長編官能小説 人妻不倫レズSM調教

by七度柚希

目次

1.セーラー服でお仕置き

2.奴隷契約書

3.強制女装レイプ

4.人妻逆ナンパ

5.人妻強制レズ調教

6.人妻監禁調教

7.人妻デリヘル

8.生フェラ

9.ラブホテル

10.陵辱

11.露出

12.レズビアン

13.SMプレー

14.調教

15.ランジェリーパブ

16.ハプニングバー

17.裏ビデオ撮影

18.生フェラ輪姦

19.人妻売春

20.デリヘル女

9.ラブホテル

 大通りにでて少し歩くと、ラブホテルの入り口から受付に入った。
 夕方で混んでるらしくて、すぐには部屋に入れない。
 受付の横の待合室に入ろうとすると、急に女性の甲高い叫び声が聞こえた。
 変だと思って待合室に男と入ってみると、並んだソファーの奥に大きなテレビが置いてある。
 声はそのテレビかららしくて、テレビ画面に写ってるのは裏ビデオらしい。
 ソファーに座ると、男の手がすぐ私のスカートの下に入ってきた。
 腿の内側を指先で撫でるのは、遊び慣れてる男なら誰でもすることらしい。
 急に私の耳のすぐ後ろで呻くように息を吐き出す女の声が聞こえて私ははっとした。
 後ろを振り返って見ると「あら有希ちゃんまた一緒ね」と目の前に女子高生の顔が見えた。
 髪を頭の後ろで結って、つけまつげとアイシャドーの濃い顔は見覚えがある。
 吉本にレイプされた後に、ラブホテルを出る時に出会った女子高生だ。
 なんで私の名前を知ってるんだろうと思ったけど、考えてもすぐにはわからない。
「おい美世、またこんなところで遊んでるのか」と私と一緒の男が女子高生に声をかけた。
「なんだ先生」と美世と呼ばれた女子高生が元気な声で返事をした。
 この二人知り合いらしい。
 美世ちゃんのすぐ横には背の低い男がいっしょに座っていて、美世ちゃんのスカートの下に手を入れてる。
 どう見ても彼氏なんかじゃないのはすぐ判る。
 この美世ちゃんは昨日も男と一緒だったって言ってた。
 まだ女子高生らしいけどデリヘルでバイトしてるのは間違いなさそう。
 男が「またいつもの遊びか」と意地悪そうな口調で言うと「先生こそ、有希ちゃんとこれから遊ぶんでしょう」と美世ちゃんが男に言い返した。
 いつもの遊びって何だろうと私がふと思った瞬間に、美世ちゃんが手を伸ばすといきなり顔を近づけてきた。
 なんのつもりかしらと思って顔を背けようとすると、美世ちゃんが私の頭の後ろに手を回して逃がさない。
 美世ちゃんの唇が私の唇に押しつけられ来た。
 思わず声を出しそうになると、美世ちゃんの舌がすぐに私の舌に触れてきた。
 その瞬間に私はびっくりして腰が抜けそうになった。
 美世ちゃんの舌は、生フェラしたすぐ後に味わうあの男性の香りがする。
 舌先が火傷しそうな男の香りに私が思わず舌先を奥に引っ込めると、美世ちゃんの舌は私の舌の付け根の裏側をなめ回してきた。
 私の舌の奥を探りながら嘗め上げるテクニックは上手すぎて目が眩んだ。
 思わず喉の奥からうめき声を上げると、美世ちゃんの舌先はさらに巧みな動きを続けてくる。
 なんでこんな事になるのか訳がわからないけど、気持ちのいいのは仕方ない。
 美世ちゃんの舌の動きにあわせて、スカートの下で男の指先が私の花園をなぞり始めた。
 もうどうにでもしてって気持ちで、されるままになっていると受付の女性が「お待ちのお客様」と声をかけてきた。
 部屋が空いたらし。
「はい」と美世ちゃんが元気な声で返事をすると、立ち上がってテレビの前まで行き、ビデオのテープを取りだした。
 ケースに入れて棚に戻すときちょうどビデオの題名が目に入った。
「現役女子高生美世」と手書きのシールが貼ってあるのが見えて私はまたびっくりした。
 たった今テレビに映っていたのはこの美世ちゃんの裏ビデオだったらしい。
 そう言えば、裏ビデオに映っている女の子を呼べるデリヘルがあるとか聞いたことがあるけど、このホテルでもやってるらしい。
 他にも女子高生の裏ビデオがいっぱい置いてある。
 それで美世ちゃんも私を見て、同じデリヘル女だと思いこんだみたい。
 受付の女性の声が聞こえて私の横に座っていた男が立ち上がった。
 私たちの順番の部屋も空いたらしい。
 美世ちゃんが男と先にエレベータに乗り込むと、私も男とあとからエレベータに乗った。
 エレベータのドアが閉まると、美世ちゃんは私の方に向き直り「有希ちゃんエレベータ大好きよね」と言っていきなり抱きついて唇を重ねてきた。
 美世ちゃんの舌はさっきと同じに男の香りが残ってる。
 私が舌を絡ませると、美世ちゃんの唾が口の中に広がった。
 美世ちゃんの両手がすぐに私の背中に回って撫で回してきた。
