長編官能小説 人妻不倫レズSM調教

by七度柚希

目次

1.セーラー服でお仕置き

2.奴隷契約書

3.強制女装レイプ

4.人妻逆ナンパ

5.人妻強制レズ調教

6.人妻監禁調教

7.人妻デリヘル

8.生フェラ

9.ラブホテル

10.陵辱

11.露出

12.レズビアン

13.SMプレー

14.調教

15.ランジェリーパブ

16.ハプニングバー

17.裏ビデオ撮影

18.生フェラ輪姦

19.人妻売春

20.デリヘル女

11.露出

 駅前の大通りはもう夜遅くなのに大変な人通りで、歩くのもやっとなくらい。
 早足で歩いてるうちに、次第に気分も何とか落ち着いてきた。
 少し先で地下鉄の階段を探して駅に降りようとしたけどやっぱり足が止まって動かない。
 さっきラブホテルの部屋で見た美世ちゃんが廻されてるビデオが目に焼き付いたように離れない。
 美世ちゃんの絶叫する声が耳に聞こえてくるような気がしてとても階段を降りて歩き出せない。
 私も美世ちゃんみたいにされたらどんなに凄いだろうと思うともう我慢できなくて身体が熱くなって足元が震えてきた。
 このまま家に帰っても昨日の吉本にレイプされた体験が身体に焼き付いて忘れられないだけ。
 それだったら美世ちゃんみたいにあの店で大勢の男に乱暴に廻された方がよっぽどいいと思うともうだめ。
 半分降りかけた駅の階段から足を戻すと、さっきのホテルに帰ろうと振り返って歩きだした。
 ラブホテルに曲がる角まで来て、私さっきの美世ちゃんがまだあのラブホテルに居るのではと心配な気がしてきた。
 美世ちゃんはあのラブホテルでデリヘルのバイトをしてるらしい。
 本当の女子高生かどうかも判ったものじゃない。
 また今度も美世ちゃんに捕まったらろくな事はなさそう。
 ホテルに戻ろうかと迷ってると、さっきの男らしい人影がすぐ先の角を曲がるのが見えた。
 慌てて男を追いかけて曲がり角に来てみると、さっきラブホテルに入る前に通抜けた時いきなりキスされた路地。
 男の姿は見えなかったけど路地を抜けた先はさっき男が言ってきた変な店のはず。
 もしかして男はもう店に行ってるのかもしれないと思って私は狭い路地を通り抜けた。
 路地の先の裏通りにはやっぱりさっきの風俗店らしい店の看板が出てる
 看板の写真を見直すとやっぱりみんな生フェラ顔の女ばかり。
 この店で美世ちゃんが廻されたのかもしれない。
 辺りの様子を見回してみたけどさっきの男はどこにも見あたらない。
 この店に入ったのか、それともどこか他に行ったのかは私には判るはずもない。
 とりあえず店に入って店員に聞いてみようと思って歩きかけると、急にビルの入り口から男が出てきた。
 すこし小柄な身体はさっきの男とは違うみたい。
 すぐ後ろからもう一人男が出てくると、二人は立ち止まったまま視線を私に向けたまま動かない。
 なんなんだろう、店の客なのかしらと思っていると一人が携帯を出して私の顔と見比べてる。
 誰かと待ち合わせしてるらしいけど、これじゃうっかり二人の前を通り過ぎたりもできない。
 私はさっきのファーストフード店に戻ればまだあの時声をかけてきた男が居るかもしれないと思い直した。
 さっきの男はナンパされたくて、その辺をうろうろしてる女子高生にいつも声をかけてるに違いない。
 そうでなければ、初対面なのに声をかけて5分後にはトイレで生フェラさせちゃうなんて出来るはずがない。
 いつもああやって女子高生相手に遊んでる男だからあんなに女を口説くのが上手いんだ。
 女ってやっぱりは遊び慣れた男に上手に口説かれたりしたらとても逆らえない。
 遊びたい盛りの女子高生だったら口説かれたら何でもされて当たり前だ。
 さっきトイレで生フェラさせられた体験を思い出すと身震いがしてくるけど嫌だから身震いするんじゃないと自分でも判ってる。
 女だったらあんな凄い経験一度でも体験したら、もっともっと凄い刺激が欲しく止めらくなっちゃうのよ。
 女は誰でもそうなんだから、自分のしてることはちっとも悪い事じゃなと自分でも納得しちゃう。
 少し先のファーストフードの店の前まで来るとさっきの男がまだいるかもしれないと思って窓際の席を確かめた。
 私がさっき腰掛けていたストールには女子高生が座ってるけど何だか変だ。
