長編官能小説 人妻不倫レズSM調教

by七度柚希

目次

1.セーラー服でお仕置き

2.奴隷契約書

3.強制女装レイプ

4.人妻逆ナンパ

5.人妻強制レズ調教

6.人妻監禁調教

7.人妻デリヘル

8.生フェラ

9.ラブホテル

10.陵辱

11.露出

12.レズビアン

13.SMプレー

14.調教

15.ランジェリーパブ

16.ハプニングバー

17.裏ビデオ撮影

18.生フェラ輪姦

19.人妻売春

20.デリヘル女

14.調教

 しばらくして気が付いて見ると、ラブホテルのバスルームには男が居ない。
 いつの間にか私を置き去りにして出て行ってしまったらしい。
 私はなんとか身体を起こして立ち上がろうとしたがとてもだめ。
 寝たまま辺りを見回すとすぐ目の前にバッグが落ちてるのが目に入った。
 手を伸ばしてバッグを取ると中から携帯を取りだした。
 メモ用紙に書いた番号を押すと、今朝のタクシーの運転手の声が聞こえてきて私はほっとした。
 迎えに来て欲しいとラブホテルの部屋の番号を教えるとすぐ来てくれると言ってくれたので私はとりあえず一安心した。
 運転手が来るのを待つ間も、身体に寒気がして小刻みに震えるのが止まらなかった。
 部屋のドアが開いて「おじゃまします」と男の声が聞こえた。
 低くて太い声は今朝の運転手の声だとすぐ判った。
 足音がバスルームに近づいてくるのが聞こえて私はやっと一安心して気分が楽になった。
 運転手がバスルームに入ってくると、私はまだ便器の前で床に倒れ込んだ動けずに寝たまま。
 タクシーの運転手は私の様子を見て何があったのかすぐ判ったらしくて「大変でしたね」と声をかけてくれた。
 もっと優しい言葉をかけて欲しかったのにと、私はちょっとがっかりした気分だけど文句など言えない。
 タクシーの運転手は私の身体を抱き起こすと、丁寧に濡れたタオルで拭いてくれた。
 気持ちよい感触が体中に広がって私は気分が楽になって落ち着いてきた。
 私が足を広げると運転手は平気な顔をして私の花園の割れ目に沿って丁寧にタオルを押しつけてきた。
 私が何度も身体を捩ると運転手は感じるところに強くタオルを押しつけては手首を震わせて来る。
 電気を流し込まれたように、花園が敏感に反応して震え上がると運転手はさらに動きを強くしてきた。
 運転手がタオルの位置を変えながら、一番感じる所を探ってるんだと気が付いて私は我慢仕切れなくてまた身体の震えだした。
 このままめちゃめちゃにされたいと子宮が奥からうずいてくると、運転手はタオルを持ったまま急に立ち上がった。
 私はさっきみたいにあれが小さいままじゃやだと思ってタクシーの運転手のズボンの上から股間に触れてみた。
 ズボンの下で男らしく立派な持ち物がちゃんと大きくなってるのを指先で確かめた。
 私が指先で輪郭をなぞると、すぐに固さをまして反り返るのが判ってもう嬉しくてたまらない
 私は我慢できなくて「しゃぶらせて」と小さな声でおねだりした。
 顔を上げて運転手の表情を確かめると眉がゆがんで口元もいやらしい表情で笑ってる。
 これなら今すぐ絶対やらせてくれると思って私は「お願い今すぐしゃぶらせて」と精一杯甘えた声でもう一度お願いしてみた。
 タクシーの運転手は膝をついてズボンを降ろすと、目の前の大きな物に私はすぐに舌を絡ませた。
 口の中で固さを増していく感触はやっぱり最高の気分。
 思い切って喉の奥まで飲み込むともう心臓が止まっちゃうくらいに嬉しくて死んじゃいそう。
 唇をすぼめてすっぽり入った根元から先端までしゃぶって戻すと、舌先を先端に絡ませながら口からだした。
 あらためてじっくり確かめてみると、目の前にあるのは立派すぎて感動しちゃうくらい。
 吉本の巨根はおっきいだけだけど、このタクシーの運転手のは色が凄いし形もまるで浮世絵からでてきたみたいな絶品。
 今すぐにでも入れて欲しくてたまらないけどタクシーの運転手は今は仕事中の時間。