 男の手とは違う柔らかな感触の指先がくすぐるように軽く触れながら私の背中を撫で回して来る。
 私もたまらずに美世ちゃんに抱きついて、背中から脇腹にかけて女の子の感じる所をくすぐって返した。
 後ろから男の手が私の体を抱きかかえるようにして、胸とお尻に触れてきた。
 美世ちゃんの体にも後ろから男の手が絡みついて、撫で回し始めた。
 美世ちゃんがさっき「エレベータが大好きよね」と言ったのはこの事らしい。
 エレベータは一番上の階で止まると、そのままドアが開かずに動かなくなった。
 男がスイッチをいじって止めたらしい。
 急に男の手が私の腰を後ろに一杯に引きつけた。
 美世ちゃんが私の上半身を離さないので私は前屈みになった。
 男の手が私の花園の濡れ具合を確かめると、いきなり立ったまま後ろから突き上げてきた。
 びっくりして死んじゃいそうになったけど、狭いエレベータの中では逃げようもない。
 吹き上げる泉のように、繰り返す力強い動きに私はもうとても立っていられない。
 膝から崩れ落ちそうになるのを思い切り突き上げられて、奥まで届いてきちゃってもうとてもだめ。
 私の上半身に抱きついていた美世ちゃんの体が急に震え出すと、美世ちゃんの口から叫ぶような喘ぎ声が響いた。
 狭いエレベータの中では、美世ちゃんの声は外に聞こえるくらい大きく響く。
 男の腰の動きにあわせて、しゃくり上げる様に泣き続ける美世ちゃんはさっき見た裏ビデオそっくり。
 さっきの裏ビデオはこのエレベータの中で撮影したらしい。
 美世ちゃんが大声を上げてエレベータの中で泣き出した時、急にエレベータのドアが開いた。
 誰かがドアの前で待っているかもしれないと、はっとしてドアの開いた先を見たけど廊下の先には誰もいない。
 エレベータを出て廊下を少し進むと、先に歩いていた美世ちゃんが振り向いて指をひねる合図をした。
 私の後ろから歩いていた男が私のお尻を押して美世ちゃんの横を通り過ぎようとした時、すぐ横で急に部屋のドアが開いた。
 私は手を引っ張られて部屋に引きずり込まれたけど相手の男はさっきまで美世ちゃんの相手をしていた男。
 さっき美世ちゃんが合図をしたのは、相手の男を交換するって事だったらしい。
 背中を押されてラブホテルの部屋に入ると、私は自分からベッドに歩み寄った。
 男がすぐに後ろから押し倒して来るとばかり思って身構えると、冷蔵庫の扉の開く音がした。
 振り返って見ると男が冷蔵庫からビールをだして、ソファーに座ってる。
 私はがっかりして、仕方なく男の側に座った。
 ソファーの目の前には大きなテレビが置いてある。
 男がビデオのスイッチを入れると、さっきのエレベータの中がテレビの画面に映った。
 隠しカメラがさっきのエレベータの天井に仕掛けてあったらしい。
 男がリモコンを操作すると、さっきの待合室やトイレの中らしい場所も次々と画面に映った。
 このラブホテルあちこちに隠しカメラがあって、客室から覗き見できるようになってるらしい。
 男はビールのコップをテーブルに置くと、テレビの横の棚を開けた。
 中には、ビデオのカセットがいろいとろ並べて入れてある。
 男が手を伸ばして取りだしたのは、さっき美世ちゃんが映っていた裏ビデオらしい。
 他にもどんなビデオがあるのかしらと思ってビデオの題名を確かめると「人妻調教」と手書きのタイトルが目に入った。
 昨日の夜吉本に乱暴されたときに一緒に見たビデオもたしか同じ「人妻調教」になっていた。
 もしかして、このビデオ同じビデオかもしれない。
 ここの裏ビデオに映っている女の子はデリヘルでこのラブホテルの部屋まで呼べる仕組みになってるはず。
 だとすると、順子さんもこのラブホテルでデリヘルのバイトをしている事になる。
 どうなってるんだろうと思って私はビデオの棚に手を伸ばした。
 ビデオのカセットに指が触れたちょうどその時、男の手が横から急に伸びで私が掴もうとしたビデオを横取りした。
 ビデオデッキに差し込んで再生が始まると、やっぱり順子さんがゴードンにSMクラブでレイプされた時のビデオだ。
 私はなんとかして、ビデオを止めようと思ったけど、男の手からリモコンを取り上げるなんてできそうにない。
 男はまたビールを飲みながら、ゴードンの巨根を面白そうに眺めている。
 順子さんが泣き叫ぶ声が部屋に響くと私は耳を塞ぎたくなった。
 画面が急に変わると、巨根が大写しになった。
 だけどゴードンの巨根とは先端の曲がり具合が違う。
 すぐに「お願いしゃぶらせて」と思い切り大きな声で叫ぶ女の声が聞こえた。
 甲高い声は順子さんの声とは違うみたい。
 巨根に舌が絡まる画面を見て私はびっくりした。
 大きなテレビに映っているのは私の顔。
