長編官能小説 人妻不倫レズSM調教

by七度柚希

目次

1.セーラー服でお仕置き

2.奴隷契約書

3.強制女装レイプ

4.人妻逆ナンパ

5.人妻強制レズ調教

6.人妻監禁調教

7.人妻デリヘル

8.生フェラ

9.ラブホテル

10.陵辱

11.露出

12.レズビアン

13.SMプレー

14.調教

15.ランジェリーパブ

16.ハプニングバー

17.裏ビデオ撮影

18.生フェラ輪姦

19.人妻売春

20.デリヘル女

18.生フェラ輪姦

 後ろから押されて、ドアを通り抜けさっきの部屋に戻った。
 薄暗い店の中は客らしい姿は誰も見あたらない。
 客はみんな奥の別の部屋に行ってしまって、テレビの置いてある部屋に残ったのは私と吉本と中沢君それにだけ。
 入り口から男が一人入ってくると店の中を見回してからこっちに近づいてきた。
「おい、この女だ」と男が私を見つけていきなり怒鳴りつけた。
 見覚えのある体つきは、吉本にレイプされた翌日に同じラブホテルで一緒だった男。
 あのとき私は男がシャワーを浴びてる隙に部屋から逃げ出した。
「この女金持って客から逃げたんだ、このままで済むわけ無いだろう」と厳しい口調でどなりつけてきた。
 客の癖に随分と態度がでかいと思ったけど、ただの客ではないらしい。
「お仕置きしてやってよ」と私の後から出てきた百合恵さんが男に声を掛けた。
「逆らえば、どうなるのか身体にたたき込んでやんなさいよ」と百合恵さんが随分な言い方。
「おい美世も連れてこい」と男が言うと百合恵さんが奥の部屋にいって美世ちゃんを連れてきた。
「この女を逃がしたのお前だろう、わざと逃がしたんだろう」と男が美世ちゃんを怒鳴りつけると、美世ちゃんは青ざめた顔。
「この二人まとめてお仕置きしてやれ」と言うと美世ちゃんが私の手を取って握りしめてきた。
 美世ちゃんの手は冷たく強ばって、震えているのが私の手にも伝わってきた。
 吉本が私の手を掴んで部屋の隅のドアの前まで歩かせた。
 ドアの奥にはまた別の部屋があるに違いない。
 吉本がドアを開けると、急に冷たい空気が部屋に吹き込んできて私ははっとした。
 目の前は部屋ではなく、夜空の見える非常階段だった。
 見覚えのある景色は、私が何度も通った事のある裏通りの階段だ。
 危ない足取りで階段を下りると、裏道をしばらく歩かされた。
 少し先は小さな公園になっていて、私もゴードンと何度か来た場所。
 公園の裏口近くにあるトイレの横の木陰に私と美世ちゃんは連れ込まれた。
 すぐ目の前には公園のトイレのガラス窓が見えるが、中から明るい光が輝いている。
 横のトイレの明かりで、向かい側のビルからはちょうど丸見えの場所。
 男子トイレと女子トイレの間の身体障害者用トイレから漏れてる明かりだ。
 そう言えばさっきの店で見たテレビのの画面にもトイレのガラス窓が映ってた。
 このトイレの中に隠しカメラが仕込んであって、トイレの中を店で中継しているらしい。
 トイレの明かりに背を向けて吉本が立つとズボンを下げた。
 パンツの間から、吉本の巨根の先端が頭を覗かせた。
 どす黒い紫色の先端は、一度みたら忘れようのない不気味な形。
 今すぐここで生フェラしろってことらしい。
 だけどそのあと何が起きるんだろうか。
 吉本を相手に生フェラするだけで済むわけがない。
 少し離れたトイレの方からなにやら騒がしい声が聞こえてきた。
 大柄な体格の男の子達が大勢公園の中に入ってくる。
 体育系らしい男の子は公園でカップルを冷やかしては獲物を選んで乱暴してるらしいと何となく判った。