 おねだりしても、断られるだけだから今は諦めるしかない。
 タクシーの運転手が床に落ちた服を拾い集めてくれたので私は服を着て部屋を出てタクシーに乗った。
 タクシーの運転手に名前を聞くとすぐに勇二さんだと教えてくれた。
「こないだの所でいいんですよね」と言われて勇二さんが私の事を覚えていてくれたのだと判って嬉しくなった。
「奥さん最近よく遊んでますね」と最初に勇二さんに言われてどきっとした。
 昨夜も遊んだ後だし、今日もラブホテルに迎えにきてもらったんだからそう言われても仕方ない。
「遊びたくてしょうがないんでしょう」と勇二さんがまた声をかけてきた。
 勇二さんの呟くような太くて低い声はちょくせつ子宮の奥まで響いてきて聞いていて気持ちが良い。
 さっき味わった勇二さんの逞しい感触がまだ口の中に残っていてよだれがでてくるのが止まらない。
 勇二さんが今度は「今廻されたくってたまんない気分でしょう」と言われて私はびっくりした。
「SMプレーのあとはね、セックスがしたくてたまんない気分になっちゃうんですよ。どんな真面目な顔してる女でも、今すぐ廻してなんていいだしちゃってね」と言って笑って車のミラー越しに私を見た。
 いますぐ勇二さんが欲しいのは本当だけど、浣腸されて鞭で叩かれた後なら廻されたくなる気持ちも分かる気がした。
「廻してってよく頼まれるんですよ」と勇二さんがまた言ったけどうっかり返事もできないので黙ってた。
 タクシーがマンションの前についてドアが開いても、私は座ったまま動けない振りをした。
 勇二さんは運転席から降りて私を車から降ろしたとき、勇二さんの股間が私の指先に触れた。
 まださっきと同じくらいに堅くて大きな感触が伝わってきて私は嬉しくなった。
 勇二さんが私の身体を支えてエレベータに乗せると、玄関の前まで私を運んでくれた。
 ドアを開けて玄関から上がって私がトイレに行きたいと言うと、勇二さんは玄関のすぐ横のトイレのドア開けてくれた。
 足元がよろけながらトイレに入ると私はわざとドアをあけたまま立った。
 真っ赤なスカートを腰の上までたくし上げ、パンティーも膝まで降ろした。
 きっと勇二さんがすぐ横で見ていると思うと嬉しくてたまらない。
 そのままトイレの便器に両手をついて前屈みの姿勢で勇二さんに聞こえるように何度もため息をついた。
 ここまですれば勇二さんだって、私が何を望んでるか判るはず。
 待たせないでお願いと私が心の中で叫ぶと、すぐに勇二さんが私の後ろに立つ気配がした。
「やっぱり廻されたいんだろうこのドスケベ女」と勇二さんが私の耳元で囁く声が聞こえて私は気が遠くなった。
 私は「いいから今すぐお願い」と精一杯甘えた声でおねだりしてみた。
 勇二さんはベルトを外してズボンを降ろすと、大きくなった物を反り返らせながら私のお尻に押しつけてきた。
 焼け付くような感触が小刻みに震えながらお尻に伝わってくると私は待ちきれなくてお尻を後ろに突き出した。
 勇二さんの腕が私の身体を抱え込むと、指先が花芯を捕らえて強く押し回してきた。
 私の花芯に電流が流し込まれて私の身体が何度も引きつると涙がこみ上げてきた。
 私の腰を両手で抱えて引きつけると一気に勇二さんは奥まで押し込んできた。
 あれっそこじゃ場所が違うと一瞬思ったけどもう勇二さんは腰を前後に使い始めて止まらない。
 初めて経験する感触は次第に心地よく私の身体を捕らえた。
 もうどっちに入れてもらってもいいから、私は少しでも長く勇二さんが欲しかった。
 思いがけない感官が私の身体を包み込むと、急に目眩がして息が苦しくなった。
 少しづつペースを変えて早くしたり遅くしたりする勇二さんのリズムが私の身体を天国まで放り上げた。
 時間が止まったように繰り返すリズムは私を幸福の絶頂に舞い上がらせた。
 私の身体はもう勇二さんの物だと思うと、幸せな気持ちで体中が一杯になった。
 気が付いたときは私はトイレの中で便座の前でしゃがみ込んで動けなかった。
