長編官能小説 人妻不倫レズSM調教

by七度柚希

目次

1.セーラー服でお仕置き

2.奴隷契約書

3.強制女装レイプ

4.人妻逆ナンパ

5.人妻強制レズ調教

6.人妻監禁調教

7.人妻デリヘル

8.生フェラ

9.ラブホテル

10.陵辱

11.露出

12.レズビアン

13.SMプレー

14.調教

15.ランジェリーパブ

16.ハプニングバー

17.裏ビデオ撮影

18.生フェラ輪姦

19.人妻売春

20.デリヘル女

12.レズビアン

 公園を出た後もどこに行けばいいのかすぐには思いつかなかった。
 すこし先まで行くと見慣れたコンビニがあるのが見えた。
 角を曲がれば中沢君のアパートがすぐそこだ。
 私は中沢君のアパートに行って見ようと思いついた。
 中沢君ならきっと私の身体をたぷり可愛がってくれて満足させてくれるに違いない。
 もしかしてまだ中沢君は仕事から帰ってきていないかもしれないけど、居なければ居ないでどうするかはその時考えればいい。
 いつもの裏道を通って中沢君のアパートに行くと、夜遅くなのに電気がついてる。
 部屋のドアを開けてみると鍵がかかってなくてそのまま開いた。
 すぐ奧に布団が敷いてあって、中沢君が布団を被って寝てるのが見えた。
 きっと徹夜明けの朝帰りで、こんな遅くまでまだ寝てるに違いない。
 すぐ側まで行って確かめると、布団がかすかに上下に揺れて中沢君の息音も聞こえた。
 押入の戸が空いたままになっていて、ノートパソコンが置いてあるのが見えた。
 パソコンの机はちゃんと有るはずなのに押入に別のパソコンが置いてあるのは何だか変な気がした。
 押入の中をあけて確かめると、前に見たときと同じにビデオのケースがたくさんある。
 ビデオの題名をよくよく確かめると、さっきラブホテルに置いてあった裏ビデオと同じ文字。
 もしやと思って探してみると、さっきラブホテルで一緒だった美世ちゃんの裏ビデオもちゃんと置いてある。
 中沢君があのラブホテルで売ってる裏ビデオをたくさんもってるってことは、中沢君があのラブホテルでデリヘル女を呼んでる常連客だってことだ。
 中沢君たら私がというものがいながら、女子高生のデリヘル女なんか買うなんて本当に腹が立つ。
 おまけにあの美世ちゃんまで相手にしたなんてとんでもない話。
 ノートパソコンの画面を確かめて見ると、やっぱりデリヘルの店のページになってる。
 これからデリヘル女を呼ぶつもりだったらしい。
 店の女の子の一覧を開けてみると、それらしい女子高生や人妻の写真がいっぱいでてきた。
 それにフェラチオしてる女子高生の動画も表示された。
 女子高生に生フェラさせてるのを携帯で撮影してそのまま載せてるらしい。
 だけど何だか変。
 ついさっき公園で生フェラしてた女子高生と同じ顔だ。
 さっきのナンパ男がファーストフード店で女子高生に生フェラさせながら携帯で撮影した動画をこのサイトに載せてたらしい。
 それを中沢君がこのパソコンでずっと見てたって事。
 もしかして私がさっきファーストフードの店で生フェラしてたのもこの中沢君がこのデリヘルのホームページで見てたのかもしれない。
 他にも探してみると、さっきの公園でブランコに縛り付けれてる女子高生を遠くから隠し撮りしたらしいビデオも画面に表示されてる。
 あの公園の周りにはビルがいっぱいあるので、望遠のビデオカメラで遠くから隠し撮りしてるらしい。
 デリヘルのホームページにこんなビデオまで載ってるなんてやっぱり変だ。
 いったいどうなってるんだろう。
 中沢君はただ面白くてホームページに載ってるビデオを見てただけなんだろうか、それとも中沢君がビデオ撮影の手伝いをしてるいるんだろうか。
 もしかして隠し撮りをしたビデオをここで中沢君が裏ビデオに焼いてるのかもしれない。
 そう考えるとこの間中沢君の持ってたビデオカメラに希美大学の同級生の生フェラビデオが映ってたのも納得できる。
 こうなったら中沢君をたたき起こしてとっちめてやろうと布団に手をかけた。
 思い切って中沢君の布団をめくろうとしたとき、私は布団の形が変なのに気が付いた。