 足を左右に広げて座ってるのでスカートの下の真っ赤なパンティが丸見えになってる。
 なんでだろうと思ってよくよく女子高生の顔を見ると、落ち着かない顔はさっき覗き見していた女子高生らしい。
 ついさっき私がナンパされてたのを見て、私の真似して足を広げて座ってればナンパされると思ってるらしい。
 隣に座った女が、女子高生の手前に携帯を差し出して画面を見せながら何か話しかけてるのが見えた。
 女の手が今度はテーブルの下で伸びると、女子高生の腿のを撫で始めたので私はびっくりた。
 この女さっき変な店の前で男に合図してた真っ赤なミニスカート女だ。
 さっきあの変な店の入り口でこの赤いミニスカートの女が合図したので変だと思ったけど、やっぱりこの女はさっきの男とぐるに違いない。
 あの怪しげな店、シロートの女の子をうまくたらし込んで客の相手をさせてる店らしい。
 男がナンパして捕まえた女子高生をこの女が騙して店で働かせるという手順なんだ。
 女の手が左右に女子高生の腿をくすぐりながら撫でると、女子高生は腿が震えて止まらないらしくて苦しそうな顔で今にも泣き出しそうな顔。
 このあとどうなるんだろうと思って見ていると、店の奥から女子高生がもう一人でてきて、足を開いてる女子高生の隣の席に座ろうとしてる。
 ちょうどトイレから出てきたらしいけど、足元がふらついてなんだか様子が変。
 口が半分開いたまま目の定まらない顔の女子高生の後から、さっき私にトイレで生フェラさせた男が現れた。
 たった今この女子高生にもトイレで生フェラさせたのに違いないと私はピントきた。
 男が何か言ったらしく、トイレから出てきた女子高生がいきなりストールに座ってるもう一人の女子高生に唇を近づけてキスしてる。
 二人が舌先を絡ませて唇を吸い合ってるのが遠くからでもはっきり見える。
 生フェラしたあとの女同士のキスは、さっき私も美世ちゃんにされたけど、口の中の男の味を女同士で楽しむレズのキスだ。
 この女子高生の二人組ときたら生フェラとレズの後はきっと男を紹介されて援助交際って手はずに決まってる。
 こんな所で女子高生が短いスカートでうろうろしてたらどんな目に遭わされるかは割り切ったこと。
 それが判っていて、それでも刺激が欲しいのなら好きなようにすればいい。
 いつまで見ていても馬鹿らしいだけなので私は店の前から離れた。
 行く当てもなくファーストフード店の先を少し進むと、薄暗い公園が見えてきた。
 ずっと前にセーラー服で女装したゴードンと一緒に行った公園みたいだ。
 公園に行けばまた誰か男に声をかけられるかもしれないと思ってとりあえず行ってみることにした。
 中央の大きな街灯の側に空いてるベンチがあったので一人で座ってみたけど周りはカップルばかり。
 気になって左右のベンチを確かめてみると、どのカップルも抱き合ってキスしてるだけで話し声も聞こえない。
 こんな所に居ても男に声をかけられる訳はない。
 どうしようかと思ってベンチから立ち上がろうとするとちょうど裏手のトイレからセーラー服を着た女子高生が出てきた。
 すぐ後からもう一人セーラー服を着た女の子が出てきたけど、二人とも胸がはち切れそうなほど大きい。
 二人そろってトイレの裏の暗闇でブラウスとスカートを探りながらあちこち直してる。
 公園のトイレで誰かとエッチな事でもしてきたばかりらしい。
 トイレの裏で女子高生が服装を直している間に、同じトイレから男達が大勢出てきた。
 遠くから見ても人相が良くない男ばかりで服装も何だか変だ。
 シャツがはだけたり、ズボンも前が開いたままになってる男もいる。
 男達は女子高生二人を取り囲むと、厳しい口調で怒鳴りつけてるのが聞こえた。
 それほど大きな声ではないけど、低くて太い声は脅すような口調で気味が悪い。
 女子高生は頭を下げて必死であやまってたけどそれでも駄目らしくその場に座り込んで頭を地面につけて土下座してる。
 はっきりとは聞き取れないけれど女子高生は「もう絶対に勝手に男を取ったりしません」と言ってるみたい。
 そう言えばラブホテルの入り口前で美世ちゃんに「勝手に男を取ると大変だからね」って言われたのを思い出した。
 大変な事になるというのは、どうやらこの事らしい。