 まだもっと勇二さんには居て欲しかったのにと思ったけど、勇二さんも仕事があるから仕方がない。
 急に今何時頃だろうと気になって玄関の時計を確かめてみると、夜の11時過ぎ。
 勇二さんとのさっきの出来事を旦那に気づかれたかと心配になって旦那の部屋を確かめると、旦那はいつものように寝てるだけ。
 私は一人で寝室のベッドに入ると、頭の中は勇二さんのことでいっぱいで寝られない。
 吉本の巨根はたしかに凄かったけど、勇二さんの方が全然いい。
 これで吉本の事が忘れられると思うと本当に嬉しくて仕方がない。
 今度また勇二さんにあったら、たっぷりしゃぶらせてもらおう。
 もう喉の奥に勇二さんが入ってきてるような気分になっちゃってよだれがでてきちゃう。
 それに入れて欲しいところは他にもある。
 勇二さんの男らしい腰の使い方はもう吉本なんかとは比べ物に成らないくらいの絶品。
 そうよ旦那に勇二さんの事がばれたら私は旦那より勇二をさんを選んじゃうの。
 ぜったいそうするのと思うともう体中が感じてきて熱く成っちゃう。
 我慢しきれなくて指先をそっと花園に触れてみると痺れちゃうくらいよく感じちゃう。
 指先をこね回すようにして捻りながら、背中を何度も仰け反らすと勇二さんが上からのしかかってくるのを想像してみた。
 妄想が止まらなくなると、指が自然と奥まで入って感じすぎて困っちゃう。
 喜びの声が繰り返し喉の奥からわき出てくるのがもう止まらなくなった。
 私には勇二さんしかいないと思うと本当に幸せで胸が一杯ではち切れそう。
 身体が震え続けたまま、私は明け方まで指を使うのが止められなかった。
 翌朝は疲れて昼頃まで寝ていたけど、旦那の食事を作らないといけないので仕方なく起きた。
 台所に行ってみると、昨夜も旦那が冷蔵庫から食べ物をだして食べたらしくて食べ残しが散らかってる。
 取りあえずチャーハンを作って、旦那に食べさせたけど、これが旦那じゃなくて勇二さんだったらどんなに良いだろうと思った。
 食後には果物とコーヒーをだして、しばらく体の具合とか様子を聞いてみたけどいつもと変わらないみたい。
 もしかして少しは元気がでるかもしれないと思って、タクシーの運転手に渡されたドリンク剤を一本旦那に渡してみた。
 旦那は何も言わずにドリンク剤の瓶を受け取るとそのまま飲み干した。
 旦那は少しは気分がよくはなったみたいだけど、効き目はあまり無さそうな気がした。
 部屋に戻ろうとして旦那が椅子から立ち上がろうとしたとき、私は旦那のパジャマのズボンの前を見てはっとした。
 具合が悪くなってから立ったことのないあれが、おっきくなってる。
 やっぱりあのドリンク剤は効果があったみたい。
 だけどあれが大きくなっても役には立ちそうにない。
 旦那もすこし恥ずかしそうな様子で部屋に戻って布団をかぶった。
 そういえど私が前にドリンク剤を飲んだときも急に身体が熱くなったり変な気分になった。
 そのあとには、自分が自分じゃないような大胆な気分になっちゃった。
 気持ちが沈み込んで元気が無いときは、飲めが気分が楽に成る薬に違いない。
 もしかしてこの薬で旦那の病気が治るんじゃないかと思ったけど、お医者さんにもらった薬以外はやっぱり飲まない方がいいにきまってる。
 旦那の世話が終わった後は、とりあえず部屋の掃除をしてから洗濯物を洗濯機に放り込んだ。
 その後にお風呂場の掃除をしていると勇二さんから携帯に電話が来た。
「いま何してる」と聞かれたので「お風呂場の掃除してます」と答えると、勇二さんから「今すぐ近くの公園に来てるから出てこれないか」と言われて私は嬉しくなった。
 公園まで急いで歩いていると、胸がどきどきして嬉しくてそれでいて不安な気持ちで一杯になった。
 角を曲がって公園の入り口が目はいるとタクシーが止まってるのが見えた。
 タクシーのすぐ横に勇二さんが私を待って立っていた。
 私が勇二さんのすぐ手前まで来ると、勇二さん持っていたドリンク剤の瓶を私に差し出した。