 ちょうど中沢君のお腹の下のところが大きく張り出してる。
 指先で軽く触れてみると、中沢君が寝返りをうって腰が上向きになった。
 まるで富士山のように大きく盛り上がってる物は、間違いなくあれ。
 仕事で疲れてはいても、やっぱり若い中沢君の事あれはもう元気いっぱいだ。
 こうなったら中沢君をとっちめるのはひとまず後にして、中沢君の元気な体を楽しむのが先。
 とりあえずラブホテルから持ち出してきたビデオを押入の奥に隠すと、中沢君の逞しくなった男性自身からもう目が離せない。
 私は胸がわくわくして踊り出しそうになる気持ちを抑えながらセーラー服を脱いだ。
 ブラジャーも外して、パンティーも脱いで丸裸になると、私は布団の下にこっそり体を滑り込ませた。
 中沢君の身体を探ると裸の汗ばんだ肌が指先に直に触れてきた。
 男の堅く張りつめた肌の感触は女にはとても我慢できない。
 私が身体をすり寄せて肌が触れ合った会った瞬間に、急に驚いたように中沢君が布団をはねのけた。
「なんだお前は」と大きな声が部屋に響いたが中沢君の声じゃないとすぐ分かった。
 いったい誰なのよと思って男の顔を確かめると、昨日酷い目に遭わされたあの吉本だ。
 そう言えば中沢君、時々吉本が仕事が徹夜で夜遅くなった時なんかによく泊まりに来ると言ってた事があった。
 昨夜私をラブホテルでレイプした後、吉本は家にもどらずにこの中沢君の部屋に泊まったらしい。
 寝ぼけた目で吉本しばらく私を見つめてたけど、これは大変だと私はすぐに気が付いた。
 裸のままでは逃げ出せない、慌ててセーラー服を手で掴んだけど吉本もすぐ私が全裸だと気が付いたらしい。
 いきなり吉本が両手を伸ばして私の身体に抱きつくとそのまま、いっしょに布団の上に倒れ込んだ。
 吉本は勢いに乗って上からのしかかり身体をくねらせながらこすりつけると、胸をぎゅっとつかんでで押し回して来た。
 吉本の身体の重さで、私はもう身動きもできずに息が苦しくて死んじゃいそう。
 すぐに唇も奪われると、吉本の舌が私の口の中に入ってきた。
 舌の根元を吉本の舌先がまさぐりながら、思い切り強く口を吸われるともう目眩がして失神しちゃいそう。
 吉本が唾を私の口に流し込んで来るともう、私の頭の中は真っ白になった。
 吉本が私の股の間に腰を割り込ませると、私の花園に熱い鉄柱を押しつけてきた。
 昨日のあの吉本の逞しい感触が私の身体によみがえって来て私は思わず身体を仰け反らせた。
 私はもうとてもたまらずに吉本に抱きつくと両手で吉本の背中を引きつけた。
 吉本はわざと私を突き返すと私の膝の下に手を差し入れて私の膝が肩に着くまで押さえ込んだ。
 恥ずかしくて死んじゃいそうな姿勢だけど、すぐにでも入れてもらえると思って嬉しくて身体が震えてきた。
 すると吉本は身体を起こして座り直すと、私の膝をしっかり押さえたまま顔を花園に近づけた。
 吉本が私の膝の内側を押さえる両手に力を込めると私の花園は吉本の顔の真ん前にまで持ち上がった。
 恥ずかしくて体中が熱くて燃え上がって震え出すと、吉本は半分笑いながら舌先を唇の間からつきだした。
 吉本が口で吸いながら舌先を花園の奥まで差し入れるたびにじゅるじゅると溢れ出た愛液が音を立てた。
 私はもう吉本の凄いのを早く奥まで入れてもらいたくて涙が出てきちゃう。
 吉本が身体を起こして私の上にのしかかってくると私は嬉しくて胸がはち切れて壊れそう。
 熱くて焼き付くような感触が私の花園を押し広げようとしたとき、急にドアの開く音がした。
 なんとも間が悪い。
 ちょうど中沢君が仕事から帰ってきたらしい。
 吉本が顔を上げてドアの方を見ると「お前がいつも遊んでる女ってこいつか」と中沢君に声を掛けた。
「あ、そのデリヘル女、生フェラに立ちバックが大好きなんですよ」と中沢君が答えるの聞いて私はびっくりした。
 私は中沢君が私の事を大好きで私のことを可愛がってくれてたとばかり思ってたのに。
 愛してるからセックスもしたいんだと思ってたのに、中沢君たら私の事をただでやらせるデリヘル女と思ってただけなんだ。