 周りを取り囲んだ男達が足で、女子高生の頭をこづくと女子高生の身体が座ったまま何度も揺れた。
 涙も枯れたのか、女子高生の喉からしゃくり上げる息の音しかもう聞こえない。
 ようやく許してもらえたのか、男達が手を貸して女子高生が立ち上がると今度はいきなり二人で抱き合ってる。
 いったい何が起きてるのか意味がわからないけど、二人の顔を良く見ると男の白液が顔一面に散らばってる。
 そう言えば美絵子さんの書いた小説にも似たような場面があったのを思い出した。
 トイレで生フェラ輪姦されたあとに、女子高生が二人で顔を嘗め合ってたシーンがこれと同じ。
 生フェラで顔と口の中にいっぱいに出されたあとに二人でレズ調教されるなんてあり得ない話。
 美絵子さんが想像で書いたシーンだとばかり思ってたけど、本当の話だったんだ。
 周りを取り囲んだ男達に何か言われるたびに、女子高生はお互いの胸を揉んだりスカートの下に手を入れたりしてる。
 何でも言うことを聞きますとでも約束したらしくて、何を命じられても逆らえない様子。
 互いにスカートの下に入れた指先を震わせるように動かしてるのが見えて、かわいそうに思えたけど私には何もできるわけない。
 二人ともとてももう我慢しきれないらしく、互いに抱きついて離れなくなった。
 身体を震わせながら、互いに大きな胸を押しつけ合ってるのが遠くからでもはっきり判る。
 これでもう許してもらえるのかしらと思ってる見ていると男達は二人を引き離して今度は手錠をだして女子高生の手にはめてる。
 この後二人がどんな目にあわされるのか見ている私も怖くて震えてきた。
 片方の手に手錠をはめられた女子高生は二人とも、トイレの横のブランコの前まで男達に引っ張られて歩かせられた。
 ブランコは私の座って居るベンチとはトイレを挟んだ反対側にあり半分トイレに隠れてよく見えない。
 私は身体を乗り出して、ブランコの様子を確かめてみたけどどうも変だ。
 男達は女子高生をブランコの踏み台に四つんばいにさせて手に嵌めた手錠のもう一方を足首に嵌めたらしい。
 女子高生の身体が半分宙に浮かんだまま、手足が絡みついたような格好で頭は地面に着きそうな位置。
 なんでこんな事をさせてるのか意味がわからないけど、助けに行くわけにも行かない。
 すぐ目の前を酔っぱらいらしい男が数人通りかかると、トイレの入り口で横のブランコの女子高生に気が付いた様子。
 何か言いながら男の手が、後ろから女子高生のスカートをめくり上げた。
 四つんばいの格好で動けない女子高生は自分が何をされているのかも判らずに必死で身体を揺らしてる。
 男は後ろから女子高生のパンティーの股の所を細く捻ると、小刻みに震わせながら花園に食い込ませて遊び始めた。
 女子高生が苦しげなため息を漏らすと、面白いと思ったのか隣の女子高生にも別の男が同じ事を始めた。
 二人の女子高生の声が繰り返し交互に漏れて聞こえてくると私の身体も熱くなってきた。
 パンティーを引っ張って遊ぶのに飽きたのか、酔っぱらいの手が今度は女子高生の腰に入れられてパンティーを引っ張って脱がせた。
 手錠のはまった手首にパンティーを引っかけてねじり上げてから足首に引っかけるときつく締まって女子高生は身動きも出来なくなった。
 酔っぱらいの一人が公園のトイレ横の自動販売機からドリンク剤を買うと飲み干してから空いた瓶をもう一人の酔っぱらいに渡した。
 小さな細長いドリンク剤の瓶は先が膨らんでバイブを小さくしたような形。
 指先を小刻みに振るわせてドリンク剤の瓶を奥まで押し回すと女子高生の口から訳のわからない言葉が何度も漏れた。
 いくらなんでもこんな酷いことが目の前で起きてるなんてとても信じられない。
 ブランコはちょうどトイレの陰になって公園の街灯が殆ど届かないので遠くからでは誰が何をやってても気が付かないらしい。
 さっきの男達はトイレの裏に隠れて見張りをしているらしく、女子高生は助けを呼ぶこともできない。
 酔っぱらいが遊ぶだけ遊んだ後、騒ぎながら公園から出て行ったが女子高生はブランコに縛り付けられたまま。
 すすり泣く声だけがかすかに聞こえてくるだけ。
 このあとまた誰かが通りかかれば何をされるかわからない。
 不意にため息のような喘ぎ声がすぐ耳元から聞こえてきた。
 横を見るといつの間にか私の隣のベンチにまた別のカップルが座ってる。