 飲めばエッチな気分に成っちゃうんだとは判ってるけど、勇二さんに渡されたら断れるわけがない。
 思い切って一気に全部飲み干すと、胃袋がひっくり返りそうなくらい熱くなった。
 足元がふらついた所を勇二さんが私の手を掴んで公園の中に連れ込んだ。
 夜になるとエッチなカップルで一杯の公園には、昼間は誰もいなくて噴水の音が聞こえるだけ。
 勇二さんは公園のトイレの裏手に私を引っ張り込むと、私を大きな桜の木に押しつけてすぐに私の唇を奪ってきた。
 私は嬉しくて勇二さんの舌に自分から舌を絡ませて唇を重ねた。
 勇二の手が私の胸を掴んで押し回し始めたので、私も手の平を勇二さんの股間に押しつけて固さを確かめた。
 制服のズボンからはち切れそうな立派な手触りに私はもう嬉しくてたまらない。
 手のひらを押しつけてこすりつけるようにして震わせると、勇二さんも私の唇を思い切り吸いこんできた。
 目眩が死そうなほど嬉しくて、もうとても立っていられなくて後ろの木にもたれかかった。
 勇二さんは私の耳元に口を寄せて「いますぐ口でやらせてやるぜ」と呟くと舌先で私の耳たぶを嘗めながら、胸を強く握りしめてきた。
「しゃぶりたいんだろう、そこのトイレならいいだろう」ともう一度勇二さんに念を押されて私は「はい」と小さく呟いて返事をした。
 トイレになんか入ったらしゃぶるだけで済むわけはないとは判ってるけど、しゃぶらせてもらえると思ったらもう我慢なんかできない。
 勇二さんは、私の手を取ってを公園のトイレに連れ込むと、個室のドアを開けて中に入った。
 すぐに勇二さんはズボンを降ろすと、目の前の便器に座った。
 私は勇二さんの前に立って、前屈みになると舌を勇二さんの腰に近づけた。
 すっかり大きくて逞しい形を見て私は思わず息を飲んだ。
 何度見てもその凄い色と形は感激して涙がでちゃいそう。
 舌先をまず先端に絡ませて嘗め回すと勇二さんはすぐに大きさを増した。
 勇二さんの男の香りが鼻をついて目眩がしそうなほどの気分。
 すぐに喉の奥まで勇二さんを飲み込むと私は嬉しくてたまらなくない。
 勇二さんが私の両手を掴んで私の身体を引き寄せると、喉の奥まで届いてきて息が苦しい。
 急にドアが開いて誰かが個室に入ってきたので私はびっくりした。。
 私が勇二さんから身体を離そうとすると、勇二さんは私の両手をしっかりと押さえて引きつけて離さない。
 私のスカートが後ろからめくり上げられると、舌の感触が直に触れてきた。
 ねっとりとした唾を含ませた舌がこすり上げるように動くと私は足が震えてきた。
 舌を巧みに使いながら、両手で私の胸を下から持ち上げて揺すられると私はもうとても立っていられない。
 今すぐ入れてもらったらどんなにいいだろうと思った瞬間に、思いがけないくらいの素早さでいきなり奥まで押し込んできた。
 昨日勇二さんに責められたアナルの方に入れられて私はびっくりしたけど、気持ちいいので我慢した。
 腰の動きが繰り返されて私の身体は前と後ろから串刺しにでもされた感じ。
 後ろから胃袋に届くくらいまで奥に押し込まれて、勇二さんが喉の奥までぶち込まれて、二人の熱い鉄柱が私の胃袋の中でぶつかり合ってるような凄い感触。
 こんな凄いの経験したら、もう吉本の巨根なんていくら大きくても子供のお遊びみたいなもの。
 もう私の身体は普通のお遊びなんかじ感じないのよと思うと自分が偉くなったような気がして嬉しくてたまらない。
 後ろの男が急に身体を放すと一端ドアの外にでてまたすぐ入ってきた。
 何度も外にでては戻ってくるのを繰り返すので私はなんでだろうと不思議な気がした。
 勇二さんが最後に私の喉の奥に欲望を吐き出してくれると、私は嬉しくてたまらない。
 丁寧に先を嘗めてきれいにすると、勇二さんも満足そうに立ち上がった。
 勇二さんの後からトイレを出ると、公園の外にはタクシーが何台も止まってる。
 さっきは勇二さんのタクシーが一台だけだったけど、他にも同じ車がある。
 タクシーの運転手はみな勇二さんの知り合いらしい。