 それも獲物にする相手を誰かに指示されて金をもらってやってるらしい。
 他のデリヘル店を潰すのが目的の援交狩りだと、小説家の先生が見せてくれた小説にも書いてあった。
 トイレの裏でフェラチオなんかしてるのをこの男達に見つかればどうなるのか分かり切ったこと。
 きっとさっきの男が店から電話して、トイレの裏のカップルを襲えと指示したに違いない。
 美世ちゃんと一緒にトイレの中になんか連れ込まれたら、何をされるか判らない。
 この間の女子高生みたいにフェラチオ輪姦されるんだろうか、それとももっと酷い目にあわされるんだろうか。
 怖くて身体が縮こまったが、吉本の様子がなんだか変な感じ。
 吉本はズボンの前を開けたまま私の後ろに視線を向けて動かない。
 私が吉本の視線を辿ると、女子高生の二人連れがいつの間にトイレの横のベンチに座ってる。
 女子高生の一人は金髪でやせた足がミニスカートから見えてる。
 店でいつもプレーに使ってるセーラー服を見てゴードンだとすぐ判った。
 相手の女の子は後ろ姿しか見えないが吉本の嫁さんの順子さんらしい。
 いったいなんでこんな時にこの二人が公園にのこのこ来てるんだろう。
 公園のベンチの女子高生の服装で抱き合ってる二人はとてもまともじゃない。
 二人はキスをして舌を絡ませながら、手をお互いのスカートの下にいれ半分スカートをめくり上げながら腿の内側を撫で回してる。
 一見した感じでは女子高生同士のレズプレーだ。
 私が小さい声でゴードンに声を掛けると、ゴードンと順子さんがこちらに振り返った。
 吉本が私の目の前でズボンを降ろして私に生フェラさせらようとしてるのを見て、順子さんはびっくりして目を白黒させてる。
 順子さんの顔はお化粧が濃くていつもの大人しくて真面目そうな顔とはまるで別人。
 公園の明かりが暗いせいもあって、まだ吉本はセーラー服の女子高生が自分の嫁さんの順子さんだとは気が付いてないみたい。
 ゴードンが順子さんに何か言うと順子さんは慌てて吉本に顔を見られないようにこっそりと逃げ出した。
 順子さんがすこし先まで行くと今度はゴードンが私の足元に駆け寄っていきなり吉本の腰にの前で膝を着いた。
 ゴードンがすぐに舌を絡ませると今度は吉本がなにがなんだか判らなくて、目を白黒させる番。
 順子さんを逃がすために、ゴードンが吉本の気をそらそうとしてフェラチオしちゃってるらしい。
 いくら何でも、こんな事が目の前で起きてるなんてとても信じられない。
 吉本も金髪の女子高生にいきなり生フェラされちゃって、いったい何が起きてるのか訳が分からない様子で立ち尽くしているだけ。
 ゴードンは身体が小柄でお化粧もしてるし胸にもシリコンのパットを入れてるので公園の暗い闇では男だとは吉本も気が付かないみたい。
 ゴードンが舌を巧みに使ってテクニックを使い始めると、すぐに吉本の顔がのっぺらに歪んだ。
 ゴードンの舌技は女には分からない男の弱味を責める絶妙の技。
 いくら吉本が遊び慣れていてもとても我慢なんかできるはずない。
 公園の中でカップルを冷やかしていた男達が近づいてきて吉本の回りを取り囲んだ。
「おい、こんな所で何やってんだ、いい所みせつけやがるじゃないか」
「援交なんてやっていいとおもってんのか」と男の一人が大声を張り上げてる。
 わざと変な抑揚をつけた口調は芝居だとすぐ分かる。
 美世ちゃんが慌てて逃げ出そうとしたけど、すぐに男達に捕まってしまった。
 中沢君は事情がよく分からないみたいで大きな木の陰に隠れて怯えた顔。