 私は自分では中沢君と付き合ってるんだと思いこんでたのに、あんまり情けなくて涙がでてきた。
 中沢君が部屋に入るとそのすぐ後にまたドアの開く音がした。
 吉本に上からのしかかられたままの姿勢で横目で確かめると中沢君と一緒に女が来たらしい。
 派手な化粧に真っ赤なミニスカートの女には見覚えがある顔。
 さっきファーストフード店で女子高生と一緒にいた女だ。
 女子高生はあのあと客の男と公園のベンチで生フェラしてた。
 て事はこの女はデリヘルの元締めかなんかをやってる違いない。
「おい百合恵、ちょうどよかったぜ」と中沢君が女の名前を呼ぶので私ははっとした。
 百合恵という名前、ついさっきラブホテルで一緒だった美世ちゃんが「百合恵には気をつけなよ」と言っていた名前だ。
 この女がその百合恵なら、こんな所を見つかったらとんでもない事になる。
「おい、やっちまおうぜ」と中沢君が言うと、押入の奥からビデオカメラを取りだして百合恵さんに渡すのが見えた。
 女子大の同窓会の後にナンパされてた京子ちゃんと早苗ちゃんもこのビデオカメラで撮影したはずだ。
 撮影したビデオはあとで中沢君が編集して裏ビデオにでも売り飛ばすに決まってる。
 それだけで済むわけがない
 裏ビデオをネタにデリヘルで働けと脅されるに違いない。
 いくら毎晩好きなだけ生フェラさせて貰えるからと言っても、デリヘルで働きたいなんて本気で思う女なんて居る訳はない。
 百合恵さんは受け取ったビデオカメラのスイッチを入れて私の顔の前で構えた。
 私が身体を捩って、吉本の手をどけようとしたけど吉本は身体毎私の上にのしかかってきて私の逃がさない。
「おい百合恵、そこのランプつけろ」と吉本が女に怒鳴った。
 吉本もこのデリヘル女とは知り合いらしい。
 そういえば、百合恵という名前にも聞いたことがある。
 ずっと前に芳恵さんが、巨根の男と付き合ってフェラチオ狂いにさせられて、デリヘルに売り飛ばされた先輩が居るって言ってた。
 その名前が百合恵さんだったはず。
 てことはこの百合恵さんをフェラチオ狂いにさせた男というのは、この吉本ってことだ。
 その上中沢君までがこの百合恵さんとグルだなんて事になれば、とんでもない話。
 なんとか逃げ出さないと大変なことになるとは思ったけどもうどうにもならない。
 百合恵さんはコンセントを差し込んで机の横のランプをつけると、ビデオカメラを持ったまま私のすぐ側に立った。
 中沢君は私の頭の上に立つと、私の足首をしっかり掴んで上下にゆっくりとゆすり始めた。
 吉本が身体の位置を直すともう一度私の上にのしかかり、少しずつ感触を楽しむように押し回しながら奧まで入ってきた。
 身体の芯に大きな杭を打ち込まれたみたいで私はもう逃げようがない。
 吉本の身体がゆっくりと上下に動き出すと私の体中に快楽の奔流が溢れだした。
 吉本の腰の動きに併せて中沢君が私の足首を引っ張り上げては広げる動作を繰り返し始めた。
 吉本に身体を捧げるような格好をさせられてもうどうにもならない。
 奥まで深く貫かれると、ぴったりとはまって吸い上げられるような感触が私を捕らえた。 私の身体が宙に舞いそうになったとき吉本が急に身体を離した。
 私の足を掴んでいた中沢君が、吉本と身体を入れ替えて今度は中沢君が私の上にのしかかってきた。
 中沢君が腰を使い始めると、今度は吉本が両手で私の足首を引っ張り上げては揺すり始めた。
 繰り返すリズムに私の身体は嵐の中の小舟のように舞い続けた。
 二人は頃合いを見計らっては交互に身体を入れ替えて私を責めてきた。
 やり慣れたこの手口、この二人今までに何人もの女をこうして生け贄にしてきたのに違いない。
 中沢君がいきなり腰の動きを激しくすると、最後の楽園が私の身体を丸ごと飲み込んだ。
 最後の一撃が私の身体を仰け反らせると私は震える身体で快楽の時を受け止めた。
 中沢君が果てた後に、吉本が私をもう一度天空に舞い上がらせた。
 二人がやっと私から離れた時には、私は身体から力が抜けて動けなくなった。
 百合恵さんが私の胸の真上にまたがると私の顔にビデオカメラを向けた。