 勇二さんは他の運転手からお金を集めると、半分を私に渡してくれた。
 さっきトイレで男の人が何度も出入りして他のはこうゆうことだったと気が付いて私はあっけにとられた。
 公園で勇二さんと別れて家に戻ったけど、さっきの出来事が夢のよう。
 お風呂場の掃除の続きを始めたけど、何をしてるのか上の空で何回お風呂を洗ったのか覚えてない。
 夕方になって旦那が起きてきたので夕食の支度に取りかかった。
 冷蔵庫を開けてみると、残り物しかない。
 適当に間に合わせて旦那に出すと、旦那は文句も言わずに黙って食べてるだけ。
 食べ終わって部屋に戻ろうとしたとき、私は旦那のパジャマのズボンの前が大きく膨らんでるのに気が付いた。
 さっきのドリンク剤まだきいてるらしい。
 私はもしかしてと思って、旦那に近寄ってズボンの前に手の平を近づけた。
 旦那は慌てて身体を背けると、逃げるようにして部屋に戻ってしまった。
 台所で後かたづけをしていると旦那の部屋の様子が何だか変だ。
 こっそりとドアの隙間から様子を伺ってみると、旦那のパソコンの画面に映ってるのはアダルトビデオ。
 旦那の頭につけたヘッドホンからは女の喘ぎ声が聞こえてくる。
 私はなんとも情けない気分で泣きたいくらい。
 とても家になんかいられなくて、買い物に行こうと外に出た。
 いますぐまた勇二さんに会いたい。
 だけど呼んでも来てなんかくれるわけない。
 そうだ、また出会い系サイトで男に会ってそのあと、ラブホテルから勇二さんに電話すればいいと私は思いついた。
 これなら絶対勇二さんに会えると思うともう矢も盾もたまらない。
 昨日の出会い系サイトに別の名前で書き込みをすると、ホテルの前で男を待った。
 変な男だったら逃げだそうと思って、電信柱の陰でまってると40台過ぎくらいの男がこちらに来る。
 歩きながらケータイを確かめてるのでやっぱり出会い系サイトを見てるらしい。
 試しに「今ラブホテルの前です」と書き込みをしてると、男からすぐ返事が来た。
 見た感じはいやらしい事が大好きそうな中年の変態男だけど、昨日の男みたいな感じじゃない。
 私は電信柱の陰から歩み出ると、男の居る方向へと歩いた。
 男が私に気が付いて近寄ってくると、確かめなきゃいけない事があるととっさに思いついた。
 私も男に近寄ると、左手を男の股間に押し当てて男の大きさを確かめた。
 私の手のひらのしたで、蛇が首を持ち上げるようにいきなり男がむくりと大きくなるのを確かめて私は安心した。
 男は私の背中に手を回して引きつけると、いきなり口を吸ってきた。
 むっとする口の臭いに私は顔を背けそうになったけど、舌がすぐ入ってきてもう逃げられない。
 胸を揉まれると、もうとても立っていられない。
 身体が倒れそうになると男は我慢しきれない様子で、ラブホテルの玄関前まで私をひっぱり込んだ。
 ラブホテルの入り口のドアの前で男はベルトをゆるめると、ズボンの前を広げた。
 逞しく反り返った鉄柱は、立派すぎるくらいにしっかりとそそり立ってる。
 私はすぐに男の前にしゃがみ込むと、舌を絡ませて男の欲望を口に含んだ。
 すぐ後ろを誰か通りかかる足音が聞こえたけど、後ろからじゃ顔が見えないから気にしない。
 男は私を立たせると満足そうな顔で先にラブホテルの玄関前まで進むと振り返りながら「いやなら帰っていいんだよ」と呟いた。
 もちろん帰れる訳がないのは分かり切った話。
 男の後から部屋に入ると、昨日来たこのラブホテル部屋ごとに趣向をこらしてある。
 今度の部屋もプレー用の道具がいろいろと置いてあり、ベッドの横は一面鏡になってる。
 男が服を脱いでベッドに大の字で寝転がった。
 ベッドの周囲の大きな鏡には男の姿が幾重にも重なって映った。
 もちろん男がこの格好でベッドに寝た時は、デリヘル女が何をしたらいいのかちゃんと私にも判ってる。
 私は男に見えるようにして服を脱いで裸になるとまずは男の股の間にしゃがみ込んだ。
 目を上げて男の顔を見ると、ちょうど男の頭の裏手の鏡にも私の顔が映ってる。
