃない」と言われて、女主人の方も私に気が付いていたのだと分かった。
「時々ね、外国人がくるのよ、ほら接待とかあるでしょう」
「英語できる人はね、いてもらうと助かるのよ、先生には私からいっとくからねいいでしょう」と言われて断るのも訳にもいかない。
「あはい、なんとか」と適当に返事をしてはみたものの「そう助かるわ、じゃこれから来てね」と勝手に承諾したことにされてしまった。


1.セーラー服でお仕置き<< ページトップ >>3.強制女装レイプ

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音