 嘗め回すように私の顔を撮しすと、百合恵さんはレンズを私に向けたまま中沢君にビデオカメラを渡してもう一度私の顔を見つめた。
 ビデオカメラで私を撮していただけなのに、百合恵さんまで男に抱かれた後みたいな顔つきだ。
 舌で自分の唇を嘗める仕草のあと、百合恵さんは私の足の間に座り直すと私の花園に屈み込んで舌先を使い始めた。
 軽くくすぐるように舌先を滑らせながら丁寧に嘗め上げていくテクニックは男の分厚い舌の感触とは全然違う。
 感じる所を知り尽くした女同士のテクニックは男の知らない別の世界。
 心地よい感触が次第に張りつめた緊張に変わると、足の先が小刻みに震えてきた。
 百合恵さんの舌先が私の花園を吸い上げると、急に身体を起こして私の口に舌を入れてきた。
 吉本の甘酸っぱくて苦みのある香りが、百合恵さんの舌先から広がると私はもうとてもたまらない。
 百合恵さんの舌先の動きに合わせて、私も舌を絡ませてしゃぶりながら男の香りを味わった。
 急に耳元からプーンと言う大きなうなる音が聞こえてきた。
 音のする方向を目で探ると吉本がバイブのスイッチをいれて百合恵さんに渡すのが見えた。
 紫色のバイブは吉本の巨根よりもまだ一回り大きくて先に回転するパールが入ってる。
 百合恵さんはバイブを私の腿に当てると、羽でさするような軽い感触で手首を動かし始めた。
 かすかな振動が私の腿に伝わると、百合恵さんの手はバイブを押しつける場所を変えながら感じる所をさぐり始めた。
 回転するパールが微妙に動きを変えながら振動するバイブの先端はすっごく気持ちが良い。
 女だったらよく知ってる敏感な場所にバイブの振動が伝わってくると、私は急にからだが引きつって震えだした。
 吉本と中沢君が私の足首を掴むと、力ずくで左右に一杯に開かせた。
 百合恵さんが巧みな手つきでバイブを少しずつ私の花園に沈めていくと、すっぽりと奥まで収まった。
 バイブのスイッチを入れ替えると、バイブの動きが変わって奥で回転して暴れ出した。
 私がたまらずに大きな声で叫ぶと、百合恵さんが私の身体に自分の身体を重ねて抱きついてきた。
 バイブの動きが変わって今度は強い振動を繰り返してきた。
 弱い振動の間に不規則に強い振動が断続的に続くと子宮が痺れて縮こまった。
 私が百合恵さんに必死に抱きつくと、柔らかい百合恵さんの身体が私の身体を押しつぶすように抱き返してきた。
 私はまるで夢の中のように、身体ごと宙に舞い上がったような感触で目眩がした。
 バイブが前後にピストンの用に動いて子宮の天井を押し上げてくると、今度は苦しくて涙が止まらなくなった。
 私が思い切り大きな声で繰り返し叫び声を上げると、急に百合恵さんの身体が引きつった。
 百合恵さんの肩が前後に揺れ始めると、百合恵さんの胸が私の胸に押しつぶすように重なってきた。
 百合恵さんの喘ぎ声が私の耳元に大きく響いてきて私ははっとして何が起きてるのか確かめようと百合恵さんの顔を確かめた。
 百合恵さんの肩越しに中沢君が前屈みになって引きつった顔で腰を動かしているのが見えた。
 中沢君が私の上に四つんばいになった百合恵さんを後ろから責めてるらしい。
 百合恵さんの荒い吐息が私の顔に吹きかかると、百合恵さんの頭が繰り返し私のおでこにぶつかってきた。
 中沢君は急に身体の位置を変えて今度はバイブを百合恵さんに入れると、私を責め始めた。
 吉本の巨根が私の目のすぐ上で、百合恵さんの口に押し込まれると、百合恵さんの口から溢れ出たよだれが私の顔にしたたり落ちて来た。
 吉本と中沢君は何度も身体を入れ替えては私と百合恵さんを責めつづけ、時間が止まったように明け方まで過ぎた。

11.露出<< ページトップ >>13.SMプレー

人妻調教アダルトビデオ

人妻 奴隷契約 高坂保奈美
人妻調教~人妻奴隷志願~
調教されてゆく人妻 10人 快楽に溺れてゆく日常
人妻熟女被虐総集編 熟れ肉奴隷たちの虐辱
人妻奴隷全集4時間 襲いかかる悲劇、怒濤の陵辱アクメ
緊縛 8時間総集編 縄マニア
緊縛 厳選 4時間 vol.2 [DVD]
緊縛拷問、ベストコレクション 杉浦美由 長谷川あゆみ 南ゆの 星野めぐ 結城綾音