 フェラチオしてる自分の顔ってなんだか間が抜けてて笑いたく成っちゃうくらい。
 しばらく口を使って、そろそろと思った時男が身体を起こした。
 両手を私の脇腹に差し込むと、巧みに身体を入れ替えて今度は私が寝かされた。
 男の舌先が私の胸を這い回り始めると私は気持ちが悪くて虫ずが走る。
 べっとりと私の胸に男の唾が塗りたくられると、乳首を軽く噛みながら吸い込んでしゃぶられた。
 しばらくされるままに成ってたけど、胸を嘗められたりしゃぶらたりするのは結構気持ちいい。
 お母さんが恋しくて胸を吸うのかもしれないと思うと、男が無性に可愛く思えた。
 男がまた姿勢を変えて私の片足を高く持ち上げて、足の指を嘗め始めた。
 アダルトビデオで見たことがあるけど、本当に自分がやられるなんて思っても見なかった。
 くすぐったくて笑い出しそうになったけど、男はまじめな顔で一生懸命足の指の間に舌先をいれてる。
 男の人にこんなにまでして可愛がってもらえるなんて、女に生まれて本当に得をしたと心底思えてきた。
 私の顔をちらちらと見ながら感じてる加減を確かめると、男の舌先が一番感じる所をとらえてきた。
 くすぐったくてもうたまんなくて笑い出しそうになって身体を捩ると、男はすっかり得意顔で舌先を別の場所に移した。
 まるで感じるところを探すゲームでもしてるように男の舌が動き続けると私は次第に喉が詰まったように息が苦しくなってきた。
 私が喘ぎ声をこらえきれずに何度も顔をしかめると男は今度は私をうつぶせの姿勢にした。
 背中をたっぷりと嘗めたあとべっとりした舌先がお尻を這い回り始めたがすぐに舌の動きが止まった。
 男の手が何度か、私のお尻をぴしゃりと叩いたけどそれっきり何もせずにじっとしてるだけ。
 なんだろうと思って身体を半分起こして男を見ると男はじっと私のお尻を見てる。
 私のお尻になにか付いてるのかと思ったけど違うみたい。
 私と目が合うと男は「お尻を叩かれるのが好きなのか」と少し口元を歪めて言った。
 なんでそんなことを聞くのか判らないけど一応「ええまあ」と適当にごまかした。
 男は何度か頷いた後に私を立たせると、バスルームに連れて行った。
 ドアを開けて見るとバスルームとはいっても、中はSMの調教部屋になってる。
 正面の鏡の前に立たされて鏡に映った自分のお尻を見ると、紫色に縞模様がついてる。
 マジックで塗ってあるのかと思って、誰にイタズラされたのか思い出そうとしたけど見当も付かない。
「お尻を叩かれると、あざが残るんだ。紫色にな。知らなかったのか」と男に言われて私はやっと気が付いた。
 昨日このラブホテルで浣腸されてお尻を叩かれたときにできたあざらしい。
「お尻を叩かれるのが好きなんだろう、それだけじゃないだろう」と男が言うとまた私のお尻をぴしゃりと手のひらで軽く叩いた。
 私は急に昨日の体験が身体によみがえってきて、足元が震えてきた。
 また昨日みたいにされたら、どうしよう。
 我慢した後に一気に奔流の噴出するあの凄い感触はとても忘れられない。
 私は「はい」と返事をする以外にどう答えて良いのか思いつく言葉がなかった。
 男は私の両手を天井からつり下げられた鎖につないで釣り上げた。
 私が黙ってされるままになっていると、すぐに浣腸器が後ろから入れられてきた。
 生ぬるい感触がぐにゃぐにゃとお腹の中をいっぱいにすると、私は出そうになるのをこらえてお尻をきゅっとすぼめた。
 小さめのバイブを前から押し込まれると、もう足が震えて動けない。
 男が鞭を取り出すと「このドスケベのドヘンタイ女」と怒鳴りながら私のお尻を打ち付けてきた。
 鋭い痛みが繰り返し私を震え上がらせた。
 私が我慢できなくて、下のトイレに出してしまうと今度は後ろから男が腰を押しつけながら入れてきた。
 バイブも同時に入れられちゃって気持ちよくて死んじゃいそう。
 この時間が永久に続けばいいと思っていると、男はたっぷり楽しんだ後に身体を放した。