 援交狩りの男達は、ゴードンと美世ちゃん二人が標的の獲物だと思ったらしくて、私はすこし離れて取り残された。
 男達が二人を取り囲むとトイレの方に歩き出した。
 これから二人を目の前のトイレに連れ込んで、酷い目に遭わせるつもりらしい。
 逃げるチャンスは今しかない。
 私は後ろに振り向くと吉沢君に抱きつき「私、吉沢君じゃないとだめ、二人っきりになりたいの」と甘えた声をだした。
「はやく二人っきりに成れる場所に連れてって」と口を寄せて囁くと、吉沢君の股間に手を伸ばしてズボンの上から軽くさすってみた。
 大人と言ってもやっぱりまだ子供、すぐ私の手の下で大きくなるともう我慢しきれない様子。
 中沢君も待ちきれない様子で、私の手を取って握りしめてきた。
 トイレの中でゴードンと美世ちゃんの身にこれから何が起きるのかまだ中沢君はよく分かっていないらしい。
 私が逃げ出そうと思ってるなんて気が付かないのは随分と間が抜けた話し。
 私が身体を押しつけながら歩き始めると中沢君も私と一緒に歩き出した。
 私が吉沢君に身体をすり寄せると、吉沢君もすぐに私のお尻を撫で始めた。
 私は「いやぁん」と言って腰をちょっと振って、吉沢君の指が私のお尻を追いかけて動くのを楽しんだ。
 ひとまず吉本はゴードンがなんとかしてくれたからあとは吉沢君を上手く丸めこめばいい。
 公園の暗がりをを出るとすぐ目の前の大通りの横にファーストフードの店がある。
「ねえ、ここに入ろう」と私が甘えた声をだすと吉沢君は不機嫌な顔で私のお尻を後ろから押して歩かせようとした。
「ねえ、ちょっとゆっくりしていこうよ」と私がまたもっと甘えた声をだすと側を歩いてる女子高生が変な目で見ながら横を通り過ぎた。
 私は人妻なのに女子高生のセーラー服なんか着てるから、変に思われても仕方ない。
 さすがに都合が悪いと思ったのか吉沢君は私の手を取って店に入り仕方なくコーヒーを頼んだ。
 ちょうど窓際のカウンターの席が空いてたので二人で並んで座った。
 この店には何度も来たことがあるけど、トイレの横に裏口があったような気がした。
 トイレに行く振りをしてうまく裏口から逃げられると私はとっさに思った。
「ちょっとトイレに行って来るね」とまた甘えた声で中沢君の耳元で囁いてから私は店の奥のトイレまでいってみた。
 トイレの近くで裏口を探してはみたけど、裏口だと思ったのは従業員の控え室のドア。
 出入り口は店の正面にしかない。
 私は諦めて席に戻って吉沢君の隣に座ると吉沢君の手が私の腿の間に入ってきた。
 セーラー服のスカートの下に差し入れられた手は、パンティの裾を指で探ってる。
 もう一方の手が今度は私の手を取って、中沢君のズボンの上の膨らみに引き寄せてきた。
 困った事になりそうだと思ってガラスのウィンドーの外をみると、ちょうど通りがかった中年の男と目が会った。
 これはちょうどいい、うまく工夫すればなんとかなりそうと私はとっさに思いついた。
 私は腰をずらせてスカートの奧が男によく見えるように足を広げた。
 すると男が私の目を見つめながら、いやらしい顔をして合図するようなそぶり。
 私はそれに応じてわざと思わせぶりに両目を瞬きして微笑んだ。
 吉沢君は私が男に合図したのに気が付く様子もない。
 男が店に入って私のすぐ側までくると、私は吉沢君に「もう追いかけ回すの止めてね」とわざと大きな声をだして立ち上がった。
 吉沢君はびっくりした様子で慌てて立ち上がろうとした。
 私は男に「ご免なさい、遅く成っちゃって」と声をかけてから顔を確かめた。
 見かけたような顔つきのだけど、初対面の見知らぬ中年男だ。
 この際相手は誰でもいい。