 ベンチの両脇に一組ずつ座ったカップルは両方とも女子高生。
 よくよく見るとさっきファーストフードの店でトイレでフェラチオの後にキスしてた二人組だ。
 男の方はさっきあの変な店の前で私の顔をケータイと見比べていた二人みたい。
 なるほどそうだったのねと、だんだんと私にも仕掛けが判ってきた。
 トイレでフェラチオさせてる顔をケータイで撮って、それを店で待ってる客に送って品定めをさせて、ナンパした女に客を紹介してるらしい。
 ナンパされたい女を見つけて、すぐにトイレでフェラチオさせるなんて凄いナンパ師だと思ってたけど、それが仕事で毎日やってるんだ。
 それでさっき私がナンパされた時も変な店の裏の路地でいきなり他の男にぶち込まれたんだ。
 ナンパされてすぐにトイレでフェラチオさせちゃう女子高生なんてこの辺には一杯居るってこと。
 だからナンパした女子高生を客に紹介するなんて商売が成り立つって訳なんだ。
 横で見ていると女子高生は男に抱きついて自分から足を広げてる。
 女子高生が座っている位置からは、ブランコに縛られてる女子高生が見えないらしい。
 二人とも自分たちは遊んでるつもりかしれないけど、稼いだ金は全部巻き上げられて逆らえばお仕置きされて酷い目に遭わされるってことが分かってないらしい。
 男と遊ぶと言うことがどうゆうことなのか全然分かってないってのにはあきれ果てて言葉もない。
 唇を絡ませてくちゃくゃちと音を立ててキスをするのが聞こえてきて私は耳を塞ぎたくなった。
 普通の男がそんなに上手にキスなんかできるわけない。
 客の男もよほど遊び慣れてるらしく、女を喜ばすテクニックに磨きのかかった玄人の遊び人の技だ。
 こんな男に遊ばれたら、女子高生の若い身体なんてひとたまりもない。
 毎日でも男が欲しくてたまらなくなる身体にされるだけ。
 女子高生がベンチの前に膝を付いて男の腰に頭を近づけ、フェラチオを始めた。
 横目でみると喉の奥まで入れては吸い出すように口をすぼめて頭を動かしてる。
 舌先を震わせるように使ってるのが、ほっぺたの動きではっきり分かる。
 男はよっぽど気持ちいいのか腰が震えてベンチが揺れてる。
 今にも爆発しそうなポイントまで吸いこんでは、わざと途中で止めてすぐには出させない。
 この二人女子高生の癖にフェラチオのテクニックが上手すぎる。
 最近の女子高生ってフェラチオくらい当たり前と聞いてたけどこんなに上手なんて信じられない。
 これじゃあ、毎日男と遊びたくなるのも当たり前だ。
 男にナンパされたら誰にでもすぐついて行っちゃう女だってのも納得できる。
 男と遊べるバイトを紹介してもらえたりしたらもう大喜びって訳だ。
 急に目の前が暗くなって、ほっぺたに何かが熱い物が押しつけられた。
 火傷しそうな感触で慌てて顔を仰け反らせると、いつの間にか男が私の目の前に立ってズボンを降ろしてる。
 頬に押しつけられたのは男の熱い鉄柱。
 私がよっぽど隣の女子高生の事を羨ましそうな目で見てたらしい。
 男は私の髪を掴むと、引っ張り上げるように力を込めて引きつけてきた。
 私にフェラチオさせたいらしいけど引っ張られたら痛いだけ。
 慌ててベンチから立ち上がって、男を突き倒すと男はそのまま尻餅を付いてすぐには起きあがれない。
 酔ってるらしくてズボンが足に絡みついて立ち上がれないのは間抜けな話し。
 股間の熱い鉄柱が街灯の光に照らされて輝くのを見て私は今すぐにでもしゃぶりたい気持ちがこみあげてきた。
 隣に座ってる女子高生みたいに、男を喜ばせるのは女にとっては至福の瞬間。
 私はもう我慢しきれなくて舌先で自分の唇を嘗めた。
 いやがってる振りをして無理矢理に口の中にこの熱い鉄柱を押し込まれたい。
 泣きながらフェラチオさせられたらどんなにいいだろうと思ったけど、目の前の男はよっぽど酔ってるらしくてすぐには起きあがれない。
 あんまり腹がたったので、酔っぱらいを蹴飛ばしてやろうかと思ったけど仕返しされるのも怖い。
 私はそのままトイレの前まで駆け出すとブランコの横を通り過ぎて、公園裏の出口まで急いで逃げた。

10.陵辱<< ページトップ >>12.レズビアン

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音