「まだ遊び足りないだろう」と男に言われて私は「はい」と甘えた声で返事をした。
 こんどはどんな凄い遊びをするんだろうと思って男に振り返ると、他の場所に移るらしい。
 今度はどこに連れて行かれるのかどきどきしちゃってもう待ちきれない。
 床に散らばった服をかき集めると男が服を着せてくれたけど、バイブは入れたまま外すなと命じられた。
 ラブホテルの裏口から人の通らない裏手の路地を通り抜けると、駅前のビルの裏口に出た。
 さっきのラブホテルは駅前からはずっと遠くにあると思ってたけど、裏口から抜けるとすぐ駅前のビルのケンタッキーの裏側に出るらしい。
 ケッタッキーのすぐ手前の急な階段を上がると、非常ドアを開けて小さな部屋に入った。
 男の人が4、5人座っていて中央に麻雀台が置いてある。
 そう言えばケンタッキーの少し先の薬屋の二階に雀荘があったのを思い出した。
 部屋には伝票や掃除道具が置いてあるところを見ると、雀荘の控え室らしい。
 部屋の隅にはパソコンも置いてあり、これで出会い系サイトの書き込みを見てたらしいと気が付いた。
 壁際のテーブルに小さな窓があって、その向こうには麻雀をしている客の姿がたくさん見えた。
 やっぱりここが雀荘の控え室なのは間違いなさそう。
 もしかして私の知ってる近所の旦那さんが居るかもしれないと思うと寒気がした。
 こんなところで大声なんか出せないし、客になんか見つかったら何を言われるか判らない。
 男の一人が窓をカーテンで塞いだが、薄い生地のカーテンを通して客のいる明るい雀荘の様子ははっきりと見える。
 いったいこんな所で何をするつもりなんだろう、逃げ出したい気分だけどどっから逃げたら良いのか判らない。
「借りはこの女で返すから」と私を連れてきた男が、麻雀をしてる男達に低い声でささやいた。
 その言葉を合図に男達は麻雀テーブルをそっくりそのまま持ち上げて、手際よく横に置いた。
 後ろから背中を押されて私が麻雀のテーブルに手を着くと、男達は手際よく私を麻雀のテーブルに俯せに寝かせて手足を麻雀のテーブルに縛り付けた。
 バイブのスイッチを誰かが入れたらしく、気味悪い音を立てて痺れるような感触が子宮に広がった。
 最初の男がすぐに後ろから入ってきて奥まで入れた。
 男の激しい腰の動きに思わず大声を出しそうになった。
 苦しくて顔をあげると目の前には窓越しに客の後ろ姿が目に入った。
 大きな声で「そのスーピン、ロン、三色ドラ三」という声が聞こえてきた。
 どっかで聞いた声だとおもったら、薄いカーテン越しに旦那が麻雀してるのが見えた。
 麻雀の相手は、大学の時の友達らしくて顔に見覚えがある。
 ドリンク剤を飲んで旦那が元気になったけど、まさか麻雀するなんてとても考つかない。
 いつの間に旦那がここに来たんだろうと思ったけどもう遅い。
 急に心臓が止まりそうになって目の前が真っ暗になったけど逃げられるわけ無い。
 別の男に強くまた押し込まれて胃袋が押し上げられて吐きそうになった。
 息を飲み込むようにして声を噛みしめたけど、涙がこみ上げてくるのは止められない。
 順番に男達が済むと私を横のソファーに寝かせて、また麻雀の続きを始めた。
 私は息が苦しくて目眩がしてしばらく起きあがることが出来なかった。
 男達は私が寝ているのを気にしている様子もなく、平気な顔で麻雀を続けてる。
 なんとか起きあがろうとした時に、急に私の携帯が鳴った。
 ランジェリーパブの受付からで、私の指名がはいってるからすぐ来るようにとの連絡。
 慌てて日付を思い出してみると、今日はランジェリーパブのバイトの日。
 すっかり忘れてたけど、行かないと給料が引かれるし、他の女の子に迷惑もかかるから頑張って行くしかない。
 慌てて服を直して、電車に乗ると空いてる席を見つけて座りながらお化粧を直した。


13.SMプレー<< ページトップ >>15.ランジェリーパブ

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音