 私はすぐに男の手を取って店から出ようとした。
 吉沢君は私の手を掴んで私を引き戻そうとしたが、男に「いやがってるだろう、やめんかオラ」と怒鳴りつけられた。
 吉沢君は唇を震わせて何か言おうとしたが、そのまま黙って立ちつくしたまま。
 私は足早に男と寄り添って店を出た。
 吉沢君は少し遅れて私の後を追いかけて来てるみたい。
 裏通りを少し先まで一緒に歩くとちょうどカラオケ店の前まで来た。
 男が「カラオケでもしていこうか」と私の手を掴んだまま声を掛けてきた。
 この辺りのカラオケはデリヘルの女が客待ちをしてる店が多くて、すぐ隣は大抵ラブホテル。
 うっかりカラオケ店なんかに男と入ったら何をされるか分からない。
 だけど吉沢君に追いかけ回されるよりは、カラオケに入った方が良い。
 私が「どこでもいいです」と返事をすると、男はすっかり調子づいた顔。
 さっそくカラオケ店の受付で部屋を選んでいると、中沢君が店の前まで近づいてきた。
 私が慌てて男にぴったりと寄り添うと、中沢君は男が怖いのか中の様子を伺うだけ。
 個室に案内されて、店員が出て行くとすぐに男にソファーに押し倒された。
 いきなりでびっくりしたけど大声をだす訳にもいかない。
 こんな時間に男を誘う女はデリヘル女しかいない。
 私もやっぱりデリヘル女だと思われてるのには間違いなさそう。
 だけどカラオケ店の外では中沢君がまだ待ち伏せしてるはず。
 なんとか時間を稼ぐしかない。
 とりあえず男の言いなりになろうと覚悟を決めるとかえって気分が楽になった。
 私が身体の力を抜いてソファーに横になると、男は私の背中に手をあてがって身体を引き寄せてきた。
 最初は何処を責められるかと思ってると、男は私の首筋に舌を這わせてきた。
 ちょろちょろと動く舌先が妙に心地良い。
 首筋の至る所を丁寧に舌先が動くと今度は耳の後ろを嘗め回し始めた。
 微妙に感じ方の違う場所を舌先が的確に捉えて責めてくる。
 こんなに丁寧に女の身体を可愛がってくれる男なんて今まで初めて。
 これだったら安心して身体を預けられるし、たっぷり楽しませてもらえると思うと急に嬉しくなってきた。
 私が男の身体に両手を廻して抱きつくと、男の手が私の脇腹を撫で始めた。
 まるで女の子にくすぐられてるよな軽やかで微妙な指技だ。
 男の指先は感じる所をなぞるように辿りながら脇の下へと入っていく。
 もうたまんなくて私が大きく息を吸いこんで何度も吐き出すと、今度は唇を塞がれた。
 最初に唇を軽く押し当てた後すぐに、ぶちゅっと強く押しつけながら大きく口を開いて舌先を入れてくる。
 歯茎にそって軽やかに叩くような舌の動きは繊細すぎてもう失神しそう。
 もうこの男になら何をされたっていい、一緒に何処に行っても構わないと思って男に抱きついた。
 男が不意に身体を離すと「これから二人でゆっくり休める場所に行かないか」と誘いの言葉を口にした。
 女の身体をこんなにしておいてどうするつもりなんだろう。
 これから二人っきりに成ってもっともっと可愛がってもらえたらもう最高。
 私の方から「ラブホテルにして」と言おうと思ったけどうっかり余計なことは口にしないほうが良さそう。
 私は一言だけ「うん」と言って頷いた。
 カラオケ店の裏口から隣のラブホテルに行くと私は男と部屋に入った。
 至福の時が私の身体を包み込んで、繰り返し激しく燃え上がった。

17.裏ビデオ撮影<< ページトップ >>19.人妻売春

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音