 それも昨日の夜、私が吉本の巨根にフェラチオしてる所が大写しで映ってる。
 いったいなにがどうなってるのか判らない。
 順子さんの裏ビデオの上に昨日の私が吉本にフェラチオしてる画像が途中から上書きされちゃったしか考えられない。
 そう言えばこの部屋よくよく見るとベッドの柱に見覚えがある。
 よくよく思い出してみるとこの部屋は、昨夜私が吉本に乱暴された部屋らしい。
 よくは覚えてないけど吉本はビデオカメラみたいな物を持っていたような気もする。
 私をレイプするときに、その場面を全部ビデオで撮影していたのに違いない。
 だけどその肝心のビデオをこのラブホテルの部屋に置き忘れるなんて間の抜けた話し。
 順子さんが吉本に愛想を尽かして出て行ったのも判る気がしてきた。
 舌先がくちゃくちゃ音を立てて、吉本の巨根に絡みつく音がスピーカから響くと私は恥ずかしくて体が熱くなった。
 吉本の巨根を目の前にしたら、女だったら誰だってしゃぶりたくなるのはしょうがない。
 私が悪いことしてるわけじゃないと思っても目の前でビデオを見せられたらやっぱり恥ずかしくてたまんない。
 下を向いて目をビデオの画面から離しても、ぴちゃぴちゃとフェラチオを続ける舌先の音が耳に届いてくる。
 耳を塞ぎたたくても、ビデオでフェラチオしてる女が私だと男に気づかれたら困ったことになるだけ。
 男はそのまましばらくビデオの画面を見てから急に私の方に向き直った。
 ビデオに映っている女が私だと男も気が付いたらしい。
「商売がうまいじゃないか、このビデオで生フェラしてるのお前だろう」
「ついでにこのビデオも売りつける気なんだろう」と男いじわるそうに私に声をかけてきた。
 こんな男にうっかり私のビデオを持っていかれてはたまらない。
「お客さん、このビデオ高いんですよ、50万払わないと買えないんですよ」と私がとっさに言うと男は「そんな金有るわけ内だろう。お前がこのビデオ50万で買えって言われたんだろう。金が払えないなら、身体で払えっておどされてるんだろう、デリヘル女はそんなのがおおいからな」と言い返してきた。
 この男デリヘルの常連らしくて、裏の事情もいろいろ知ってる様子。
「デリヘルは一度やったらもう止められないから。一度でも身体を売ったらあとはもう何度でも、身体を売るのが止められなくなるんだ。お前も、男漁るのがもう止められないんだろう」と男に言われて私は本心を言い当てられた気がして身震いした。
 美絵子さんの書いた小説の原稿にもナンパされた女子大生が裏ビデオを撮られて脅されてデリヘルで働く話があった。
 最初読んだ時はそんなことも有るはずないし、美絵子さんが世間知らずのお嬢さんだから勝手に想像して書いたんだと思ってたけどそうでも無かったみたい。
 美絵子さん自身が裏ビデオで脅された実体験をもとに小説に書いてたらしい。
 きっとさっきまで一緒だった美世ちゃんも裏ビデオを撮られて、脅されてデリヘルが止められないみたい。
 一度体を買われたらもう止められなくなるのが女の体という男の言葉はやっぱり本当の話に違いない。
 なんとかこの裏ビデオを取り戻さないと、今度は私が大変なことになる。
 だけど吉本が昨日私が生フェラしてるのを撮影したこのビデオ、昨夜撮影したあと置き忘れたままホテルの部屋から持ち出していない様子。
「お前もこのビデオで脅されてるんだろう、遊んだつもりが大変な目にあったもんだな」と男は念を押すような口調で探りを入れてきた。
 この男は自身ありげな態度だけど私が昨夜吉本にレイプされた事までは男は知らないみたいだ。
 これならなんとかなると思ったけど、いい考えは浮かばない。
「金がいるんだろう、だったらもっと金になる仕事を紹介してやるぜ」と男がまた言った。
 もっとお金になる仕事ってなんのことなんだろう。
 デリヘルなんかよりはもっと凄いことだろうとは何となく判るけど本気で言ってるんだろうか。
 どう答えていいのか判らずに私が黙っていると、ビデオの声がまた大きく部屋に響いてきた。
 私が吉本の巨根に貫かれて泣きじゃくってる場面が目に入って、急に私の子宮の奥から炎が燃え上がった。
 あの吉本の信じられないくらいの力強い感触が私の子宮によみがえると息ができないくらいに胸が苦しくて気絶しちゃいそう。
 吉本に汚された体を忘れるには、たった今この男にあの吉本にされたよりもっと酷く陵辱されるしか方法はない。
 もうとても我慢しきれなくて私は男の背中に横からしがみつくと「お願い、はやくして」と半分泣きながら体を押しつけて頼んだ。

8.生フェラ<< ページトップ >>10.陵辱

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音